大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(72) 東京都杉並区高円寺 10 石狩亭の火事…等

こんばんは、BRUCE大悟です。私は…生きてます!

何の事かって!?
あれです。先週くらいまで連日ニュースで報道していた、私のすぐ近所である杉並区高円寺にて11月22日に起こった火災。
私はたまたま当日の朝まで仕事してたので、明けて帰路でした。

普通に通勤コースである高円寺南通りも、パル商店街も通行止めで驚きましたが、
koenji-street86.jpg

初めて見るほどの消防車の数とヘリの数、早朝らしからぬ街の喧騒で事態を察しました。
koenji-street87.jpg
koenji-street88.jpg
見てみれば窓から救出されてる人がいるわけですが、あの場所って!
このブログでも紹介した事ある串揚げ屋やラーメン屋、そしてライブハウスが2軒入ってる雑居ビルですよ。

後で聞けば"石狩亭"が火元だったらしい…
石狩亭は安いし朝の10時まで営業していて便利な店ではあったのですが、客層に若いバンドマンが多すぎてマナー悪く、落ち着いて飲めないからここ2年くらいは行ってなかったのですが、10回以上は行った事がある店。
koenji-street98.jpg

現在は無残にも焼け焦げた跡が見受けられるし、焦げ臭さが残っています。
koenji-street97.jpg

裏側。
koenji-street89.jpg

そして花束やお酒が供えられています。
koenji-street99.jpg

毎日TV局の人達もいっぱい来てましたが、
koenji-street90.jpg
koenji-street91.jpg
今回の火災は午前9すぎだったのに店内に30人を超える客がいたとかで、まずこの高円寺という街の特殊性から説明が入ってましたね。

うーん…みうらじゅん先生はかつて、
『"高円寺"という生命体はプータローたちの魂を食べて生きているバルンガのようなものだ。』
などと仰ってましたが、確かに変な磁場がある特殊な土地ではあり、その時間に飲んだくれている人がいても当たり前なので誰も何も気にしない。

この人、阿部祐二氏だ。
koenji-street92.jpg
koenji-street93.jpgkoenji-street94.jpg

リポーターの個人名など他に一人も知らない私も、しょちゅうTVに出てて何か暑苦しい熱血漢みたいな彼だけは覚えていました。
koenji-street95.jpgkoenji-street96.jpg

そうそう、私もこの火災を受けて知り合いが被害にあっていないか心配したものですが…しばらくして被害名が発表されるや、逆に私の元へ『生きているか』と多数の問い合わせがあったのです。
というのも、死亡した方のうち一人が『大悟さん』だったから。名前も少し珍しいし、歳も近くて場所は高円寺ときたらしょうがないのでしょう。喫茶プログレでも私の死亡説が流れていました…

そこでこのブログ冒頭で『私は生きてます』という報告をしたわけです。心配してくれた方々、ありがとうございました。
でも私は本当に生きているのだろうか。もしかしたらここにいる私の方が火災で死んだのかもしれないし、その方が良かったのかもしれない。

実はあと一つ心配だったのが、その石狩亭が入ってるビルの地下2階のライブハウス"20000V"で行われるはずだったライブ。
koenji-20000V17.jpg
何ともひどいタイミングになってしまいましたが、↑これのチケット予約をしていたんですよ。

友人でもあるバンド・東洋の魔女が、我が青春の…いや今後も私が生涯お慕い申し上げるであろう三上寛さまと共演する予定だったのですけどね。
もちろん会場は使用出来るわけもなく、この企画は別の土地で演られる事となり、私は行けませんでした。

そういえば、こうした小さいライヴハウスは入場料も安いし、以前は知ってるバンドがいない時でさえ仕事帰りに寄ってビール飲んだりしてたのですが…
もうよほど好きなバンドが出る時で、気力もある時しか行かなくなっちゃいましたね。自分の音楽に対する探究心なんかも落ちる一方だからでしょうか。それでもCDは毎月けっこう買っているんですけどね。

上記の企画も流れてしまい、高円寺では一番最近で行ったのが"円盤"ですね。
koenji-enban4.jpg
koenji-enban5.jpg

この日は『日仏親善マラソンDUO』と題して、
koenji-enban9.jpg
フランスのチェロ奏者のユーグ・ヴァンサンが来日し、JON(犬)ら日本の変なアーティスト達と次々共演していくイベントでした。
エレクトロニクスも使った前衛的すぎるライヴで、頭がおかしくなりそうでした!
koenji-enban7.jpg
koenji-enban6.jpg
koenji-enban8.jpg

火災ネタはもう流しちゃってますが、ここはおなじみルック商店街の"アニマル洋子"
koenji-animal-youko65.jpg
koenji-animal-youko60.jpg
koenji-animal-youko61.jpg

ここの店員・Kaimanが、同名義では2枚目となるCDをリリースしました!!
それが8曲入りで1000円の「elementary particle」です。
koenji-animal-youko62-Kaiman-elementary-particle.jpg

ジャケを開くと『カイマンの黙示録 第十章九節』が出てくるので、それを読む所から始めましょう。
koenji-animal-youko63-Kaiman-elementary-particle.jpgkoenji-animal-youko64-Kaiman-elementary-particle.jpg

そのKaimaも一緒に、"DORAMA"巡り。
koenji-street83.jpg
koenji-street84.jpg
koenji-street85.jpg
(写真は高円寺に4軒あるうちの3軒)


ちょっと重苦しいネタで始めた今回のブログも、あとはいつも通りの最近の飲み食いネタで〆させて頂きたいと思います。

まずは高架下の"大万"
koenji-daiman1.jpg

世界のビールを豊富に取り揃えているので、飲み比べが楽しい。
koenji-daiman2.jpg

この女性は、私が大山倍達総裁に習って世界ケンカ旅行に出て、ロシア武術システマやサンボの達人と戦いながら回っているうちに出会った、ロシア人の友人。
koenji-daiman3.jpg
故郷・ロシアのビールで喜んでくれました。

焼き鳥に焼きトン、串揚げに刺身、煮込み。
koenji-daiman5.jpgkoenji-daiman6.jpgkoenji-daiman7.jpg
koenji-daiman8.jpgkoenji-daiman9.jpgkoenji-daiman4.jpg

続いて"大将本店"です。
koenji-taisyo30.jpg
koenji-taisyo31.jpgkoenji-taisyo32.jpg
koenji-taisyo33.jpgkoenji-taisyo34.jpg
koenji-taisyo35.jpgkoenji-taisyo36.jpg

"大将 2号店"
koenji-taisyo29.jpg

"大将 北口3号店"
koenji-taisyo22.jpg

この店舗は大将の中では一番メニューが豊富。
koenji-taisyo23.jpgkoenji-taisyo24.jpg
koenji-taisyo25.jpgkoenji-taisyo26.jpg

鍋も一人前から頼めて嬉しい、きりたんぽと火鍋。
koenji-taisyo27.jpgkoenji-taisyo28.jpg

"四文屋"
koenji-shimonya24.jpg
koenji-shimonya31.jpg
koenji-shimonya29.jpgkoenji-shimonya30.jpgkoenji-shimonya25.jpg
koenji-shimonya26.jpgkoenji-shimonya27.jpgkoenji-shimonya28.jpg

伝説の若鶏唐揚なるモノが売りの"腹八分目"ですが、
koenji-hara8bunme1.jpg

この日はかなり酔っ払ってからの入店となりまして、味を全然覚えてません。
koenji-hara8bunme2.jpg
koenji-hara8bunme3.jpg
koenji-hara8bunme4.jpg
ただ、ピンボケした写真が残るのみ…

行きつけの"成都"
koenji-SEITO160.jpgkoenji-SEITO161.jpg
koenji-SEITO162.jpgkoenji-SEITO163.jpg
koenji-SEITO164.jpgkoenji-SEITO165.jpg
koenji-SEITO166.jpgkoenji-SEITO167.jpg
koenji-SEITO169.jpgkoenji-SEITO170.jpg
koenji-SEITO171.jpgkoenji-SEITO173.jpg

koenji-SEITO172.jpg

最近寒くなってきました…つまり、また嬉しい火鍋の時期が到来したのです!
koenji-SEITO175.jpg
koenji-SEITO174.jpg

"福來門"
koenji-fukuraimon10.jpgkoenji-fukuraimon11.jpg
koenji-fukuraimon12.jpgkoenji-fukuraimon13.jpg
koenji-fukuraimon14.jpgkoenji-fukuraimon15.jpg

他にも友人に呼ばれたために初めて、場違いにも高円寺のお洒落系代表みたいな喫茶・軽食の"グリーンアップル"に行ったり。
koenji-greenapple1.jpg
koenji-greenapple2.jpg
koenji-greenapple3.jpgkoenji-greenapple4.jpg
koenji-greenapple5.jpg
店内の本棚を見たら、漫画は手塚治虫先生、白土三平先生、他にも「あしたのジョー」「デビルマン」…と、意外にも基本をしっかりおさえた品揃えで好感は持てました。レア本は一冊も無く近年再発された復刻版ではありますが、不特定多数の人が読む場に置くのだからしょうがないでしょう。

もう一軒、お洒落な喫茶店で…"Yonchome Cafe"(四丁目カフェ)。
koenji-yonchome-cafe6.jpg
koenji-yonchome-cafe7.jpg
koenji-yonchome-cafe8.jpg

打って変わってこちらは私には居心地がいい、"喫茶プログレ"です。
koenji-kissa-progre106.jpgkoenji-kissa-progre107.jpg
koenji-kissa-progre108.jpg
koenji-kissa-progre109.jpg
koenji-kissa-progre116.jpg
koenji-kissa-progre117.jpg
koenji-kissa-progre118.jpg
koenji-kissa-progre112.jpgkoenji-kissa-progre114.jpgkoenji-kissa-progre110.jpg
koenji-kissa-progre111.jpgkoenji-kissa-progre113.jpgkoenji-kissa-progre115.jpg

マスターに頼んで、ミラちゃんにロシア語のプログレを聴かせてみました。
koenji-kissa-progre121.jpg

こんな新メニューも誕生してました。
koenji-kissa-progre119.jpgkoenji-kissa-progre120.jpg

おおっ!この人は…
sasatani-chez1.jpg
sasatani-chez2.jpg

秘宝館の事なら彼に聞け!
史上初の秘宝館を追ったドキュメンタリー映像となった「昭和聖地巡礼-秘宝館の胎内-」の監督、ササタニーチェこと笹谷遼平氏です!!
sasatani-chez6.jpg

ニーチェを名乗るほどの哲学者でもある彼の隣りに写っている羨ましい女性はどうやらファンのようで、サインを貰っていました。
sasatani-chez3.jpg

中野にも出没する、笹谷遼平氏。
sasatani-chez4.jpgsasatani-chez5.jpg

ササタニーチェでした。
sasatani-chez0.jpg

お次の"ブルー・オン・ベルベット"(Blue on velvet)では、あがた森魚さまの曲をいくつもかけて頂き…
koenji-velvet13.jpgkoenji-velvet14.jpg
koenji-velvet16.jpgkoenji-velvet17.jpgkoenji-velvet15.jpg

美味いホルモン・焼肉の"二楽亭"
koenji-nirakutei10.jpg
koenji-nirakutei9.jpgkoenji-nirakutei11.jpg
koenji-nirakutei12_20091205013520.jpgkoenji-nirakutei13.jpg
koenji-nirakutei14.jpgkoenji-nirakutei15.jpg

ここは新しいお店で、"肉屋の正直な食堂"
koenji-syojiki-syokudo1.jpg
店名の通り、肉屋の正直な親父が作ったらしい定食屋で、ステーキ、すき焼き、鍋物等のメニューが値段も手頃で食べれて美味く、しかもご飯おかわり自由です!

腹減った時、一人で食べに行くのにいい感じのお店で気に入り、ビールに鳥モノ。
koenji-syojiki-syokudo2.jpg
koenji-syojiki-syokudo3.jpg

こちらは豚モノで。
koenji-syojiki-syokudo4.jpg
koenji-syojiki-syokudo5.jpg
koenji-syojiki-syokudo6.jpg

続いて実はビールを飲む時にも使える、"かつや"
koenji-katuya4.jpg
koenji-katuya6.jpg
koenji-katuya7.jpg
koenji-katuya8.jpg

この日は漫☆画太郎先生の「画太郎先生だぁ~い好き」発売記念飲みでした。
koenji-katuya5.jpg

定食は"キッチン南海 高円寺店"
koenji-nankai1.jpg
koenji-nankai2.jpg
koenji-nankai3.jpg

"グルメハウス薔薇亭"
koenji-rose-tei16.jpg

日替わり定食は450円とか500円の安さで、揚げ物が美味い!!
koenji-rose-tei17.jpg
koenji-rose-tei18.jpg

インドカレーは、やはり"サプラ"
koenji-sapura12.jpgkoenji-sapura13.jpg
koenji-sapura14.jpg
koenji-sapura16.jpg
koenji-sapura15.jpg
koenji-sapura17.jpg

"タマンナ"(Indian Restaurant Tamanna)にも行ってみました。
koenji-tamanna1.jpg
koenji-tamanna2.jpg

小料理屋ならもちろん、"小料理 休"
koenji-koryori-kyu109.jpg
koenji-koryori-kyu110.jpgkoenji-koryori-kyu111.jpg
koenji-koryori-kyu125.jpg

来る人みんなが大満足。
koenji-koryori-kyu112.jpg
koenji-koryori-kyu113.jpgkoenji-koryori-kyu114.jpg
koenji-koryori-kyu115.jpgkoenji-koryori-kyu116.jpg

入るとすぐ左手に飾られているのがこれ。
koenji-koryori-kyu120.jpg
koenji-koryori-kyu121.jpg

大阪にある岡本太郎様の手による太陽の塔の、
koenji-koryori-kyu117.jpg

その背面に描かれている、過去を表す黒い顔です。
koenji-koryori-kyu118.jpg
koenji-koryori-kyu119.jpg

美味い酒を飲みながら…時には酒盗をちびちびつまみながら…
koenji-koryori-kyu122.jpgkoenji-koryori-kyu123.jpg
koenji-koryori-kyu124.jpgkoenji-koryori-kyu195.jpg

まずはお通し、
koenji-koryori-kyu126.jpgkoenji-koryori-kyu127.jpg
koenji-koryori-kyu128.jpgkoenji-koryori-kyu129.jpg
koenji-koryori-kyu130.jpgkoenji-koryori-kyu131.jpg
koenji-koryori-kyu132.jpgkoenji-koryori-kyu133.jpg
koenji-koryori-kyu191.jpgkoenji-koryori-kyu202.jpg

お造り3点盛やらの刺身類になめろう…
koenji-koryori-kyu134.jpgkoenji-koryori-kyu135.jpg
koenji-koryori-kyu136.jpgkoenji-koryori-kyu137.jpg
koenji-koryori-kyu138.jpgkoenji-koryori-kyu139.jpg
koenji-koryori-kyu140.jpgkoenji-koryori-kyu141.jpg

そうそう、ある時はこのような照れくさい、しかし超ありがたい飲み会もやりました。
koenji-koryori-kyu142.jpg
koenji-koryori-kyu143.jpg

料理も凄かった…
koenji-koryori-kyu144.jpg

↑このお造りからは、私の大好きな魚の頭(鯛カブト)は後で煮付けていただきました。
koenji-koryori-kyu145.jpg

汁にもしてもらったし。
koenji-koryori-kyu161.jpg

頂いたプレゼントの中からも、一つだけ紹介しましょう。
koenji-koryori-kyu148.jpg

やはりブルース・リー様のモノが集まる中でコレ!
koenji-koryori-kyu149.jpgkoenji-koryori-kyu150.jpg

現在は私の部屋で、輝きを放っていますが…
koenji-koryori-kyu154.jpg

この夜は嬉しくて、こうなったものでした。
koenji-koryori-kyu151.jpgkoenji-koryori-kyu152.jpg

他の人達にはリー様のマネしてみてと言ったら、こんなんなった!
koenji-koryori-kyu153.jpg

おっと、小料理 休の料理紹介を続けましょう。

しいなぎ(クエ)小鍋仕立。
koenji-koryori-kyu146.jpgkoenji-koryori-kyu147.jpg

鯛カブト焼き。
koenji-koryori-kyu155.jpg

平政 かぶと塩焼。
koenji-koryori-kyu156.jpg

秋刀魚塩焼。
koenji-koryori-kyu157.jpg

甘鯛 一夜干し。
koenji-koryori-kyu158.jpg

てびらカレイ。
koenji-koryori-kyu159.jpg

お魚いろいろ南蛮漬。
koenji-koryori-kyu192.jpg

他、
koenji-koryori-kyu160.jpg

…と魚料理に、特に頭には感動して食しています。さらに、

鱧と松茸 天ぷら。
koenji-koryori-kyu174.jpg

かぶの風呂吹。
koenji-koryori-kyu176.jpg

肉じゃが。
koenji-koryori-kyu180.jpgkoenji-koryori-kyu194.jpg

秋茄子みそ炒め。
koenji-koryori-kyu181.jpg

鶏ももとチンゲン菜クリーム煮。
koenji-koryori-kyu182.jpg

もろこし かき揚げ。
koenji-koryori-kyu183.jpg

さつま汁。
koenji-koryori-kyu193.jpg

出汁巻玉子、これは日替わりで中身にいろんなバリエーションがありまっす。
koenji-koryori-kyu162.jpg
koenji-koryori-kyu163.jpg
koenji-koryori-kyu164.jpg

他にもつまみは150円から、日によっていろいろあります!
koenji-koryori-kyu165.jpgkoenji-koryori-kyu166.jpgkoenji-koryori-kyu167.jpg
koenji-koryori-kyu168.jpgkoenji-koryori-kyu169.jpgkoenji-koryori-kyu170.jpg
koenji-koryori-kyu171.jpgkoenji-koryori-kyu172.jpgkoenji-koryori-kyu173.jpg
koenji-koryori-kyu175.jpgkoenji-koryori-kyu177.jpgkoenji-koryori-kyu178.jpg
koenji-koryori-kyu179.jpgkoenji-koryori-kyu184.jpgkoenji-koryori-kyu185.jpg
koenji-koryori-kyu186.jpgkoenji-koryori-kyu187.jpgkoenji-koryori-kyu188.jpg
koenji-koryori-kyu189.jpgkoenji-koryori-kyu190.jpg
koenji-koryori-kyu199.jpg
koenji-koryori-kyu200.jpg
koenji-koryori-kyu201.jpg

女将さ~ん!
koenji-koryori-kyu196.jpgkoenji-koryori-kyu197.jpg

また来るよ~!
koenji-koryori-kyu198.jpg


続いてラーメン屋紹介に移りますが、まずは最近オープンしたばかりの『高円寺1濃厚(多分) 豚骨ラーメン』を名乗る"じゃぐら"
koenji-jagura1.jpg
既に何度も行ってますが、味が三種類あって…

黒麻油(黒)
koenji-jagura2-kuro.jpg

魚介オイル(茶)
koenji-jagura3-cha.jpg

ネギ辛味油(赤)
koenji-jagura4-aka.jpg

というわけです。
テーブルには濃縮ジャスミンティーが置いてあって好感持てるし、とにかく美味いので続けて行ってたのですが…濃厚すぎるスープのためかしばらくは間を空けたくなりました。
koenji-jagura5.jpg
でもまた、近いうちに。

"ラーメン万福"。今回はあの牛乳ラーメンではなく、野菜ラーメンにしました。
koenji-manpuku19.jpg
koenji-manpuku20.jpg

"天王"
koenji-tenno17.jpg
koenji-tenno18.jpg
koenji-tenno19.jpg

"らーめん一蔵"で、赤鬼らーめん。
koenji-ichizo1.jpg
koenji-ichizo2.jpg

"らーめん大"
koenji-die14.jpg

醤油味、
koenji-die15.jpg

塩味、
koenji-die16.jpg
どちらも好きなので交互に食べています。

その向かい側、"麺屋 ZERO1"
koenji-zero-one3.jpg
koenji-zero-one4.jpg

浅草開化楼の麺を使うここで、
koenji-zero-one5.jpg

今回は武士系豚骨らーめん。
koenji-zero-one6.jpg
koenji-zero-one7.jpg

"中国家常菜 祥龍房"
koenji-syoryubou13.jpg

わりと豊富なメニューがありますが、刀切麺のモノがお薦めです。
koenji-syoryubou14.jpg
koenji-syoryubou15.jpg
koenji-syoryubou16.jpg
koenji-syoryubou17.jpg

"揚州商人"
koenji-yousyuu-syounin68.jpg
koenji-yousyuu-syounin69.jpg
koenji-yousyuu-syounin70.jpg
koenji-yousyuu-syounin73.jpg

何でも美味いここでも、やはりラーメンなら刀切麺のがグー。
koenji-yousyuu-syounin71.jpg
koenji-yousyuu-syounin72.jpg

"田ぶし"
koenji-tabushi1.jpg
koenji-tabushi2.jpg
koenji-tabushi3.jpg

"太陽"
koenji-taiyo5.jpg
koenji-taiyo6.jpg
koenji-taiyo7.jpg

毎回出てますが、一番良く行くのは"せい家"
koenji-seiya35.jpg
koenji-seiya37.jpg
koenji-seiya38.jpg
koenji-seiya39.jpg
koenji-seiya36.jpgkoenji-seiya40.jpg
koenji-seiya41.jpg

『高円寺で二番目に旨い店』と自称する、"麺屋 賢太郎"
koenji-kentaro1.jpgkoenji-kentaro2.jpg

純和風 ゆず醤油麺なる、珍しい味のラーメンでした。
koenji-kentaro3.jpg

ここは"タンタン"
koenji-tantan1.jpg
喫茶プログレで遅くまで飲んでから出ると目の前に見えて、しかも深夜4時まで〆のラーメンを食べれるありがたいお店。元々安い上に、替え玉が一つ無料!

今回はおろちょんラーメン。
koenji-tantan2.jpg

"花の木"にてパイコー麺。
koenji-hananoki13.jpg
koenji-hananoki14.jpg

"儀左衛門"では、私は儀左あえ麺が定番なのですが…
koenji-gizaemon12.jpg
koenji-gizaemon13.jpg

たまには味噌ラーメンも。
koenji-gizaemon14.jpg

高円寺の"味噌一"は24時間営業なので、朝ラーメンしたい時はここですね。
koenji-misoichi8.jpg
koenji-misoichi9.jpg

美味い蕎麦屋があると知り合いに紹介されて行ってみたのは、"杉並 まん月"
koenji-mangetsu1.jpg

今回はランチタイム、そして季節限定の、生サーモンとイクラの親子丼セットにしました。
koenji-mangetsu2.jpg
koenji-mangetsu3.jpg
koenji-mangetsu4.jpg

最後に方南町へ行くと、つまみも酒も200円~300円の定番"一心太助"
honancho-isshin-tasuke69.jpg
honancho-isshin-tasuke71.jpghonancho-isshin-tasuke72.jpghonancho-isshin-tasuke76.jpg
honancho-isshin-tasuke77.jpghonancho-isshin-tasuke70.jpghonancho-isshin-tasuke74.jpg
honancho-isshin-tasuke73.jpghonancho-isshin-tasuke75.jpghonancho-isshin-tasuke78.jpg
honancho-isshin-tasuke79.jpghonancho-isshin-tasuke80.jpghonancho-isshin-tasuke83.jpg
honancho-isshin-tasuke81.jpghonancho-isshin-tasuke82.jpg
honancho-isshin-tasuke85.jpghonancho-isshin-tasuke84.jpg

ここもおなじみの"なぎ屋"ですが、いつも食べる焼きトンもモツ鍋も最近写真には撮ってないな~。
honancho-nagiya1_20091205000115.jpg
honancho-nagiya2_20091205000115.jpg

方南町でラーメンだと、今の所大好きな横浜家系の店舗である"桂家"が一番でしょうか。
honancho-katsuraya1.jpg
honancho-katsuraya2.jpg

それでは、
koenji-street102.jpg

高円寺駅から・・・・
koenji-street101.jpg
koenji-street80.jpg
koenji-street81.jpg
koenji-street82.jpg
サバラ・・・・サバラ。


スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 23:51:22|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(29) 「大長編ドラえもん VOL.7 のび太と鉄人兵団」

今夜の藤子不二雄作品は、「大長編ドラえもん VOL.7 のび太と鉄人兵団」(小学館刊)です。
FUZIKO-doraemon-vol7.jpg

月刊コロコロコミックにて1985年から連載された大長編ドラえもんシリーズの第7作で、もちろんこれもリアルタイムのコロコロで読んでいた作品。
当時の子供同士の会話で、今まではタイトルが「のび太の○○」だったのに、"の"じゃなくて"と"、つまり「のび太と○○」になったぞ、とか話してたのは覚えています。

今回の物語導入部は、空き地の土管の上にいるのび太しずかの元へ、スネ夫がラジコンロボット・ミクロスを操縦しての登場。
それを羨ましがるのび太は自宅の部屋に帰ると、いつものようにドラえもんに『ビルみたいにでっかいロボットだして』とねだるわけですが、ドラえもんは怒ってどこでもドアで北極へ行き、後を追いかけたのび太はそこで巨大なロボットの足と謎のボールを拾うのです。

謎のボールがどこかへ信号を送っているらしく、家に次々とロボットの部品が降ってくるのですが、ドラえもんはこれの存在を知らなかった。
ともかく組み立てるべく、秘密道具の入りこみ鏡おざしきつり堀を使って出現させた、無人で現実世界と左右逆になっている鏡面世界で作業するのです。
そして完成した巨大ロボットをサイコントローラーで制御して思う通りに動かせるようにし、北極で発見したためサンタクロースをもじったザンダクロスと名付けました。

こんな最高のオモチャを手に入れたのび太は、当然しずちゃんも呼んで遊びまくるのですが…たまたま押したボタンがレーザ-砲を発射してビルを一つ破壊してしまいました!
たまたま拾って遊び感覚で作ったロボットが強力な兵器だったと気付き、ドラえもん達はロボットを封印する事にしますが、ロボットの持ち主と名乗る謎の美少女リルルが登場してのび太に接触してきます…
実はこのリルルはロボット惑星メカトピアのスパイ・アンドロイドでした。彼女は今作ではかなり重要な役割を果たす、ヒロインでもありました。

それから偶然にもメカトピアの目的は地球侵略だと知ったドラえもん達は、地球人を総奴隷化するため次々と送られてくるメカトピアの鉄人兵団から地球を救うべく、防衛戦を挑む!!…という話。

今回の鉄人兵団は圧倒的な軍事力を誇り、敵の強さとしては全24作ある大長編ドラえもんシリーズの中でも1,2を争うレベルであり、スケールもでかいし戦いが熾烈でハラハラします。
あの「ドラえもん」が巨大ロボット漫画(アニメ)と融合して成功した例とも言える作品に仕上がって、発表時小学生だった私の周りでは大人気でしたが、個人的には当時から巨大ロボット物は少し苦手だったため、これ以前の大長編ドラえもんと比べて特に好きでなかった覚えがあるのですが…

でも大人になってからも読み直せば巨大ロボットがどうとかは些細な問題でしかないし、いかに優れた作品かも分かります。
ロボット版「アダムとイヴ」をモチーフにしているし、いくつか映画の影響が見られる場面もある。
子供向け作品なのに人間の歴史への批判も込められているし、そうだのび太としずちゃんが抱き合う貴重なラブシーンもあります。

リルルの最後のセリフ、
『今度生まれかわったら……、天使のようなロボットに……、お友だちになってね』
それから単行本化の際に描き直された後日談のエピローグまで、ほとんど完璧に作られた、やっぱり忘れられない名作です。

FUZIKO-doraemon-vol7-2.jpg
↑今回の藤子不二雄先生。


  1. 2009/11/27(金) 23:34:06|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(28) 「大長編ドラえもん VOL.6 のび太の宇宙小戦争」

今夜の藤子不二雄作品は、「大長編ドラえもん VOL.6 のび太の宇宙小戦争」(小学館刊)です。
FUZIKO-doraemon-vol6.jpg
月刊コロコロコミックにて1984年から連載された大長編ドラえもんシリーズの第6作で、幼かった私はリアルタイムのコロコロで何度も読んだ覚えがあります。もちろん、劇場アニメ版も観てますよ。

タイトルは本多猪四郎監督、特撮監督は円谷英二の特撮映画「宇宙大戦争」のパロディになっていますが、宇宙小戦争は『リトルスターウォーズ』と読み、「スター・ウォーズ」や他のハリウッド映画へのオマージュも使われているので、SF映画好きにはそこらへんも面白い要素でしょう。
もっとも子供の頃は全く分からなかったけど夢中になっていたわけだし、あくまでパロディ要素はオマケ程度でしかないのですが。

さらに話の内容は今読めば明らかにジョナサン・スウィフトの風刺小説「ガリヴァー旅行記」が元になっていて、それに「ドラえもん」のキャラクターと秘密道具、藤子不二雄先生の素晴らしいセンスが加わって生まれた傑作でしょう。


今回ののび太達は、登場シーンから自主制作の特撮映画を作っています。
しかしのび太の失敗でジャイアンスネ夫から仲間外れにされたため、彼らに張り合って自分でも作品を撮ろうとしますが、頭のいい出木杉もジャイアン達に取られてしずかとの共作となり、派手なSFを撮りたかったのに少女趣味な作品になり…
といった所はただの導入部ではありますが、彼ら2組の自主映画製作シーンだけですでに面白い。

すぐに話の本筋に入っていきますが、今回の冒険のきっかけはピリカ星から来た手乗りサイズの小さな人…パピとの出会い。
愛らしすぎるパピですが、彼はピリカ星の大統領。しかし星でクーデターにあって地球に亡命してきたのです。
そしてパピを追って地球まで来たPCIA(ピシア)の追手。PCIAとはギルモア将軍が作った情報機関で、長官は知的で強力なドラコルル
ギルモア将軍に反対する人たちをあらゆる手段で消していく恐るべき集団、という事ですが…これが全てのサイズが小さいピリカ星の宇宙船ですので、生身のジャイアンといい勝負ですよ。

それからドラえもん達はパピを守って独裁者のギルモア将軍とその軍勢を相手に戦う、というのが「のび太の宇宙小戦争」のメインストーリー。
こんな小さい相手なら戦いは楽勝だと思われるでしょうが、パピのサイズに合わせてスモールライトで小さくなっている時にライトを奪われ、元の大きさに戻れなくなるのです!(じゃあビッグライトを使えば…という突っ込みはしてはいけませんよ)。

この作品におけるサービスカットは、もちろんしずちゃんのヌード。小さくなって牛乳風呂に入るので、当然全裸を観る事が出来ます。
一人で裸になっている、そんなタイミングでPCIAが襲ってきてしずかを人質にするあたり、さすが分かってますね~。

パピはしずかを助けるために自らPCIAに捕まり、ピリカ星へ連れて帰られて処刑される事になり…
今度は逆にドラえもん達がピリカ星へ乗り込み、宇宙戦争を始めるのです。

そこで案内役として大いに役立ったのはパピの愛犬・ロコロコ。作品の掲載誌を逆に読んだ名前ですね。ピリカ星の犬は良くしゃべり、空を飛ぶことも出来ます。
さて今作では、通常どちらかというと足手まといのスネ夫が大活躍します。スネ夫が作ったラジコン戦車に乗り込んで戦うのですが、メカニック技術も操縦テクニックも優れている上に、しずかちゃんを守る男気も見せてくれるのですね。

闘いは熾烈を極めていきますが、目的のスモールライトを取り戻す事が出来ずに敵に捕らえられたドラえもん、のび太、ジャイアンも、パピとロコロコと共に処刑されようとしたその時!巨人となったスネ夫としずかが現れます!!
スモールライトの効き目が切れたのです。次々と巨人になっていった地球人5人は、形勢逆転してついにピリカ星の命運をかけた闘いをパピ達の勝利に導くのでした。

この巨人となって圧倒的な力で敵を倒していくドラえもん達の姿は、まだ幼くて「ガリヴァー旅行記」も読んでなかった私の心に刻みついています。
話も政府に対して反乱するクーデターを鎮圧するなんて「ドラえもん」らしからぬ政治的な内容ですし、そもそも敵の組織名・PCIAはピリカ星の頭文字"P"に、アメリカの情報機関"CIA"を足した物ですよね。ひょっとして奥底には反米精神もある…のかも。

敵が小さいという設定のため、奇想モノとしてはいいのですが強敵を相手にする時のスリルは生まれにくいかもしれません。でもその分、夢と可愛さいっぱいの作品です。

FUZIKO-doraemon-vol6-2.jpg
↑今回の藤子不二雄先生です。


  1. 2009/11/24(火) 23:06:05|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(27) 「モジャ公」

今夜は藤子不二雄先生の「モジャ公」(虫プロ商事刊)です。こちらは虫コミックス版で、
FUZIKO-mojakoh-mushi-comics.jpg

こちらは朝日ソノラマ刊のサンコミックス版、共に全2巻です。
FUZIKO-mojakoh-sun-comics.jpg
連載は1969年の週刊ぼくらマガジン(講談社刊)創刊号から1年半ほどで、他に1970年の1年間たのしい幼稚園に掲載された幼児用のバージョンがあるし、ぐっと近年になって1995年から藤子・F・不二雄原作、MASAHITO作という名義の「宇宙フレンド モジャ公」なる作品も描かれました。

TVアニメ化もされた作品で、1995年に開始されて翌年の藤子・F・不二雄先生逝去をはさみ、1997年まで続きました。
藤子F先生存命中の最後の新作アニメとなったこの「モジャ公」、私は放映時には既に大人になっていたため子供の頃に観ていた他の藤子アニメのようには思い入れがない…というより、観てません。
しかし漫画の方は、まぎれもない名作!これは声を大にして言う事ができます。


ある日の地球で…天野空夫という頭も身体能力も良くない少年が、かあさんに0点のテスト用紙を見つかってガミガミと叱られて『いやになっちゃうな きえちまいたいな』などと思っていると、突然タイムロックがかかって、現れたのはモジャラン星系第二惑星からやってきたモジャラドンモという宇宙人。

モジャラは通称が作品タイトルと同じくモジャ公で、毛玉に手足が生えたような可愛い奴。時々働く予知能力と、口の中に何でもしまえるのが特技でしょうか。
ドンモ はロボットです。こいつも役立たずなのですが、頭をぶつけると電子頭脳が具合良く働いて頭脳明晰になる事があります。

ここで揃った空夫、モジャ公、ドンモの3人の共通点は
『なにをやってもしかられてばかり 世の中がいやになっちゃって……』
と感じている事で、一緒にモジャ公らのロケットで『宇宙へ家出』するのです。
そして地球の常識と違う様々な星を冒険し、そこの星人と出会っていくストーリー。これが面白くないわけありません!!
以降、作品の舞台はずっと宇宙のどこかになるので、プロローグとなる地球が舞台の1話目に出た、「ドラえもん」のしずちゃん(源静香)にそっくりなみきちゃんもほとんど出てこないのが勿体無いですが。

パンチカードで出てきた星に行く、出たとこまかせの家出宇宙旅行は…まず到着したメルル星で、地球よりはるかに進化した科学技術力にカルチャーショックを受ける空夫。
ただここでは何でも機械がやってくれるので考える力を失くしていて、一桁の足し算を暗算で出来る空夫が天才少年扱いされてモジャ公達も見直す、という楽しい話でした。

しかし!次のカミカミ星では月が出ると狼になるカミカミ星人達に喰われそうになり、詐欺師ばかりの人工星・コスカラ星でだまされ、恐竜の星では空夫もモジャ公も血しぶきを上げながらバリバリと喰われる!
…とまぁ、自由を謳歌するどころか命がけでハードな旅になるのです。

その恐竜の星では、まずドンモが食べられるのですが、その時の空夫とモジャ公のセリフ。
『ざんこく……』
『これはギャグまんがじゃなかったか?』
『藤子不二雄はくるってる!』
『すこしでも人気をとろうとおもって』
というやり取りがあります。
この時期の漫画シーンは、大人向けの傑作が次々と生まれて殺伐とした劇画が流行していましたので…藤子F先生も編集者からそのような要望を受けて過激な内容で描き、自分のさわやかな子供向け漫画を描きたい気持ちとの葛藤ゆえにこの部分を入れたのだと思われます。

藤子F先生自身が面白がって描いた「21エモン」が人気を博す事なく終了してしまったために、その二番煎じとして描いたという力作「モジャ公」ですので、人気を得るため時代に合わせた内容にして今度こそ勝負、という気持ちもあったでしょうに、それでも
『今度も面白がったのは作者だけということに……』(藤子・F・不二雄談)
という結果に終わってしまいましたが。
それから約25年後、ついに「モジャ公」がアニメ化されたのが藤子F先生の存命中に間に合った事だけはファンとして嬉しく思います。
あと「モジャ公」連載開始直後の1969年には、ついに時代の動きに合わせる必要も無い金字塔にしてライフワークとなる「ドラえもん」が連載開始された事も!

ちなみに上記の『藤子不二雄はくるってる!』のセリフは、現行の単行本では『作者は頭がおかしいんだ!』に変更されていました。
コンビ解消して作者名が変わっているのだから、それは仕方ないでしょうね。

続いてまだまだ、空夫とモジャ公とドンモのトリオは様々な冒険を重ねます。
ある星では金のために命がけのロケットレース(アステロイド・ラリー)に参加し、空夫の命を狙うクエ星人のムエに宇宙の果てまでも追われて伝染病が蔓延するナイナイ星での決闘、詐欺師オットーにはめられてジュゲム三番星フェニックスで自殺フェスティバルに出演させられるはめにもなり、これは怖いぞ死人の星・シャングリラでは…
と、どこに行っても命がけの冒険になってしまいます!

また空夫達のトリオ以外にも登場キャラがいちいち良くて、地球人以外では今作のヒロインでしょうか…モナ・モナシスは宇宙で一、二と言われる大富豪の娘で、重要な役割もあります。
「アステロイド・ラリー」編にて頼んだ料理は
『アルゴル産のワインに カノープス龍のスープ デネプ白鳥のむしやき 火星のこけをつけて』
でした。

そして世界的記録映像作家のタコペッティ
「宇宙残酷物語」とか「宇宙の皮をはぐ」等の作者という事ですが、すると当然モデルはグァルティエロ・ヤコペッティですよね。
私は彼の作品が大好きで、ビデオで持っているのにDVD化された時は全て買い直したりしたものですが、「世界残酷物語」「世界女族物語」「さらばアフリカ」等の代表作を持つヤコペッティ監督って…あれ、藤子F先生の作品にモデルとして使われるような有名人でしたっけ!?
モンド映画というジャンルを築いた偉大な監督だという認識はありますが、あくまでシネフィルの中でだけ有名な人だと思っていたので、このキャラには驚きます。
また彼が危険が迫ると口がとがる、いいキャラなんですよ…

そんなこんなで迎える最終エピソード。
あの悪役・オットーが地球全体をスケールのでかい大ペテンにかけて金儲けを企み、空夫達は大いに翻弄された上に地球にいられなくなって、また宇宙へ家出する話で作品は終わります。
この「地球最後の日」が最終話ならそれは良かったのですが…実は雑誌掲載時にはその後掲載された「不死身のダンボコ」というエピソードがあり、この話が最後になるのに最終回としての要素は無いのが混乱を生む所。まぁ打ち切り作品ですからね。
ここで写真を載せた虫コミ版、サンコミ版では共に「地球最後の日」で終わっていて、後に出た全3巻の藤子不二雄ランド(中央公論社刊)版でようやく「不死身のダンボコ」も収録されていますが、掲載順を変えてやはり「地球最後の日」が最後にきています。

そこで1989年に全1巻で出た中央公論社の愛蔵版…ここで藤子F先生の手によって改めて「地球最後の日」を最終話と位置付けた加筆が施されて、正式に完結しました。
FUZIKO-mojakoh-aizo.jpg

「モジャ公」は藤子F先生の得意とする生活SFギャグ作品でありながら、かなりシュールでブラックユーモアやグロ描写すらも効いていて、毎号読み切りではなく連続したストーリーで掲載したために他の作品より描き込めた部分もあります。
いつもの破天荒なアイディアに加えて絶対的なピンチに生まれる泣きの要素、加えて時代の流れにより作者が望まずとも描かれた箇所も含め、だからこそ生まれた貴重な、そして面白すぎる傑作であると愛してやみません。


きみたちが死ねば心もなくなる!すべては無だ
ところがシャングリラ人はちがう!
心とはなにか もともと脳細胞をかけめぐる電流のはたらきにすぎない
脳が死ねばどうなる? 心もきえる
そんなあぶなっかしい からだなどにたよっていては あんしんして生きられますか
そこでわれわれは 心とからだのきりはなしを こころみせいこうした
ドンヒル神像はコントロール=タワーなのです
たえず国民の心をさぐり……のぞむままの世界をかんじさせてくれるのです
これこそ ほんとうの天国だとおもいませんか



  1. 2009/11/21(土) 23:59:14|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梶原一騎(40) 石井いさみ 3 「野獣の弟」

今夜は梶原一騎原作、石井いさみ絵による「野獣の弟」(立風書房刊)です。
KAJIWARA-ISHII-yaju-no-otouto.jpg
1970年にスタートして中一コース中ニコースにて掲載された作品で単行本は全2巻、『青春編』『怒涛編』と別れた野球漫画です。

日本の漫画史にあまりにも多大な影響を残した偉大なる梶原一騎先生ですが、長らく絶版のまま復刻されていない作品はいくつもあります
しかも誰からも復刻を望む声は上がらず、完全に忘れ去られている作品も…
今回の「野獣の弟」も、そんな一つと言えるでしょう。
確かに傑作とは呼べない内容ですが、梶原一騎作品だと愛情数十%アップして読んでしまう私にとっては大事な作品なのですが。

まず絵の担当が梶原一騎先生と交流が深かった、そして自身も後に売れっ子漫画家になる石井いさみ先生ですが、この時はまだまだ下手くそであり、構成力が弱くて出てきたキャラも生かしきれずにすぐ消えるし、そもそも主人公の性格すらイマイチつかめないし絵柄がころころ変わる始末ですよ。
それでも男気や根性の尊さを学べるし、トンデモ漫画としても突っ込み所満載なので、そこらへんを楽しんでもらいたい。


昭和四十五年のある日…巨人軍の長島茂雄が多摩川グラウンドでトレーニングしていると、ありあえない事に赤ちゃんが一人でハイハイして『ながちまあ~』などと、ばぶばぶ言いながらグラウンドに入ってきて、長島の打球が直撃しそうになったその時!
続けて突如現れた少年が素手で球を捕球して赤ちゃんを助けるのです。この男こそが本作の主人公・海童猛巳

海童はお礼ならプロのピッチャーのタマをじかに打席に立って対面してみたいと、勝負を申し込むのですが、期待させといてその勝負の結果は手も足も出ない無様な三振。
赤ハジさらして逃げていった海童ですが、ただ一人…長島茂雄は彼のメチャクチャなフォームの中から恐るべき野獣の臭い、限りなき可能性を嗅いだと、自宅にまで連れ帰って秘密計画を打ち明けるのです。
曰く海童猛巳は長島と同類の野獣…つまり野獣の弟であるというわけで、巨人軍が今後も勝ち続けていくために必要になる長島の後継者に仕立て上げる、そんなストーリー。

早速長島家の地下室で始まる特訓ですが、心眼を開くために壁の八ヶ所からランダムに出てくるボールを素手で取る事から始まります。
後ろから来るボールも心眼で捕るべく、連日血まみれになりながらや続けた特訓がついに実を結ぶと…次は本場の野球を経験すべくアメリカへ飛びます。
そこでもまたヘンテコな特訓や厳しい生存競争に身を晒されながら、海童は
『日本男児が毛唐やニグロなんぞにへいこらできるかよ!!』
と根性と才能で乗り切り、長島と文通しながら、ついには大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツの一員としてメジャー・デビューしました!

そして野獣の才能を開花させます。
海童が出塁すると本作のヒロイン的な(アメリカ編しか出ませんが)、アメリカ版ウルトラかわい子ちゃん・ドリス曰く、
『さあダイヤモンドがジャングルと化すのね 野獣がとびかかり かみまくるジャングルに!!』
というわけで、実は頭脳プレイも得意な事を見せて大活躍。

そしていよいよ長島から帰国指令が下り、共に伊豆の山ごもりで
『野獣のおきては…かみさくか かみさかれるか ふたつにひとつ
オ オレはかむ…息をしているかぎり かみさくがわにまわってやる』

と、ど根性を見せて最終テストにも合格。
長島茂雄が個人費用で後継者の育成をしていた段階が終わり、ついに川上監督に引き合わされるのです。
さらに海童は巨人の2軍相手のテスト試合で監督のド肝を抜くと、何と実績も無い無名の選手ながら(元大リーガーのはずですが…)2軍を飛び越え1軍の巨人軍選手として出場!
その背番号は4。4は死に通じると誰もが嫌う番号を平然としょいこんだケンカ野球男の誕生です。

見事に長島の期待に答えた野獣の弟・海童猛巳でしたが、中日から大利根豪なる…二軍戦で審判をKOして相手チームの選手十数人と一人で大乱闘を演じた末にその半数を病院送りしたというケンカ狂の投手が海童潰しのために登場し、一度は惨敗を喫します。
しかし野獣はキバのあるかぎり、とどめをささぬかぎりうかつに手を出すと跳ね起きてかみつく!雪辱を果たして、ペナントレースの結果は巨人軍の優勝(この時代はこれで7連覇ですよ!)。
実はこれらの勝負にも、プロ選手が欲を出すとどうなるか、その人間の精神性を描いた部分があって面白いです。

さて実際に作品タイトルの通り野獣の弟に成長した海童猛巳。
これで今作も終了する所ですが…最後にオフシーズンに行われる、対大リーグのオリオールズとの日米親善試合が描かれます。
そこでは日本人がヤンキーとの体力差、パワーの差を見せ付けられる展開になってしまうのですが、野獣のアニキ…長島だけはキバでものを言って実際に打ちます。
とはいえ、この「野獣の弟」連載時は既に34、5歳で体力の衰えが現れてきている時代であり、だからこそ『野獣の後継者』問題に目を付けた作品「野獣の弟」が生まれたわけです。
で、注目の主人公・海童猛巳のオリオールズ相手になる打席、それは作品の最終ページを飾る事にもなるのですが、ここでこそ梶原一騎先生の思想を見せた単なる凡退。

この試合では負けて終わる結果となりましたが、他の梶原で多くみられるような絶望的な敗戦ではなく、今日は負けても次の勝利に続けるべく終わりです。
作中観客のヤジの中にあったように、同原作者の代表作「巨人の星」じゃなくて紳士ジャイアンツらしくもなくガラが悪いから巨人の黒星…そんな海童猛巳の物語でした。


てやんでえ!!
オレの母国の日本は読んで字のごとく日の本 日いずる国だぞっ
先祖代々太陽は神サマなんでえ!!

日本じゃイワシの頭も信心からといってよ 信ずりゃなんでも神サマなんだっ
オレはガキのころから太陽の無限のエネルギーにほれた
だから神にした どこがわるい!!



  1. 2009/11/18(水) 23:48:53|
  2. 梶原一騎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梶原一騎(39) 上村一夫 17 「昭和一代女」

今夜は梶原一騎原作、上村一夫絵による「昭和一代女」(講談社刊)です。
KAJIWARA-KAMIMURA-showa-ichidai-onna.jpg
1977年に創刊されたアパッチという雑誌で、創刊号から翌年まで連載された作品で、単行本は全1巻。

私にとっては一番好きな原作者・梶原一騎先生と一番好きな劇画家・上村一夫先生という組み合わせなので超重要作品扱い、単行本も激レアで…そして面白いです。

何しろ"昭和の絵師"が作画を担当してますので、梶原一騎原作にしては男臭さや根性の要素は抑えて、梶原作品でもう一つの重要な要素である文学性を前面に出しています。
戦中→戦後が舞台になっている事もあり、ちょうど名作「おとこ道」に近い感じでしょうか。実際に共通する部分が多々あります。
上村一夫先生の仕事としても違和感は無く、前回紹介した「マリア」と同じく1人の女の人生を追っています。


あの大東亜戦争の最中で反国家的な言辞のため特高警察に睨まれた評論家の鷹野壮介
彼が特高から隠れて潜伏していた留守中に妻の香子が連れて行かれ、素っ裸にされたうえ激しい拷問を受けて病に倒れ、東京中をB29が爆弾を一般市民の頭上に落としまくっている中…ついに力尽きて死んでしまいました。
その二人の落とし種である一人娘こそが「昭和一代女」の主人公、鷹野翔子です。

すぐに終戦を迎え、それまで良家に生まれ育った幼い翔子も母は死に父は行方不明で、戦災孤児として盗みを働きながら生き延びていました。
そしてアメ公相手のパンパンの所で居候してトラブルに巻き込まれたりしながらも、さらにたくましく生き続けます。

次に登場する時はナイフ使いの名人・山猫ショーコとしてズベ公どもを率いて上野で縄張りを持っています。
そして占領軍の黒人兵士ともめた時、現在は国鉱会なる暴力団まがいの小右翼団体を率いている父・壮介と偶然にも再会するのです。
しかし父は、かつて母が拷問を受けていた時に隠れていて助けなかった事を知り、戦中に母を連れ去って拷問した特高の男に復讐を果たすと父の元から去り、再び孤児生活に戻ってケンカに明け暮れ…ついには女子教護院・愛聖女子学園へ送致されます。

おっ、梶原一騎作品で教護院といえば…そう!ここでも出ました!!
個室の先輩達による『ネジリン棒』『パラシュート部隊』等の拷問です。女子が主人公のお話でも、やはりこれは出ます。
「あしたのジョー」と同じように、豚の大暴走もあります。

ただし翔子は徹底的に抵抗し、その腕と頭脳から部屋ボス連合を全員やり込めて教護院のボスにまでなりました。
またここでの重要な出会いは、ミスター・ナメクジなどと呼ばれているインテリ教官・矢崎慎之介
彼は他のいやらしい教官達、また見てきた大人達とは違うと感じました。
『なんだか自分でもよくわからないけど…よくわからないって悪い気分じゃない
よくわかって見えすいた人間ばかりだもの』

というわけで、肉体的には自分よりずっと弱い彼に対して、憧れの気持ちを持ちます。
実は知的な父への本能的な憧れの代用といった隠れた部分もあるのですが、とにかくこれから大人になっていく翔子の心理描写が上手いですよ。

もはや教護院で圧倒的な力を持つボスになった翔子でしたが、憎いはずの父が狙撃されて重態だと知ると脱走して仇を討ちにいくのです。
仇であるカミカゼ敬は気が狂い、危ない所を自分の体と引き換えに救ってくれた義理の母・藤江が女将を務める赤坂の料亭"万竜"で働くようになりました。
元々お人形さんのような顔をしていた翔子ですが、大人になって美しさに磨きがかかった六年後の晩秋、今や文学賞受賞の新進作家となった矢崎と再会し、ついに処女を捧げるのです。

『法悦境・・・・法悦境だ!』とその美しい体を味わう、羨ましすぎる矢崎。
事が終わってベッドに仰向けで横たわる二人ですが、翔子は無表情のまま矢崎のある部分を握ってます。エロいです。
この時は大人の女になっていても、まだ未成年ではある翔子。もっと前の幼女時代にもヌードになったり他のヤバイ性描写もありますから、それもこの作品が復刻されない理由の一つなのでしょうか。

作品はもうクライマックス。その後の翔子は清駒の名で芸者として披露目をし、政治家や政界名門の男達と次々浮き名を流して昭和一代女、どこまで行くのか…といった所で終わり。
その影に矢崎の謎の自殺、他にも様々な悲劇があるのですが、矢崎が回想したスタンダールだったかリラダンかの言葉で、『真に魅力的な女は男を破滅させずにはおかぬ』というのがあるそうです。

そんな所も上村一夫先生が描く主人公っぽいし、もちろん絵は文句無しに良い。
文芸色を強く出した梶原一騎原作も良くて、らしいセリフがいくつも出てきて嬉しく思います。
今ではあまり想像出来ないこの超個性二人の組み合わせですが、相性はいいんですよ。
物語としてもまだ翔子が活躍していく途中で、これから何をやるのか見たいのに…単行本で全一巻、『朱の章』のみで終了した理由は、掲載誌であるアパッチの廃刊でした。
作者の巨星二人ともが今や墓の中。失われた鷹野翔子の物語、続きはあの世に持ち越しです。


女に白状させる極意は まずその気どり 虚飾から引き剥ぐこと
すなわち素っ裸に剥きあげることよ!
柳橋一とウグイス啼かせた玉の肌を
隅の隅まで晒す覚悟あってのことかな?
フッフッフッ
脱げい!! 丸裸を晒すんじゃ!!




  1. 2009/11/15(日) 23:11:35|
  2. 梶原一騎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇画(102) 上村一夫 16 「マリア」

今夜は上村一夫先生の「マリア」(ワイズ出版刊)です。
KAMIMURA-maria.jpg

1971年から翌年まで漫画アクション(双葉社刊)にて連載されたファンには有名な作品ですが、かつてアクションコミックスのB5判サイズで一度まとめられた事があるものの長らく単行本にはなっておらず、またそのアクションコミックス版は全20話のうち13話までしか収録されていなかった…
それが2003年についに上・下巻の全2巻で単行本化され、それも全話無修正収録した完全版という事で、この時に私が飛びついたのは言うまでもありません。


都下私立愛蘭女子学園…その授業中に起きた突然の雷雨の中、校庭に乱暴な運転で入ってきたロールスロイス。
そこから降りてきたのは美少女は転校生のマリアこと三条麻里亜で、車も運転手からハンドルを奪って初めて自分で運転してみたようです。

転校初日から番長と闘い、マリアに惚れた二つのスプーンのマークを制服に縫い付けてるクラスメイトの前で全裸になってレズ行為、それも青姦を行う…というのが第1話目。
あ、スプーンってレズビアンのシンボルらしいです。

2話目でマリアの家族が紹介されますが、三条家の実権を握る独裁者の祖父と美しい母がいて、自殺した父の後に婿入りした養父(妖父)はホモ!
次に出会うのは辺り一帯の高校の大番長である桐人(きりひと)。日本の漫画では良くキリスト的な奴を『きりひと』という名で登場させますが、本作の主人公であるマリアはキリスト教の聖母と同じ名前。
やはり桐人はマリアの相手役で、彼の家庭もまた酷い畸形家族。二百年続いた華道の蒼星流という家柄なのですが、それを仕切る母は息子である桐人と肉体関係を持ち続ける盲目の女。父は病の床にある…と。
それから殺し殺されのいろんな破滅を迎える。

ホモやレズは当たり前、近親相姦に自殺に殺人…もうタブーの大安売りといった状態ですが、その中で芸術的な描写と凄い画力、言葉でも文学的な表現がふんだんにあり、まぁとにかくいい時代の上村一夫作品らしいセンスが満載の傑作、というわけですね。

前半だけでお腹一杯になりそうですが、
『わたしはお母さまのように 耐えることに快感を覚える女にはなりたくない
今日かぎり学校を止めます
ええ教科書には わたしの知りたいことは 何も書かれていないし………
風に吹かれてさまよいながらでも自分なりに生きてみたい』

というわけでマリアは大金持ちの家から出て、バッグ一つ持って1人で生きていく事になります。
そして後半に当たる下巻部分では、流れるままに棲みついた田舎の農村でのマリアの生き様が描かれるのです。

死んだ桐人の子を妊娠している事が発覚しますが、里に似合わぬ美人のマリアは田舎者特有の差別を受け、またさらなる弱者やヤバイ殺人も描かれますが、話の進行するペースがゆっくりになっていて悲しい話や人間の醜さは際立って刺さる。
そして次の漁村で出会った屈強な海の男とは、生まれた桐人の子と共に幸せな家庭を築く事を暗示して作品も終わる…つまり、今までマリアと関わった多くの者は不幸な結末を迎えてきましたが、マリア自身はハッピーエンド!

とはいえ作品で描かれたマリアの波瀾万丈な半生は、まだ成人もしていない時代だけなわけで、今後も気になります。
ただこの周りの人間を惹きつけたり不幸にしたりする力…ある種のカリスマみたいな物が描かれていて、もちろん読者にも伝わってきますし、田舎の漁村の主婦では終わるわけがないのかもしれません。

他にも文章で書いていてはキリがないほど、魅力的な上村一夫先生の表現力や名シーンには痺れます。
現在の漫画界にはないこんな作品を読むにつけ、古本を漁っていると起こる出会いに感謝し、1970年代初頭の作品が好きで良かった、とか思うのです。


桐人 お別れに来たわ
あなたが自分自身のために死を選んだように
わたしは自分自身のために生きようと思う
いつかはどんな形であれ あたしだって死んでしまう
だから生きたいの

あなたもあたしも同じ奇形家族の中ではぐくまれた
あなたは華道の名家の長男 あたしは戦後成金の長女………
それだけのほんの少しの違いだけで あなたは死に急ぎ あたしは生きのびた
因果と言ってしまえばそれまでだけど
因果の語意は学校では教えてくれない

だから……教えてくれないことを知るために あたしは生きたい
でもいつかは あなたのそばに行く……



  1. 2009/11/12(木) 23:10:22|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタルK「危険な遊戯の巻」について

今夜は"ウェンディーズ"から…こんばんは、BRUCEです。
shinjuku-wendies1.jpg

私は以前…もう4年近く前ですか、某社に頼まれて書き始めたのがこの漫画紹介ブログをやっているきっかけとなったのですが、ブログ名も名作漫画ブルースだったその時代のある日、巻来功士先生の大好きな作「メタルK」について書いたのです。

そしたら…いや、とにかく「ココ」ですので見てください。
何度か名前を変えながら斑猫女史とこの猟師の爺さんという人が何度も書き込みをくれてまして、何度かペンネームを変えながら恐らくは全て1人で、それも第2話目にあたる「危険な遊戯の巻」だけについてここまで熱く長く、長期に渡って書いているのです。
これは下手にレスしないで見守ろうと、忘れた頃にやってくる書き込みが来ると即座に『承認』するだけでクスクス笑っていました。
「危険な遊戯の巻」については、日本一熱いページになったのではないでしょうか。

そしてどうやらkacchandoと名乗っていますが、こんな事書くのは斑猫女史とこの猟師の爺さん様でしょう…
K's room
というブログを始動させているようです!!
写真も使って、「危険な遊戯の巻」のヤバさについて一目瞭然で分かるようにしています。
斑猫女史とこの猟師の爺さん様、面白すぎますね。

大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)ではゲストライターも増やしていこうかと考えてますので、何か書いてくれませんかね~。
また、K's roomの更新も楽しみにしています!
  1. 2009/11/09(月) 23:43:59|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅行・紀行・街(71) 東京千代田区 2 靖国神社、神田神保町、皇居…等

また、東京都千代田区を旅してきました。
一年ちょっと前に「ココ」で紹介しましたが、東京の、いや日本国の中枢を担う重要なスポットが数多くある土地ですね。

まずは、先日も靖國神社(靖国神社)を訪れました。
chiyodaku-yasukuni27.jpg
chiyodaku-yasukuni28.jpg

そしたら、ちょうどフリーマーケットをやっていました。
chiyodaku-yasukuni29-.jpg
chiyodaku-yasukuni31.jpg

シレーヌのフィギュア300円他、いくつか購入。
chiyodaku-yasukuni30.jpg

さて、参拝へ。
chiyodaku-yasukuni59.jpg
chiyodaku-yasukuni41.jpg
chiyodaku-yasukuni42.jpg
chiyodaku-yasukuni43.jpg

キン肉万太郎も発見!
chiyodaku-yasukuni44.jpg

次は靖国神社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館である、"遊就館"です。
chiyodaku-yasukuni45.jpg
chiyodaku-yasukuni46.jpg
chiyodaku-yasukuni47.jpgchiyodaku-yasukuni48.jpg

まずは悪名高い東京裁判で、正当な判決を下してくれたラダ・ビノード・パール判事に感謝の祈りを捧げ、
chiyodaku-yasukuni49.jpg

無料の展示物と土産物を見て回りました。
chiyodaku-yasukuni50.jpg
chiyodaku-yasukuni51.jpg
chiyodaku-yasukuni52.jpg

田母神俊雄コーナーもあります!
chiyodaku-yasukuni53.jpg

今回私が購入した土産は、航空自衛隊の乾パン。
chiyodaku-yasukuni54.jpg
chiyodaku-yasukuni55.jpg

こちら外苑休憩所では…
chiyodaku-yasukuni32.jpg
chiyodaku-yasukuni33.jpg

名物の靖国うどんです。
chiyodaku-yasukuni34.jpg
chiyodaku-yasukuni35.jpg
800円と、ちょっと高いのですけどね。

こちらは、たぬきそば。
chiyodaku-yasukuni36.jpg

他におでん等も食べられるし、土産物屋の品揃えもクレイジーで良いです。
chiyodaku-yasukuni37.jpg
chiyodaku-yasukuni38.jpg
chiyodaku-yasukuni39.jpg
chiyodaku-yasukuni40.jpg
chiyodaku-yasukuni58.jpg

靖国神社はここまで。
chiyodaku-yasukuni56.jpg
chiyodaku-yasukuni57.jpg
本当は国を憂いてばかりいる現状で、恥ずかしくて国の礎となって散った英霊達に合わせる顔が無く、すぐに帰るのです。

次も超重要スポット、古本の聖地である神田神保町です。

"クラインブルー"というギャラリー&カフェ・バーにて開催された…
chiyodaku-klein-blue1.jpg
(オモチャ屋の2階)

上村一夫原画展 『ブルーな女たち』へ行ってきました!!
chiyodaku-klein-blue2.jpgchiyodaku-klein-blue3.jpg
chiyodaku-klein-blue4.jpg

まだカフェ時間で、夜は豊富になる酒メニューがまだ出ていなかったのですが、かろうじてビールは頼めました。
chiyodaku-klein-blue9.jpg
chiyodaku-klein-blue10.jpg
chiyodaku-klein-blue11.jpg

で、あの上村一夫先生の生原稿ですよ!!
chiyodaku-klein-blue12.jpg
chiyodaku-klein-blue13.jpg
(これは「同棲時代」「春海奇行」より)

これを見ながらビールが飲めるなんて!
chiyodaku-klein-blue14.jpg
chiyodaku-klein-blue15.jpg

カウンターの中にも原稿が。
chiyodaku-klein-blue17.jpg
chiyodaku-klein-blue8.jpg
chiyodaku-klein-blue16.jpg

「白い夏 上村一夫初期傑作短編集1970−1972」「紅い部屋 上村一夫晩年傑作短編集」(共に小池書院刊)の先行発売も含む物販コーナーの机、
chiyodaku-klein-blue5.jpg
chiyodaku-klein-blue19.jpg
chiyodaku-klein-blue20.jpg

そこには"株式会社 阿久悠"という名義の花束が…
chiyodaku-klein-blue18.jpg
「悪魔のようなあいつ」等で原作者として上村一夫先生と組んだ阿久悠先生、いつの間にかその名を冠した株式会社が出来ていたのですか。

今回は会場がこのような飲食の場という事で、作品数が少ないのはまぁしょうがないとしても、他のお客がずっとおしゃべりしててその近くに展示してある作品に関してはじっくり観賞出来ないのが辛かったですね。

それでも、またこんな企画をやって頂きたい…
chiyodaku-klein-blue6.jpgchiyodaku-klein-blue7.jpg

絶対観に行きますから!
chiyodaku-klein-blue21.jpg

別の日にも近くの"ブックハウス神保町"を訪れ、
chiyodaku37.jpg

ガロ等で活躍していた漫画家、そして絵本作家・イラストレーターでもある佐々木マキ先生の…絵本「おばけのばむけ」佐々木マキ原画展に行きました。
chiyodaku38.jpg

佐々木マキ先生の新刊絵本「おばけのばむけ」をよろしくお願いします!
chiyodaku38-sasaki-maki.jpg

同会場では、現在…あきびんご原画展「あいうえおん」を開催しています。
chiyodaku46.jpg

出版社も多々ありますが、ここは"日本文芸社"
chiyodaku39.jpg

晩年の梶原一騎先生が、逮捕されてからは汚名にまみれて出版社もこぞって作品を絶版とし、連載中だった作品も全て打ち切りにした中、ここ日本文芸社だけは違った…
保釈された梶原先生に漫画ゴラクで連載していた「人間凶器」の連載を再開させて終了まで載せ、さらに引退記念作品にして名作、そして絶筆となってしまった「一騎人生劇場 男の星座」を発表する場としても漫画ゴラクを提供したのです。
梶原一騎ファンとしてこんなに感謝しなきゃならない出版社もないわけで、もちろん現在の漫画ゴラクも面白い漫画も掲載しているし、読んでいます。

今回は数年前に買った雑誌「荷風!」の神田神保町・御茶ノ水特集を持ってきてイチ観光客として歩いてみましたが、この雑誌も日本文芸社刊行。
chiyodaku57.jpg

神田神保町は言わずもがな世界最大級の書店・古書店街であり、古本祭りやブックフェスティバルといったイベントも毎年開催している素晴らしい土地で、それぞれの店が専門性を持つ品揃えにはいつも感動します。
高すぎて買えない本も、ガラスケースから美術品として眺めて目の保養にもなるのです。
そんな数多くある古本屋に関しては紹介してたらキリがないので、今回は飛ばします。

でも少しだけ…ここ"@ワンダー"は、今は無くなった漫画部門がある時にそこを友人が担当していました。
chiyodaku40.jpg

神田古書センター内にある"中野書店"は超有名で、もちろん私も必ず立ち寄るお店。
chiyodaku41.jpgchiyodaku42.jpg
2階は素晴らしすぎる品揃えの『漫画部』ですが、店の奥にはカレーの名店である"欧風カレー ボンディ"があります。
chiyodaku43.jpg
chiyodaku44.jpg
値段が高いけど、美味いですよ!

神保町でカレー屋といえば他にも名店がいくつもありますね。ここは"エチオピア"
chiyodaku45.jpg

学生街ですので量が多くて安いてしかも美味い洋食屋さんも多くて、前回紹介した"清水亭"や、ここ"バンビ"(BANBI)なんかも好きな店ですが、
chiyodaku47.jpg

最近食べたのはまず"キッチンジロー"
chiyodaku-jiro1.jpg
chiyodaku-jiro2.jpg
chiyodaku-jiro3.jpg

さらにすずらん通りにある"キッチン南海"で、チキンカツ/しょうが焼きライス。
chiyodaku-nankai1.jpg
chiyodaku-nankai4.jpg

カツカレー。
chiyodaku-nankai2.jpg
chiyodaku-nankai3.jpg

有名な"包子餃子 スヰートポーヅ(スイートポーヅ)"
chiyodaku-sweet-paozu1.jpg
chiyodaku-sweet-paozu2.jpg
chiyodaku-sweet-paozu3.jpg
創業以来70年の味を守っている店で、ラズウェル細木先生の「酒のほそ道」でも登場しました。

包子餃子を名乗るこの店の餃子は、具を完全には包んでいないのですが…
chiyodaku-sweet-paozu4.jpg

時間なくて"Sガスト"で食べちゃった時もありましたが、ここはガストの廉価店で、とにかく安い…
chiyodaku-gasto1.jpg
chiyodaku-gasto2.jpg
chiyodaku-gasto3.jpg

少し離れて、"キッチンカロリー"
chiyodaku-calorie1.jpg
chiyodaku-calorie4.jpg

美味い!そしてセットのご飯は大盛り無料で、腹いっぱい!
chiyodaku-calorie2.jpg
chiyodaku-calorie3.jpg
chiyodaku-calorie5.jpg

隣りの御茶ノ水にも2店舗あり、もちろん行った事もあります。
chiyodaku-calorie6.jpg
chiyodaku-calorie7.jpg

chiyodaku-calorie8.jpg

ここも何度も行っています、天丼の"いもや"
chiyodaku-imoya4.jpg

同じ"いもや"でも天ぷら店と、
chiyodaku-imoya2.jpg
chiyodaku-imoya1.jpg

とんかつ店もあります。
chiyodaku-imoya3.jpg

私の愛読書・久住昌之先生の「食い意地クン」(二見書房刊)でも、『天丼』の項目では素晴らしい文体で"いもや"への愛を語っておられました。
KUSUMI-kuiiji-kun.jpg

他に神保町では、私が好きなチェーン店でラーメンの"せい家"だとか、
chiyodaku55.jpg

タイ料理の"ティーヌン"もあり、素晴らしい。
chiyodaku56.jpg

そして喫茶店。古本をたくさん仕入れた後に行く喫茶店がいいわけですが、まずは50年以上も続く有名喫茶店が"さぼうる"で、
chiyodaku49.jpg
chiyodaku50.jpg

タンゴのかかるレトロな喫茶店は"ミロンガ"
chiyodaku51.jpg

九段下駅近くの俎橋(まないたばし)手前、老朽化した建物に"東京珈琲 Bistro Mr.Beans""喫茶店カリーナ"があります。
chiyodaku52.jpg
chiyodaku53.jpg
chiyodaku54.jpg

"カフェテラス 古瀬戸"
chiyodaku-koseto1.jpg

こちらはカフェテラス 古瀬戸の、御茶ノ水方面の店舗。
chiyodaku-koseto2.jpgchiyodaku-koseto4.jpg
chiyodaku-koseto3.jpg

居酒屋等の夜の店もいろいろあるのですが、そちらはまた次の機会に。
chiyodaku63.jpg

中古CD・レコード屋も数ありますが、"ディスクユニオン 神保町店"はオープン日にも来たものでした。
chiyodaku61.jpg

螺旋階段を降りる"ヴィレッジ・ヴァンガード"(Village Vanguard)もあります。
chiyodaku58.jpg
chiyodaku59.jpg
chiyodaku60.jpg

少し歩くと"山の上ホテル"がありますが、
chiyodaku-hilltop hotel1
chiyodaku-hilltop hotel2
chiyodaku-hilltop hotel3
ここはかつて川端康成三島由紀夫池波正太郎等の大物作家や、そして何より梶原一騎先生もよく使っていた場所。
梶原先生は、ここに気に入らない編集者を呼び出して詰問したりもしたそうですが…壊死性劇症膵臓炎で倒れたのもこのホテル。
ちなみにその後、死亡率が100%に近いこの病気を克服して、一度は復活を遂げる事になります。

山の上ホテルホテルの先には、御茶ノ水夏目漱石も住んでいた事がある地ですね。

ここでも当然ディスクユニオンをチェックしますが、
chiyodaku-ochanomizu8.jpg
ユニオンが何店かあるために昔から御茶ノ水には通ってまして、つまり私の中では音源を仕入れに来る所。

ある日は駅前で『お茶の水アートピクニック』なるイベントをやっていました。
chiyodaku-ochanomizu1.jpg

これは造形作家・松岡友氏の作品。
chiyodaku-ochanomizu3.jpgchiyodaku-ochanomizu4.jpg
chiyodaku-ochanomizu2.jpg
chiyodaku-ochanomizu5.jpg

ぶらぶらと見て回り、
chiyodaku-ochanomizu9.jpg
chiyodaku-ochanomizu7.jpg
chiyodaku-ochanomizu6.jpg

"博多天神"の豚骨ラーメン。
chiyodaku-hakata-tenjin1.jpg
chiyodaku-hakata-tenjin2.jpg

同じく博多ラーメンのお店で"博多龍龍軒"
chiyodaku-hakata-ryuryuken1.jpg

ここもお気に入りで、最近は少し変わり種の…こがしにんにく入りとんこつブラックラーメン。
chiyodaku-hakata-ryuryuken2.jpg

とんこつ激辛ラーメン、でした。
chiyodaku-hakata-ryuryuken3.jpg

御茶ノ水にも立ち呑み屋…その名も"立ち呑み酒場 ピン"というのが最近オープンしました。
chiyodaku-ochanomizu11.jpg
細い裏路地に佇む"廊喫茶ミロ"の向かいですので、いい場所です。

ここ"ニコライ堂"は、キリストの復活を記念し、亜使徒聖ニコライが建立にあたった聖堂。
chiyodaku-ochanomizu12.jpg
chiyodaku-ochanomizu13.jpg
これって、「修羅雪姫 復活之章」(上村一夫画、小池一夫作)の冒頭…1ページ目に出てくる所ですよね!!

次は東京駅から、
chiyodaku64.jpg

皇居へ。
chiyodaku-koukyo68-5.jpg
chiyodaku-koukyo68.jpg
chiyodaku-koukyo69.jpg
chiyodaku-koukyo70.jpg
chiyodaku-koukyo71.jpg

東京のエンペラー・オブ・ザ・パワースポットでもある皇居ですので、外苑や周りをブラブラ歩いて高貴な方々のいい気を吸いとりたく思います。
chiyodaku-koukyo82.jpg
chiyodaku-koukyo72.jpg
chiyodaku-koukyo73.jpg
chiyodaku-koukyo74.jpg
chiyodaku-koukyo75.jpg
chiyodaku-koukyo76.jpg
chiyodaku-koukyo77.jpg
chiyodaku-koukyo78.jpg
chiyodaku-koukyo81.jpg

これは国の重要文化財でもある、桜田門
chiyodaku-koukyo79.jpg
chiyodaku-koukyo80.jpg

周りには…最高裁判所
chiyodaku71.jpg

国会議事堂と、
chiyodaku66.jpg
千代田区には日本国の象徴である天皇陛下がいるだけでなく、我が国の権力を握る中枢・人物がほとんど集まっているのです。

近くには窓の無い車が何台もあって、不気味。
chiyodaku70.jpg

こちらは国会みやげで、菊花紋章(菊の御紋)入りのでかい栓抜き。
chiyodaku87.jpg
chiyodaku88.jpg

近くには立法・行政・司法の三権分立を象徴したという三面塔星型の時計塔
chiyodaku67.jpg
chiyodaku68.jpgchiyodaku69.jpg

休みながらさらに散歩します。
chiyodaku73.jpg
chiyodaku74.jpg
chiyodaku75.jpg
chiyodaku76.jpg

日本武道館
chiyodaku72.jpg

"科学技術館"を通ると、ここでかつて水野晴郎閣下とお話した日の想い出が輝き出します。
chiyodaku77.jpg
chiyodaku77-5.jpg
chiyodaku78.jpg

最後に清水門の近くで、ニャンちゃん発見。
chiyodaku79.jpg
chiyodaku80.jpg

近づいたらニャーニャーと寄ってきて、頭を擦り付けてきてくれました。
chiyodaku81.jpgchiyodaku82.jpg
chiyodaku83.jpg

さらに友人には、膝の上に乗ってあげるサービスも!
chiyodaku84.jpg
chiyodaku85.jpgchiyodaku86.jpg
可愛い!いつもあそこにいるのなら、今度はエサでも持って行ってやりたいと思うのです。

千代田区は堅苦しい土地柄ですので、可愛い猫画像で締め括り…でよろしいでしょうか。
もう暗くなってきていたため写真はあまり撮らなかったのですが、でも猫ちゃんの感触はこの手に残っています。
では、おやすみなさい。


  1. 2009/11/06(金) 23:00:34|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月刊漫画ガロ(84) 福満しげゆき 7 「やっぱり心の旅だよ」

今夜は福満しげゆき先生の「やっぱり心の旅だよ」(青林工藝舎刊)です。
FUKUMITSU-yappari-kokorono-tabidayo.jpg
2007年と、つい最近上梓された単行本ながらその後も何冊も出ているし…今更ではありますが、でもやはりこれは紹介しておきましょう。

内容は福満しげゆき先生がイマイチ売れずに生活のためにエロ雑誌で描いていたエロ漫画の短編を中心に集めた構成になっています。
元々福満先生の描く女性はカワイイし、地味なエロさを持っていて大好きだったのですが…これらの作品はエロ目的の読者に向けて描いた作品ばかりなわけで、しかもガロとかアックスに描かれた作品だったら単行本にならずとも読んでいましたが、エロ雑誌までは読んでない私にとって「やっぱり心の旅だよ」収録作品は初めて読む物ばかりでした。

しかも代表作「僕の小規模な失敗」で描かれていた葛藤の時代に執筆していた作品だと思えば、藤子不二雄先生の自伝漫画「まんが道」に出てきた作品を実際に読むような喜びもあります。

で、そのエロを意識して描かれた作品群の内容は…別に他の作品と変わらないというか、確かに挿入に射精にといった描写はあるけど、シュールな展開とかが純粋にエロ漫画の先にある目的を邪魔しちゃって、だからエロ漫画としては失敗なような気もするけど福満しげゆきファンとしては嬉しい。
とはいえ中学生や高校生くらいなら、十分に興奮しまくってオカズとしてしばらくは使えるでしょう。

単行本はいきなり非エロ漫画なのですが、「新世紀僕はどうなる」という、変な…福満先生らしい、脱力しちゃうタイムスリップ物に始まります。
次の「ツキノワグマ」は、恐らくはつげ義春先生の「無能の人」のパロディを意識したであろう登場人物(助川助三・モモ子の夫妻+息子の三助)が、ただの売れない漫画家なのに宇宙人に襲われる話で…これは大好きなのですが、やはりエロ漫画じゃないですね。
あとはラストの表題作「やっぱり心の旅だよ」が非エロ。人生に疲れたオヤジが悩み、そしてクソガキへの怒りを爆発するシーンに拍手の名作なのでした。

それ以外は全て、ちゃんと巨乳また巨乳のエロ漫画が続くのですが…どれも童貞や弱者の主人公がいい思いをするので、羨ましいやら悔しいやらです。
しかし読者投稿を漫画化したという形式を取った連作では、エロ漫画でも個性や自我を出したいという欲を殺して描いたらしく、それが一番イイ!


なんだか…
わざわざ勇気を出して…つっかかってきたって感じだけど……
何か…気に入らないのか?ホームレスが……
おい君もこっちきて寝ころんでみろよ
見える景色が違ってみえる



  1. 2009/11/03(火) 00:00:23|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する