大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

上村一夫原画展「劇画狂人フラグメント」

本日、2017年5月20日より…上村一夫原画展「劇画狂人フラグメント」が開催されています!
setagaya-nostos-books2.jpg

会場は東京都世田谷区世田谷、鉄道だと世田谷線松陰神社前駅の近くにある古書店"ノストスブックス(nostos books)"です。
setagaya-nostos-books1.jpg

上村一夫先生の原画が東京で観れるのは、けっこう久しぶりなので楽しみにしていて、私も早速駆けつけました。
setagaya-nostos-books3.jpg
setagaya-nostos-books4.jpg

まず、とても素敵な街と店で良かったのです。小さい店の中の一角で行なわれている原画展なので作品数が少ないのは難点ですが、しかし6月11日まで続く3週間の会期中、1週ごとに展示作品を入れ替えるそうなんですね。店員さんにも確認しましたが、本日のスタートが土曜日だから、来週、そして再来週の土曜日にはまた次の作品が観れるのですね!こりゃ最低でも3回は行く必要があります。

店を出るとたまたま上村一夫先生の一人娘である上村汀さまがいらして、過去の展示で何度か顔も合わせているため声をかけてくださいました。汀さまは現在『上村一夫オフィス』の代表で、名刺を頂いたのがこれですが、素敵すぎる…
kamimura-migiwa.jpg
手に持った時のサイズ感、紙質にもこだわっているのが分かります。裏面には住所等が書いてあるのですが、上村一夫オフィスは今回の展示会場のすぐ近く、世田谷区代田なんですね。
店の前で30分くらい立ち話してしまいましたが、上村一夫先生の色々な事や現在残っている原稿の事や今後の事、汀さま自身の事なんかも色々と聞いてしまいました。ああ、今思うと私なんかが1人で聞くのは勿体無かった!
汀さまが上村一夫オフィスを運営しているおかげで、こうして原画を展示してもらえたり本が復刻されたりされているのですから、ファンとしては感謝してもしきれません。

店の前には株式会社 阿久悠からの花があり、これまた阿久悠さん一人息子・深田太郎さんも会場にいらっしゃいました。
お互いが売れる前から、生涯に渡って親友だった上村一夫&阿久悠の仲は有名ですが、その娘さんと息子さんも同い歳で、父親の死後仲良しになったのだといいます。
setagaya-nostos-books5.jpg

さて没後30年が過ぎた現在、ヨーロッパでますます評価が上がっている上村一夫先生の功績や原稿を未来に残すためにも、いつか上村一夫記念館の設立が出来るといいですね。


スポンサーサイト
  1. 2017/05/20(土) 23:59:45|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!

最近の漫画(劇画)イベントを、もう一つ…『超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!』です。
yayoi-yumeji-museum21.jpg

このブログでも何度も著作を紹介している平田弘史先生ですが、こんな展覧会は初ですね。あの凄い絵の原画が観れるなんて!
会場に近い根津駅付近にはこのポスターも貼ってあって、盛り上がります。迫力あり過ぎて通行人も素通り出来ないでしょ!ちなみにこの絵は、「信長絵巻2 桶狭間出陣」の織田信長ですね。下級武士の生活を描き続けた平田先生には珍しい、歴史のスター武将・信長を描いた物。
yayoi-yumeji-museum22.jpg

会期は2017年1月3日~3月26日と、紹介するタイミングを逃したまま先月終わってしまいましたが…平田弘史先生はこの期間中に80歳を迎え、またちょうど画業60年目の年でもあるとの事。
会場は、弥生美術館・竹久夢二美術館
yayoi-yumeji-museum24.jpgyayoi-yumeji-museum25.jpg

料金を払って入場。ここはもうイベント変わる度にけっこう来ているので、この入場券はおなじみ。
yayoi-yumeji-museum23.jpg

貴重な原画や単行本など約300点、展示の仕方が素晴らしくてさすが弥生美術館でしたが、さらにこの構成をした学芸員によるギャラリートークがある日に伺ったので、通常時に一人で観るより勉強になりましたね。今まで平田弘史作品は読める限り読んできたし、ご本人の人柄を見れるエッセイ漫画「平田弘史のお父さん物語」も愛読していましたが、まだまだ知らない事はたくさんありました。
他にも会期中、寺田克也先生を招いてのトークショーだとか、あとは何と平田先生ご自身が来館されてのサイン会もあったのですが、これはどちらも日が合わなくて行けなかったのは残念でした。

平田弘史絵に案内されて1階右から回って2階へと順路があるのですが、撮影可能なのはその途中の踊り場部分だけでした。
yayoi-yumeji-museum26.jpg

ここで並んでるペーパーフィギュア(紙人形)が何かというと、
yayoi-yumeji-museum27.jpg

訪問者が武者に顔と応援メッセージを書いて作り、この台に置くと我々も『平田弘史応援隊』の一員になれる、という趣向の物でした。
yayoi-yumeji-museum28.jpg
yayoi-yumeji-museum29.jpg

いつも本では味わっていた凄まじい画力を生の原画で順を追って堪能するという黄金経験した後、弥生美術館を出ると"夢二 カフェ港や"がありますね。
yayoi-yumeji-museum30.jpg

いつもはここには入らずさっさと帰って根津で呑んだりしていたのですが、今回は入口に『平田弘史先生公認・弘史カプチーノ』の紹介がされていたのです。
yayoi-yumeji-museum31.jpg

展示に合わせてこういうの出すのは良いですね。これは素通り出来ないぞと、入店。
yayoi-yumeji-museum32.jpg
yayoi-yumeji-museum33.jpg
yayoi-yumeji-museum34.jpg

ここの可愛いショップカードは、この他にもあって4種類ほど存在するようでした。
yayoi-yumeji-museum35.jpg

もちろん注文は弘史カプチーノ!
yayoi-yumeji-museum36.jpg

弘史の文字を大事にキープしながら飲む者、アメリがクリームブリュレを食べる時みたいに上の文字をまずグチャグチャにしちゃう者...
yayoi-yumeji-museum37.jpg

私は最後まで大事にして、最後の最後で『弘史』部分を飲み干しました。
yayoi-yumeji-museum38.jpg

ちなみに昨年末にはこのイベントに合わせた『祝! 生誕80年&劇画家60年特別記念出版』という事で、「鬼才! 時代劇画家 平田弘史 その軌跡」(ラピュータ刊)が上梓されたのも記憶に新しい所ですが、
HIRATA-kisai1.jpg

私はこれを某所でサイン本にて入手していました。平田弘史先生の直筆サインって、凄いですよね!でも、同じ物がこの弥生美術館でも売られていました…
HIRATA-kisai2.jpg
HIRATA-kisai3.jpg

最後に80歳という事で、平田弘史先生おめでとうございます!
今後のご活躍も楽しみにしておりますので、くれぐれもお体にお気をつけくださいませ。


  1. 2017/04/03(月) 23:00:47|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビッグ錠のわが町とマンガ展

先月の26日の事ですが、神奈川県藤沢市へ行ってきました。藤沢市はずっと前に「ココ」で書いた江ノ島に行った時以来ですが、今回は初めての湘南台へ。
目的は、当地在住で私も子供の頃から大好きだった漫画家・ビッグ錠先生の作品展『ビッグ錠のわが町とマンガ展』です。
shonandai1.jpg

そもそもビッグ錠先生は、ここ湘南台に45年も前から住んでいるのだそうです。という事は今まで生んできた様々な傑作のことごとくはここ湘南台で描かれていたのですね。
会場は湘南台駅地下イベント広場で、
shonandai16.jpg
shonandai3.jpg
shonandai5.jpg

新旧のビッグ錠作品がズラッと並んでいるのですが…
shonandai10.jpg
shonandai20.jpg

代表作の生原稿もこの通り…「包丁人味平」「スーパーくいしん坊」
shonandai6.jpgshonandai8.jpg

「一本包丁満太郎」「釘師サブやん」…と、たまりません。
shonandai7.jpgshonandai9.jpg

これ、満太郎の『全日本おにぎり選手権』のやつだ。こんな変態コスプレ集団が真面目に料理に取り組んでいる、大好きな話の原画を一部でも観れて嬉しいです。
shonandai52.jpg
こうして原画を目にすると、今度はもっと大きな会場で1話丸々まとめて観れる場を作って頂けないものかと思ってしまいます。

湘南台は街中でもビッグ錠先生がデザインを手がけたキャラクターがたくさん使われていて、こちらはゆめまるです。
shonandai2.jpg

ただの掲示板も、ビッグ錠ファンにとっては撮影対象となります。
shonandai13.jpg
shonandai11.jpgshonandai12.jpg

ああ、ここは「ピンボケ写太」ばりのポーズで撮影するべきでしたね。
shonandai18.jpg
shonandai19.jpg

地元の『レインボータウンわくわくマップ』って、丸々ビッグ錠先生が描いているのだから湘南台の人達は贅沢すぎる!
shonandai14.jpg

近くに大学が5つもある、とか地元自慢の情報もいっぱいです。
shonandai15.jpg

これらは、駅の壁沿いに展示されていた大きめの絵。
shonandai21.jpg
shonandai22.jpg

歴代の湘南台のために描いてきた絵を集めたのかな。1970年代~1980年代くらいの全盛期の絵しか見てない方には一見してビッグ錠先生の絵なのか分かりにくいと思いますが、ちゃんと署名もあります。
shonandai23.jpg
shonandai24.jpg

この絵の鯉の尻尾の方にはビッグ錠先生が生んだ湘南台のマスコットキャラクターですね、ゆめまるだよーー、
shonandai26.jpg

ゆめみんでえ~す。
shonandai25.jpg
『でえ~す』ってのがお爺ちゃんっぽいセンスで良いですね。

着ぐるみがのゆめまる・ゆめみんもステージ上に居ました。
shonandai27.jpg
shonandai28.jpg

私が行った2月26日はイベント最終日で、このステージでトークショー「昭和マンガのあれこれ」が行なわれたのですね。
これにビッグ錠先生だけでなくゲストに川崎のぼる先生と南波健二先生も来るという事で、遠い湘南台まで駆けつけたのです。
shonandai4.jpg
shonandai17.jpg

これ以前にもイベントがいくつかあったので、その時に来た漫画家さん達が会場のテントにサインしていったようす。
ビッグ錠先生の絵、そして料理漫画仲間でしょうか…「江戸前の旬」のさとう輝先生、「味いちもんめ」の倉田よしみ先生、
shonandai29.jpg

「ミスター味っ子」「将太の寿司」等の寺沢大介先生、そして…
shonandai30.jpg

おお、ビッグ錠先生へのリスペクトを込めて「包丁人味平」の『カレー戦争編』で出てきたカレー将軍・鼻田香作を描いたりしています!…が、これって寺沢先生の絵じゃないような。署名が無いのですが、どなただったのでしょうか。
shonandai71.jpg

早く着きすぎてトークショーの開始まではかなりの時間があったので、一旦会場を出て湘南台の街を歩いたりもしてみました。で、いきなり何だここ!
『ババアーが焼いて ジジイが売る店
 居酒屋 次郎長』
だって。夜まで居られたら、絶対ココに入って呑んでましたね。
shonandai31.jpg

田舎の歓楽街みたいな所がちょいちょい見受けられてスナックが多い街でした。
shonandai32.jpg

それより昼飯を食べられる所は…"らーめん 麺の月"。よほど美味しいのかもしれませんが、こんな行列に並んでられるかバカらしい。
shonandai33.jpg

あまり店の数が無いしな...と、ブラブラ探し歩いていたら出てきたのが"ラーメンショップ 食いしん坊"という店。おお、これはきっと当地に住むビッグ錠のファンで「スーパーくいしん坊」から取った屋号だ。ここに決まり!
shonandai34.jpg
shonandai35.jpg
shonandai72.jpg
shonandai36.jpg

本棚にボロボロの漫画が置かれていましたが、残念ながらビッグ錠作品は見当たりませんでした。
shonandai37.jpg

手作り餃子、
shonandai38.jpg

大盛ラーメン、
shonandai39.jpg

おお激辛メニューもありますぞ…はい、激辛ラーメン。
shonandai40.jpg
shonandai41.jpg
ああ、一応厨房内を確認しましたが、「スーパーくいしん坊」の『特急ラーメン!!の巻』のように洗濯機で麺を茹でたりはしてなかったので、ご安心ください。

時間まで街をブラついた後、再び湘南台駅構内のイベント会場へ戻った所、凄い…座席は間然に埋まって立ち見もいっぱい!
shonandai42.jpg
shonandai43.jpg

もちろん私も立ち見ながら近くに行き、貴重な話をたくさん拝聴させて頂きました。
shonandai44.jpg
shonandai45.jpg
shonandai58.jpg
shonandai46.jpg

イベントの主役、ビッグ錠先生、
shonandai47.jpg

ゲストの川崎のぼる先生、
shonandai49.jpg

南波健二先生。
shonandai48.jpg
ゲストのお二方は、もう一昨年になりますが「ココ」で紹介した川崎のぼるイベントでも拝見させて頂いています。

トークショーは『昭和のマンガあれこれ』なので、それぞれの戦時中の話から漫画(劇画)黎明期・創成期の色々な話が当事者達から飛び出しましたね。内容は会場に来た方々と自分の胸だけに秘めておきますが、皆様の『好きな漫画家』だけメモったのを載せておきましょう。
川崎のぼる先生の好きな漫画家=瀬越憲と太田二郎、南波健二先生の好きな漫画家=関谷ひさしと福井英一、ビッグ錠先生の好きな漫画家=手塚治虫、との事でした。
shonandai57.jpg

トークショーが終わってからは先着100名にサインが当たる抽選券を配布するというので、10番目にもらいました。10番といえばヤツの背番号じゃないですか。そんなわけで会場にあった「巨人の星」のレコジャケ絵から花形満を見つけ、記念撮影。大リーグボール1号に対抗した時のあの構えですね。
shonandai54.jpg

無事に抽選券まではゲットしたわけですが、その後のこれ、ガラガラくじでスカを引いてしまいました。
shonandai55.jpg

ただしサインは皆の前で描いていたため、漫画界のレジェンド達がペンを走らせる姿をしっかり目に焼き付けてきました。
shonandai56.jpg
shonandai59.jpg
shonandai60.jpg

御三方でどんどん絵を回しているのですが、南波先生の描いた絵に川崎先生が色を塗ったり、仲良し漫画家達の共同作業に胸が熱くなりました。彼らの共同生活の話とか、様々なエピソードはトキワ荘組に比べて語られる事があまりにも少ないですよね。
shonandai61.jpg
shonandai62.jpg
shonandai63.jpg
shonandai64.jpg

↑のテントで空いてた面には、ビッグ錠先生とゲストの川崎のぼる先生、南波健二先生の絵が加えられました!
shonandai50.jpg
shonandai51.jpg

これで3面全部が偉大な漫画家達のイラストで埋まったわけです。
shonandai53.jpg

さらに↑の時点では寺沢大介先生の絵しか描かれていなかった面に、平松伸二先生による雪藤洋士の絵が描き加えられています!
shonandai65.jpg
shonandai66.jpg

これは凄いぞと『地獄に落ちろ!!』とか、黒い天使(ブラックエンジェル)ごっこをしていたのですが、これってこの会場のどこかに平松先生が来られてたって事じゃないですか!
shonandai67.jpg
shonandai68.jpg

私が少年時代に一番読んでいた「ブラック・エンジェルズ」の作者が…ええ、いらっしゃいましたよ!平松先生は「巨人の星」が生涯のナンバー1作品だとどこかで発言されていましたが、今回少しだけお話を伺った所『川崎のぼる先生の追っかけです』とまで仰っていました!
そして昨年の「ココ」で紹介したイベント以来になる記念撮影をお願いして。ありがとうございました!
shonandai69.jpg

そして最後にもう一度、左から川崎のぼる先生、ビッグ錠先生、南波健二先生…ありがとうございました!
shonandai70.jpg


  1. 2017/03/31(金) 23:59:43|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楳図かずお スペシャルフレーム切手セット

本日、特に予定のない郵便物が届きまして。身に覚えのない物を詐欺で送りつけられて、開封しちゃうとその代金を請求される詐欺とか流行っているじゃないですか。警戒しながらも送り先を確認したら楳図かずおという神の名を発見して一気に親しみを持ち、配達員に感謝して受け取ったと同時に、これを購入した時の記憶が甦ってまいりました。
UMEZZ-stampset1.jpg

昨年の12月頭くらいに郵便局にて、この『楳図かずお スペシャルフレーム切手セット』販売のチラシを見つけて、ウメカニストである私は当然飛びついていたわけです。でも代金を支払ってから3ヶ月以上も経ってから届いているので、もう忘れていたのですね。
UMEZZ-stampset2.jpg

セットの内容は、まず…
特製「UMEZZ HOUSE」フレーム切手フォルダ
UMEZZ-stampset3.jpg

見開きになっているこのUMEZZ HOUSEを開くと、
UMEZZ-stampset4.jpg

この度のメインアイテムであるフレーム切手が収納されているのです。
UMEZZ-stampset5.jpg

フレーム切手、代表作それぞれや楳図先生ご自身をデザインした52円切手の10枚セットになっていますね。これを抜き出すと、
UMEZZ-stampset6.jpg

このように楳図先生からのメッセージが!
UMEZZ-stampset7.jpg

肝心の切手を拡大すると、こうなっています。貴方は、全作品分かるかな!?
UMEZZ-stampset13.jpg

(楳図かずお関連の切手化は、「ココ」で紹介した時のまことちゃん切手以来ですね)
UMEZZ-philatelic-museum15.jpg
※これは今回のセットではないですよ!

続いては、ぐわシール
UMEZZ-stampset8.jpg

カラー版と塗り絵版とが5種類ずつ同梱されている、恐怖ぬりえポストカードセット
UMEZZ-stampset9.jpg
UMEZZ-stampset10.jpg

最後にこれ…

わたし
UMEZZ-stampset11.jpg

は真悟
UMEZZ-stampset12.jpg
そうです。昨年末から今年の頭まで、まさかのミュージカル化した作品(主演は高畑充希と門脇麦)が上演されていた名作「わたしは真悟」の、扉絵コレクションA4クリアファイルですね。ここでは画像が小さくて申し訳在りませんが、この実物は素晴らしい!

素敵すぎるために勿体無くて使えないから、このクリアファイルだけで単品販売もしてくれませんかね。でもそうすると、こうしてそれなりに高いお金出して限定セットを買っている層(もちろん私もその1人ですが)から不満も出るのかな。あ、『高いお金』と書きましたが、どうだろう。今回のグッズの価格はセットで4,980円。
郵便局は頻繁にこの手のマニア向け郵便グッズ(フレーム切手商品)を作成・販売していますが、大抵このくらいの値段は付けていますよね。多少高額にしても一定数いるマニア向けに作っている感じなので、興味ない方には高いと思うでしょうが、好きな人にとってはグッズを出してもらっただけで嬉しいし、本当にに買えないレベルの金額じゃない限りはグッズが出る=買うんですよね。つまり高いと思うか思わないかはあなた次第です、という事。

あとこの楳図かずお スペシャルフレーム切手セット、購入特典として今回のセットに入っていた『恐怖ぬりえポストカードセット』に楳図かずお先生が直筆サインを入れた物が抽選で5名に届くそうです。当選者には4月上旬に賞品を発送するとの事ですが、当選者がたったの5名ではさすがに当てるのは無理でしょうな…


  1. 2017/03/30(木) 23:59:00|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生誕80周年記念『黄金の梶原一騎』

しつこいようですが今年、つまり2016年は梶原一騎先生の生誕80周年となる記念すべき年じゃないですか。
そして、まさに80歳を迎えた誕生日である9月4日に合わせて、日本に生息する多くのカジワラー達は「ココ」で紹介したイベントに集い…
一方、商売をしながらもヴィンテージ漫画界において多大な功績を残し、コレクター達に夢を与え続けているお店・まんだらけ。もちろん私も20年以上お世話になっている所ですが、ここでは
『黄金の梶原一騎』
を限定発売していました!

実は既にこの夏行なわれた『ワンダーフェスティバル2016[夏]』の会場において、ディーラー・デンボクより生誕80周年 梶原一騎ミニソフビという物が販売されたのですが、それの黄金バージョンを製作数たったの20体だけ販売したのが今回のまんだらけ企画。
全国に潜むカジワラー数に対して、20体ではあまりにも少数しぎるじゃないですか。ではそれを入手出来る者をどのようにして抽選したのか!?
それはですね、専用応募フォームに「名前、住所、電話番号、メールアドレス」を記入、とここまでは当たり前ですが、さらに

梶原一騎作品または梶原一騎先生に対するあなたの熱い想いを400字程度お書きください

という条件がありました!
つまり、この抽選は運ではなく実力、というか梶原一騎作品への情熱で決まるというのです。それならば私もいけるかも…と、文章力には自信ないながら想いを込めて、400字縛りがきついながらも届けてみました。
その抽選には何と梶原先生の長男・高森城氏と次男の一誓氏、この企画の主でもある河崎実監督も選考にあたってくれたそうですが、私、光栄にも宇宙で20体しかないこのソフビ人形の購入権利者として当選させて頂きました!どんな熱い想いを文章に託して送ったのか、それは…恥ずかしいから秘密。
商品代金は3,780円、配送のみなのでその料金540円、さらに支払いはジャパンネット銀行限定という事で振込み手数料もかかりますが、こちら支払いの方の条件も全てクリアして昨日、届いたのです!おおお…
kajiwara-mandarake1-.jpg

これが男の背中。
kajiwara-mandarake2.jpg

この生誕80周年の刻印は、先のワンフェスで売られたタイプには無かったもの。
kajiwara-mandarake6.jpg

サイズは同じですが、高さが約120mmと小ぶり。我が家で20年近くずーっと燃え尽きている「あしたのジョー」のメタルフィギュア(ゴールドver.)に近い大きさ。そもそもこれは、以前発売された「タイガーマスク」のミニソフビシリーズと同サイズにしているみたいですね。
kajiwara-mandarake3.jpg

梶原一騎先生の似顔絵が表紙の自叙伝「劇画一代」(毎日新聞社刊)と比べればその小ささも際立ちます。
kajiwara-mandarake4.jpg

人間の大きさが知れ渡っている昨今、この巨星が虚勢を張ってでかくする必要もないという事ですね。サイズを大きくすればもっと値段も上がるでしょうし、我が家の梶原一騎本棚で邪魔にならずに入る、このサイズがチャーミングで気に入っています。
kajiwara-mandarake5.jpg
この面構えを、毎日見れるのは嬉しいですね。


  1. 2016/09/24(土) 23:00:29|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する