大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(90) 東京杉並区高円寺 12 高円寺阿波おどり…等

今夜は東京都杉並区高円寺。またかという声が聞こえてきそうですが、ここはほとんど自分の写真保存用ブログですので…どうしても近所ばかり多くなってしまいます。
2010年は8月28日・29日の開催だったので、終わってからもう2ヶ月が経ってしまいましたが、当地の名物である高円寺阿波おどりがありました。
koenji-awaodori79.jpg

おなじみ"アニマル洋子"では、今年初めて店頭でビール等の販売をするという事でしたので、初日に私もお手伝いをしてきました。
koenji-animal-youko74.jpgkoenji-animal-youko75.jpg

売りながら自分で飲むビールやつまみも、どんどん進みます・・・
koenji-awaodori90.jpg

店先には本も少し置いてましたが、
koenji-animal-youko79.jpg

100円で売ってるこのザ・グレート・サスケ「飛ぶ教室」は…普通にサイン本だったりもします。
koenji-animal-youko81.jpg
koenji-animal-youko82.jpg

踊り見物は・・・
koenji-awaodori81.jpg
koenji-awaodori82.jpg
koenji-awaodori84.jpg
koenji-awaodori89.jpg
koenji-awaodori91.jpgkoenji-awaodori92.jpg

店先から販売しながら見ているので、こんな感じで人の頭ごしになるので、あまり写真は撮りませんでした。
koenji-awaodori83.jpg
koenji-awaodori85.jpg
koenji-awaodori86.jpg

生意気なガキが私を見ている。
koenji-awaodori87.jpg
koenji-awaodori88.jpg

最後に記念撮影して、この日は終わり。
koenji-awaodori80.jpg
koenji-awaodori93.jpg
koenji-awaodori94.jpg

2日目は私に代わり、この方が売ってくれました。
koenji-animal-youko80.jpg
koenji-animal-youko76.jpg

『アタイの、オモチャ』
koenji-animal-youko77.jpg

こちらは…アニマル洋子の兄弟店とも呼ばれる"朝日屋洋品店"の店員さんがゲストで来てくれました。
koenji-animal-youko78.jpg
(奥に見えるナイスガイについては後で)

そう、踊らにゃ損々!!
koenji-awaodori95.jpg
koenji-awaodori96.jpg
koenji-awaodori98.jpgkoenji-awaodori97.jpg
koenji-awaodori99.jpg
koenji-awaodori100.jpg
koenji-awaodori101.jpg
koenji-awaodori102.jpg
koenji-awaodori103.jpg
koenji-awaodori104.jpg

面白い場面は多々ありましたが、踊る人々の写真はこのくらいしか撮ってません。それもそのはず…
「ココ」で紹介した、私がファッションのお手本にもしている尊敬するセンパイが来ていたので、そちらに目が釘付けだったのです。
koenji-awaodori105.jpgkoenji-awaodori106.jpg

世紀末覇者!!今回の彼の私服も、早く紹介したかった。
koenji-awaodori113.jpg
カッコいいだけでなく、笑顔が最高の方。彼はとてつもなく強く、そして限りなく優しかった…

他より奇抜な服装をした人が多い高円寺の地、しかも祭りの中でも一番目立っていて、通りすがりの人々にも写真撮られたり、記念撮影をお願いされたりしてました。
koenji-awaodori107.jpg
koenji-awaodori108.jpg

センパイの、次なる登場を楽しみにしておきましょう。
koenji-awaodori109.jpgkoenji-awaodori110.jpg

阿波踊り当日は、踊りが終わってもどこも人でいっぱい…
koenji-awaodori111.jpg
koenji-awaodori112.jpg


続いてこちらは、つい先日に行なわれたイベント・高円寺フェス2010
koenji-fes1.jpg

最近では高円寺の秋の風物詩とも呼ばれていますが、私はあまり意識していなくて…たまたま夕方に買い物に出たら、ゆるキャラとしてQoo(クー)ちゃんが歩いてたので思い出したくらいですが、10月23、24日の開催でした。
koenji-street154.jpg

他にライブ、物販、福引、パフォーマンス等、様々やってましたね。
koenji-street148.jpg
koenji-street149.jpg
koenji-street150.jpg
ほとんど何も見れなかったけど…とりあえず、きりたんぽを食べた私。

チンドン屋さんも見れました。
koenji-street151.jpg
koenji-street152.jpg

三上寛似の友人。
koenji-street153.jpg

目玉となるイベントが座・高円寺で行われた、23日の大槻ケンヂさまによる『オーケンのスーパーのほほん学校 高円寺編』と24日のみうらじゅん×峯田和伸トークライヴでしょうか。
何でしょこの、高円寺でやるイベントとしていくらなんでもベタすぎる人選は・・・・

普通の日のライヴとしては、"無力無善寺"にて…
koenji-muryoku28.jpgkoenji-muryoku29.jpg

コモグチテルヲ。
koenji-muryoku30.jpg

生死鴉。
koenji-muryoku31.jpg

組織暴力幼稚園。
koenji-muryoku32.jpg
koenji-muryoku33.jpg


呑み喰い記は、まず"成都"
koenji-SEITO210.jpg
koenji-SEITO211.jpg

何というか、この店にはよくもまぁこれだけ行くなぁという感じですが…
koenji-SEITO217.jpgkoenji-SEITO221.jpg
koenji-SEITO212.jpgkoenji-SEITO213.jpg
koenji-SEITO214.jpgkoenji-SEITO197.jpg
koenji-SEITO215.jpgkoenji-SEITO216.jpg
koenji-SEITO222.jpgkoenji-SEITO223.jpg
koenji-SEITO224.jpgkoenji-SEITO225.jpg
koenji-SEITO226.jpgkoenji-SEITO227.jpg
koenji-SEITO228.jpgkoenji-SEITO229.jpg
koenji-SEITO230.jpgkoenji-SEITO231.jpg
koenji-SEITO232.jpgkoenji-SEITO233.jpg
koenji-SEITO234.jpgkoenji-SEITO235.jpg
koenji-SEITO236.jpgkoenji-SEITO237.jpg
koenji-SEITO238.jpgkoenji-SEITO239.jpg
koenji-SEITO240.jpgkoenji-SEITO241.jpg
koenji-SEITO242.jpgkoenji-SEITO243.jpg
koenji-SEITO244.jpgkoenji-SEITO245.jpg
koenji-SEITO246.jpgkoenji-SEITO264.jpg

もちろん、夏の間も火鍋は食べ続けていました。
koenji-SEITO219.jpg
koenji-SEITO218.jpg
koenji-SEITO220.jpg

羊肉を中心に、どんどん追加していく…
koenji-SEITO263.jpg
koenji-SEITO265.jpg

激安!ランチバイキングにも行くし。
koenji-SEITO266.jpg
koenji-SEITO267.jpg
koenji-SEITO268.jpg
koenji-SEITO269.jpg

つい先日は、秘密結社「大悟への道」の新潟支社へ転属となるこの男を、送り出す会でしたよ。
koenji-SEITO252.jpgkoenji-SEITO253.jpg
koenji-SEITO251.jpg
koenji-SEITO248.jpg
koenji-SEITO247.jpg
koenji-SEITO249.jpg
koenji-SEITO250.jpg
koenji-SEITO254.jpg
koenji-SEITO262.jpg
koenji-SEITO255.jpg
koenji-SEITO259.jpg
koenji-SEITO260.jpg

正直、彼を新潟支社に送り込むのはあまりにも惜しい。首都を去り僻地へと向かうわけで、差し詰め現代の菅原道真公だとか言われていましたが…
しかしこれは大山倍達が芦原英幸に極真会館の四国支部作りをで行う試練を出した時(「空手バカ一代」参照)にも似た気持ちを持っています。遅ればせながら私の故郷でもある新潟の地に、我が秘密結社の思想を根付かせて欲しい。
koenji-SEITO256.jpg
koenji-SEITO257.jpg
koenji-SEITO258.jpg
koenji-SEITO261.jpg
この光景、写真を彼に捧げよう。

"小料理 休"
koenji-koryori-kyu266.jpg

新しいお店のカード。
koenji-koryori-kyu268.jpg
koenji-koryori-kyu267.jpg

いろいろ、美味しく頂いてます。
koenji-koryori-kyu270.jpgkoenji-koryori-kyu269.jpgkoenji-koryori-kyu271.jpg
koenji-koryori-kyu293.jpgkoenji-koryori-kyu272.jpgkoenji-koryori-kyu273.jpg
koenji-koryori-kyu274.jpgkoenji-koryori-kyu275.jpgkoenji-koryori-kyu276.jpg
koenji-koryori-kyu277.jpgkoenji-koryori-kyu278.jpgkoenji-koryori-kyu300.jpg
koenji-koryori-kyu279.jpgkoenji-koryori-kyu282.jpgkoenji-koryori-kyu280.jpg
koenji-koryori-kyu281.jpgkoenji-koryori-kyu283.jpgkoenji-koryori-kyu292.jpg
koenji-koryori-kyu284.jpgkoenji-koryori-kyu285.jpgkoenji-koryori-kyu286.jpg
koenji-koryori-kyu287.jpgkoenji-koryori-kyu288.jpgkoenji-koryori-kyu289.jpg
koenji-koryori-kyu290.jpgkoenji-koryori-kyu291.jpgkoenji-koryori-kyu258.jpg
koenji-koryori-kyu294.jpgkoenji-koryori-kyu233.jpgkoenji-koryori-kyu299.jpg

肉モノもある事があります。
koenji-koryori-kyu296.jpg

ぼくは、タコチュー。
koenji-koryori-kyu295.jpg
koenji-koryori-kyu297.jpg
koenji-koryori-kyu298.jpg

たま~に行く串揚げの"リトルウイング"が、"串かつ家"と屋号変更している!
koenji-little-wing19.jpg

"やきとり まるしょう"(○の中に笑)。
koenji-yakitori-marusyo20.jpg
koenji-yakitori-marusyo21.jpg
koenji-yakitori-marusyo22.jpgkoenji-yakitori-marusyo23.jpg
koenji-yakitori-marusyo24.jpgkoenji-yakitori-marusyo25.jpg
koenji-yakitori-marusyo26.jpgkoenji-yakitori-marusyo27.jpg
koenji-yakitori-marusyo28.jpgkoenji-yakitori-marusyo29.jpg
koenji-yakitori-marusyo30.jpgkoenji-yakitori-marusyo31.jpg

"伝説の若鶏唐揚 腹八分目"
koenji-hara8bunme11.jpg
koenji-hara8bunme12.jpg

全品280円なので、貧乏な友人と一緒の時に行きます。
koenji-hara8bunme13.jpgkoenji-hara8bunme14.jpg
koenji-hara8bunme15.jpgkoenji-hara8bunme16.jpg
koenji-hara8bunme17.jpgkoenji-hara8bunme18.jpg

そしてこれが看板メニューの、伝説の若鶏唐揚。
koenji-hara8bunme20.jpg
koenji-hara8bunme19.jpg

"大将本店"
koenji-taisyo58.jpg
koenji-taisyo59.jpgkoenji-taisyo60.jpg

よく行くのはこちら、"大将3号店"の方。
koenji-taisyo62.jpg
koenji-taisyo51.jpg
koenji-taisyo61.jpgkoenji-taisyo63.jpg
koenji-taisyo64.jpgkoenji-taisyo65.jpg
koenji-taisyo66.jpgkoenji-taisyo67.jpg
koenji-taisyo68.jpgkoenji-taisyo69.jpg
koenji-taisyo71.jpg
koenji-taisyo70.jpg

ここの火鍋も美味い。
koenji-taisyo72.jpgkoenji-taisyo73.jpg

様々なテナントが入っている大一市場では、
koenji-tanmenya1.jpg

まず定番の"四文屋"
koenji-shimonya32.jpg
koenji-shimonya34.jpg
koenji-shimonya33.jpgkoenji-shimonya36.jpg
koenji-shimonya35.jpgkoenji-shimonya37.jpg

四文屋はルック商店街の突き当たり近く(新高円寺方面)にも新店舗が出来ましたね。
koenji-shimonya38.jpg

大一市場のラーメン屋では"らあめん ひら石"が激ウマなわけですが、今回は初めて"タンメンや"にも入ってみました。
koenji-tanmenya2.jpg
koenji-tanmenya3.jpg
しかもこの日は気分的に看板メニューのタンメンにはそそられなかったので、広東麺にしてみました。
私は夕方に一人でラーメンを食べたかっただけでしたが、カウンター席しかないこの店で常連達が大声で話しながら酒飲んでいるので、居ずらかった…次は私も飲み客として入ろうかな。

高架下の"オムニマッ 母の味"
koenji-taste-of-mother10.jpg
koenji-taste-of-mother11.jpgkoenji-taste-of-mother12.jpg

チヂミや手羽先などの次は…
koenji-taste-of-mother13.jpgkoenji-taste-of-mother18.jpg

寒くなってきたこの時期なので、鍋(チゲ)類に決まってます!
まずはキムチチゲ、
koenji-taste-of-mother14.jpg

スン豆腐チゲ、
koenji-taste-of-mother15.jpg

味噌チゲ、
koenji-taste-of-mother16.jpg

魚チゲ。
koenji-taste-of-mother17.jpg

沖縄料理の、"居酒屋 盛盛"
koenji-morimori12.jpg
koenji-morimori13.jpg
koenji-morimori16.jpg
koenji-morimori20.jpgkoenji-morimori14.jpg
koenji-morimori21.jpgkoenji-morimori15.jpg
koenji-morimori18.jpgkoenji-morimori19.jpg
koenji-morimori17.jpg

前に行った時に店のカメラで撮ってもらった写真が、店内に飾ってあります。さあ、どこにあるか探してみよう!
koenji-morimori22.jpg

"関根精肉店"
koenji-sekine-butcher-shop1.jpg

朝挽きホルモン専門が売りのこの店は…
koenji-sekine-butcher-shop2.jpg
koenji-sekine-butcher-shop4.jpg
まず、ジャッキー・チェンの笑顔に癒されます。

ホッピー等を呑みながら、
koenji-sekine-butcher-shop3.jpg
koenji-sekine-butcher-shop19.jpg
koenji-sekine-butcher-shop5.jpg

名代 ホルモン焼き、
koenji-sekine-butcher-shop8.jpg
koenji-sekine-butcher-shop9.jpg
koenji-sekine-butcher-shop10.jpg
koenji-sekine-butcher-shop11.jpg

極上 もつ鍋、
koenji-sekine-butcher-shop23.jpg
koenji-sekine-butcher-shop24.jpg
koenji-sekine-butcher-shop25.jpg

残り汁でリゾットに。
koenji-sekine-butcher-shop27.jpg
koenji-sekine-butcher-shop28.jpg

カムジャタン鍋、
koenji-sekine-butcher-shop13.jpg
koenji-sekine-butcher-shop14.jpg

残り汁でカムジャタン鍋の焼きおじや。
koenji-sekine-butcher-shop15.jpg
koenji-sekine-butcher-shop16.jpg

鹿児島黒牛のレアハンバーグ、
koenji-sekine-butcher-shop21.jpg
koenji-sekine-butcher-shop22.jpg

コロッケや、
koenji-sekine-butcher-shop6.jpg
koenji-sekine-butcher-shop7.jpg

チョレギサラダ…
koenji-sekine-butcher-shop20.jpg

もう、何を頼んでも美味しいですね。
面倒な調理も目の前で店員さんがやってくれるので、基本的に王様気分で眺めていれば大丈夫。
koenji-sekine-butcher-shop17.jpgkoenji-sekine-butcher-shop18.jpg
koenji-sekine-butcher-shop12.jpgkoenji-sekine-butcher-shop26.jpg

"ホルモン焼 Wa"
koenji-wa1.jpg
koenji-wa2.jpg
koenji-wa3.jpg
koenji-wa5.jpg
koenji-wa6.jpg
koenji-wa4.jpg
koenji-wa7.jpg

24時間営業なのが凄すぎる"創作料理居酒屋 厳選素材 せかいち"
koenji-sekaichi6.jpg
koenji-sekaichi11.jpg
koenji-sekaichi12.jpg
koenji-sekaichi13.jpg
koenji-sekaichi7.jpgkoenji-sekaichi8.jpg
koenji-sekaichi9.jpgkoenji-sekaichi10.jpg

"Bar Lula"にて。
koenji-lula7.jpg
koenji-lula8.jpgkoenji-lula9.jpg

"喫茶プログレ"
koenji-kissa-progre147.jpgkoenji-kissa-progre148.jpg
koenji-kissa-progre149.jpgkoenji-kissa-progre150.jpg

プログレッシブ・ロック(Progressive rock)を聴きながら、ワインと将棋ですよ。
koenji-kissa-progre151.jpg
koenji-kissa-progre159.jpg
koenji-kissa-progre152.jpg

集う面々。
koenji-kissa-progre153.jpg
koenji-kissa-progre154.jpg
koenji-kissa-progre155.jpg
koenji-kissa-progre156.jpg

たまには黒マッコリをチェイサーに。
koenji-kissa-progre157.jpg

今年初のおでんも、喫茶プログレで頂きました。
koenji-kissa-progre158.jpg

友人に連れられて初めて行った"大陸バー 彦六"
koenji-hikoroku1.jpg
koenji-hikoroku2.jpg
koenji-hikoroku3.jpg
koenji-hikoroku6.jpg
koenji-hikoroku7.jpgkoenji-hikoroku8.jpg
とても落ち着く、素晴らしいお店でした。

しかもちばてつや先生のサイン色紙に遭遇して感動!
koenji-hikoroku4.jpg
ご本人が何度も来店しているとかで、鉄兵がウクレレ持っているのは店のマスターがウクレレ弾きだからで…とかのお話も聞きました。

何とも素敵な調教師・エロスヴァティ(erosvati)さん。
koenji-hikoroku9.jpg
koenji-hikoroku5.jpg

"ボカン亭"…
koenji-bokantei2.jpg

…の隣には3年前にオープンした"餃子バル"。今更ながら初めて行ってみました。
koenji-gyoza-bal1.jpg
koenji-gyoza-bal2.jpg

"ひっぱりだこ"
koenji-hipparidako3.jpg
koenji-hipparidako5.jpg
koenji-hipparidako4.jpg

ルック商店街の"バーボンタコスカフェ"(Bourbon tacos cafe)。
koenji-tacos-cafe1.jpg
koenji-tacos-cafe2.jpg

"BEACH STYLE CREPE「Fucca Fucca」"
koenji-fucca-fucca1.jpg

ひょんな事からお店の人と知り合い、訪ねてみました。この店で甘い物は苦手だとも言えず・・・
koenji-fucca-fucca2.jpg
ひぃー!クレープが襲ってくる!

高円寺駅直結のモミアンドトイズ(MOMI&TOY'S)のクレープも、美味いらしいですね。
koenji-momi-toys1.jpg
koenji-momi-toys2.jpgkoenji-momi-toys3.jpg

他にも女子に人気の甘い店はパル商店街のサーティワンアイスクリーム他、たくさんありますが…
koenji-street142.jpg
koenji-street143.jpg
koenji-street156.jpg

次はラーメンを巡りますか。
koenji-street138.jpg
koenji-street145.jpg
koenji-street146.jpg

まずは前回の高円寺特集で紹介した『高円寺らーめん横丁』に少し動きがありました。
koenji-ramen-yokocho8.jpg
koenji-ramen-yokocho6.jpg
koenji-ramen-yokocho7.jpg

まず最も有名な"蒙古タンメン 中本"は、激辛好きの私ですので頻繁に行ってます。
koenji-nakamoto6.jpg
koenji-nakamoto17.jpg

看板メニューの蒙古タンメン、
koenji-nakamoto7-mouko.jpg
koenji-nakamoto8-mouko.jpg

味噌タンメンに味玉入れて、
koenji-nakamoto11-miso.jpg

五目蒙古タンメンの野菜増し、
koenji-nakamoto12-gomoku-mouko.jpg

一番辛い北極ラーメンに味玉入れて、
koenji-nakamoto14.jpg
koenji-nakamoto15.jpg

(もちろんスープまで完食)
koenji-nakamoto10.jpg

蒙古卵麺、
koenji-nakamoto18.jpg

冷しラーメンに味玉入れて、
koenji-nakamoto13.jpg

最後は高円寺開店限定の冷し肉醤麺、
koenji-nakamoto9.jpg

新メニューで、ついに辛くないラーメンも登場して…湯麺、
koenji-nakamoto16.jpg

プチ麻婆丼。
koenji-nakamoto19.jpg

"とりそば 大喜庵"・・・でしたが、ここは現在"天神下 大喜 高円寺分店"と屋号変更し、メニューも変わりました!!
koenji-torisoba-daikian5.jpg
koenji-torisoba-daikian6.jpg
koenji-torisoba-daikian7.jpg

とりそば、
koenji-torisoba-daikian11.jpg

醤油とりそば、
koenji-torisoba-daikian8.jpg

特とりそば、
koenji-torisoba-daikian10.jpg

…だったかな、確か。

"つけめん TETSU"
koenji-tetsu5.jpg
koenji-tetsu6.jpg

煮干そば、
koenji-tetsu7.jpg

油そば、
koenji-tetsu8.jpg
koenji-tetsu9.jpg

つけめん、
koenji-tetsu10.jpg

…これは、〆のスープ割に焼き石入れてもらえて、この味がまたグー!
koenji-tetsu11.jpg

最後に4軒目は"種子島商店 くにがみ屋"…のはずでしたが、前回の高円寺紹介で『高円寺らーめん横丁』では一番のお気に入りだなんて書いてましたのに、早くも撤退してしまいました。
代わりに入った店は"麺処 くるり"
koenji-kururi1.jpg
koenji-kururi6.jpg
市ヶ谷に本店がある、有名なお店ですね。

みそらぁめん、
koenji-kururi3.jpg

味玉みそらぁめん、
koenji-kururi7.jpg

特製みそらぁめん、
koenji-kururi4.jpg
koenji-kururi5.jpg

辛味つけそば。
koenji-kururi2.jpg

タイ料理の"BAAN-ESAN"(バーンイサーン)が、お得なランチタイムの営業を始めました。
koenji-BAAN-ESAN124.jpg

先日はまず、タイラーメンから。
koenji-BAAN-ESAN125.jpg

夜も、たまに。
koenji-BAAN-ESAN126.jpgkoenji-BAAN-ESAN127.jpg
koenji-BAAN-ESAN128.jpgkoenji-BAAN-ESAN129.jpg

新規オープンの横浜家系ラーメン、"新宿家"。歌舞伎町にある店の支店ですね。
koenji-shinjukuya1.jpg
koenji-shinjukuya2.jpg

つけ麺に、
koenji-shinjukuya4.jpg

これは高円寺店限定の『高円寺スペシャル』。
koenji-shinjukuya3.jpg

"公楽"にて、辛味噌ラーメン。
koenji-kouraku1.jpg
koenji-kouraku2.jpg
koenji-kouraku3.jpg

お気に入りの"天王"では、
koenji-tenno25.jpg

ラーメン…この美味さで400円!
koenji-tenno26.jpg

うまにラーメン、
koenji-tenno27.jpg

チャーシューメン、
koenji-tenno28.jpg

タンメン、
koenji-tenno29.jpg

つけめん、
koenji-tenno30.jpg

そして、ビールとつまみの各種。
koenji-tenno35.jpg
koenji-tenno31.jpg
koenji-tenno32.jpg
koenji-tenno33.jpg
koenji-tenno34.jpg

"ラーメン万福"
koenji-manpuku25.jpg

安くて美味い、ここはメニューが豊富なのでいつも迷いますが…定番で500円の野菜ラーメン、味噌ラーメン。
koenji-manpuku26.jpg
koenji-manpuku28.jpg

こちらは激辛ラーメンですが、御願いしてさらにスペシャルな辛さにしてもらいました。
koenji-manpuku27.jpg

実は餃子も美味いし。
koenji-manpuku29.jpg

"じゃぐら"
koenji-jagura8.jpgkoenji-jagura9.jpg

限定メニューのとうがらし味噌、
koenji-jagura10.jpg

つけめん。
koenji-jagura11.jpg

"誠屋"
koenji-makotoya9.jpg
koenji-makotoya10.jpg

"らーめん一蔵"
koenji-ichizo5.jpg

醤油ラーメンに味玉トッピング。
koenji-ichizo7.jpg

味噌ラーメンにバタートッピング。
koenji-ichizo6.jpg

"天下一品"
koenji-tenkaippin1.jpg
koenji-tenkaippin2.jpg
koenji-tenkaippin3.jpg

"らーめん大"
koenji-die21.jpg

これは無料の野菜トッピング『多め』。
koenji-die22.jpg

次の『増し』を飛び越えて『増し増し』だと、こう!
koenji-die23.jpg
koenji-die24.jpg

"中華食堂 一番館"
koenji-ichibankan5.jpg
koenji-ichibankan8.jpg
koenji-ichibankan6.jpg
koenji-ichibankan7.jpg
koenji-ichibankan9.jpg
koenji-ichibankan10.jpg

"麺や 藤"
koenji-fuji4.jpg
koenji-fuji5.jpg

"富士そば"
koenji-fujisoba18.jpgkoenji-fujisoba19.jpg

24時間営業であるため。朝まで呑んだ後の〆そばとしても使われています。
koenji-fujisoba20.jpg
koenji-fujisoba21.jpg
koenji-fujisoba22.jpgkoenji-fujisoba31.jpg

定番の"せい家"では、
koenji-seiya60.jpg
koenji-seiya54.jpg

ビールと餃子、
koenji-seiya63.jpg
koenji-seiya62.jpg

ラーメンはトッピングを選んで…
koenji-seiya55.jpg
koenji-seiya61.jpg
koenji-seiya56.jpg
koenji-seiya57.jpg
koenji-seiya58.jpg

久々に、豪華な『せい家スペシャル』も頂きました。
koenji-seiya59.jpg

今回の環七沿いからは味噌専門店を2軒で、24時間営業の"味噌一"
koenji-misoichi14.jpg

ピリ辛に、味玉トッピング。
koenji-misoichi15.jpg

火吹きに、味玉とチャーシュー2枚トッピング。
koenji-misoichi16.jpg

続いて"みそ一発"
koenji-misoippatsu1.jpg
koenji-misoippatsu2.jpg

"ラブメン楽々"では、ラブメン(大)。
koenji-lovemen-rakuraku1.jpg
koenji-lovemen-rakuraku2.jpg

"らーめん てつや"
koenji-tetsuya4.jpg
koenji-tetsuya5.jpg
koenji-tetsuya6.jpg
koenji-tetsuya7.jpg

いつもの"儀左衛門"ですが、
koenji-gizaemon20.jpg

K-1の中島弘貴という選手もお薦めとかのキャンペーンで、儀左あえ麺が一時期安くなってました。
koenji-gizaemon21.jpg

いつも700円だかで普通に頼んでた、おなじみの儀左あえ麺が350円だなんて…K-1に興味無く、全く知らない選手の事でもありますが、この時ばかりは感謝の儀左あえ麺。
koenji-gizaemon22.jpg

こちらは、熟成 黒たまりらーめん。
koenji-gizaemon23.jpg

東高円寺では、ニコニコロード沿いの"麺屋 ENJI"が美味い!!
koenji-enji1.jpg
koenji-enji2.jpg

中華そばに、
koenji-enji3.jpg

こちらは胚芽麺を使用している、つけ麺。
koenji-enji4.jpg

毎度ですが、高円寺を少し離れて…
koenji-street140.jpgkoenji-street141.jpg
koenji-street144.jpg
koenji-street139.jpg
koenji-street155.jpg


行くのは方南町。

席が狭いけど…定番は"なぎ屋"
honancho-nagiya29.jpg
honancho-nagiya39.jpghonancho-nagiya38.jpg
honancho-nagiya30.jpghonancho-nagiya31.jpg
honancho-nagiya32.jpghonancho-nagiya33.jpg
honancho-nagiya34.jpghonancho-nagiya35.jpg
honancho-nagiya36.jpghonancho-nagiya37.jpg

"一心太助"
honancho-isshin-tasuke94.jpg
honancho-isshin-tasuke98.jpg
honancho-isshin-tasuke95.jpghonancho-isshin-tasuke96.jpg
honancho-isshin-tasuke97.jpghonancho-isshin-tasuke99.jpg
honancho-isshin-tasuke100.jpghonancho-isshin-tasuke101.jpg

"かわちゃん"
honancho-kawachan9.jpghonancho-kawachan17.jpg
honancho-kawachan10.jpg

日本酒を頼むと、その度に美人のお姉さんが注いでくれるものだから、いろんな種類のを呑みすぎて毎回酔っ払ってしまいます。
honancho-kawachan11.jpg
honancho-kawachan12.jpghonancho-kawachan13.jpg
honancho-kawachan14.jpghonancho-kawachan15.jpg
honancho-kawachan16.jpgkoenji-street147.jpg

あまり行きたくないチェーン居酒屋ですが、メンバーによっては行かざるを得ない事も…で、まずは"魚民"
honancho-uotami1.jpg
honancho-uotami2.jpg
honancho-uotami3.jpghonancho-uotami4.jpg
honancho-uotami5.jpghonancho-uotami6.jpg
honancho-uotami7.jpghonancho-uotami8.jpg

"養老乃瀧"
honancho-yoronotaki10.jpg

最初のビールはピッチャーで頼んだ方がお得ですね。
honancho-yoronotaki20.jpg

他。
honancho-yoronotaki22.jpghonancho-yoronotaki19.jpg
honancho-yoronotaki12.jpghonancho-yoronotaki13.jpg
honancho-yoronotaki14.jpghonancho-yoronotaki15.jpg
honancho-yoronotaki16.jpghonancho-yoronotaki17.jpg
honancho-yoronotaki18.jpghonancho-yoronotaki21.jpg
honancho-yoronotaki23.jpghonancho-yoronotaki24.jpg
honancho-yoronotaki25.jpghonancho-yoronotaki26.jpg
honancho-yoronotaki27.jpghonancho-yoronotaki28.jpg
honancho-yoronotaki11.jpg

最後に、日本人に迎合しすぎなインドカレー屋"家帝"(YETI)。
honancho-yeti1.jpg
honancho-yeti10.jpg
honancho-yeti2.jpghonancho-yeti3.jpg
honancho-yeti4.jpghonancho-yeti5.jpg
honancho-yeti6.jpghonancho-yeti7.jpg
honancho-yeti8.jpghonancho-yeti9.jpg

はい今回もほとんど、取り急ぎ大量の写真だけアップしたブログになりましたが、もう時間が無いのです…サヨナラなのです…


スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 23:48:47|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇画(109) 小島剛夕 3 佐々木守 1 「宮本武蔵」

今夜は佐々木守作、小島剛夕画による「宮本武蔵」(双葉社刊)です。
KOJIMA-SASAKI-miyamoto-musashi.jpg

小島剛夕先生が描く宮本武蔵といえば、もちろん梶原一騎原作による「斬殺者」を思い出す方が多いでしょうが、あの愛しい名作と同じ劇画家が描いた武蔵ですから、興味の湧かないはずがありません。
今回の原作担当は佐々木守先生。脚本家としても昔の特撮番組好きなどから絶大な人気を持ち、漫画原作者としては水島新司と組んだ「男どアホウ甲子園」が有名ですね。

また宮本武蔵というのはおそらく現在人気No.1の剣豪であり、今までに数多くの映画・小説などで描かれ続けているし、漫画でも石森章太郎(石ノ森章太郎)川崎のぼる先生、横山光輝先生、本宮ひろ志先生、神田たけ志先生、島本和彦先生、井上雄彦先生…こんな凄い巨匠達の他にも、まだまだ多くの漫画家達が好んで描いています。
私自身も少年時代から憧れだった剣豪である宮本武蔵モノは出来る限り読んでいるつもりですが、小島剛夕&佐々木守「宮本武蔵」はどうか。

まず特筆すべき事として、いきなり吉岡一門との戦い、それも清十郎と伝七郎を倒した後の『一乗寺下り松の決闘』からのスタートです!!
武蔵モノの決定版と言える吉川英治の小説「宮本武蔵」ではラストシーンに来る佐々木小次郎との戦いまでが、全8話のうち1話目で終わってしまいます。
「斬殺者」では1話目の冒頭で終わってましたから、それよりマシとは言えますが…
これがどういう事かといえば、小島&佐々木版は剣豪としては全盛期以降の武蔵が62歳で永眠するまでを描いているのです。「斬殺者」と違って完全な宮本武蔵だけに焦点を絞った作品ですので、武蔵の生涯を学ぶ上では貴重な作品と見る事も出来るでしょう。決して入門向きではありませんが。
しかもここでも武蔵は鼻がもげるほど臭く、女子受けするイケメンではありません。

さて、小次郎をも倒して剣豪として誰もが知るほどの名を成して以降の武蔵です。悟りを開いて隠居して芸術に励んでいた…そんなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
いえいえ、剣の腕は天下一になった武蔵も、まだまだ悩みます。まずは合戦で鉄砲や大砲が多用されるようになり、20年間剣を学び続けた者が1日で女子供でも使える鉄砲にやられる現状に。そして己の剣に迷いを生じ、虚しさを覚えて一年間も志津という女性と山小屋にて生活をするのですが、やはり剣を捨てられないと出て行く事を決め、それなら武蔵が心置きなく一途に研鑽するためにと、崖から身を投げる志津。

剣で身を立てるとなると天下一の証明のため避けては通れぬのが、徳川将軍家の剣術師範で知られる柳生家。柳生家の立場を知り、また柳生十兵衛との戦いにおける驚きの結果。柳生兵庫とはすれ違うだけなのに迫力の7ページを使っています。
養子となる伊織との出会いに、強敵・三宅軍兵衛や、何と天草四郎時貞と立ち会った後に島原の乱に参戦…等、面白い『その後』の武蔵のエピソードが続きます。
今まで様々な武蔵像を見てきましたが、小島剛夕先生が描く骨太な武蔵は全1巻分しかないのがあまりにも勿体無いですね。

作者は二人共亡くなっていますが、ラスト近くで武蔵が桜島を眺めて
『剣を志す者 この煙の如く 後を断つことはござるまい……』
とつぶやいていますが、剣=武蔵…今後も宮本武蔵はずっと描き継がれていく事でしょう。
今の時代だと現在も長期連載中の「バガボンド」が力作すぎて、他の漫画家が描きにくい状況だと思いますが、それぞれが思い思いの武蔵を、まだまだ描いていく世の中を切望します。


おれは一体なんのために 今日までこの一剣に生命を賭けて来たのだ!
絶つか絶たれるかの一瞬に全生命を賭けて磨きぬいて来た剣の道
この一剣もて天下の頂上に君臨しようとした今日までの俺が!
鉄砲ごときに怖れをなし 迷いをもっていいのか!
これからの人生なにが起ころうとも どんなことが巡って来ようと
おれは決して剣一途以外の道は歩まぬぞ!



  1. 2010/10/27(水) 23:06:17|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇画(108) 宮谷一彦 3 「肉弾時代」

今夜も続けて血と汗が飛び散る宮谷一彦作品で、「肉弾時代」(廣済堂刊)。
MIYAYA-nikudan-jidan1.jpg
1970年代の劇画好きにはバイブル的な雑誌である増刊ヤングコミック(少年画報社刊)にて掲載された『肉弾激餓三部作』の最後・三作目を飾ったのが表題作「肉弾時代」

冒頭数ページの絵…そして登場する三島由紀夫(一応名前は『M』とされています)に度肝を抜かれるオープニングから、彼が目を付けたボクサー・武居捨郎(たけいすてお)の人生へと進みます。
昭和20年に地獄の経験をしながら満州から日本へ帰ってきた武居は昭和34年、打たれまくった後に獣が復讐するような試合運びで相手を倒すボクサーとなっているのですが、当然パンチドランカーになり…キ印になってからの話運びが凄い。
Mは楯の会のようにクーデターを起こしますが、現実の『三島』とは違ってさらってきた権力亡者の政治家達に、壊れている武居捨郎VS美貌の元世界チャンピオン・ケイリーの試合を見せ付けるのです。その意図する所は・・・!?

説明文が多すぎるのに、それでもインテリ的なんだか意味が分からないこの作品は、まず話はどうでもいいので『絵』を楽しむべきだと思います。
変態的で、グロテスクな美しさがあり…まぁ私が興奮するこの部分も、アニメ化されやすいポップな絵ばかり見ている人にとっては嫌悪感が先に起こるかもしれません。
ページが真っ黒に見えるほどの描きこみが生む圧倒的な迫力!鍛え上げた『筋肉』を魅せたい作者の意図がタイトルでも分かります。
ハングリー極まる男の哀れな滅びの美学と、ナルシシズムの天才作家Mの暴走。どちらも退廃的な美しい。それも、果実が熟して腐って落ちる寸前に見せる最高で最後の美しさを漂わせるのです。

今作は1990年代中盤頃にサブカルチャー系のファン達に支持されていた雑誌QuickJapan(クイック・ジャパン)にて持ち上げられ、QJマンガ選書として復刻本も出版された事から、一躍一番有名な宮谷一彦作品となりました。
MIYAYA-nikudan-jidan-QJ.jpg
この太田出版版は、著者による加筆・修正・描き下ろし原稿まで加えた『完全版』とされていますので、読む価値は高いでしょう。

どちらの版にも表題作「肉弾時代」の他に、「肉弾人生」が併録されています。
MIYAYA-nikudan-jidan2.jpg
(廣済堂版の裏ジャケにあるこちらの絵は「肉弾人生」の表紙絵)

『肉弾激餓三部作』の二作目に当たる作品ですが、この本には収録されていない三部作の一作目も同じ「肉弾人生」というタイトル。
なので一作目は『鬼蔵編』、二作目は『復活嫁売ジャイアンツ』と呼ばれています。

今度はジャイアント馬場そっくりな巨漢の男が厳しい環境から這い上がり、父の手で野球選手に仕立て上げられるが…という話で、これも見所・突っ込み所満載すぎます!
野球を題材にし、厳しい父と葛藤する所は「巨人の星」のパロディとも思えるのですが、世界観が違いすぎてその事に気付かないくらい。

どちらの作品も、絵が…画力が…または奇抜なストーリーの組み立ても目立ちますが、難解で文学的な『思想』らしき物も込められていて、理解できないまでも必要以上に裏を読み取ろうとしてしまいます。セリフなども本当に意味不明な物が多くて、何度も読み返して考えたりするのですが…やはり私の頭では分からないのでした。


お 俺は恐ろしいんだ・・ 恐ろしくてたまらない…
アゴが弱いってことだけじゃあない……
トレーニングして…おいしいものを食べさせてもらえばもらう程……
恐くなっていく……こ この筋肉だ!
こいつの獰猛なはたらき お 俺のヤワな骨格はたえられないよお!
いつも夢でうなされる いつか試合中に筋肉が骨をへし折る!



  1. 2010/10/25(月) 23:23:07|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇画(107) 宮谷一彦 2 「スーパーバイキング 宮谷一彦自選集」

今夜は、物凄く久しぶりな宮谷一彦作品で、「スーパーバイキング 宮谷一彦自選集」(チクマ秀版社刊)です。
MIYAYA-super-biking.jpg
宮谷一彦先生については「ココ」「青春相続人」(青林堂刊)にだけ少し触れておりましたが、あの後で突如…2007年に刊行された単行本がこの「スーパーバイキング 宮谷一彦自選集」です。

宮谷一彦先生がもう漫画家としての表立った仕事はしてないとはいえ、あのATGで映画化までされた代表作の「人魚伝説」すら読めない!というどうしようもない出版業界の中で、この本を出したチクマ秀版社は偉い!
この本のせいだったのかは分かりませんが、出版後数ヶ月したら倒産しちゃいましたが…

ともかく「スーパーバイキング 宮谷一彦自選集」は著者の9年ぶりとなる単行本。新作を描いてる人ではないので過去作品を自選して収録した物ではありますが、表題作「スーパーバイキング」は単行本未収録だった作品で、しかもあの宮谷一彦先生が超メジャー誌であるヤングジャンプ(集英社刊)に連載した、もちろん唯一となった異色作。
その存在を噂でしか知らなかった私が飛びついたのは言うまでもありませんが、これがまた凄いんですよ。1960~70年代を象徴するような漫画家である宮谷先生が、軽くてポップな物がもてはやされた1980代初頭(82~83年)に描いた作品なので、時代や掲載誌に合わせて大衆に迎合した作風になってたらどうしようと心配はしていたのですが、それは全くの杞憂に終わりました。

主人公のタクは、冒頭からバイクキチガイの仲間達と共謀して零戦の星型十四気筒(七気筒 二列)エンジンのゼロなんてスーパーバイクを組み立てて走らせバカ騒ぎしてるような奴だったのですが、タクの住む市の暴走族を片っぱしから皆殺しにすべく刈っている"悪霊ライダー"の正体が、高校時代の自分にラグビーと熱い想いを教えてくれた輝かしい憧れのスーパースターたる先輩だった事を知り、追う事にするのです。
そして悪霊ライダーと"ひみこ"という巨大暴走族との抗争に巻き込まれてゆく…

ひみこが悪霊ライダー対策として援軍に雇った…昔は地獄のサーカスと呼ばれていたという関東の族の神様"皆殺し三兄弟"とか、大仰なキャラで盛り上げるのはヤンジャン連載だったためでしょうか。
映画「マッドマックス」ばりの派手な戦争をこの画力で描いてるので、バトル漫画要素の多い『暴走族モノ』としても面白いのですが、この緻密な描き込みの絵や構図、質感、ストーリー展開…随所に宮谷一彦節を見つけては微笑ましくなるのです。

今作ではバイクの迫力を出すのに力を入れていると思いますが、そのマシーンの説明が丁寧で、
『ハーレーダビッドソン FLH80 1300CC 空冷式 V型2気筒 約70馬力』
『カワサキ Z750FX 746CC 空冷式 DOHC 2 バルブ4気筒
 最高出力 70ps/9000rpm 最大トルク5.7kg m/8500rpm』

などと見開きページで図解と共に説明されたりします。他にもゴチャゴチャと専門的な知識を並べられる所は多く、このようにそっちのマニアしか分からないような事に力を割いているのもいいですね。

そしてキャラクターですが、正義の熱血漢的な主人公より悪霊ライダーより、ひみこの首領と思われるハーレーのサイドカーに乗ってる謎の美女が、ラスト間近で明らかにあるその正体も含めて素晴らしすぎるのです。
MIYAYA-super-biking2.jpg
ハッピーエンドといえる終わりも、往年の宮谷作品と比べるとさわやかすぎて驚きますが、これが違和感なく成功してますね。

この「スーパーバイキング」の他に単行本に収録されているのは短編が三作品で、
1973年の「ワンペアプラスワン」
1972年の「嘆きの仮面ライダー」
1975年の「ダビデの眠る日」
です。
いずれも既に単行本収録済みですが、その単行本自体が絶版で入手困難のためレア化していましたので、これまた嬉しい事でした。
しかもこの自選集発売になった2007年時点での著者による大幅な加筆修正部分もあるので、単行本を持っていた方にも見ものです。

どれも宮谷先生の持ち味満載な名作ですね。
あまり多くを語らないようにしたいのですが、特に「ダビデの眠る日」は知名度も高めだと思いますが、政治的なテーマも含んで重すぎながらもアクション物の傑作。
私など若かりし頃に凄い衝撃を受けた事を思い出しますが、もうどこを取っても見事すぎて、比べてしまえばさすがに表題作も劣る所が目立ってしまうかな…それほど圧倒的な迫力で迫ってくるのですよ。

せっかく3年前に復刻されて読みやすくなった貴重な宮谷一彦作品ですので、この自選集を読んで貴方も『劇画』の凄さを感じて欲しい。
とかいってたらもしかして、出版社の倒産があったし…こんな最近出た本すらもレア化しているかもしれません。


わ 分かったぜ…この先に死の罠が仕掛けられてある…ってンだなっ
だ…だがよ……だったらなおのこと!追うっ!!

あ あいつもこの修羅場を突っ切ったんだ!



  1. 2010/10/20(水) 23:49:06|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇画(106) 上村一夫 18 岡崎英生 2 「しなの川」

今夜は上村一夫劇画、岡崎英生原作の「しなの川」(少年画報社刊)です。
KAMIMURA-OKAZAKI-shinanogawa1.jpgKAMIMURA-OKAZAKI-shinanogawa2.jpg
連載は1973年から翌年までのヤングコミック。この原作者は後にも上村一夫先生と組んで、既に紹介した「夢師アリス」などの名作を生んでいます。

「しなの川」は画像を見ての通り単行本(73年11月発行)には『1巻』表記があり、物語も途中で掲載誌ではきちんと完結しているというのに2巻は発売される事のないまま絶版となってしまったので、この版だと全1巻。当時付いていた帯はこちら↓です。
KAMIMURA-OKAZAKI-shinanogawa3.jpg

タイトルの『しなの川』とは、もちろん『信濃川』の事であり、冒頭で引用される「越後国風土記」によれば『死難の河』という意味でその名が付いたそうです。
信濃川は新潟県と長野県を流れる日本一長い川ですが、長野県では千曲川と呼ばれているので、今作の舞台は新潟県域のみと考えて良いでしょう。
現に『十日町・中魚地方』と説明されているのですが、ここは私の故郷の隣町だし信濃川はよく眺めてたしで、親しみを持てるのです。あそこが敬愛する上村一夫作品、しかもこんな名作の舞台になっているなんて…誇らしく思います。

そんな信濃川沿いの街を舞台に大正~昭和時代を生きた高野雪絵を描く、上村&岡崎版「女の一生」とでもいうべき大河ロマンです。

大正3年に裕福な越後縮の商家で生まれた雪絵は、次の章で早くも美少女に成長して一五歳。一つ年上の奉行人・朝田竜吉と甘く美しく、そして切ない初恋を経験します。
唇が痛くなるほどキッスしていた二人でしたが、進学のため実家を離れて寄宿学校へ行くため竜吉とはお別れ。髪の毛を一本与えて『捨てた』のです。

新潟県立○○女学校に進学して、次なる雪絵の恋は東京から来た新米教師の沖島雄介
自由な恋愛が認められていなかった時代に、しかも教師と生徒である二人は堂々と二人乗りの自転車で街中を走り回り、一大スキャンダルとなって県下を揺るがすのです。
そして二人は駆け落ちし、刑事に捕まりながらも電車から飛び降りて逃げた雪絵は雄介の元へ駆けつけ、処女を捧げるのですが…
『処女を与えたあとの男は なぜだかひどくつまらぬ男に見える 別れようと思った』
というわけで雄介も捨て、実家に帰りました。

実家には商家の旦那でもある父親がいるのですが、彼は男色家で番頭の出口辰之助とできています。
作中何度かホモ描写も出てきますが、上村一夫作品お得意のタブー描写は続き、半ば狂ってきた父が雪絵を犯します!
その上で自分の父親は母の浮気相手で後に駆落ちした番頭との娘だという出生の秘密を知り、母が棲む島、母が男と逃げた島である佐渡島へ行き、母親と一夜の再会を果たすのです。そして母親は後に寝たきりの恋人と無理心中で死に…
さらに壮絶なのは実家で、潰れかけた店から出て行こうとする辰之助を殺して自宅に火を放つ父。女の着物を着て、舞うように包丁を振りかざしていますよ…。
雪絵の方は今や母親から受け継いだ淫蕩な血をはっきりと自覚し、次なる恋人として泰賢という僧。

雪絵の背負う宿命に不幸色が濃くなってきた所で、この少年画報社版の単行本は終わってしまい、既に書いた通り続巻は発行されなかったのですが…
何と30年以上が経った2005年にK&Bパブリッシャーズから、全3巻の完全版として本のサイズも大きくなって単行本が発売されたのです!
KAMIMURA-shinanogawa1.jpgKAMIMURA-shinanogawa2.jpg
この2巻の途中からは私の知らない「しなの川」でした。
これはもう、持ってるオリジナル版の古本価値が下がるとかは関係なく嬉しかったです。即座に買ったものですが、何度も読んだ物語の幻の続きですからね、感動しました。
そうか、あれから高野家から追い出された雪絵は長岡-東京間(上越線経由)の電車で泰賢を追っていき、そこで泰賢に裏切られて彼の僧友に犯され、十八歳の誕生日には海に身を投げるのか…

KAMIMURA-shinanogawa3.jpg
そして第三巻。まだまだこんなに読んでない部分があったのですね。
不思議な鬼火の発生で海から助けられた美しい雪絵は、次なる男として医師の安西麟太郎と出会い、こいつも問題ある奴でしたがここで始めての結婚をします。
しかし海から助けられて以降続く病魔に蝕まれていて、娘の小夜子を出産しながらも肉体は自らの滅びを知っているからか画学生、秋山耕治との不倫に走った上にまた妊娠して父親の違う子供を生みます。

ここから一気に向かった終章で雪絵は三十五歳。生涯で五人の男と交わったと告白しているので、再婚した秋山以降は誰ともしてないわけですね。
作中では『淫蕩な女』イメージを持たされる雪絵ですが、まぁ現代の日本人からしたら全然そんな事ないのに、どうも悲痛で暗すぎる…ラストが幻だった時代には幸せになる雪絵を想像しないでもなかったのですが、やはり雪絵にハッピーエンドは似合わないか。

初体験をした後に『からだなんてなければいい』、いや『からだも心もなければいい』と思い知らされるシーンがありましたが、一番最初の男であり、肉体関係を結ばなかった竜吉との恋が一番美しい思い出だったのでしょうか。
そう思った矢先でしたが、家族の前から姿を消して信濃川(しなの川)が見える故郷に戻った雪絵は、何と二度と会わないと思われた…現に作中のナレーションで作者もそう書いてたのに、竜吉と出会います!
まさかこんな掟破りのシーンがあったとは。二十年経って再会した竜吉は、革命活動をして殺人容疑で警察に追われていました。しかし彼はあの、二十年前に雪絵から貰った髪の毛を後生大事に持ち歩いていたのです!!

昭和初期という波乱の時代背景も見ものだし、雪絵の子達も幼いうちから犯す過ちだとか衝撃のラストシーンだとか…もちろん上村一夫先生の絵なのでストーリー以外にも見所が随所にあるのですが、それはご自分で読んでもらうとして、今夜はお別れにしましょう。
私も雪の時期にでも、雪絵と同じ故郷に帰って信濃川を見ながら物思いにふけるとします。

最後になりますが、この名作劇画「しなの川」は実写映画化もされています。
それも多くの松本清張作品や、私が一番好きな「八つ墓村」(1977年版)などで知られる野村芳太郎監督の手で!高野雪絵役を演じたのは同じ上村一夫作品の代表作「同棲時代」と同じ由美かおるで、これも少し前までビデオ化すらしていない幻の作品だったのですが、現在はDVD化もしています。原作連載中にされた映画化だったので、物語は途中までしか描かれていないのですが…いい時代になったものですね。

それでは作詞・岡崎英生、唄・高野るいによるレコード「しなの川」。もちろんジャケット画は上村一夫先生が担当した、これを載せてお別れしましょう。
KAMIMURA-shinanogawa-ep.jpg


あの子たちは それぞれたくさんの子孫を作るわ そしてその あたしたちの子孫は
ちょうどあたしたちと同じように 不貞や通姦や裏切りや間違いを繰り返すわ
だってわたしたちの血は 確実にあの子たちに伝わっているのだもの
あの子たちはそれを あの子たちの子供に伝え
その子供たちは またその子供たちに…



  1. 2010/10/18(月) 23:23:03|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(89) 新潟県長岡市 3 長岡ベルナール

先日はちょっとだけ新潟県に帰省してきました。友人の結婚式に出席するのが目的で、会場となったのは県下第2位の人口を擁する長岡市
のどかな魚沼市にある実家で一泊してから、翌日に最寄の小出駅へ向かいました。ここから上越線に乗って長岡市まで行くのです。
koide-eki5.jpg
koide-eki6.jpg

この男、この度結婚する花婿。
koide-eki7.jpg

彼が地元の友人であるため、他の出席者にも友人・知人が何人もいましたが、そのうち数人と先発隊として早めに行きました。
私は一番しっかりしているという理由でか、式場の招待客受付も頼まれてましたからね。
koide-eki8.jpg
koide-eki9.jpg
koide-eki10.jpg

あの山本五十六元帥を生み、現在は花火王国として有名な長岡市に到着。
nagaoka-street9.jpg

駅内では、当地出身の禅僧・良寛さんの銅像を発見。
nagaoka-street2.jpg

日頃から良寛さんとかお地蔵さんとか言われて有難がられ、拝まれているこの友人は、さぞ親近感を持った事でしょう。、
nagaoka-street3.jpg
長岡市には他に"良寛の里美術館"や、良寛墓碑のある"隆泉寺"もあります。

着くなり駅内でクレープを食べ始める面々。
nagaoka-street4.jpg
nagaoka-street5.jpg
nagaoka-street6.jpg
nagaoka-street7.jpg
nagaoka-street8.jpg

さてまず式の前呑みとして探したのは、駅ビルのレストラン街にて…
nagaoka-street1.jpg

"鶏陣"
nagaoka-torijin1.jpgnagaoka-torijin2.jpg

ここでこの日一杯目のビールにありつきました。
nagaoka-torijin3.jpg
nagaoka-torijin9.jpg

つまみもなかなか美味く、ビールのおかわりが進みます。
nagaoka-torijin4.jpgnagaoka-torijin5.jpg
nagaoka-torijin6.jpgnagaoka-torijin7.jpg
nagaoka-torijin8.jpg

次は結婚式場となる"長岡ベルナール"へ。
nagaoka-bernard1.jpg
nagaoka-bernard2.jpg

この中にある"チャペル セント・スピカ"なる教会で式を挙げました。
nagaoka-bernard20.jpg
nagaoka-bernard3.jpg

教会の中は撮影禁止でした。とにかく、わざとカタコトの日本語で話すこの外人牧師より祝福を受けました。
nagaoka-bernard4.jpg
nagaoka-bernard5.jpg

出てきた二人はどちらも大の仲良しなのですが、確か交際期間10年以上の末ついに結婚したのです。
しかし教会式か…彼らがクリスチャンだったとは、初めて知りました。
nagaoka-bernard6.jpg
nagaoka-bernard7.jpg
nagaoka-bernard8.jpg
nagaoka-bernard9.jpg

エコロジーの観点からはどうかと思いますが、飛ばした大量の風船。
nagaoka-bernard10.jpg
nagaoka-bernard11.jpg
nagaoka-bernard12.jpgnagaoka-bernard13.jpg

定番の、花嫁による後ろ向き花束ブーケ投げ…
nagaoka-bernard14.jpg

これはトモちゃんがゲット!
nagaoka-bernard15.jpg
nagaoka-bernard16.jpg

続いて高い所から撮ってもらった…
nagaoka-bernard17.jpg
nagaoka-bernard18.jpg

集合写真!
nagaoka-bernard19.jpg

ELF、RAINBOW、BLACK SABBATH、DIO…偉大すぎるロニー・ジェイムズ・ディオ(Ronnie James Dio)が少し前に他界してしまいましたが、彼が世に広めたメロイック・サインは使い続け、意思を継いで行きます!
nagaoka-bernard.jpg

続いての披露宴会場は、"アンジュフォンティーヌ迎賓館"
nagaoka-ange-fontaine0.jpg

会場入口前に、大量のウコンの力が!
nagaoka-ange-fontaine2.jpg
nagaoka-ange-fontaine3.jpg
早速頂いた二日酔い対策に頂き、式が始まる前にもまずビール。

席には花嫁からのメッセージカードがありました。『実は貴方を愛していた』とか書いてあったらどうしようかとドチドチしながら開けたら…簡単なお礼の言葉のみ。
nagaoka-ange-fontaine1.jpg
nagaoka-ange-fontaine4.jpg

二人の入場!
nagaoka-ange-fontaine5.jpg
nagaoka-ange-fontaine6.jpg

飲み物はやはり生ビール。
nagaoka-ange-fontaine7.jpg

何杯もおかわりして、式がかなり進行してからドリンクメニューの存在に気付き、その中で発見したエチゴビール
nagaoka-ange-fontaine8.jpg
nagaoka-ange-fontaine40.jpg
新潟県が誇る日本で第一号の地ビールですね。

招待客の女子達。
nagaoka-ange-fontaine9.jpg
nagaoka-ange-fontaine10.jpg

定番のケーキ入刀。
nagaoka-ange-fontaine11.jpgnagaoka-ange-fontaine12.jpg

SWEETS、二人は甘さの中に・・・♪
nagaoka-ange-fontaine13.jpg

出てきた料理たち。
nagaoka-ange-fontaine14.jpgnagaoka-ange-fontaine15.jpg
nagaoka-ange-fontaine16.jpgnagaoka-ange-fontaine17.jpg
nagaoka-ange-fontaine18.jpgnagaoka-ange-fontaine19.jpg

メインは肉料理が『特選牛 2種の味わい カラフルなリボンを添えて』
nagaoka-ange-fontaine21.jpg

魚料理が『のど黒トリュフ塩焼 フォアグラとオランデーズの饗宴』
nagaoka-ange-fontaine20.jpg

他にも、いきなり女子の行列が出来てると思ったらスイーツのテーブルが出されていたりして。
nagaoka-ange-fontaine28.jpg

シェフに感謝の意を表明しました。
nagaoka-ange-fontaine30.jpg

こちらは、声も可愛くて会場のアイドルと化していた司会の星☆星ちゃん。
nagaoka-ange-fontaine22.jpg
nagaoka-ange-fontaine23.jpg

花婿とは、友情のメガネ交換。
nagaoka-ange-fontaine24.jpg
nagaoka-ange-fontaine25.jpg

子供たち可愛かった~
nagaoka-ange-fontaine26.jpg

出し物などがあったりで会は進み、
nagaoka-ange-fontaine39.jpg
nagaoka-ange-fontaine41.jpg

幸子さん、その名の通り幸せそうでした。
nagaoka-ange-fontaine27.jpg
『幸子』という名はあの「赤色エレジー」で…つまり漫画好きには林静一作品で、歌謡曲好きにはあがた森魚さまの歌で共に有名すぎる、幸が薄いイメージを払拭して欲しい。

衣装変えして再登場。
nagaoka-ange-fontaine29.jpgnagaoka-ange-fontaine31.jpg

ローソクに点火。
nagaoka-ange-fontaine32.jpg
nagaoka-ange-fontaine33.jpg

そうだローソクよ、Light My Fire!!
nagaoka-ange-fontaine35.jpg
nagaoka-ange-fontaine36.jpg

この日の私はただのゲストではなく、3つの仕事がありました。まずは招待客の受付け。続いて騎馬で花婿を送る役。
nagaoka-ange-fontaine51.jpgnagaoka-ange-fontaine52.jpg
nagaoka-ange-fontaine50.jpg

そして…花嫁のスカートを引きずらないように持つ係。
nagaoka-ange-fontaine34.jpg

女子会カラオケで歌うは、キング・クリムゾン(KING CRIMSON)の「エピタフ(EPITAPH)」。
nagaoka-ange-fontaine37.jpg
nagaoka-ange-fontaine38.jpg

これにて二人は去ってしまいました
nagaoka-ange-fontaine42.jpg
nagaoka-ange-fontaine43.jpg

彼は小学時代からの剣道仲間。
nagaoka-ange-fontaine44.jpgnagaoka-ange-fontaine46.jpg

トモちゃんと。
nagaoka-ange-fontaine47.jpg

そして最後にまた、星☆星ちゃんと。
nagaoka-ange-fontaine48.jpg
nagaoka-ange-fontaine49.jpg

花嫁にお祝いの言葉を浴びせて、
nagaoka-ange-fontaine45.jpg

長岡ベルナールを後にしました。
nagaoka-bernard21.jpg

二次会は、また別のメンバーも集まってきて長岡市内にある"ビアベリー"(BeerBelly)です。
nagaoka-beer-belly1.jpgnagaoka-beer-belly2.jpg
nagaoka-beer-belly5.jpgnagaoka-beer-belly6.jpg
nagaoka-beer-belly7.jpgnagaoka-beer-belly8.jpg

ここではもう酔っ払ってるので、けっこう記憶が飛んでいます。
nagaoka-beer-belly3.jpg
nagaoka-beer-belly9.jpg
nagaoka-beer-belly4.jpg
nagaoka-beer-belly10.jpg
nagaoka-beer-belly11.jpg

ついでに長岡市内の飲み屋街など散策したかった…そうだ、この昔の写真に写る"ぱぶ くろんぼ"とか行きたかったのですが、
nagaoka-street10.jpg

また電車に乗って魚沼市に帰りました。
koide-eki11.jpg

で、三次会の会場はルーモア。
uonuma-rumor11.jpg
uonuma-rumor10.jpg
uonuma-rumor16.jpg
uonuma-rumor4.jpguonuma-rumor5.jpg
uonuma-rumor6.jpguonuma-rumor7.jpg
uonuma-rumor8.jpguonuma-rumor9.jpg

おめでとう、おめでとう。
uonuma-rumor12.jpg
uonuma-rumor13.jpg
uonuma-rumor14.jpguonuma-rumor15.jpg
祝福される式典はたった一日で終わり、これからは長い長い生活が待っているのです…

最後はアメリカン・ニューシネマ「卒業」のダスティン・ホフマンよろしく花嫁を奪って去りました。
uonuma-rumor17.jpg


  1. 2010/10/13(水) 23:00:00|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉祥寺アニメワンダーランド2010

「吉祥寺アニメワンダーランド2010」へ行ってきました。
kichijoji-anime-wonderland1.jpg
1999年に吉祥寺駅開業100周年記念事業としてスタートした有名なイベントですが、この↑ポスターを見て分かる通り今年は私が敬愛してやまない楳図かずお先生の「まことちゃん」がメインビジュアルに登場という事で、駆けつけましたよ。
楳図ハウス、そして楳図先生自身が吉祥寺名物と言えるわけだからピッタリですね。

街中の至る所で、まことちゃん旗がパタパタしています。
kichijoji-anime-wonderland4.jpg
(この旗もフェスティバル期間終了後に希望者へプレゼントするのだとか)

そもそもこのイベントは10日間ほどかけて(今年は10月2日~11日)、おもちゃ市場やアニメ上映会、音楽祭その他フェアやイベント等をフェスティバル形式で開催しているのですが、私が行けたのは10/9(土)の1日だけ。
『吉祥寺アニ名所スタンプツアー まことちゃんスペシャル』だけに的を絞って行きました。
今年は"BIGまことちゃん"フィギュアを目印にして8箇所のチェックポイントがあり、
kichijoji-anime-wonderland2.jpgkichijoji-anime-wonderland3.jpg

このスタンプシートに押印します。
kichijoji-anime-wonderland5.jpg

その8箇所というのは、
アトレ吉祥寺
パルコ
アニメイト
武蔵野市観光推進機構
バウスシアター
BOOKSルーエ
TOY CATS
丸井
です。
普段は吉祥寺に来てもDISK UNIONとか古本屋しか行かない私が、デパートなどをいろいろ歩かされて…

そしたら北条司展や、
kichijoji-anime-wonderland7.jpg

藤子・F・不二雄複製原画展をやってる所があったり、
kichijoji-anime-wonderland10.jpg

キン肉マン マッスルショップがあったり。
kichijoji-anime-wonderland8.jpg
kichijoji-anime-wonderland9.jpg

スタンプを全部押したらゴールへ行きましょう。
kichijoji-anime-wonderland6.jpg
(ゴールは井の頭公園にある森のわくわくステージ本部の予定だったのですが、雨天のため観光推進機構事務局になりました。)

するとまこと虫のフィギュアが貰えて、
kichijoji-anime-wonderland11.jpg
BIGまことちゃんフィギュアが抽選で当たる懸賞に応募できるのです!

この可愛いBIGまことちゃんですが…
kichijoji-anime-wonderland12.jpgkichijoji-anime-wonderland13.jpg
当選したら、またこのブログで紹介しようと思います。

ゴールには、別イベントで来ていたチェブラーシカがいました。
kichijoji-anime-wonderland17.jpg
これはキぐるみになっていて、中に人が入っているので動いて気持ち悪かったなぁ。

頂いたまこと虫フィギュアはおみくじにもなっているのですが…
kichijoji-anime-wonderland14.jpg
kichijoji-anime-wonderland15.jpg
クリアイエロータイプの『小吉』という、とてもつまらない結果に終わりました。

ちなみに現在私が使っている鍵カバーと携帯ストラップも、まことちゃんれす。
kichijoji-anime-wonderland16.jpg

他にも愛用のタオル、
kichijoji-anime-wonderland19.jpg
kichijoji-anime-wonderland20.jpg

てぬぐい、
kichijoji-anime-wonderland21.jpg
その他、マグカップ等でもまことちゃんのを使ってます…

そして吉祥寺アニメワンダーランド2010のメインといえる企画が、『楳図カーニバル2010』
既に"吉祥寺シアター"で楳図先生の公演があったし、11日には"スターパインズカフェ"で楳図先生率いるウメビンズがライヴもやるというのです!
kichijoji-anime-wonderland18.jpg
こちらは仕事の都合で行けなくて、またも悔しい思いをしている私です。

最後は楳図かずお邸のまことちゃんも見てきて、今回はお別れです。
chez-umezu-kazuo71.jpg
chez-umezu-kazuo72.jpg


  1. 2010/10/09(土) 23:57:12|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねこぢるyの世界2010

続いては、本日からスタートのイベントで…
ねこぢるyの世界2010です。
poster-haris-gallery7.jpg

会場は、渋谷の"ポスターハリスギャラリー"
poster-haris-gallery1.jpg
poster-haris-gallery2.jpg
poster-haris-gallery3.jpg

初日に駆けつけた私が着ているTシャツは、もちろん山野一モノ。単行本「ヒヤパカ」そのままのデザインです。
poster-haris-gallery4.jpg
十代の頃に定期購読していた月刊漫画ガロの青林堂から通信販売で買った物で、当時喜んで着てたらすぐにプリントの色は落ちてしまいましたが。

山野一先生は私がガロの中でも特にアイドル視していた漫画家で、単行本は何度も何度も読み返していたものです。
知らない人もいるかもしれないので一応説明しておくと、ねこぢるyというのも山野一先生の別名義で、つまり今回の個展の主。「ぢるぢる旅行記」「ぢるぢる日記」の登場人物でもありますね。
妻であるねこぢるの作品が売れ始めると、ほとんど自作を描かずにねこぢる作品のアシスタントばかりするようになりました。そして妻の死後はねこぢるy名義でねこぢるキャラなどを使いながらも、パソコンで作画するオリジナル作品を発表し始めた…

とにかく、入場です。このイベントはギャラリーバーという事でチャージ500円がかかるのですが、まずこのにゃーこにゃっ太のストラップをプレゼントされます。
poster-haris-gallery5.jpg

さらに1drink付きで、ビールを頂けるのです。
poster-haris-gallery6.jpg
ねこぢるy新作絵画などを観ながら呑めるなんて、良いですね。
絵画の他にもジークレーやグッズなどの展示販売がされていましたが、非売品の参考商品としては故・ねこぢるが制作した『ろうけつ染め』作品だとか、模写した物なんかも展示されていました。
ねこぢるの自殺は、もう12年前ですが…妹からの報でその事を知り、ショックでしょーちゅー呑みすぎた夜を思い出しました。いつの間にか、彼女の年齢も超えてしまいましたよ。

10月9日には、『山野一(ねこぢるy)トークショー』というのも開催されるみたいです。私は行けない日ですが…あまり人前に出てくる方では無いと思うので、これはかなり貴重な機会でしょう。
行けた方は、是非ともその時の模様を教えてくださいね。



-------------
話は飛びますが、何年も前に台湾人のサニーちゃんと新宿ゴールデン街を歩いてたら"じゅりあんそれる"なる店があって、ここがオリジナルで作ってもらったっぽいねこぢるyイラストを使ってたので記念撮影しました。
jilien-sorel.jpg
ずっと後に入店してみようかと探した時は、この店の場所がもう分からなくなったのです。つぶれたのかな…と諦めてたら、偶然にもある友人が行った事あるとか言っててビックリした覚えがあります。今は店の名前が変わっているそうです。
  1. 2010/10/05(火) 23:19:22|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「量画の先を見た巨匠たち この一枚のために」 漫画絵師三人原画展

ちょうど今日まで、銀座シンワアートミュージアムで凄いイベントが開催されていました。
ginza-shinwa-art-museum1.jpg

その名も「量画の先を見た巨匠たち この一枚のために」で、小島剛夕・上村一夫・矢口高雄という漫画界の巨匠三人の原画展です!
↑会場前の写真で手前に見えるポスターは、これ。
ginza-shinwa-art-museum2.jpg
2010年09月27日~10月3日という短い期間なのが残念ですが、東京近郊に住む劇画ファンの方々は訪れたでしょうか。

『小島剛夕没後10年・上村一夫生誕70年・矢口高雄画業40年』と銘打ってはいますが、この三人の組み合わせは思いつきもしませんでした。
どういう事かと各々の名前を見直してみると、すぐに気付いた事が一つ。
小島剛夕「斬殺者」
上村一夫「昭和一代女」
矢口高雄「おとこ道」
と、全てあの偉大なる漫画原作者・梶原一騎先生の原作を使って名作を描き上げているのです!
恐らくは梶原一騎つながりで、かつ展示する原画があって美術レベルが高い方を選んだのでしょう。何々から○年、てのは探せば何かしらあるものだし、少なくとも私の中ではこの三人の巨匠の共通ジャンルは梶原一騎。
館内の説明には三人共にお酒を酌み交わしていた仲だとかだけで梶原一騎の文字は無く、展示作品の中から梶原原作作品を探しても、もかろうじて「斬殺者」のイラストが一枚あるだけでしたが…

この奥のチラシには、唯一生きてる矢口高雄先生のサイン会情報が載ってました。
ginza-shinwa-art-museum3.jpg
09月27日と30日…両日とも仕事の都合で無理な日で、行けないのが悔しいったらないですよ。

入場料は500円で、こちらが入場チケット。
ginza-shinwa-art-museum8.jpg

『劇画』のイベントとなるとこの方、入口にはさいとう・たかを先生からの花束がありました。
ginza-shinwa-art-museum9.jpg
ちなみに辰巳ヨシヒロ先生等、他の劇画の重要人物からのは見当たりませんでした。

さあ、入館しましょう。
ginza-shinwa-art-museum5.jpg
ginza-shinwa-art-museum6.jpg

展示品の撮影は出来ないのですが、いずれにしろ原画展なので生で観なくてはどうしようもありません。
巨匠達の手による貴重な原画は相当に迫力があり、時間をかけて鑑賞したものですが、原画で観なくては判らない部分も発見したりして感動も大きい。
小島剛夕先生のブースでは、完成原画の隣に同じ場面のネームを置いて比べられる所もありました。

さらにビックリしたのは、原画販売もあった事。ギャラリーでの展示なら当たり前かと思うかもしれませんが、このメンバーですからね…
矢口高雄先生以外は故人であり、重要文化財としていつ文部科学大臣から指定されるか分からない物ですよ。
まぁ原画は私に買えるような値段ではありませんでしたが、お値段も多少はリーズナブルに複製原画やグッズもありました。
葛飾北斎の、未公開だった幻の肉筆画なども展示してました。

感動出来る、素晴らしい展示でした…
『量画の先を見た巨匠たち この一枚のために』
ginza-shinwa-art-museum4.jpg

最後に憧れの鹿島雪(修羅雪姫)と、嬉しい記念撮影。
ginza-shinwa-art-museum7.jpg
隣に拝一刀三平三平もいますが失礼ながら眼中に無く、この際は雪とのツーショット気分でした。やはり私は上村一夫作品が好きなのです…

最後に、このイベントとのタイアップとして近所のBAR三軒で複製原画を展示しているとこ事でした。大好きな漫画家の展示を観ながら酒を飲めるのは良いと思いましたが、まだ昼間だったので…
銀座では、私にはオープンする18時まで時間を潰せる所がありません!
なので超有名な、もはや伝説でもある老舗珈琲店の"カフェ・ド・ランブル"(CAFE DE L'MBRE)へ行き、
ginza-cafe-de-lambre1.jpgginza-cafe-de-lambre2.jpg

先ほどの展示の余韻に耽りながら、持参していた上村一夫先生の「しなの川」を美味いコーシーと共に読みました・・・
ginza-cafe-de-lambre3.jpg
  1. 2010/10/03(日) 23:00:36|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する