大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(223) 鹿児島県奄美市 5 大島郡龍郷町 2 瀬戸内町 7

この地はブログ始める前から行っているから、もう何度目でしょうか…東シナ海に囲まれた奄美大島、そしてこれもいつものコースですが島を南下して離島にも行ってきました。

まずは鹿児島県奄美市の奄美空港へ到着。
amamiooshima416.jpg
amamiooshima420.jpg

ここは到着ロビーと待ち合いスペースとの間、仕切りに水槽がありますね。
amamiooshima418.jpg
amamiooshima419.jpg

そしてその中に、でっかい海老がいるのです。
amamiooshima417.jpg
amamiooshima663.jpg
amamiooshima664.jpg

待ち合いスペース側から、水槽。
amamiooshima421.jpg

奄美空港で食事しようと思うと、まず1階に"ゆてぃもーれテラス"という鶏飯ラーメンを出している店がありますが、
amamiooshima665.jpg

しかし、この空港にはゆっくり呑める店で郷土料理を出す所がない。そんでまた、こんな遠くまで来てファミレスですよ…"ジョイフルジュニア"の奄美空港店へ。
amamiooshima666.jpg

まずオリオンビール、缶ビールで出てきました。
amamiooshima667.jpg

あとは黒糖焼酎をロックにて。
amamiooshima668.jpg

つまみは若鶏の唐揚げ、
amamiooshima669.jpg

チーズたっぷりベーコンピザ。
amamiooshima670.jpg

空港を出て、
amamiooshima422.jpg

県道601号線を走るとすぐ近くです、"原ハブ屋奄美"に立ち寄りました。
amamiooshima653.jpg
amamiooshima654.jpg

『ハブと愛まショー』という見世物もやっている所ですが、開始時間が限られるので今回はショップとハブの標本のみを見て回りました。
amamiooshima657.jpg
amamiooshima658.jpg
amamiooshima659.jpg
amamiooshima660.jpg

鎌首の具合がカッコいいぞ…
amamiooshima661.jpg

鎌首という言葉で思い出して、パンテラ(Pantera)の「鎌首」(The Great Southern Trendkill)を引っ張り出してきました。私は今、久々に聴きながらこれを書いていますが…発売当時に買っていたこのアルバムが昨年、発売20周年記念エディションで再発された時は衝撃でした。あれからもう20年も経ったなんて信じられなくて!
PANTERA-the-great-southern-trendkill.jpg

ハブ皮を買って出ました。
amamiooshima662.jpg

それにしても今回、南国に来ておいて残念な事に天気が悪い。
amamiooshima655.jpg
amamiooshima656.jpg


そのまま島を南下し、まずは大島郡龍郷町に立ち寄り。農園直営のジェラテリア、"ラ フォンテ"(La Fonte)で一休みです。
amamiooshima676.jpg
amamiooshima677.jpg
amamiooshima423.jpg
amamiooshima424.jpg
amamiooshima425.jpg

テラス席へ。
amamiooshima426.jpg
amamiooshima427.jpg

ビールもコロナだけだったかは一応置いていましたが、ここでは控えてペリエ、
amamiooshima428.jpg

コーヒー、カプチーノ。
amamiooshima429.jpg
amamiooshima430.jpg

ジェラートも何種類か頂きました。
amamiooshima431.jpg
amamiooshima432.jpg

というか私がジェラートなど食べるわけもないので、正確には子供が食べるのを見守ったのです。
amamiooshima433.jpgamamiooshima434.jpg

同町には、総合スーパー"ビッグⅡ"もあります。
amamiooshima643.jpg

ここでは黒糖焼酎を仕入れて、島から帰ってから呑むために発送しましたが、当地ですぐに呑むための酒は田中一村の絵をラベルに使用している里の曙 奄美の杜。
amamiooshima675.jpg

店内には奄美特産コーナーもあるし、
amamiooshima644.jpg

沖縄の、ブルーシールアイスクリームもあります。
amamiooshima645.jpg

あとは私が西に行くと必ず買う、日清『どん兵衛』の西日本版ですね。
amamiooshima682.jpg

珍しいトリさんが放し飼いされているけど、客は気にもせず通り過ぎて行くから、ここでは普通の光景なのか。
amamiooshima652.jpg
amamiooshima646.jpg
amamiooshima647.jpg
amamiooshima648.jpg

私は実家でずっとチャボを飼ってたし、実はトリさんも好きなんです。
amamiooshima649.jpg
amamiooshima650.jpg
amamiooshima651.jpg

ここでだけではないのですが、入手した土産を見て行くと…
島竹の子 キムチ漬、
amamiooshima672.jpg

奄美のキムチ各種、
amamiooshima674.jpg

奄美カレー、
amamiooshima673.jpg

あとは与論島の黄金酢とか。
amamiooshima671.jpg

また奄美市ですが、市街地の名瀬末広町まで来て..."奄美ハートマーケット"
amamiooshima435.jpg
amamiooshima436.jpg

ここは、まず1Fが子供服と雑貨のお店。
amamiooshima437.jpg
amamiooshima438.jpgamamiooshima439.jpg

あれ、騒いでた子供達の声がピタッと止んだので見てみたら、立像のように大人しくなって画面に釘付けになっている。店内でアメリカの短編アニメーション映画でトムジェリこと「トムとジェリー」(Tom and Jerry)をかけているのか。私が子供の頃に既に大昔のアニメとして観ていた作品ですが、今の子も熱中しています。
amamiooshima440.jpg
amamiooshima441.jpgamamiooshima442.jpg

で、ここは2Fがリースマンションになっておりまして、たった1泊ですが宿として利用させて頂きました。
amamiooshima443.jpgamamiooshima444.jpg

泊まれまるのは、2組。
amamiooshima468.jpg
amamiooshima445.jpgamamiooshima447.jpg

中はどこもかしこも可愛い。雑貨屋もやっているくらいだから、趣味で集めているのを置いているのでしょうね。
amamiooshima448.jpg
amamiooshima449.jpg
amamiooshima450.jpg
amamiooshima451.jpg
amamiooshima452.jpg

カーズ(柱の男じゃない方)の本を読んで、
amamiooshima466.jpg
amamiooshima467.jpg
amamiooshima453.jpg

土産に持ってったカラフルねんどで遊んでもらって、
amamiooshima463.jpg
amamiooshima537.jpg
amamiooshima465.jpg
amamiooshima464.jpg

おやつにトウモロコシ食べて、
amamiooshima461.jpgamamiooshima462.jpg

夕食に出かけましょう。
amamiooshima446.jpg

当地に来たら毎回行く、定番の居酒屋が"一村"
amamiooshima474.jpg
amamiooshima473.jpg

Bienvenu、この店はフランス語で招いてくれるわけですが…
amamiooshima475.jpg

店内はこう、
amamiooshima477.jpg

特にフランス要素はなくて、ゴチャゴチャと飾り付けられているのです。私にはシンプルな空間より、この方が落ち着く。
amamiooshima492.jpg
amamiooshima476.jpg
amamiooshima478.jpg
amamiooshima479.jpg
amamiooshima480.jpg
amamiooshima488.jpg

店を訪れた有名人のサイン色紙が飾ってありますが、ザ・スターリンの遠藤ミチロウさま、
amamiooshima481.jpg

美川憲一さま、
amamiooshima482.jpg

この方は「星占い 女ごころをうたう」という作品で上村一夫ジャケを採用している事を知ってからは尊敬する歌手になりました。
MIKAWA-horoscope.jpg

新しい所ではちょうど来月、奄美を舞台とした映画「海辺の生と死」が公開される素晴らしい女優の満島ひかり。奄美が自身のルーツでもあるそうですね。
amamiooshima483.jpg

さてお酒は、奄美黒糖焼酎 じょうごをボトルで貰って...
amamiooshima484.jpgamamiooshima485.jpg
amamiooshima486.jpg

これは子供の飲み物。
amamiooshima493.jpg
amamiooshima487.jpg

ええ、子供たちも喜んでいます。
amamiooshima489.jpgamamiooshima490.jpg
amamiooshima491.jpg

これがお通し、
amamiooshima494.jpg

頂いたつまみは、もずくの酢の物、
amamiooshima495.jpg

地魚刺身盛、
amamiooshima496.jpg

豚足煮、
amamiooshima497.jpg

タコマリネ、
amamiooshima498.jpg

シメサバ、
amamiooshima499.jpg

油ソーメン、
amamiooshima500.jpg

鰻のさねん蒸し、店の名物です。
amamiooshima501.jpg
amamiooshima502.jpg

他にもうちょっと頼んでたかな。
amamiooshima503.jpg
amamiooshima504.jpgamamiooshima505.jpg

そのうち、焼酎で使っていた氷に興味を持ち出しました。
amamiooshima506.jpg
amamiooshima507.jpg

わーキレイー、水晶みたい!と、ただの氷に感動出来る感性は見習いたいものです。
amamiooshima508.jpg
amamiooshima509.jpg
amamiooshima510.jpg

宿に帰ったらお風呂に入って、
amamiooshima456.jpg

寝る時間です。
amamiooshima454.jpg
amamiooshima455.jpg

布団もこんなに可愛いのですか。こりゃ、おっさんだけで来てたら恥ずかしいですね。
amamiooshima457.jpg
amamiooshima458.jpg
amamiooshima459.jpg
amamiooshima460.jpg

宿のベランダから見えた"郷土料理かずみ"は島唄を聞きながら島料理を食べられる有名店みたいでした。
amamiooshima472.jpg

持ち込んでた酒が底をついたので、夜中に部屋を出て1人で出歩いてみました。
amamiooshima469.jpg

↑の天井は、こう。
amamiooshima470.jpg

げ、この商店街の入口に『奄美の自然と憲法九条は世界の宝!』ですって。狂ってる…奄美まで来てゲンナリしました。
amamiooshima471.jpg
いや、九条教という名の宗教を崇める彼らも疑う事を知らない良い人であるのかもしれませんが、自分の子供とか含む国民を守るのに何が必要か考えられなくなっているのでしょうか。現行の日本国憲法は誰がどんな目的で作ったかとか、こんなにインターネットが普及してもちぃとも調べてみようとすら思わず、疑う事自体も罪悪。否定意見に一切耳を貸さないのも九条教信者の特徴だ。

お、カフェ&バー の"麗王洞瑠"(レオドール)も健在ですね。
amamiooshima522.jpgamamiooshima523.jpg

"はるやま酒店"、
amamiooshima511.jpg
amamiooshima512.jpg
amamiooshima513.jpg

ハブ酒、迫力あるな~。
amamiooshima514.jpg

私は普通に奄美黒糖焼酎 まんこいを買い、宿で呑み直しましたけどね…
amamiooshima520.jpg

その前に近くの"焼鳥屋 てっちゃん"、看板のハブが立派な店で巳年の私としては嬉しい限りですが、
amamiooshima515.jpg
amamiooshima516.jpg

入店したら、『歌手のB'zが当店に来ました』とあります。松本孝弘と稲葉浩志、どっちも来たのかな。
amamiooshima517.jpg

わぁ、立派なハリセンボン!
amamiooshima680.jpg
amamiooshima679.jpg
harisenbon.jpg

ここでは、けいはんラーメンを頂きました。
amamiooshima518.jpg
amamiooshima519.jpg

そしてここで見つけたこの看板。ちょうど滞在していた翌日…あの3・11の地震から6年目の日に『名瀬なんてぃ あまみっけ。の日』というイベントがあって、奄美大島在住の元ちとせのライヴやると知って、翌日ちょっとだけ滞在時間を延ばして見て行く事にしました。
amamiooshima521.jpg

え、元ちとせって私が毛嫌いするJ-POPのアーティストなんじゃないのって?
いや、確かに私はヒットチャート入りしてるアイドルグループとかの音源だと無理すぎて、居酒屋とかで聞かざるをえない時にも耳が腐りそうだからとにかく無音にして欲しいと願う男。
しかし元ちとせ作品は、2001年のインディーズデビュー作でミニアルバムの「Hajime Chitose」から持っているんですよ。いやメジャーデビュー曲「ワダツミの木」がヒットして以降に知ったのですけどね、買った理由はあがた森魚さまの『冬のサナトリウム』をカヴァーした曲が収録されていたから。私はいまだに凄い数あるあがた森魚作品を買い続けているファンなので入手したのも当然と言えますが、そしたら元ちとせの同作は他にもジミヘンとかヴェルヴェッツの曲もカヴァーしてるしで、気に入ったのです。
HAJIME1.jpg

それから出たのがメジャーの2ndアルバムで2003年の「ノマド・ソウル」にて、今度はあがた森魚さまがA児という名義で歌ってたニュー・ ウェイヴ・バンドのヴァージンVS時代の名曲『百合コレクション』までカヴァーしているのだからたまりません。もちろん購入しています。
HAJIME2.jpg

まぁそれから長居年月が経って忘れた頃にですよ、一昨年の2015年に元ちとせがカヴァーアルバムを出したのですね。タイトルは「平和元年」で、出ました...あがた森魚さまの『最后のダンスステップ』が入っている!というわけで購入。
HAJIME3.jpg

ここまででも充分凄いのですが、あくまであがた森魚コレクションの一環として買っているだけでした。
でもこれは驚いた…「平和元年」と同年の2015年ですが、台湾のブラックメタル・バンドであるソニック (ChthoniC、閃靈樂團)が、ソニック自身の名曲をアコースティックにアレンジしたアルバム「Timeless Sentence」というのを出したのですが、このアルバムで元ちとせがゲストボーカルとして参加しているんですよ。しかも、台湾語で!ちなみに本作でもう一人参加している日本人は、昭和天皇!(玉音放送の音声が使われています)
元よりフォークメタルっぽい部分もあるバンドだったので、これは有りでしたよ。元ちとせが参加した『Defenders of Bu-Tik Palace』も、凄い傑作に仕上がっていました。
CHTHONIC-timeless-sentence.jpg

ついでにちょっとソニックに触れますが、もはやベテランだし世界的な評価も得ていて台湾を代表するバンドでしょう。これがメタルの事なので私はデビュー当時から聴いますが、当時は台湾のブラックメタルなんて聴いた事なかったので辺境バンド扱いで手を出したのでした。その音は当時だとブラックメタルで一番成功していたイギリスのクレイドル・オブ・フィルス(CRADLE OF FILTH)フォロワーという印象で、台湾語なのが面白いってくらいでした。それがどんどん実力を付けて日本盤も出るようになり、あと我々は言葉が分からないものの政治思想を強くアピールしているバンドだという事も分かってきました。
どういう経緯があったのか知りませんが、こんな凄いバンドに関わった元ちとせ。今後はJ-POPなんか止めて、ヘヴィ・メタル方面に本格進出してくれませんかね。奄美民謡で培った歌唱力を、メタルで発揮すれば歌姫になる事間違いなし!一口にメタルと言っても、これだけ色々出てくる幅広いジャンルも珍しいですからね。もう一青窈だとか鬼束ちひろ辺りと間違えられる事もなくなります。
確かに今の日本ではメタルが売れていない。万人規模の観客を動因出来るメタル・バンドはX JAPANくらいでしょう。次点が、もしかしてメタルの名を騙るアイドルグループのBABYMETAL(ベビーメタル)になっちゃうのか?ヤバイ…そんな情況を救うためにも是非、既に知名度の高い元ちとせをメタル界に誘致して盛り上げましょう。

で、観光交流センター、奄美市AiAiひろばへ。
amamiooshima565.jpg

奄美の特産品コーナー、
amamiooshima641.jpg

観光案内所を覗くと…
amamiooshima566.jpg
amamiooshima567.jpg

こいつ、カッパみたいですがこの地に居るという事はケンムンですね。隣に大島紬模様のテディーベアがいるのはみっけちゃん。
amamiooshima642.jpg

屋上に遊技場があり、
amamiooshima572.jpg
amamiooshima571.jpg
amamiooshima573.jpg
amamiooshima574.jpg

そしてここが『名瀬なんてぃ あまみっけ。の日』で元ちとせさまのライヴが行なわれる会場ですね。入場料無料!
amamiooshima568.jpg
amamiooshima569.jpg
amamiooshima570.jpg

これがチラシ。
amamiooshima681.jpg

司会があまみエフエムの渡陽子さんでしたが、この人は奄美島口が達者だしいい感じでした~。
amamiooshima575.jpg

このイベントを主催している『あまみっけ。』とは何か。それはこの。奄美大島を舞台にしたパペットアニメーション動画で観てみましょう。ここでの島口を努めているのも、元ちとせ。凄いな~、こんな言葉が使われているんですね。


出演はサイモン&ガーリック、
amamiooshima576.jpg

あやまる会、これは地元の子供達による島唄ですね。奄美シマ唄の、あの喉を裏返りすような歌唱法で頑張っていました。
amamiooshima577.jpg
amamiooshima578.jpg
amamiooshima579.jpg

偉い人の挨拶とかも色々あって前座で1時間半も経ってから、ようやく来ました...ソニック (ChthoniC、閃靈樂團)のアルバムにも参加している元ちとせ!直前が子供達の島唄だったので、歌唱力の違いが際立ちすぎますね。
amamiooshima581.jpg
amamiooshima580.jpg
amamiooshima582.jpg

バックは鍵盤だけのシンプルな編成で、あがた森魚曲もソニック曲もやりませんでしたが、「ワダツミの木」等々であの声を生で聴けた事に感動。外見も元々美貌でしたが、ちょっとぽっちゃりしてますます私好みの女性に!
amamiooshima583.jpg

アンコール!
繰り返しになりますが、もう貴女もソニックのアルバム参加で華々しくメタル界入りしたのだから、早くJ-POPへの未練を断ち切って今後はヘヴィ・メタルの歌姫として攻めて欲しい。
amamiooshima584.jpg
amamiooshima585.jpg

さて、この日の朝飯は港の方へ行ったのでした。
amamiooshima524.jpg
amamiooshima525.jpg

名瀬港湾センターです。
amamiooshima526.jpg
amamiooshima527.jpg
amamiooshima528.jpg

ここは朝からやっているとの事で行ったのですが、食べられるのは和食の『朝食』もしくは洋食の『モーニング』。特に港の魚とかは出していないのか...
amamiooshima529.jpg
amamiooshima530.jpg
amamiooshima531.jpg

あ、犬の声がした~、というわけで愛犬家の私は探しに行って小屋も見つけたのですが、ここのワンちゃんはこれ以上出てきてくれなかったので遠くから挨拶するに留まりました。
amamiooshima532.jpg

あとはこの周辺だけウロウロしてみました。
amamiooshima535.jpg
amamiooshima536.jpg
amamiooshima533.jpg
amamiooshima534.jpg

そういえば当地には地元コンビニで"エブリワン"ってのが多くありましたが、全部ファミマになってました...まぁいいかとファミマのコーヒー飲んでましたが。
あと名瀬の市街地では、かつて栄えていた市場を再生させる動きが活発になっているそうです。隣接して永田橋市場と末広市場があり、
amamiooshima538.jpg
amamiooshima539.jpg

まず永田橋市場の方では…
amamiooshima540.jpg

入口にたこ焼き屋があったので、焼いてもらいました。
amamiooshima541.jpg
amamiooshima542.jpg
amamiooshima543.jpg
amamiooshima544.jpg
amamiooshima545.jpg
amamiooshima546.jpg
amamiooshima547.jpg
amamiooshima548.jpg
amamiooshima549.jpg

奥に進むと、魚市場としての機能がメインなんだと思いますが、
amamiooshima550.jpg
amamiooshima551.jpg

"自家焙煎珈琲 こん日和"というオシャレ珈琲店まであって良い匂いが漂ってました。
amamiooshima683.jpg

"新納精肉店"では、美味そうな肉を購入!私の好きな骨の周りの部位...おじちゃんはエラ肉って言ってました。
amamiooshima552.jpg
amamiooshima553.jpg
amamiooshima554.jpg
amamiooshima555.jpg

末広市場の方も同様に良い店がたくさん入っていて、ラジオの放送所までありました。
amamiooshima556.jpg

そのうち、入口に何やら鍋が用意されましたよ…
amamiooshima560.jpg
amamiooshima557.jpg

そう、ヤギ汁です!もちろん頂きました。
amamiooshima559.jpg
amamiooshima558.jpg
amamiooshima561.jpg
amamiooshima562.jpg

私の脳内でこの汁は、ストーンズの「山羊の頭のスープ」インナー写真のこれに変換しています。美味い!「ココ」で沖縄に行った時にヤギ刺なんかは食べたもののヤギ汁は飲めてなかったから、こりゃ嬉しいですね。
goats-head-soup.jpg

ところで奄美市のマンホール蓋は絵柄のが見つかっておらず、こんな耐スリップ模様しか…
amamiooshima563.jpg

あと、名瀬にはやたらと精肉店が多い印象でした。人口比でいったら東京よりはるかに多いと思いますが、そんなに肉が売れるんですかね。
amamiooshima635.jpg

カトリック 古田町マリア教会と、その前にゼローム神父の像。
amamiooshima684.jpg
amamiooshima685.jpg

はい、スギ様が来た時の写真が飾ってあるこの三味線屋さんとかも通り、
amamiooshima564.jpg

当地に住む秘密結社員の行きつけ定食屋だという、"こうりん亭"。当地の珍しい物や郷土料理とか1つも出してないし、地元民しか入らない感じの店かな。
amamiooshima636.jpg
amamiooshima637.jpg

ビール、
amamiooshima638.jpg

かつ丼、
amamiooshima640.jpg

和風チャンポン。
amamiooshima639.jpg

こちらは、"ミショランバー・ススムーチョ"(MISHOLAN BAR susuMUCHO)。
amamiooshima586.jpg
amamiooshima587.jpg
amamiooshima678.jpg

オシャレだな~。そしてあれだ、「ココ」で紹介した石川浩司さまらの『奄美にくびったけツアー』で名瀬ライヴの会場となった店ですね。
amamiooshima590.jpg
amamiooshima588.jpg
amamiooshima589.jpg

デヴィッド・ボウイ(DAVID BOWIE)のレコード、そして子供が描いた絵!
amamiooshima592.jpg
amamiooshima591.jpg

ビールを頂きながら、
amamiooshima593.jpg

つまみは洋食…
amamiooshima594.jpg

サーモンとグリル トマトソース、
amamiooshima595.jpg

ミートスパゲティ、
amamiooshima596.jpg

めんたいこのスパゲティ、
amamiooshima597.jpg

クリームブリュレ。
amamiooshima598.jpg

あとはさらに島を南下、
amamiooshima599.jpg
amamiooshima600.jpg
amamiooshima601.jpg
amamiooshima602.jpg
amamiooshima603.jpg

奄美にはマングローブ原生林があるのですが、その近くに"黒潮の森マングローブパーク"がありました。
amamiooshima633.jpg
amamiooshima634.jpg

そして、上記の元ちとせを生んだ土地でもある、大島郡瀬戸内町に到着。
amamiooshima604.jpg

ここの港には毎度必ず来ています。瀬戸内町はクロマグロ養殖日本一のまち、という事でこのマグロオブジェがあって、
amamiooshima607.jpg
amamiooshima606.jpg
amamiooshima617.jpg

せとうち海の駅で、
amamiooshima605.jpg

ねじめびわ茶を購入。
amamiooshima610.jpg
amamiooshima609.jpg

当地の養殖マグロをすぐに食べたければ、1Fに"海力"というレストランがあるので寄るといいと思います。
amamiooshima608.jpg

後日、帰路はレンタカーを借りて、同様にここから出発して逆戻りコースで島を北上する事になったのですが、空港まで行くとこの通り…島を最南端から最北端まで行く感じでけっこう距離があるのです。
amamiooshima632.jpg

それから古仁屋海上タクシーに乗船を申し込んで、
amamiooshima611.jpg

船で離島に渡ります。
amamiooshima612.jpg

今回はこれ、『とびうお3』に乗りました。
amamiooshima613.jpg
amamiooshima614.jpg
amamiooshima615.jpg
amamiooshima631.jpg

お、ここも死亡遊戯カラーだ。
amamiooshima618.jpg
amamiooshima619.jpg

出航です!
amamiooshima616.jpg
amamiooshima627.jpg

内部に入ると…
amamiooshima620.jpg
amamiooshima621.jpg
amamiooshima622.jpg

船尾の客席はこうですが、
amamiooshima623.jpg

こちらは景色が良く見える窓の椅子席。
amamiooshima624.jpg
amamiooshima625.jpg
amamiooshima626.jpg

ヨーソロー、ヨーソロー。
amamiooshima628.jpg
amamiooshima629.jpg

渡った先はいつもの加計呂麻島ですが、大した距離はないので子供のノートを見せてもらっていたらあっという間に着いてしまいました。そんなわけで、次回は加計呂麻島紀行です。
amamiooshima630.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/06/20(火) 23:59:01|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(77) 「切人がきた!!」

藤子不二雄作品から、今夜は「切人がきた!!」(集英社刊)です。
FUZIKO-kirito.jpg

二人の藤子不二雄のうち、今でいうでいう藤子不二雄Ⓐ先生側の作品。
前回の「ココ」で予告した通り、今回は「魔太郎がくる!!」の登場人物である『切人』を主人公にしたスピンオフ作品です。タイトルも「魔太郎がくる!!」に対して「切人がきた!!」なので期待できるのですが、実は表と裏の顔を持つ幼児・切人が出てくる以外に関連はないかな...
初出は1994年から1996年までのスーパージャンプ、とはいえ不定期連載だったので数は7話しかなくて単行本はジャンプ・コミックス デラックスで全1巻。

偉大なる藤子不二雄Ⓐ先生が描いてきた偉大なる魔太郎の歴史を見てみると、
・「魔太郎がくる!!」、1972年~1975年の週刊少年チャンピオン(秋田書店刊)
・「魔太郎が翔ぶ」、1981年のヤングマガジン(講談社刊)
・「切人がきた!!」、1994年~1996年のスーパージャンプ(集英社刊)
ですから、時代は1970年代~1990年代、しかも少年誌の主要3出版社で描いている事が分かりますね。あとは是非いつか4社目・小学館の雑誌でも続編とかスピンオフを…

で、今回の「切人がきた!!」では切人が出ていながら魔太郎と関連がない事を書きましたが、しかも苗字も阿部から須麻に変わっているんですよ。つまり今回主人公に抜擢された切人は、須麻切人。
母親の名前は出てきませんが、阿部姓でなければ阿部真理亜、つまりアベマリアにならないじゃないですかね。それでもキリストと聖母マリアの関係は変わらないか。切人のパパも本作では単身赴任しているとの事で登場は無し。しかし、その友人で切人の正体も知ってるらしい『足長おじさん』というのが出てきて、その権力・財力でサポートする事があります。
あと「魔太郎がくる!!」時代に3歳だったのが、今回は1歳3ヶ月という設定になっているので、もしかしてこの後に何らかの事情で姓が変わり、魔太郎に会う...つまり本作は前日譚となっている事も考えられますか。
それか、ただ単にスターシステムで使用されたキャラというだけなのか…

背景の説明はこれくらいにして、本作「切人がきた!!」です。まず魔太郎時代から20年も経ってからの藤子Ⓐ作品なので、あの時代の禍々しさは消え失せておりまして、90'sの藤子Ⓐ絵になっています。って、我々ファンは一瞬で違いが分かるのですが、イメージ出来ない方もいるかと思います。
まぁ「笑ゥせぇるすまん」における週刊漫画サンデー版と中央公論版の絵を比較してもらうと時代的にも「魔太郎がくる!!」、と「切人がきた!!」の関係に近いかな。

オープニングで切人の家を訪ねてきた青年は、切人のいとこに当たる甘井一雄。24歳の平凡な新人サラリーマンですが、おばさんの団地に下宿させてもらうため来たわけです。ちなみに切人らが住むその部屋番号は『666』なのだから、いいですな~。ここで切人ママの旧姓が甘井だという事が判明しましたね。
この甘井一雄が、名前の通りアマちゃんなので社会の荒波、クズの洗礼でやられている所を、切人の魔力で助けてもらうのが通常パターン。ええ、切人の陰湿な性格は一応そのままなのですが、親戚だからか甘井一雄に対しては守護神のようにふるまっています。
藤子不二雄Ⓐ先生の持論というか人間観というか、大抵の社会的地位のある人々が裏では卑怯なカス人間じゃないですか。それを分からずに貶められる甘井一雄、それを見抜いて助ける切人。これだと魔族の能力を正義に使うアンチヒーロー物ですね。

あと切人といえば「魔太郎がくる!!」におけるヒロイン・南由紀子の妹である由津子に恋してメロメロだったじゃないですか。それが本作でも南家のユッコ、という風貌も同じ幼稚園児が出てきて…のエピソードがあります。
魔太郎でにおける『こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・ お・く・べ・き・か』的な決めセリフは、毎回同じじゃない上に話数が少ないのもあり定着してませんが、『インガオーホー オモイシレー ウーラー』とか出しています。
悪い偽善者はハッキリとぶち殺していますが、これは魔太郎の殺人エピソードのように改編されないかな。まぁ、元より青年向け雑誌に描いているのだから大丈夫かな。


ヒ・ト・ニ・ア・ダ・ナ・ス・ウ・ツ・ケ・モ・ノ
ウ・ラ・ミ・ツ・ラミ・ノ オ・モ・イ・シ・レ!!
ウーラー



  1. 2017/06/15(木) 23:59:47|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(76) 「魔太郎がくる!!」 4

藤子不二雄作品から、今夜は「魔太郎がくる!!」です。
かつて...ああ、日付を見ると驚くべき事に11年も前ですが「ココ」「ココ」「ココ」で、既に紹介していますね。でもこれは私のバイブルみたいな作品なので、設定や絵の良さはもちろんの事、大好き過ぎてどこもかしこも語りたい、1話ずつ解説していくかとも思う所ではあります。
こんなに好きになると、この回は手を抜いているとか話のオチがイマイチだとか、そういう事は関係無しに魔太郎が出て動くだけでもうOK。思い入れがあればキャラと雰囲気だけで漫画はこんなに楽しいんだと分からせてくれる作品でもあるのです。
描き直されている箇所も目立つ作品なので初出時と改編時の比較とかもしてデータベースなんか作りたい気持ちもありますが、でもやっぱりまだ、そこまで細かい事はしません。ただ、前の紹介時には小さくちょっと載せるだけだった単行本の画像をちゃんと載せておこう、というだけです。

まず背表紙で見せると、重要な所でこの4種類だけアップしましょう。
FUZIKO-mataro1.jpg

最初はこれですね…1973年から刊行された秋田書店のチャンピオンコミックス、全13巻。
FUZIKO-mataro3.jpg

これがほぼ初出時のままのオリジナル版なので、最重要の最強コミックス。少年向けのマンガとしては殺害の手口や凄惨さがヤバかったのでしょう、これ以降の再発版では描き直されたり欠番となったりしている話があまりにも多いですからね。
FUZIKO-mataro1-2.jpg
FUZIKO-mataro3-4.jpg
FUZIKO-mataro5-6.jpg
FUZIKO-mataro7-8.jpg
FUZIKO-mataro9-10.jpg
FUZIKO-mataro11-12.jpg
FUZIKO-mataro13.jpg

次に1987年から出た、おなじみ中央公論社の藤子不二雄ランド(FFランド)版。
FUZIKO-mataro2.jpg

ここから『新編集 魔太郎がくる!!』として、そうです新編集で内容を改変しまくっちゃったんですね…比べると修正や、丸々削除されたエピソードもあまりにも多い。
でもFFランドなので巻末の新作連載漫画などがあるし、同時収録の作品も入れて全14巻と増えています。基本的に改悪といえる新編集ですが、わずかながらチャンピオンコミックスに入らずこちらに入っているエピソードもあるのが憎い所。完全版等が出ていない現在、少なくともこの2種類は持っておく必要があるでしょう。
FUZIKO-mataro-ffland1-2.jpg
FUZIKO-mataro-ffland3-4.jpg
FUZIKO-mataro-ffland5-6.jpg
FUZIKO-mataro-ffland7-8.jpg
FUZIKO-mataro-ffland9-10.jpg
FUZIKO-mataro-ffland9-10.jpg
FUZIKO-mataro-ffland11-12.jpg
FUZIKO-mataro-ffland13-14.jpg

その次が1997年に中央公論社より出た中公文庫コミック版で、全8巻。
FUZIKO-mataro5.jpg

ついに出ちゃいましたよ文庫で…という以上に、ここからは私も刊行時にリアルタイムで買っていたのでよく覚えているのですが、上記の2種類はとっくの昔に絶版になっていて、この時代には「魔太郎がくる!!」自体が激レア作品だったのですね。
古本屋巡りが趣味の私はそれなりに金かけて入手していたものの、普通は私の世代以降だと読めなかった作品が名作マンガの文庫ブームがあったおかげで普通の人にも読めるようになったのです。
小さい版型になった不満はともかく、内容はFFランド版に準じていて、しかも数々のエピソードが削られたFFランド版よりもさらにちょっと削られての全8巻でしたけどね...私はこれも毎度新刊で買いましたよ。
FUZIKO-mataro-bunko1-2.jpg
FUZIKO-mataro-bunko3-4.jpg
FUZIKO-mataro-bunko5-6.jpg
FUZIKO-mataro-bunko7-8.jpg

それから4度目の単行本化が、1999年。オリジナルの秋田書店・チャンピオンコミックスからなのに、『新装版 魔太郎がくる!!』として改悪されて出た全12巻。
FUZIKO-mataro4.jpg

FFランド版だけで読めたエピソードすらも削除されていて、オリジナルのチャンピオンコミックス版を持っている人には特に価値がないといえばないのですが、一応はチャンピオンコミックス版をいじったデザインの表紙になっていて、コレクター気質がある方ならば買う気になるでしょうね。
FUZIKO-mataro-shinso1-2.jpg
FUZIKO-mataro-shinso3-4.jpg
FUZIKO-mataro-shinso5-6.jpg
FUZIKO-mataro-shinso7-8.jpg
FUZIKO-mataro-shinso9-10.jpg
FUZIKO-mataro-shinso11-12.jpg

で、その後…5度目の単行本化は2002年に嶋中書店のアイランドコミックスPRIMOで全12巻。これが廉価版で、いわゆるコンビニコミックになっちゃったんですね。
FUZIKO-mataro-convenience1.jpg
それほど魔太郎が身近になったというわけで嬉しい事ですが、すぐに痛む読み捨て本のイメージが強いペーパーバック本なので、悲しさもあります。しかも私みたいなファンは当然それも買い直すわけですが、メジャーなタイトルじゃないのでそのうち近所のコンビニにも入らなかったりで入手出来なかった巻もあります。まぁ、内容は全部知っているので焦ってもいなかったのですが、こうしてブログでまとめるとなると今さらながら欲しくなってきました。

次の2004年にブッキングから出た藤子不二雄Ⓐランドの全14巻なんて、FFランドと表紙デザインも同じだしいわば改悪のみの本で買う気がしなかった...
それからも秋田書店の秋田トップコミックスW、小学館のMy First Big SPECIALと、コンビニコミックの形で何度も再発されて、ますます容易に入手出来るようになりました。
FUZIKO-mataro-convenience2.jpg

でもまだ、上記のどれにも収録されていない『魔太郎の生い立ち』という番外編エピソードが存在していて、読むには今の所初出誌である少年チャンピオン1975年46号を手に入れるしかありません。なのでそれを含めて全作品を収録し、改変された箇所も両バージョン共に入れた完全版の出版を、私はず~っと待ってますよ!
あと1981年になって何とヤングマガジン(講談社刊)で描かれたのに、たった2回での打ち切られた続編「魔太郎が翔ぶ」。これは1990年に「愛蔵版 藤子不二雄ブラックユーモア短編集 第2巻 ぶきみな5週間」(中央公論社刊)に収録されていますが、これもまとめて欲しいですね。
そして「魔太郎がくる!!」の登場人物である切人を主人公にした1994年のスピンオフ作品「切人がきた!!」ですが、これは単独で単行本化もしているので、次回にでも紹介しましょう。


メラメラメラ
こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・ お・く・べ・き・か……



  1. 2017/06/10(土) 23:00:25|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(75) 「ブラック商会変奇郎」

藤子不二雄作品から、今夜は「ブラック商会変奇郎」(秋田書店刊)です。
FUZIKO-black-shokai-henkiro-champion.jpg

二人の藤子不二雄のうち、今でいうでいう藤子不二雄Ⓐ先生側の作品。
初出は1976年から翌年までの週刊少年チャンピオンで、記念すべき連載開始号は↑の物で私も入手しています。単行本には入らなかった巻頭の2ページを含む5ページがカラーページだし、他のページも昔の漫画雑誌でよく見られた赤黒の2色カラーページ。また単行本で23ページ目に当たる、サクラテレビの所が1コマ描き直されていますね。こんな所を比べて発見するのも、初出誌を見る楽しみであります。

エピソードの数えは『商の○○』という形で進んで全23話が存在し、単行本は少年チャンピオンコミックスで全5巻。
FUZIKO-black-shokai-henkiro1-2.jpg

いやー、これも大好きな作品です。何しろ私のバイブルでもある「魔太郎がくる!!」に続いて同じチャンピオンで連載開始しており、また同様にホラー、怪奇路線の作品ですから!
内容はといえば、東京都の新宿副都心で高層ビルの間にポツリとある古びた骨董店"変奇堂"の主人であるじいさんの変奇左エ門...ではなく、その孫の変奇郎です。"明友中学校"に通う中学生で、普段は魔太郎ほどじゃないにしてもおとなしくて弱いのですが、彼には裏の顔があった...仮面とマントを身にまとい、「笑ゥせぇるすまん」(「黒ィせぇるすまん」)の喪黒福造と同じく相手に人差し指を突きつけて『ドーン!』と叫ぶと魔力を発揮する。仮面とマントより、首にかけているペンダントが魔力の基みたいですね。
FUZIKO-black-shokai-henkiro-pendant.jpg

主人公は骨董品店の子であり、祖父が珍奇な骨董品を買う癖がある事を活かして毎回変な骨董・道具などが登場するのですが、これで今度はどんなのが出てくるか楽しみもあって飽きさせません。プライベートで変コレクターである藤子不二雄Ⓐ先生が満を持して描いた作品ともいえるでしょう。
変奇郎も正義の味方というわけではなく、たまたま目撃したり自分や知り合い等に害を成す悪人に対し、証拠物品の買取りだとか口止め料とか言って高額な経費の請求書を出し、支払わせる黒い部分も持っています。その支払いを無視したり踏み倒したりすると、変奇郎の魔力が使われる事になる、というのがお決まり。

実は本作は1996年に実写でテレビドラマ化もされている作品なのですが、その時のタイトルはブラックをシャドウに変えて「シャドウ商会変奇郎」。これはドラマ版が勝手に変えたというより、その2年前に秋田文庫した時に何故かそのタイトルになっちゃったので、そこを基にしたのでしょうね。その頃はちょっとでも黒人が出ようものなら差別だとか言われたり、言葉狩りも酷くなった時代だったので『ブラック』が黒人を想起させると判断したのでしょうか!?
ちなみにテレビにうとい私はこのドラマ化に気付かず見逃しているのですが、あとでデータを見たら変奇郎役が森田剛なんですよね。でもって、エンディングテーマはその森田がメンバーでV6の年少3人組によるカミセンだったそうなので、出来栄えもどう考えても期待出来ないし、見なくて良かったのでしょう。
あと気になったのは、単発ドラマだったという事でどのエピソードが実写化したのか。答えは原作の第2話に当たる『万引き』だったそうです。変奇郎のパパ・一郎の上司である伊達専務が変奇堂を三億円で地上げしようとして嫌がらせをしてきたりするものの、窃盗病だったために本屋での万引きシーンを変奇郎が目撃して逆に脅す請求書を出す話か。それなら、変奇郎が目撃する時の万引き本は『Stupid '01 Snoopy』でしたが、あとで窃盗病の説明をする時の本は「魔太郎がくる!!」のチャンピオンコミックス第3巻でした。そこら辺も再現してたら嬉しいのですが、さてどうだったのか。

FUZIKO-black-shokai-henkiro3-4.jpg

話の展開パターンは基本的に魔太郎から踏襲していて、同じようなネタもあるし登場する人気者やスターや社会的地位のある人々が裏ではだいたい卑怯者、そのクズっぷりが凄くて良いですね。これが藤子不二雄Ⓐ先生の人間観でもあるのかもしれません。
それと変奇郎の方には親友の同級生が存在するのですが、それが漫画家志望の子で...その名も...満賀道夫!そうです、藤子A先生の代表作にして自身がモデルである「まんが道」の主人公と同名の同キャラなのです。しかも発表年は、「ブラック商会変奇郎」の方が先ですよ。つまり「まんが道」の方がスピンオフ作なんだとか、変奇郎で登場させたキャラに愛着があって再登場させたのだとか、考えられます。ああ、細かい方は「まんが道」のは満賀道『夫』じゃなくて『雄』だろ、と言うかもしれませんが、それは本作でも実は両方の表記が出てくるのです。藤子A先生も漢字を間違えただけなのかな…まぁあまり気にせず、名前と風貌が同じ漫画家志望の同一キャラとして良いでしょう。
でも、本作には魔太郎の南由紀子に当たるヒロインが居ないのがネックか。

満賀道夫の登場以降は、道夫が被害に遭って変奇郎が加害者に請求・復讐する話が増えてきました。その満賀の部屋には何と、藤子・F・不二雄側の作品である「ドラえもん」の絵だとか、共著の「オバケのQ太郎」からP子のぬいぐるみ、さらに藤子不二雄のサインまで飾ってあったりするのですが、特に手塚治虫先生の激レア初期作品なども所持する漫画コレクター。
そういえば変奇郎の部屋の描写は多くありませんが、本棚には呪術の本が並んでいたりして、ルネ・マグリット画集はページをくり貫いて恐喝で稼いだ大金を隠していました。
あと変奇郎や満賀の担任教師が綾野先生というのですが、『花の係長』とあだ名が付いているのは園山俊二先生の作品ネタですね。うーん、古い!と思いますが本作と同時期の作品。きっと当時大流行していたのでしょう。

FUZIKO-black-shokai-henkiro5.jpg

やはりパターン化してしまうので変えていったのもあるのでしょう、後半は変奇郎があまり請求書を出さなくなって、普通に復讐だけしたりとか、ファンタジー色の強いエピソードなんか、もう魔太郎と同じですね。変奇郎は中学生にしてそんな大金を貯めてどうするつもりなのかとか、いくら貯まったとかも曖昧なままになって…
そして迎えた最終話が『商の23 水晶球の中の運命』で、とある魔力合戦をして物語の幕を閉じるのでした。

そして最初に出た少年チャンピオンコミックスだけの特典!
最終巻である5巻の巻末に『変奇郎スペシャルフロク』のページがあって、藤子不二雄Ⓐ先生の変コレクションは作中に登場した実在の骨董品なのだと写真で証拠を見せてくれて、あと藤子スタジオの皆さんも一人一人『我が愛蔵品』を自慢しているのです。そして最後のコマで、藤子・F・不二雄先生が鏡の通信機を紹介していますね。地味ながらこういったネタも、コンビ解消以降の本には入らなくなったわけです。

そして次に出た変奇郎がこちら、おなじみ私の大好きな藤子不二雄ランド(FFランド)版の「ブラック商会変奇郎」(中央公論社刊)。本編以外のページも多いFFランドなので、こちらは全6巻と1冊増やして商の23まで全話を収録しています。
FUZIKO-black-shokai-henkiro-ffland1-2.jpg
FUZIKO-black-shokai-henkiro-ffland3-4.jpg
FUZIKO-black-shokai-henkiro-ffland5-6.jpg

この作品で有難かったのは、FFランドだとお決まりの巻頭付録にカラーセル画に続いて、『週刊F.F.ランド』として要は作品の解説記事があるじゃないですか。連載当時の西新宿を知らない私がそこで分かったのが、作品舞台、つまり超高層ビルの谷間にあいた変奇堂がある所の特定ですね。何のことはない、今の東京都庁がある位置だったみたいです。FFランド刊行時にはまだ都庁が今の場所になく、まだ昭和が続くと思われていたので完成は昭和66年度と書かれていますけどね。
あと最終6巻では、本編で触れられなかったブラック商会の決算報告が金額でちゃんと出ていました!まぁ、1話目からちゃんと計算していけばよかったのでしょうが、そんな暇な事やる読者は少ないでしょうから有難いですね。収入の部、支出の部とちゃんと明細付きで載せていて、結果五百五十六万六千円のプラスで作品は終了したみたいです。
それから読者コーナーである『読者のひろば』はまぁいいとして、巻末の新作連載漫画。これは犬好きの読者(はーい!私です!)にはたまらない「タカモリが走る」が、1巻で連載スタートしています。この良質な藤子不二雄作品の連鎖、精力的に作品が描かれていて人気も絶頂だった頃が懐かしいですね...


商売にはなりそうもないわい
だがわしは こういう変奇な骨董品を見ると
矢もたてもたまらず ほしくなるんでな



  1. 2017/06/06(火) 23:59:06|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(74) 「T・Pぼん」

藤子不二雄作品から、今夜は「T・Pぼん」(潮出版社刊)です。
FUZIKO-time-patrol-bon1-2.jpg

二人の藤子不二雄のうち今でいう藤子・F・不二雄先生側の手によるもので、個人的には藤子F作品の中でも有数の傑作SF作品だと目している大好きな作品。
初出連載のスタートは1978年から翌年までの月刊少年ワールド(潮出版社刊)で、雑誌名を月刊コミックトムに変更した所で連載再開したのが1980年から1986年まで。こうして見ると長期間に渡っていますが、最後の方は不定期掲載になっていた上に完結編は描かれず中断したままで終わった未完の作品でもあります。単行本は、希望コミックスで全5巻。

そしてこれ、知らない方が見たらまず気になるのがタイトルでしょう。T・Pぼん、これは『タイムパトロールぼん』と読みまして、パッと見で読めないタイトルを付けたのは作者の失敗ではないでしょうか...それと本作は初出掲載誌がマニアックで、オリジナル単行本も希望コミックスですよ。幼年向けの内容とは言いがたいからもあるのでしょうが、他の多くの藤子作品のようにてんとう虫コミックスから出ていれば...ね。テレビの方でも扱いが悪く、1980年年代にあれだけアニメ化されまくった藤子作品の中にあってすらも本作は1989年にテレビスペシャルとして1度製作・放映されたのみ。こうしてみると内容は傑作なのに、知名度の低さの原因がどんどん出てきます。

主人公は、並平凡。平凡である事をアピールしたかったのでしょうか、それにしてもこのネーミングはなかなかひどい。『並』で平凡の『平』と『凡』ですからね。ただし下の名前、凡は作品タイトルもそうですが『ぼん』とひらがな標記される事が多いです。
年齢設定は中学生で、まぁ対象とする読者層もそこに向けているのでしょう。1話目で同級生の白石鉄男の家に遊びに行くとデレク・アンド・ザ・ドミノスの『リトル・ウィング』を一緒に聴いたりしているのですが、自分の趣味をあまり前面に出さない藤子F先生には珍しい音楽ネタ。中学生以上向けと思えばこういうネタもはさんだのでしょうが、当時は藤子マンガでロックに目覚めるきっかけが生まれた、なんて読者もいるのかもしれませんね。
デレクはエリック・クラプトンが在籍した事で有名なバンドなので興味を持った読者はクラプトン関連の他の音源も聴いただろうし、この曲はザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのカバー曲です。ここから掘り下げてジミヘンを聴き始めた中学生は、ロックにはまる事間違いなしでしょう。ちなみにLPでかけている描写があるので、間違いなくアルバム「いとしのレイラ」をかけているのですが、この作品は1970年にリリースされているので「T・Pぼん」連載時にしても古い作品。既にロックの定番として聴かれていたのでしょうね。
そんなロック好きの鉄男も坊主頭にタンクトップ姿で、決してロック少年には見えないのですが…こいつとぼんが部屋でもみ合っているうちに、何と鉄男が4階の部屋から落下してズシャ、と血しぶきを上げて死亡!と、思ったら時間が巻き戻されて鉄男は生きている。その前にも昼夜がメチャクチャに移り変わる現象が起こったりしてたし、ぼんの頭がおかしくなったのか!?

すぐに答えは分かるのですが、T・P(タイムパトロール)隊員の少女、リーム・ストリームがたまたまT・M(タイムマシン)でぼんの時代・家の近くに来ていた時に故障を起こした影響のためだったのです。
それからタイムトラベルの秘密を守るためにぼんは消されかけるのですが、ぼんは将来何らかの形で歴史に関わる事が分かって命拾いし、ついでに秘密を守るために仕方なくという形でT・Pの一員として入れられる事となったのでした。ここ、ぼんが助かった理由でもあり重要ポイントなのですが、T・Pも歴史の流れに影響する者には決して手を出してはいけません。それを守った上で行なうT・P隊員の活動は、歴史上で不幸な死に方をした者を救助する事。対象人物が歴史の流れに影響するかしないか、つまり救っても良い人かそうでないかは、『チェックカード』で反応を見れば分かります。
あと単行本の表紙を見ると、ぼん&リームの他にスライムみたいなゼリー状の生物もいますが、こいつはブヨヨン。超空間を通ると勝手に付いてくる生物との事ですが、高い知能を持ち人間の言葉も話すし、ぼんらのピンチを助けたりもしました。

FUZIKO-time-patrol-bon1.jpgFUZIKO-time-patrol-bon2.jpg

こうして新人タイムパトロール隊員となった並平凡(ぼん)は、まずは見習いなのでリーム・ストリームと行動を共にします。そうそう、リームは2016年の未来に住むミドルスクールの3年生、との事でしたが...ご存知の通り現在は2017年。今年で彼女の世界よりも先に来てしまいました。
ぼんが受け取ったタイムパトロールの装備一式。制服やヘルメット等々は特殊な能力があって、ひみつ道具的で楽しい。自分専用のタイムボートを支給されるとぼんの部屋天井裏の隠れ家から出現するようになり、これはますます「ドラえもん」のタイムマシンっぽい。
初仕事は1947年の東京江東地区で洪水に飲まれて死んだ婆さんを助けに行くのですが、次は4500年前...つまり紀元前2600年という桁外れの昔に飛んである者を救い、次は紀元前1600年。そもそも歴史は想像の世界でしかないわけですが、ここまで昔の事もきちんと形にしていて説得力があるような気にさせるのはさすが藤子F先生です。

タイムパトロール隊員はその時代の人に見られない秘密行動で救助し、当然ながら対象者に物理的な力を加えてはならないので、未来道具の使い方やら救助方法の工夫が毎度の見ものにもなります。
あと素晴らしいのは時空間はデリケートであるため同じ時を複数回タイムマシンで往復すると時空の破壊につながるという設定。そう、タイムマシンがあるなら何度でもやり直せば良いとなると緊張感が全然生まれませんからね…『紙に消しゴムを何度もかけると破れる』という例えで説明する時空の在り方が見事。

1664年の南フランスで魔女狩り騒動に巻き込まれて殺された少女、そして紀元前1341年のエーゲ海クレタ島でミノス王に捧げられた生贄を救う…こ後者は藤子F先生自身が初の大人向け短編として描いた傑作「ミノタウロスの皿」に通じますね。あそこで救えなかった生贄を助けた、とも読めます。
こうして歴史的に無名な人々を救う活動をしているのですが、次は628年の天山山脈。ここではあの『西遊記』に絡む事になるのでした。そうだ、この時に登場したエイシャ錠という薬は凄い。どこかの時空で長期間とどまる事もあるタイムパトロール隊員の老化を防ぐのですが、つまりもう不老の妙薬が完成してるって事ですか。
次は何と1945年と太平洋戦争末期の沖縄!ある人物を救うために、ぼんとリームは沖縄がこの先アメリカに占領される未来を話してしまうのですが、戦争が8月15日に日本の無条件降伏で終わると言っています。藤子F先生は先の大戦におけるポツダム宣言について無条件降伏論者だったのか...ってめんどくさい話はいいか。
それから1113年と平安朝末期の京都である出来事を解決して…

次、夢のある話ですがタイムパトロール隊員は1年に1度の休暇旅行がもらえるそうです。仕事を離れて好きな時代・好きな場所にバカンスで行くためにタイムボートを使えるというのですね。これは羨ましい!
リームのお薦めで恐竜時代の南アフリカに一緒に行ったぼん。彼はちょうど恐竜好きだったようで、プロントサウルスに触れて感激の涙を流しています。

平凡なぼんもガンマンとしての才能だけはあったようで、1881年の西部の町に行ってその時代の人になりきって密着捜査をした時は大喜び。
紀元前490年のギリシアでマラトンの戦いに行きますが、この時は首を切られてドバーッと血しぶきを上げていたり、残酷描写が目立ちます。この話だけに限らず、本作は大人向けを意識しているのかグロ描写なんかも散見されています。
864年のバグダードで藤子F先生自身が大好きなシンドバットの冒険に関わり、次は過去に行くよりはるかに難しいという未来の世界に初めて行く話になるのですが、未来行きは結局この1回『超空間の漂流者』のエピソードだけでした。この話の最終ページで唐突にぼんが今度から正隊員に昇格する事が告げられ、リームの助手としてコンビで一緒に仕事するのは最後だったそうです。で、本作のヒロインで準主役扱いだったリームがその後は2度と登場しなくなってしまいました!同じくリームが連れていたブヨヨンも、ここでフェイドアウト。

FUZIKO-time-patrol-bon3-4.jpg

T・Pの見習い隊員から正隊員になったぼん、初仕事はたった数時間過去の日本でした。ここで通り魔に殺された女子中学生の安川ユミ子を救うのですが、助けられたユミ子はT・Pの存在を知ってしまったた...この場合ぼんは正体を知った者を歴史から抹消しなくてはならないのですが、ユミ子を見習い隊員にしてコンビを組む事で救うのでした。
よってその後はリームの代わりにユミ子とコンビを組む事になって、可愛いヒロインも健在ってわけです。
ぼんは自分も正隊員になりたての新人ですが、ユミ子に指導するのが嬉しくて別室で制服に着替えさせた時に『着方がわからなかったら教えに行こうか』なんて軽くセクハラしているのが受けます。
そして最初の実習は1978年...たった2年前のメキシコで、ピラミッドから転落死した日本人観光客でマンガ家のタラ子タラ夫(もちろんモデルは藤子・F・不二雄先生自身!)を助けるのですが、これはあっさり終わってそのまま900年ほど前の同地でマヤ文明当時のある人を救います。

FUZIKO-time-patrol-bon3.jpgFUZIKO-time-patrol-bon5-.jpg

本当はぼんの友人として他にしずかちゃん的なキャラで白木陽子という娘がいたのですが、同時代・同国のユミ子が登場してからすっかり出る回数は減ってしまいました。属性が近いヒロインは2人といらない、という事でしょうか。
ちなみにその名前、『しらきようこ』といえば『ようこ』の漢字違いとはいえ誰だって「あしたのジョー」のヒロイン・白木葉子を思い出すじゃないですか。この名前を使った事にどういう意図があったのか、まぁただの偶然かな?真相は藪の中。

続いて1185年の関門海峡で壇ノ浦の戦いからある人を救い…おっと、この話にはユミ子のヌードシーン有り。しかも斬首されて首が飛んでます!すぐに行なった時間巻き戻しでどうにか助かりましたが緊張感の高いエピソード。
1476年のワラキア(今のルーマニアの1部)ではドラキュラ伝説に関わり、紀元前3319年のシュメール(今のイラク)ではシュメール文明の誕生から彼らの2大発明である車輪と文字の誕生を見たり。
35106年前という目がくらむくらい昔の氷河期で最初のアメリカ人の誕生を見る時は、人類の血のつながりについてもお勉強。
T・P隊員の同僚はあまり出てこないのですが、1667年のイギリス・サザンプトンという港町で犯罪者となったT・P隊員と対決、逮捕する話もありました。
ぼんやユミ子が住んでいるのは今の首都圏ですが、1600年前の我が町・未開の地だった武蔵野台地にタイムトラベルして古代人になりきる話…ああ、ユミ子がその時代の衣装に着替えるシーンでヌードが拝めるし、また『一人で着られる?手伝おうか』とセクハラ発言するぼん。でも農耕が伝わってきた辺りの日本の歴史も学べる良い話でした。
20931年前の南フランスでクロマニョン人の少年を救出する話では...ああ、またユミ子は原始の大自然の中で湖に入って全裸で泳ぐシーン...この時のヌードが最強でしょうか。13歳にしてはわりと発育が良いのが分かります。あとぼんが突然マンガを描いていて、しかもどうやら不思議なギャグのセンスを持っているとかで同人誌の会長にスカウトされました。ガンマンの他にマンガの才能もあるのでは、決して並平凡ではありませんね。
古代から19世紀のアメリカに飛んで『奴隷制度』をテーマにした話は社会派要素もあって素晴らしかった。

FUZIKO-time-patrol-bon4.jpg

そしていよいよ最終の5巻...ここで安川ユミ子はT・P正隊員になり、ついでに並平凡(ぼん)も含めて制服とタイムボートがモデルチェンジされています。
それで紀元前1229年の北部トルコにて起こったトロイ戦争の現場から1人の少女を救出。
次は待ってました、1年に1度だけタイムパトロール隊に与えられる休暇旅行、前回はリーム・ストリームとでしたが、今回はぼんとユミ子のコンビになってどこへ行くか...タイムボートのタイマーを連動にしてでたらめに着陸してみる遊びを行なうのですが、場所は日本にしていますね。で、着いた時代は481年と古墳時代の中期。、目的は誰も居ない海での海水浴。
ぼんはユミ子に『だーれもいないんだから まっ裸で泳いだっていいんだよ』とか言ってみたり、T・Pが水中活動するための便利なチューブ(塗り薬式)を塗ってあげようとして断られたりのセクハラをしています。それからこの時は、浦島太郎の伝説に立ち会うのでした。

FUZIKO-time-patrol-bon5.jpg

それから14世紀のヨーロッパ全土を巻き込んだ黒死病の大流行、1853年のトルコにおける鉄の普及についての歴史を見てきたり、紀元前5000年ばかり昔のノアの箱舟騒動、1192年の血なまぐさい十字軍の事…
少年マンガの主人公らしい正義感も盛り込みながらこれらを描いた所で、作品は終了しました。いや、本当は連載はまだ続いているのですが、希望コミックスの単行本に収録されたのはここまでだったのです。

その次に出た単行本は、私の大好きな中央公論社藤子不二雄ランド(FFランド)版ですよ。
FUZIKO-time-patrol-bon-ffland1-2.jpg

FFランドは『藤子不二雄漫画全集』なんであるからして、これで未収録作品も読めたら嬉しいじゃないですか。でも希望コミックスと同じく全5巻で、しかもFFランドは表題作のカラーセル画はともかく、作品の解説記事やニュースに読者のひろば、さらに巻末の新作連載漫画まで収録しているじゃないですか。ということはやはり…ええ、未収録作品どころか希望コミックスよりも収録作品が減った形になってしまいました。
FUZIKO-time-patrol-bon-ff-land3-4.jpg

それでもFFランド好きの私はこれも入手しているわけで、ついでに巻末マンガを見ていくと1,2巻が再録のパターンですね。『名作まんが』として藤子不二雄Ⓕとしのだひでお名義による1968年から翌年に描かれた作品「ベラボー」。2巻の方はオバケのQ太郎も登場しています。3~5巻は、新作連載の「チンプイ」でした。
FUZIKO-time-patrol-bon-ffland5.jpg

それから愛蔵版だの文庫版だので本作が再発される度にチェックしていたのですが、全然ダメ。こうしてずーっと収録されないままでいた作品は5話あったのです。もう、初出時のリアルタイム読者以外は読みたければその時の掲載誌であるコミックトムを古本屋で探すしかなかったのですが、これがどうしたって見つからなかったわけですよ。
そんな情況の中で連載時から30年ほども経った2008年、オリジナル単行本を出していた潮出版社が『スペシャル版 T・Pぼん』という形で再度単行本化して、全3巻ながら厚い本で単行本初収録だった3話が含まれたのです。これは事件でしたね。しかし、何で残りの2話を入れないの…という疑問もわきながら当然購入したわけですが、T・Pぼん年表があったり太田光とかが本作や藤子漫画について語る巻末企画があったりもしました。
FUZIKO-time-patrol-bon-special3.jpg

さらに待つ事4年…2012年に発売の『藤子・F・不二雄大全集』、これも全3巻ですが今まで読めなかった『王妃ネフェルティティ』と実質的な最終話『ひすい珠の謎』までが収録され、これにより全話を単行本で読める事になりました。
FUZIKO-time-patrol-bon-zensyu3.jpg

昔から好きな作品だったので、ようやく全話読破出来た時は嬉しかったなぁ…でも分かっていた事ではありますが作者永眠のため最終回となるエピソードは描かれなかった未完の作品。
内容が藤子・F・不二雄先生の趣味や興味の集大成である事や、背景の絵まで見せる力の入れようなどを見ても本作は完成させたかったはずであり、実際に続きを描く意思を持っていたと言いますから、こうなると作者の晩年の残り時間をほとんど奪った「ドラえもん」が恨めしい。だいたい後期ドラなんて、藤子F先生が自らペンを取らなくても大丈夫だったんじゃないですかね。もちろん世間一般の要求はドラえもん、ドラえもんで、少し無名な「T・Pぼん」なんて描かせてもらえなかったのでしょうね。

一応、冒頭に書いたように本作はテレビスペシャルとして1度アニメ化されていて、その時にはようやくてんとう虫コミックスから『アニメ版 T・P・ぼん』というフィルムコミックも上下巻の全2巻で刊行されました。これはナレーションが藤子・F・不二雄先生の大ファンでも知られる富田靖子さま、しかも靖子さまのインタビューまで載っていたのもあってT・P・ぼん&靖子さまどちらも好きな私は当然ながら購入しました。そういえばインタビューなんかでもいつも大体マンガの話をしていた富田靖子さまは、元祖マンガ好きアイドルといった観点からもっと再評価してもよいのではないでしょうか。
FUZIKO-time-patrol-bon-anime1.jpgFUZIKO-time-patrol-bon-anime2.jpg


これでいいのかもしれないな
もともとT・Pなんて 陰の世界の存在なんだ
肉親にも友人たちにも知られることなく……
孤独の勇者 ひとり行く
かっこいいなあ



  1. 2017/05/30(火) 23:59:16|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する