大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

祝・生誕30周年 ~おめでとう、そしてありがとうBRUCEさん

先週の9月13日で、私は30歳を迎えました。

おめでとう!

ありがとう!

若者嫌いの私は自分もまだ20代でしかない事にずっと後ろめたさを感じていましたが、それも30歳になった今からは無くなるのでしょう。

それだけに今日だけは、イベント事を重視しない私にも嬉しい日。


そういえば私、暗い青春時代に熱心に読んでいた月刊漫画ガロ誌上で、みうらじゅん先生が「ディランがロック」というエッセイを連載してたので愛読していたのですが、まだ高校生だった私は、こんな文章を見つけて熱くなってたのを思い出しました。

『そうなんだ人間って歳をとるごとによくなっていくはずなんだ。目に見える肉体は朽ち果てていくが、目に見えない魂は、経験という修行をくり返し向上していくものに違いない。
(中略)
「あの頃はよかった」なんて語り合う同窓会にだけは出たくない。前進し続ける人間に、振り返っている暇などどこにもない』


とね。
その後さらに、経験という修行を全くつまない人間も存在するし事を学びましたね。
それと若者は化ける可能性を秘めているわけですからね、侮れないのは分かりますが、その時点での"若者"と呼ばれる奴らは私、大抵嫌いですな。
だって根拠のない自信で寒い事ばかり言うでしょ(笑)
自分の思い出したくもない過去を考えてますますそう思うわけですが。

50歳とかの人から見たら私も若者でしょうが、精神は老人なのです。腐り始めてるのです。でも腐り始めだからこそ出来ることをしていこう。
ついでに肉体的にも、会う人会う人に『太った』と言われるし、ずっと両目共に2.0だった視力も落ちてきて今や景色がかすんでます。

…誕生日過ぎたばかりの時にくだらない事ばかり書くのはやめときましょう。

ここの所ずっと仕事で深夜帰宅が続いていたのですが、20代最後の夜は少し時間があったので職場がある神楽坂にて、終電まで居酒屋・竹ちゃんに一人で寄り、読書しながら生ビールをガブ呑みしました。

その時読んだ、つまり同時に20代最後に読んだ本となったのは文庫版「俺 勝新太郎」
katu-shintaro.jpg


----------------
生誕30周年記念祭の第一弾としては、大好きなせい家で豪華なスペシャルラーメンを食べましたよ。
トッピングいっぱいで値段はノーマルの倍以上するの。
koenji-seiya.jpg

今時こんなの使ってるのか!私のボロ携帯も写ってしまいました。
ストラップはBRUCE LEEと小林よしのり(よしりん)先生。


さらに友人達に自らメールを送りつけて誕生日をアピールしまくった私は、数日間に渡っていろいろなお店でごちそうになりました。


阿佐ヶ谷は、まず寄り本舗
asagaya-yorihonpo1.jpg

焼肉も安くて美味いし、牛スジ頼むとこんな↓鍋で出てくるんですよ!
asagaya-yorihonpo2.jpg


店内に変な神棚みたいなのがありますが…
asagaya-yorihonpo3.jpg


重ねて肉。他の日に安楽亭にも呼ばれました。
asagaya-anrakutei.jpg



三鷹市では一圓
店員さんがイケメンのロン毛ばかりでホストクラブに間違えて入ったかと思いました。
mitaka-itien3.jpg


店長さんも面白すぎ!
mitaka-itien4.jpg



さらにこの日の夜は高田馬場で、まず有名な鳥やす
takadanobaba-toriyasu1.jpg


ライターの友人・T氏。
takadanobaba-taku1.jpg

彼はこんな素敵T-シャツを仕込んで来てくれました!
takadanobaba-taku2.jpg

最近まんだらけが自ら復刻した梶原一騎先生の「男たちの星」に付いてた物ですね。

その後、串八珍→とっておきの居酒屋にも行った後、駅でパチリ。
takadanobaba-station.jpg



さらに別の日の新宿では、店内に釣り堀があって自ら釣った魚を食べられる店・ざうお
shinjuku-zauo1.jpg

shinjuku-zauo2.jpg

shinjuku-zauo3.jpg


↑のタイを釣る時は餌になってたエビさんですが、自身が主役となって刺身で登場した時もンマーイ!
shinjuku-zauo4.jpg



----------------
さてさて。次は友人達から頂いた(徴収した)、有難いプレゼント紹介。


まずBRUCE LEEネクタイ。
BRUCE-LEE-tie.jpg


そして「梶原一騎直筆原稿集『愛と誠』」(風塵社刊)。
これは布張りハードカバーで、原稿用紙のカラー写真を載せた巨大すぎるな本(436ページ)!!
KAJIWARA-aitomakoto1.jpg

KAJIWARA-aitomakoto2.jpg

全16巻からなる漫画史上の傑作「愛と誠」の原作を、たった一冊にまとめたのだからそれは凄い分量になります。
しかも欠番になった回の原作も存在するのだから、「愛と誠」ファンには嬉しすぎる本ですね。
それなら何で今まで持ってなかったのかと言えば…定価25000円は高すぎたのさ。
それに私は古い本にばかりお金を回してるので、どうしても新刊は後回しだったのです。

次は付けヒゲ。この二種の他に、もう一種類頂きました。
mitaka-itien1.jpg

mitaka-itien2.jpg


この撮影場所は既に紹介した三鷹市の一圓で、ここからはでかい餃子を頂きました。本当にいつもお世話になっています。
mitaka-itien5.jpg


さらにさらに!
辛いモノに目がない私なので、こんな調味料も頂きました。
death.jpg


華倫変のカラー漫画「忘れる」が載ってる、1998年のヤングマガジン増刊赤BUTA
takadanobaba-toriyasu2.jpg

この写真の右に見えるのは…

未だにCDを家でテープに録音してウォークマンを持ち歩いてた私に対して、何と高価なi-pod!!
i.jpg


そしてお酒も外せないでしょう。レアな日本酒も頂きました。
sake.jpg



しかしゴッドBRUCE LEE梶原一騎先生、音楽、酒、激辛…付けヒゲは今月ある所で使うので私からリクエストした物ですが、皆さん私向けのプレゼントを良く分かってます!本当にありがとう!!


でも中にはふざけた奴もいて、ピンクブーメランのパンツをくださりましたよ!
それはもうあんど慶周先生の「究極!!変態仮面」よろしく、やりましたよ!これ↓
panty.jpg


これは「毛主席語録」
aka1.jpg

違う、違うんだ。私は共産主義者じゃ・・・
aka2.jpg


最後に、これは自分で自分に買ってあげた三上寛「お父さんが見た海」(思潮社刊)。
三上寛氏の本もレアなのが多くて高価だし、なかなか全著作は揃いません。
MIKAMI-KAN-otosangamitaumi.jpg



----------------
そんなわけで無事に生誕30周年を迎えましたが、昨夜は平日というのに高円寺・アニマル洋子の店員二人と朝の五時過ぎまで語りながら呑み、金曜の今日は9時出勤している、まだまだタフガイな私です。

これからもどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/21(金) 23:53:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ(24) 本宮ひろ志 5 「さわやか万太郎」 4

こんばんは。
本宮ひろ志先生の「さわやか万太郎」紹介も今回で終わりです。
sawayaka-mantaro910.jpg


最後に花見万太郎が挑戦するスポーツは、サッカー。
万太郎を娘の旦那と認めない、松平五月ちゃんの父親はフランス帰りのサッカー狂。
彼に呼び出された万太郎は、今度日本で開かれる青少年によるワールドユースサッカー大会で
『日本を優勝させる事ができたら正式に五月をやる!』
と宣言されました。

その時に
『日本ではサッカーはあまりポピュラーなスポーツではないが
ヨーロッパ ソ連…南米諸国! 世界中の国ぐにで熱狂的に支持されているスポーツだ
その勝ち負けで 国と国とで戦争がおきるぐらいにな!』

と説明されているのですが、今では考えられないセリフですね。

この当時は1979年(単行本8巻が出たのは1980年)。
時代が流れ、サッカーに興味ない私には耐え難いくらい幅を利かせるスポーツになってますから…。
私はサッカーは嫌いですけど、サッカー漫画は好きですのでね(これは野球漫画の時も言いました)、「さわやか万太郎」のサッカー編は楽しく読んでます。

前回のボクシング勝負でレフリーをしたユースチームの松本監督が、動物的な身体能力を持つ男たちを集め、元々サッカーやってた上手いチームの二軍にします。
二軍!?とはいえ、実際はこちらの型破りなイレブンに期待をかけています。
普通にサッカーが上手くても、世界レベルに通じるわけがないし…だいたいこれは本宮漫画ですからね。

その二軍チームのメンバーが、かつて万太郎と戦った野球編の平田新蔵、ボクシング編の海原総一郎、何故か同級生(というか子分)のカニ、女の子なのに五月ちゃんまで入り、他は初登場の面々。

中にメガネの双子がいるのですが、この顔で双子の…こいつらは本宮先生自作の「男一匹ガキ大将」のオマージュですね。分かる人少ないでしょうが。

11人でボロい合宿所にぶち込まれ、自主性にまかせてコーチも置かれずに、彼らだけで共同生活をしていく事になるのですが…
こういう生活では絶対に必要なのが頭(リーダー)。

どうやって決めるかという話になった時、平田が
『やっぱりさわやかに ケンカで決めるしかなかろう』
と提案し、それに皆が普通に賛同するのがウケますね。

ケンカ自慢のこの面子でも、やはりバケモノ並の強さで勝ち残ったのは万太郎、平井、海原。
そしてこの三人の決着は既についているというわけで…万太郎が頭に決定。

そして初めての練習試合で万太郎が出した指示とは!
『バックスもフォワードもセンターも そんなもの関係ない!作戦はいっさいなしだ!
なん発あのゴールへぶちこめるか それだけだ わかったなァ!』

…です。

そんなのでもそれぞれの身体能力が普通じゃないので、見方同士ボールの取り合いから点の入れ合いで50点以上の点差(!)をつけて勝ってしまいます。

次はサッカーのエリートである全日本チーム一軍と戦い、勝った方をユースの正式なチームとしてヨーロッパ遠征に派遣される事になりました。
で、作戦もなく11人の"個人"で暴れまくるだけの万太郎率いる二軍チームは、フォーメーションがどうとか監督の指示通りに動く一軍に惨敗。

でも今後こそが、反省した二軍チームによるド根性の見せ所ですね。

このタイミングで、2ページ使ってオーバーヘッドキックで派手に登場したのは、松本監督に選ばれた十一番目の男
いつまでも五月ちゃんを入れておくわけにはいかないですからね。

この男は目はするどく色黒の男前で、万太郎とは違うタイプの主人公顔です。
これから重要な役割を担っていくのに違いない。

と、思わせておいて!

その後地味にしか出てこないし、あれ?あいつ名前すら出なかった!!

複線はっておきながら、それを作者が忘れてる事も日常茶飯事なのが本宮ひろ志先生の漫画ですから、それでいいのです。

それから二ヶ月の山ごもりから帰ってきた万太郎たちの姿は見物ですよ!
全員真っ黒の泥だらけ、身にまとう物はボロボロ。しかも山下りてもその姿を通すのです。

残念ながら大会開幕も迫ったある日、正義からなるヤクザとの乱闘でこの11人は全員出場禁止になってしまいましたが…
最後に去年の優勝チームであるソ連チームに勝負を申し込みます。

球場に登場する時は仮面で顔を隠してる11人ですが、その仮面がひょっとこや天狗や般若にまぎれて、仮面ライダーウルトラマンまであります。
少年ジャンプは、石森プロ円谷プロに怒られなかったのでしょうか。

そして暴力事件でクビになった万太郎イレブンが、練習試合とはいえ世界最強のソ連チームを破るわけです。
万太郎のきりもみオーバーヘッドキックとか空飛んでるし、ボールはネットを突き破っていきました…

ちなみに、この1979年には本当にワールド・ユースサッカーが日本で行われていて、この「さわやか万太郎」でもタイアップを兼ねてサッカーを描いたようです。作品中で大会の宣伝も派手にしてます。


------------
さぁこれで最後のサッカー編も終わり、エピローグを残すだけ。

万太郎も五月ちゃんも今年新設された番寺院高校に入り、何と同じくここに入学した平田は野球部でキャッチャーとして、あの万太郎の爆発するボールを受けています。
平田はこの漫画で敵として最強にして最凶だった、最初の恐ろしいキャラはどこへ消えたやら…

とにかくこんな二人がバッテリーなら甲子園優勝も間違いないのに、万太郎の幼な妻である五月ちゃんが実家にさらわれたために、その松平家で彼女の父親と言い争い…
学校は辞めて家も出て、土建屋で働きながら自活する事にしました。

『ぼくは自分の生き方に自信をもってる 後悔なんかしないよ
どっちの道へすすもうと 自信をもってるベストをつくし
いいことも悪いことも すべて自分のコヤシにしていけば
後悔なんて情けない感情は おきやしないんだ』

と、言い残して。

しかも夜は学校に通いながら五月ちゃんをきちんと卒業させる事を約束して、見事五月ちゃん奪還。
どうやら、高校が終わったら今度は五月ちゃんが働いて万太郎を大学へいかすそうですが、この二人ならどんな試練も乗り越えるでしょう。

ああ、やっぱりさわやか。きれいな〆


またそのうち本宮ひろ志先生の漫画を紹介しますので、お楽しみに!


わけしり顔で 深刻ぶるのは きらいだけど…やさしさだけで
生きていけるほど 人生を あまく考えてはいない
ただ これしかない これが最高だって生き方を
みつけたら その時こそ 万太郎は ぼくらの時代の
スーパーマンだっていえるんじゃ ないかなあ………



  1. 2007/09/19(水) 23:59:26|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

週刊少年ジャンプ(23) 本宮ひろ志 4 「さわやか万太郎」 3

今夜は「さわやか万太郎」紹介の3回目。
sawayaka-mantaro78.jpg

つまり花見万太郎が挑戦するスポーツも3つ目…かと思いきや、しばらく軟派な日々が続きます。

五月ちゃんのいとこで、顔が同じな葉月ちゃんが万太郎を狙って近づいてくるのですが、この娘は性格がキツイ。で、彼ら番寺院中学がスキー旅行とシャレ込むわけです。
見開きページで始まる女風呂の描写が長々とあったりして興奮モノなのですが、パイオツもちゃんと描いてるんですよね。つまり、乳輪があって乳首がある。良かったのかな、当時の少年ジャンプは。

そこに万太郎のクラスメートの寅ホタルカニという三人が女装して入り込むのですが、この羨ましい回に一話まるまる使ってまして、女体!女体!女体ぃ~!!

----------------
スキー旅行から帰ると、前の学校では生徒会長やってた秀才で、ボクシングやっててケンカも強い海原総一郎が転校してきました。

こいつが万太郎のライバルになるのですが、転校早々風紀部を作って幅をきかせ始めました。

壇上に上がって
『番寺院中学の諸君!!
人間にとってェ 規則正しィく 礼儀正しい生活というのはあ~
すぐファシストだの軍国主義と考えるのはまちがいです
それどころか規則正しい生活は 人間にとって心にはりをつくります
精神にみずみずしさをもたらすのです
けっして不快なものではありません
(中略)
はきちがえていないか 自由と……甘えとを!!』

なんて、いい事言ってます。

しかも座禅会なんて渋い会を土曜に催し、それに対抗して万太郎達はディスコ大会を催しました。

この硬派と軟派の対決は引き分け。

五月と葉月の和製アバ(時代を感じますね…)が「ダンシング・クイーン」とか歌って可愛かったのですけどねぇ。

自由な校風だった番中ですが、今度は風紀部が制服の着用を全生徒に強要し始めましたよ。
しかも暴力を使うので、仲間をやられているのを見た万太郎がついにキレ、海原とのボクシング勝負が行われる事になりました!

次はボクシングか。でも長さは単行本一冊の半分ちょいくらいしかないです。

ボクシングの全国大会で去年優勝しているほどの実力者・海原はさすがに強いのですが、万太郎の底力は彼のテクニックを上回りました。
このままでは負けると思った海原は、仲間を使ってパチンコで万太郎を狙わせるという、ド汚い手を使いました!
これまで思想は違えども万太郎と同じ"男"だと思ってた海原も、こんな奴だった…

しかし両目を潰された万太郎が、五月ちゃんのテレパシー(!!)で海原の位置を教えて、逆転KOで万太郎の勝利。

そして海原のように、万太郎もリング上から演説を始めましたよ。
『おれたちはよォ!
いろんな物にめぐまれ ぜいたくな生活してるよ
あんまり がまんなんてしないで いろんなことができるし いろんな物が手に入る
へたをすると物にうもれて なにごとにもがまんできない だらしない人間になっちまう
そういう点では たしかに海原の いってることは大事なことだと思うよ
しかしなあ すでにいろんな物にめぐまれ 豊かな生活をしているんだ!
それを今さらひっくりかえす 必要なんかないんだよなあ
こういう生活の中からスタートして おれたちは先へすすむしかないんだよ
むずかしいことだよな
だけどよ バカにされてたまるかってんだっ
おれたちはそんなにダサくはねえぜ
豊かな生活におぼれて ひ弱な人間になってたまるか!
いちいち指図されないまでも 自分たちで自分のことぐらいケジメをつけられるぜ
そうだろうーっ みんなあ!!』

ですって。いいぞーっ万太郎!

----------------
次回はこの「さわやか万太郎」のラスト、サッカー編です。
今回のボクシング勝負でレフリーをしたのが全日本ユースサッカーチームの松本監督だったので、読者もすぐ分かった事でしょう。

それでは、今夜はおやすみなさい。


  1. 2007/09/18(火) 23:58:34|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ(22) 本宮ひろ志 3 「さわやか万太郎」 2

今夜は本宮ひろ志先生の「さわやか万太郎」紹介の続きです。
sawayaka-mantaro34.jpg


花見万太郎と、その妻・五月ちゃん(共に中学生)は、これからどんな活躍をしていくのでしょうか。
ちなみにこの二人は、中学生にして同じ家(花見家)に住む夫婦なわけですが、この時点ではまだキスもしてません。

同級生に『あの かわいらしい五月ちゃんを毎日みててさ ギューなんてだきしめたいと思わないの おかしいよ変態じゃない どっか体わるいんじゃないのぉ』と言われた万太郎は、心の中で
『五月はみているだけで かわいいんじゃ』
とつぶやく。

うん、私と同じくストイックな男だ万太郎。
さて、前回はアイスホッケー編でしたが、次は野球編。どんなスポーツでも一流中の一流なので大会になると各部からひっぱりだこの万太郎ですが、特に野球は大本命なんだとか。

それに本当の所属部は野球部で、もちろんキャプテンなんです。
ショートカットで五月ちゃんとは正反対タイプの美少女が恋のライバルとして現れますが、すぐに負けを認めて去り…五月ちゃんは野球部でも万太郎と一緒にやる事になります。
ピッチャーとして凄い実力を持ってる事が分かって、男の部員からエースの座を奪ったのですね。

ちなみに野球部の監督として登場したのは、おしりプリプリしながら歩き、
『はーい元気ィ あは~ん かわいいわよキミ!わたし真理子先生 よろしくね~ん』
なんて言いながら生徒達の前に出てきた真理子先生
さらに『あっは~ん』と風でスカートがまくれる、つまりマリリン・モンローのそっくりさん。
この真理子先生が万太郎のファーストキッスの相手になってしまい、当然五月ちゃんとの騒動もあるのですが、それは省略。

こんな万太郎達の番寺院中学(番中)が、私立中学野球大会という・・・変な私立中学だけの関東大会に挑みます。

一回戦の相手はバイク中学
『オートバイ狂の校長が オートバイ狂の学生を集めてつくった中学』なんだそうで、メンバーは全員中学生にしてバイクを乗り回してます。
でも野球は…まぁ弱いのですが、遅れて寅ホタルという男が派手に登場しました!
『土曜の夜にはーっ 千葉に行くっぺよーっサタデイ・ナイト・チィーバア!!』
なんて踊りながら出てきた、ディスコのせがれです。
こいつは投手としては変化球の名人で、バッターとしても万太郎よりでかいホームランを打ちましたが…万太郎との対決でどでかいホームランを打たれて負けたら、あっさり試合も学校も止めると宣言し、番中に転校しちゃいました。

万太郎と五月ちゃんの初キッスをはさみ、その後は簡単に決勝まで進んだ番中と戦うのは、硬派中学という素敵な名前の学校。

こいつらは乱暴なプレイで対戦選手を次々退場にさせる上に、ピッチャー・鉄の腹切りシュートはかなり手ごわい…と思いきや、警察から出所してきた三年生達にヤキを入れられ、退部させられましたよ。
ここまで勝ち上がってきた硬派中は一、二年だけのメンバーだったのです!

そして三年生の正規メンバーははるかに恐ろしい無法者集団。勝つためには手段を選ばない彼らは、対戦相手を全員闇討ちして試合を不戦勝する汚いやり口。
彼らが優勝する事に莫大な金がかかってるらしいのです。

番中ナインも試合前日に次々とやられていくのですが、車にはねさせたり、無理矢理ウイスキーを飲ませて急性アルコール中毒にさせたり…
さらに、可愛い五月ちゃんまでやられます!
しつこく殴りまくられ、万太郎が助けに行ったら木材を倒して二人とも下敷きになりました!!
重傷ながらも不死身の万太郎は、怒り、硬派中と一人で闘おうと決意。
そこに『せめてキャッチャーぐらいは必要だろう』と、番中に転校してきた元・バイク中学の寅ホタルが助けにきてくれました。

"神●風"ハチマキをして気合い入れた万太郎はマウンドに立ちました。今までピッチャーは五月ちゃんにまかせて自分はキャッチャーをしていた万太郎は、実は凄いピッチャーでした。ならば何故ピッチャーじゃなかったのかと言えば、球があまりにも凄すぎて取れる人がいないから!
頭に血がのぼってそれを忘れていた万太郎が二年ぶりに第一球を投げると…
ボン!という音と共に、地面が爆発しました!観客に『万太郎の肩は鉄砲なんてもんじゃねえ バズーカ砲だ』なんて言われてますが、火薬使ってるだろってレベルの異常ボール。
これがノーコンなものだから、バッターも、味方であるキャッチャーも逃げ回る。
しかしキャッチャーの寅ホタルは自分の親父から『死ねえ~っ!男だったら死んでみやがれえっ!!』とまで檄を飛ばされて覚悟を決めました。
でも一球でミットを貫通して審判と共にバックネットまで吹っ飛ぶんですよ。

そこで!!重傷の親友であるカニが特製のキャッチャーミットを持ってきました!『特上の牛革が三重になってるんだ中にはアンコのかわりに砂がかいってるつなぎは全部ピアノ線だよ』というそのミットは手を入れるところがふたつあり、両手で万太郎の球を受けとめる特別製。
ここまできたら硬派中すらも問題なく次々と三振にとります。

でも問題は硬派中キャプテンの平田新蔵。五月ちゃんを殴りまくった男です。
彼は打率9割5分…しかもそれはヒットではなく、ホームラン率が9割5分という男!
円月打法という0.3秒で振るスイングによって万太郎の球に当ててきます。しかしジャストミートされても万太郎の球はバットを砕く威力(もうどうにでもして)!この男VS男の戦いは熾烈さを極め、ベンチの手下に替えのバットを作らせてます。
硬派中学には、バット職人がいるのです!
以前このブログで紹介した「父の魂」を思い出しますね。

それから十二本のバットが折れ、十二個のボールが叩き潰され…平田は中学生にして、口に含んだ酒をバットに吹きかける「あぶさん」のアレをやってます。
しかも金属バットに変えてみますが、それすらも万太郎はぶち曲げて、ついにこの打席は勝利。

次の打つ番で、二人しかいない打者の万太郎と寅ホタルがホームランを打ちまくるのですが、硬派中はピッチャー交代して主将の平田が出てきました。
平田はピッチャーとしても異常な力量を持っていて、ウォーミングアップの投球をセンターの一番深い所から始めるんですよ!
それどころかその距離でキャッチャーミットを突き破る威力の上、その球には1キロのナマリ入りボールだったそうです。

そんな力を持つ平田がマウンドから普通に投げたらそりゃヤバイですよ。
キャッチャーは何と、グローブに生肉を詰めてクッションがわりにして平田の球を受けてます。
そしてこの勝負、平田と万太郎の一騎打ちで勝った方が試合の勝者にするという、まぁ作者に都合良いルールになりました。そして勝負は万太郎の特大ホームランでゲームセット。
いい勝負でしたね。もう勝敗決した二人に恨みもなくなってます。

ああそうそう、硬派中は背番号がいいですよ。
頭、牛、億、兆、壱、万、参といったふざけすぎ背番号が見えてます。いいですねー。
sawayaka-mantaro56.jpg


はい、「さわやか万太郎」の野球編はここまでです。
この後万太郎は何をやるのか、また次回お会いしましょう。


  1. 2007/09/17(月) 23:56:28|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅行・紀行・街(4) 東京都武蔵野市 1 第35回吉祥寺秋祭り、井の頭自然文化園

今回は東京都武蔵野市

ここもやはり私が昔からなじみが深い街ではあるのですが、同じ中央線の他の街のようにマニア受けとか通好みだけで終わらず、一般受けもしている人気地区ですね。
武蔵野市なんて言うより、市の中心である吉祥寺という名前を出した方が通りがいいでしょう。

駅周辺は多摩地域最大の繁華街であり、PARCOもあるし、お洒落な洋服屋、雑貨屋、それに素敵な喫茶店、レストランもいっぱいあります。
まぁ私が行くのは、大抵いくつかの古本屋と"DISK UNION"くらいですが。あと、"ジブリ美術館"もある井の頭恩賜公園ではたまにブラブラしてるし、毎年花見でも使ってます。

あの元ばちかぶりにして俳優の田口トモロヲ氏や、ガロでよく描いてた漫画家の松井雪子先生が武蔵野市出身ですよ!
「ろくでなしブルース」「GTO」といったポップな中学生向け漫画でも舞台に使われていますし、久住昌之原作・谷口ジロー作画の名作漫画「孤独のグルメ」で使われた(名前は変えてましたが)超人気回転寿司屋の"天下寿司"があって、他にもよく行くラーメン屋とか様々なジャンルで名店はいくつかありますが…
お店とかの紹介はまたの機会に回して、今回は先日の土日で行われた第35回吉祥寺秋祭り、そして"井の頭公園"の、とある場所だけに絞りましょう。
そうだ、あとにもう一つ。ここは私にとって世界で一番の漫画家とも言える楳図かずお先生目撃情報が日本一多い所であり、実際に私もツーショット写真を撮らせて頂いたりした顛末はここで語っています。

まずは、第35回吉祥寺秋祭りです。
kichijoji-akimaturi.jpg
akimaturi.jpg

私は吉祥寺の隣駅でもある、三鷹市で一番好きなラーメン屋"一圓"の店主(このしと↓)とお知り合いになった事から誘われるようになりまして、以前から御輿のかつぎ手として参加しているのですね。
maturi1.jpg

ちなみにその三鷹"一圓"は、ラーメン屋というのに店内にはロックが流れ、店員の男はロン毛のイケ面ばかりというのが面白いのですが、どこよりも皮が厚いジャンボ餃子や、チャーハンも麺類も美味い、安い!
おっと、ここの話は今回は関係なかった。

とにかく正装に着替えて集合すると・・・
maturi2.jpg


おおっ!
同じグループに、あのミサイルイノベーションのドラムス・林久悦氏を発見!!
maturi3.jpg

私は彼のファンで、他のバンドのサポートで叩く時でも何度もライヴに足を運んでいるのです。

彼とは以前お酒の席でも同席させて頂き、持参したCDのジャケットにサインを貰った事もあります。
missileinnovation1.jpg


彼は漫画も描くので、お願いしてオリジナルキャラクター・味見マンの絵も描いて貰いましたよ。
missileinnovation2.jpg


今回も写真を一緒に撮らせてくれました。
maturi4.jpg


脱線ばかりしてて、なかなか御輿の話になりませんね。
私たちがかつぐのはコレ。
maturi5.jpg

グループは吉祥寺の花形・サンロードです。

ヨイショ、
maturi6.jpg

あ~らえっさっさ!!

オタクだと思われがちな私が御輿をかついでる姿は意外に映るでしょうね。
東京ではここ、吉祥寺のに近年ちょっと出てるだけですが、実は私の故郷の御輿もかついだ事はありますよ。
最もあちらは、それこそノリが体育会系すぎてダメでしたが。

こちらは東京らしく余裕があると言うか…軟派なだけかな(笑)
何しろ男女入り乱れて同じ御輿をかついでます!!
まぁこれは、女の子でも同じように出来る事を、かつて『その筋肉はもはや"聖マッスル"なり』とまで言われるほど発達した肉体を持つ私が、ヒーコラ ヒーコラ バヒン バヒンって、へばりながらやっとかついでるんだから、情けないのがばれてしまいますか。

逆にひどいのが、吉祥寺の御輿ってかついでる最中はビールが出ないんですよ。
田舎では二週間前ほどから準備と称して、町内会で集まっては呑みまくってましたからね。
台風一過で暑すぎる中だったし、呑みながらやりたかったなぁ。

カメラを向けられたら余裕を見せて、ぐわし
maturi7.jpg

楳図先生ゆかりの吉祥寺でとるポーズは、そりゃこれしかないでしょう。

みこしなんか一日中かついでると、肉体ばかり疲れて頭の中身は使わないから、軽いトランス状態になります。
私はいつものように『人は何で生きるのか』『どこから来てどこへ行くのか』などという定番の思索から始まり、そのうちソクラテスの言うフィロソフィ、つまりギリシャ語のphilos(愛)+sophia(知)の結合で"知を愛する"の意を持つそれについてまで考えがおよんでました。
(これはもちろん嘘。本当は『何でウンコは臭いんだろう』とか考えてました。)

で、終わった~ァァァァァァ
maturi8.jpg
maturi9.jpg


さらに凄いのは、打ち上げに尊敬するアーティストである林久悦氏の邸宅へ呼んでもらった事でしょうか。
住居が解散場所から10分くらいの距離でして、部屋にドラム一式が三セットもあるけど、まだまだスペースがあるお家でした。
そして我が家は本やCD等で、ドラム三セットよりはるかに場所を使ってる事を改めて反省。

美味しいお酒やつまみをごちそうになった上に、氏の面白すぎるトーク。
この太鼓は、氏の自作(水彩画)。
maturi10.jpg


真夜中に阿佐ヶ谷の我が家へ帰宅して、御輿着を改めて見てみると…カッコいい。
ハッピや帯は借り物でしたが、このシャツとズボンは自分の物として激安で購入したのです。
いや、チンピラのコスプレする時くらいしか着れないか。ヌンチャクでも持ってみたら少しは強そうに見えますかね。
maturi11.jpg
maturi12.jpg
疲れきった顔だ。

こちらは前年に出た時の写真で、携帯のカメラにこれだけ残っていました。
maturi13.jpg
maturi14.jpg
maturi15.jpg

次は、井の頭公園。
個人的には定期的に東京に遊びに来るようになった高校時代からここはなじみがありましたが、漫画でも諸星大二郎先生の「栞と紙魚子」で出てくる胃の頭公園のモデルになり、森田まさのり先生の「ろくでなしBLUES」では頻繁に舞台として使われていましたね。小説でも好きだった花村萬月「聖殺人者イグナシオ」で、ヒロインと再会した主人公が話し合う場所。
私は1994年に発覚した"井の頭公園バラバラ殺人事件"の直後にも通ってますので、あの時の異様な物々しさを覚えてます。そんな井の頭公園の、正式名称は"井の頭恩賜公園"

武蔵野市から三鷹市にまでまたがる都立公園で、恩賜と言うくらいですから天皇家から頂いた土地…なんだと思います。
"三鷹の森ジブリ美術館"も、ここにありますね。出てきたこの写真は、まだ施工中のジブリ美術館。
inokashira-zoo19.jpg


かなり都会な吉祥寺の中にあって、自然がいっぱいの広大な土地は有難い物ですが、しかも無料で24時間開放しているのが嬉しい場所です。
しかしその井の頭公園内には"東京都井の頭自然文化園"という有料の部分がありまして、ここは今まで一度も行った事が無かったのです。別にあまり気にしてなかったのですが、中に動物園があると聞いてこれは行かなきゃと改めて昨年末に思い立ったわけです。

入場料は大人400円。これで逞しい猛獣を見れるのなら安いか、行ってみましょう。
inokashira-zoo17.jpg

最初に分園の方から入りました。
inokashira-zoo1.jpg


自然文化園の中でも本園と分園に分かれてて、やはり東京都心としてはかなり広い土地を使っているのですが…
猛獣なんていないんです!!
大型動物自体もメインの老ゾウ・はな子ちゃんだけで(しかもこの時間は屋内飼育でした…)、
inokashira-zoo10.jpg
inokashira-zoo11.jpg


他にいるのは鳥さん達、
inokashira-zoo3.jpg
inokashira-zoo2.jpg
inokashira-zoo4.jpg

"水生物館"というミニ水族館みたいな所には、美味しそうな魚さん達…
inokashira-zoo5.jpg
inokashira-zoo6.jpg

正直ここはショボすぎだろう…あっ、ジンメン。
inokashira-zoo7.jpg


他にはサルとヤギとヒツジとリスとモルモットとニホンカモシカと…地味だ。
inokashira-zoo12.jpg
inokashira-zoo13.jpg

私はヤギ好きなので、レア感は低くともヤギがいるのは嬉しかったのですが、でもこのヤギ、あの悪魔の頭イメージではなくて、ギャグ漫画的なヤギですね。
inokashira-zoo8.jpg

疲れたら可愛いこのキノコに座って休憩。
inokashira-zoo9.jpg

あとは"彫刻園"もありまして、博物館みたいな中のと屋外放置の彫刻を合わせたらかなりの数があります。
inokashira-zoo15.jpg
inokashira-zoo14.jpg
inokashira-zoo16.jpg

あの長崎平和祈念像の作者・北村西望氏の作品が数多く展示されていて、ここにあるアトリエで原型も鑑賞できますよ。

ちゃんとスタンプも押してきました。
inokashira-zoo18.jpg


はい、終わり。
広くて公園としてはいい場所なのですが、それなら無料のスペースでも十分なわけだし、動物園目当てで行くと肩透かしを喰らいますね。
大山倍達総裁の著作「大山カラテ もし戦わば」を読んで以来、私も自分のJKD(ジークンドー)で猛獣と戦う姿をイメージするのですが、ここではその楽しみもなく欲求不満が残る。よし、こうなったら次は近いうちに上野動物園に行こう!!

はい、おやすみなさい。
  1. 2007/09/10(月) 23:58:44|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゾマホン・ルフィンさん 2

今夜はまず、一昨日の画像を見てもらいましょう。
Zomahoun.jpg

高円寺で一番の人気者としておなじみ、ゾマホン・ルフィン(Zomahoun Idossou Rufin)さんVS我々(カンフー映画友の会)です。

このブログでは、以前もゾマホンさんを紹介してますね。
忘れた方は「ココ」(←クリックできるんだよ)をどうぞ。

嗚呼、ゾマホンさん…カッコいいよ~。
ぼきの中でイイ人物No.3には入りますからね。
どのくらい好きかと言えば、映画で神と共演したジム・ケリー(Jim kelly)やカリーム・アブドル=ジャバール(Kareem Abdul-Jabbar)にも引けを取らないくらいとまで言えましょう。

前にも書いたように、ゾマホンさんは漫画の主人公になって登場して欲しい人物でもありますね。
それはまだ完結してない人生を描く「ゾマホン物語」みたいなのじゃなくて、そうですねぇ、やっぱり少年漫画の王道・冒険アクション漫画で主人公のモデルとして登場するのはどうでしょうか。
日野日出志先生に描いてもらうとか…(絶対間違った知識から"首狩り族"の話になるな)。

映画にするならニカウさん主演の「ブッシュマン」以上の名作を作って欲しい。

晩酌の酒を切らしたので、今夜のゾマホンさん話はここまでにして私はもう寝ますが、次回までにゾマホンさんの著作「ゾマホンのほん」「ゾマホン大いに泣く」を読んでおくように。これが今夜の宿題です。
その後で「ゾマホンも知らないゾマホンの国―ベナン共和国イフェ日本語学校の今」に行くのが良いでしょう。


  1. 2007/09/04(火) 23:58:21|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ(21) 本宮ひろ志 2 「さわやか万太郎」 1

本宮ひろ志先生は週刊少年ジャンプの歴史を語る上で一番重要とも言える漫画家の一人だとは既に説明しましたが、、今度は実際に本宮作品を読んでみましょう。

まずは…「さわやか万太郎」
sawayaka-mantaro12.jpg

単行本は全10巻です。

この作品…ずっと間を置かずにジャンプで描いてたイメージのある本宮ひろ志先生ですが、実は2年ほどのブランクを空けて、1978年から久々に連載した力作なのです。
ジャンプ側からのVIP扱いも凄いくて、何と5週連続で巻頭にこの「さわやか万太郎」を持ってきました!
そうそう、今作は本宮ひろ志とめ組名義になっています。

内容は、スポーツ万能の主人公が次々と挑戦するスポーツを変えながら強敵を打ち破っていく、この当時流行ったパターンです。
このパターンは本当に多かったのですが、しかしそれを本宮ひろ志先生がやると…全編無茶でバイオレンスな素晴らしい作品に仕上がりました。
「さわやか万太郎」の主人公は、葛飾区で江戸時代から続いた旧家・花見家で百年ぶりに生まれた男子の花見万太郎
ずっと男が生まれなかった女系家族(父、祖父、曽祖父は婿)の中で、節操なくでき愛されて育った万太郎です。しかも女達のでき愛に負ける事無く、男として成長していきます。

いきなり中学生になり、初セリフのシーンが…女子更衣室を覗きながらです!
タイトルに"さわやか"を冠する作品の主人公が覗き!?
大丈夫。コソコソとはせず、堂々と覗いて偉そうにしているのが、さすがはさわやか万太郎。決してムッツリ万太郎ではありません。

さて、その万太郎がどんな奴か。
テストは学年一位、スポーツ万能で一人でいろんな部活を渡り歩き、それぞれで大会を優勝させてやるほど。
もちろんケンカも強くて、しかも…友達や家族思いで、いい性格してるんですよ。
本宮先生、全ての少年の夢を実現させたキャラクター作りを意識したのでしょう。

花見家の親類数十人から攻め立てられてる父を助け、こんなセリフを吐きます。
『女は女だけで生きられないんだぞ!!
女の対称に男があって女なんだ 女の行動のすべては男が基本にある
しかし男にとって女はすべてではない!! 一部である! だから男は政治をおこなえるんだ!!
男をなめるんじゃねえーっ!!』

と。いい事言う中学生だなぁ。

ところで万太郎が通う学校は私立番寺院中学で、ここの校長が坊主もやってる頭光先生。彼がまたイイですよ。
型破りな万太郎の理解者であり、時に厳しく叱咤する大物…なのですが、目がロンパ。そして口からはよくヨダレを垂らしてるんですよ。
それに数々の教育者らしからぬセリフがサイコー。

全ての才能を持った万太郎ですが、さらにさらに読者を羨ましがらせるのは、姫カット(ストレートのロング、耳の下あたりで段の入ったヘアースタイル)がカワイすぎる松平五月ちゃんの存在です。
sawayaka-mantaro-satuki.jpg

↑左の方に小さく登場してるのが万太郎と、親友のカニ。

五月ちゃんは頭光校長の遠縁にあたる女の子なのですが、こんな娘が万太郎を旦那様だと言い聞かされて育ったそうで、中学生なのに花嫁として『ご主人様』とか『万太郎様』なんて言いながら慕って付いてくるのだからもう、万太郎コンニャロー!
でも、この五月ちゃんの生まれた松平家は鎌倉時代から続いている名家であり、花見家とは全く逆で二百三十年も女の子が生まれなかった男系家族。二百三十年ぶりに生まれて可愛がられた五月ちゃんを可愛がる父は、全編に渡って反対し続けるのですが。

-----------
さて、「さわやか万太郎」本宮ひろ志先生が描きたかった事は、おそらく主人公が次々と他のスポーツにチャレンジし、強敵を打ち破っていく姿。
最初に万太郎がやるのは…何とマイナーなスポーツ、アイスホッケーです。

その前に剣道大会があったのですが、万太郎がほぼ一人でやっつけた天竜中学の、今度はアイスホッケー部が相手になると。
この部は『少年院行きやら空手やボクシングをやってる不良ばっかり集めて都大会に優勝した』との事で、気が荒い無法者の集まり。
氷のリンクの上で、相手チームを殴る、ホッケーの棒(何て言うんだろ)で叩く、スケート靴で蹴る…こんな事をして暴れまくるんです。

対する万太郎の番中は、結成したばかりのアイスホッケー部で毎日グローブを早く外す練習ばかり。
殴り合いになった時にグローブを先に脱がなきゃ不利だからと言うのですが…
さて、本当に試合開始したら全員グローブを脱ぎ、番中の方からいきなり喧嘩をふっかけました!

そのペースで試合も番中の楽勝モードになったのですが、第二ピリオドに天竜中は何故か二軍チームを出してきました。
そして静かで不気味な雰囲気を持つ、この二軍こそが恐怖の、そして本当の敵でした。
ラフプレイが凄すぎてまともに試合ができないから二軍だったという彼らは、試合開始直後からキチガイじみた奇声を発し、いきなり全員で一人を襲うのですが、そのやり口が本気の目突きやヘディング等をしかけてくる凶暴性。

万太郎だけは手ごわいと見るや、卑劣なワナで万太郎は退場させられ…
この後はひどい暴力シーンが続くのですが、天竜中二軍チームは殴りながらヨダレを垂らす異常さ!
試合中というのに酷すぎる暴力ですが、審判も買収されているので天竜中には注意無し。

退場になった万太郎の代わりにキーパーに入った五月ちゃんも、可哀想に痛めつけられられます。
それから、最終の第三ピリオドは万太郎も出られる事になり、夫婦で天竜中と戦うのです。
『おれはスーパーマン太郎ってんだ
おれをおこらすとどうなるか とことんみせてやるぜ!!』

と叫んで全員ブッ飛ばす万太郎、カックイイー!

最後は五月ちゃんの『うふふ わたしのだんな様って 最高!』の言葉でアイスホッケー編は〆。

次回はますますメチャクチャな、野球編です。


  1. 2007/09/02(日) 14:14:00|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する