FC2ブログ

大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(252) 長野県諏訪市 1 茅野市 1 小県郡長和町 1 諏訪郡富士見町 1

LOVE長野県。

そんな私が行く次なる目的地は、長野県の南部…南信地方です。南信地方と言っても他県の方はあまり知らないでしょうが、定義としては『諏訪湖周辺および天竜川流域』になります。

それでは早速…諏訪市へ行きましょう。まずは"お諏訪さま"、こと諏訪神社を参拝して当地の神様に挨拶です。ややこしい事に同名の神社が諏訪湖周辺に4か所もあるのですが、私が行ったのは『本宮』になります。
suwa2.jpg
suwa3.jpg
suwa4.jpg
suwa5.jpg

回廊を通って…
suwa6.jpg
suwa7.jpg

しばし子供相撲を観戦。
suwa11.jpg
suwa8.jpg
suwa9.jpg
suwa10.jpg

近くに雷電為右衛門像があるし、相撲が盛んな地なのでしょうか。
suwa15.jpg

その他。
suwa13.jpg
suwa12.jpg
suwa14.jpg

おっと、諏訪大社本宮は駐車したのと逆のこちら側が正面だったか。
suwa16.jpg
suwa17.jpg
suwa20.jpg

狛犬。
suwa18.jpg
suwa19.jpg

拝殿。
suwa33.jpg
suwa34.jpg

近くに、山下清 放浪美術館があるようです。
suwa21.jpg

参道、
suwa25.jpg

でかい駐車場を擁する土産物店などもたくさんあり、
suwa26.jpg
suwa30.jpg

"ピーマンのたまご"でしじみ汁の試食と購入。酒飲みの肝臓に優しい商品です。
suwa27.jpg
suwa28.jpg
suwa29.jpg

あとはこちらで、長野県の美味しいリンゴを買いました。
suwa31.jpg
suwa32.jpg

ここではやたらとポップなアニメキャラが目立ちましたが、
suwa23.jpg

諏訪姫(すわひめ)、なるご当地キャラが居るようですね。
suwa24.jpgsuwa22.jpg

諏訪市のマンホール蓋は市の花・あやめで、『すわし おすい』の平仮名表記と『OSUI SUWA』のローマ字表記を見付けて、
suwa35.jpg
suwa36.jpg

汚水枡小形蓋は『汚』と漢字表記でした。
suwa111.jpg

"万代書店諏訪店"は、地方にたまにある古本・古着・おもちゃ…等々を扱う大型中古店。こんなジョジョゲートみたいなのくぐって、2階の商品を色々と物色してきました。
suwa37.jpg
suwa38.jpg

新刊本屋では"誠林堂"に立ち寄りましたが、『SEIRINDO』とガロ好きには胸キュンな青林堂と同じ読みの店でした。青林堂の方は長井勝一さんの没後、紆余曲折あってまたとんでもない事になっていますけどね。
suwa56.jpg

さて飯にするか…基本的にファミリーレストランは好きじゃない私ですが、ご当地ファミレスを発見したので行ってたのが"まんぷく家族"。万引き家族じゃないですよ。
suwa45.jpg
suwa46.jpg

さすがは長野県という事で、マスコットキャラクターがリンゴ頭!色合いも良いですね。
suwa47.jpg

入店すると、いかにもファミレスらしいポップな感じです。
suwa48.jpg
suwa49.jpg
suwa50.jpg

かつ重・ざるそばセット、
suwa52.jpg
suwa53.jpg
suwa54.jpg

しおかぜ。
suwa51.jpg

卓上調味料にも、まんぷく家族シール。
suwa55.jpg

諏訪市では1泊しましたが、宿は諏訪湖の目の前にある"KKR諏訪湖荘"(上諏訪保養所)。
suwa59.jpg
suwa58.jpg
suwa57.jpg
suwa60.jpg

中へ入ると…漫画を置いてるロビーと、みつを書など。
suwa63.jpg
suwa61.jpg
suwa62.jpg

ここではうちの秘密結社員で宴会もしたので数が集まっており、利用した部屋が…和室の大、
suwa66.jpg

和室の小、
suwa65.jpg

洋室。
suwa64.jpg

部屋置きの諏訪湖手長えびせんべい、美味い。
suwa67.jpg

そして何と言ってもこの宿でのお楽しみはこちらの食堂へ行きまして、
suwa68-.jpg

焼肉食べ放題でした。
suwa69.jpg
suwa78.jpg
suwa79.jpg
suwa83.jpg

大丈夫、野菜もしっかり焼いて食べております。
suwa80.jpg
suwa81.jpg
suwa82.jpg

ワインも飲み放題にして、
suwa71.jpg

赤・白・ロゼ…
suwa72.jpgsuwa73.jpg

小鉢の方もちゃんと地元食材が使われていたりで、美味しかった。
suwa70.jpg
suwa74.jpg
suwa75.jpg

あとは鍋物、
suwa76.jpg
suwa77.jpg

〆蕎麦、
suwa84.jpg
suwa85.jpg

パンナコッタ等の、デザート。
suwa86.jpg
suwa87.jpg

部屋に戻れば長野県のご当地焼酎、信濃の香り クマ笹焼酎です。
suwa88.jpg

翌日の朝食、
suwa89.jpg

信州味噌!
suwa90.jpg
suwa91.jpg

宿の外に出ると、何か樹木に黄色い何かが…これ、果実ではなくリンゴにカバーを付けていたのだと思います。
suwa92.jpg
suwa93.jpg

ユスリカには注意しましょう。
suwa94.jpg

そして諏訪湖。
suwa96.jpg
suwa95.jpg

SLで遊んだのち、
suwa97.jpg
suwa98.jpg

湖の周辺を散歩です。
suwa100.jpg
suwa101.jpg
suwa102.jpg

この湖は大好きな横溝正史作品、「犬神家の一族」における那須湖のモデルなので感激も一入。惨殺されたスケキヨの足が湖面から突き出していたりはしないものか…そう期待するも鴨が平和に泳ぐばかりでした。真夜中に来てみたら映画のおどろおどろしい雰囲気はあったのかな。
suwa103.jpg
suwa104.jpg
suwa105.jpg

む、あそこに見えるはスケキヨ像…
suwa108.jpg
suwa106.jpg
suwa107.jpg

ではなく、本朝二十四考狐火の段。
suwa109.jpg

さすが信州、巨大なリンゴのオブジェもありました。
suwa110.jpg

湖明館通り、なる商店街もありましたが今回は素通り。
suwa99.jpg

次は高台の展望公園、立石公園へ。
suwa112.jpg

諏訪湖が一望できるこの場所は新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」の聖地でもあるので、来てみたかった所。
suwa113.jpg
suwa114.jpg

長い滑り台で遊び、
suwa115.jpg
suwa116.jpg
suwa117.jpg
suwa118.jpg

変わった造形の動物達を見て、
suwa119.jpg
suwa120.jpg
suwa121.jpg

さらに上の展望台にも行きましょう。
suwa122.jpg

登ってみると、またさらに良い眺望。うん、君の名は。っぽい…ような。とりあえずヒロインの宮水三葉が住む糸守町も諏訪がモデルって事で良いのですかね。
suwa123.jpg
suwa124.jpg
suwa125.jpg
suwa126.jpg
suwa127.jpg
suwa128.jpg

先日は「ココ」の軽井沢町でも行きましたが、つまりは長野県でよく見かけるスーパーマーケットの"デリシア"(DELiCiA)で買物。
suwa39.jpg
suwa40.jpg

信州のご当地モノをいくつか入手しました。
suwa41.jpg
suwa42.jpg
suwa43.jpg
suwa44.jpg


次はお隣、茅野市へ。
小津安二郎監督が当地の北部に位置する蓼科に別荘を持って作品作りしていたのだそうで、その別荘が小津安二郎記念館・無藝荘として公開されており、小津安二郎記念蓼科高原映画祭なんかも開催されている…と聞くと高尚そうな印象の土地ですね。
山道をドライブし、
chino13.jpg
chino12.jpg

大門街道。
chino1.jpg
chino2.jpg

白樺湖、
chino50.jpg
chino3.jpg
chino7.jpg
chino8.jpg

霧ヶ峰・富士見台、
chino9.jpg
chino10.jpg
chino11.jpg

あれは…石?
chino14.jpg
chino15.jpg

茅野市で見かけたマンホール蓋は、毘沙門亀甲模様…は良いのですが、これって縦書きの『下水道』文字を挟んで『白樺』の文字って事か。
chino4.jpg

こちらは市の花リ・ンドウのデザイン。
chino5.jpg


さらに走って隣の小県郡長和町に入り、鷹山ファミリー牧場へ行きました。
chino16.jpg
chino17.jpg
chino18.jpg
chino19.jpg
chino20.jpg

近くに開拓記念碑がありましたが、場所からしても相当に山を切り開いたんだろうなぁ。
chino49.jpg

ともかく、ここに来れば私の愛する山羊さんに会えるのです。
chino21.jpg
chino22.jpg
chino23.jpg
chino32.jpg

ああ、たまらないこの悪魔的なヤギのツノ…
chino24.jpg
chino25.jpg
chino26.jpg
chino27.jpg
chino28.jpg
chino29.jpg
chino30.jpg
chino31.jpg

牛さん、
chino33.jpg
chino34.jpg
chino35.jpg
chino36.jpg

この模様がまだ少しは原子心母的で良いか。
chino37.jpg
chino38.jpg
chino39.jpg

猫さん、
chino40.jpg
chino41.jpg
chino42.jpg

馬さん、
chino44.jpg
chino45.jpg
chino46.jpg
chino47.jpg
chino48.jpg
chino43.jpg

長門町で見かけたマンホール蓋は3面のやつで…町の木・カラマツ、町の花・ミツバツツジ、町の鳥・チョウゲンボウとの事です。
chino6.jpg


最後に、諏訪郡富士見町へも立ち寄り。
こちら、国道20号沿いにあった"道の駅信州蔦木宿"。木造建築で良い雰囲気なのに加えて、温泉・レストラン・物産館と盛りだくさんな場所でした。
fujimi12--.jpg
fujimi10.jpg
fujimi11.jpg

あと諏訪南インターチェンジをおりてすぐにある、"ハルピンラーメン"の富士見諏訪南IC店ってのはかなり気になったのですが、閉店時間だったために未入店です。どうも諏訪辺りでは地元民に親しまれている ラーメン店らしいです。
suwa1.jpg

こちらには寄れました。長野県発祥で県内に多数の店舗を持つラーメンチェーン店、"テンホウ"の富士見店。
fujimi1.jpg

この手のチェーン店らしいメニューの豊富さが嬉しい。
fujimi2.jpg

こちらが卓上調味料。テンホウのオリジナル商品っぽいラーメン七味もあります。
fujimi3.jpg
fujimi4.jpg

ラーメン、
fujimi5.jpg

味玉タンタンメン、
fujimi6.jpg
fujimi7.jpg

ぎょうざ、
fujimi8.jpg

ミニカツカレーライス。いやー、長野県における庶民の味を堪能しました。
fujimi9.jpg

アップしきれていない旅の記録が山ほど溜まっていますが、次回も長野県にしようかな。


スポンサーサイト



  1. 2020/02/20(木) 23:59:28|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(251) 長野県北佐久郡軽井沢町 1

LOVE長野県。

そんな私は昨年、つまり平成31年/令和元年(2019年)は長野県に何度も行っていたので、年末に何度かに分けて長野県紀行でもアップしようかと考えていたのですが…ダメだ全然そんな時間無かった。うわー!ッという間にもう年末が過ぎ、そして年始も過ぎ…
で、遅くなりましたが令和2年(2020年)最初の街紹介。本日は昨年を振り返って年末にアップしそびれた長野県旅行にしましょう。
karuizawa21.jpg

とはいえこれも準備が進まず、今回は1町だけ。保養地・避暑地として全国的に有名な北佐久郡軽井沢町に絞って紹介していきます。
karuizawa59.jpg

長野は東京と近いのも良いですよね。車でちょいと走って、こうして峠を越えて山を降りる時…いつも水木しげる先生の『ゲゲゲの鬼太郎』より「天邪鬼」のエピソードより、天邪鬼のセリフ
『かたいこといわずに 下の軽井沢にでもいって いっぱい飲もうじゃないの
 おれ むかしから 幸福な人間をみると 胸がむかむかしてくるんだ』

が思い出されます。ここら辺の山には天邪鬼が住んでいる!
karuizawa60.jpg

とにかく軽井沢に到着。
karuizawa20.jpg

軽井沢駅。
karuizawa213.jpgkaruizawa214.jpg
karuizawa1.jpg
karuizawa2.jpg
karuizawa18.jpg
karuizawa215.jpg
karuizawa44.jpg

ここには"立ち食いそばのおぎのや"の軽井沢駅売店がありますが、
karuizawa3.jpg

軽井沢駅は駅そば発祥の地だったらしいです。
karuizawa9.jpg

ちゃんとした生蕎麦を茹でてくれるここで、
karuizawa5.jpg
karuizawa4.jpg
karuizawa6.jpg

かけそば、
karuizawa7.jpg

天ぷらそば、
karuizawa8.jpg

美味い。
karuizawa10.jpg
karuizawa11.jpg

最近行ってみたら改装されていました。
karuizawa216.jpg
karuizawa217.jpg

有名な峠の釜めしも売っているので、頂いてみましょう。横川駅、おぎのや、の文字が刻まれていて…
karuizawa392.jpg
karuizawa393.jpg
karuizawa394.jpg
karuizawa395.jpg
karuizawa396.jpg

この漬物入れも良いし、
karuizawa397.jpg
karuizawa398.jpg

美味い。
karuizawa399.jpg

軽井沢駅前はあまり栄えていないのですが、やはりそば屋さんは何軒かあります。
こちら、創価学会丸出しの看板な"そば処高美亭本店"。
karuizawa12.jpg

入店したのは、"本陣 そば店"です。
karuizawa13.jpg
karuizawa17.jpg
karuizawa14.jpg

ざるそば、
karuizawa16.jpg

天ぷらそば。
karuizawa15.jpg

雲場公園まで散歩。
karuizawa218.jpg
karuizawa219.jpg

駅近くの人気スポットといえば、軽井沢プリンス アウトレットショッピングプラザ。かなり広いので、健脚でないときつい所です。
karuizawa23.jpg
karuizawa24.jpg

自分はもうこういう所で目の色変えて買物したい物も無くなってしまいましたが…こちらは、フードコートの『太陽と緑のキッチン』。
karuizawa25.jpg
karuizawa26.jpg
karuizawa27.jpg

子供の遊ぶ所も充実しています。
karuizawa29.jpg
karuizawa30.jpg
karuizawa28.jpg
karuizawa386.jpg
karuizawa387.jpg

土産屋も多いのでミルクバタークッキー、
karuizawa390.jpg
karuizawa391.jpg

そばせんべい、しいたけスープなど購入。
karuizawa389.jpg

それより嬉しいのがご当地スーパーの存在で、こちらは"ツルヤ"(TSURUYA)の軽井沢店。
karuizawa320.jpg

嬉しいオリジナル商品をたくさん購入しました。
karuizawa321.jpg
karuizawa322.jpg
karuizawa323.jpg

このツルヤがカルビーとコラボした、りんごバターポテトチップスなんてのもあったのでゲット!
karuizawa324.jpg

他にスーパーマーケットでは、松本市が本社の"デリシア"(DELiCiA)というのがちょうど行った日にオープンしまして、
karuizawa43.jpg

長野県の地元食材などをいくつか買いましたが…牛乳パン、
karuizawa55.jpg

浅間納豆、
karuizawa51.jpg
karuizawa52.jpg

おやき、
karuizawa53.jpg
karuizawa54.jpg

若鶏山賊焼。
karuizawa57.jpg
山賊焼といえば同じ長野県でも松本市辺りの郷土料理というイメージが強く、「ココ」でアップしたように現地で食べてきたのは美味しかったなぁ。

カップ麺では長野県限定販売の、テーブルマーク・ホームラン軒信州味噌らーめん信州味噌仕立て、
karuizawa191.jpg
karuizawa192.jpg
karuizawa193.jpg

日清・日清麺ニッポン 信州味噌ラーメン、
karuizawa194.jpg
karuizawa195.jpg
karuizawa196.jpg

ドリンクでは信州ぶどうコンコードジュース、
karuizawa19-.jpg

芋焼酎とそば焼酎、
karuizawa58.jpgkaruizawa325-.jpg

また軽井沢は地ビールも豊富ですが、何といっても株式会社ヤッホーブルーイングが有名ですからね。
よなよなエール、インドの青鬼、水曜日のネコ…等々は東京でもコンビニで手軽に買えるので頻繁に呑んでいますが、ここでは同社の軽井沢高原ビールを呑んでみましょう。
karuizawa197.jpg

何種類も買って呑み比べ。
karuizawa198.jpgkaruizawa199.jpg
karuizawa200.jpgkaruizawa201.jpg
karuizawa202.jpgkaruizawa203.jpg
karuizawa204.jpgkaruizawa205.jpg
karuizawa206.jpgkaruizawa207.jpg

軽井沢ビール クラフトザウルス、
karuizawa208.jpgkaruizawa209.jpg

その瓶ビールとか、THE軽井沢ビールとかね…
karuizawa210.jpgkaruizawa211.jpg
karuizawa212.jpg

これらを呑める宿泊施設にも泊まりました。
karuizawa333.jpg
karuizawa334.jpg
karuizawa335.jpg
karuizawa336.jpg
karuizawa337.jpg

ここは秘密基地なので詳細を書くのは避けますが、食事も美味しい。
karuizawa326.jpg

これ…信州サーモンと野菜のお造りで、
karuizawa327.jpg

せり鍋が、鶏もも肉 ゆず、
karuizawa328.jpg
karuizawa329.jpg
karuizawa340.jpg

豚肉とそら豆の一本焼き、
karuizawa338.jpg

さらに、この2品…
karuizawa330.jpg

馬刺しと、
karuizawa331.jpg

ソーセージ盛り合わせ。
karuizawa332.jpg

〆によもぎ麹の赤だし、
karuizawa339.jpg

抹茶アイスのぜんざい。
karuizawa341.jpg

朝食もグッドです。
karuizawa342.jpg
karuizawa343.jpg
karuizawa344.jpg
karuizawa345.jpg

一般のホテルでは、"チサンイン軽井沢"にも泊まっています。
karuizawa41.jpg
karuizawa31.jpg
karuizawa32.jpg
karuizawa33.jpg
karuizawa34.jpg
karuizawa35.jpg
karuizawa36.jpg

部屋はスタンダードダブル+ロフトベッド付き。
karuizawa37.jpgkaruizawa38.jpg
karuizawa39.jpg
karuizawa40.jpg

朝食。
karuizawa42.jpg

こちらは星野リゾートが経営する"ハルニレテラス"(HARUNIRE Terrace)で、今や軽井沢の有名な観光名所ですね。
karuizawa61.jpg
karuizawa62.jpg
karuizawa63.jpg
karuizawa64.jpg
karuizawa67.jpg

清流に癒されながら…
karuizawa79.jpg
karuizawa74.jpg
karuizawa78.jpg

散歩して、
karuizawa68.jpg
karuizawa69.jpg
karuizawa70.jpg

小鳥テラスを楽しみ、
karuizawa65.jpg
karuizawa66.jpg

INUと遊ぶ。
karuizawa71.jpg
karuizawa72.jpg

何度か行っていますが軽井沢星野エリア、どの季節に行ってもちょっと良い場所。
karuizawa316.jpg
karuizawa317.jpg
karuizawa318.jpg

その環境にショップやレストランも立ち並んでいるのですが、私はここで地元の野菜、
karuizawa73.jpg
karuizawa75.jpg
karuizawa76.jpg
karuizawa77.jpg

"菓子処 和泉屋 傳兵衛"で菓子類を買って。
karuizawa309.jpg
karuizawa310.jpg
karuizawa311.jpg
karuizawa312.jpg
karuizawa313.jpg
karuizawa388.jpg

おお、中華料理屋の"希須林"が軽井沢にもある。この店…杉並区の阿佐ヶ谷にも"希須林 小澤"があったので行った事はあるのですがそこは何年も前に閉店し、ちょい高級な店でもあるので今は東京都でも青山とか赤坂にしか無いんですよ。
karuizawa314.jpg
karuizawa315.jpg

それに関連して言えばあれだ、当地には"榮林"の軽井沢店もあります。
karuizawa384.jpg

やはりちょいと高級系の中華料理店で、東京都内でも赤坂にしかない酸辣湯麺の発祥として超有名な店ですが、唯一の支店としてここ軽井沢にあるのですね。
karuizawa366.jpg
karuizawa367.jpg
karuizawa368.jpg
karuizawa369.jpg
karuizawa370.jpg
karuizawa371.jpg

高いお店には行けないよ、そんな人達にも優しいのが、明星のカップ麺・中華三昧で定番化している赤坂榮林 酸辣湯麺。
karuizawa400.jpg
karuizawa401.jpg
karuizawa402.jpg

ついでにちょっと脱線しておくと、中華三昧のタテ型カップ麺は3種あるのですが、赤坂榮林の他に"重慶飯店"と"四川飯店"があり、私は四川飯店担々麺が好きで頻繁に食べています。
karuizawa403.jpg
karuizawa404.jpg
karuizawa405.jpg
karuizawa406.jpg

話を榮林 軽井沢店に戻すと、食べたのは…搾菜、
karuizawa372.jpg

冷菜、
karuizawa373.jpg
karuizawa374.jpg

魚介と高原野菜の炒め、
karuizawa375.jpg

挽肉味噌かけそば(ジャージャーメン)、
karuizawa376.jpg
karuizawa377.jpg

海鮮蒸し餃子、
karuizawa378.jpg

麻婆豆腐、
karuizawa379.jpg

什景炒飯(五目チャーハン)、
karuizawa380.jpg

そしてそして!
酢と辛子入り特製つゆそば(元祖スーラータンメン)。つまり酸辣湯麺の発祥と言われる本家の味を楽しんだのでした。
karuizawa381.jpg
karuizawa382.jpg

デザートは、杏仁豆腐。
karuizawa383.jpg

その近くにあった、モンローなお店はアメリカ系の雑貨屋かな。
karuizawa385.jpg

続いて食事紹介に行くと、中軽井沢まで行っての"福幸亭"
karuizawa45.jpg
karuizawa48.jpg
karuizawa46.jpg

福幸亭風カツ(ロース)のカレーソース、
karuizawa49.jpg
karuizawa50.jpg

牛丼。
karuizawa47.jpg

続いて軽井沢の商店街に行こう…となれば、目指すは旧軽井沢銀座。
karuizawa160.jpg
karuizawa161.jpg

駐車するのにお薦めはこちら、
karuizawa292.jpg
karuizawa293.jpg

幸運のきのこの駐車場。こんな観光地なのに駐車代が時間制でなく、しかも1回たったの300円と安い上にキノコパワーを感じられます。
karuizawa295.jpgkaruizawa186.jpg
karuizawa294.jpg

当地は上條淳士先生の「TO-Y」でも舞台になっていて、この街並みもチラッと描かれていました。
karuizawa271.jpg
karuizawa272.jpg

そこら辺で配布していた冊子、軽井沢文化財歴史的建造物マップを見ながら動くのも良いでしょう。
karuizawa80.jpg
karuizawa177.jpg

パサージュとか、
karuizawa22.jpg

チャーチストリート軽井沢、
karuizawa159.jpg

軽井沢高原教会とか、
karuizawa121.jpg
karuizawa122.jpg

他の教会の辺りも歩きましたが、軽井沢には教会がよく似合う。
karuizawa185.jpg

軽井沢はハム・ソーセージの店も多いので軽食に"腸詰屋"で、
karuizawa123.jpg
karuizawa124.jpg
karuizawa126.jpg

ブラート・ブルスト(焼きソーセージ)。
karuizawa125.jpg
karuizawa127.jpg

"デリカテッセン・キッツビュール"で、
karuizawa284.jpg
karuizawa285.jpg

焼いてもらったのは…
karuizawa286.jpg
karuizawa287.jpg

フライシュケーゼ、
karuizawa288.jpg

辛口焼きソーセージ。
karuizawa289.jpg

こちらは観光地価格の店ですが、軽井沢銀座の入口辺りと立地が良い"旧軽井沢食堂"
karuizawa275.jpg
karuizawa273.jpg
karuizawa274.jpg

桜の時期には最高な、テラス席もあり。
karuizawa276.jpg
karuizawa277.jpg

信州牛カレーライス、
karuizawa278.jpg

信州牛ステーキ定食、
karuizawa281.jpg
karuizawa282.jpg

牛たん定食、
karuizawa279.jpg
karuizawa280.jpg

軽井沢ビーフシチュー。
karuizawa283.jpg

信州そばの長野県に来ているので、もっと蕎麦を戴きましょう…"軽井沢 川上庵"に入店。内装はカフェ風。
karuizawa129.jpg
karuizawa130.jpg
karuizawa131.jpg
karuizawa132.jpg
karuizawa134.jpg
karuizawa135.jpg

『冷たい蕎麦』から、天せいろ(上)、
karuizawa139.jpg
karuizawa140.jpg
karuizawa141.jpg

二段せいろ。
karuizawa137.jpg
karuizawa138.jpg
karuizawa142.jpg

桜が見える席に座って食べました。
karuizawa133.jpg
karuizawa136.jpg
karuizawa147.jpg
karuizawa148.jpg

軽井沢の街中に咲く桜は綺麗でした。
karuizawa146.jpg
karuizawa143.jpg
karuizawa144.jpg
karuizawa145.jpg

隣の"レストラン酢重正之"は郷土料理店かな?気になる店でした。
karuizawa128.jpg

軽井沢といえばこれも有名でしょうか、"はちひげおじさんの荻原養蜂園"が何店もありました。
karuizawa157.jpg
karuizawa158.jpgkaruizawa149.jpg
karuizawa150.jpgkaruizawa151.jpg

続いて出てきました、"フランス・ベーカリー"
karuizawa162.jpg
karuizawa163.jpg
karuizawa166.jpg

ここは、ジョンとヨーコも来店していたという店!
karuizawa164.jpg
karuizawa165.jpg

ジョン・レノンが食べた店のパンか…美味い。
karuizawa302.jpg
karuizawa307.jpg

街中を走るバスがオシャレ!
karuizawa306.jpg
karuizawa167.jpg

観光客向けのバスなのかな。
karuizawa303.jpg
karuizawa304.jpg
karuizawa305.jpg

もっと街歩きしていると…
karuizawa155.jpgkaruizawa156.jpg
karuizawa154.jpg
karuizawa153.jpg
karuizawa152.jpg

トトロ、
karuizawa298.jpg

玩具屋、
karuizawa169.jpg
karuizawa170.jpg

旧軽銀座の一番奥辺りまで行くと、北欧のファッション・雑貨などを扱う"北欧倶楽部"。
karuizawa175.jpg
karuizawa173.jpg

小さな三色旗が掲げられていましたが、この旗は決して創価学会ではなくルーマニア国旗なんだと思います。
karuizawa174.jpg

こちらの区画だったかな、この店もやはり北欧発であるムーミンを使っていました。
karuizawa171.jpgkaruizawa172.jpg
私にとっても北欧は憧れの地ですが、ただ北欧といえば『北欧メタル』なんですよね…フィンランド、ノルウェー、スウェーデン等々、超が付くヘヴィメタル大国であり、例を挙げたらキリがないので止めておきますが偉大なアーティストを輩出しまくっている土地。が、どこに行っても北欧メタルが聴こえてくる事はありませんでした。

商店街をちょい裏道に入るとテニスコート通り、
karuizawa183.jpg
karuizawa308.jpg

欧風な建築の一角…
karuizawa299.jpg
karuizawa178.jpg

KARUIZAWA COFFEE COMPANYでソフトクリームを食べるのも、定番化してきました。
karuizawa300.jpg
karuizawa301.jpg
karuizawa407.jpg

大好きなINUを見る。
karuizawa179.jpg
karuizawa180.jpg

この街は個人店ばかりで好感が持てるし、オシャレな店だらけ。
karuizawa182.jpg

わかどり…こんなオシャレタウンでも、焼鳥屋を見付けると惹かれます。開いてたら入って焼鳥&ビールやってましたね。
karuizawa181.jpg

かなり怪しいこちらの物件は、サム・ヤービーという外国人伝道師の所みたいです。
karuizawa296.jpg
karuizawa297.jpg

軽井沢会テニスコートが出てきました。ここは平成時代の天皇陛下が親王時代に美智子さま(現・上皇后)との出会いの場となった事であまりにも有名ですね!
karuizawa184.jpg
karuizawa269.jpg
karuizawa270.jpg

その前段として、実は明治天皇の時代から皇室と軽井沢は縁があるようです。
karuizawa267.jpg

こちらは芭蕉句碑で、『馬をさへなかむる雪のあしたかな』の句。
karuizawa266.jpg

八田別荘。
karuizawa187.jpg

ここは避暑を目的とした日本人の初の別荘として知られる邸で、建設当時のまま現存しているのです。
karuizawa188.jpg
karuizawa189.jpg

真言宗智山派の神宮寺。元々は碓氷峠にある熊野神社の別当寺であり、その近くにあったとの事ですが…
karuizawa168.jpg

その碓氷峠にも行ってみましょう。
群馬県(安中市)と長野県(軽井沢町)の県境にある峠です。この赤い線は県境を表し、"元祖峠の力もち しげのや"前に引かれています。
karuizawa220.jpg
karuizawa221.jpg
karuizawa222.jpg

こちらが、その碓氷峠にある熊野神社。
karuizawa239.jpg

境内にも県境があるので、県境マニアにはたまらない所でしょうね。
karuizawa223.jpg

そのまま進むと、
karuizawa243.jpg
karuizawa224.jpg
karuizawa244.jpg

峠のこまいぬが異形です。
karuizawa245.jpg
karuizawa246.jpg

階段を昇りきると…
karuizawa247.jpg
karuizawa248.jpg
karuizawa249.jpg

右手は群馬県側で名称は熊野神社となり、
karuizawa250.jpg
karuizawa251.jpg

随神に会えます。
karuizawa252.jpg
karuizawa253.jpg

左手は長野県側で名称は熊野皇大神社。1つの神社ですが、2つ別々の宗教法人なのだそうです。
こちらにある神木・しなの木がパワースポット。
karuizawa257.jpg
karuizawa258.jpg

願いを思い一周するとその願いが叶うという事で、皆様…全人類の幸せを願ってきました。
karuizawa259.jpg
karuizawa260.jpg
karuizawa261.jpg
karuizawa262.jpg

小さな小さな、八咫烏社。
karuizawa263.jpg
karuizawa264.jpg

ヤマトタケル(日本武尊)縁の地でもあり、
karuizawa255.jpg
karuizawa256.jpg

他に山口誓子の句碑、
karuizawa241.jpg

杉浦翠子歌碑、
karuizawa254.jpg

何とも不思議な数字が刻まれているこの石碑は渡辺重石丸による数字の歌で、
『四八八三十一十八 五二十百万三三千二 五十四六一十八 三千百万四八四』
(夜は闇と人は 言うとも正道に 勤しむ人は 道も迷はじ)
なのだそうです。
karuizawa240.jpg

そして、神主さんの像。
karuizawa225.jpg

少し移動して、旧碓氷峠 見晴台へ。
karuizawa226.jpg

空気が良い所で軽い山歩き。
karuizawa228.jpg

ヒルには注意してください。
karuizawa265.jpg

見晴台でも、群馬・長野県境。
karuizawa231.jpg

ラビンドラナート・タゴール(Rabindranath Tagore)と記念撮影。
karuizawa229.jpg
karuizawa230.jpg

近藤翁頌徳碑。
karuizawa237.jpg
karuizawa236.jpg
karuizawa238.jpg

素晴らしい景色です。
karuizawa234.jpg
karuizawa232.jpg
karuizawa233.jpg

あちらに見えるのが浅間山でしょうか。
karuizawa235.jpg

ドライブ中は路上からも、浅間山がよく見えていたし、
karuizawa319.jpg

軽井沢でよく見かけたマンホール蓋も、浅間山が使われたデザインでした。
karuizawa290.jpg
karuizawa268.jpg
karuizawa291.jpg

さてさて、次はいよいよ白糸の滝に向かいましょう。こういった軽井沢の観光案内冊子でも表紙になるような、いわば当地の観光名所ですね。
karuizawa81.jpg
karuizawa82.jpg

景色を楽しみながらドライブし、途中でセゾン現代美術館とか、ありました。
karuizawa92.jpg
karuizawa91.jpg

白糸ハイランドウェイの通行料が400円かかりますが、到着したら駐車場は無料です。
karuizawa93.jpg
karuizawa94.jpg

多少歩きまして、
karuizawa95.jpg
karuizawa96.jpg

この奥の…
karuizawa107.jpg
karuizawa97.jpg

これだ!
karuizawa99.jpg
karuizawa102.jpg
karuizawa101.jpg
karuizawa100.jpg
karuizawa104.jpg

『白糸の滝』という名称の滝は日本各地にあるし、ここは中でも有名とはいえ幅は長いけど落差はたったの3m程度しかない…でも、いいんですよ。
karuizawa190.jpg
karuizawa98.jpg

しばしマイナスイオンを浴びてから、白糸の滝を去りました。
karuizawa105.jpgkaruizawa106.jpg
karuizawa103.jpg

近くでは、いわなの塩焼きを売っていました。
karuizawa108.jpg
karuizawa109.jpg
karuizawa110.jpg

そもそも私は滝好きゆえ、次の滝として千ケ滝にも行きましょう。
karuizawa85.jpgkaruizawa86.jpg

せせらぎの道という、ちょっと長い散歩コースを徒歩で行って滝壷まで行くのですが、
karuizawa87.jpg
karuizawa88.jpg
karuizawa89.jpg

ここはクマが出ると言います。最初に行った時の私はクマに対抗するだけの拳の準備が出来ておらず、気候も良くなかったので諦めて引き返したものです。
karuizawa90.jpg

近くにあったこちら、立ち寄りの湯 軽井沢千ヶ滝温泉。
karuizawa84.jpg
karuizawa83.jpg

また次の機会はクマにも対抗出来るほど拳を鍛え上げて、千ケ滝に再チャレンジ。
そうです私も熊殺しと呼ばれた空手家。闘う覚悟は出来ています。
karuizawa227.jpg
karuizawa346.jpg
karuizawa347.jpg

まぁ、そんなに気負わなくても大丈夫。私のように「大山カラテもし戦わば」を熟読している漢ならともかく、普通の人はラジオとか鈴をつけて音を出す事でクマに自分の存在を知らせて遭遇しないようにすれば良いと思います。
karuizawa111.jpg
karuizawa112.jpg
karuizawa113.jpg
karuizawa114.jpg

清流音と澄んだ空気を楽しみながら歩く…
karuizawa348.jpg
karuizawa349.jpg
karuizawa350.jpg
karuizawa351.jpg
karuizawa352.jpg
karuizawa353.jpg
karuizawa357.jpg
karuizawa358.jpg
karuizawa365.jpg

幸せの青い鳥にも遭遇。
karuizawa356.jpg

オオルリですかね…綺麗な色が山中で結構目立つので、生存競争では不利な気もします。
karuizawa354.jpg
karuizawa355.jpg

もうちょい進むと、
karuizawa119.jpg
karuizawa118.jpg
karuizawa120.jpg

いよいよ千ヶ滝に到着。嗚呼、嬉しい…
karuizawa359.jpg
karuizawa360.jpg
karuizawa361.jpg
karuizawa362.jpg
karuizawa363.jpg
karuizawa364.jpg

最後に軽井沢の滝をもう1つ、近くにあるこちらは竜返しの滝でした。
karuizawa115.jpg
karuizawa116.jpg
karuizawa117.jpg

今後も軽井沢には定期的に通って、滝を見たり保養したりは続ける事になると思います。
それと今年はブルース・リー生誕80周年、ブランドン・リー生誕55周年という記念年です。楽しんで生きるしかないでしょう!


  1. 2020/01/31(金) 23:59:20|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンテクリスト(跡地) 2020

明けましておめでとうございます。はい、今さらですが今年最初の投稿なので一応は新年のご挨拶して…

更新が滞りがちなこのブログでは、令和2年(2020年)のスタートは1月21日になりました。梶原一騎先生の命日ですね。
となれば、あの話題だ。「ココ」で書いた時に始まった『梶原一騎を偲ぶ会』に、今年もお邪魔してきました。
梶原一騎先生が若かりし頃に兄弟で経営したバー・モンテクリスト…つまり名作「一騎人生劇場 男の星座」の読者やカジワラーにとって伝説の店の跡地であり、現在も建物は残しながら"カラオケ スナック 亜利"となっているその場所は東京都大田区蒲田にあるので、昨年は「ココ」で大田区紹介と共に書いていました。

もうおなじみですが、ここが京急蒲田の柳通りにあるカラオケ スナック 亜利。
kamata-ari74.jpg
kamata-ari75.jpg

梶原一騎先生を語る上で避けて通れない空手家・マス大山こと大山倍達総裁とは生前に色々ありましたが、現在は遺族間で親密な交流もあるとの事。
昨年も書きましたこちらはマス大山の孫娘、最強の遺伝子を持つブロンドヘアの大山桃加林さま…今年もお会い出来て記念撮影させて頂きました。
kamata-ari76.jpg

昨年いらしていたお母様(大山総裁の次女)のグレース様は海外に行っていて来れないとの事と、桃加林さまもこの後で海外に武者修行に出て1年間ほどは各地で生活するとの事。
それ聞くと祖父が実現した『世界ケンカ旅行』的なやつになるのかと想像しがちですが、いや桃加林さまは女性だし現代の才女なので、多分ビジネス関係の勉強になると思います。ただ、これからどんどん会うであろう海外の人々に自分の祖父が素手で牛を殺せる男だという事は話して欲しいですね。
OYAMA-world-war1.jpgOYAMA-world-war2.jpg

上記のKKベストセラーズ版より入手が容易で文庫サイズのため持ちやすいのが、徳間文庫版の「世界ケンカ旅」。あとは「ケンカ空手 世界に勝つ」を改題して角川文庫化した「大山倍達、世界制覇の道」あたりが世界中を飛び回る際のお供に良いでしょうか。
OYAMA-world-war3.jpg

さて今年もありがたい事に梶原兄弟(高森兄弟)の末弟・高森日佐志さまの姿が見えましたが、店内はあまりにも混雑していて目標は遠い…でもそこを突っ込んで行くのがうちの秘密結社の姉御!
kamata-ari77.jpg

高森日佐志さまの所に到達し、ギュッとね!
kamata-ari78.jpg

今年のこの日も梶原兄弟を描いた事でカジワラーには定番化している『すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史』を観て過ごしましたが、この映画では高森日佐志さまを久ヶ沢徹が演じていました。
KAJIWARA-sutegoro.jpg

とにかく梶原一騎&真樹日佐夫、物凄いとしか言いようのない2人の兄と共に育った三兄弟の末弟が、この高森日佐志さま。店を出てきた所で甥にあたる梶原一騎先生の御子息・高森城さまとで記念撮影。城さまには、私のブログを読んでいるとも言われて恐縮してしまいました。
kamata-ari86.jpg

私もようやく高森日佐志さまにご挨拶できて、記念撮影。
kamata-ari92.jpg
kamata-ari87.jpg
kamata-ari88.jpg

続いて次男の高森一誓さまと、俳優の大久保千代太夫さまともお話と、記念撮影。
kamata-ari79.jpg
後者は2018年に月蝕歌劇団が『男の星座』を舞台化した際に晩年の梶原一騎(梶一太)役で出演された方ですが、今年にまた『男の星座』を再演するという嬉しいニュースも聞けました。

そこにまたうちの姉御も、突撃!
kamata-ari80.jpg

コアチョコの梶原一騎Tシャツで、一騎に…いや一気にその場の人気者になっていました。
kamata-ari81.jpg

凄いメンバーの撮影会が続き、我々ことカジワラー達は大騒ぎし…
kamata-ari82.jpg
kamata-ari83.jpg
kamata-ari84.jpg

すぐに涙でレンズが濡れて写真も歪んでしまいました。
kamata-ari85.jpg

最後は全員が店内に入りまして、
kamata-ari89.jpg

会場がカラオケスナックでもあるので、梶原一騎縛りの大カラオケ大会に突入。男たちの合唱が続く中、時間を見て私は先に帰らせて頂きました。
kamata-ari90.jpg
kamata-ari91.jpg

今回は『男の星座』の作画者として最後まで梶原一騎原作に付き合った偉大な漫画家・原田久仁信先生もいらしており、初めて生でお姿を拝見いたしました。
あと最後に…これを書いている最中の本日1月21日、つまり梶原一騎先生の命日と同日に宍戸錠の訃報が流れました。エースのジョーと呼ばれる、まぁ「あしたのジョー」とも同じ名前の俳優でしたが、カジワラー的にはあの『三協映画』製作で梶原一騎原案の映画「悲愁物語」に出ていた事で我々の殿堂入りもしている方なんですよね。
同じく↑で書いた「すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史」に出てあの柳川次郎を演じた事で殿堂入りもした松方弘樹も3年前の1月21日に亡くなりました。
いや命日のこじつけにこだわる気はないのですが、とにかく今夜は梶原一騎先生やその周辺人物のご冥福をお祈りして終わろうと思います。


  1. 2020/01/21(火) 23:59:59|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日野日出志(56) 「羅生門の妖怪」

今夜は日野日出志作品で、「羅生門の妖怪」(ひばり書房刊)。
HINO-rashomon.jpg

以前に紹介していた「怪談雪女 ゆうれいのまんが」と同じく、ひばり書房が通常のホラーコミックより幼年向けに発行したと思われる『ファミリィブックス』の1冊。
日野日出志先生が2冊だけ関わったこのシリーズは、背表も黒ではなく白色で版型もA5版と大きいサイズです。
HINO-rashomon2.jpg

本の構成は6編収録の短編集で、表題作は室町時代の謡曲『羅生門』の話。他も見た事・聞いた事があるような話が多いので、恐らくは全て伝承・民話・昔話などを基にしていると思われる、その収録内容は…
「羅生門の妖怪」「うらみの生首」「墓をあばく老婆」「地獄からの使い」「安義の橋の鬼」「茨木童子」

ほとんど『鬼』が登場する怖い系の民話が集められており、作者が日野日出志先生ではどれだけヤバいんだと思われるかもしれませんが、前述の通り本作は幼年の読者向け。
子供なら怖いかも程度の恐怖シーンはあるものの、明らかに得意のこれでもかと過剰に攻め立てる恐怖は抑えた表現をしており、きちんと民話や謡本を知るのも大事だし学校の図書館に置いても良いレベルだと思います。
また15年ぶりに新刊として絵本「ようかい でるでるばあ‼︎」(彩図社刊)を上梓した今年のこのタイミングで、ここら辺の作品を再評価するのも良いでしょう。


ひ~~~っ ひひひ!!
右うでは たしかにとり返したぞ!!



  1. 2019/12/20(金) 23:00:47|
  2. 日野日出志
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日野日出志のトラウマ博覧会、、伝説の怪奇漫画家 日野日出志、怪奇サミット

こんばんは。
もう残りわずかとなった2019年ですが…今年は怪奇漫画界のレジェンド・日野日出志先生の年でしたね。
もう長らく出版業界と距離を置いていたような近年の状況から、突如出た約15年ぶりの新作として完全描き下ろしの絵本「ようかい でるでるばあ‼︎」(彩図社刊、文は寺井広樹)が上梓され、
HINO-deruderu.jpg

過去作品の方もコンビニ本…それも今の所はファミリーマート限定発売ながらゴマブックスから次々と復刻されていて、先月も「Mコレクション」「学園百物語・世紀末晩餐会」の2冊が出て14冊目!
HINO-famima.jpg

と毎月2冊出していたのですが、今月は「Mコレクション2」の1冊だけでした。
HINO-famima2.jpg
ネタが切れてきたかな?でもこのシリーズは日野日出志全集として出版しているのかという勢いだし、まだまだ再販されていない本はあるので頑張って続けて欲しい。

出版だけでなくイベントなどもいくつかありましたが、まず7月には3日~16日の怪奇…じゃない会期で、「ようかい でるでるばあ‼︎」の発売記念時で原画展、
日野日出志のトラウマ博覧会
が開催されました。
hinohideshi-nakano14.jpg

会場は東京都中野区の中野ブロードウェイ内で、
hinohideshi-nakano15.jpghinohideshi-nakano16.jpg

このポスターでブロードウェイが恐怖に彩られていましたが…
hinohideshi-nakano45.jpg

ここ!"墓場の画廊"の中野本店でした。
hinohideshi-nakano13.jpg
hinohideshi-nakano46.jpg
hinohideshi-nakano17.jpg

入口付近には記念撮影コーナーがあり、「ある地獄絵師の告白 地獄変」顔ハメと、
hinohideshi-nakano11-.jpg

斧と指!
hinohideshi-nakano9.jpg
hinohideshi-nakano10.jpg

顔ハメの方は後日、日野日出志先生がサインを入れていました。
hinohideshi-nakano18.jpg
hinohideshi-nakano25.jpg
hinohideshi-nakano26.jpg

販売しているグッズは充実しており、なかなかに商魂も逞しい事で安心し、私もいくつか買物。
hinohideshi-nakano1.jpg
hinohideshi-nakano2.jpg
hinohideshi-nakano3.jpg

日野キャラのキャラクターソフビなども有りました。
hinohideshi-nakano7-.jpg
hinohideshi-nakano8.jpg

原画展は、メインの新作絵本だけでなくかつての名作ホラー漫画からも選んで展示しており、とにかく大盛況でした。
hinohideshi-nakano4.jpg
hinohideshi-nakano5.jpg
hinohideshi-nakano6.jpg

会期の後半には全原画を総入れ替えもあり、当然ながらこちらも観に行っています。
hinohideshi-nakano19.jpg

この企画に合わせて7月14日の1日限りでサイン&撮影会も開催!その参加券を得るためイベント初日にオープンダッシュし、関連商品を5,000円以上買いましたが、その時に購入者特典としてオリジナルステッカーを頂きました。
hinohideshi-nakano43.jpg

で、いよいよサイン会当日…おお久々に生で見る、日野日出志先生ご本人だ!
hinohideshi-nakano20.jpg
hinohideshi-nakano21.jpg
hinohideshi-nakano22.jpg

日野日出志先生がデザインをした事で話題になった銚子電鉄 まずい棒のゆるキャラ・まずえもんも来ていましたが、日野キャラが着ぐるみって本当に実現するまで誰も想像しなかったんじゃないですかね。
hinohideshi-nakano23.jpghinohideshi-nakano24.jpg

これが、まずい棒。
hinohideshi-nakano34.jpg
hinohideshi-nakano35.jpg

私の番が回ってきました。
hinohideshi-nakano27.jpg
hinohideshi-nakano28.jpg

あの日野日出志先生が目の前で私のために書いてくださっているなんて…(´;ω;`)ウゥゥ
hinohideshi-nakano29.jpg

その間に、まずえもんと記念撮影し、
hinohideshi-nakano30.jpg
hinohideshi-nakano31.jpg

そして、神と!
hinohideshi-nakano32.jpg
hinohideshi-nakano33.jpg
hinohideshi-nakano44.jpg

さらにさらに次があります!この場でも宣伝していましたが、
hinohideshi-nakano12.jpg

今年制作されたドキュメンタリー映画『伝説の怪奇漫画家・日野日出志』。
hinohideshi-shibuya5.jpg

これが7月3日…つまり上記の『日野日出志のトラウマ博覧会』がスタートしたその日に渋谷の映画館"ユーロライブ"で一夜限りの上映会があるという事で、
hinohideshi-shibuya33.jpg

私も駆け付けました。
hinohideshi-shibuya1.jpg
hinohideshi-shibuya2.jpg
hinohideshi-shibuya3.jpg

本来DVD販売用の作品として制作したようなのですが、日野日出志先生の映像を劇場で観れるなら観たいと考えたのと、上映後にトークショー&サイン会もあるとの事でしたからね。
サイン会もの方は絵本「ようかい でるでるばあ‼︎」をこの場で買った者が参加出来るという事でしたが、用意された部数が少なかったようで私の分は残っておらず、涙を飲みました。
hinohideshi-shibuya4.jpg

トークショーの方は楽しみましたが、初めて生で見る犬木加奈子先生のゲスト出演も嬉しかったです。
hinohideshi-shibuya6.jpg
hinohideshi-shibuya7.jpg

こちらは映画の監督であり、日野プロダクション代表だという寺井広樹氏。新作絵本で文を担当した方でもあります。
hinohideshi-shibuya8.jpg

映画の出来は正直イマイチで、あまり関係なさそうな『関係者』インタビューや有名人による分かっている事を今さら語っている部分に尺が取られ過ぎていて、肝心要の日野日出志先生の素顔とか謎の部分には全然迫れていないのです。
よって何十年と日野作品を読んできた愛読者にはあまりお薦めしませんが、でもこれから読みたい初心者向けとしては良いかもしれません。いやドキュメンタリー映画としての凄さとかは一旦置いておき、日野先生のしゃべる姿をこれだけ観れるだけでもファンは観るべき、DVD買うべきか。
また日野先生という1人のホラー漫画家の映画が作られた事には凄い意義があると思うので、これで終わりにせずシリーズみたいな形で続編をどんどん出してくれたら嬉しいし、上映があるならもちろん私もまた駆けつけます。

日野日出志先生、
hinohideshi-shibuya13.jpg
hinohideshi-shibuya14.jpg

犬木加奈子先生。
hinohideshi-shibuya9.jpg
hinohideshi-shibuya10.jpg

2人はプライベートでも凄い仲良しです。
hinohideshi-shibuya11.jpg
hinohideshi-shibuya12.jpg

さて、改めて日野日出志先生を見てみると、
hinohideshi-shibuya15.jpg
hinohideshi-shibuya16.jpg

シャツの腕ポケット部分には『TORA』のロゴが見えましたが、これは作業朊・鳶装束・安全靴等のブランド寅壱の品ですね。当然、鳶職人スタイルのニッカポッカズボンも寅壱の物でしょう。
また、その腕ポケ部にKLMオランダ航空のペンが収納されているのが見えました。
hinohideshi-shibuya17.jpg

カッコいいベルトと腰袋、
hinohideshi-shibuya18.jpg

足袋。全て寅壱商品かな…
hinohideshi-shibuya19.jpg

ファッションを見るなら、そもそもこのヒゲの具合はオシャレ過ぎます。どうしたらこんなに出来るのでしょうか。
hinohideshi-shibuya22.jpg
hinohideshi-shibuya23.jpg

日野日出志先生の一挙一動を見逃さないように刮目しました。
hinohideshi-shibuya20.jpghinohideshi-shibuya21.jpg
hinohideshi-shibuya24.jpg
hinohideshi-shibuya25.jpg
hinohideshi-shibuya26.jpg

続いて、犬木加奈子先生。
hinohideshi-shibuya27.jpg
hinohideshi-shibuya28.jpg

これが犬木先生のピアス、
hinohideshi-shibuya29.jpg

靴です。
hinohideshi-shibuya30.jpg

楽しい対談は終了。会場ではホラー漫画家仲間である御茶漬海苔先生の姿も見えました。
hinohideshi-shibuya31.jpg
hinohideshi-shibuya32.jpg

それからまた11月、再び墓場の画廊中野本店へ。
今度はまず、「日野日出志全仕事」(玄光社刊が上梓され、
HINO-all-works.jpg

その発売記念で『怪奇サミット』です!
hinohideshi-nakano36.jpg
hinohideshi-nakano37.jpg

また入口の顔ハメやって、
hinohideshi-nakano39.jpg

横のガラスケース内は人間椅子のナカジマノブさまが所有する日野日出志コレクションの展示でした。
hinohideshi-nakano38.jpg

この時は日野日出志先生の他に犬木加奈子先生も参加していたのですが、両先生の合作となるサスペリア表紙絵の原画とか、
hinohideshi-nakano40.jpg
hinohideshi-nakano42.jpg

大好きなあの名作「口裂け女伝説」の原画も観れて嬉しかった!
hinohideshi-nakano41.jpg

もちろんまた墓場の画廊オリジナルグッズも新作を増やして登場していたので買ったり、これらは見るだけでも楽しいし…
展示内容が入れ替えられたらまた観に行って、とにかく怪奇・ホラー漫画好きに嬉しいサミットでした。
ちなみにこの怪奇サミットでも日野日出志先生 和装撮影会というのが予定されていて、私も行く予定だったのですが
『日野日出志先生の諸事情により開催中止』
となりました。日野先生の体調が悪くてとかでは無さそうなのでひとまず安心しましたが、日本の宝である日野日出志先生には健康で長生きして頂き、また新作の発表や原画展なども続けて欲しいと心から望みます。


  1. 2019/12/15(日) 23:00:53|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する