大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(216) フランス・モンペリエ-FRANCE MONTPELLIER 1

前回のマルセイユ(MARSEILLE)から、またTGV(フランス国鉄の高速鉄道)で移動して…
montpellier1.jpg

あ、普通にINUちゃんが人間の席や通路にいる~。
montpellier2.jpg
montpellier3.jpg
montpellier4.jpg
montpellier5.jpg

これは例えば飲食店でしたら問題あるかもしれませんが、愛犬家の自分にとって退屈な168kmの移動時間をお供してくれるパートナーとしては最高ですよ。こうしてフランスで見る犬族はホントいい子で...いじりたおしたいくらいですが、さすがに飼い主の目を盗んでナデナデするくらいに抑えておきました。
montpellier6.jpg

さーて、モンペリエ(MONTPELLIER)へ到着。TGVを降りましょう。
montpellier7.jpg

ここモンペリエは中世からの学園都市として有名で、もちろんフランス人で知らない方はいないと思いますが日本ではイマイチ知名度が低い。
そこで貴方に質問ですが、フランスの都市でどこを知っていますか!?国で見ればフランスは日本人からしても多分アメリカ合衆国や中華人民共和国に次ぐくらいで、ヨーロッパでは一番馴染みのある名前だと思いますが、そのわりに絶対に誰でも知っていると断言出来る都市って、実はパリ(Paris)くらいしかないですよね。
ちょっとでもフランスに興味がある方なら、人口順で言えば次にマルセイユ(Marseille)、そしてリヨン(Lyon)までは出てくると思います。これはまぁ、東京・大阪・名古屋みたいなもんですからね(日本の場合は本当は2位に横浜が来ますが)。
でもこの次を答えられる人には、日本に住む知り合いで会った事がないレベル。我が国の事で言えば遠い国の外国人が札幌や神戸を知っているかって感じでしょうか…答えとしてフランス第四の都市はトゥールーズ(Toulouse)。次いで先日「ココ」で紹介したコート・ダジュールのニース(Nice)。さらに次となると当然難問になりますよね。若い時からフランス好きで憧れてた私も出てこなくて、調べなおしましたよ。
で、なるほど...聞けばそうだねという感じかもしれませんが、第六の都市はやはり日本ではマイナー都市扱い、そして実は我らが日本、それも私の故郷がある県の新潟市と姉妹都市(というのがまた地味ですが)、,ナント(Nantes)。その次がストラスブール(Strasbourg)ですね。
くだらぬ説明が長くなりましたが、モンペリエはようやくその次、第八の都市ですって。そりゃ日本では知られてないわって感じですかね。ヨーロッパの人が川崎市だのさいたま市だのを知ってるかって話になりますからね。 私も以前は都市の名前を聞いた事があるくらいだったのですが、随分前にたまたま現地に秘密結社員が引っ越したので街の話を聞くようになって興味を持ったのですね。それでようやく今回訪れる事になった、と。
モンペリエ、凄く若い世代は別としても我々日本人を悩ませ苦しめまくった「ノストラダムスの大予言」のあいつ、ノストラダムスが当地の出身です。偉大なシャンソン歌手のジュリエット・グレコ(Juliette Gréco)、こちらは私の世代のエレクトロ歌手でエミリー・シモン(Emilie Simon)なんかも当地出身。さらに近年では過激なイタズラ動画で有名なレミ・ガイヤール(Rémi Gaillard)...彼の映画「WTF」(原題『N'IMPORTE QUI』)があの公開からもう3年経っている事に驚いた次第ですが、とにかくレミ・ガイヤールのいる街。
…この話ついでに、人口でモンペリエの次に来る都市はワイン都市として有名なボルドー(Bordeaux)です。

ここに到着するまでには想い出の街で泥棒に遭ったりして不安と嫌な気持ちで過ごすはめになったのですが、モンペリエでは気心知れた16年来の親友が迎えに来てくれていて、あと全部案内してもらっていたので今度は最初から安心しっ放しでした。
montpellier8.jpg
montpellier305.jpg
繰り返しになりますが、油断から被害者になってしまったバカな私より日本人の皆さまにせめてもの教訓をば…まずフランスは複数回来ているし1年だけですが住んでいた事もあって多少は言葉も話せる私でも、やっぱり日本で安全過ぎるぬるま湯生活をしていたために感覚が鈍っていて知らない街は怖い事が分かりました。被害に遭わない為には、カラテを習って体を鍛えるとかでも良いですが、それより『荷物からは一時も目を離さない』事を心がける、これだけでかなり防げると思います。
性善説なんか捨ててください。全然世界基準ではない日本のぬるま湯から一時的にでも離れる事で、精神的に得られる物は多いかもしれません。

さて、これがモンペリエ・サンロッシュ駅(Gare de Montpellier-Saint-Roch)。
montpellier9.jpg
montpellier10.jpg
montpellier40.jpg

やっぱり、ここもトラムの街なのが一目瞭然ですね。
montpellier12.jpg
montpellier11.jpg

しかもこの街のトラムは、今までで一番可愛い!
montpellier16.jpg
montpellier15.jpg
montpellier14.jpg
montpellier35.jpg
montpellier36.jpg

友人が何とか言うデザイナーの作品なんだって言ってましたが、その名前は失念しました。いくつかのタイプがあります。
montpellier37.jpg
montpellier38.jpg
montpellier39.jpg

後で、自分でもトラムに乗ってみたりもしたし、
montpellier180.jpg
montpellier182.jpg

だまし絵の建物、その前をトラムが…
montpellier199.jpg
montpellier200.jpg
montpellier201.jpg

駅からちょっと歩くと、
montpellier17.jpg
montpellier18.jpg

モンペリエの中心、コメディ広場(Place de la Comédie)に到着します。
montpellier22.jpg
montpellier19.jpg
montpellier60.jpg

ここもメリーゴーランドと、
montpellier21.jpg

トラム。
montpellier61.jpg
montpellier62.jpg
montpellier63.jpg

オペラ座、などがありました。
montpellier20.jpg

これは三美神の噴水。
montpellier23.jpg

この広場ではちょうど行った時に『Sud de France fête la Qualité』というのをやっていて、これは名前を見ても何のイベントか分からないけど、見た感じでは日本でいうB級グルメフェスみたいでしたよ。でも、私が到着した当日は天気が悪くて中止になっていて、↓の写真撮ったのは翌日ですがイベント始まる頃には当地を去らなくてはならないという残念さ!
montpellier24.jpg

つー事でこれも天気が良くなった翌日ですが果物を売っていたり、
montpellier25.jpg
montpellier26.jpg

あとはコメディ広場から延びるシャルルド・ゴール遊歩道(Esplanade Charles-de-Gaulle)に古本市がズラーッと並んでいて、興奮しましたね。
montpellier28.jpg
montpellier27.jpg
montpellier29.jpg
montpellier30.jpg

お、楳図かずお先生的な赤白ボーダーTシャツが表紙のBD。って、そうか今やこう書くとブルーレイ・ディスクの事だと思われるのか…もちろん、これはバンド・デシネ(ベデ)の事。
montpellier31.jpg

しかしじっくり見ている時間が無いのが残念な、旅行者の身です。
montpellier32.jpg
montpellier33.jpg

この明らかに古そうな建物はCinématographe Pathéと書いてありますが、フランス映画初期の製作会社で有名なパテ兄弟社の映画館なんだと思います。
montpellier34.jpg

商店街へ入ると兵隊がごつい銃を持ってウロウロしていますが、自分がただの観光客で何も悪い事を企てていない以上は頼もしい存在です。
montpellier41.jpg
montpellier42.jpg

そして、傘!傘が綺麗!
montpellier43.jpgmontpellier44.jpg
montpellier45.jpg
montpellier46.jpg

この傘のすぐ横…
montpellier47.jpg

Boulangerie Patisserie Ortholanという美味しいパン屋さんがありまして、
montpellier48.jpg
montpellier49.jpg
montpellier50.jpg

こちらはまた別の店の物ですが、頂いたショコラ。
montpellier51.jpg
montpellier52.jpg

友人宅のすぐ近くにあったパン屋はBoulangerie De L'Aiguillerie。
montpellier306.jpg
montpellier307.jpg
montpellier308.jpg

美味かったので当地を去る前にもまたサンドイッチ等を買って、次の土地へ移動中のTGV車中でも頂きました。
montpellier309.jpg
montpellier310.jpg
montpellier311.jpg
montpellier312.jpg

ちなみに友人には日本からの土産をごっそりと買っていたのですが、それを盗まれたトランクに入れてなくて本当に良かった。
そして現地在住の友人にもトランクを盗まれた話をしたらフランスの治安の事で凄く謝られて、替わりにグレードアップしたトランクや、服なども色々とくれました。当地での食事なども全てごちになったし...彼に限らずですが、移民だらけの国柄だからか他人に冷たいと思われるフランス人も、仲良くなると普通の日本人よりはるかにフレンドリーで親切である事を記しておきます。
あと私が来るというので用意してれくれていた土産は、ブルース・リーのフランス版ジャケをあしらった鞄(ランチボックス、というかビデオかフィルム入れだったのかな)などを頂いて!
BRUCELEE9.jpg
BRUCELEE10.jpg
BRUCELEE11.jpg

それではモンペリエ名物、旧市街へ。
montpellier53.jpg
montpellier54.jpg

地元の秘密結社員宅もこの旧市街にあり、この日は泊めてもらいました。当地らしく古くてオシャレな建物で、これは本棚の一部...
montpellier64.jpg

日本のマンガにも造詣が深い彼のコレクションから少し見せてもらうと、おお、小池桂一作品のフランス語版。代表作「ウルトラヘヴン」も日本と同じく3巻まで出ていて、
montpellier67.jpg

しかも小池桂一先生ご本人がこのモンペリエまで来て、イベント出演した事があるのだとか。それでこの2冊、
montpellier68.jpg

イラスト入りでサインも貰っているのだから、羨ましい!
montpellier69.jpg
montpellier70.jpg

ビールはベルギーのWieze Bier、オランダのHeineken、そして赤ワインと呑みながら数年ぶりに再会したなりの積もる話をして、
montpellier65.jpgmontpellier66.jpg

あ、これは海外に日本のマンガを紹介したので有名なタッシェン(TASCHEN)の「Manga Design」。有名少年漫画から、この通り丸尾末広先生まで扱われていますからね。
montpellier71.jpg
montpellier72.jpg

こちらは特にフランス向けに作られたマンガ紹介本かな…「Les Mondes Manga」。世界中で知らない人はほとんどいない鳥山明先生の「ドラゴンボール」から、サイヤ人らが着用していた戦闘服でコスプレしている表紙の本。ここでもまた丸尾末広先生まで扱っていました。
montpellier73.jpg
montpellier74.jpg

もちろんこの家にはバンド・デシネの方がたくさんあって、私も何冊か読みましたけどね、持ち主がイラスト&サインを貰いまくってて凄い。
montpellier75.jpg
montpellier76.jpg

さて家を出て旧市街。ここは秘密結社員がずっと案内してくれていたから楽ではありましたが、迷路みたいに入り組んだ路地を歩きまくって..
montpellier55.jpgmontpellier56.jpg
montpellier57.jpgmontpellier58.jpg

え?何で南アフリカ共和国の偉大な大統領だったネルソン・マンデラ(Nelson Rolihlahla Mandela)の関連施設がこの地にあるのか…La Maison des Relations Internationales Nelson-Mandelaですって。
montpellier59.jpg

ここPlanetes Interdites、日本のマンガ、アメリカのコミック、フランスのバンド・デシネ等々扱っています。
montpellier77.jpg

ゴシック趣味の装飾を扱うTainoti、
montpellier78.jpg

ここは可愛いなぁ、アクセサリーに雑貨のbrocante、
montpellier79.jpg

そしてオモチャ屋さんのPomme de Reinette et Pomme d'Api。
montpellier80.jpg
montpellier81.jpg
montpellier82.jpg
montpellier83.jpg

これはまた全然違う所ですが、Cartapapaなるカルタ店。この時は閉まっていましたが、「遊戯王」「ポケットモンスター」など日本のキャラクターで遊ぶ店みたいでした。
montpellier84.jpg

Des Reves & Du Pain...夢とパン。
montpellier95.jpg

うわぁまた可愛い…クレープ屋のLa Crêperie des 2 Provinces。
montpellier96.jpg
montpellier97.jpg

おおっとDisquaire、良さそうなレコード屋も発見!やったーと入ったものの、もう閉店時間という事ですぐに出されてしまいました。
montpellier85.jpg
montpellier86.jpg

トイレに行きたいぞ...となるとフランスでは大抵はカフェに入らなくてはなりません。そこで一休みしたのは、英語の店ですがHome coffee。
montpellier87.jpg
montpellier88.jpg
montpellier89.jpg

テラス席でコーヒーを頂きました。
montpellier90.jpg

大きめの通りに出たり、
montpellier93.jpg

この路地はランプを下げた腕がたくさんあるぞ…
montpellier101.jpg
montpellier102.jpg

ああ、通りの名前もRUE DU BRAS DE FERなんですね。腕相撲通り、でいいのかな?
montpellier100.jpg

ちなみに同名でBRAS DE FERというフランス映画がありましたが、その邦題は「地獄の暗号指令」でした。
montpellier323.jpg

この通りにあったカフェで本屋か、Librairie anglophone。
montpellier103.jpg

店先にメアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」、さらにラヴクラフトやその他の昔読み漁ってた恐怖小説の古典がたくさん並べてあって、しかもやっぱりこちらの方が表紙のセンスが良い。
montpellier104.jpg

この人はJean-Jaurès...政治家かと。
montpellier109.jpg

これはParadis perduって書いてあった!つまり失楽園、英語ではParadise Lost…イギリス出身ですがゴシックメタルを代表するあの大好きなバンドを思い出して嬉しいですが、
montpellier110.jpg

しかし、こんな落書きしやがって…モンペリエ大学(Université de Montpellier)のガキ共か!
montpellier111.jpg
montpellier112.jpg

犬だ~。
montpellier98.jpg
montpellier99.jpg

その他の飲食店も見ていくと、
montpellier113.jpg

まずやっぱり目に付くのは日本料理店。ここwaku wakuという店は、
montpellier91.jpg

当然日本人経営ではないニセモノ(現地の人にはその方が良い場合もあるでしょうが)を出していて、メニューに載ってた写真からして...これなに!?
montpellier92.jpg

この左手に見えるのはSUSHI(寿司)屋だし、
montpellier322.jpg

ここもまた寿司屋。まだまだありますが、フランスにおける日本料理店は、大部分が日本人以外の東洋人(当然、区別は付かないので本物の日本人だと思っているフランス人が多い)ですね。
montpellier202.jpg

Bento Café、つまり『弁当カフェ』なんて店も出てきました。
montpellier94.jpg

このカフェ・バーは、Le Petit Niceですって。わりと近いここモンペリエでも、ニースに対する憧れとかあるのかな。
montpellier105.jpg
montpellier238.jpg
montpellier239.jpg

The black cat、
montpellier106.jpg

お腹が空いたので、ここHALLES CASTELLANEへ寄ってみましょう。マルシェみたいに店舗の集まる所ですね。
montpellier114.jpg
montpellier115.jpg
montpellier116.jpg
montpellier117.jpg
montpellier118.jpg

あ!そうですよこういう店で、
montpellier119.jpg

小腹を満たすためのスシソン(ソーセージ)をちょこっとグラム買いするのが最高なんですよ。正直、これは日本人として残念な事ですがフランスの物の方がはるかに美味い!最高ですね。
montpellier120.jpg
montpellier121.jpg

AGORA(Agora cite international de la danse)、ここは歴史ある建物を利用しているモダンダンスの施設だとか。
montpellier164.jpg

で、そこに何故かキューバの英雄であるホセ・マルティ(José Marti Perez)像がありました。
montpellier165.jpg

そろそろ行きますか、街中の巨大キリスト像。
montpellier122.jpgmontpellier125.jpg

遠くからでも、かなり目立ちます。
montpellier181.jpg
montpellier159.jpg

ここもそうでしたが、この手のキリスト像にでよくINRIって文字が書かれています。それは『IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM』という.ラテン語の頭字語らしく、『ユダヤ人の王、ナザレのイエス』の意味ですって。
montpellier324.jpg
montpellier123.jpg
montpellier124.jpg

周りを見てみると、
montpellier129.jpg

凄い建物の裁判所もあるのですが、裁判官と思わしきオジサンの周りに若い女学生の人だかりが出来ていて、やっぱりどこの国でも頭の良い人が強いのだと感じた次第。
montpellier126.jpg
montpellier127.jpg

そして凱旋門(Arc de Triomphe​)。モンペリエにも小さな凱旋門があるのです。
montpellier130.jpg

通り抜けて…
montpellier131.jpg

反対側から。
montpellier133.jpg
montpellier132.jpg

さらに進んでこの先は、
montpellier158.jpg
montpellier152.jpg
montpellier157.jpg

ペイルー公園(Promenade du Peyrou​)。
montpellier134.jpg

太陽王(Roi-Soleil)、ことルイ14世の像ですね。うーん...世代なのでしょうがないのですが、この名を見るだけで脳内にカヒミ・カリィの「LE ROI SOLEIL」が流れ出します。
montpellier135.jpg

ルイ14世の下で歌う男、ルイ14世の周囲を周りながらノリノリな子供、
montpellier136.jpg
montpellier137.jpg

普段私はブラック・メタルとか決して子供と聴くものではない音楽を愛聴しているので、こういう光景が微笑ましいですね。
montpellier138.jpg
montpellier139.jpg

むむ、このムッシュの歌はフランス語じゃないですよね?


ああ英語におけるミスター(mister)、『ムッシュ』といえばムッシュかまやつ。ムッシュという単語を音楽界で最も日本に広めた方ですが、先日3月1日に亡くなってしまいました...合掌。
ちなみに漫画界で最もムッシュの単語を日本に広めた方はといえば、やはりムッシュー・田中先生ですよね。
MONSIEUR-TANAKA-sininnoashioto2.jpg

で、さらにその先。、
montpellier140.jpg
montpellier141.jpg

これは給水塔(Château d’Eau)、
montpellier142.jpg
montpellier143.jpg
montpellier144.jpg

そしてと水道橋(Aqueduc Saint-Clement​)。
montpellier145.jpg
montpellier146.jpg
montpellier147.jpg
montpellier148.jpg

この装飾の門、うちにも欲しいな~。
montpellier150.jpg
montpellier149.jpg

改めて給水塔下の池で遊んで、
montpellier151.jpg
montpellier154.jpg
montpellier153.jpg
montpellier155.jpg

さよなら、ペイルー公園。
montpellier156.jpg

また旧市街へ行きます。
montpellier163.jpg
montpellier162.jpg
montpellier166.jpg
montpellier169.jpg
montpellier167.jpgmontpellier168.jpg
montpellier191.jpgmontpellier192.jpg

そういえば何故か、自転車が壁にめり込んでいるオブジェが多い街だ。
montpellier194.jpg
montpellier195.jpg
montpellier196.jpg
montpellier197.jpg
montpellier198.jpg

Carre Sainte-Anne。この通り外観は教会なのですが、
montpellier183.jpg

中に入ると...
montpellier184.jpg
montpellier189.jpg

ギャラリーです。個展を行なうアーティストはその時によって違うわけですが、私が行った時の展示では棺桶がズラッと並んでいまして、ゴシック系の展示をするにはそりゃ教会なんて最適だよと思った次第。でもそれならもっと暗くしたり、雰囲気に気遣って欲しかった。
montpellier185.jpg
montpellier186.jpg

入場無料なのに入場券までくれて、
montpellier160.jpg

写真も撮り放題というのは気前いいですね。記念撮影して、さよならしました。
montpellier187.jpg
montpellier188.jpg

"サン・ロック教会"(L'église Saint Roch)。
montpellier193.jpg

夜。ちなみにここの目の前には凄い『だまし絵』があるので、モンペリエへ訪れた際には見てきてください(ちょっとはここで写真載せない物も残しておかないとね)。
montpellier240.jpg

Basilique Notre-Dame des Tables、ここがモンペリエにおけるノートルダム寺院か。
montpellier190.jpg

この前の広場では、夜に黒猫と戯れています。
montpellier226.jpg
montpellier227.jpg

要塞みたいで凄い、"サン・ピエール大聖堂​"(​Cathédrale Saint-Pierre)、
montpellier171.jpg
montpellier172.jpg
montpellier173.jpg

ここら辺の石畳も良い感じで…
montpellier170.jpg

その近くの高台。
montpellier176.jpg
montpellier161.jpg
montpellier177.jpg

一角獣が二頭と人間の子供が絡む像。
montpellier174.jpg
montpellier175.jpg

なんか、貝の形にえぐれている建物...だからRue de la coquilleか。
montpellier179.jpg
montpellier178.jpg

うむ、地元民の案内があったのでわずか1泊の滞在時間ではかなり効率的に回ってメジャーな観光名所は全て網羅したかと思います。
この街は住むにもちょうどよく退屈しないだけの発展具合だし、かなり気に入りました。映画館もいくつか見かけましたが、
montpellier204.jpg

当地の映画情報誌に、宣伝垂れ幕に。
montpellier318.jpg
montpellier246.jpg

次、ライヴハウス。フランスの事だしこのくらいの規模の街だといくつもあると思いますが、私が目指したのはオープンからちょうど30周年だった"ロック・スター"(Le Rock Star)。
montpellier313.jpg

あった~!
montpellier205.jpg

正面からだとよくわからないかな…車が飛び出してるオブジェのある建物です。
montpellier206.jpg
montpellier207.jpg

ここの情報誌、IDEM。
montpellier314.jpg

前回の「ココ」ではラ・ファム(La Femme)の新作となるセカンド・アルバム「Mystère」を見つけて購入した事を書きましたが、モンペリエで入手した宣伝ポストカードによるとレコ発ライヴやるのがここ、ロック・スターなのでした。
montpellier320.jpg

この日程には合わなかったのが残念ですが…
montpellier208.jpg
montpellier209.jpg

実はフランスでライヴ・ツアーやる情報は得ていて、この旅のスケジュールはそれに合わせたわけではないのですが偶然にこの後で行くパリの方で私の日程とピッタリ合ったんですよ。
montpellier321.jpg

それで海外サイトで面倒だけどチケットを入手しようとしたら即日ソールドアウトになっていたようで、結局は観れませんでした。
でもそんなに売れてるバンドなのか!?と思ったらどうもパリの方は対バンがレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)だったんですね。こんな人気バンドが来仏するのに合わせられたのではチケットも簡単に取れるわけがない。レッチリも別に嫌いではないけど、ラ・ファムを観たいだけだった私なので、もう…怨むぞレッチリ!
montpellier319.jpg
(↑で持ってる「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本は『Part4 ダイヤモンドは砕けない』で、もちろんレッド・ホット・チリ・ペッパーのスタンドを使う音石明が登場する巻。音石のビジュアルはオーケンこと大槻ケンヂさまをモデルにしていて、当時ジャンプで読んだ時は驚いたものです。私は高校生くらいでまだ筋肉少女帯が解散するなんて思いもしなかった、「UFOと恋人」とか「レティクル座妄想」とか、そのくらいの時代だったように記憶しています)

近くにあったここは椅子の感じとか、可愛いな~。
montpellier203.jpg

夜のモンペリエ・サンロッシュ駅近くを移動…
montpellier210.jpg
montpellier215.jpg
montpellier211.jpg
montpellier212.jpg

ここに見える"ベスト・ウェスタン・ホテル・ユーロシエル"(BEST WESTERN Hotel Eurociel)、オシャレな外観です。
montpellier213.jpg
montpellier214.jpg

"ギャラリーラファイエット"(Galeries Lafayette)もあり、
montpellier216.jpg
montpellier217.jpg

中にはフランスの人気スーパー"モノプリ"(Monoprix)、
montpellier218.jpg

老舗パン屋の"ポール"(PAUL)、その他にも色々とありました。
montpellier219.jpg

コメディ広場辺り、夜はまた違った雰囲気。
montpellier220.jpg
montpellier221.jpg
montpellier222.jpg

そしてまた、旧市街へ向かい…
montpellier223.jpg
montpellier224.jpg
montpellier225.jpg

もうおなじみの路地、夜は若者達が酒飲んで騒いだりしているのでより賑やかです。
montpellier230.jpg
montpellier229.jpg
montpellier228.jpg

歩いて色々と見て回るのが楽しいですが、
montpellier242.jpg
montpellier241.jpg
montpellier244.jpg
montpellier243.jpg

この扉、チ…チン…
montpellier233.jpg
montpellier234.jpg
montpellier235.jpg

このチラシ、ハワイ・サムライ(Hawaii Samurai)って何ですかね。往年の怪奇映画の他にミスフィッツ(The Misfits)のスカルが見えるしハードコアパンク等の音楽イベントかとは思いますが、となると我々日本の『サムライ』を冠した意味は...
montpellier236.jpg
montpellier237.jpg

"Bar musical"、
montpellier231.jpg
montpellier232.jpg

あと"Black Out"なるバーはライヴもやってるっぽかったかな。大盛況でした。確かにかつて南仏に住んでいた時、バーで生演奏している率が高かったけど、チャージ無しでライヴを観れるバーが日本は東京ですら意外と少ないですね。
montpellier245.jpg

ここは建物からして素晴らしい雰囲気を持っています。Le café de la Panacéeというのか、入ってみましょう。
montpellier247.jpg
montpellier248.jpg

ちょうどdavid haines & joyce hinterdingという人達のイベント会場でもある上にオープニング・セレモニーなんかもやってたらしく、
montpellier315.jpg

中は凄い混み具合でした。それも含めて良い感じだったのですが、
montpellier253.jpg
montpellier249.jpg
montpellier254.jpg
montpellier250.jpg
montpellier251.jpg
montpellier252.jpg

ここでビール呑みまくり、
montpellier256.jpg
montpellier257.jpg
montpellier258.jpg

あとつまみ!こんなのファーストフードを適当に頼んだだけのつもりですが、これがイチイチ美味いのですね。
montpellier259.jpg
montpellier260.jpg
montpellier261.jpg
montpellier262.jpg
montpellier263.jpg
montpellier264.jpg
誰だって子供の頃から食べ慣れてる自国の食べ物が一番美味しいはずだと思いますが、そのハンデがあってもフランスの方が色々と美味い。パンに関しては言うまでもないレベル差だし、これはもうフランスに永住した方が良いのかな…でも私の、そして多くの日本人男性のソウルフードであるラーメンとカレーがこっちは駄目なので、その問題をどうするか。

街の情報誌とかいくつか仕入れておきました。
montpellier316.jpgmontpellier317.jpg

中庭も覗いた後にここは出て…
montpellier255.jpg

次はカクテルで世界一になったバーらしいのですが、Papa Dobleへ。
montpellier265.jpg
montpellier266.jpg

入って行くと...
montpellier267.jpg
montpellier270.jpg
montpellier268.jpg
montpellier269.jpg

やたらとあるのはこの顔、これってアーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)じゃないですか。アメリカ文学の巨匠ですが、日本でも有名過ぎるし私もよく読んでいた作家ですが、何故このモンペリエで。パリに住んでた事でフランスとも縁があるからかな...
montpellier284.jpg
montpellier271.jpg

カウンターでカクテルを…ああ、普段カクテルを呑まない私でも動きだけでバーテン達の腕の凄さが分かります。
montpellier285.jpg
montpellier272.jpg
montpellier273.jpg
montpellier274.jpg

メニュー表。1つ1つのドリンクにもっともらしい名前が付いているし、1ページ使っています。
montpellier275.jpg
montpellier276.jpg

頼んだのはコレと、
montpellier277.jpg
montpellier278.jpg

コレと、
montpellier279.jpg
montpellier280.jpg

コレと。
montpellier281.jpg

並べてみた。
montpellier282.jpg
montpellier283.jpg

もう疲れ切って、友人宅に帰宅してシャワー浴びて就寝、翌朝まで爆睡。目覚めたらパンとコーヒーの朝飯を頂いてから、またお出かけ。
ギャラリーラファイエットの裏側の方へ来ると、
montpellier286.jpg

新市街地アンティゴンです。↑のはモンペリエの『旧』市街ですが、今度は『新』ですね。
montpellier287.jpg
montpellier288.jpg
montpellier292.jpg
montpellier293.jpg

やっちまった~ってポーズの噴水、
montpellier290.jpg
montpellier291.jpg

その他にも芸術作品が点在していましたが、ルーヴル美術館が所蔵する有名な『アルテミスと雌鹿(Diane de Versailles)』まで出てきました。
montpellier289.jpg

さらに進むと…あの紀元前190年頃の大理石彫刻、『サモトラケのニケ(Victoire de Samothrace)』も出てきた!
montpellier294.jpg

漫画好きならば永井豪先生の「新デビルマン」で『美しき軍神 サモトラケのニケ』というエピソードがあったのを覚えている方も多いのではないでしょうか。
あれだとこいつ、飛鳥了に倒されたデーモンの1人ですよ!
montpellier295.jpg

そんな重要キャラを、パリのルーヴルまで行かずとも観れるのは良いですね。
montpellier296.jpg
montpellier297.jpg

ここら辺は、素敵な住宅地になっているみたいです。
montpellier298.jpg
montpellier299.jpg

トラムに乗ってお世話になった友人宅へ戻り、
montpellier300.jpg
montpellier301.jpg
montpellier302.jpg
montpellier303.jpg
montpellier304.jpg
その後は私の中でお気に入りの街としてインプットされたモンペリエに後ろ髪を引かれながら、モンペリエ・サンロッシュ駅から次の街へと移動したのでした。


スポンサーサイト
  1. 2017/03/04(土) 23:59:38|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(215) フランス・マルセイユ-FRANCE MARSEILLE 1

はい、おフランス旅行の続きですよ~。
前回のニース(NICE)から、TGV(フランス国鉄の高速鉄道)で移動しようとしたら...まさかの泥棒被害にあってしまった事は「ココ」で書きましたが、それでも次の土地に行くしかない。旅の共に連れて来たブルース・リーよ、最悪な気分に落ち込んでいる私を元気付けておくれ。
marseille2.jpg

天気悪いですが、車窓からの景色を眺めながらメンタルを落ち着かせる方向に持って行き…
marseille1.jpg

このTGVで向かった先はマルセイユで、それが今回のブログで紹介する所ですね。
marseille3.jpg
marseille4.jpg

するとニースから西方向に進むので、当然ながら通り道にカンヌ(CANNES)も出てきます。ああ、懐かしい...ニースに住んでた2000年あたりの時代は今よりずっと映画館に通って観まくってたし、カンヌ国際映画祭(Festival International du Film de Cannes)で有名なここは聖地として何回も訪れたものです。
nice481.jpg

カンヌのガイド冊子とか貰って見ていると、ますます懐かしい。
nice503.jpg

前回、実際にカンヌ映画祭の喧騒の中にも訪れてみた当時の写真を探しましたが、やっぱり2000年ですよ…
cannes1.jpg

この時は日本映画では大島渚監督の「御法度」が『Tabou』のタイトルで出品されていて、会場近くでは往年の原宿のように有名人の生写真が売られている中に本作のスタッフや出演者の写真もありましたね。実際に「御法度」はフランスで公開されたのでニースの映画館に観に行った覚えもありますが、この後で大島監督はフランス政府より『フランス芸術文化勲章オフィシエ章』を授与されました。
cannes2.jpg
あと当時のカンヌ映画祭の現場で日本が誇る名優・役所広司さまを見た覚えがあるのですが、あの時は何の公開で来ていたのかは覚えていません。名作「EUREKA」のプレミアか何かがあったんだっけ…

あとは行った事がないけど、時間がもう1日あれば下車したかったのが同様にプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏のフレジュス(Fréjus)。これは、現地で見つけたガイド冊子ですが、"フレジュス動物園"(Parc Zoologique de Fréjus)のもの。
nice502.jpg

さて、これで自分にとって初上陸となるフランスの南部の中心都市、そしてフランス最大の港湾都市でもあるマルセイユ(MARSEILLE)へ到着。フランス内で人口がパリに次いで二番目に多い大都市です。
marseille5.jpg
marseille6.jpg
marseille7.jpg

マルセイユ・サン・シャルル駅(Gare de Marseille-Saint-Charles)は、こんな感じ。
marseille8.jpg
marseille9.jpg
marseille10.jpg

ここで街の地図を入手。
marseille206.jpg

駅を出るとそこは高台にあり、いきなり見晴らし良くマルセイユ市街を一望する事が出来ます。
marseille11.jpg
marseille13.jpg
marseille17.jpg

ライオン像の向こうに、有名なノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院(Basilique De Notre-Dame-De-La-Garde)が見えます。
marseille12.jpg
marseille18.jpg

階段を降りる途中にも素敵な像がいくつもあり...
marseille15.jpg
marseille16.jpg

この大理石の大階段自体が歴史的建造物に指定されているそうですが、確かにかなりの風格。
marseille14.jpg

ニースですら荷物を盗まれてしまった私ですが、ここマルセイユこそが治安の悪いので有名な街だから、今度こそやられないように臨戦態勢でビクビクしながら警戒しまくっていたので、とりあえず予約していた"ニューホテル セント チャールズ"(Newhotel Saint Charles)へ到着できました。駅からわずか5分弱の距離ですが、ゴルゴのように誰にも背後を取られず周囲を注意して進んだので、疲れた…
marseille19.jpg

今度は一応、3つ星ホテル。
marseille20.jpg
marseille21.jpg

窓からの景色はイマイチでしたが…
marseille23.jpg
marseille169.jpg

フランスといえばのミネラルウォーター、エビアン(evian)も付いてて、
marseille22.jpg

あとトイレが綺麗。
marseille166.jpgmarseille167.jpg

掃除用具もオシャレなのありました。
marseille168.jpg

ここは、ホテル近くにあったオベリスクのある"カプシーヌ広場"(place des Capucines)。
marseille146.jpg

天使の像も落書きされています。
marseille147.jpg

あとこいつ、
marseille148.jpg

街で何度も見かけたのですが、何か港町であるマルセイユのマスコットキャラクター的なヤツなんでしょうか。
marseille152.jpg

同じくいくつも見かけた、これはマルセイユのMか。
marseille39.jpg

おやつにホテル近くの"My Food"なるケバブの店で、
marseille155.jpg
marseille156.jpg

トゥルヌド(tournedos)のサンドイッチ・ポテト付きを買って。
marseille157.jpg
marseille158.jpg
marseille159.jpg

さてこれから、気が重いのですがマルセイユ警察へ行きましたよ。
ここに来る途中で盗まれた荷物に関して、保険対応されるかもしれないから一応警察に届けて盗難証明書をもらう事にしたのです。海外旅行保険とかは入ってないけど、キャッシュカードなどで保険が付いてますからね。
marseille24.jpg
marseille25.jpg
はからずとも1作目からリアルタイムで観ていた映画『taxiシリーズ』の舞台となったマルセイユ警察へ入れたわけですが、しかし警官は態度悪いなぁ。フランスでは日常的に遭遇する事ですが、仕事しないでひどい対応の奴らばかりなんです。ここに関しては窓口の人しか話してませんし、イマイチ私がフランス語を理解出来てなくてイラつかれたのもあるでしょう(短期旅行とはいえ会話の勉強くらいしてから来るべきでした)。それに、こんな犯罪都市では1日何件あるんだか想像もつかない盗難事件程度の相手なんかしてられないか。
でもおかしいなぁ、「TAXi2」によれば少なくとも『コンニションワー』(Con Nichon Waaah、こんにちわ)は通じるはずだったんですが...で、言葉の問題で苦労しつつ聞かれたので私は日本人である事を話したら、『ニホンジンデスカ』とか話してくる警官が出てきた、やった言葉の通じる方が!と喜んだのも束の間、それだけしかしゃべれない人が冷やかしで来ただけでした。あとは若い女刑事もいて、そうですよマルセイユ警察で女刑事といえばペトラ(エマ・シェーベルイ)!あんなに美女でこそなかったですけどね。
窓口の対応などでまた嫌な思いをし、時間も無駄にしましたが、結局は帰国して調べたら私の持つキャッシュカードはどれも携行品の盗難に関しては保険適用外だったというオチ付きでした。

ここでマルセイユを描いた映画の話で引っ張ると、最も有名な作品は往年の名作『フレンチ・コネクション シリーズ』でしょうね。私はウィリアム・フリードキン監督の1作目に愛着がありますが、ジョン・フランケンハイマー監督に交代した「フレンチ・コネクション2」(FRENCH CONNECTION II)が、実際にロケ地もマルセイユに移しているので重要です。
日本では劇場未公開ながら近年東京国際映画祭に出品された「マルセイユ・コネクション」、ソフト化時のタイトルは「フレンチ・コネクション -史上最強の麻薬戦争-」(LA FRENCH)。あれはアメリカではなくフランス側目線で描いているしマルセイユでのロケが多くて良かった…フレンチ・コネクションと同時期・同題材の映画ではアンソニー・クイン主演の「マルセイユ特急」(THE MARSEILLE CONTRACT)も外せない。
あと実はジャン=リュック・ゴダール監督の名作「勝手にしやがれ」(A BOUT DE SOUFFLE)も、ジャン=ポール・ベルモンドはマルセイユで車を盗んでパリに逃げる話でした。

フレンチ・コネクションみたいに映画史で評価の高い犯罪映画の傑作は当然昔から観てはいたものの、私の世代がちゃんとリアルタイムで観れたのは先ほど書いた『TAXiシリーズ』。
その後も「マルセイユ・ヴァイス」(GOMEZ & TAVARES)、「マルセイユの決着」(LE DEUXIEME SOUFFLE)、「虚空の鎮魂歌」(MAINS ARMEES)等々、たまにマルセイユ映画が出てきますね。アメリカ映画の大ヒット作「ボーン・アイデンティティー」(THE BOURNE IDENTITY)ではジェイソン・ボーンの物語がマルセイユから始まるし...
それにしてもマルセイユが舞台になるとほぼフィルム・ノワールとかの犯罪モノばかりというのが、いかにこの地がそういうイメージなのか分かります。

そして...ロベール・ゲディギャン(Robert Guédiguian)監督の諸作品!
「マルセイユの恋」(MARIUS ET JEANNETTE)が有名かな?この監督は生まれてからずっとマルセイユに住み、そしてもう40年間ですか!?十数本はある作品の全てがマルセイユを舞台にしている真の『マルセイユ映画』作家。日本では尾道市を舞台にする事が多い大林宣彦監督なんかが有名ですが、あんなもんじゃないこだわりぶりですね。
でも日本で公開される映画は少なくて、最後に「キリマンジャロの雪」(LES NEIGES DU KILIMANDJARO)が公開されたのがもう6年ほど前か。
昔、シネスイッチ銀座に観に行った「幼なじみ」(A LA PLACE DU COEUR)は日本公開作としては2作目でした。
marseille207.jpg

チラシはこちらのタイプ、この絵は元うしろ髪ひかれ隊の工藤静香・画。裏面も静香ちゃんの他に小川洋子、浅野素女、猫沢エミ、山田洋次らの推薦文付きのバージョンになっています。
marseille208.jpg

あそこに見えるのは…
marseille26.jpg

ゴシック様式の聖堂、"サン・ヴァンサン・ド・ポール教会"(L'Église Saint-Vincent-de-Paul )。
marseille27.jpgmarseille28.jpg
marseille29.jpg

高台に建つ教会の正面で、街を見下ろしているのはフランスの国民的ヒロイン、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc)です。
marseille30.jpg
marseille31.jpg

内部の美しさもまた格別でした!
marseille32.jpg
marseille33.jpg
そうだ、今回は美術館などには一つも入らず、けっこう教会巡りをしています。もちろんヨーロッパの教会は建物自体が文化財だし無料だし、内部も素晴らしいのに美術館ほど時間がかからないのも良いですね。

サン・ヴァンサン・ド・ポール教会の目の前にある広場、
marseille37.jpg

これはLe Monument des Mobiles。
marseille36.jpgmarseille35.jpg

他にこの広場はキリンとか、
marseille38.jpg

可愛いコーヒー車も来ていました。
marseille153.jpg
marseille154.jpg

近くのパン屋とかも良さそうでしたが、そんなに食えない自分の貧弱な腹が悔しい。
marseille143.jpg

これは化粧品屋か、入口から日本のハローキティが見えました。
marseille144.jpgmarseille145.jpg

マルセイユ市街を散歩していきましょう。
marseille55.jpg

Bourse et chambre de commerce、これは商工会議所?
marseille56.jpg

お、映画館だ...Cinéma Les Variétés。
marseille142.jpg

当地もトラムが走っていますが、とにかく現在のフランスはどこに行ってもトラムが移動手段の主流になっていますね。
marseille40.jpg
marseille41.jpg

メリーゴーランド。
marseille42.jpg
marseille43.jpg

大きな街には大抵あるのかな、フランスの百貨店"ギャラリー・ラファイエット"(Galeries Lafayette)でちょっと土産の他にビールとか買って。
marseille44.jpg
marseille45.jpg

ギャラリー・ラファイエットはこちらにもあり、
marseille46.jpg
marseille47.jpg

その前がオシャレ通りなのか、ブティックとかもたくさんありました。
marseille48.jpg
marseille49.jpg

お、楳図ボーダー来たおばちゃん。
marseille50.jpg

こちらのマルセイユ娘なんて、スカジャン着てますよ。日本で買ったのかな!?
marseille51.jpg
marseille52.jpg
marseille53.jpg

Rue de la République、このように道の名前を派手に飾っている所もあります。
marseille132.jpg

Centre Bourse、これも地名かな。
marseille54.jpg

こちらのイルカちゃんの先に見える路地は...
marseille133.jpg

rue des Arts。
marseille134.jpgmarseille135.jpg

ここにあったのは、"ラ・マルセイエーズ記念館"(Mémorial de la Marseillaise)。ラ・マルセイエーズといえばフランスの国歌ですが、『マルセイユの歌』なのでここに記念館があるのか。私はこの歌、セルジュ・ゲンスブールのレゲエ・バージョンでばかり聴いていましたよ。
marseille137.jpg
marseille136.jpg

ブルース・リーも、ここのフランス国旗と記念撮影させておきましょう。
marseille138.jpg

マンホールの蓋。
marseille149.jpg
marseille150.jpg
marseille151.jpg

さていよいよ、このマルセイユ観光で避けて通る者はいないであろう…旧港(Le Vieux Port)へ。
marseille57.jpg
marseille58.jpg
marseille59.jpg
marseille60.jpg

ヨーロッパで最初に開かれた貿易港でもあり、早朝に来ればフィッシュマーケットも開催されていたみたいです。ここで、海の男にご挨拶。
marseille70.jpg
marseille71.jpg

この辺りはベルジュ埠頭、つまりベルギー人埠頭と言うみたいですが、巨大なガラス天井のアーケードがあり、2013年のマルセイユ旧港再整備計画で今度はイギリス人ですが建築家のノーマン・フォスターが手がけた作品なのだとか。
marseille66.jpg

そして…観覧車が有ります!
marseille130.jpg
marseille61.jpg
marseille62.jpg

観覧車、裏。
marseille65.jpg

暗くなってくると、ライトが付きます。
marseille63.jpg
marseille64.jpg

この観覧車のすぐ前にあるのが、"デ・ゾーギュスタン教会"(Église des Augustins)。
marseille67.jpg

表は白くキラキラしているのですが、横から観ると汚くて...失礼ながら貧保耐三の家を思い出しました。
marseille69.jpg
marseille68.jpg

ここらで食事をと、Brasserie Le Soleilへ。
marseille98.jpg
marseille99.jpg

窓際の席で旧港を見ながら...さて何を頼みましょうか。
marseille100.jpg
marseille101.jpg
marseille102.jpg

ここは何と、日本語メニューを置いていたのでフランス語が苦手な方でも安心。
marseille103.jpg
marseille104.jpg

オランダのアムステルビール(Amstel beer)の生は、立て続けに2杯頂きましたね。
marseille105.jpgmarseille106.jpg

ムール貝とポテトフライ(Moules frites)、
marseille108.jpg
marseille109.jpg

牛リブアイステーキフレンチクラシックソース(entrecôte)、
marseille110.jpg

そして当地の名物…私もこれを食べにマルセイユまで来た!というわけでブイヤベース(Bouillabaisse)、美味い!
marseille111.jpg
marseille113.jpg

ブイヤベース自体は店によって多種多様な物ですが、前回も書いたように大抵こういうパンが付いてきます
marseille112.jpg

この時はお酒も白ワインを注文。ブイヤベースと白ワインの相性が抜群なのはよく知られていますからね。
marseille107.jpg

フランスのレストランは量が多くて、要はコスパが良いのは確かなのですが、もっと他のも食べたいのに満腹になりすぎちゃってこの程度が限界ですね。
marseille114.jpg

あと同じ旧港沿いですがリヴ・ヌーヴ通りの方に行くと"バーガー・キラー"(BURGER KILLER)なんて、凄いネーミングのハンバーガー店がありました。
marseille115.jpg

これは翌朝にまた港へ来た時ですが、事件が起こります。
marseille72.jpg
marseille73.jpg

持ってったホットトイズの1/6 ブルース・リーフィギュアで撮影して遊んでたら…
marseille74.jpg
marseille75.jpg
marseille76.jpg

その頭が首からポロっと取れて、しかもコロコロと海の方に転がっていって港に沈んでしまった!今まで頭が取れた事なんてなかったのに何でこのタイミングで、しかも漫画みたいに海に向かってボチャンとなるんですか!
先日のトランク盗難に続いてのダメージとなって、あれ以上に自分が悪いとしか言いようがない事ではりますがショック、もうどうでもいいよ…マルセイユの旧港に沈んだ私のブルース・リー、いつか誰かが引き上げる事があるでしょうか。
marseille77.jpg
marseille78.jpg

港周辺では様々なお店が立ち並んでいるので、またブラブラと港を歩きます。
marseille79.jpg
marseille87.jpg
marseille88.jpg

海から引き上げられたのでしょう、錆びたべスパだ。
marseille80.jpg
marseille81.jpg

向こう岸に行ってくれる、三途の川の渡し船みたいなのはたったの0.5ユーロ。
marseille82.jpg
marseille83.jpg

あ、行っちゃった~。
marseille84.jpg

アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」の舞台で有名なイフ島、牢獄のシャトー・ディフ(Château d'If)が実際にある所ですが、そこ行きの船もここ旧港から毎日出ているみたいです。
marseille85.jpg
marseille86.jpg

駅からも見えた、ノートル ダム ド ラ ガルド寺院。映画「TAXi2」でもチラチラ見えてましたよね。同作はちょうど私のニース在住時に封切されたため、舞台のマルセイユと同じ南仏・ニースの映画館で観たものでした。
marseille89.jpg
marseille90.jpg
marseille91.jpg

坂道がたくさんあって、
marseille118.jpg

車はあのロゴ…プジョー(Peugeot)のが走りまくっていて…ああTAXiだなぁ、と。
marseille119.jpg

バイクでもプジョーが走ってましたが、日本ではまず見ないレアなマシンですよね。
marseille205.jpg

フランスの自動車メーカーとしてはプジョーの他には同グループのシトロエン(Citroën)や、ルノー(Renault)なんかがありますね。これはルノーのモデュス(Modus)。
marseille34.jpg

あれは、"サン・ヴィクトール修道院"(Abbaye Saint-Victor)か。遠くから見ただけでも凄い雰囲気でしたが、訪れる時間はなくて残念。
marseille92.jpg
marseille94.jpg
marseille93.jpg
marseille95.jpg
marseille96.jpg

巻きグソ。
marseille97.jpg

近くには"ラ・クリー"(La Criée Théâtre National de Marseille)という劇場とかもありますが、ここら辺の建物は港沿いだけに古くから残る倉庫を改良している所が多そうです。
marseille117.jpg

マルセイユといえば石鹸が名産品ですが、ここに"マルセイユ石鹸博物館"(LE MUSÉE DU SAVON)なんてのもありました。
marseille116.jpg

その他、見て歩きましょう。
marseille123.jpg
marseille122.jpg

港からちょっと入っていくと、
marseille124.jpg
marseille125.jpg

ピエール・ピュジェ(Pierre Puget)とライオンの銅像。
marseille127.jpg
marseille128.jpg

こちらはマルセイユ生まれの作曲家、ヴァンサン・スコット(Vincent Scotto)。
marseille131.jpg

そこから伸びる道はレストラン等で賑わっています。
marseille126.jpg

お、いい車!
marseille129.jpg

平凡な街並みも日本と違ってとにかく建物が古い。それだけで風格があるのですが、写真ではあまり分からないのが残念。
marseille139.jpg
marseille140.jpg

"Galerie Asakusa"なんて画廊を発見したのですが、Asakusaって浅草ですよね…特に日本の作品を展示しているわけではなさそうでしたが。
marseille141.jpg

怪しい路地に引き込まれそうにもなりましたが、当地のギャング、いやチンピラのガキ程度でも複数人に襲われたらさすがに私程度のカラテでは太刀打ち出来ないであろうというわけで、このマルセイユでだけは変な所に入っていくのは全て自粛しました。
marseille120.jpg
marseille121.jpg

実際にここへ来る途中でトランクを盗まれた事や警察に行って塩対応されたり色々あり、夜も街へは全く出ずにホテルで過ごしてしまいましたよ。
marseille160.jpg
marseille161.jpg
marseille162.jpg

正確にはビビったからというより、買ったビール等を置きにホテルに戻ったら単純に疲れすぎて外に出る気が起きず、まぁいいかと思ったわけですが...私が初めての街で呑みにも出ないなんて初めてじゃないかな。
marseille163.jpg

このビール…ベルギーのLeffe BlondeとフランスのReflets de France、ともに美味くてOKです。
marseille164.jpgmarseille165.jpg

翌朝、ニューホテル セント チャールズで朝食。
marseille170.jpg
marseille171.jpg
marseille173.jpg
marseille172.jpg
marseille175.jpg

あー、けっこう落ち着いてここでゆっくりしちゃいます。
marseille174.jpg

ヨーグルトがまた美味い。
marseille176.jpg
marseille177.jpg

再び素敵なマルセイユ・サン・シャルル駅の大階段へ戻ると、
marseille178.jpg

ここから見下ろす街並みに別れを告げて、
marseille179.jpg

駅へ入りました。
marseille180.jpg
marseille181.jpg
marseille182.jpg
marseille183.jpg
marseille186.jpg

待ち時間がけっこうあるので駅の構内を見て回りましたが、"Micromania"ってゲームとかアニメやフィギュアの店があるんですよ。で、このジャンルといえば我らが日本も活躍していて...普通にDRAGON BALL、HUNTER×HUNTER、NARUTOといった作品のキャラが並んでいるのを見てこいつらは世界共通なんだと再認識。
marseille184.jpg
marseille185.jpg
もちろん技術力が高い国だけに日本の物は他にも自動車やバイク、電気製品やアパレルその他でもフランスに限らず世界で普及していますが、これが当たり前だと思ってはいけなくて他のアジア圏の物はまず見ないですからね。
こんな事を書いていると近年目立つ『日本は最高にスゲェぜ論』みたいで嫌だと思う方もいるかもしれませんが、まぁ私が外国で見た率直な感想としてです。でも、日本人だから日本の物が分かるし目立って見えるのかな…まぁ誰しも生まれ育った故郷に思い入れはあるんですよね。日本人から見てひどいと思うあんな国やこんな国も、価値観が違うだけで素晴らしいのかもしれない。自国だけしか知らないと井の中の蛙になってしまうので、とりあえず短期旅行でも出てみる事の大事さはいつも思います。

『人種差別はないように見えるし、貧富の差もすくないようでもある。さらに国際的にも開けているようにも見える。しかし、そう思い込んでいるだけだとしたら、「最も民主的な国家」は「最もおめでたい国家」ということになるだろう。』

これは島田雅彦「遊園地国家の政治」からの引用ですが、その答えもとにかく実際に行って見てくれば分かる。
国家レベルの話ではなく個人として、日本人であるだけで海外で(少なくとも10数カ国程度の私が行った国では)かなり好かれていた印象はあります。ちょっと憧れの目で見られて色々聞かれたり、ちょっとした特別扱いされる事も。金を持っている上にお人良しで警戒心が薄いからこそ、前回書いた事件のように悪人からは盗みのターゲットとしても『特別扱い』にもされるわけですけどね。
それに恐らくは世界一安全なのに自分で死...つまり自殺する者が一年間に3万人程度(昨年は少なかったみたいですが)もいて、大事な20代・30代は自殺こそが死因のトップなのだから、日本だってどう考えてもかなり問題ある国だし、私も海外の国々が日本程の安全性を確立出来ていない事は承知の上で大金かけてまで遊びに行くのは日本より良い所があると思うからです、はい。

これはマクドナルド。
marseille187.jpg
marseille188.jpg

FNACもあったので、また日本の『MANGA』コーナーも見ましたが、
marseille189.jpg

あとはそうだ、CDを探して...このちょっと前に出たばかりだったラ・ファム(La Femme)のセカンド・アルバム「Mystère」を見つけて購入出来た!東京は世界一多種類の音源を深く掘り下げて取り扱っているとか聞きますが、やはりフランスのインディーバンドだと見つけるのはかなり難しいのでラッキーですよ。
marseille191.jpg
marseille192.jpg

これは2013年に出ていたファースト・アルバム「Psycho Tropical Berlin」
La-femme-Psycho-tropical-berlin.jpg

それでは、また帰ってきちゃったこのホームより、
marseille193.jpg
marseille196.jpg
marseille194.jpg
marseille195.jpg

あれに乗っちゃうと、このマルセイユともお別れです…
marseille197.jpgmarseille198.jpg

治安が悪いだけに汚いイメージも強く持ったここマルセイユ、最後の景色を車窓から楽しみます。そして私は、また次の街へ。
marseille199.jpg
marseille200.jpg
marseille201.jpg
marseille202.jpg
marseille203.jpg
marseille204.jpg


  1. 2017/02/19(日) 23:59:14|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

将棋 デ ショコラ(Shogi de Chocolat)

またこの日がやってきてしまいました・・・ある意味では年間で一番キツい、2月14日のバレンタインデーが!マイ ファニ~、ヴァレンタ~イン♪
20170214.jpg

こんなチョコレート業界の戦略、そして恋愛の事しか考えてない奴らのイベントが、この甘い物が苦手な私に何の関係があるのかって!?
それが『三高』のモテ系男の辛い所。やっぱり、秘密結社員達からチョコレートをプレゼントされちゃうじゃないですか。こうして毎年何百と集まるブツの中から、今夜は1つだけ紹介しましょう。

それがこれ…五角形のこのフォルム、我々将棋好きには一目でグッとくる形!
shogi-de-chocolat1.jpg

そう、これは東京は半蔵門にある"一心堂本舗"が先月末より発売開始した将棋 デ ショコラ(Shogi de Chocolat)という商品。ここは将棋ブログでもあるので、ちゃんと紹介しますよ。
shogi-de-chocolat3.jpg
shogi-de-chocolat4.jpg

ちゃんと『日本将棋連盟推薦品』と明記されているのが凄い。
shogi-de-chocolat2.jpg

開封してみますと、本将棋の将棋駒を再現しているチョコレート。見てくださいこの精巧さ。駒の種類も8種類(王将・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵)全て揃っていて、これで1セットですね。
shogi-de-chocolat5.jpg
shogi-de-chocolat6.jpg

本物の駒も並べてみるとこの通り、原寸大である事が分かります。
shogi-de-chocolat7.jpg

ちなみに将棋駒には書体が何種類もある事を知らない方もいるのではないでしょうか。こちら『黒彫』と呼ばれる、最も略された書体の駒も並べてみましょう。実は実家の駒はこれだったので、私もこれで将棋を覚えたものです。
shogi-de-chocolat8.jpg

さて、ここまで精巧に再現された将棋駒チョコレートです。将棋プレイヤーとして次に気になるのは、背面ではないでしょうか。
駒を裏返すことで『成駒』になる、それと取得した駒はを『持ち駒』にして再利用出来るという事が将棋の特徴であり、西洋のチェスなんかよりはるかに複雑化した原因ですからね。
で、その気になる背面は…これは残念、文字なしでした。まぁそこまでやったら値段も上がる大人の事情でしょう。
shogi-de-chocolat11.jpg

その代わりにケースの中に本来の成駒文字が書かれていました。
shogi-de-chocolat9.jpg
shogi-de-chocolat10.jpg

盤面に駒を並べてみましょうか…って、将棋駒こそ何度引っ越しても大事に持ち歩いている私ですが、将棋盤がもはやプラスチックのしょぼいやつしか無かった。まぁ、指す相手もいないしね。
とにかく、並べるとこんな感じです。この将棋 デ ショコラ、全8種類が揃っているのは良いのですが、将棋には合計40個の駒が必要ですよね。しかもこの8個入りだと、一番多く必要な歩兵(ふひょう)を揃えるために18セット買わなくては『Shogi de Chocolat将棋』の実戦が出来ないじゃないですか!バレンタイン・チョコとして揃えるには、あと17人の女達に協力してもらう必要があったのか…
shogi-de-chocolat12.jpg
shogi-de-chocolat13.jpg

チョコレート駒を使ったために余る駒は、ここに収納すれば良し。
shogi-de-chocolat14.jpg

ちなみに、この商品パッケージ内に将棋の歴史やルールを解説したパンフレットが有り、何と日本語だけでなく英語でも書かれています。外国人への土産としても狙っていますね...私もまずは自分の秘密結社で海外支部員から、これを配って将棋の海外普及に努めようかな。そもそも駒の文字が漢字だという障害をクリアすれば、将棋ほど面白い頭脳ゲームなどそうそう無い事は自信を持って言えますからね。
shogi-de-chocolat15.jpg
shogi-de-chocolat16.jpg

ほうほう、

将棋は「脳に汗をかくスポーツだ」と言われることがあります。対局で疲れた頭と体にチョコレートは最適のお菓子ですね。駒の形をしたものだと、心も休まる気がします。将棋を知らない人や海外の方がこの「Shogi de Chocolat(将棋 デ ショコラ)」を手にされたときに、日本固有の文化である将棋に思いを馳せていただければ幸いです。

公益社団法人 日本将棋連盟 会長 谷川浩司


と、ありますね。恐らくバレンタインデーのチョコレートで将棋男子の心を射止めようとしている女子達には全く興味ない事でしょうが、残念ながら現在は谷川浩司さま、日本将棋連盟会長ではありません。
この辞任が正に先月(2017年1月)の18日に発表された事であり、この商品を同月26日に発売した一心堂本舗としては寝耳に水で大変だったでしょうが...まぁ重ね重ね、こんなのバレンタイン女子からしたらどうでもいい、というか知らんでしょうね。
十七世名人でもある谷川浩司さまは、私が熱心に将棋を研究していた小学生時代に中原誠十六世名人と共にトップ争いを繰り広げていたスター棋士だったので、このままフェイドアウトされては悲しすぎますが...

そうだ、一心堂本舗のホームページで商品解説の所を見たら、このような写真が使われていました。うんうん、こんなオネーチャンと、将棋 デ ショコラの駒でで対局したいものですね!
shogi-de-chocolat18.jpg
(盤面を見ると▲7六歩△3四歩▲2六歩から、次に△8四歩を指そうとしているみたいなので...異邦人ながら最低限の定跡は知っているようです)

こんな娘の指す駒でショコラなら、取ってから興奮して食べちゃいそうですけどね!
shogi-de-chocolat17.jpg



  1. 2017/02/14(火) 23:59:50|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11年たって (ついでに、高円寺の中華そば JACがひどすぎた件)

昨年2月、ブログ開設から10年目を期に過去記事をほぼ閉鎖しまして、あれからまた1年が経ちました...

このような形にした理由は、仕事が忙しくなっている中で資格試験の勉強やらもしなくちゃならないのでブログに時間かけてられないために一旦閉じてそちらに意識がいかないようにしたのと、そもそも過去記事が今となってはほとんど恥ずかしすぎるからちゃんと書き直そうと思ったからですね。
前者は無事に目標資格を取って終了。後者は、やろうとしたらこの膨大な記事を全部見ていく手間に躊躇したのと、そもそも過去の日付で書かれいてる記事を現在の自分が編集するのは違うとも思って、手を加える事は止めました。結局面倒くさいからというのが最大の理由ですが、ほぼ閉鎖したこの1年間も月に最低1回は更新してましたしね、そんな事にかける時間は無い!
秘密結社員達にあの時のあの記事が見たいだの、検索すると出てくるのに開くとページが存在しないから迷惑しているだのとも言われまして…分かりましたと、ザッとだけ見ていらない所を削除削除と一部消すにとどめて、あとの過去記事を1年ぶりに戻しました。

この1年のブログに時間かけなくなった間も旅にもわりと行っていたので、もうネタは溜まりまくっています。海外も行きましたし、国内ではまだこのブログで紹介した事のない四国地方も複数回に分けて全県に行って、個人的に47都道府県制覇も成し遂げましたね。
そんなわけで、ペースも多少は早めて更新していく予定です。

そうだ四国といえばで、今夜は最後に最近の悲しい出来事を投稿をしちゃいます。
徳島県旅行から帰った私が、10数年来住む近所の高円寺にも徳島ラーメンを出す店があって、しかも今まで未入店だった事を思い出して行ってみたのですね。
それが環七沿い(東京都杉並区高円寺北1-4-12 明和第一ビル 1F)の"中華そば JAC(ジャック)"という店。
koenji-jac1.jpg

店内はL字型カウンターで、椅子が小学校の学童用のやつだ。
koenji-jac2.jpg
koenji-jac3.jpg

とりあえず基本メニューで、中華そば700円。
koenji-jac4.jpg
koenji-jac5.jpg

そんで食べ始めたら...あ、と髪の毛が入ってるのに気付きました。出てきたのはしょうがない、引っ張り出したらこれが何とやけにロン毛でしてニョロニョロと!
koenji-jac6.jpg

他の客にバレないように気を使いながら、店の人(規模からして一人経営の店主か)に一応伝えたら...あ、とか言ってその髪を回収して終わり。作り直すとかも言わないし、返金する気配もない。
そもそも、いらっしゃいませとかありがとうございましたを言えない店だ。
自分はこういうのわりと平気で無視して食べられちゃう方かなと思っていたので、勿体無いからとそのロン毛が入ってた丼のを仕方なくまた食べるの再開したら、やっぱり気持ち悪くなって...8割がた残しました。麺と一緒に高温で煮ているのなら消毒出来ているのかもしれませんが、髪の毛って何故かこう不気味さがあるしね、今でも思い出すと気持ち悪い。
ああ、一応来店時を書いておくと、つい先日・2017年2月6日月曜日の事です。

店の人は帽子かぶってたけど、恐らく中はロン毛でその人のだろうね。もちろん細心の注意を払ってもらいだいけど、それでも髪の毛が丼に入っちゃうのは仕方ないかとも思うんですよ。
返金とかも当然店側から申し出ると思うのですが、ないからといってこちらから言う事ではない気もします。でも...気持ち悪い物を食わせておいて、結局店を出る時にまで謝罪一つなしだったのはクズ過ぎ、許せん!
こんな店が高円寺にある事も悲しいです。それで一応ネットで調べてみたら、食べログで「ココ」になるのですが、何と3.58ポイントって、高円寺のらーめん屋としてはトップクラスの高得点じゃないですか。 まぁ私にしたってロン毛が入ってなければ店の人がカスな事にも気付かず美味しいと思って帰っていたかもしれませんけどね。
あとそこに、『市ヶ谷「麺処 くるり」出身の店主が作る徳島ラーメン専門店です』とありますが、マジですか~!?くるりって現在は大塚屋と屋号を変えていますが、濃厚味噌ラーメンの名店ですよね...こんな奴を輩出しちゃってるの!?まぁ、どこどこ出身とかは、もしかしたらちょっとバイトしただけなのかもしれない。食べログのポイントだって参考にはするくらいなら良い場合もあるけどアテにならない、もちろん妄信してはいけない事は昔から言われています。金で操作もしてるようだし。
私は所謂クレーマーとは真逆の、いい人すぎる客であるためにまた今回も泣き寝入りか。中野のたこ焼き屋で異物混入してて歯が欠けた時でも何も言わずに帰りましたからね。

はい、そんなわけでブログにもまたちょっとは力を入れていこうかと思いますので、よろしくお願いいたします。


  1. 2017/02/11(土) 23:00:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(214) フランス・ニース-FRANCE NICE 1

昨年は久しぶりに、おフランスへ行ってきました。

航空券だけ買ってJAL便で羽田からパリ=シャルル・ド・ゴール空港を経由し、そこからAIR FRANCEに乗り換えてまた飛び、目指した先は...ニース!!
nice1.jpg
nice2.jpg
nice3.jpg
nice4.jpg

飛びます、飛びます。
nice5.jpg

パリからだと飛行時間はほんの少しですが、ドリンクは出ました。もちろんビールを頼み、でもこれがフランスじゃなくてオランダの物ですが、ハイネケン(Heineken)。
nice6.jpg
nice7.jpg

そしてニースの空の玄関、"コート・ダジュール空港"(Aéroport Côte d'Azur)へ到着。
nice8.jpg

実は私、かつてこの有名なリゾート地・ニースに4ヶ月ばかりですがアパートも契約して住んでいた事がありまして、22歳くらいだったかな。実家は10代で出たものの、全寮制の環境に入ったものだから生まれて初めての一人暮らしをしたのもこの地。
稼いだ金を握り締めてこんな所まで来ておいて、大した目的もないしただただ時間があってブラブラするだけの至福の生活をしていた…いつも私の心に残る故郷、思い出すとキュンとする、南仏のニース!!
あれから16年程(これを書いてる今からしたら17年前)が経ち、この度ついに再訪出来たわけですね。この街を見たらもう、懐か死にそうだ。

でも空港は、もう夜でほとんど閉めてるな…
ここも数回利用していますが、あれれれ覚えている光景は何もない。まぁこれだけ間が空くと、さすがに改修しているでしょう。
nice9.jpg
nice10.jpg

これは2015年の作品という事なので住んでた当時はもちろん無かったけど、Stéphane CipreのPEAPLEという作品。
nice11.jpg

その他、
nice14.jpg
nice12.jpg

今では日本でもわりと知名度が高くなっている老舗パン屋のポール。
nice13.jpg

到着ロビーから下に降りると、
nice15.jpg

フランスでは珍しい顔ハメがあった。
nice16.jpg

ここではニース案内の冊子などを入手する事が大事ですね。
nice485.jpgnice488.jpg

あと、街の地図を入手するのが重要。この手のフリー地図の裏面には、昔からだいたいフランスの百貨店"ギャラリー・ラファイエット"(Galeries Lafayette)の宣伝が載っています。
nice510.jpg

こちら、ニースのみならずコート・ダジュール全体の案内。日本語では『紺碧海岸』とも呼ばれる地中海沿岸のこの地帯、細かい村々もかつて遊びに行ってましたが、もう天国ですよ。
nice486.jpg

空港から市街に行くにはバスかタクシーを使う必要があります。バスは私が乗ったのはラストの1本だったので、遅い到着だと街中に出るのに苦労すると思います。とにかく自分は乗れて、フランス国鉄(SNCF)の"ニース・ヴィル駅"(Gare de Nice-Ville)まで行きました。
nice17.jpg
nice18.jpg
nice19.jpg

切符はこれで、運賃は6ユーロくらいだったかな。
nice511.jpg

途中で海沿いの車通りを眺めていたら、何となく思い出してきて…街娼が立っている辺りも通ったと思います。かつて見た時は衝撃的だったものですよ。
南仏が舞台でイザベル・ユペール主演の映画「いつか、きっと」(La vie promise)を観た方なら、ニースで娼婦が並んでいる光景も覚えているのではないでしょうか。あれはロードムービーなので、ニースのシーンが少ないですが…
とにかくニース・ヴィル駅まで来て、ようやくニースに帰ってきた!という感じがしました。

宿泊は駅の近くで、"ホテル アマリリス"(Hôtel Amaryllis)へ。
nice562.jpg
nice22.jpg
nice23.jpg
nice21.jpgnice20.jpg

古いホテルだけど、中に入ると色合いがやけに可愛いな。
nice179.jpg
nice178.jpg

部屋に向かいましょう。
nice24.jpg
nice25.jpg
nice43.jpg

これが室内…この安めの宿で2泊取ってましたが、何故かここ、蚊があまりにも多いのにはまいった。
nice26.jpg
nice27.jpg

シャワー。
nice28.jpg

疲れてベッドに寝そべってテレビを見ていたら、
nice177.jpg

たまたまフランスのクイズ番組で答えとしてセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)が出てきたのは嬉しかった。やっぱりこの国ではこの方の顔を見ないとね!
nice29.jpg

夜のニース散歩も出てみましょう。
nice523.jpg
nice34.jpg

ああ、これは16年ぶりに来て驚いた、最も大きな変化でしょうね…何とトラム(路面電車)が走っていて、バスが走りまくって埃っぽかった大通りが清潔になっています!
nice35.jpg
nice36.jpg

ニースにも"ノートルダム寺院"(Basilique Notre-Dame de Nice)はあるのですが、
nice37.jpg

夜のノートルダム、正面からのショットがこちら!
nice38.jpg
nice39.jpg
nice40.jpg

わーい、
nice41.jpg

わーいわーい!!
nice42.jpg
ここ、ネオ·ゴシック様式にしてニース最大の教会へは、また日中に来るとしましょう。

この日はもう遅いので、足をのばすのはホテル近場までにしておいて夕食にしましょう。しかも、実は最近腰痛を発症してしまったのに飛行機で10時間以上座ってたためか、クソ痛くてやばかったし。何か16年ぶりの想い出の街にはやる気持ちを体が抑えている感じでした。
で、食事は"Le Liber'Tea"という店へ。
nice45.jpg
nice46.jpg

私はテラス席に座りましたが、
nice60.jpg

店内の2階席はこちら。
nice61.jpg
nice62.jpg

ビールは隣国・ベルギー産ですがレフ(Leffe)の生で。まぁフランスもビールに関しては隣国のベルギーに一歩譲りますが、
nice47.jpgnice48.jpg

ワイン、これはやっぱりフランス産が最高。美味い!
nice49.jpg

調味料は卓上のハインツ(HEINZ)、
nice50.jpg

そしてこちら、まず日本人として目を引くのはオリーブオイルが置いてある事。本当、当時は何でもオリーブオイルをかけて食べるフランス人の食生活に驚いたものですよ。
nice51.jpg

食事はもちろんパン…これもフランスで出てくる物の美味さにカルチャーショックを受けたものですが、、
nice58.jpg

あとこれは日本でもたまに出す店はありますね…ニース風サラダ(salade niçoise)!食べ物好きな人の中には、これでニースという都市の名前を知った人もけっこういるのではないでしょうか。
nice52.jpg

あと私が日本でのイメージと違うと思った事でもありますが、フランスって実はレストランンに行くと肉料理がメインなんですよね。
で、ここではバーガー(Le burger tradition)に、
nice53.jpg
nice54.jpg
nice55.jpg
nice56.jpg

ギャルソンがお薦めだと言ってたリゾットも頂いて、もう満腹すぎ。
nice57.jpg

ブルース・リーも喜んでます!
nice59.jpg

...って、そうだここで紹介しましょう。
実は今回1週間ほどの休みを取れるとなった時に思ったのが、まぁ私を知る人ならば当然かもしれませんがブルース・リー関連の旅にしたかったのです。李家のルーツであり少年期を過ごした香港はもちろん、生誕の地であり青年期を過ごして墓もあるアメリカ、「ドラ道」のイタリア(ローマ)とかも候補に入れていたのですが、やっぱりブルース・リーとは関係無いながらも大好きなフランスに行きたいとなったのです。
で、かわりにタンスの肥やしになっている多くのブルース・リー人形から、一体だけ連れて行く事にしたんですよ。
BRUCELEE3.jpg
BRUCELEE4.jpg
BRUCELEE5.jpg

ここは同じ通りにあったハーゲンダッツ、16年前にも来てますね。それも最初にちょこっとだけ行った語学学校で一緒になった日本人に誘われて来た…とか、思い出してきました。
nice446.jpg

初日はこれだけでホテルに帰り、ニースで目覚めた朝、
nice30.jpgnice31.jpg
nice32.jpg

自分がまたニースに帰ってこれた事が夢のようですが、はいお出かけしましょう。
nice33.jpg
nice64.jpg

お、何だこのワーキング・クラス・ヒーロー達は!?
nice65.jpg

実はこれ、ニース・ヴィル駅の工事中看板なのでした。
nice66.jpg
nice67.jpg

このニース駅はさすがに見覚えありますが、前はもっと汚かったような…
nice68.jpg
nice69.jpg
nice70.jpg

ガード下、青。
nice435.jpg

↑で空港にもありました。日本にもあり、まして東京都ではもはや珍しくない店ですが、フランスの美味しい老舗パン屋さん"ポール"(PAUL)で朝食。
nice71.jpg
nice72.jpg
nice73.jpg

テラス席でコーヒーとパン。
nice76.jpg
nice74.jpg
nice75.jpg
nice77.jpg

チェーン店だし、このパンの美味さ最強のフランスにおいては普通くらいのレベルなのでしょうが、それでもこの国で食べるパンですから、本当に日本とは別モノの美味さ。いやー、まだ行った事の無い方は、とにかくパンを食べに行くためだけでもフランスに行って欲しいのです。この美味さを知らないまま生きるのは勿体無いと思うのです!
nice78.jpg

あとはちょっと、せっかくフランスに来たんだからという気持ちが沸いたんですよね…甘い物が苦手な私がマカロン。しかもこの店はでかいのに頼んじゃって、大変な事に。
nice79.jpg

さて、街を歩いてみましょう。
nice107.jpgnice430.jpg
nice80.jpg
nice429.jpg

駅のすぐ近くの大通りでも、SEXの店があるのは相変わらず。
nice81.jpg

古い建物がかなり現存していてオシャレなのも懐かしい。
nice82.jpg
nice83.jpg
nice84.jpg
nice108.jpg
nice109.jpg
nice110.jpg
nice526.jpg

ここなんか何の変哲も無い街の八百屋ですが、
nice85.jpg
nice86.jpg

袋がこんなに可愛い。こういうのフランス人は特に意識せずとも、普通にセンスが違う感じです。
nice525.jpg
nice87.jpg

あ、出た黄色いポスト。
nice92.jpg

place alziary de malaussenaでは、
nice88.jpg

来たぞ犬ちゃん...
nice89.jpg

ちょっと遊んでもらいました。
nice90.jpgnice91.jpg

ここはカフェ・レストラン・ブティック等々が立ち並び、常に人が絶えない感じに栄えているマセナ通り(RUE MASSENA)ですが、
nice93.jpg
nice524.jpg

え、ここはISISって…現在世界中で大問題となっており、このニースでもテロ事件を起こしたばかりで関与表明したイスラム過激派 組織・イスラム国と同じ名前だけど大丈夫なんですかね!?
nice95.jpg
nice96.jpg

この通りではパン屋の"シェ・ メートル・ピエール"(Chez Maitre Pierre)も重要ですよ。
nice496.jpg

パンは激ウマすぎて、夕方とかに覗いてもショーケース内はすっからかんになっている店。
nice97.jpg

よってベストなのは午前中の早めですが…私は早朝まだ暗いうちに行って朝食を頂きました。
nice98.jpg
nice100.jpg

持ち帰りにはせず、テラス席にてすぐに食べましょう。
nice99.jpg

コーヒーなどで温まって…
nice101.jpg
nice102.jpgnice103.jpg

そして、パン。ウマッ、ウマッ、ウマーッ!!
nice104.jpg
nice105.jpg
nice106.jpg

夜のマセナ通り。
nice440.jpg
nice441.jpg

レストランでは"La Villa d'Este"に入ろうかとも思ったのですが、食べてる人達の皿の大きさを見て遠慮しちゃいました。
nice442.jpg

"La Taverne Massena"も人気店ですね。
nice444.jpg
nice443.jpg

で、ブラブラしているうちに夜の散歩も終わり、
nice445.jpg
nice439.jpg

翌朝は、旧市街(ヴィエーユヴィル-Vieille Ville)のサレヤ広場で行われていた朝市へ行きました。
nice367.jpg
nice528.jpg
nice529.jpg

ここでは花や果物、石鹸、 スパイスといった物のお店が多くて…今買ってもなぁ、というわけで見るだけ。
nice368.jpg
nice369.jpg
nice370.jpg
nice371.jpg
nice372.jpg
nice373.jpg
nice374.jpg
nice375.jpg
nice376.jpg
nice415.jpg

いや、その場で食べようとイチゴだけ買いました。
nice377.jpg
nice378.jpg

ニース名物のソッカ(SOCCA)を作る売店もあったのですが、この時はお休み中か…まぁ、ソッカはかつて何度か食べたけどあまり口に合わなかったからいいか。
nice383.jpg
nice382.jpg
nice384.jpg

あまり大きな市ではないのですぐに突き当たってしまいますが、
nice385.jpg
nice386.jpg
nice530.jpg

ここら辺のカフェも人気だったと思います。
nice387.jpg

あとシーフードのレストランに入ったとか…って、この時は開いてない時間でしたがここだったのかな?かすかな記憶が甦ってきました。
nice416.jpg

朝市のサレヤ広場沿いにあった教会は"ミゼリコルド礼拝堂"(Chapelle de la Miséricorde)で、
nice379.jpg

旧市街に入って、
nice531.jpg
nice388.jpg

すぐにあった教会は"サン・リタ教会"(L'Église Sainte Rita)。
nice493.jpg

ここに入ってみたら、これが感激の連続となる内装!教会は普通タダで入れて凄い年代物の美術品とかも多いし、それを美術館にはない荘厳な雰囲気で味わえる...特にキリスト教信者じゃない日本人観光客にも、教会訪問をお薦めしたいです。
nice380.jpgnice381.jpg

中に置いてたカード。
nice494.jpgnice495.jpg

さて、旧市街は細く入り組んだ路地。ここを散歩して…
nice534.jpgnice535.jpg
nice536.jpgnice537.jpg
nice389.jpgnice390.jpg
nice391.jpgnice392.jpg

可愛いお店がたくさんありますが、
nice395.jpg
nice532.jpg
nice393.jpgnice394.jpg

これはギャラリーなのか。店ごと古すぎるアンティークなスポットにまぎれて、ちょっと奇抜な所もあったりします。
nice533.jpg
nice396.jpg
nice397.jpg

こんな下着とか売ってるし…でも、昔通ってた中古レコード店は記憶薄れて場所が分からなくなってた。潰れちゃったかな…
nice398.jpg

もうちょい進みましょう。
nice401.jpg

洗濯物が平気で干してある、庶民的な部分も有ります。
nice399.jpg
nice400.jpg

ここも…しかし洗濯物を干してもオシャレな光景になる、ニース。パリは街の景観を守るために洗濯物を干す行為を禁止していますが、このように生活感を出してもいいのにね。
nice402.jpg
nice403.jpg
細い路地の頭上を洗濯物で渡していたりもしますよ。

この店、
nice404.jpg

これがニースに着いて初めて見る日本語でした。通りすがりの日本人の手によるものでしょうか、ようこそいらっしゃいました、の『した』を『せ』に直されていますが。
nice405.jpg

Fashion Gallery、これは昔からあったかな…
nice406.jpg

ただ、ここにアニエス・ベー(agnès b)のオムとファムそれぞれの店舗があるのは16年前と同じ!何度か買物もしているのですぐに思い出せました!
nice407.jpg

いい自転車だな~
nice409.jpg

細い路地を歩いているとたまに見えるのがあれ、目印の時計台。
nice410.jpg
nice411.jpg

夜にも来て、
nice414.jpg

またこの辺りをまたブラブラしましたけどね、
nice412.jpg

立派な裁判所(Palais de Justice)もあって、
nice413.jpg
あとはここらに有名な"サン・レパラート大聖堂"(Cathedrale Sainte-Reparate)があるのですが、閉まっている時間で入りそびれました。

旧市街のパン屋にも寄っておくか…と、brasserie du palaisで買物。
nice417.jpg
nice418.jpg
nice419.jpg

↑で旧市街に素晴らしい教会があった事を書きましたが、ここはDivo Jacobo Majori Apostolo。
nice408.jpg

ついでに今回、ニースで寄ったり見かけたりした他の教会も…ここは名称を失念しましたが、感じからしてロシア正教の教会でしょうか。
nice180.jpg

"サンテスプリ教会"(Église Saint-Esprit)、
nice181.jpg
nice182.jpg

同、夜。
nice247.jpg

Église Saint-Pierre-d’Arène、
nice183.jpg

Le Sanctuaire Du Sacre Coeur、
nice184.jpgnice185.jpg

ここも素晴らしい所でしたが、中を観ていたらマダムが話しかけてきて説明冊子をくれました。
nice492.jpg

↑で夜の光景を載せたノートルダム寺院も、
nice128.jpg

行ってみましょう。写真は撮れませんが、内部も素晴らしいの一言。
nice516.jpgnice517.jpg
nice518.jpg

さて、いよいよ…コート・ダジュールの海へ。海を見るには残念な事に、この日は天気が悪いけど。
nice202.jpg
nice203.jpg
nice204.jpg

この広くて綺麗な歩道が、プロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais、イギリス人の遊歩道)。
nice205.jpg
nice206.jpg
nice207.jpg

うわー、この椅子の感じは変わってなくて懐かしい。
nice208.jpg
nice209.jpg
nice210.jpg
nice211.jpg
nice212.jpg

なみだは
にんげんのつくることのできる
いちばん小さな
海です

と、寺山修司さまは『いちばんみじかい抒情詩』を詠みましたが、私はニースの海を想いながら恋しくて日本で海を作っていたわけです。
こちら昔の写真ですが、こんな感じでよくダラダラと日向ぼっこしたりサンドイッチ喰ったりしていました!
nice549-.jpg
nice554.jpg

かようにここの椅子は利用してましたが、かなり目に付いたこの椅子オブジェは当時は無かったかな。
nice213.jpg
nice214.jpg
nice215.jpg

鳩、犬、
nice270.jpg
nice271.jpg
nice272.jpg

バキュームカー、全てが愛おしい。
nice297.jpg

自由の女神像(Statue de la Liberté)は、ここニースにもちっこいのがあるのです。
nice299.jpg

リーベルタースと記念撮影。
nice298.jpg

ちなみに私、7月12日の夜に当地へ飛ぶ国際線航空券を購入していたんですけどね、その2日後である14日にそのニースで『2016年ニーストラックテロ事件』が起こってしまった!
まぁ被害者は知らない人達なので悲しく思うよりも、テロ事件後にチケット購入してたら安くなってたのかな、なんて思った私ですが。しかし軍人や政府の機関でも狙うならともかく、無差別に一般市民を狙う行為には、どんな思想があろうが正当性なんかありえないですよね。
とにかく、そのため思い出の遊歩道プロムナード・デ・ザングレは捧げ物でいっぱい。
nice216.jpg
nice217.jpg
nice218.jpg
nice219.jpg
nice220.jpg
nice527.jpg

日本発祥のキャラクター、マリオ・シリーズからキノピオの人形もありました。
nice221.jpg

あとは道路を挟んで向かい側でJean Médecin像があるのは"アルベール1世公園"(Le Jardin Albert 1er)、
nice231.jpg
nice224.jpg
nice225.jpg
nice226.jpg
nice227.jpg
nice232.jpg

中心の円卓部分の周りは凄い事になっていました…
nice233.jpg
nice228.jpg
nice229.jpg
nice230.jpg

そう、ここも悲しいテロ事件の跡地として記憶されてしまうのですね。
nice222.jpg
nice223.jpg

隣はEspace Jacques COTTAで、Statue de la ville de Nice...天使の像。
nice234.jpg
nice326.jpg

翌日は天気も回復したので、ニース港と旧市街の間にある丘"コリーヌ・ド・シャトー"(colline du château)、英語ではキャッスル・ヒルと呼ばれている所に向かって進みました。
nice257.jpg
nice258.jpg
nice259.jpg

キャッスル・ヒルの上から見るニースの眺望が絶景なのですが、その途中でもすでに結構な紺碧海岸を楽しめます。
nice260.jpg
nice261.jpg
nice262.jpg

ブルース・リーと共に一休み。
nice266.jpg

え、そのサングラスはブルース・リーとお揃いなんじゃないかって!?
nice267.jpg
nice268.jpg
nice265.jpg

そうです!かけているのはブルース・リー財団公式商品のティアドロップ型サングラスで、ブルース・リーのシンボルともいえる物ですね。
BRUCELEE6.jpg
BRUCELEE7.jpg
BRUCELEE8.jpg

あそこにキャッスル・ヒルのLa Tour Bellandaが見えていますが、
nice285.jpg

しかし何らかの理由により何故か通行止めにされていました!もう、この日しか時間ないのに何でよりによって16年ぶりに来た時にそれが当たるのよ!
nice263.jpg

そして次はいつ来れるかまるで検討付かないのに、そりゃないよ…
nice264.jpg

他の道から回ってみても、やっぱりダメでした。
nice278.jpg
nice279.jpg
nice280.jpg

諦めて、ただニース港を眺める。
nice281.jpg
nice282.jpg
nice283.jpg
nice284.jpg
nice539.jpg
nice540.jpg

悔しいので、2000年当時のキャッスル・ヒルからの眺めを貼っておきましょう。
nice551.jpg

こちらではこうしてオレンジで統一されている、屋根の風景も好きだったな~。
nice550.jpg

お、あれはニース観光に回ってくれるバス、
nice269.jpg

こういう列車タイプの観光車もあります。
nice489.jpg

我らが日本の国旗・日章旗(日の丸)も載っていますが、丸くされると何か変です。
nice491.jpg

ほう、ここまで回ってくれるのか。冊子の中には日本語でも説明付いていて、それによると10ユーロで1時間くらいかけて回るって。
nice490.jpg

実はレンタカーを借りて回るプランも考えたんですけどね、結局今回は手頃な交通手段と徒歩で行ける所だけにしました。
nice273.jpg

La Ville De Nice A Ses Fils Morts Pour La France、ここは戦没者を慰霊するためのモニュメントかな。
nice274.jpg
nice275.jpg

先の大戦では敵国だったフランスの兵士を慰霊するなって!?いや確か年代を見たらずっと前になっていたと思います。いつのかはもう忘れましたが、例えば第一次世界大戦に関するものだとしたら大日本帝国もフランス共和国も連合国側だったので味方だったし。
nice276.jpg

海沿いの十字架にも手を合わせて…
nice277.jpg

こちらの像は、
nice316.jpg

regi carolo feliciと書いてあったけど、誰ですか。本人のファッションと、連れてる生物が良かったのですが。
nice315.jpg
nice317.jpg

あとは多少は海岸でも遊びましたが、もう1日ゴロゴロするだけの日もキープしたかった…ニースの海は女性もほぼトップレスだったのですが、初めて寒い時期に行ってみたらそんな事なかった。それでも、冬なのに泳いでる人がいますけどね。
nice238.jpg
nice239.jpg
nice240.jpg
nice251.jpg
nice253.jpg

大昔のニースに着いた当初は語学学校で出会った各国の若者達とつるんでたので、この石浜の海岸で座って語ったりしてました。そこで当時写真を引っ張り出すと、こちら日本人の学友と...って、何故か私は映画「エクソシスト」(THE EXORCIST)の悪魔憑依後のリーガン写真を持ってます。
nice547.jpg

こちら外国人の学友と...映画の中にしかいないと思っていた(なわけないか)、パツキンのギャル達と普通に遊んでる状況に最初は自分でも驚いていたと思う。そうそう、こういう語学勉強ついでにちょこっと遊びに来たギャル達はブラしてます。
nice548.jpg
いやホント、さすがにノーブラの娘さん達(他に幼女も老女も)は写真撮ったら悪いので証拠が無いけど、パイオツだらけの天国みたいなビーチだったんですって!

彼女らはほぼ短期間だけの滞在なので、4ヶ月いた私は長い方でみんな先に国へ帰っちゃいました。私も学校は最初の1ヶ月しか行ってないから、後半は知り合いもほとんどいなくなって日がな一日寝っころがって日焼けしたり、海で泳いだりして時間潰してた。
nice546.jpg

とにかく暇だから、いつも1人でブラブラ歩いていたりしていた事も思い出されます。
私が当地にいたのは2000年春~夏なのですが、日本出国前にちょうど筋肉少女帯を脱退した大槻ケンヂさまが別バンド・特撮を立ち上げて1stアルバム『爆誕』をリリースしていたのでそれをテープに録音して持ってきてて、それをこの海でずーっと聴いていたとかの細かいシチュエーションまで思い出した!
これが、そんな時の写真かな。すかしてる感じがムカつくし、当時の肉体は筋肉質ながらも細すぎて嫌いですが…
nice552.jpg

で、赤くなって皮が剥けるだけで日焼けしにくい私が人生で一番黒かったのもここにいた時なんですよ。その色黒な自分にとって貴重な姿も写真がほぼ残ってないのですが、こんなのありました。こんがりしてます!頭が天井に付く所で酒飲んでるこれは覚えてないけど、どこかへ移動中の寝台列車内かな。トランス・ヨーロッパ・エクスプレス…
nice553.jpg

過去編はこのくらいにして、これが2016年ニースの海岸。
nice256.jpg
nice241.jpg
nice242.jpg
nice243.jpg
nice244.jpg
nice245.jpg
nice246.jpg

海岸から陸側を見ても綺麗です。
nice255.jpg
nice254.jpg

さて私が持つこれ、一見すると普通のリーマン鞄ですが、この裏はクッションのようになっていて、こういった場面では枕にして使用出来ます。
nice248.jpg
nice249.jpg

気持ちよく日光浴をしたのでした。
nice250.jpg
nice252.jpg

夕方近くにも、また海岸へ。
nice319.jpg
nice286.jpg
nice287.jpg
nice288.jpg
nice289.jpg

もちろん夕方も綺麗です。
nice290.jpg
nice291.jpg
nice292.jpg
nice293.jpg
nice294.jpg
nice295.jpg

この看板…高速道路・アウトバーンの標識ですが、
nice320.jpg
nice321.jpg

そう、クラウトロックやプログレ、電子音楽好きには外せないクラフトワーク(Kraftwerk)のアルバム「アウトバーン」(Autobahn)リマスター再発時のジャケそのままです。
nice322.jpg

ちなみにニースはカジノがある街で、プロムナード・デ・ザングレ沿いを歩くと、CASINO RUHLや、
nice235.jpg

CASINO DU PALAIS DE LA MÉDITERRANÉEといった所が出てきます。当時も入った事ないし、今回も行こうとは思いませんでしたが。
nice236.jpg
nice237.jpg

そして、"ホテル ル・ネグレスコ"(Hotel Le Negresco)前。ニースのニュースなんかがあると大抵はここが映るし、ザ・ビートルズ(The Beatles)も泊まったという...
nice300.jpg

要はニースの象徴みたいなホテルでもあります。
nice301.jpg
nice302.jpg

横から。
nice303.jpg

こちらは入口近くにあったジャズオブジェ
nice304.jpg

隣接して、"マセナ美術館"(Musee Massena)があります。
nice305.jpg
nice306.jpg

かつて住んでた時はわりと遠方の地も含めて美術館を回っていたしここも入館していますが、今回は短い時間で4都市を回る忙しい旅行プランにしてしまったので、美術館で時間を使うのは避けました。外の庭園だけ散歩。
nice307.jpg
nice309.jpg
nice519.jpg

アンドレ・マッセナ(André Masséna)さんと記念撮影。
nice308.jpg

この辺りから、またニースを散歩しまくり…
nice190.jpg
nice191.jpg

ここら辺から匂ってきたぞ、過去の自分…
nice192.jpg

そう、私の人生における一番の想い出の街かもしれない、このニースで16年前に借りて住んでいたアパートが近づいてきた。海岸やプロムナード・デ・ザングレまで徒歩で数分という絶好のロケーションでした。
でもね、住所の番地とか忘れてるけど、どうせ行ったらすぐに分かるかと思いきや...あれれ、どこだっけ!
多分この通りだな、そうだrue de Rivoliがアパートのある場所だったと思う。でも、まさかの事態でイマイチ記憶なし。確かここって所だけ写真撮ったけど。
nice515.jpg

多分、ここを入っていって右手に玄関があって、エレベーターに乗るんだったはず。
nice193.jpg

当時はフィルムのコンパクトカメラを1台持ってただけで、ほとんど写真撮ってないんですよね。そのせいでか、つまりは人間の頭なんてそんなに長期間残るメモリーを持っていないというわけで、あれだけ暇で歩き回っていたニースの街をあまり覚えてなかったのは悲しい発見。まさか、住んでた所まで記憶が怪しいとはね。
住んでた部屋の中の写真は、この2枚だけ見つかりました。私に似合わない可愛い系の絵とか置物などは、全て元から備え付けてあった物。
nice558.jpg
nice559.jpg

表には、この表示板があったけど、こんなのも当時は無かったんじゃないかな。
nice194.jpg

とにかく死にそうに恋しくて大好きな街に戻ってきてみたら感慨はそうでもなかったり、あれだけ隅まで歩いてた街の記憶もそんなに無かった自分に気づいてショックで...
この事実が『過去にとらわれた旅に出る者はその旅に復讐される』とか何とか、大昔に読んだ藤原新也「メメント・モリ」(情報センター出版局刊)で書いてあったのはこれだったのかと思いましたね。で、同書を引っ張り出してみたら、そもそもそんな事は書いてなくてまたショックで。メメント・モリ、つまり『死を想え』思想は私も大いに共感する所ですが、自分の頭は何だろう。
FUJIWARA-memento-mori.jpg

住んでたと思わしき所の近くには偉大なるヴィクトル・ユーゴーの名前をそのまま取ったレストラン、Le Victor Hugoってのがあって、ここは何となく覚えてます。語学学校で知り合ってニース生活でずっと仲良くしてくれた台湾人の友人と行ったりしてた!
nice195.jpg

"アルザス・ロレーヌ公園"(jardin alsace lorraine)。
nice196.jpg
nice197.jpg
nice200.jpg
nice201.jpg

ええ、ここも何となく…来た事はあるような気がします。
nice198.jpgnice199.jpg

当時は語学学校に行った最初の期間だけホームステイして、その期間でアパートを見つけて引っ越したので、ホテルを一度も利用していないのですが、あれから様々な土地でホテルを利用しているしホテル好きになった身としては、良さそうなホテルが気になります。
ここは安ホテルっぽいけど可愛い、そして名前がHotel de Franceって凄いな。
nice188.jpgnice189.jpg

ちょっと高級そうなホテルだと、アルベール1世公園の近くになるここはHotel de Suède...つまり『スウェーデンのホテル』って事になりますが、何でですかね。
nice431.jpg

そうえいば、スウェーデン王のグスタフ5世(Gustaf V)が銅像になっていたりもします。
nice63.jpg

ついでなので当時のホームステイ先について触れると、老夫婦の家で私はまだフランス語が下手すぎて会話出来なかったし、大変だった…居間にプレステが置いてあったので、日本ですらゲームなんてしない私がニースまで行ってボンバーマンに熱中して暇つぶしていたのも覚えています。
その家の場所は中心街から離れていたのでもう場所もウロ覚えで行けないし、老夫婦が存命している可能性も低いかな。でもルームメイトが来て、買ってきたワインを一緒に呑んだ時の写真が残ってました。
nice555.jpg

これは別れる前の日に記念撮影したやつだ。彼はスイス人でドラムやってるバンドマンのマックス君。二人ともジミヘンのシャツを着ていますが、となると世界共通、ロックの話で盛り上がったものです。
nice557.jpg
nice556.jpg

さてさて、ランチです。
今回は珍しく海外旅行ガイドブックの「地球の歩き方」(ダイヤモンド社刊)を買っていたのですが、それに載っていた..."まゆっか"(Ma yucca)。
nice512.jpg

そう、日本人経営の店です。
nice145.jpgnice159.jpg

まぁわざわざニースくんだりまで来て日本の店に行かなくてもとチラっとは思いましたが、現地の日本人に聞きたい事もあったし、
nice513.jpgnice514.jpg

昔はこんな良い感じの日本人の店は無かった(そもそも日本人はほとんどいなかった)ので楽しみですね。
nice162.jpg
nice146.jpg
nice147.jpg

ビールは日本のしかなかったので、お酒はジンジャーのカクテルを頂き...
nice148.jpg

あとはペリエ。
nice149.jpg

料理はフランス&日本の創作料理の店で…
まゆっか風 和風サラダ、
nice150.jpg

ムール貝の酒蒸し コリアンダー風味、
nice151.jpg
nice152.jpg

サーモンの紙包み焼き、ラタトゥイユと胡麻のソース、
nice153.jpg
nice154.jpg

うす切りサーロイン寿司、照り焼きソース、ジロール茸、ガーリックチップ。
nice155.jpg
nice156.jpg

本日のケーキ。
nice157.jpg

この店、メチャクチャ美味い。そうです海外旅行に来てまで行く価値有り。良かったです。
nice158.jpg

こちら、まゆっかのショップカード。
nice508.jpg
nice509.jpg

ここでは、日本語マップも入手しました。
nice484.jpg

おっと、適当に歩いていたら移民地区というか、アラブ系とか増えて怪しい雰囲気の所に出ましたよ。こういう所はやっぱり危ないけど、異国情緒も凄い。
フランスでは様々なバックグラウンドと文化を持つ人々が共生している、それが面白さでもあるのですから。
nice310.jpg
nice311.jpg

ここは"DAI LONG"ってのが屋号かな。『Le grand dragon』(大きな龍)と書かれていますが、私は『Le petit dragon』(小さな龍)と呼ばれるドラゴン、ブルース・リー(Bruce Lee、李小龍)と共にいるわけですよ。
nice312.jpg

ここもドラゴン、"Le Dragon Bleu"ですって。
nice313.jpg

ちょっとオシャレな辺りに出ると、日本でもやたら増えたデンマーク発の北欧雑貨店・"フライング タイガー コペンハーゲン"(Flying Tiger Copenhagen)がこのニースにもありました!
nice314.jpg

街にはポツポツとキオスクがありますが、
nice323.jpg

これが子供もたくさん通る所でも、パイオツが表紙の本とか平気で出しているし、エロ本すら置いています。
nice324.jpg

もちろん、あちこちにSEX SHOPもあるし…でもあるモノを無いふりして隠すより、この方が健全だって気もします。
nice325.jpg

さて次はニースに行った人が必ず訪れるであろう、中心街のど真ん中に位置する"マセナ広場"(Place Masséna)。イベント会場になっていたんじゃないかな。そうですよ、昔ここの屋外イベントでコンサートに来たりもしたし!
nice327.jpg

あれ、高所に鎮座する人のオブジェ...かつて住んでいた時にはこんなの無かったと思います。
nice329.jpg
nice330.jpg

あとトラムが走るようになっているので、これも大きく景色を変えていますね。
nice522.jpg
nice328.jpg

あたりが暗くなると…
nice331.jpg
nice332.jpg

ライトアップされ、それぞれのヤツが別の色に光り始めました。
nice333.jpg
nice334.jpg
nice335.jpg
これを今さらながら調べたら、ジャウマ・プレンサ(Jaume Piensa)という人の作品で、これら7体の彫刻が七大州(七大陸)をイメージしたものらしいですね。我々が住む、アジア大陸のヤツはどれなのかな~。

この噴水は思い出したぞ!待ち合わせ場所に使ったりもしてた!
nice336.jpg

詳細は忘れてましたが、中央はアポロン像だったのか。
nice337.jpg
nice346.jpg
nice347.jpg
nice348.jpg

片金が上がっているなど玉袋までがリアルなのは新たな発見。イチモツにも突っ込みせて頂くと...何で、銅像って男のシンボルがこんなに小さいんですかね。モデルになった昔の人が小さかったのかな...
nice338.jpg

周囲の像も。ギリシャ神話ので統一されていますね。
nice339.jpgnice340.jpg
nice341.jpgnice342.jpg

カッコいいぞ!!ちなみに、ヨーロッパ旅行においてはギリシャ神話が分からないと面白さも半減すると言われるほど、この神話が重要なストーリ-。あとローマ神話も、一読はしといた方が良いでしょう。
nice343.jpg

ギャラリー・ラファイエットがあるのもこの広場で、まぁフランスの主要都市各地にありますが多分一番立派なデパート。
nice344.jpg
nice345.jpg

マセナ広場は横っちょにも噴水広場が続いていて、
nice352.jpg
nice349.jpg
nice351.jpg

シュワシュワ~っと。
nice350.jpg

そこにある銅像は鳥の糞だらけだったのをよく覚えてますが、やっぱり16年経った今でも...
nice353.jpgnice354.jpg

ここもトラムが走っていますが、
nice356.jpg
nice357.jpg

翌朝、
nice355.jpg

私も実際に乗ってみました。まずは乗り場にあるこの機械でチケットを買い、
nice358.jpg
nice359.jpg

ピッとやってから乗ります。
nice360.jpg

これが1回券です。
nice483.jpg

なかなか快適な車内で、ニースの街並みを見ながら走る、走る。
nice361.jpg
nice362.jpg
nice363.jpg
nice364.jpg
nice365.jpg

ニース駅のあたりで降りてみたり。
nice366.jpg

また歩いてると、
nice520.jpgnice521.jpg

ノートルダム寺院がある大きなジャン・メドゥサン通り(Avenue Jean-Médecin)に出て。
nice129.jpg

ああ、とにかく物凄く間を空けて再訪した私には、トラムが走った事によるニースの街の改変具合に驚かされるのです。
nice131.jpg
nice130.jpg

ここはすぐに思い出した、そして全然変わらないな...
nice132.jpg

"ル・グラン・カフェ・ドゥ・リヨン"(Le Grand Café de Lyon)。
nice136.jpgnice133.jpg

外のテラス席で街行く人々を見ながら、
nice134.jpg
nice135.jpg

さてさて、何を飲もうかな~。
nice138.jpg

ここはほんのひと休み的な利用なので、よくフランスで安く売られているデンマークのビール、カールスバーグ(Carlsberg)と、
nice139.jpg

カフェフラッペ。
nice140.jpg

普通に無料で使えるトイレが少ないフランスでは、カフェに行った時に用足しするのが当たり前の文化ですが、ここは利用客でもいちいちトイレ用のコインを店員から貰ってこなくてはなりません。
nice137.jpg

あとテラス席の場合の支払いは代金をレシート皿に入れてそのまま帰るのですが、これって治安が良くて食い逃げもほぼゼロであろう日本でも難しいシステムのような気がします。自分もここに置いて帰るけど、足りてる事を分かってもらえてるかな。これが何でフランスで通じているのだろうか。
nice141.jpg
nice142.jpg
nice143.jpg

そういえば、お金が足りなくなるとこの手のATMから引き出していたけど、フランスは日本みたいに治安が良くないのに路上に面してあるのも不思議です。
nice434.jpg

さて、いよいよ夕食タイム。
店は、まゆっかで教えてもらった…というか予約までしてもらった、海の幸と魚料理のレストラン・ポセイドン(Restaurant Poseidon)へ。
nice497.jpgnice499.jpg
nice447.jpg
nice448.jpg
nice449.jpg

店内。
nice450.jpg
nice451.jpg

ここは日本人にしてミシュランの一つ星シェフになった事もある松嶋啓介さんがオープンした店なのだとか。
nice487.jpg

さて何を食べようか…
nice452.jpg
nice453.jpg
nice454.jpg

最初にシャンパンとつまみ、
nice455.jpg
nice458.jpg

フランスの定番・1664ビール、
nice456.jpgnice457.jpg

ブイヤベース。これはマルセイユの名物料理として有名ですが、まぁ同じ南フランスだしこの店でも自信作っぽい感じで、さらに私の好物でもありますからね。C'est Bon!!
nice461.jpg

ブイヤベースには、このようなパンが一緒に出てくるのがスタンダード。
nice462.jpg

さらに一つ美味しい魚料理を頂くと、
nice459.jpg
nice460.jpg

もう満腹で、食後のチーズやデザートは無理でした...ありがとう、ポセイドン。
nice498.jpgnice500.jpg

ポセイドン、またニースに来たら行きます!
nice501.jpg

日本の寿司も今やヨーロッパで大人気になっているのですが、この変なキャラクターで賑やかな"スシ・ショップ"(SUSHI SHOP)だとか、
nice422.jpg
nice423.jpg

フランスの回転寿司チェーン、"プラネット・スシ"(PLANET SUSHI)等、この手の店がけっこうな数あります。
nice436.jpg

ニースの市街地は小さいので、連泊ならば昼間にホテルへ戻って一休みするのも有りです。
で、窓から表を眺めていた時のこと…とにかく良い匂いがただよってきます。
nice176.jpg

ホテル隣の肉屋、"Boucherie l'Oasis"で鶏の丸焼きを焼いているからですね。かつてそこらの肉屋で頻繁に買っていたこの1匹丸々焼きが最高なんです。
nice168.jpg

ここに限らずフランスの肉屋は入口で大抵このように鶏が回転焼きされていて、とんでもなく香ばしいのです。
nice169.jpgnice170.jpg
nice171.jpg

味はもう美味すぎなのですが、しかも安いし。久々に購入してホテルの部屋で、
nice172.jpg
nice173.jpg

買っておいたベルギーのモール・シュビット(Mort Subite)と共に頂きました。
nice174.jpg

これも私のかつてのフランス生活とは切っても切れない大事なモノ...本当に何十回買って楽しんだか分かりませんよ。
nice560.jpg
nice561.jpg
(この背景は、後に引っ越してパリで1人暮らしした部屋だ)

他にホテル近くでは、夜にパン屋(Boulangerie Pâtisserie)の"La Royale"に行くと、
nice424.jpg

ヴァイキング・メタル好きの私には嬉しい装飾。
nice425.jpg

気をよくしてこんなの買っちゃったり。
nice426.jpg
nice427.jpg

あとは近くにインド料理屋の"Le Raja"ってのがあって、ラジャラジャマハラジャ~って戸川純の歌「ラジャ・マハラジャー」が聴こえてきそうな感じだったのですが、気になりつつも入店している時間がなかった。
nice175.jpg

ここもホテル目の前にあって気になった所で、"BD fugue Café"。フランスが誇る独自のコミック文化であるBD、つまりバンド・デシネ(bande dessinée)や、そのグッズ等に囲まれた素晴らしい場所で楽しめるカフェか。
nice111.jpg
nice112.jpg

エンキ・ビラル(Enki Bilal)とかの素晴らしい絵が見えますが、
nice115.jpg

あそこに見えるグッズは、あれだ。
nice545.jpg
フランスでは未だに、そう1978年の初放送以来続く大人気作品が「キャプテン・アルバトール」(Capitaine Albator)で、松本零士先生の「キャプテンハーロック」の事です。これは本国・日本をはるかに凌ぐ人気。フランスが生んだ偉大なエレクトロ・デュオ、ダフト・パンク(Daft Punk)の2人も松本先生の大ファンでコラボを願い出たりしましたよね。

外から見えるショーケース内のフィギュアにも、トトロなど日本のキャラクターが見えます。
nice113.jpg

綾波レイがゴジラを抱いていたり…ああ、今ではこれが庵野秀明つながりになるのか。
nice114.jpg

フランス最大の本、CD、DVD等々のチェーン店は"フナック"(FNAC)。私もかつて何かというとここへ行ってウロウロして物色していたものですが、
nice118.jpg
nice119.jpg

あ、音楽本のコーナーで私も大好きなフランスの歌姫・ミレーヌ・ファルメール(MYLENE FARMER)とヘヴィメタル(HEAVY METAL)の本に挟まれて、日本人でありながら好きになれないJ-popのでかい本が!
nice120.jpg
尊敬するギタリストであるマーティ・フリードマン(Marty Friedman)なんかもJ-pop、つまり日本のポップスの素晴らしさを説いていますが、本当にそれって異国の人が聴くから面白いだけじゃないんですか!?ここで表紙になっているV系バンドとかきゃりーぱみゅぱみゅとか、カッコいい可愛いとかオシャレな存在として見る事は出来るけど音楽として聴くのは無理だわ…

次、バンド・デシネ。さすがにこの店は品揃えも良いですね。
nice121.jpg

しかし、日本のMANGAコーナーの方がよりでかいんですよ!それも『seinen』だの『syonen』だの『syojo』だのって日本語そのままのアルファベット標記で細分化もされていて、
nice122.jpg

明らかにバンド・デシネより人気があるのが、日本人として誇らしいような申し訳ないような。
nice123.jpg

こちらには、よりコアな漫画ファン向けの棚がありました。こちらはフランスで評価が絶大なのでよく見かけますが谷口ジロー先生の著作や、
nice124.jpg
(※追記。これをアップした2日後の2月11日、谷口ジロー先生が69歳で永眠されました。悲しいです…ご冥福をお祈りします。)

何とこの赤白ボーダーの背表紙は...そう、作者をよく分かってい装丁に凝る姿に頭が下がりますが、私の神様ですね...楳図かずお先生のもあるし、
nice125.jpg

出ました、丸尾末広先生!
nice126.jpg

そしてそして、今や伊藤潤二作品もフランス版があるんですね!
nice127.jpg

まぁここら辺、サブカル系ながらもメジャー作家ですが、他に私では全然存在も知らなかった漫画家の作品も多々ありましたよ。
世界を圧巻した日本のマンガ、そのフランスにおける状況はこのような感じでしたが、では絵画の方、美術家だと成功している日本人はいるのか!?
どうでしょうね...現代アートだと草間彌生、写真家の荒木経椎なんかの大御所を展示したりして扱っている所は昔はよく見ましたし、村上隆とか、規模は小さいながらも市場大介とか、フランスでも高く評価されている印象はあります。
しかしながら、レオナール・フジタこと藤田嗣治以上の知名度を持つ方はまだいないのではないでしょうか。パリで活動していたしフランスに帰化したからもあるでしょうが、普通の美術本屋で未だに必ず置いているくらいですよ。
nice116.jpg
nice117.jpg

次はフランスのスーパーマーケット…
といえば、まずは"モノプリ"(Monoprix)。
nice163.jpg

オリジナル商品のヨーグルト、
nice164.jpg

チーズ、こういうのが驚くほど安くて、そして美味いのです。
nice165.jpg
nice166.jpg
nice167.jpg

同じく、ここで買ったワインと頂いて。
nice428.jpg

"カジノ"(Casino)も、別に賭け事をするわけではない良心的なスーパーで御座います。
nice186.jpg
nice187.jpg

ショッピング・モールの"ニースエトワル"(Nicetoile)は、買物好き女性には特にお薦め。
nice296.jpg

ちなみにニースのマンホール蓋はつまらないです。ニース、というよりフランス全土なのかな。日本は地方それぞれで特色もあるし絵柄が面白いですけどね。
nice482.jpg
nice420.jpg
nice318.jpg

映画の国・フランスなので映画館は多いし安い。
nice144.jpg
nice160.jpg
nice161.jpg
nice421.jpg
行った事あるのを思い出した所もありましたが、もっと小さな、日本でいう単館系、ミニシアターが全然場所分からなくなってました。
カンヌ 国際映画祭にも参加してフランス国内でも上映しまくってた北野武監督作品「菊次郎の夏」は複数回観たりしたんですけどね...あんな所はもう潰れたかもね。

フランスではこの広告BOXが定番ですが(時間経つと中身が回転しています)、
nice432.jpg

映画では「BRICE 3」の宣伝が目立ちました。これが当地で今、注目の作品なわけですよね…日本では数年前にソフィー・マルソー主演の「恋するパリのランデヴー」(UN BONHEUR N'ARRIVE JAMAIS SEUL)を撮ったジェームズ・ユット(James Huth)監督の作品です。
nice433.jpg

日本で公開されていない(DVDも出てない)ので観れていないのですが、このように日本とフランスで映画における盛り上がりの温度差を感じたのはよくありました。この作品はニースを舞台とした「BRICE DE NICE」の続編。この黄色と黒の死亡遊戯的な色合いも良いですね。
nice94-.jpg

ああそうだ、今までのは全てニース・ヴィル駅の南側の事。ちぃとは、線路渡って北側にも行ってみましょうか。
nice437.jpg
nice438.jpg

これが駅の反対側で、おお、ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff)がニースに来るのか。いいなぁ、日本では一般に「シェリーに口づけ」の人、としか認識されていないのが悲しいですが…でもそうですよ、「ジョジョの奇妙な冒険」でジャン=ピエール・ポルナレフという名前がついた由来元なんだから、漫画ファンにも愛されて欲しい所です。作品が日本盤で発売されなくなってからも音楽好きなら聴き所は多いと思いますが、1990年のアルバム「カーマ・スートラ」はマイク・オールドフィールドがギターを弾いているので、プログレ好きにも注目して欲しい。
nice470.jpg

海から離れるこちら側は観光地こそ少ないですが、有名な"サン・ニコラ ロシア正教会大聖堂"(Cathédrale Saint -Nicolas)を見に行きましょう。
nice466.jpg

お、見えてきました。
nice464.jpg
nice465.jpg

到着。
nice467.jpg

ど迫力。内部も凄かったですよ。ええ、ニースに来るならここは訪問箇所に加える事を強くお薦めします。
nice468.jpg
nice469.jpg

今回、私はこのニースまでは飛行機を乗り継いできましたが、あとの旅は電車移動を多めにフランス国内をニース→マルセイユ→モンペリエ→パリと回る計画にしていました。
よってニースを去るべく、後ろ髪を引かれながらも駅へ。車内用に駅の"DELI & CIA"でコーヒーだけ買ってホームへ。
nice471.jpg
nice472.jpg
nice473.jpg

トイレ駅内のも有料でしたが、フランスも本当にトイレ事情は厭ですね。
nice475.jpg

ここでフランス国鉄 (SNCF) の日本でいう新幹線・TGVを待っていると...ああフランスは乗り場ホームがコロコロ変わるんですよね。急いでまた移動してとかやってたけど、それで入口間近のホームに変わったのがこの直後、悔しい事件につながるのです。
nice474.jpg
nice476.jpg
nice477.jpg
nice478.jpg

TGV到着。
nice479.jpg
nice480.jpg

ここで乗り場入口の目の前で車内に入らずパン食ってる黒人女がいたので、あれTGV内は飲食ダメなのとか気になったのですが...まぁそんなわけないだろうと私は入ろうと...
その際、その黒人女はトランクを運ぶの手伝おうとしてきて、一瞬勝手に我が荷物を持ったのですが、大丈夫だからそれを断って列車内へ。入ってすぐの所にトランク置き場があるから置いて。そしたら黒人女は今度は一歩だけ列車内に入った所でパンをかじっている。乗客じゃないのか?
nice463.jpg

こちらは席に付こうとしたら指定席なのにそこに既に座っているやつがいて、話してどいてもらったりとかしてたんですね。余計な時間を取りましたが、ようやく席についたら近くにもトランク置き場があるのを見つけて。ならばこっちに持ってこようとTGV車両入口の荷物置き場に戻ってみたら、無い!置いたトランクが無くなっている!
やられた!!盗まれた事に気付いてすぐに駅の外まで出てみましたが、持ってウロウロしているような盗人は見つからず。時間も迫っているので戻って、出発せざるをえなかった。車掌さんに盗まれた事を伝えて、地球の歩き方に連絡先が載ってた行き先のマルセイユ大使館に車内から携帯で電話して(もちろん、どちらも何をしてくれるわけでもなく警察に行くように言うだけですが)。

嗚呼...世界基準で言ったら異常に安全・安心すぎる日本での長く生ぬるい生活で、すっかり感覚が鈍って油断してしまったわけですね。何というか、人の荷物を盗むような奴が居るって事を忘れてたと言えばいいでしょうか。
これが盗まれたトランク。
nice504.jpg

これが盗んだ女。
nice506.jpg

そう、狙いを定めながらずっと入口で知らん顔してターゲットを見張っていたので、邪魔だなとは思いながらこいつも入っちゃうけどしょうがなく一緒に写真を撮っていたのです。くしくも被害にあったトランクと犯人が同じフレームに収まっています。
nice505.jpg

もちろん乗ったTGVの全車両を一応は見回りましたが盗まれた荷物があるわけもないし、乗客のふりしてたこの黒人女は当然乗ってませんでした。後から思えば、怪しい動きをしていたんだよなぁ。そこを見落とした警戒心の薄さが重ね重ね悔しい。
気になる盗まれたトランクの中身は、ほとんどが服の着替え。このフランス旅行用に新しい服を用意していたので当然まだ使ってなかったシャツ等が多々あって悔しい。旅の最後で盗まれるなら良かったんですけどね。
あとはニースのスーパーで買っていた物とか、服も金を出せばすぐに買える物って事は、まぁお金の損失だけじゃないですか。買った時の金額で見ても全部でせいぜい数万円の事なので、どうって事ないですよ。でもお気に入りだったアンダーカバーの迷彩にチャイナボタンのジャケットとかは、もう手に入らないだろうな...金額的にはヴィヴィアン・ウエストウッドのシャツが一番高かったけど。それより楽しいはずの旅におけるアクシデントで精神的なショックはでかく、気を取り直るのに苦労しますよね。
盗人にも言いたいんだけど、トランクってでかくて盗むのが大変なわりに貴重品とかそんなに入ってないでしょ。でかい物を持ってたら捕まるリスクも高いんだからさ、止めときませんか。私の盗難被害で見ると、あとは家の鍵とSuica電子マネーがでかいのですが、これって盗人側には何も利益にならないじゃないですか…あとは出発の羽田空港で買ったばかりの携帯の充電器と、持ってたデジカメのも。あとは色々と予定を書いてた手帳がきつい。でもこれらは、外国の盗人側からしたらゴミですよね。
そもそもの入れ物であるトランクも実は借りた物だったのでこちらとしては申し訳ないし大変なんですが、これも盗人側は壊すだけだろうね。自分としては、雨の中でも邪魔なトランク持って移動していた苦労が無駄だった方がバカらしくもなります。

そうだ盗まれた服の中に日本のフォーク・メタル・バンド、ベルファスト(BELLFAST)のバンドTシャツも入ってましたが、日本のバンドの物であるこれを南仏辺りで目にしたら、それは私から盗んだ品でしょう。
nice507.jpg
(写真はBELLFASTのホームページより)

やっぱりたまたま海外に出てこんな目に遭ったりして、恨み節も言いたくはなるのですが、これは日本国内で生ぬるい生活をしている自分に対する天の渇ではあるのかな。私なんか財布をそこらに置いて離れて、こんな日本ですらも被害に遭ってますからね。
で、被害者と言ってもそれは荷物から目を離した自分が悪いって事も十分に理解しているんですよ。今回も完全に油断しちゃってたけど、本来は荷物置き場に置いたなら列車が動くまではそこから目を離してはいけなかったのです。
そう思えばね、いい勉強をさせてもらったってもんですよ。人の物を盗むような泥棒は悪い奴ですが、でもよほどの強盗とかでないかぎり狙われる方にも責任があるのですから。もちろん盗人にも三分の理だとか、そんな事を言いたいわけではなくてどんな理由があろうが泥棒は犯罪者だし言い訳は出来ないでしょうが...こちら側からの警戒心を見せないのはそれはそれで罪ではないのかとも思います。例えば公共の場に財布を放り投げておいて盗まれたって騒ぐのも愚かしいというか。

生前にお会いした事もあるブルース・リーの奥方、リンダ・リーさまが「ブルース・リー・ストーリー」(キネマ旬報社刊)の中で、
『わたしは、神のご意思が、ブルースを最終的にイップ・マン師父のもとにいざなったのだと信じている。ブルースが不良少年ではなく、勉強熱心で教会にも通うような生徒であったなら、あのような人生行路をたどったかどうか疑わしい。おそらく、香港の往来で喧嘩することが彼には必要だったのだ。というのも、彼がもし自分を守る術を学ぶ必要を感じなかったとしたら、武道を始めることにはならなかったのではないか。』
と書かれておるのですが、まぁそういう事です。
こんな事になった私が、次は明らかに平和なニースどころでなく危ない街・マルセイユに行こうというのだから、もう恋なんてしない…じゃない、もう誰も信用しない、周りの人間は私の物を狙う奴ばかりという心構えで残りの日程を過ごす事になるのでした。
あと、日本ではフランスってヨーロッパにしては治安はまともな方だと思われていますよね。私もバカなので忘れてたけど「ココ」で書いたように前回のパリでも狙われているのです。
あとは例えば古い映画ですが「女子大生 恐怖のサイクリングバカンス」(AND SOON THE DARKNESS)は日本人目線じゃなくて、イギリス人からのフランス描写だから例に出しますが、あれは休暇でイギリスからフランスに旅行へ来た女性に起こる受難でした。まぁ、フランスは田舎も含めて怖い所だって事です。

こんな事でニースを嫌いにはなりたくない。そう思いながら次の街へ移動。そしてもう一度、紺碧の海を思い出して...さようなら~。
nice544.jpg
nice541.jpg
nice542.jpg
nice543.jpg


  1. 2017/02/09(木) 02:59:23|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する