大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

小林よしのり先生の街頭演説

先日の2017年10月14日(土)、JR新宿駅東南口へ立憲民主党の街頭演説に行ってきました。え!?何故??そりゃそう思いますよね。 その理由は...あ、タイトルで書いてあるからすぐ分かりますね。これ↓は配布していた政策パンフレット。
rikken-minshu18.jpg

この近くだとディスク・ユニオンが何軒もあるので中古レコード・CDを物色してから開始時間に合わせて会場へ行くと、凄い人だかりになっている!
来週の第48回衆議院議員総選挙では正直有力視されていない政党なので、この人出には驚きました。群集はやはり、プラカードとか持ったサヨク系と思われる年配者が中心でしたが...私のように、この後で出てくる応援弁士が目当ての人もいるかもしれません。
rikken-minshu1.jpg

ああ、ここで書くと私が立憲民主党を応援しているのかと誤解されるかもしれませんが、それはないです。
彼らの理念であると思われる立憲民主主義は成功するならば良いと思うのですが、メンバーがね…まだ皆さんも記憶に新しいでしょう、2009年の政権交代で政権を獲得した民主党(野党に転落してから民進党)が母体じゃないですか。考えの浅いバカを煽って政権まで取ったものの日本にとんでもない悪夢を撒き散らして国民を失望させ、何の責任も取らずに逃げた。いやそもそも日本崩壊が目的だったとかなら、ある程度は成功した方々なのかもしれませんが。
ちなみに、立憲民主党の略称は『民主党』なんですね。止めときゃいいのに、その忌まわしき名前使って大丈夫なんですか?もっと言えば立憲民主党は民進党、さらに何かどうしょうもない希望の党からも振るい落とされた集まり...ですか。

長妻昭代表代行が登場、
rikken-minshu2.jpg
rikken-minshu3.jpg

会場があまりにも混んでいるので私は橋の上から見ていたのですが、こんな感じで邪魔な位置に木の枝が伸びてるんですよ。
rikken-minshu4.jpg

その横を見ると、邪魔な木の枝の影にチラチラと...漫画家の小林よしのり先生の姿が見え隠れしています!そうです、私はよしりんが見たくてこんな党の演説に紛れているのです!
rikken-minshu10.jpg
rikken-minshu5.jpg

ちなみによしりんは歴史的名著である「ゴーマニズム宣言」、特に「新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論」あたりのイメージで保守派の論客で左派を糾弾する印象を世間に植え付けたじゃないですか。実際に戦争論は漫画が読者にどれだけの与える影響を与える事が出来るかというサンプルとして最高のものでしょうし、この功績はもうね...現在の漫画読者には手塚治虫先生よりもはるかに大きいと思うのですよ。しかし著者本人が、毛嫌いしているネトウヨ(って言い方とかくくりも頭悪いですが)を生み出した功罪の方を気にして悔やんでいるのかな。
でもそんな右派の希望みたいな名著と描いた漫画家が何でサヨク政党の立憲民主党を応援しているのか...って、人は考えも変わるものです。それに私は元々ギャグ漫画家としてのよしりんファンなので、左に転向したとか何とか騒いでいる世間ほど気にしていません。例えばよしりんはAKB48ヲタだった事で有名なように、聞く音楽のセンスなんてクッソださいのはそれ以前のゴー宣を読んでいても分かっていましたが、でもそれって漫画作品の良し悪しと関係ないですよね。
そしてこれが言いたくて今夜はブログを書いているのですが、政治的な主義主張みたいな所での批判は関係ない…とは、でも社会風刺とか思想の漫画を描いているので言えないか。ただし私は、よしりんはギャグ漫画家として日本の漫画史上有数の天才だと思っているから好きなんであってね、ゴー宣しか読んでない奴とは違うんですよ。
そうだ、何か思想が合わない人物が力を持っているのが悔しいのか、よく小林よしのりは本業の漫画がつまらないとかほざいてる人が居ませんか?私にとってはそれが信じられなくて、え?「救世主ラッキョウ」とかメッチャ面白くなかったですかとか聞いても、読んでないんですよね。なら「格闘お遊戯」でも「風雲わなげ野郎」でも、何でも良いけど1980年代の面白すぎるギャグ漫画の話をしても読んでいる者がいない!ことによると「いろはにほう作」も、それどころか「東大一直線」「おぼっちゃまくん」さえ名前を知っているだけの奴がそう言いますからね。
いや、いいんですよ一応はメジャー誌で連載していたとはいえ大ヒットしたわけではない作品の話をしてもマニアックかもしれない。私のように好きな漫画家だと思ったら全作品を読みたくなる性格ではない方も多いでしょう。でも突っ込まれたらすぐにボロが出るような批判をしていると、結局誰にも信じられないでしょう。そんなわけで、今度よしりん作品を批判する方は「世紀末研究所」とか読んでからにするように!ふふ、きっとこれでよしりんのギャグ漫画にはまって世界が変わるのだから…そしたらうちの秘密結社で、ケチ付けるのじゃなく面白さについて語りましょう。
あ、もっとも私はよしりん作品には10代の頃にメチャクチャはまっていたので、他の人はおじさんになった現在初めて読んだってギャグの面白さが分からず愛読者にはならないかもしれませんね。あと自分は「東大一直線」だと産まれる前にスタートした作品なので後追いで古本屋で探したのだし、ずっと後の「おぼっちゃまくん」が小学低学年で直撃世代(アニメだと私よりもうちょい下の世代でした)なので、よしりんファンとしては古参ではないのです。が、大人向けのゴー宣が始まったのが幼すぎはしない高校生くらいで、それからずっと読んでいるのだからちょうどよい世代だったのかもしれませんね。

そのよしりんが、木陰で立憲民主党代表・枝野幸男と握手しています。
rikken-minshu9.jpg

さてここは新宿、この東京都第1区の立憲民主党・立候補者が、海江田万里です。すみません、うちの選挙区じゃないのに演説を拝聴させてもらって。しかも何も耳に残っていません。
rikken-minshu6.jpg

枝野幸男も登壇。
rikken-minshu11.jpg

そして、よしりんの前に応援弁士として登場したのが、一水会の元顧問・鈴木邦男。色々な所でよく見る人物ですが、この新右翼の大物がサヨク・立憲民主党の街頭演説に登場するのだからね…右とか左とかよく分からなくなってきています。
rikken-minshu8.jpg
rikken-minshu7.jpg

私はよく自分を楽しませてくれた漫画家さまを偶像視するので、↑で書いたようなわけでよしりんは神様ですよね。しかも生よしりんは、ずっと前にゴー宣道場に行ってみた時以来で数年ぶり。
rikken-minshu14.jpg
rikken-minshu12.jpg
rikken-minshu13.jpg

結局の所よしりんも訴えていましたが、安倍政権というのが『保守じゃない』んですよね。つまり、そもそも自民党とか安倍のエセ保守具合がウソだらけなのであって、よしりんは転向したわけでもないのだと。近年のよしりんのブログとかも読んでいれば分かるように、いつも通り安倍憎しで厳しく批判しまくりますけどね、安倍は保守なんかではなく単なる対米追従勢力だというわけですね。
あとはここに来た目的、立憲民主党を支持するようにというのが…難しいけど、1度だけよしりんに乗っかって投票してみるのも有りか?いやでも、そうゆうのが良くないんですよね。
rikken-minshu15.jpgrikken-minshu16.jpg

最後に確認事項の結果ですが、よしりんは演説もメチャクチャ上手い!まぁ、内容には賛同出来ない部分も目立ちましたが、演説として上手いんですよ。多分今までやった事なかったと思いますが、ジェスチャーも含めかなり練習もしてきている感じでしたね。今後、こちらの方面でも活躍していくのでしょうか。
rikken-minshu17.jpg


真面目に考えて欲しい、自衛隊の命を。むげに死なすな。そういうことなんですよ。
だからわしはね、今回残念ながら本当に政権交代にはならん、これは。小池百合子と前原誠司は、腹を切れ! それしかないぞ。これはちょっと枝野さんには言えんことだからね、わしが言うよ。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/15(日) 23:59:49|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊漫画ガロ(156) 松本充代 8 「潜む声、鏡の中の遺書、その他の短編」

今夜の松本充代作品は、「潜む声、鏡の中の遺書、その他の短編」(アスペクト刊)。
MATSUMOTO-hisomukoe.jpg

月刊漫画ガロ(青林堂刊)の作家としてのイメージが強い松本充代先生も、実は1990年代に入るとあまりガロでは描かなくなったのですが、そのガロが青林堂の創業者で初代編集長。そして名物だった長井勝一氏の死後しばらくしてからですが編集部の内紛とかあって1997年に休刊しました。そこで古巣のピンチを憂いたのでしょうか…翌年に復刊が決まった時、松本先生は久々に、しかも巻頭でガロ誌上に登場したのです。この辺りはリアルタイムでガロ読者だった私はもちろん覚えていますが、嬉しかったですね。
これをきっかけに松本先生はちゃんとガロ作家として復活し、その後も描き続けますが...1998年中にまたも休刊。この単行本には、その1998年というガロ激動の年に掲載された作品が7編収録されています。解説は、その時代の編集長だった長戸雅之。

最初の復刊時の作品が『潜む声』で、前中後編の3話で発表されました。これが歪んだ母と娘の呪縛関係を描いた傑作でした。
しかしそれより、当時の私が度肝を抜かれたのは次の『鏡の中の遺書』、前後編の2話モノ。女子中学生のヒエラルキーとかイジメ問題なんかも描いた青春漫画ですが、主人公はデブと美人の女子2人組。親友の彼女らですが、あるきっかけから仲たがいして…ああ、勿体無いから書かずにおきますが、正に衝撃のラスト。これは凄い!
次の『世界の中の一人 全体の自分』が、同じ女子の小学生時代を描いた作品。
次の『過ぎし日 積みし日』は、同窓会を題材に女の友人関係と自己顕示欲なんかを描いています。
最後の『Weed of the Shallows ウィード オブ ザ シャロウズ』だけピンクパンチ!Skip2(宙出版刊)が初出で、これも良かったですね…エンコーを繰り返す女子高生が汚れた身体を清めるある手段とは!?

根底は同じとはいえ、もう初期の松本充代作品のようにモノローグ形式で進む暗い作風ではなくなり、毒はあるけどすっかり読みやすいストーリー漫画になっています。この傑作…繰り返しになりますが、もっと広く多くの方に読んでもらいたいですね。


母が"いけない"と言うものは 全ていけなかった
母が"良し"とするものだけが 私に許された自由だった



  1. 2017/10/14(土) 23:00:39|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊漫画ガロ(155) 松本充代 7 「DROP BY DROP」

今夜の松本充代作品は、「DROP BY DROP」(アスペクト刊)。
MATSUMOTO-drop-by-drop.jpg

1982年のデビュー以来...あれだけ月刊漫画ガロに描き続けていた松本充代先生ですが、10年間で一区切りにしたのでしょうか、1992年以降はガロに描かなくなっていました。
それから数年経ち、1995年に創刊された月刊コミックビームで頻繁に作品を描くようになったのですが、本作も1996年にコミックビームで連載されたもの。9回に渡って続き単行本1冊分の独立したストーリー物にまとめられた、これは松本充代作品としては最長ですね。単行本の前書き・村上知彦。

既刊単行本で見ると、今まで紹介してきた作品と本作の間に「一緒に産もうよ」(宙出版刊)があるのですが、これが子育て漫画なので…すみません、紹介はちょっと飛ばしますが、つまり「DROP BY DROP」は著者8冊目の単行本になります。
あ、もっと言えば1980年代に末吉はるみ原作・といさちこ共同執筆による「家庭料理の達人」「ひとり暮らしの達人」(共に光文社刊)という2冊のハウツー漫画も出しているのですが、こちらは今までノーカウントとしてきました…ちゃんとこれらもカウントするならば、「DROP BY DROP」は記念すべき10冊目の単行本か。

登場人物が世間や人を見つめながら独白する、つまりガロで描いてた多くの作品が持つスタイルは封印して、本作は一般向けの読みやすいストーリー漫画です。もちろん松本作品が持つ毒は残っているので、なかなか刺激的な。
帯文にはでっかく『デートクラブ・J禁・処女売り・リンチ・チョコ・夏コミ・近親相姦・自殺・ファミクラ・バンブー』とありますが、当時のティーンのリアルをダークサイドも含めて描いた、といった所でしょうか。

表紙の3人、祥子・ルミ・タカシ。それぞれ同じ世界にいる彼らの日常を目線(主人公)を入れ替えながら物語は進みます。
女子高校生の谷口祥子はクラスの女子達とだんだん合わなくなってきている事を感じながら、だるい日々を送っていましたが…たまたま出会ったルミ(本名は大河内京子)はデートクラブで高校生売春とかしている女で、彼女と関わる事で毎日が変わっていく。

いわゆるガロ系の漫画を描いていながらも絵柄や内容にポップなセンスを持っていた松本充代先生が、↑の帯文にあるようなタブーとか織り交ぜながら一般向けストーリー漫画を描いたらどうなるか…もちろん十八番である人間観察を織り交ぜて進むそれは、傑作になるしかないでしょう。読んで楽しみつつも時に傷ついちゃったりもしながら、しっかり完結する松本先生の長編。これはもっと世間で注目されて良いのではないか、もっとたくさん描いてもらうわけにはいかないのだろうかと思いますね。


でも それで いいんだと 思う
私には無理に 道をはずす 理由もないから



  1. 2017/10/10(火) 23:00:16|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊漫画ガロ(154) 松本充代 6 「私に足りないもの」

今夜の松本充代作品は、「私に足りないもの」(河出書房新社刊)。
MATSUMOTO-watashinitarinaimono.jpg

1992年に刊行された著者6冊目の単行本は、初めて青林堂ではなく河出書房新社の、カワデパーソナルコミックスから上梓されました。このレーベルも、ガロ系の方々がよく出していましたね。ちなみにこの本、デザインは久住昌之先生。
松本充代先生も実はガロ以外の雑誌、それも商業誌でもけっこう描いていて、初出時期は1980年代の後半~の作品11編が収録されています。

フルカラーの表題作に続いてもう1つ女子目線の恋愛モノ、それに続く『一生に一度』が秀逸。15歳の少年が童貞を捨てる初体験の様子を丁寧に描いていてエロさも良いのですが、慣れてないのでコンドームがダメになっちゃったけどできちゃったら結婚すればいいんだと生で挿入して…でも射精後は急激に気持ちが冷める。松本先生が得意な人間心理の冷めた部分を描いただけといえばそうなのですが、この男性側の視点を女性漫画家が描けるんだから凄い。
次の『ボクラノコドウ』は、今度は13歳の少年を観察し…初めてオナニーする様子が描かれました。

松本作品ではバンドとか音楽の話がけっこう出てきますが、『日常の一点』はBUCK-TICK好きな普通の女子学生の的場さとみが、10歳上のいとこでフォトグラファーのユキちゃんに前衛的なライヴに連れて行かれて、メインのノイズバンドで気分が悪くなって...というのが出だし。まぁ表シーン以外に、実はより面白い物がある事を教えてもらうわけですが、その道に入って行くかどうかはさとみ次第。
「ダリヤ・ダリヤ」に収録されていたシゲのシリーズの女子版みたいなものか。部屋にはやはりユキちゃんからもらった昔のバンドのテープが並んでいて、それを見るとグンジョーガクレヨン、フリクション、非常階段、紅蜥蜴、ZELDA、マリア023/ノン・バンド、LIZARD、G.I.S.M.、Phew、財団法人じゃがたら、INU、P-MODEL、オート・モッド/ジュネ…等々。その他、伝説的なイベント"天国注射の昼"などライヴ録音モノもあるみたいなので、私が聴かせてもらいだいですよ!
と、ここら辺は80年代のインディーズシーンが好きな方でないと興味ない所かと思いますが、主題はそこじゃなくて学校の日常と正反対のアンダーグラウンドな大人の世界を垣間見た少女の気持ちを描いているわけです。
本作で出てきた久波殿男というイケメンが、次の『BIG GUN』では主人公になって続きます。

巻末のあとがきにアシスタント・おにぎりケロヨン、そして旅の途中でつかまえた旅人・ピー万太郎により、松本充代先生を描いた1ページ漫画が収録されているのですが、先生がどんな方なのか知りたいファンにとってはこういうの嬉しいですね。


さっき僕の中で 無意識に破裂したものが
今度は僕の意志で 僕の手の中で破裂した
ハァ……オナニーだ…



  1. 2017/10/08(日) 23:00:54|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊漫画ガロ(153) 松本充代 5 「ダリヤ・ダリヤ」

今夜の松本充代作品は、「ダリヤ・ダリヤ」(青林堂刊)。
MATSUMOTO-dariya-dariya.jpg

松本充代先生の単行本発行順で見ると、「お・あ・い・そ」「健康不良の学生」「記憶のたまご」「青のマーブル」、全て青林堂刊でここまでが1980年代に上梓された作品になります。
今回の「ダリヤ・ダリヤ」は5冊目の単行本になり、1990年の発行。これまでと同様に初出のほぼ全部が月刊漫画ガロで、1988年~1990年までに描かれた作品が13編収録されています。1編だけが、1985年のアサヒグラフが初出。

松本先生は自身の作風を大事に守る方なので、少年・少女~思春期の心や身体が変化する事への悩みを描きながら人間観察...内容の傾向はやっぱり基本的に同じですが、さすがに初期作品より熟練しているし内容の幅が広がっています。
特にこの時期で特筆すべきは連作が増えている事で、短編ばかりの形はしていますが実質的には繋がっている話・登場人物の作品がいくつかあります。飛び飛びで収録されているそのシリーズ物は、女性の心理を描き続けてきた松本作品には珍しく少年が主人公であり、彼の目線で描かれています。

『暗い夜に近くなる』で夜の空を飛び回る...ピーター・パンみたいな話、それは実は初めて夢精した夜を描いたものでした。この時の少年が『乳白色の水』...って夢精して出るアレを表す生々しいタイトルですが、ここで再登場して名前はシゲである事が分かりました。彼の小学校高学年の日常と好きな子が秋田智世である事、そしてオナニーを覚えるあたりが描かれます。
次は好きな子の名前をそのままタイトルにした『秋田智世』で、彼女の事を少し詳しく説明。MILK BOYのトレーナーを着ていますが、シゲにはちょっとおデブの姉・頼子がいてその姉も智世と同じトレーナーを着ていた事に嫌悪感を覚える。で、智世ちゃんでオナニーしたら罪悪感も覚えるまで。あと、シゲの本名が重光なのだと分かりました。
その後の『赤い日』では女子には生理があって月経の血を流す事を知った少年の衝撃...そう、日常的な事ではありますが少年にとっては衝撃の事実ですよね。姉がトイレに残した血を見ちゃったり。
『僕の声』では変声期を迎えて嫌になっているシゲ、自分の姉がデブである事を恥じてもいましたが、この連作の最終話となる『12歳』では姉が高女(県立高崎女子高校)に合格しています。この高校は群馬県に実在しているみたいですね。お祝いムードの家族の中で、姉に対して
『やなんだよ おまえのブスが!! カオ、でかいし ニキビ、多いし 足太くて デブだし』
とか…ひどいけど、こういう気持ちはあるものでしょう。

それはともかく、そうですシゲが住んでいるのは群馬県高崎市。
あとシゲがいつも遊びに行っている隣の家の透ニィはロック・バンドをやっていて色々と教えてくれるのですが、という事は…そう、BUCK-TICKが地元バンドという事で話題に挙がっています。BUCK-TICKは他の作品でも出ていたし、作者の松本充代先生自身がファンなのかな。あと松本先生は八丈島の出身ですが、高崎はおばあちゃんちがある土地みたいです。
透ニィ自身のバンドについても『12歳』でついに触れられますが、ポジパンをやってるそうです。ええ…ポジティブパンク(POSITIVE PUNK)ですよ!ポジパンという言葉自体がリアルタイム世代以外だとあまり知っている人すらいませんね。まぁ1980年代のニュー・ウェイヴの中で産まれて消えた1つの波ですが、一応はゴシック・ロック(ゴス)の形で残ってはいます。私はちょっと後追い世代ながらたまたま若い頃にこの手の物が大好きで色々と買ってきましたが、普通に現在のゴスとかゴシック・メタルなんかを聴いちゃっている方には音自体はつまらなく感じる物が多いと思います。
ただ暗く呪術的な雰囲気・風貌やシアトリカルな演出などは今見てもカッコいいし、見た目だけはヴィジュアル系のルーツかもしれませんが中身が全然違う。"ポジティヴ・パンク御三家"なんて呼ばれたザ・ダンス・ソサエティー(The Danse Society)、セックス・ギャング・チルドレン(Sex Gang Children)、サザン・デス・カルト(Southern Death Cult)とか知っていますか!?
私はイングランドのザ・シスターズ・オブ・マーシー(The Sisters of Mercy)とか、バンド名からしてカッコ良過ぎるアメリカのクリスチャン・デス(Christian Death)とか好きでやたらと作品数が多いのもレコ屋を回りまくって次々探していた思い出があります。
他にもゴシック系のバンド話になると長くなりますが...おっと、松本充代先生の本作では透ニィがポジパンやってるというだけで海外のポジパンにまでは触れられていません。そこで日本のバンドに目を向けると、もちろん当時は日本にもポジティヴ・パンクのバンドはいました。ゴシック系といえば今でも充分に通じると思いますが、ジュネ率いるオート・モッド(AUTO-MOD)が有名。あとはYBO2の北村昌士が運営したレーベル、TRANS RECORDS(トランスレコード)→SSE COMMUNICATIONSで作品をリリースしていたバンドの数々…Z.O.A、SODOM、 黒百合姉妹、割礼、ASYLUM等々の音源は私も随分集めたものですが、これまた北村昌士が初代編集長を務めた音楽雑誌のFOOL'S MATE、あれの判型がA4判だった初期の物を古本屋で買い集めて情報を得ていました。ちなみにトランス、SSEレーベルはあのボアダムス、ルインズ、電気グルーヴなんかもリリースしてるし、トランスギャルと呼ばれた黒服の女性ファン達も伝説みたいになっていますね。トランスギャルの話は、同じくインディーズレーベルで有名だったナゴムレコードの女性ファン達がナゴムギャルと呼ばれた事の対抗馬みたいな文脈で見るかな。ちなみにオーケン好きの私はナゴム派かと思われそうですが、大人の音楽好きの耳に視聴に耐えるバンドは、圧倒的にトランスレコードの方が多いと思います。

作中では透ニィがまだ12歳のシゲに昔聴いてたカセット音源をあげるのですが、それがP-MODEL、財団法人じゃがたら(暗黒大陸じゃがたら、その他の名義で活動していました...つまりはJAGATARA、じゃがたらです)、グンジョーガクレヨン、ミスター・カイト、マダム・エドワルダ等。日本のちょっとマニアックなバンド名が登場していますが、でもこの当時の事でもあるし初出誌のガロ読者にとっては当然の共有知識だったのかも。
そういえばポジパンやってた人達が、1990年代以降に大流行したビジュアル系とかどんな気持ちで見ていたのか気になりますが、『12歳』が描かれたのはまだそれらが出始めだった1990年…あのヴィジュアル系専門の雑誌SHOXXが創刊された年ですが、当時のポジパンからの認識を透ニィが代弁していて、曰く
『しかしさー 化粧バンドとか 美形バンドとか いったいなんなんだよなー
 デランジェだのソフトバレエだのバイセクシャルだの 何者だよまったく
 アイドル化してどーするんだよな 所詮日本の芸能界だな』

だそうで、もちろん否定的な意味で語られていますが、この時既に中学生だった私にとってはここら辺の3バンドは実際に売れていた事を覚えているし…全て買った事もあるバンドです。はい、お恥ずかしい限りです。

このシゲが出てくるシリーズはとにかく思春期直前の少年が揺れ動く様を描いた傑作。
音楽の話に飛び火してしまったついでで言うと、この単行本に収録されている単独作品『安城君へよせる想い』では、BO GUMBOSのどんとが大きくフィーチャーされています。
もちろんこれだけでなく、他も安定の良さ、松本充代節を楽しめる傑作集なのです。
巻末の解説は村上和彦、そして著者による活字エッセイ『むかし』が、そして散文詩だか夢日記みたいな形ですが著者の過去を描いた貴重なエッセイが収録されています。


今までの くやしい気持ちが
晴れてゆく
嬉しくて 笑いが止まらない



  1. 2017/10/06(金) 23:00:56|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する