大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

フランスの漫画(バンド・デシネ)

B.D.jpg

Bonsoir.

そろそろ、海外の漫画を紹介するコーナーを作りましょう。

『漫画なら日本が群を抜いて世界一でしょ!』と叫ぶ、"漫画国粋主義者"の私に、そんな資格があるのか!
実はほとんど興味の無かった海外の漫画で『これは凄いっ!』などと唸ってしまった事があるのです。
それは数年前、ちょこっとフランスに住んでいた時に!

正確にはフランスの漫画はBande Dessinee(バンド・デシネ)と言われていて、その性質も日本のとは違うのですが、括りはやはり"漫画"で良いでしょう。略してBD(ベー・デー)。
ただ単に漫画のフランス語版などではなく、どれも豪華にオール・カラーで、サイズもでかいので絵本の要素もありますね。
しかしアメコミと違って絵柄は緻密で、あたかもフランス映画のように難しい話が多いのも特徴です。当然現地でも値段が高いので、集める事の困難さに拍車をかけてます。

日本の漫画が完成させた、線による"動き"の表現はほとんど無く、コマ割りはちゃんとあるものの、どのコマもカッコいいイラストのようです。その分不親切というか、読者が自分で考える要素が多いし…表現の方法というか文法が違う似て非なるものなので、日本の漫画読者にとっては慣れるまで読みづらいと思いますけどね。

これを紹介しようと思ったのは、ちょうど今フランス人の親友が来日していて、今夜会ったら画像のBDをおみやげにくれたからです。エンキ・ビラルですよ…
ビラルは両親ともにフランス人では無くて移民ですが、フランスBD界の第一人者であるばかりか映画監督もしていて、「ゴッド・ディーバ」「ティコ・ムーン」といった作品が日本でも公開されていますね。映画の方で知ってるという人の方が多いのではないでしょうか。
BDの方も、日本版も出ていて日本でも一部で人気があり、私はそれで先に読んでました。

そのフランス人の親友はパリ在住で、私も部屋に遊びに行った事があるのですが、類は友を呼ぶというか、彼のBDや日本の漫画(フランス語翻訳版も日本オリジナルも有り)で埋め尽くされた本棚には同胞の匂いがしました(笑)
フランスのアニメや漫画おたく達が集うイベントにも連れてってもらいました。
(日本からのゲストとして、アニメ監督の森本晃司がいた!)

我が親友を始め、そこでコスプレしている男女なども見て、日本の漫画やアニメがフランスでここまで市民権を得ている事実に感動したものです。
対して、私が現地で見て初めて気に入ったBDは、日本でほとんど知られていのは残念だと思いましたね~。

なのでここで私が、おフランス(国名の頭に"お"なんて付けられるのはフランスだけだよね)、そして他の国の漫画も紹介して行きましょう!
だからブログのジャンル名も海外の漫画としました!

ただ私もBDや、他の海外漫画シーンについての知識レベルは…
相撲で言えば幕下、いや褌担ぎ(ふんどしかつぎ) くらいのレベルでしょう!
まだまだ勉強が必要なのです。

お金が貯まったら海外漫画巡りという企画もやりたいのですが、どう考えてもこの東京一人暮らしで、しかもコレクター、社会の底辺の低所得者である私に、そんなお金が貯まるわけはなく…
10年越しの計画になりそうです。それか誰か、取材費を寄付してください。

Au revoir !


スポンサーサイト
  1. 2006/04/13(木) 22:57:09|
  2. 海外の漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する