大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

はじめまして!

Bonjour!!

みなさま、はじめましてBRUCEと申します。
私は、株式会社アルク様より漫画について書いてくれと依頼された、ただの漫画おたくです。
しかし、これはコレクターとして、とても光栄な話ですよ。良い本を手に入れるため、雨の日も風の日も必死に戦うという、社会生活を送る上では全く関係無い事をしていた、その歴史が評価されたのですから。

いい機会ですので、このブログを通して僕が10数年に渡ってマニア、コレクターとして関わってきた「漫画」という物について語ると同時に、自分の勉強にもなればと思っております。
レア漫画を巡る話や、私の古本ハントの話、少年ジャンプの思い出、そしていつかフランスのB・D(バンド・デシネ)についてだとか、まぁいろいろやってみたいですよ。

友人の依頼は、
"過去の名作漫画を紹介するブログ"にしてれとの事なんですね。
うーん、「過去の」か。

日本最古の漫画はというと平安時代の鳥羽僧正まで遡らなくてはならないのですが、
さすがに私は鳥羽僧正には詳しくありません(笑)
やはり我々、ナウな現代人が思い描くのは、キャラが動いてセリフがあってストーリーがあってコマ割りがあって…
という、手塚治虫先生が作った形式ですね。それ以降です。私が語りたいのは。

その手塚先生が作り上げた様式を、さらに進化させた後進達。
それが「トキワ荘」と呼ばれる集合住宅の住人として、共に漫画を描いてた
藤子不二雄石森章太郎赤塚不二夫寺田ヒロオ
また永井豪松本零士ジョージ秋山つのだじろう、といった超大御所たち…

王道とは違った道を歩み、常にアバンギャルドであり続けた漫画雑誌「ガロ」。
そのガロ(*そのうち詳しく、私が大好きなガロについて説明します)出身の漫画家では、
白土三平林静一水木しげるつげ義春永島慎二安部慎一花輪和一丸尾末広山野一根本敬蛭子能収松本充代山田花子古屋兎丸花くまゆうさく福満しげゆき

ここらへんは一人一人紹介して行きたいですな。

「漫画」ではなく「劇画」だ!と叫び、リアルな画風を使った暗い話は「劇画」という言葉で定着させた、辰巳ヨシヒロ
他に有名な劇画家は、さいとう・たかをですね。
(彼は「手塚先生の絵では大人向けのハードボイルドは描けない」として劇画を始めたのだとか)

そして平田弘史佐藤まさあき

'70も半ば、その劇画的でシリアスな画風で登場しながらSF、幻想等を得意とするのが諸星大二郎星野之宣

私が個人的に好きな「ホラー漫画」ではと言えば、
楳図かずお日野日出志好美のぼる森由岐子犬木加奈子伊藤潤二

とりあえずズラズラと思いついた漫画家の名前を並べてきましたが、他にも格闘技漫画、男気漫画、ギャグ漫画…
ジャンルごとで語ったりもする事によって、このブログもしばらく続きそうですね。

そんなわけで、第一回目は触りだけでしたが、次からは早速漫画家個人個人の紹介をしていきます。
別に手塚先生から始めるわけではありません。
特に思い入れの濃い漫画家から始めようと思いますので、↑であえて名前を出さなかった、
梶原一騎先生特集、もしくは上村一夫先生特集でいこうかと思ってますよ。

では、今日の所はサヨオナラ。

A bientot!!
BRUCE.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/02/22(水) 20:54:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する