FC2ブログ

下高井戸シネマで『イップ・マン』シリーズ4作品一挙上映と…

こんばんは、ワタシ(BRUCE)です。

前回の「ココ」で東京都世田谷区を紹介した際、同区内の"下高井戸シネマ"について触れましたけどね、
simotakaido54.jpg
simotakaido55.jpg

ドニー・イェン主演×ウィルソン・イップ監督による『イップ・マン』シリーズ4作品を一挙上映している事を書きました。
simotakaido56.jpg

そのチラシがこれです。
ipman127.jpg

下高井戸シネマ、上映スケジュールの宣伝冊子は前回から更新されて3・4月分は表紙が『燃ゆる女の肖像』になっていました
simotakaido53.jpg

私のブログでも今までに「イップ・マン 序章」(葉問、Ip Man)と「イップ・マン 葉問」(葉問2、Ip Man 2)を「ココ」で、「イップ・マン 継承」(葉問3、Ip Man 3)を「ココ」で、「イップ・マン 完結」(葉問4:完結篇、Ip Man 4: The Finale)を「ココ」でと紹介してきていますが、これら4本を現在劇場公開中なのです。
イップ・マン物で存在する作品としては、他にも3作目から派生したスピンオフ作品の「イップ・マン外伝 マスターZ」(葉問外傳 張天志、Master Z: Ip Man Legacy)は「ココ」と、シリーズ違いなので関連性の無いイップ・マン映画「イップ・マン 誕生」(葉問前傳、The Legend is Born - Ip Man)、「イップ・マン 最終章」(葉問:終極一戰、Ip Man: The Final Fight)、「グランド・マスター」(一代宗師、The Grandmaster)、TVドラマ版「イップ・マン」などがありますが、今回はドニー+ウィルソンの本流のみ。
もちろん全て映像ソフトも持っていて何度も観ている私ですが、劇場公開の機会には当然ながら駆けつけます。世の中で映画は毎年作られていて作品本数はどんどん増えていくわけですが、そんな有象無象とイップ・マン映画は別物。これは全人類の教科書であり最強のエンターテイメントでありますからね。

…と、しかし今夜語りたいのは『イップ・マン』シリーズの内容についてではありません。
もう1つ、前回に書いた染野企業電影工作室の染野行雄さまが来たという話の方で…ブルース・リー友達のなおちゃんから、今夜も染野さまが来られるという情報を頂いたために駆け付けたのです!
で、すぐに紹介して頂いたりもしたのですが、香港映画のレジェンドを前にして緊張しました。日本人では数少ないブルース・リーと会っている方であり、いや本人も日本人にして香港映画で主演を張った初の俳優でもありますが、その後のプロデューサーとしての偉大な功績にも枚挙にいとまがないわけです。
例えば1980年代の「霊幻道士」を皮切りにするキョンシーブーム時は子供だったので染野さまの名を知らぬまま大好きな作品として観ていましたが、それからずーっと経って例えば「ココ」で紹介した『李小龍 マイブラザー』を日本に持って来てくださった方であったり、今回の『イップ・マン』を日本公開するのに尽力された方ですし…私は人生でどれだけ染野さまに恩恵を与えて頂いていたのでしょうか。
その感謝とお礼をしたい立場の私ですが、さらに図々しくもサインをして頂いちゃいました。
YUKIO-SOMENO1.jpg

これはネズミとウサギをかけ合わせたオリジナルのキャラクターで…とか説明してくださり、気さくな方でした!
YUKIO-SOMENO2.jpg

リーの握手の力の強さから、他にも生き字引である染野さまからは、ほんの少し話しただけでも初めて聞いたエピソードなどが飛び出してドキドキしました。
記念撮影しましたが、染野さまのこの目は生のブルース・リーを見ており、この手は生のブルース・リーを触ってもいるのですよ…この黄金の価値は貴方にも分かるでしょう。
YUKIO-SOMENO3.jpg

それからこの映画館に重要人物がもう一人いらっしゃいました。俳優の水野大絆さんです!今回上映している『イップ・マン』に感銘を受けて木人椿を買ったり詠春拳のトレーニングをするようになった方との事。
私は劇場へチケット買いに行った段階にフロアでお見掛けしたのですが、佇まいからただのイケメンとかを超越した『オーラ』とか『雰囲気』という物を持ってい方だとは感じていたのです。
そしてまた服装が個性的で似合っていて理想のオシャレみたいな所があって…ぞもそもイップ・マン映画好きだし、諸々ともう私としては応援するしかない方でしょうが!記念撮影して頂き、
DAIKI-MIZUNO2.jpg
DAIKI-MIZUNO3.jpg

サインも頂きました。
DAIKI-MIZUNO1.jpg

そんな彼らと同じ劇場で観た「イップ・マン葉問」が、世紀の名作である事を再確認。
また、下高井戸シネマではイップ・マン映画の前後はBGMがブルース・リー映画「死亡遊戯」になるのも嬉しいサプライズでした。このシリーズ上映は、2月26日までです。
スポンサーサイト



旅行・紀行・街(263) 東京都世田谷区 3

今夜は、東京都世田谷区

早速ですが現在開催中の重要イベントへ行くため、南烏山の京王線・芦花公園駅から…"世田谷文学館"へ行くと、
setagaya-bungakukan17.jpg

これです、『あしたのために あしたのジョー!展』へ。前に「ココ」で紹介したのは『地上最大の手塚治虫』展でしたし、文学館とはいえ他にも漫画関連イベントをちょくちょくやっている所です。
setagaya-bungakukan18.jpg

宣伝ポスターで使用されているイラストは、矢吹丈と力石徹のこの姿。
setagaya-bungakukan21.jpg
setagaya-bungakukan19.jpgsetagaya-bungakukan20.jpg

藤子不二雄A先生から、祝いの花輪が届いていました。
setagaya-bungakukan53.jpg

コロナ時代のマスク着用について注意するイラストがちばてつや先生の手によるものなのは、このイベントの為に描き下ろしているのでしょうか?
setagaya-bungakukan22.jpg

このトレイに払う、入場料金は1人800円。
setagaya-bungakukan23.jpg
setagaya-bungakukan24.jpg

はい、入場して…
setagaya-bungakukan25.jpg

チケットは、こちら。
setagaya-bungakukan54.jpg
setagaya-bungakukan27.jpg
setagaya-bungakukan26.jpg

Tシャツのジョーらを開放して記念撮影して、
setagaya-bungakukan48.jpg

物販を覗きます。
setagaya-bungakukan28.jpg

墨田区とコラボしている『あしたのジョー×すみだ』のやつと、
setagaya-bungakukan29.jpg
setagaya-bungakukan30.jpg

普通に本という大きさではないのですが、あしたのジョー界隈ではちょい前に話題になった大型本…『ジョー&力石 <漫画原稿再生叢書>』が展示してありました。定価が何と27,500円ですが、ここで買うとさらに送料も別途1,000円かかります(ネットで買えば無料ですよ)。
setagaya-bungakukan49.jpg

物販は他もほぼ作画担当のちばてつや先生関連の物がほとんどで、原作者である高森朝雄(梶原一騎)先生の関連モノをこそ求めているカジワラーからしたら残念。
いや、そこに触れます?それならば話のついでに言います。ジョー関連のイベントといえばこのブログでも何度も紹介しているし、私も出来る限り行くわけですが…またジョーかと思いませんでしたか。
ジョーばかり持て囃されているこの状況、もう我々カジワラーからしたら食傷気味といったら大げさだし、かつジョーをやってくれるだけ嬉しいにしても、いい加減にジョーだけ単体じゃなくて人間としての『梶原一騎展』みたいなイベントをやって欲しいですよね。それが実現すれば、梶原作品ではジョーを凌ぐレベルの作品がまだまだある事を現在の若者世代に知らしめるの結果になるでしょう。
でも現状だと『ちばてつや展』の方がやりそうですかね。そちらは個人的には全く求めませんが、そうです、「紫電改のタカ」「ハリスの旋風」「おれは鉄兵」「のたり松太郎」など長編の代表作、少女漫画作品もいくつも読んできた上で、もう大御所だから気を使うとか無しにして書いちゃうと、ちば先生側の方は正直な所、ジョーだけが図抜けて優れているだけだと知られて終了しちゃうと思いますし。もちろん、好みの個人差はありましょうが…

はい、『あしたのために あしたのジョー!展』へ入場。
setagaya-bungakukan31.jpg
setagaya-bungakukan32.jpg

今回の展示内容一覧の紙も貰いましたが、
setagaya-bungakukan55.jpg

ここでは細かい説明は避けて写真だけ何枚か貼っておきましょう。
setagaya-bungakukan33.jpg
setagaya-bungakukan34.jpg
setagaya-bungakukan35.jpg
setagaya-bungakukan36.jpg
setagaya-bungakukan37.jpg

本イベントではタイトルに『あしたのために』が付いているし、ここはジョーと一緒にシャドーやれる場所か。
setagaya-bungakukan38.jpg

あしたのために(その一)

=ジャブ=

攻撃の突破口をひらくため
あるいは敵の出足を
とめるため
左パンチを
こきざみに打つこと

このさい ひじを
左わきの下から
はなさぬ心がまえで
やや内角をねらい
えぐりこむように打つべし

せいかくなジャブ三発につづく
右パンチは その威力を
三倍に増すものなり

さて、今回も貴重な「あしたのジョー」の原稿を堪能させて頂きました。
特に貴重なのは、本になっていない部分…つまり原作・高森朝雄(梶原一騎)先生の自筆原稿です。それだけ写真撮影不可でしたが、こちらプリントの部分は撮影可。こういう字です!
setagaya-bungakukan47.jpg

週刊少年マガジンの1973年5月13日号、最終回が載った伝説の号!
setagaya-bungakukan39.jpg

そして伝説のコンビと握手!
setagaya-bungakukan40.jpg

外に並んでいる3冊の中に、
setagaya-bungakukan41.jpg

そのオリジナルもありました。
setagaya-bungakukan42.jpg

もう国宝に指定した方が良いんじゃないでしょうか、最終ページの原稿。
setagaya-bungakukan43.jpg

そして、そのページのジョーになりきる撮影スポットが。
setagaya-bungakukan44.jpg
setagaya-bungakukan45.jpg

しかしこれは「ココ」で紹介した、連載開始50周年記念「あしたのジョー展」の時にやった時、そうだ梶原一騎先生のご子息である高森城さまにリツイートもされたこの写真、
joe-50th20.jpg
この時のように燃え尽きたシーンに近いスタイルになっての撮影はとても出来る雰囲気ではありませんでした。まぁ、漫画のイベントとはいえ会場は文学館だし…

まぁ、普通に一応写真撮って。
setagaya-bungakukan46.jpg
setagaya-bungakukan61.jpg
setagaya-bungakukan60.jpg

世田谷文学館の1階にある、どこでも文学館のコーナーで『中高生のための寺山修司のススメ』というのをやっていて、だだっ広い空間に短歌や俳句の寺山作品を展示してました。
setagaya-bungakukan50.jpg
setagaya-bungakukan51.jpg

『マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや』、こんな凄い短歌を二十歳そこそこでよんでいる天才のその後の活躍は皆さまご存知の通り。私も寺山修司には若かりし日に傾倒しまくった口なので嬉しかったですが、このタイミングでの展示企画は、寺山修司が力石徹の葬儀委員長を務めたり、アニメの主題歌を作詞したからでしょうか。
setagaya-bungakukan52.jpg

『あしたのために あしたのジョー!展』のイベントチラシ。
setagaya-bungakukan56.jpg
setagaya-bungakukan57.jpg

世田谷文学館、の宣伝冊子。
setagaya-bungakukan58.jpg
setagaya-bungakukan59.jpg
この『あしたのために あしたのジョー!展 』は、2021年3月31日まで開催される予定です。

さて、今夜はついでに世田谷区内を見て回ります。
このイベント会場近くから行くと、芦花公園駅からすぐの所には渋すぎるアーケード街の丸美ストアーが、まだ残っていました。ただし前に紹介した時に食べた、外国人店主のアイバンラーメンは閉店しており、現在は"秋刀鮪だし 宣久"という店が入って人気を博しておりました。
rokakoen14.jpg
rokakoen15.jpg

高田純次が『じゅん散歩』でお参りをした、粕谷延命地蔵尊。
setagaya11.jpg

京王線の千歳烏山駅、
setagaya12.jpg

この周囲は個人店も多い商店街が広がっていて、小規模ながら楽しい街になっています。
setagaya25.jpg

細い路地にある"うん間違いないっ!"の千歳烏山店は、近年都内に増えまくっている高級食パン専門店チェーン店。
setagaya26.jpg

しかし。この近くの公的施設には垂幕でオウム真理教の信者や元信者の事に触れられていてただならぬ気配を感じます。そう、オウムの本部施設や派生団体の拠点があったりした土地なんですね。
setagaya14.jpgsetagaya13.jpg

超有名未解決事件となってしまった2000年の世田谷一家殺害事件現場もここから近く、そういう所で肉を喰うのもなんですが…
烏山駅前通り商店街である、えるもーる烏山では、"ステーキのくいしんぼ"の千歳烏山店へ。
setagaya48.jpg

くいしんぼサラダ、
setagaya49.jpg

カニクリームコロッケとハンバーグと目玉焼き、
setagaya51.jpg

からすやま盛り。
setagaya50.jpg

細い路地の方の商店街では、
setagaya15.jpg

"深大寺門前そば"の千歳烏山店で、
setagaya16.jpg

かき揚げ天そば+なす天。
setagaya17.jpg
setagaya18.jpg

隣の"軒中華食堂"も入りってみましたが、こちらは何と松屋フーズの経営するラーメン屋ですね。
setagaya19.jpg
setagaya20.jpg

生ビール、
setagaya21.jpg

餃子、半炒飯、半拉麺。
setagaya22.jpg
setagaya24.jpg
setagaya23.jpg

千歳船橋駅辺り、千歳台に行くと希望ヶ丘団地の敷地内になりますが、サンヒルズ希望ヶ丘という小さな商店街があります。
funabashi1.jpg
funabashi2.jpg
funabashi3.jpg

近くでは、"中華食堂 たか島"へ。
chitosefunabashi9.jpg
chitosefunabashi10.jpg

瓶ビールと餃子、
chitosefunabashi11.jpg
chitosefunabashi12.jpg

麻婆豆腐、
chitosefunabashi13.jpg

中華そば。
chitosefunabashi14.jpg
chitosefunabashi15.jpg

"みそ一発2"。高円寺にあった同店によく行ってたのに閉店しちゃったのは悲しかったので、まだ残るここは貴重な店です。
funabashi4.jpg
funabashi5.jpg
funabashi6.jpg

この店で使っている味噌の山。
funabashi7.jpg

みそタンメン、
funabashi8.jpg
funabashi9.jpg

みそ肉タンメン。
funabashi10.jpg
funabashi11.jpg
funabashi12.jpg

次の行き先は想い出の、八幡山。
hachimanyama9.jpg

前にも書きましたがここではあの有名すぎる精神科専門の"東京都立松沢病院"があります。
hachimanyama10.jpg

パリ人肉事件のサガワさんが帰国した時も受け入れて診断した病院。
hachimanyama13.jpg
hachimanyama14.jpg

外から見える将軍池というのがありますが、敷地内にあるため我々外部の人間は近づく事は出来ません。
hachimanyama11.jpg

隣接している将軍池公園は一般人向けの公園ですが、ここにある説明書を読むと屋外作業療法の事とか書かれていて、しかも立役者の院長の名前が呉秀三。呉姓、屋外療法、精神病院…ときたら夢野久作の小説『ドグラ・マグラ』のモデルは、やはりここだったとなりますよね。ドグラ・マグラは私のバイブル的な作品でもありますので、ときめきます。
hachimanyama12.jpg

経堂も好きな土地ですが、今回は立ち寄らず…
kyodo22.jpg

成城学園前へ移動すると、"きらく"へ。
seijogakuen1.jpg
seijogakuen2.jpg

芸能人のサイン、
seijogakuen3.jpg
seijogakuen4.jpg

正油ラーメン。
seijogakuen5.jpg

"武道家 龍"にて、
seijogakuen8.jpg

ラーメン+のりトッピング。
seijogakuen9.jpg
seijogakuen10.jpg

"ギョーザ ブラザーズ"(Gyoza Brothers)で、もつカレー。
seijogakuen6.jpg
seijogakuen7.jpg

そしてここだ…小田急線の、祖師谷大蔵駅。
改札前の柱には歴代のウルトラ戦士たちが描かれていますが、かつては円谷英二が住んでおり、円谷プロダクションの本社やウルトラマンの撮影所があった聖地ゆえ、
ultraman-shotengai41.jpg

ウルトラマン商店街というのがあり、ここに行く為に当地へは何度も足を運んでいます。
ultraman-shotengai1.jpg

商店街マップ、
ultraman-shotengai2.jpg

こちらで買物をするとウルトラマンのスタンプが貰えるのですが、
ultraman-shotengai103.jpg

これを集めて…
ultraman-shotengai102.jpg

貼る台紙。
ultraman-shotengai104.jpg

ウルトラマン商店街の見所としては、とにかく長い商店街の西・北・南のそれぞれに『ウルトラアーチ』が設置されている事。
まずは北通り塚戸十字路、初代ウルトラマンのアーチ!
ultraman-shotengai3.jpg
ultraman-shotengai4.jpg
ultraman-shotengai6.jpg
ultraman-shotengai7.jpg
ultraman-shotengai8.jpg
ultraman-shotengai9.jpg
ultraman-shotengai10.jpg

西通り保健センター前、ゾフィーアーチ。
ultraman-shotengai14.jpg
ultraman-shotengai15.jpg

初代ウルトラマンから出ているし様々なシリーズで姿を見るお兄ちゃんとはいえ、主演作がないのにアーチを作ってもらえて良かったですね。
ultraman-shotengai16.jpg

3体目がこの案内でウルトラマンジャックアーチとありますが、ジャックなどという名前に馴染みはない世代の方も多いのではないでしょうか…そう、後付けで設定された正式名称だからやっかいなのですが要は、
ultraman-shotengai26.jpg

南の耕雲寺近くに見えるこの姿…そう、帰ってきたウルトラマン。
ultraman-shotengai11.jpg
ultraman-shotengai5.jpg
ultraman-shotengai12.jpg
ultraman-shotengai13.jpg

桜の時期の祖師谷通り、
ultraman-shotengai17.jpg

ここに見える街灯は、ウルトラセブンの頭型!
ultraman-shotengai18.jpg
ultraman-shotengai19.jpg

そうですウルトラマン商店街は街灯がキャラクターのデザインで、こちらはウルトラマンの頭型、
ultraman-shotengai20.jpg

ウルトラマンタロウの頭型、
ultraman-shotengai21.jpg
ultraman-shotengai34.jpg

バルタン星人の頭型。
ultraman-shotengai92.jpg

その街灯、次は柱部分にも注目して頂きたい。
ultraman-shotengai27.jpg

それぞれにカラータイマー風の窓が埋め込まれているのです。
ultraman-shotengai28.jpg

しかもその中を覗くと、中にはウルトラマンや怪獣などの写真が見えて、ちゃんと一本一本違うのだから凄い。
ultraman-shotengai29.jpg
ultraman-shotengai30.jpg
ultraman-shotengai39.jpg

次はウルトラマン商店街の旗。バルタン星人、
ultraman-shotengai38.jpg
ultraman-shotengai24.jpg

カネゴン、
ultraman-shotengai23.jpg
ultraman-shotengai22.jpg

ウルトラマン、
ultraman-shotengai25.jpg

ウルトラマンゼロ。
ultraman-shotengai40.jpg

ウルトラマン商店街の、ステッカー。
ultraman-shotengai35.jpg
ultraman-shotengai36.jpgultraman-shotengai37.jpg

中心地点である祖師ヶ谷大蔵駅前に戻ると、周辺案内図もこの通りウルトラマンを使っています。
ultraman-shotengai44.jpg
ultraman-shotengai43.jpg
ultraman-shotengai42.jpg
ultraman-shotengai55.jpg

駅から離れたバス停の所にもありました。
ultraman-shotengai49.jpg

それから、私の好きなデザインマンホールですよ。これが祖師ヶ谷大蔵駅近くだけですが、全部で5種類ありました。
ultraman-shotengai50.jpg
ultraman-shotengai51.jpg
ultraman-shotengai52.jpg
ultraman-shotengai53.jpg
ultraman-shotengai54.jpg

わ、車止めまでウルトラデザインの装飾です!
キャラクターはウルトラマン、ウルトラセブン、ガラモンだけだったかな。
ultraman-shotengai45.jpg
ultraman-shotengai46.jpg
ultraman-shotengai48.jpg
ultraman-shotengai47.jpg

こちらは、ウルトラマンモニュメントサイン。
ultraman-shotengai31.jpg

裏にはカラータイマー風のボタンがあり、押すとウルトラマンのテーマソングが流れるつくりになっていますが…ずっと故障中です。
ultraman-shotengai32.jpg
ultraman-shotengai33.jpg

そしてそして!これがウルトラマン商店街のメインとも言えるでしょう…あの後ろ姿は…
ultraman-shotengai56.jpg

ウルトラマンのシンボル像だ!
ultraman-shotengai59.jpg
ultraman-shotengai57.jpgultraman-shotengai58.jpg

昨年は長らく工事をしていて、
ultraman-shotengai60.jpg

広場が封鎖されていて向こうにチラッと見える感じの時期もありました。
ultraman-shotengai61.jpg
ultraman-shotengai62.jpg

悪のウルトラマン、ベリアルが居るので入るのは危険だそうです。
ultraman-shotengai93.jpg

しかし実はこの囲い、ちゃんとシンボル像の周りだけは行けるように作られていました。
ultraman-shotengai63.jpg
ultraman-shotengai64.jpg
ultraman-shotengai65.jpg

シンボル像の足元には、
ultraman-shotengai66.jpg
ultraman-shotengai67.jpg

ウルトラマンの歌のプレートが設置されています。
ultraman-shotengai68.jpg

おお、可愛いボーイ!
ultraman-shotengai69.jpg
ultraman-shotengai70.jpg

記念撮影して去りましょう。
ultraman-shotengai72.jpg
ultraman-shotengai71.jpg

今ではもう工事も終わっているので、皆さまウルトラマン商店街へどうぞ!
ultraman-shotengai73.jpg

ウルトラマンに関する色々な物を置いている『ふれあいステーション』はずっと休みだったのでウルトラマンシャッターのみ撮影。
ultraman-shotengai91.jpg

和菓子屋の、"やまと家"
ultraman-shotengai94.jpg

ここにはウルトラマンとコラボした商品のコーナーがあり、
ultraman-shotengai95.jpg
ultraman-shotengai96.jpg

これは土産にいつも買って帰る、ウルトラまんじゅう。
ultraman-shotengai97.jpg
ultraman-shotengai98.jpg

カスタードとチョコ味があります。
ultraman-shotengai101.jpg
ultraman-shotengai99.jpg
ultraman-shotengai100.jpg

ウルトラマンとのコラボといえば、ここも重要な…"カフェ・メロディ"
ultraman-shotengai82.jpg
ultraman-shotengai83.jpg

ウルトラマンラテ、
ultraman-shotengai89.jpg

ホットケーキのキッズセットと頂いて、
ultraman-shotengai90.jpg

グッズ販売も充実している店です。
ultraman-shotengai84.jpg
ultraman-shotengai85.jpg
ultraman-shotengai86.jpg

けっこう買物しましたが、このウルトラアイ定規はお気に入りの一品。
ultraman-shotengai87.jpg

あとこれはウルトラマン好きの子供を親を持つ者としては定番でしょうか、ウルトラマン こどもびいる。
ultraman-shotengai88.jpg

と、ここで唐突にウルトラマンと漫画の話に移りたいと思います。
ウルトラヒーローの漫画版は当然もの凄い数がありますが、名作というとあまり思い付かず…かなり昔に「ココ」で紹介した楳図かずお先生の別世界コミカライズくらいでしたが、
UMEZZ-ULTRAMAN.jpg

月刊ヒーローズで2011年の創刊号から連載している清水栄一原作・下口智裕作画の漫画「ULTRAMAN」(ウルトラマン)。これは初代ウルトラマンが去ってから40年後の世界を描くという切り口で今までにない展開を見せており、現在も描かれていますが楽しみで目が離せない作品である事をお伝えしておきます。
SHIMIZU-SHIMOGUCHI-ULTRAMAN1-2.jpg
SHIMIZU-SHIMOGUCHI-ULTRAMAN3-4.jpg

そうだ、昨年末で休刊として電子媒体へと移行した月刊ヒーローズですが、『ヒーローズ!!』という企画号の形で紙媒体刊行も続けるそうなんです。その最新号も買っていますが、ちょうど「ULTRAMAN」が表紙でした。
heros-202102-1.jpg

付録の仮面ライダークウガ『変身』マスクケース、使っています。
heros-202102-2.jpg

さて、ウルトラマン商店街ネタの最後としまして、カネゴン像と遊んできましょう。場所は祖師谷ふれあいセンター前のベンチ…カネゴンが座っています!
ultraman-shotengai74.jpg

わ~いコイン怪獣、カネゴン!
ultraman-shotengai75.jpg

『ウルトラQ』から登場していているからとっくに50年以上の時代を経ても現在でも通用し愛されているキャラ設定と造形、円谷プロの顔!
ultraman-shotengai76.jpg
ultraman-shotengai81.jpg
ultraman-shotengai80.jpg
ultraman-shotengai77.jpg

カネゴンなんだからお金を食べる口、要はお賽銭みたいに献金出来る口があれば今後の資金集めにもなりそうですが、ありませんでした。
ultraman-shotengai78.jpg

実際に、胸の金額が表示されるカウンターはイタズラされて削られていたし、こういう所の修繕費や清掃を含む保守費用がかかるでしょうに…
ultraman-shotengai79.jpg

はい、あとはウルトラヒーローを抜きにして生活の場としての純粋にウルトラマン商店街を見てもですね、個人経営店が多く素敵な楽しい商店街です。
飲食店も多いのですが、まずは"祖師谷 大勝軒"にて…
ultraman-shotengai106.jpg
ultraman-shotengai107.jpg

ビールと餃子、
ultraman-shotengai108.jpg
ultraman-shotengai109.jpg

マーボライス、
ultraman-shotengai110.jpg

ラーメン。
ultraman-shotengai111.jpg

それから祖師谷のラーメン店で未入店ながら、激辛好きとして特に気になっているのが"辛っとろ麻婆麺 あかずきん"。
ultraman-shotengai112.jpg
ultraman-shotengai113.jpg

古書店もありました。
ultraman-shotengai105.jpg

上用賀に移動すれば馬事公苑があったり、馬術の聖地なんですかね。配布していたこの冊子で、バロン西こと西竹一の事にも触れられていました。何で私がバロン西を知っているかといえば当然ながら梶原一騎原作・つのだじろう作画の名作漫画「空手バカ一代」からですね。そういえば今年2021年は、空バカの連載開始50周年の記念年ですよ。
youga12.jpg

次は、等々力へ…って、この文字で『とどろき』と読むのですが、かつて私はここで生まれ育った友人宅に遊びに行く時に地名の読めなさによるすれ違いで苦労した経験があります。
todoroki26.jpg

ビール呑んでますが、
todoroki27.jpg

残っている写真を見ると、持ってるビールはベルギービールのヴェデット(Vedett)。瓶のラベル裏に知らない顔写真がプリントしてるやつだ。これ好きでよく買ってたんです。
todoroki28.jpg
todoroki29.jpg
todoroki30.jpg

等々力渓谷へ。
todoroki5.jpg

あくまで世田谷区のど真ん中という都心なので渓谷と呼ぶにはショボいと思われるかもしれませんが、東京23区内で唯一の渓谷。
todoroki6.jpg
todoroki7.jpg
todoroki11.jpg

東京都指定史跡等々力渓谷3号横穴。
todoroki22.jpg
todoroki8.jpg

稚児大師御影堂、これは映画「怪談新耳袋 殴り込み!<地獄編 前編>」で最初のミッションとして使われるんですけどね…都内最大の心霊スポットらしいです。まぁ、この映画自体は実はギャグ要素が強い作品でしたけどね。
todoroki9.jpg
todoroki10.jpg

参拝や散歩の場であり、
todoroki12.jpg
todoroki13.jpg
todoroki14.jpg

仁王さま、
todoroki15.jpg
todoroki16.jpg

ああ、川沿いは良い気持ちだ。
todoroki18.jpg
todoroki17.jpg
todoroki19.jpg
todoroki20.jpgtodoroki21.jpg

あとはすぐ近くの石屋がちょいと面白く。
todoroki23.jpg
todoroki24.jpg
todoroki25.jpg

それから下高井戸に行くと…おお東急電鉄の軌道線、世田谷線です。
simotakaido49.jpg
simotakaido23.jpg

ここは私がよく行く杉並区の高井戸と地名が似ているけどけっこう遠いし、世田谷区になります。
simotakaido19.jpg

駅を降りてすぐにある、下高井戸駅前市場。
simotakaido31.jpg

これが昭和レトロで素晴らしいんですよ。
simotakaido1.jpg
simotakaido30.jpg

"麺匠 ようすけ"の下高井戸店がずっと頑張っており、
simotakaido2.jpg

各商店も現役で、古い設備を使って変わらず商売をしております。
simotakaido3.jpg
simotakaido28.jpg
simotakaido29.jpg

まず下高井戸は、商店街がいくつもあるのが嬉しい。
simotakaido20.jpg
simotakaido21.jpg
simotakaido24.jpg

"肉と惣菜の堀田"でコロッケなど。
simotakaido5.jpg
simotakaido4.jpg
simotakaido6.jpg
simotakaido7.jpg

"ミートショップ伊藤"
simotakaido32.jpg
simotakaido8.jpg

こちらは今、店の人が描いたと思われる「鬼滅の刃」のイラストを飾っています。
simotakaido33.jpg

下高井戸名物の手造りジャンボシューマイ、黒豚シューマイ。
simotakaido9-.jpg

"あずまや"の下高井戸本店で、たこ焼。
simotakaido14.jpg
simotakaido16.jpg
simotakaido15.jpg
simotakaido22.jpg
simotakaido17.jpg
simotakaido18.jpg

"経堂 小倉庵"の下高井戸店で、たい焼き。
simotakaido25.jpg
simotakaido26.jpg
simotakaido27.jpg

"たつみや"でも、たい焼き。
simotakaido10.jpg
simotakaido11.jpg
simotakaido42.jpg
simotakaido12.jpg
こちらは商店街にあっていつも行列が絶えない店なので、下高井戸に行った事がある人なら知っていると思います。しかも私の大好きなホラー漫画家の神田森莉先生が以前、買っていると書いていた店。

またここは隣で居酒屋も経営しており、そちらは"たつみ"と『や』が抜けています。
simotakaido41.jpg

さて、下高井戸駅周辺でラーメンですよ。近くを物色した末に、"中華そば ばんや"に入店。
shimotaka-banya1.jpg
shimotaka-banya2.jpg

中華そば、
shimotaka-banya3.jpg

激辛ごまそば。
shimotaka-banya4.jpg
shimotaka-banya5.jpg

そして"せい家"の下高井戸店で、らーめん。
simotakaido50.jpg
simotakaido51.jpg
simotakaido52.jpg
私はかつて、ラーメン屋はせい家だけあれば良いとまで思って通いまくっていた時代があるのですが、その店舗は杉並区の阿佐ヶ谷店でした。それが昨年閉店してしまったのはショックでしたが、こうして他の店舗にも足を運びつつ懐かしんでおります。

"大阪王将"の下高井戸店で、
simotakaido43.jpg

ハイボールと焼餃子、鶏の唐揚げ。
simotakaido44.jpg
simotakaido45.jpg
simotakaido47.jpg
simotakaido48.jpg

あとは自分の中で下高井戸といえば"トラスムンド"(TRASMUNDO)。下高井戸自体があまり行かない街ですが、ここはかなり昔から行った事ある店で、レコード、本、服などの個性が強いセレクトショップ。
simotakaido13.jpg

そして次に私が行ったのは!
simotakaido37.jpg

名画座の"下高井戸シネマ"
simotakaido35.jpg
simotakaido36.jpg

今月の宣伝冊子では、チェコ・スロバキア・ウクライナ合作映画の「異端の鳥」が表紙になっています。
simotakaido34.jpg

昨年話題になった時に、気になったものの劇場へ行けなかった映画なのでこの機会に観ようかな…とは思いますが、こういう映画の話題はこのブログでは書く事もないか。
itannotori1.jpg

それよりこっちですね。このブログでも何度も書いてきている、ドニー・イェン主演×ウィルソン・イップ監督版の『イップ・マン』シリーズ4作品を一挙上映しています!下高井戸シネマのオリジナルチラシも入手してきました!
ipman127.jpg
上映初日の昨日、2月20日は長年香港映画に関わってきてイップ・マンの日本公開にも尽力した、染野企業電影工作室の染野行雄さまがゲストで来たのに、私は仕事でどうしても行けず涙を飲みました。もう一回か、来館予定があるそうなので必ず会いに行きたいとは思いますが…染野さまは生のブルース・リー本人と実際に交流があった方ですからね。

他にここで近日中の上映予定作品チラシが飾られていましたが、
simotakaido38.jpg

友川カズキ主演映画「どこへ出しても恥かしい人」があるのは要注目でしょう。
simotakaido39.jpg

チラシ裏面。
simotakaido40.jpg

懐かしい、ロベール・ブレッソン(Robert Bresson)監督の映画も2本、「少女ムシェット」(Mouchette)と「バルタザールどこへ行く」(Au hasard Balthazar)もやります。
Robert-Bresson1.jpgRobert-Bresson2.jpg

この2本は大好きだったやつですが、しかしハリウッド映画を観ている奴らとは違うとシネフィル気取りでフランス映画ばかり観ていた10代後半の自分を思い出して恥ずかしい思い出が蘇る所でもあります。
Robert-Bresson3.jpg
Robert-Bresson4.jpg

他に、ここで上映はしないようですがチラシを置いていた中で絶対に劇場へ観に行くやつが、敬愛するノルウェーのブラックメタル・バンド、メイヘム(Mayhem)を描いた映画「ロード・オブ・カオス」(Lords of Chaos)。
Lords-of-chaos1.jpg
Lords-of-chaos2.jpg

ステッカー付きの前売り券も入手済です。
Lords-of-chaos3.jpg

次は世田谷区を大原まで移動し、"中華料理 富陽"(フーヤン)へ。
setagaya28.jpg
setagaya29.jpg
setagaya30.jpg

ビールと麻婆豆腐、ニラレバ定食、
setagaya31.jpg
setagaya32.jpg
setagaya33.jpg
setagaya34.jpg

富陽ラーメン。
setagaya35.jpg

次は松原にある、明大前駅。この駅は急行や特急が止まるので電車における交通事情がとても良く、渋谷や新宿にも一本で行けます。
meidaimae5.jpg

まず明大前駅内では、"高幡そば"の明大前店でごぼう天うどん。
meidaimae3.jpg
meidaimae4.jpg

駅を出るとそれなりに栄えた商店街があります。私がけっこう昔に行った店だと博多ラーメンの"一風堂"もあるし、
meidaimae7.jpg

こちらは、すずらん通り。
meidaimae6.jpg

夜もウロウロして…
meidaimae8.jpg
meidaimae9.jpg

"明大前 肉流通センター"へ入店。
meidaimae10.jpg

生ビール、
meidaimae11.jpg
meidaimae12.jpg

他はレモンサワー、ハイボール、ウーロンハイなど。
meidaimae13.jpg
meidaimae14.jpg
meidaimae15.jpg

お通しが、焼肉専門キャベツ…大量に出てきましたが、おかわりも自由と言われました。
meidaimae16.jpg

ごちゃまぜホルモン、
meidaimae17.jpg

肉通カルビ、
meidaimae18.jpg

他に豚カシラ、鶏ホルモンはセセリ、ヤゲン、
meidaimae19.jpg
meidaimae20.jpg

ソーセージと激辛チョリソー、
meidaimae21.jpg

どんどん焼いていきます。
meidaimae22.jpg
meidaimae23.jpg

前に梶原一騎作、荘司としお画による名作漫画「夕やけ番長」を紹介した時。「ココ」で世田谷区が舞台だと明かしましたよね。
よって私も、世田谷区で『夕やけ』空をながめると寂しくなってくるのです。
setagaya7.jpg
setagaya8.jpg

ここで世田谷区の排水溝蓋。
setagaya27.jpg
東京23区はマンホール蓋がサクラとイチョウのデザインで統一され過ぎていてつまらないのですが、世田谷区独自のこういった蓋もあるという事で少し紹介しておきました。

次は桜上水で、勝利八幡神社へ。
setagaya6.jpg

ずっと前にBOOKOFF桜上水店があった時は、自分の中で古本巡り全盛期でもありスクーターで頻繁に来ていて様々な掘り出し物がありましたが…
今回は"ウッドペッカー"でパンを買って帰ります。
sakurajosui1.jpg
sakurajosui2.jpg
sakurajosui3.jpg

次、世田谷区屈指の繫華街である下北沢へ。
商店街が栄えていて原宿の竹下通りかっていう混み具合ですが、まず俳優の卵みたいな人がやたら多かったりしますよね。劇団員たちの聖地でしょうか、私も何度か芝居を観に行っている"下北沢ザ・スズナリ"や…
shimokitazawa-street24.jpg

他にも、小劇場演劇の劇場がやたらと多くあります。
shimokitazawa-street25.jpg

それ以上に私の楽しみというかライフワークとして古本屋巡りがありますが、こちら下北沢に来ると必ず寄っている"古書ビビビ"。
shimokitazawa-street26.jpg

秋重学作画・森橋ビンゴ原作の漫画「禁猟六区」は下北沢がメインの舞台になっていて、このビビビやヴィレッジヴァンガード下北沢、一番街の街並みなどが描かれていました。
AKISHIGE-MORIHASHI-kinryo-rock0-1.jpg

あとは2012年の初開催から下北沢の恒例イベントとなり、このブログでも紹介していた『シモキタ将棋名人戦』…
shimokitazawa-syogi111.jpg
shimokitazawa-syogi112.jpg

それから、今度はカルタだの増やし過ぎて将棋だけじゃなくなりイベント名からも将棋の文字が消えて単に『シモキタ名人戦』となって。
shimokitazawa-syogi121.jpg

イベント日は随所でやっていますが、駅を出ていきなり将棋の指導対局が見れる光景は微笑ましいですね。この方は、井出隼平四段。
shimokitazawa-syogi117.jpg
shimokitazawa-syogi118.jpg

空き地でイベント、やってました。
shimokitazawa-syogi113.jpg

イベント当初は名人だった、現・森内九段(十八世名人資格保持者)など偉大な棋士をまた拝見させて頂いたり。
shimokitazawa-syogi114.jpg
shimokitazawa-syogi115.jpg

とにかく公道を大胆に占有してのイベントで、
shimokitazawa-syogi116.jpg

シモキタ女流名人戦の会場とか、
shimokitazawa-syogi119.jpg
shimokitazawa-syogi120.jpg

ここら辺は反対運動が過熱していた下北沢の再開発計画で無くなったりしましたが、あれだけ騒いでいたわりにはシャッター街となっていた路地とかが潰れただけで、下北沢一番街とかそのまま残っているし開かずの踏切問題が無くなって良くなったのかな?
shimokitazawa-street27.jpg

竹中直人主演、下北の街全域でロケした映画「男はソレを我慢できない」で既にこの問題に触れていて、私も実は友達がスタッフしていた関係からエキストラを頼まれて参加している恥ずかしい思い出があるのですが…
shimokitazawa-street38.jpg

とにかく、先日も一番街では"下北沢たこ焼き研究所"に寄り、
shimokitazawa-street28.jpg
shimokitazawa-street29.jpg
shimokitazawa-street30.jpg

老舗の"みん亭"(珉亭)だってあるし、まぁそこまで大騒ぎするほご変わってないんですよ。
shimokitazawa-mintei19.jpg
shimokitazawa-mintei20.jpg

おっと、ここは"かざまん家"。私と同じ新潟県魚沼市出身の店主が魚沼の料理を食べさせるためにやっている店ですが、緊急事態宣言中はお休みのようです。
shimokitazawa-kazamanchi26.jpg

それからこちらは、"下北沢 upstairs records & bar" ですが…
shimokitazawa-street31.jpg
shimokitazawa-street33.jpg
shimokitazawa-street32.jpg
shimokitazawa-street37.jpg

ここで週末のランチタイムだけ、某美人ラッパーが間借り出店で"バビロン飯店"という飯屋を事をやっていると聞いて行ってみました。
ホワイトビールと、
shimokitazawa-street34.jpg

カオマンガイ、
shimokitazawa-street35.jpg

ケーキ。
shimokitazawa-street36.jpg

おお、南口商店街で魚介料理を中心とする大衆居酒屋の"宿場"…ここなんか数えちゃうと20年近く前から行ってたのかな、
shimokitazawa-shukuba24.jpg
shimokitazawa-shukuba25.jpg
shimokitazawa-shukuba26.jpg

前回は懐かしくて昔みたいに1人で読書しながら呑んでとかやっていたのですが、その後にまさかの閉店しちゃいました。
shimokitazawa-shukuba27.jpgshimokitazawa-shukuba28.jpg
shimokitazawa-shukuba30.jpgshimokitazawa-shukuba31.jpg
shimokitazawa-shukuba32.jpg
shimokitazawa-shukuba33.jpg
shimokitazawa-shukuba34.jpg
shimokitazawa-shukuba35.jpg
shimokitazawa-shukuba36.jpg
shimokitazawa-shukuba37.jpg

私の大好物である鯛の頭が見えますが、満腹なので次にしようとか思っていたらその機会を失ってしまいましたね。
shimokitazawa-shukuba29.jpg

次、上北沢。
kamikitazawa-street5.jpg

下北沢がこれだけ持て囃されているのと対照的に駅前の商店街はショボいし人が居ません。
kamikitazawa-street1.jpg

ただ、意外とラーメン激戦区で甲州街道沿いだけで名店がいくつかあるのですが筆頭は"らぁめん小池"か。
kamikitazawa-street6.jpg

この名前って、誰もが藤子不二雄マンガに出るラーメン大好き小池さんを想起させると思いますが…狙っての事なのかな。
FUJIKO-koike1.jpg

私が入店したのは"麵屋 新創"で、醤油ラーメン。
kamikitazawa-street2.jpg
kamikitazawa-street3.jpg
kamikitazawa-street4.jpg

同じく上北沢駅近くでは、インド・ネパール居酒屋…
kamikitazawa-street7.jpg

色褪せちゃっていますが、屋号は"ナマステ東京"の上北沢店にも行っています。
kamikitazawa-street8.jpg
kamikitazawa-street9.jpg

生ビール、ラッシーとサラダ。
kamikitazawa-street10.jpg
kamikitazawa-street11.jpg

豆カレー&サグチキンカレー、
kamikitazawa-street15.jpg

ここのオリジナルカレーだというゴーヤバジーを、激辛で。
kamikitazawa-street12.jpg
kamikitazawa-street13.jpg

インド料理屋さんはナンだけでなくライスも美味い。
kamikitazawa-street14.jpg

こちらは世田谷区世田谷の世田谷駅、
setagaya36.jpg
setagaya37.jpg

軌道線であるこの東急電鉄世田谷線の終点、三軒茶屋に行くと…まぁここ自体がかつて職場だった事もあるし思い出の土地なのですが、おおまだ残っていた"Record Shop Fujiyama"…
『自分の踊り方で踊ればいいんだよ』と、JAGATARA(じゃがたら)の江戸アケミによる言葉が看板にデーンとある所。
sangen-jaya-street23.jpg

さて、今や三茶にはあまり来なくなりましたが食事は"ラーメン茂木"で、
sangen-jaya-mogi1.jpg
sangen-jaya-mogi5.jpg

特製らーめん(という名のノーマル)。
sangen-jaya-mogi2.jpg
sangen-jaya-mogi3.jpg
sangen-jaya-mogi4.jpg

"銀座アスター 三軒茶屋賓館"で、
sangen-jaya-ginza-aster1.jpg
sangen-jaya-ginza-aster2.jpg
sangen-jaya-ginza-aster3.jpg

ビールとワインを呑みながら、
sangen-jaya-ginza-aster4.jpg

中華料理をたらふく頂きました。
sangen-jaya-ginza-aster6.jpg
sangen-jaya-ginza-aster7.jpg
sangen-jaya-ginza-aster8.jpg
sangen-jaya-ginza-aster9.jpg
sangen-jaya-ginza-aster10.jpg
sangen-jaya-ginza-aster11.jpg
sangen-jaya-ginza-aster12.jpg
sangen-jaya-ginza-aster13.jpg
sangen-jaya-ginza-aster14.jpg
sangen-jaya-ginza-aster15.jpg
sangen-jaya-ginza-aster16.jpg
sangen-jaya-ginza-aster17.jpg
sangen-jaya-ginza-aster18.jpg
sangen-jaya-ginza-aster19.jpg
sangen-jaya-ginza-aster20.jpg
sangen-jaya-ginza-aster21.jpg
sangen-jaya-ginza-aster22.jpg
sangen-jaya-ginza-aster23.jpg
sangen-jaya-ginza-aster24.jpg

今や子供を持つ身として駒沢はらっぱプレーパークを見て、
komazaw1.jpg
komazawa2.jpg
komazawa3.jpg

羽根木で…"中華 青龍"へ。
setagaya39.jpg
setagaya40.jpg
setagaya46.jpg
setagaya41.jpg

まずは店内蔵書に、さだやす圭先生の「なんと孫六」があるのが素晴らしい。ここで漫画紹介のブログをやっている私にとっても、孫六はベスト10に入るような名作だと思っています。
setagaya47.jpg

ラーメンと半チャーハン、
setagaya42.jpg
setagaya43.jpg

マーボー焼きラーメン。
setagaya44.jpg
setagaya45.jpg

代田八幡神社。
daita1.jpg
daita2.jpg

代田の"吉田屋"で、
daita3.jpg
daita4.jpg
daita5.jpg

えびとたまご煮込みら~めん、
daita6.jpg
daita7.jpg
daita8.jpg
daita9.jpg

あさりとネギ生姜煮込みら~めん。
daita16.jpg
daita17.jpg
daita18.jpg

"SOUL麺"(魂麺)の代田店へ、
daita11.jpg
daita10.jpg

二宮金次郎の横を通って入店。
daita12.jpg
daita13.jpg

頂いたのは、鶏塩麺+半熟煮玉子。
daita14.jpg
daita15.jpg

"フォルクス"(VOLKS)の世田谷代田店では、
setagaya-volks-steak1.jpg

サラダバーと、
setagaya-volks-steak2.jpg
setagaya-volks-steak3.jpg
setagaya-volks-steak4.jpg
setagaya-volks-steak5.jpg

チキンステーキ、
setagaya-volks-steak6.jpg
setagaya-volks-steak7.jpg
setagaya-volks-steak9.jpg

黒胡椒ハンバーグ トマトオリーブオイルソース。
setagaya-volks-steak8.jpg
setagaya-volks-steak10.jpg

はい次は世田谷区若林の松陰神社…
wakabayashi2.jpg
wakabayashi6.jpg

御社殿。
wakabayashi9.jpg

イチ幕末好き、松陰好きとして嬉しいこの神社で松陰神社道と、
wakabayashi3.jpg

松陰先生五十年際記念碑と、松陰先生百年際記念碑。
wakabayashi4.jpgwakabayashi5.jpg

絵馬。
wakabayashi7.jpg
wakabayashi8.jpg

松陰といえばの松下村塾に、
wakabayashi10.jpg
wakabayashi11.jpg
wakabayashi12.jpg
wakabayashi13.jpg
wakabayashi14.jpg
wakabayashi15.jpg

吉田松陰先生像。
wakabayashi17.jpg
wakabayashi16.jpg

しかしこの時の松陰神社 一之鳥居扁額の前で撮っていた写真を見ると、私は櫻井稔文先生の漫画「絶望の犯島-100人のブリーフ男と1人の改造ギャル-」のTシャツを着て行っているな…
wakabayashi18.jpg

バックプリントはこういうのですが、これを着て神社とは、全く何を考えているのか。
wakabayashi19.jpg

そういえば、松陰神社前駅の近くにある古書店"ノストスブックス"(nostos books)で上村一夫原画展の「劇画狂人フラグメント」や、「血とエレジー」の開催中は何度もここに通っており、、上村一夫画伯の一人娘である上村汀さまに会って話したり出来る貴重な機会でもありました。
setagaya-nostos-books16.jpg
setagaya-nostos-books15.jpg
setagaya-nostos-books18.jpg

バロン吉元先生からの花輪!
setagaya-nostos-books17.jpg

そんな当地の名物は、"ニコラス精養堂"の松陰饅頭でした。
setagaya10.jpg
setagaya9.jpg

もう嫌になってきましたが、いい加減終わりに近づいてきました…
梅丘にある小田原線の梅ヶ丘駅と、近くの街並み。
umegaoka1.jpg
umegaoka10.jpg
umegaoka2.jpg
umegaoka3.jpg

私にとって梅丘といえば昔から、寿司の美登利(みどり)で有名な街というイメージ。
しかし"寿司の美登利総本店"の梅丘本館は、たまに通っても常に行列になっているので近年は食べに行っておらず…
umegaoka4.jpg
umegaoka5.jpg

しかし近くにあるテイクアウト寿司の店舗で購入し、頂いたりしています。
umegaoka6.jpg
umegaoka7.jpg
umegaoka8.jpg
umegaoka9.jpg

宮坂にある、世田谷八幡宮。
setagaya5.jpg

最後は庄司陽子先生の漫画でありもちろん世田谷が舞台の「Let's豪徳寺!」で地名が有名になったかな、当地にあるのが世田谷城址公園。世田谷区で東京都指定文化財にも指定されている歴史公園とは貴重です。
setagaya38.jpg
setagaya4.jpg

豪徳寺はうちの秘密結社員のサルちゃんが住んでいた土地でもありますが、その地名の基になったのが曹洞宗の寺院である豪徳寺。
goutokuji2.jpg
goutokuji1.jpg
goutokuji4.jpg
goutokuji5.jpg
goutokuji6.jpg
goutokuji7.jpg

三重塔、
goutokuji8.jpg

本堂 、
goutokuji16.jpg

墓地、
goutokuji18.jpg
goutokuji19.jpg
goutokuji20.jpg

井伊直安の墓もありました。
goutokuji3.jpg

一説には招き猫発祥の地とされるそうで、
goutokuji17.jpg

絵馬も、
goutokuji14.jpg
goutokuji15.jpg

その他もおびただしい数の招き猫で溢れるありがたい光景で、今夜はお別れです。
goutokuji9.jpg
goutokuji10.jpg
goutokuji11.jpg
goutokuji12.jpg
goutokuji13.jpg

旅行・紀行・街(262) 東京都八王子市 1

東京都をもっともっと西の郊外へと進み…今回は八王子市へ。
hachioji376.jpg

市の中心駅である八王子駅で下車し、
hachioji1.jpg
hachioji97.jpg

WE LOVE HACHIOJI!!
hachioji214.jpg
hachioji215.jpg
hachioji216.jpg

この八王子市は多摩地域の重要な拠点ではありますが、都心から距離があまりにも離れており、広大な土地ですが駅周り以外のほとんどが田園風景という印象。自分みたいに田舎育ちの者からしたら東京都出身と名乗る人を無条件に都会育ちだと思っていただけに、当地を知ると八王子の人が東京都出身と言う事に違和感があります…って地理的には事実なのですが、とにかく田舎。
とはいえ面積が広いだけに人口は多いし、八王子駅の周辺だけは栄えていてそれなりに商業施設が立ち並んでいるので、そこら辺と有名観光地を中心に見て行きます。
hachioji134.jpg

駅ビルはセレオ八王子。
hachioji88.jpg

北口と南口の両方で運営していますが、北館の方にはレストラン街があり、
hachioji218.jpg

好きな中華料理店である"梅蘭"のセレオ八王子店が入っているので、まずはここに寄りましょう。、
hachioji219.jpg

まずは瓶ビールのキリン一番搾り、美味い。
hachioji222.jpg
hachioji223.jpg

その他。
hachioji220.jpg
hachioji221.jpg

バンバンジー、
hachioji224.jpg

海老のチリソース炒め、
hachioji225.jpg

ハルマキ、
hachioji226.jpg

上海ショウロンポウ&シューマイ、
hachioji228.jpg
hachioji229.jpg

梅蘭焼きそば、
hachioji230.jpg
hachioji231.jpg

海鮮梅蘭焼きそば。
hachioji232.jpg
hachioji233.jpg

海鮮スープ、
hachioji227.jpg

杏仁豆腐。
hachioji234.jpg

他にもセレオ内には八王子の観光案内所があったり、
hachioji235.jpg

地下にbloomingbloomyというスーパーがあったので酒などを買いましたが、いなげや系列の店みたいです。
hachioji217.jpg

駅前にあった八王子東急スクエアが昨年リニューアルして、八王子オクトーレになりました。
hachioji237.jpg
hachioji238.jpg

その中にある"クリスピー・クリーム・ドーナツ"で、
hachioji241-.jpg

テイクアウトにて可愛いドーナツを購入。
hachioji239.jpg
hachioji240.jpg

京王八王子駅の方には京王八王子ショッピングセンターのk-8。
hachioji68.jpg

駅から離れていくと、JR八王子駅北口前で角笛を吹いている、このヴァイキングっぽい銅像の先…
hachioji89.jpg
hachioji90.jpg

西放射線ユーロード、もうずいぶん前の年になりますが『八王子古本まつり』を狙って行きました。
hachioji190.jpg
hachioji91.jpg
hachioji92.jpg
hachioji93.jpg
hachioji94.jpg
hachioji95.jpg
hachioji96.jpg

近くの実店舗では、八王子に行くと必ず寄って本を物色する"佐藤書房"ですが、
hachioji99.jpg
hachioji102.jpg

八王子は他にも古本屋が多い街です。
hachioji185.jpg

古本屋で買った本は、現地のゆったりした喫茶店で読むのが楽しみでありますが…この時は連れも居たのでゆっくり読書できそうになく、新し目の店ですが"八王子珈琲店"へ。
hachioji267.jpg

周囲にもカフェはかなりの数ありましたが、土地名を冠しているのが入店の決め手。
hachioji268.jpghachioji269.jpg
hachioji270.jpg

窓からはドンキ、そして商店街の通行人を眺めながら…
hachioji271.jpg

アイスティー、コーヒー、カフェラテ。
hachioji272.jpg
hachioji273.jpg
hachioji274.jpg

"つるや製菓"の都まんじゅうは、八王子名物ですね。
hachioji105.jpg
hachioji106.jpg
hachioji107.jpg

私が八王子に初めて降り立った時から変わらぬ姿で常にたくさんの人々に愛されながら営業しており、
hachioji275.jpg

行列がひどくなければ、毎度買って土産にして。
hachioji276.jpg

八王子市は映画祭では『八王子ショートフィルム映画祭』の開催地。あの「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督もかつてグランプリを受賞していたという事で、新人の登竜門としても注目されています。
hachioji379.jpg

八王子市で見かけたマンホール蓋は…まず中央に八王子市章入り亀甲模様、
hachioji112.jpg

上部にに八王子市章入り、
hachioji114.jpg

中央に『K』、
hachioji113.jpg

当地に江戸時代末期より伝承されている人形劇、八王子車人形。
hachioji115.jpg
hachioji116.jpg
hachioji382.jpg
hachioji383.jpg
hachioji384.jpg

市章入り消防徽章のデザイン、
hachioji117.jpg

モミジが描かれた側溝の蓋。
hachioji381.jpg
hachioji118.jpg

八王子市が2017年に市制100周年記念を迎えて制作された、ロゴマークとキャッチフレーズ『百年の彩りを 次の100年の輝きへ』が入ったマンホール蓋。
hachioji387.jpg

そして、子安神社までの距離案内入りマンホール蓋を追うと…
hachioji385.jpg
hachioji386.jpg

当地で最古の神社だという、子安神社に到着します。
hachioji119.jpg
hachioji120.jpg

市守大鳥神社。
hachioji121.jpg

この神社は古くから市の中心的な存在なのでしょう。『八王子酉の市』の時は、多くの地元民を集めていました。
hachioji244.jpg
hachioji245.jpg
hachioji246.jpg

さて、八王子市は有名なラーメンの街。これは嬉しいですよね。食べ物で名物は他に思い付かない所は残念ですが…でもラーメンが名物って私にとっては天国じゃないですか。当然、楽しみなのはラーメン屋巡りになりますが…
ご当地グルメ『八王子ラーメン』というのは、簡単に言えば醤油ラーメンの表面を油脂が覆って刻みタマネギを乗せたもの。
hachioji380.jpg

カップ麺では、日清食品の『日清麺Nippon 八王子たまねぎ醤油ラーメン』が長らく販売されているので有名ではないでしょうか。
hachioji143.jpg
hachioji144.jpg
hachioji145.jpg
hachioji146.jpg

ロングセラー商品だけに、何度もジャケを変えているですが、
hachioji195.jpg
hachioji196.jpg
hachioji197.jpg

この時は『新』が付いたり、
hachioji198.jpg
hachioji199.jpg
hachioji200.jpg

そしてこの時は、『東京』が付いたり…と、このくらいで止めておきましょう。
hachioji201.jpg
hachioji202.jpg
hachioji203.jpg

エースコックの飲み干す一杯で、八王子醤油ラーメン。
hachioji393.jpg
hachioji394.jpg
hachioji395.jpg

サンヨー食品からは、八王子ラーメンの名店である"みんみんラーメン本店"が監修した八王子醤油ラーメン。
hachioji388.jpg
hachioji389.jpg
hachioji390.jpg
hachioji391.jpg
hachioji392.jpg

実店舗のラーメン店数も多いので、選ぶのが大変。この通りなんてほぼ隣接して5軒も並んでいたし。
hachioji281.jpg

まずは"竹の家"で、
hachioji122.jpg
hachioji123.jpg

ラーメンに海苔トッピング、
hachioji124.jpg

ねぎトッピング。
hachioji125.jpg
hachioji126.jpg
hachioji127.jpg

夜の、竹の家。
hachioji277.jpg

"煮干鰮らーめん 圓"、ここは私が訪問した時は食べログで4点以上と、物凄く高評価の店でした。
hachioji128.jpg
hachioji129.jpg
hachioji130.jpg
hachioji131.jpg

煮干しらーめん、
hachioji132.jpg

昔ながらのらーめん。
hachioji133.jpg

夜の、煮干鰮らーめん 圓。
hachioji278.jpghachioji279.jpg

"八王子 五十番"で、
hachioji188.jpg
hachioji189.jpg

ふわふわたまごの赤い坦々麺。
hachioji192.jpg
hachioji191.jpg

辛さ指定ができるので、もちろん最強の10辛にて…美味い!
hachioji193.jpg
hachioji194.jpg

"一平"では、
hachioji261.jpg

わずか390円で食べられる一平ラーメン。
hachioji262.jpg
hachioji263.jpg
hachioji264.jpg

電車移動もしてみると、京王線と高尾線の分岐駅である北野駅へ。
hachioji135.jpg
hachioji136.jpg

"らーめん 岬亭"にて…
hachioji137.jpg

らーめん、
hachioji138.jpg

旨辛らーめん。
hachioji139.jpg
hachioji140.jpg

ここは遠い。西八王子駅とか高尾駅の方になりますが、甲州街道のイチョウ並木沿い…
hachioji296.jpg

"高尾タンメン イタダキ"(頂)。
hachioji293.jpg
hachioji282.jpg
hachioji283.jpg

看板メニューはこちら、高尾タンメン。
hachioji284.jpg

そしてこれ、お子様タンメン…何と無料です。子供は無料でちょっと小さいタンメンを食べられるのです!隣のテーブルの人は、子供を何人も連れてきてそれぞれにこれを食べさせていました。
hachioji285.jpg
hachioji286.jpg

しかもここ、ライスと漬物は食べ放題でしたからね!
hachioji287.jpg

唐揚げと焼餃子、
hachioji288.jpg
hachioji289.jpg

味噌タンメン、
hachioji290.jpg

麻婆タンメンの激辛。
hachioji291.jpg
hachioji292.jpg

八王子駅から歩ける範囲へ戻り、夜歩く。
hachioji236-.jpg
hachioji242.jpg

見知らぬ土地に来たら夜の繁華街も見て回り、酒を呑むのが良いですからね。
hachioji243.jpg
hachioji265.jpg
hachioji266.jpg

"酒蔵一平"で、
hachioji247.jpg
hachioji248.jpg

酒は角ハイボールとチューハイ、
hachioji249.jpg
hachioji250.jpg

つまみはもつ煮込み、マグロブツ、小海老唐揚げ。
hachioji253.jpg
hachioji254.jpg
hachioji251.jpg
hachioji252.jpg

目の前に"麻婆酒場"の八王子本店があり、この時は24時間営業中。麻婆は私の大好物でもあり、かなり気になったものの満腹すぎて未入店。
hachioji255.jpg

"福徳"の東町店では、
hachioji256.jpg
hachioji257.jpg

焼鳥を塩・たれ各5本ずつ焼いてもらってテイクアウトし、ホテルで呑み直しながら食べました。
hachioji258.jpg
hachioji259.jpg

あそこに見える大衆ステーキ店、"ビリー・ザ・キッド"(Billy The Kid)の八王子店は朝5時まで営業というのが凄いな。
hachioji260.jpg

西部開拓時代のアウトロー、ビリー・ザ・キッドは後世になって様々な作品で題材に使われまくっていますが、私が好きなのは敬愛するサム・ ペキンパー監督が撮った映画『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(Pat Garrett and Billy the Kid)ですね。
Pat-Garrett-and-Billy-the-Kid.jpg

"シャーロック・ホームズ"(Sherlock Holmes)というパブを発見。
hachioji104.jpg
hachioji103.jpg
自分はとてもシャーロキアンと言えるほどではありませんが、アーサー・ コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズシリーズ』は何10冊も読んできているので嬉しい屋号。
私の場合は「ココ」で紹介した、上村一夫先生が表紙や挿絵のイラストを描いていた少年向けの「名探偵ホームズ全集」のおかげもあります。今の子供達用にも別の形でホームズは読まれていると思いますが、この上村一夫版をそのまま復刻してくれないかな。そして将来、大きくなったら上村一夫ドロドロ劇画に目覚めて…

八王子といえば、ずっと気になってたのが5・6階の2フロアで営業する"Live Bar X.Y.Z.→A"
hachioji108.jpg
hachioji109.jpg

そうです、あのX.Y.Z.→Aです。日本のヘヴィメタル界のスーパーバンドで、メンバーはLOUSNESSのVo.二井原実、筋肉少女帯のG.橘高文彦、あとの2人はメタル出身じゃないけど爆風スランプのB.和佐田達彦とDr.ファンキー末吉。
私の場合は特に橘高さまLOVEなわけで音源もずっと買っているし、そんな彼らのバンド名を冠してファンキー末吉さまが経営していたLive Bar X.Y.Z.→A。
hachioji110.jpghachioji111.jpg
この時は日中しか八王子に居られなかったので、ここ記念撮影しただけで帰ったのが悔やまれます。そうです、現在は閉店してしまいました。

都内とはいえ八王子となると遠すぎて宿泊を伴う旅行じゃないと呑みにも行けません。そこで泊まったのは、まず"京王プラザホテル八王子"
hachioji204.jpg
hachioji205.jpg

ロビーのクリスマスツリー。
hachioji209.jpg

デラックスコーナーツインの部屋、
hachioji206.jpg

京王プラザホテル八王子の水、
hachioji208.jpg

窓からの景色。
hachioji207.jpg

ホテル内のレストランは"ル クレール"(LE CLAIR)で、
hachioji210.jpg
hachioji211.jpg
hachioji212.jpg

通常ならホテル宿泊の楽しみである朝食バイキングも、コロナの影響で取り止めになりプレートでの提供になっていました。
hachioji213.jpg

多摩川の支流で八王子市を流れる一級河川は、浅川マキと同じ字を書く『浅川』。
hachioji69.jpg

次はその向こうにある"八王子ホテルニューグランド"へ。
hachioji72.jpg
hachioji73.jpg

日中の外観。
hachioji83.jpg
hachioji82.jpg

部屋へ行き、
hachioji74.jpg

窓からの景色。
hachioji75.jpg

無料VOD(ルームシアター)見放題も付いているプランでした。
hachioji98.jpg

浴室。
hachioji100.jpg
hachioji101.jpg

驚いたのは翌朝、ホテル部屋の扉に新聞が届いていました。しかも嘘をついてまで日本を貶め続ける反日メディア代表の朝日新聞って!
発行部数を水増しするための"押し紙"問題は今では広く知れ渡っていますよね。天王寺大原作・郷力也作画の漫画「難波金融伝・ミナミの帝王」の『幻想新聞』で描かれたのはもう10数年前の事。本当の被害者は小売りの新聞販売店だったりしますが、こういったホテルにも大量に配られていてロビーに山積みしTake freeなのはよく見る光景です。しかしここでは、その上を行って勝手に扉まで届け、しかも新聞社選択の余地なく強制的に朝日新聞を押し付けるって…何の悪夢かと思いました(笑)
hachioji76-.jpg

朝食は"マリアージュ"(MARIAGE)にて。
hachioji77.jpg
hachioji78.jpg
hachioji79.jpg
hachioji80.jpg
hachioji81.jpg

宿泊場所に隣接して、教会もあります。
hachioji84.jpg
hachioji85.jpg
hachioji86.jpg

地元では結婚式場として長く利用されている感じですね。
hachioji186.jpghachioji187.jpg

夜の教会。
hachioji70.jpg
hachioji71.jpg

駅から離れているので、送迎車も往復しています。
hachioji87.jpg

こちらは、地域の掲示板で見かけたご当地ヒーローのゲンキダーJ。
hachioji280.jpg

どでかい規模でブックオフの系列店が詰まった店舗もあるので、車移動の時はここも寄ると楽しいですね。
hachioji294.jpg

それでは次、JR中央本線の始発・終着駅である高尾駅へ。
hachioji176.jpg

この駅構内から買物ができるカフェ&パン屋、"一言堂"(Ichigendo)は高尾天狗パンが名物で美味しいらしいのですが、帰りに買おうと思ったら売り切れてしまいました。
hachioji177.jpg
hachioji178.jpg
hachioji179.jpg

高尾駅前の"玉川亭"で、
hachioji180.jpg

ビールと煮込み、
hachioji181.jpg
hachioji182.jpg
hachioji183.jpg

そば。
hachioji184.jpg

高尾駅近く、みころも公園には怨霊伝説でも有名な菅原道真公像があるそうですが、今回は行けず。
hachioji66.jpg

私は国指定の史跡にして日本100名城の、八王子城跡を目指します。心霊スポットとしても有名らしいので、夜に行くのは避けてください。
hachioji141.jpg
hachioji397.jpg

電車で高尾駅まで来るだけで東京都心から相当に離れた距離である事を実感しますが、さらにバスを利用し、降りてからまだまだ歩きます。山に行くので、イノシシには気を付けましょう。
hachioji151.jpg

庭cafe、"美し郷"(うましさと)。
hachioji152.jpg
hachioji153.jpg

神社。
hachioji149.jpg
hachioji150.jpg

都営八王子霊園、『たそがれ清兵衛』などを書いた時代小説家の藤沢周平が眠る所。
hachioji147.jpg
hachioji148.jpg

さていよいよ城跡の目の前まで着くと、八王子城跡ガイダンス施設があります。
hachioji142.jpg
hachioji154.jpg
hachioji155.jpg

屋外には、八王子城跡全景の模型もありました。
hachioji156.jpg
hachioji157.jpg

八王子城跡の石碑や看板。
hachioji174.jpg
hachioji175.jpg

さて、八王子城跡自然公園へ足を踏み入れて…
hachioji158.jpg
hachioji159.jpg

林の中から、お猿さんも覗いています。
hachioji160.jpg
hachioji161.jpg

景色を楽しみながら進み、
hachioji162.jpg
hachioji163.jpg

山頂へ向かう途中で出てくるのが八王子神社です。八王子市の名前の由来は、ここの神社から来ているのだそうです。
hachioji166.jpg
hachioji167.jpg
hachioji165.jpg
hachioji164.jpg

ついに城山山頂、八王子城の本丸跡に到達しました。看板があるのみで、城があった痕跡などはありません。
hachioji168.jpg
hachioji169.jpg

あとは帰り道…山道歩きが必須になるので、日本100名城の中でも過酷な方かも。100名城スタンプを押すだけなら、本丸跡まで行く必要はありませんが。
hachioji173.jpg
hachioji170.jpg
hachioji171.jpg
hachioji172.jpg

次はいよいよ八王子市最大の観光地。ミシュランガイド三ツ星を獲得し、昨年(2020年)には東京都内で初めて文化庁から日本遺産にも認定された、高尾山を目指しましょう。
hachioji295.jpg

鉄道の最寄り駅は、京王電鉄高尾線の高尾山口駅。
hachioji2.jpg

駅に隣接して、京王高尾山温泉 極楽湯もあります。
hachioji67.jpg

それでは東京有数のパワースポット、沙村広明先生による名作漫画「無限の住人」でも少し舞台となったりする、高尾山へ。
hachioji374.jpg

高尾山ポケットマップ片手に巡ってみましょう。
hachioji375.jpg

高尾山の麓にある参道、
hachioji3.jpg
hachioji4.jpg

自然豊かな土地なので、季節ごとに違う景色と空気感を楽しめます。
hachioji297.jpg
hachioji298.jpg

焼栗のパフォーマンスやってました。
hachioji373.jpg

そば・懐石料理店の有名店らしい、"高尾山 高橋家"。他にもそば屋がいくつかありますが、高尾山名物というのが『とろろそば』らしいのです。私が日本の食材で唯一ダメなやつを名物にしていやがるのか…
hachioji65.jpg

高尾山にはムササビが生息するらしいのですが、貴方はムササビを可愛い生物だと思っていませんか?少年期に高橋よしひろ先生の漫画「白い戦士ヤマト」を愛読していた、私のような者達からしたら決してそうではない…まぁ凄いので、未読の方は是非とも読んでみてください。
hachioji7.jpg
hachioji6.jpg

紅葉の時期に行くと綺麗ですね。
hachioji299.jpg

おそうじ小僧。
hachioji300.jpg

高尾山 藥王院別院 不動院。
hachioji301.jpg
hachioji302.jpghachioji303.jpg

ケーブルカー清滝駅。
hachioji5.jpg

2度目は紅葉時期を狙いましたが、やはりその方が綺麗でした。
hachioji305.jpg
hachioji304.jpg

清滝駅には演歌歌手のサブちゃんこと北島三郎像があるのですが、
hachioji8.jpg

コロナ渦の中で再訪したら、可哀想にマスクさせられていました。
hachioji360.jpg
hachioji361.jpg

山麓駅から、
hachioji11.jpg

高尾登山電鉄のリフトに乗り、
hachioji12.jpg
hachioji13.jpg
hachioji16.jpg
hachioji17.jpg
hachioji14.jpghachioji15.jpg

山を登りました。
hachioji18.jpg
hachioji64.jpg

もしくは、ケーブルカー。
hachioji306.jpg
hachioji307.jpg

次はこちらに乗り込んで山を登ります。
hachioji308.jpg
hachioji309.jpg
hachioji310.jpg
hachioji311.jpg

一本しかない線路ですが、このようにすれ違う時だけのための分岐路線があります。
hachioji312.jpg
hachioji313.jpg
hachioji314.jpg
hachioji315.jpg

もうちょい登って、到着!
hachioji316.jpg
hachioji317.jpg
hachioji318.jpg
hachioji319.jpg

ケーブルカー高尾山駅です。
hachioji357.jpg
hachioji320.jpg

ちなみに運賃はケーブルカー・リフトとも同額で、大人は往復950円。
hachioji356.jpg

ここまで来ると格段に景色が良くなりますが、まだまだ上がありますよ。
hachioji19.jpg
hachioji20.jpg
hachioji21.jpg

別季節の同ポイントを見比べるのも良し。
hachioji321.jpg
hachioji322.jpg
hachioji323.jpg

いつでも我らを見ている守り神、
hachioji324.jpghachioji325.jpg

お店などもあるので、
hachioji23.jpg

こちら"十一丁目茶屋"
hachioji24.jpg

入店するとテラス席は絶景みたいですが、私はテイクアウトで信州小川の庄(野沢菜おやき)を頂きました。
hachioji25.jpg
hachioji26.jpg

サルも生息しているようです。
hachioji27.jpg
hachioji29.jpg

高尾山さる園・野草園、初訪問時には垂幕が『サル園』標記だったのが、
hachioji28.jpg

次は『さる園』になっていました。まぁどちらでも良いですが。
hachioji355.jpg

高尾山薬王院の参道、
hachioji326.jpg
hachioji327.jpg

南無飯縄大権現。
hachioji328.jpg

杉の巨木が立ち並んでいますが、
hachioji329.jpg

杉苗奉納者御芳名という、このリストに北島三郎さんの名も見えます。
hachioji353.jpghachioji354.jpg

あとはひたすら登山…といっても舗装されている道だし距離も短いので、手軽に普段の格好で行けます。
hachioji22.jpg

それでも歩きやすい靴で行くに越したことはないです。私はオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)のブルース・リーコラボ靴、「ココ」で紹介した生誕75周年記念特別モデルのスニーカーで行きました。
hachioji9.jpg
hachioji10.jpg

高尾山薬王院。
hachioji30.jpg
hachioji31.jpg
hachioji32.jpg

天狗様、
hachioji33.jpg
hachioji34.jpg
hachioji35.jpg
hachioji36.jpg

本堂、
hachioji37.jpg

権現堂。
hachioji41.jpg
hachioji42.jpg

ここでまた天狗様。
hachioji43.jpg
hachioji44.jpg

たくさんの像。
hachioji38.jpg
hachioji39.jpg
hachioji40.jpg

これは2回目に登った時、『霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~』として日本遺産に認定された後の高尾山薬王院。
hachioji330.jpg
hachioji331.jpg
hachioji332.jpg
hachioji333.jpg

やはり、天狗様。
hachioji334.jpg
hachioji335.jpg
hachioji336.jpg
hachioji337.jpg

そしてまた、天狗様。
hachioji349.jpg
hachioji350.jpg
hachioji351.jpg

うむ、紅葉が美しい。
hachioji338.jpg
hachioji339.jpg
hachioji340.jpg
hachioji352.jpg

高尾山不動堂。
hachioji348.jpg

ここからもっと進んで、
hachioji45.jpg
hachioji46.jpg

高尾山山頂です。
hachioji341.jpg
hachioji47.jpg

山頂晴れて そびえる♪…平沢進と戸川純さまのデュエットによる歌声が聴こえてきそうな光景です。
hachioji48.jpg
hachioji49.jpg

『関東の富士見百景』にも選ばれている眺望ではありますが、この日は条件が良くなかったようで富士山は見えず。
hachioji50.jpg

山登り、仮にも激しい運動になる部類の行為をしている時であり山中というのに『マスクをつけましょう』、と垂幕で注意。ここでもコロナ脳が酷い事になっています。
hachioji342.jpg

天気が良い時の山頂、しかも紅葉シーズンとなると混んでいました。
hachioji343.jpg
hachioji344.jpg

私がプレイしているゲーム、ドラクエウォークでは47都道府県の全てで平等に4つずつお土産が設定されているのですが、東京都で1番の難所がここ高尾山 山頂。
hachioji346.jpg

これで無事に入手したお土産は、何故かもんじゃ焼き。
hachioji347.jpg

それでは、山頂から下山していきましょう。
hachioji345.jpg

ルートは1号路~6号路までと、稲荷山コースがあります。私は4号路(吊り橋コース)を選び、
hachioji51.jpg
hachioji378.jpg

進んでいくと、
hachioji52.jpg

謎の生物が見えたりしましたが…あれは現場にあった看板で確認するにアナグマだったと思います。
hachioji53.jpg
hachioji54.jpg

他にも、死んだモグラや植物などで自然を感じながら、
hachioji55.jpg
hachioji56.jpg

どんどん進みます。
hachioji57.jpg
hachioji58.jpg
hachioji59.jpg

自然風景を楽しみながら、
hachioji63.jpg
hachioji60.jpg

吊橋を渡って帰りました。
hachioji61.jpg
hachioji62.jpg
高尾山はパワースポットの宝庫なので、好きな人は全てのルートを何度も往復しているのではないでしょうか。

帰りのケーブルカー。やはり乗り物を利用するのは楽で良いですね。
hachioji358.jpg
hachioji359.jpg

で、着いた所にある"おみやげ処 やまゆり"で推してた、高尾山天狗 黒豆まんじゅうを購入。
hachioji362.jpg
hachioji363.jpg
hachioji364.jpg

"末広亭"でも、たくさん買物。
hachioji365.jpg
hachioji366.jpg

高尾山 天狗のりせん、
hachioji367.jpg

ごぼうせんべい、
hachioji368.jpg

韃靼そばふりかけ、
hachioji370.jpghachioji396.jpg

わさび漬、
hachioji369.jpg

一味とうがらし、
hachioji371.jpg

高尾山カマンベールワッフルクッキー。
hachioji372.jpg

行こうよ、八王子!
hachioji377.jpg

iyeiの「死亡遊戯」柄スヌードで明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

今年は令和三年。西暦では2021年…つまりブルース・リー(李小龍、Bruce Lee)の父親、李海泉の生誕120年となる年を迎えました。
ブルース・リー映画では『ドラゴン危機一発』の本国公開から40周年の年か…という事は、気が早いですが来年は『ドラゴン怒りの鉄拳』、『ドラゴンへの道』、そして『死亡遊戯』におけるブルース・リー出演部分が撮影された年から40周年を迎える事になります。

そういえば死亡遊戯…
BRUCELEE87.jpg

貴方もブルース・リーが好きなら、普段から映画『死亡遊戯』で着られていた黄色地に黒ラインのツナギジャージ、いわゆるトラックスーツを着ているのではないでしょうか。しかしトラックスーツはブルース・リーの美しい身体ラインが見える造りになっているので下に着込むのは論外であり、上着を着ちゃったらそもそも見えない。さらに今は1月…という事は当然ながら寒い!
私はトラックスーツを戦闘時だけでなく普段使いでも活用しているので、冬は困るんですよ。そんな折にパラパラを踊るYouTuberとしても話題の俄然パンピーさんが「ココ」、iyeiでオーダーメイドの手編み商品を作っており、スヌードが人気だと聞いたのですよ。これを福音だとばかりに早速、私も依頼しました。
死亡遊戯のイメージを伝えて、黒ラインはどこまでとか紐がどうとか打合せして、完成したのがこちら!
BRUCELEE98.jpgBRUCELEE99.jpg

装着するとこのように、首から下のカッコいい服を一切隠さずに首を温められます。しかも人間は首が温かいとけっこう低い気温でも大丈夫ですからね。ニットの材質も良く、これは理想の商品を作って頂きました。
BRUCELEE88.jpg
BRUCELEE89.jpg

横から見ると、このようにトラックスーツ柄とマッチングOKの確認が出来ます。
BRUCELEE90.jpg
BRUCELEE91.jpg

こちらのトラックスーツでも、色合いは良いでしょう。
BRUCELEE92.jpg
フード紐は、ポン・ジュノ(Bong Joon-Ho)の長編監督デビュー作である『ほえる犬は噛まない』におけるペ・ドゥナのようにキュッと締めて使うのが良いですかね。

装着して側面、背面はこんな感じで…と、冒頭にトラックスーツが『ブルース・リーの美しい身体ラインが見える造りになっている』と書きましたけどね、ブルース・リーにはなれなかった中年が着ると腹の膨らみとかバレてしまう服です。でも着るんだよ!
BRUCELEE93.jpg
BRUCELEE94.jpg
BRUCELEE95.jpg

それでは、新しい年が明るい年でありますように。笑門来福!
BRUCELEE96.jpg

旅行・紀行・街(261) 東京都稲城市 1 調布市 3 府中市 2 国立市 1 立川市 2

今夜は東京都の西の外れの郊外にある…多摩地域の各市を回ってみます。

はい、「ココ」で花やしきがある台東区、「ココ」で後楽園がある文京区、「ココ」でとしまえんがあった練馬区、と東京都内の遊園地がある場所を紹介をしてきたので…

その流れでいけば次は、多摩地域南部の稲城市です。ここには、"よみうりランド"があるので、早速向かいましょう。
inagi1.jpg
inagi2.jpg
inagi3.jpg
inagi4.jpg
inagi5.jpg

ちなみに、よみうりランドは本社も稲城市ですが敷地の大部分が神奈川県川崎市に属するそうです。さて、今回は面倒なので個別の説明を省いて撮った写真だけ貼り付けていきます。
inagi6.jpg
inagi7.jpg
inagi8.jpg
inagi9.jpg
inagi10.jpg
inagi11.jpg
inagi12.jpg
inagi13.jpg
inagi14.jpg
inagi15.jpg
inagi17.jpg
inagi18.jpg
inagi19.jpg
inagi20.jpg
inagi21.jpg
inagi22.jpg
inagi23.jpginagi24.jpg

おお、観覧車。ここって、きうちかずひろ先生の漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作 とした同名の実写映画1作目、中山美穂がアレされる場面のロケ地になっている所なので、聖地です。
inagi16.jpg

ついでに書くと、ちょっと前に文京区の所で紹介した『特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy』で触れた「電光超人グリッドマン」のロケ地でもあります。
そしてまだまだ乗り物、各種。
inagi25.jpg
inagi26.jpg
inagi27.jpg
inagi28.jpg
inagi29.jpg
inagi30.jpg
inagi31.jpg
inagi32.jpg
inagi33.jpg
inagi34.jpg
inagi35.jpg
inagi36.jpg
inagi37.jpg
inagi38.jpg
inagi39.jpg
inagi40.jpg
inagi41.jpg
inagi42.jpg
inagi43.jpg
inagi44.jpg
inagi45.jpg
inagi70.jpg
inagi71.jpg
inagi72.jpg
inagi73.jpg

ランド内に出店などもいくつかありますが、この時は"ばくだん焼本舗"のよみうりランド店で、
inagi46.jpg

モチーズとばくだん焼と、お好み焼き。
inagi47.jpg
inagi48.jpg
inagi49.jpg

あとはこう、
inagi50.jpg
inagi51.jpg
inagi52.jpg

ハロウィンの時のあれこれを見て。
inagi53.jpg
inagi54.jpg
inagi55.jpg
inagi56.jpg

よみうりランドの塔。
inagi57.jpg
inagi58.jpg

これは重鎮、つげ義春先生の名作「無能の人」でも登場するのだから歴史にその姿を刻んだし、
inagi59.jpg
inagi60.jpg

単純に、カッコいい。
inagi61.jpginagi62.jpg
inagi63.jpginagi64.jpg

そういえば『グッジョバ!!』内のアトラクション・スプラッシュU.F.Oにヤキソバンとケトラーが登場していましたが、「UFO仮面ヤキソバン」のネタってせいぜい分かるのは30代までじゃないでしょうか。よみうりランドは、そんなに高齢者向け遊園地なのでしょうか。
inagi65.jpg
inagi66.jpg
inagi67.jpg
inagi68.jpg
inagi69.jpg

それでは、よみうりランドからお別れです。サバラ!
inagi74.jpg
inagi75.jpg
inagi76.jpg

稲城市のマンホール蓋は、市章と市の木であるイチョウの葉。
inagi77.jpg
inagi78.jpg

あとは町中華を1軒だけ紹介しますが、屋号が何と…"ドラゴンボール"
inagi79.jpg
inagi80.jpg

もちろん世界一有名なドラゴンボール(DRAGON BALL)は鳥山明先生の漫画・アニメで歴史的な大ヒットをしているあの作品になりますが、そのドラゴンボール世代では全然ない老人が経営しているし、店内に悟空のフィギュアが飾ってあるとか、そういった事も一切ないので謎が深い店なのです。はい、ラーメン。
inagi81.jpg
inagi82.jpg


引き続き、多摩地域で隣接する自治体へ次々と進んでいこうと思いますが…次は調布市
たまに訪れているし、以前に「ココ」「ココ」で紹介しているのでもう3回目になる都市です。
ところで調布市にはパルコがありますよね。私にとってパルコがある街というのは大都会、栄えている街の象徴でもありますので調布は凄いんだぞと。
chofu53.jpg

また映画関係の会社が多いらしく大昔には『東洋のハリウッド』と呼ばれたそうだし、現在も映像関連会社が多くて映画のまちとしてアピールしていますよ。
chofu74.jpg
chofu54.jpg
chofu55.jpg

調布市平和と文化のモニュメント。
chofu57.jpg
chofu56.jpg

調布駅近くで気になった辛味噌ラーメン店、虎よし。
chofu142.jpg

他にも調布市は誇りになる物が色々とあるのだと思いますが、漫画好きの私からしたら、いや漫画好きなんて括りはするべきでない国民的なスター…何と言っても名誉市民でもあった故・水木しげる先生の街です。
そこを市としても最大限に利用しており、鬼太郎バスを走らせています。素晴らしいラッピング車両だ…
chofu82.jpg
chofu83.jpg
chofu84.jpg

2台目は、このパターン。
chofu85.jpg
chofu86.jpg
chofu87.jpg
chofu88.jpg

調布駅北口の天神通り商店街に行けば、
chofu58.jpg

布田天神の参道でもあるのですが、
chofu61.jpg

水木しげる先生が生み出した妖怪キャラ…と言っても鬼太郎関連ばかりですが、モニュメントが並んでいます。
chofu60.jpg
chofu59.jpg
chofu62.jpg

鬼太郎モニュメントの数々を見て回り。
chofu63.jpg
chofu64.jpg
chofu65.jpg
chofu66.jpg
chofu67.jpg
chofu68.jpg
chofu71.jpg

バイ調布、この企画でも鬼太郎が使われていて。
chofu70.jpg
chofu69.jpg

そしてここ…
chofu73.jpg

こちらの鬼太郎の後ろには、ウルトラセブンのアンヌ隊員こと、ひし美ゆり子さんが開いた、しかし今は本人は退いて親戚が経営する"アジタイ食堂"があります。
chofu72.jpg

調布市のマンホール蓋は、市の花・百日紅。
chofu75.jpg
chofu76.jpg

消防用のもあって、
chofu77.jpg
chofu78.jpg

さすがは水木先生の街、鬼太郎シリーズのも作られています!
chofu79.jpg
chofu80.jpg
chofu81.jpg

次は調布市内で深大寺まで移動し、妖怪たちへ会いに行きましょう…
chofu100.jpg
chofu101.jpg

こんな昔からの観光名所でも水木しげる先生の影が出てくるわけですが、
chofu102.jpg
chofu103.jpg

鬼太郎茶屋。
chofu89.jpg
chofu110.jpg
chofu90.jpgchofu91.jpg

店頭の目玉おやじの焼き団子、
chofu92.jpg
chofu93.jpg
chofu94.jpg

入口にこの鬼太郎が立つ、
chofu96.jpg
chofu97.jpg

ここは妖怪喫茶。
chofu95.jpg

2階に、妖怪ギャラリー。
chofu98.jpg
chofu99.jpg

鬼太郎茶屋の車両が有りますが、
chofu104.jpg
chofu105.jpg
chofu106.jpg
chofu107.jpg

このヘッドライトが素晴らしいですよね。
chofu108.jpg
chofu109.jpg

こんな歴史ある土地で、今や鬼太郎が最も知名度が高い事になっていますが…
chofu163.jpg

でもやっぱり深大寺といえば鬼太郎は抜きにしても観光名所で、地名の元となった寺院の深大寺。東京都でも浅草寺の次に古いお寺で、畑中純先生の漫画「百八の恋」でも登場します。
chofu111.jpg
chofu112.jpg
chofu113.jpg
chofu130.jpgchofu131.jpg

銅造釈迦如来倚像は近年になって国宝指定もされて、また盛り上がりました。
chofu164.jpg
chofu165.jpg
chofu203.jpg

こちらは近くの龍、
chofu156.jpg
chofu155.jpg

龍虎。
chofu157.jpg

深大寺の猫。
chofu158.jpg

他に当地には大昔からの名物・深大寺そばがあります。
多くのそば屋があるので私もちょいちょい寄っていますが、まずは"そばごちそう門前"で、
chofu114.jpg
chofu115.jpg
chofu116.jpg

麦とろ膳。
chofu117.jpg

もりそば、
chofu118.jpg

かけそば、
chofu119.jpg

これに天ぷらを載せて天かけそばに。
chofu120.jpg
chofu121.jpg

ゆず七味は、深大寺薬味だそうです。
chofu122.jpg

店頭で販売もしている、和菓子。
chofu124.jpg
chofu123.jpg

次は"一休庵"で、
chofu125.jpg
chofu126.jpg

外からそば打ちの様子が見れる、あの店の蕎麦がこちら。
chofu127.jpg
chofu128.jpg

それから、味噌おでん。
chofu129.jpg

次は"湧水"で、
chofu166.jpgchofu167.jpg
chofu168.jpg
chofu169.jpg

もりそば、
chofu172.jpg

なめこそば、
chofu170.jpg
chofu171.jpg

野菜天。
chofu173.jpg
chofu174.jpg

そば羊羹。
chofu175.jpg

この店のすぐ近くには深大寺水車館があるので、覗いてみる事をお薦めします。
chofu159.jpg
chofu160.jpg
chofu161.jpg
chofu162.jpg

次は"きよし"で、
chofu202.jpg
chofu176.jpg
chofu177.jpg
chofu178.jpg

せいろそば、
chofu179.jpg

桜そば。
chofu180.jpg
chofu181.jpg

調布には車で行く事もありますが、ここはガソリンスタンドにある"プロントカフェ"(PRONTO CAFF)の調布店。朝食時間帯に便利です。
chofu143.jpg
chofu144.jpg
chofu145.jpg
chofu146.jpg

きのことマスカルポーネの濃厚ミートソース。
chofu147.jpg
chofu148.jpg

"ベーカリーレストランサンマルク"の調布深大寺店、
chofu204.jpg
chofu182.jpg
chofu205.jpg
chofu183.jpg
chofu206.jpg

ここは何度も行っている店で、パンの食べ放題が良い。
chofu184.jpgchofu185.jpg
chofu186.jpgchofu187.jpg
chofu188.jpgchofu189.jpg
chofu190.jpgchofu191.jpg
chofu207.jpg
chofu208.jpg

サラダ、スープ、前菜3種の盛り合わせ、
chofu210.jpg
chofu192.jpg
chofu193.jpg

子供向けプレート、
chofu209.jpg

白身魚のポワレ 干し海老のクロッカン わさびクリームソース、
chofu194.jpg

ハンバーグステーキ 生姜風味のトマトソース、
chofu195.jpg

こういうハンバーグステーキも食べたし、
chofu211.jpg
chofu212.jpg

そして…ハンギングテンダーステーキ。
chofu197.jpg

私はこれが好きなのでした。
chofu198.jpg
chofu199.jpg

レアでもらって、ここでジュッと。
chofu200.jpg
chofu201.jpg

フォアグラを付けたパターンとか、色々と食べています。
chofu213.jpg
chofu214.jpg
chofu215.jpg
chofu216.jpg
chofu217.jpg

デザート。
chofu196.jpg
chofu218.jpg

深大寺には地ビールも有り、その名も『深大寺ビール』で…
chofu149.jpg

深大寺ビール ピルゼンとミュンヘンがありますが、こちらは前者です。
chofu150.jpg
chofu151.jpg
chofu152.jpg

調布びーる。
chofu153.jpg
chofu154.jpg

これは、調布市のどこぞで見かけたキリンさん。
chofu132.jpg

"深大にぎわいの里"内にある農産物直売所、調布のやさい畑。
chofu134.jpg
chofu133.jpg
chofu135.jpg
chofu136.jpg
chofu137.jpg

"かばん家"でパンを買えば、
chofu138.jpg
chofu139.jpg

近くの河原でのんびり食べたりも出来ます。こういう所が、東京でも郊外の良い所。
chofu140.jpg
chofu141.jpg

次は、府中市
ずっと前に「ココ」で多磨霊園を紹介して以来ですが、江戸川乱歩や三島由紀夫に岡本太郎ら著名人の埋葬者がメチャクチャ多いここに我が親族も眠っているので、墓参りには訪れています。
fuchu80.jpg

日本一でかい刑務所である府中刑務所が有名ですが、という事は府中刑務所近くの路上で起きた超有名未解決事件・三億円事件の現場。という事はこの事件をモチーフとした漫画で、私は100回以上読んでいる作品でもある阿久悠・作&上村一夫・絵の「悪魔のようなあいつ」の舞台でもあるわけです。

府中市のマンホール蓋は…市の鳥、ひばりが2羽のデザイン、
fuchu81.jpg

市の木、ケヤキのデザイン、
fuchu1.jpg

市の花、ウメのデザイン、
fuchu2.jpg

小型蓋がブドウのデザイン。
fuchu30.jpg
今年になって府中にゆかりある漫画「 ちはやふる」のキャラクターを使ったデザインマンホールも登場しているので、そのうち見に行きたいと思います。

府中駅の近くでいつも気になるのは、中華料理屋の"スンガリー飯店"。ヤンガリーじゃないよ。
fuchu3.jpgfuchu4.jpg
fuchu5.jpg

"リュヌシアン"(LUNECYAN)でパンを買いましたが、
fuchu83.jpg
fuchu6.jpg
fuchu8.jpg
fuchu9.jpg
fuchu10.jpg

おしゃれな水、ソラン・デ・カブラス(SOLAN DE CABRAS)も売っていました。
fuchu7.jpg

府中の森芸術劇場、
fuchu11.jpg

そして、府中の森公園…
fuchu12.jpg
fuchu13.jpg

柳原義達作、道標・鴉。
fuchu14.jpg
fuchu15.jpg

その他、散歩していると気になるオブジェとかありまして、
fuchu16.jpg
fuchu17.jpg

そのまま航空自衛隊府中基地辺りを散歩。
fuchu21.jpg
fuchu18.jpg
fuchu19.jpg
fuchu20.jpg

まぁ、東京都とはいえ都心からこれだけ離れると普通に田舎の光景です。
fuchu22.jpg

"シズラー"(Sizzler)の府中店、
fuchu71.jpg
fuchu73.jpg

サラダなどのバイキングから、
fuchu74.jpg
fuchu75.jpg
fuchu76.jpg
fuchu77.jpg
fuchu78.jpg

ハンバーグステーキと、
fuchu72.jpg

魚のグリル。
fuchu79.jpg

京王線の中河原駅から、南大通商店会へ。
fuchu23.jpg
fuchu24.jpg

目当ては"郎郎郎"(サブロウ)の中河原店。
fuchu26.jpg

吉祥寺の店舗でも行った事がある二郎インスパイアの店で、目当てはこの看板にもある…
fuchu25.jpg

ファイヤー麺の味噌・5辛。無料トッピングは野菜多め・しょうが・辛揚げ。
fuchu27.jpg
fuchu28.jpg
fuchu29.jpg

隣の分倍河原駅へ。
fuchu32.jpg

駅前ロータリーに、新田義貞公之像。
fuchu33.jpg
fuchu35.jpg
fuchu34.jpg

分倍河原駅改札目の前に良い立ち食いそば屋があったのですが、その名も"立来"(TACKLE)でした。
fuchu36.jpg
(現在は"山長そば"と、普通の名前になって営業を続けています)

かきあげそば、
fuchu39.jpg

牛スジカレー。
fuchu38.jpg

卓上に、激辛スパイスなど有り。
fuchu37.jpg

分倍河原駅の商店街に入り、
fuchu40.jpg

"味の天徳"の分倍河原店で、
fuchu41.jpg

カレー油そば 大盛り、煮玉子トッピング。
fuchu42.jpg
fuchu43.jpg

居酒屋では駅前に昔ながらの昭和な呑み屋横丁が有り、
fuchu64.jpgfuchu65.jpg
fuchu66.jpg

地下にある"つなん"が渋くて気になったのですが、実際にかなりの人気店という事です。
fuchu44.jpg
fuchu45.jpg

チェーン店である"肉汁餃子のダンダダン"でも、当地のこの店舗はかなりの人気店と聞いたのですが、
fuchu46.jpg

私が入店した居酒屋は、"かめや"
fuchu82.jpg
fuchu47.jpg
fuchu48.jpg

酒、
fuchu49.jpgfuchu50.jpg
fuchu51.jpgfuchu52.jpg

つまみの数々…
fuchu53.jpg
fuchu54.jpg
fuchu55.jpg
fuchu56.jpg

うむ普通で安心出来る美味さの居酒屋、好きだぞ!
fuchu57.jpg
fuchu58.jpg
fuchu59.jpg
fuchu60.jpg
fuchu61.jpg
fuchu62.jpg
fuchu63.jpg

南町第3公園の『大東亜戦争戦没者』の碑と社、
fuchu69.jpg
fuchu68.jpg

夏祭りの盆踊りなど見て…
fuchu70.jpg
fuchu31.jpg

かえで通りからタクシーに乗り、また次の土地へ。
fuchu67.jpg

次は、国立市。マンホール蓋はJR国立駅の駅舎とサクラ。
kunitachi1.jpg

谷保駅近くのコパン通り、
kunitachi2.jpg

これら謎の人形がやたらと目に付きます。
kunitachi3.jpgkunitachi4.jpg

"丸信中華そば"で、
kunitachi5.jpg
kunitachi6.jpg

ラーメン。
kunitachi7.jpg
kunitachi8.jpg

谷保天満宮も見てきましたが、
kunitachi16.jpg
kunitachi17.jpg
kunitachi18.jpg

牛、
kunitachi19.jpg
kunitachi20.jpg

そして植物…いやここで木の枝に付いてるのは葉っぱじゃなくてニワトリだ!私は少年時代から飼っていたくらい鶏好きなので嬉しかったですけどね。
kunitachi21.jpg
kunitachi22.jpg
kunitachi23.jpg
kunitachi24.jpg
kunitachi25.jpg

庭を見て回ると梅が咲いていて綺麗だったり、
kunitachi26.jpg
kunitachi27.jpg
kunitachi28.jpg
kunitachi29.jpg

和魂漢才!って、あまりにショックな事に先月亡くなってしまった矢口高雄先生の初連載作品「おとこ道」(梶原一騎原作)の中でアピールしていた『和魂洋才』ではなく、漢才ですか。
kunitachi32.jpg

他にここがお気に入りの場所だったという山口瞳の文学碑など、ありました。
kunitachi33.jpg
kunitachi34.jpg
kunitachi35.jpg
kunitachi31.jpg
kunitachi30.jpg
kunitachi36.jpg

南武線通り…おお、鉛筆。
kunitachi37.jpg
kunitachi38.jpg

そして、くにたち市民芸術小ホールへ。
kunitachi39.jpg

この日ここまで来た目的は、朗読×ピアノ×ダンスの舞台「マイライフ・マイステージ」のため。
kunitachi45.jpg

これにですね、実は今も個人的に交流があり、あの寺山修司が主宰した天井桟敷の街頭劇『地球空洞説』で主役を張ったダンサーのクボタマサミ(久保田正美)氏が市民参加者として出るのを聞いてかけつけたのです!
クボタ氏ら8人の市民参加者は何日かのワークショップの後にここへ上がったそうで、それぞれの『一般人』が人生を語り、パフォーマンスする...これが予想以上に良かった!桜美林大学の能祖将夫教授が作っていて、他に出演はピアノの竹村浄子、振付・ダンスの井上大輔と藤井友美。
kunitachi40.jpg

クボタマサミ氏は伝説かつ謎の人物的な位置づけなのでここでは載せずにおきますが…ピアニスト・竹村浄子さま、
kunitachi41.jpg

そのピアノプレイにも感激したため、公演後に記念撮影させて頂いたり、
kunitachi42.jpg

CD「祈り~グルダのアリア」を購入してサインも頂きました。ありがとうございました!ああ、日付見たら4年近く前の話を今さらすみません。
kunitachi43.jpg

この会場は谷保駅と矢川駅の中間地点だと聞いて片道は後者の方へ行ってみましたが、パン屋の"プチ・アンジュ"
kunitachi44.jpg
kunitachi9.jpg
kunitachi10.jpg

ここを地元民に薦められたのでパンを購入。
kunitachi11.jpg
kunitachi12.jpg

うわー、美味い!
kunitachi13.jpg
kunitachi14.jpg
kunitachi15.jpg

次もあまり馴染みのない土地、かつ隣接していて地名に同じ『国』が付くのでいつもごっちゃになる国分寺市。忌野清志郎を輩出した事でも知られる、多摩地域中部の街へ。
kokubunji1.jpg
kokubunji4.jpg

駅ビルのセレオ国分寺、
kokubunji2.jpg
kokubunji3.jpg

駅前の『かがやき』像。
kokubunji20.jpg

国立市のマンホール蓋は、市の花であるサツキのデザイン。
kokubunji6.jpg
kokubunji7.jpg
kokubunji8.jpg

ぶんバス、なんてのが走っています。
kokubunji5.jpg

商店街は、
kokubunji9.jpg

なかなかレトロな感じでよろしい。
kokubunji10.jpg

食事は"麺創研 紅"で、
kokubunji14.jpg
kokubunji15.jpg
kokubunji16.jpg

鬼紅らーめん。
kokubunji17.jpg
kokubunji18.jpg

汁も飲み干して、丼の底です。
kokubunji19.jpg

他のラーメン店では中華そば1号店と鶏そば2号店があるらしいムタヒロ、という店も気になったのですが開いてなくて、
kokubunji11.jpg
kokubunji12.jpg

かつてこの地に住んでいた秘密結社員に薦められた"タラ"(TARA)というタイ料理店も、わざわざ行ってみたら閉まっていたのが残念。
kokubunji13.jpg

カレーなら"欧風カレー工房すぷーん"が名店らしく、今では多目的さんというべきか…アンジャッシュ渡部さんがお薦めして行列になっていたそうですよ。
kokubunji21.jpg

しかし私は、すぐ近くのインド料理店"国分寺チョウタリー"へ。
kokubunji32.jpg
kokubunji22.jpg
kokubunji23.jpg

生ビール、
kokubunji24.jpg
kokubunji25.jpg

インドカレー、
kokubunji26.jpg
kokubunji27.jpg
kokubunji28.jpg
kokubunji29.jpg

チーズナン。
kokubunji30.jpg
kokubunji31.jpg

今夜の、いや今年の最後は立川市です。
tachikawa-street59.jpg
tachikawa-street29.jpgtachikawa-street30.jpg

立川駅周辺…
tachikawa-street33.jpgtachikawa-street34.jpg
tachikawa-street35.jpg
tachikawa-street36.jpg
tachikawa-street37.jpg

相変わらず、アートな街ですね。
tachikawa-street44.jpg
tachikawa-street62.jpg
tachikawa-street63.jpg
tachikawa-street60.jpgtachikawa-street61.jpg

こちら、三木俊治の「行列」(SPACE SHIP EARTH NAVIGATORS)。
tachikawa-street32.jpg
tachikawa-street31.jpg

立川市のマンホール蓋、
tachikawa-street47.jpg
tachikawa-street48.jpg

こちらは市の花・コブシのデザイン。
tachikawa-street49.jpg
tachikawa-street50.jpg
tachikawa-street51.jpg

アレアレアへ向かいまして…
arearea-ramensquare31.jpg
arearea-ramensquare32.jpg

ここにラーメンスクエア立川がありますね。
arearea-ramensquare57.jpgarearea-ramensquare58.jpg

仮面女子が、アレアガールズ。
arearea-ramensquare33.jpg
arearea-ramensquare42.jpg
arearea-ramensquare41.jpg
arearea-ramensquare34.jpg

とにかく店舗の入れ替わりが激しくて行く度に店は替わっているのですが、写真を撮ったこの時はこれらの店が入っていました。
arearea-ramensquare35.jpg
arearea-ramensquare36.jpg

だから、何でラーメンのテーマパークでニューヨークをイメージした場所作りにしているの!?
arearea-ramensquare40.jpg

"北海道恵比寿"。
arearea-ramensquare43.jpg
arearea-ramensquare44.jpg

"信州松本 麺肴ひづき 湯きりや"では、
arearea-ramensquare37.jpg

ハーフラーメンにて、湯きりやラーメン、
arearea-ramensquare38.jpg

鶏そば。
arearea-ramensquare39.jpg

"火の豚"が二郎系ラーメン店のようでしたが、さらに蒙古タンメン中本とも同時コラボを実現させていました。
arearea-ramensquare45.jpg
arearea-ramensquare46.jpg

長らくここにあったデビット伊東さんのラーメン店"ラーメン でびっと"も、現在は閉店しちゃっているます。よって今宵は、でびっと監修によるエースコックのカップ麺を食べて懐かしみましょう。
鶏とん塩ラーメン、
arearea-ramensquare48.jpgarearea-ramensquare49.jpg
arearea-ramensquare47.jpg
arearea-ramensquare50.jpg
arearea-ramensquare51.jpg

煮干し醤油ラーメン。
arearea-ramensquare53.jpgarearea-ramensquare54.jpg
arearea-ramensquare52.jpg
arearea-ramensquare55.jpg
arearea-ramensquare56.jpg

ちなみに立川駅南口のラーメン集合施設『らーめんたま館』は、もっと前からありましたよね?私もかなり昔に行った記憶があります。
tachikawa-street58.jpg

立川市を、次は国営昭和記念公園前へ向かいます。
tachikawa-street38.jpg

立川市の聖地巡礼フラグ、この時はアニメ『フレームアームズ・ガール』、
tachikawa-street39.jpg

『とある魔術の禁書目録Ⅲ』。
tachikawa-street43.jpg

そして巨大フードフェス・まんパクこと満腹博覧会へ。
tachikawa-manpaku37.jpg
tachikawa-manpaku67.jpg

イベント冊子、
tachikawa-manpaku73.jpg

前にも来ているフードフェスであり「ココ」で紹介もしていましたが、今回アップしようとしている写真でさえ見返すと2017年だったか…しかも、実は2020年の今年に行く予定だったのが新型コロナウイルスの影響で中止になったのです。
tachikawa-manpaku74.jpg
tachikawa-manpaku38.jpg

この豚さん、まんパク公式キャラクター・ぽぅ。
tachikawa-manpaku68.jpg
tachikawa-manpaku69.jpg
tachikawa-manpaku70.jpg

会場を見て回って、
tachikawa-manpaku39.jpg
tachikawa-manpaku40.jpg
tachikawa-manpaku41.jpg
tachikawa-manpaku42.jpg

世界のビールブース。
tachikawa-manpaku56.jpg

サンクトガーレンの、ビール呑み比べ。
tachikawa-manpaku43.jpg
tachikawa-manpaku44.jpg
tachikawa-manpaku45.jpgtachikawa-manpaku46.jpg

呑み過ぎてくたばっている人達。
tachikawa-manpaku71.jpg

たまエリアでは、
tachikawa-manpaku47.jpg

ダイナマイト酒場、もとだれの唐揚げ。
tachikawa-manpaku48.jpg
tachikawa-manpaku49.jpg

アジアンで、
tachikawa-manpaku57.jpg

タイ料理プラトーンの、空芯菜炒め。
tachikawa-manpaku58.jpg

インド料理ムンバイの、チーズナン ミニカレーつき。
tachikawa-manpaku59.jpg
tachikawa-manpaku60.jpg
tachikawa-manpaku61.jpg
tachikawa-manpaku72.jpg

タイミングさえ合えば、まぐろ解体ショーもありました。
tachikawa-manpaku62.jpg

肉、
tachikawa-manpaku51.jpg
tachikawa-manpaku52.jpg
tachikawa-manpaku53.jpg
tachikawa-manpaku54.jpg

スイーツ、
tachikawa-manpaku50.jpg
tachikawa-manpaku63.jpg
tachikawa-manpaku64.jpg

ここ、10年ぶり涙の再会!
tachikawa-manpaku55.jpg

そしてベルギーワッフル。
tachikawa-manpaku66.jpg
tachikawa-manpaku65.jpg

立川南口の飲食店街を見ると、
tachikawa-street45.jpg
tachikawa-street46.jpg

朝食は立ち食いそば店"仲や"で、
tachikawa-street52.jpg
tachikawa-street53.jpg

げそ天そば。
tachikawa-street54.jpg

場外勝馬投票券発売所のJRAウィンズ立川にも、立ち食いそば店"哥川"という所があって気になりました。
tachikawa-street56.jpg
tachikawa-street57.jpg

他には朝飯というより、24時間営業のため朝呑みも出来る"日高屋"の立川南口店で、
tachikawa-street87.jpg

瓶ビールと日本酒、
tachikawa-street91.jpg
tachikawa-street92.jpg

つまみは餃子、野菜炒め、
tachikawa-street88.jpg
tachikawa-street86.jpg

〆の野菜たっぷりタンメン。
tachikawa-street89.jpg
tachikawa-street90.jpg

昼は"本棚珈琲"のノルテ店で、
tachikawa-street64.jpg
tachikawa-street65.jpg
tachikawa-street66.jpg

ドリンク、
tachikawa-street67.jpgtachikawa-street68.jpg
tachikawa-street69.jpgtachikawa-street70.jpg

カフェでスイーツ。
tachikawa-street71.jpg

立川を飲もう!と配布していたこの冊子でも宣伝していますが、
tachikawa-street85.jpg

呑み屋を見てみると…"煮込み専門店マルミヤ"が昼からやっていたし美味そうです。
tachikawa-street55.jpg

"ひだりうまでん助"の北口店では、
tachikawa-street84.jpg
tachikawa-street79.jpg

生ビール、
tachikawa-street80.jpg

串揚げ、おでん、
tachikawa-street81.jpg
tachikawa-street82.jpg

そしてこれが…モウカの星。気仙沼産、サメのハツ刺しです!
tachikawa-street83.jpg

"肉バル&魚バル KATSUO"(カツオ)、
tachikawa-katsuo3.jpg

ああ、屋号の由来はあのカツオですか。
tachikawa-katsuo1.jpg
tachikawa-katsuo2.jpg
tachikawa-katsuo4.jpg

ドリンク、
tachikawa-katsuo6.jpg
tachikawa-katsuo5.jpg
tachikawa-katsuo7.jpgtachikawa-katsuo8.jpg

そしてここには我が地元の酒、魚沼清酒たかちよの赤ラベルが並んでいました。
tachikawa-katsuo9.jpg
tachikawa-katsuo10.jpg

刺身や、
tachikawa-katsuo15.jpg
tachikawa-katsuo13.jpg
tachikawa-katsuo14.jpg

その他のつまみ。
tachikawa-katsuo11.jpg
tachikawa-katsuo12.jpg
tachikawa-katsuo17.jpg
tachikawa-katsuo16.jpg

それから立川市はモノレールが走る街。
tachikawa-street40.jpg
tachikawa-street41.jpg
tachikawa-street42.jpg

スウェーデン家具店の"イケア"(IKEA)、
tachikawa-ikea12.jpg

私もちょっと好きな所ですが…
tachikawa-ikea7.jpg
tachikawa-ikea22.jpg

1階の方にあるフードマーケットは前回に行っているので、
tachikawa-ikea10.jpg
tachikawa-ikea11.jpg

今回はスウェーデン食品売り場でフランクフルトを買って家で食べる事にして。
tachikawa-ikea15.jpg
tachikawa-ikea16.jpg
tachikawa-ikea23.jpg

こちら、2階にある方は"IKEAレストラン&カフェ"の立川店というのか、
tachikawa-ikea8.jpg
tachikawa-ikea9.jpg
tachikawa-ikea17.jpg
tachikawa-ikea18.jpg

ドリンクバーとベリーベリーチーズケーキ、
tachikawa-ikea19.jpg
tachikawa-ikea20.jpg

無添加野菜カレー。
tachikawa-ikea21.jpg

また立川駅に戻り、夜の駅前辺り。
tachikawa-street72.jpg
tachikawa-street73.jpg
tachikawa-street74.jpg
tachikawa-street75.jpg

綺麗なイルミネーション。
tachikawa-street76.jpg
tachikawa-street77.jpg
tachikawa-street78.jpg

アンチクライスト登場!
antichrist1.jpg
とやったクリスマスも過ぎて、大晦日になってしまいましたが今月もどうにか1回だけブログ投稿できました。

それでは皆様…2020年(令和二年)最後の、Hej da【ヘイドー】!
tachikawa-ikea13.jpg
tachikawa-ikea14.jpg
プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク