大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

手塚治虫(31) 「手塚治虫 THE BEST 20 宇宙空港」

いよいよ手塚治虫先生の『手塚治虫 THE BEST』シリーズ、ラストの20巻目を飾るのは「宇宙空港」(集英社刊)です。
TEZUKA-the-best20.jpg
ヒット作の多い手塚治虫作品の中で、全然一般的な有名作ではないのにTHE BESTを名乗っていたこのJC(ジャンプ・コミックス)のシリーズ…最後まで地味です!

今回も1956年から翌年までにおもしろブック別冊付録が初出の…つまり19巻と同じく短編『ライオンブックス』シリーズとして発表された3編が収録されています。

まず表題作「宇宙空港」ですが、各星からのお客を地球に迎え入れる玄関がタイトル通りの"宇宙空港"で、ここを舞台にして起こる犯罪などを描いたミステリー仕立てのSF作品で、単行本の三分の二の分量を占める中篇。
宇宙警察(CPP)の鳴戸宇宙トカゲという悪者を追い詰めようとして命を落とし、その仇を討つために弟のうしおは空港内の捜索を始める…
主人公としてもう一人エリックという少年もいたり、悪人同士の内輪もめがあったり推理モノの要素をからめていたりでちょっとだけ複雑な話なのですが、見所は様々な宇宙人の姿。可愛らしい金星人たちや、姿も形もない生物もいたりして、想像力を刺激されるのです。
"宇宙時間"についての知識も得られるし(それが正しいのかは分かりませんが)、こんなにカッコよく未知の世界を見せてくれる作品が今から55年前に発表されていた…まだSFという単語すら一般に浸透していなかった1956年という時代背景を考えれば、ますます驚愕せざるを得ないですね。手塚治虫自身が『ライオンブックス』は発想が先走りしすぎたと反省しているのですが、当時の漫画家、それも手塚先生クラスは常に読者より物知りでセンスが良くなければならず、進歩的な内容を提示する事も必須だったのでしょう。それである対象に興味を持つ少年読者がたくさん生まれたのだと思います。

次の「狂った国境」は、地質研究のため国連から派遣された日本人少年科学者が、南極のレッドベア国とブルジョイ国という…天国と地獄とも言える2カ国を仕切る国境で、越境する亡命者達に力を貸す話。残忍な国境守備隊長のロゴスが最後に男気を見せる、真面目な話ですね。韓国の南北関係、統一問題をテーマに隠した社会派作品でしょうか!?
ちなみに主人公は、前回紹介した「恐怖山脈」と同じ大垣龍太。

そしていよいよ『手塚治虫 THE BEST』全20巻の最後を締めくくるのが、「荒野の弾痕」
このシリーズが普通のBESTじゃない作品ばかり選ばれている事を何度も書いてきましたが、最後にこれを持ってきた事でこのシリーズの渋さは本物だったと確信したものでした。
今作は南北戦争終結直後を舞台にした西部劇。南軍の兵士として戦争に参加しながら敗戦し、ダッド・ザ・シャイロと名を変えて有名なギャングとなっていたダッドレイが、ギャング仲間達を連れて善人のふりして故郷に帰って父親や弟と触れ合うと、改心したのか街のためにギャング仲間、そしてアパッチ族の集団と戦う事となって名誉の最後を遂げる、といった普通に心暖まる…つまりハートウォーミング系で、良くも悪くもキレイすぎる作品でした。


光の速さと同じ速さでとぶと 時間がとまってしまうんだ
もし光より速くとぶと 時間はあべこべに逆もどりするんだぜ
だから光の速さで地球をとびだしたら
どんなにながいあいだとびまわっても 時間はちっともたたないんだ



スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 23:53:27|
  2. 手塚治虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚治虫(30) 「手塚治虫 THE BEST 19 緑の猫」

手塚治虫先生のJC(ジャンプ・コミックス)より刊行された『手塚治虫 THE BEST』シリーズ、19巻目は「緑の猫」(集英社刊)です。
TEZUKA-the-best19.jpg
今回は全部1956年から翌年までのおもしろブックで付いてた別冊付録が初出の…となるとそう、連作短編シリーズ『ライオンブックス』として発表したSF作品だけで編まれています。

まずは表題作「緑の猫」
ヒゲオヤジこと伴俊作は、死んだ親友の息子・由志三吾を預かったものの彼が3歳くらいの時に外国で生き別れてしまいました。しかし、それから十数年…三吾は生きていました!それも若者の理想をかなえてくれる不思議な『緑色の猫』の力を借りて、パリの暗黒街で密輸組織の大立者として。
グリーンと呼ばれる緑の猫、その正体は宇宙の果てからやってきて地球に住むために自分達の形に近い猫の姿を借りている宇宙生物らしいのです。今まで様々な若者を堕落させてきたらしいのですが、何を目的として地球へ来ているのかよく分からない…
とにかく幸運と共に自分の元を去ってしまったグリーンを追う三吾、そして伴俊作とパリ警察。
宇宙から緑の猫を救いにやってきた円盤が、グリーンを連れ帰るのではなく助けられないと知って始末して(殺して)去るラストには、初めて読んだ少年時代に痺れた覚えがあります。
現在2011年か…今作の初出から55年が経ちますが、ちょうどこれを紹介しようと思っていた矢先のつい先日にニュースで、米国の研究チームがある遺伝子操作に成功して、猫エイズを引き起こすウイルスに耐性のある細胞を持った猫を生み出したと発表していたのです。それが『緑色に光る』猫だとかで、"緑の猫"写真も載っていましたよ!グリーンを実写にするとこういう顔なのかな、と写真を見つめてしまいました。

続いて「くろい宇宙線」は、ミステリー仕立てで変身怪物モノでもあります。
人間が外傷も無くポックリ死する連続殺人事件…"黒いダブルの背広を着た男"がキーとなるらしい黒い放射線事件に関わってしまった宇奈月博士のおい・ボン太郎少年の怪奇体験が描かれます。
30年前に火星追放されたドリアン・グレイ博士が、生命の秘密を握って地球に帰ってから事件は始まった。タネを明かせば彼は火星で宇宙線を浴びてから年も取らなくなっていて、しかし地球では他の生物の命を吸わないと生きていけない、それで生命を吸われた被害者がポックリ死していたのです。もはや地球では生きていけない体になっていたドリアン博士は、そのうち毛むくじゃらのバケモノにと姿が変わっていき…最後はボン太郎の手で退治されます。
『生命の謎』をつかんだというドリアン博士の、宇宙線に関する講釈は一聴の価値があるかもしれません。同じく神の領域・生命の謎をテーマにした作品で有名なのはメアリー・シェリーのゴシック小説「フランケンシュタイン」でしょうが、あれは作中ハッキリと教えてはくれませんからね。
あとドリアン博士が他者のエネルギーを吸収する時は掌から吸い取っていますね。鳥山明先生はこれを読んで、ずっと後に「ドラゴンボール」でドクター・ゲロや人造人間の能力として流用したのでしょうか。

「恐怖山脈」は、大地震の被害で父を失った大垣龍太が主人公。普通は地震という自然現象が相手では諦めるしかないと思うのですが、龍太は地震を父の命を奪った相手として怨み、東京の大学で研究を重ねて地震に対抗する術を学ぶのです。
その一つが地震測定器ですが、バクダンみたいな見た目のそれを持って故郷の村へ帰った龍太に対し、誤解した村長ら人間の陰謀が襲い掛かる!
地震という"現象"を光る物体で表現し、敵として描いているのが画期的な作品だと言えるでしょう。

最後の「白骨船長」は、鬼子母神伝説を二十一世紀の近未来に生かした設定になっています。
政府の方針で地球上の子供が増えすぎると、くじで選ばれた子はまとめて月に捨てられる…その法律の執行役を担うのが白骨船長と呼ばれ、忌み嫌われるロケット白骨号の船長です。
これも初出から55年ほど経った現在も人気連載中の「イキガミ」(間瀬元朗・作)に似た設定ですね。もちろん逝紙配達人に相当するのが白骨船長ですが、こちらは月で死んでいるはずの子供達が実は元気に暮らしていて、放射能でもうダメになった地球から人類が滅びる前に子孫を安全な場所に移す措置だったという、明るいどんでん返しがあります。
(この日本でも起きてしまった原発事故は未だに収束しないし、この作品が描かれた頃より今の地球はずっと汚れて危険な状態だと思いますが、今後もそれは加速するでしょう。今作のように、あと十年も経たないうちに地球がダメになると分かった時、実際の政府というか人類はどう対応するのでしょうか。)
全人類に嫌われる悪魔の役を担い、しかし誰にも分かってもらえないながら実情は天使の役だった白骨船長は、最後も攻撃してきた謎の宇宙人から子供を守る為に我が身を犠牲にするという、自己犠牲的な終わりを遂げます。嗚呼こんな感動シーンだというのに、出てきた宇宙人はタコ型火星人じゃないけど何だか滑稽な姿をしていて…笑ってしまうのです。


そろそろ行く末のことを真剣に考える時期だよ
したいことをやりとげてみろよ………
こんなところ早くぬけだすほうがいい



  1. 2011/09/23(金) 23:52:33|
  2. 手塚治虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚治虫(29) 「手塚治虫 THE BEST 18 ビルの中の目」

1998年から2002年までかけてJC(ジャンプ・コミックス)で刊行された手塚治虫先生の『手塚治虫 THE BEST』シリーズ、続いて18巻目は「ビルの中の目」(集英社刊)です。
TEZUKA-the-best18.jpg
今回は1950年代後半から1960年代と少し古めな作品を9編収録した短編集で、ミステリー作品が中心で編まれています。

最初の表題作「ビルの中の目」は1963年の週刊少年サンデー(小学館刊)が初出で、新聞売りのススムは"ホテル・オリオン"の下で仕事しながらホテルの窓を眺めるのが日課になっていて、その窓に奇妙な光景を見つけた事からある殺人事件に巻き込まれていく…と、これはヒッチコック映画「裏窓」から着想を得ているんですかね。
続く「悪魔の音」も表題作と同年同誌の掲載で、主人公も同じ新聞売り子の少年。ジャックの健という凶悪犯が牢から脱獄して復讐に燃えるのですが、悪人ながら三年間の牢屋生活で親友だった野鳥のピーコを始末できなかったために最後は破滅する…いい話ながら、ジャックの健の整形手術をした顔が崩れていくラストなど恐怖も盛り込んだ傑作。タイトルが意味する、ある音も効果的に使われています。

そして「秘密指令第3号」「午前7時の地下室」「ジェット基地の幽霊」「最後はきみだ!」「ドースン一家の記録」「刹那」と、1956年~1963年の冒険王(秋田書店刊)、別冊少年サンデー(小学館刊)で掲載された作品を中心に続きます。
日本を舞台にした物から西部劇にギャング物、どれも意外などんでん返しが用意された少年向けミステリーで、手塚治虫先生が凄い数の作品を量産していた時期の小品ながら当たり前のようにレベルが高い!

最後の「三つのスリル」だけ1968年発表とこの短編集の中では新しく、希望の友(潮出版社刊)が初出のSF作品。
テストで0点を取ったロッペイ少年は、学校で居残り勉強をしていただけなのに異次元世界へ入り込んでしまい、その世界で同じく劣等生のデルタ少年と出会うのです。異次元では元の世界と歴史が違う事に気付き、タイムマシンで歴史の修正に向かうと、当然デルタの世界の歴史は狂い…
何年も前に初めて読んだ時は特に印象に残らなかったのですが、改めて読み直してみると異次元の生物とかふざけてて面白いし、攻撃も出来る手塚版タイムマシン(1969年連載開始の「ドラえもん」登場以前)もカッコいいです!


ぼくは朝晩 このホテルを見上げながら新聞を売ってるんだ
だから見る気じゃあないけど つい窓の中を見ちゃうのさ
どんな人が泊まってるか 想像するのがすごく楽しみでね



  1. 2011/09/18(日) 23:50:18|
  2. 手塚治虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚治虫(28) 「手塚治虫 THE BEST 17 新・聊斎志異」

手塚治虫先生の『手塚治虫 THE BEST』シリーズ、続いての17巻目は「新・聊斎志異」(集英社刊)です。
TEZUKA-the-best17.jpg
今回は全4編を収録した短編集で、共通のテーマは『変身』『妖怪変化』といった所でしょうか。

最初の2作は、表題作「新・聊斎志異」…これがこの2作だけしか存在しませんが一応シリーズ物になっていて、共に1971年の週刊少年キング(少年画報社刊)で掲載された怪談モノ。
タイトルで分かる通り中国怪異小説集「聊斎志異」に影響されていて、あれに習って手塚治虫先生自身が怖い話を集めて聞いた話、という設定になっています。

最初の話は「女郎蜘蛛」。先の大戦の頃を舞台に、軍の命令に逆らって好きな絵を描き続けた若き画家・間島誠二と恋人・由紀の物語。
間島と正反対の性格で絵と恋愛の両方でライバルだった丸橋は、あっさり主義を変えて軍のお抱え絵描きになりますが、あくまで軍の協力を拒んだ間島は特高の手で絵が描けないように両目を潰されてしまう…
しかし恋人の由紀が協力して間島の元に通いつめ、ついに完成させるのです。しかし、その由紀は間島家に通い出す前に汚い丸橋の手によって殺されていました。事の真相は、そして結末はどうなるのか!?

続いての「お常」は大戦後すぐの日本をアメリカが統治していた時代が舞台で、病院で実験動物の世話をしている知恵遅れの少年・ヒデがアメリカ軍から新型化学兵器の人体実験に使われる話。
それをヒデがお常と名付けて可愛がっていた狐が人間の女性に化けて阻止しようとしますが、結局大人達は実験を決行し、殺されたヒデ。そして狐のお常は復讐を開始する…

どちらも原案の小説「聊斎志異」の方と同じく怖さだけでなくロマンチックさを前面に出した話なのです。
後の香港映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」もまさにそんな感じですが、やはり同じ「聊斎志異」の一説を原作としているんですよね。
「女郎蜘蛛」において1ページ使って戦闘機が飛び交う下をキスする1枚絵など、印象深く胸にしみるシーンを残しています。

続いては、1974年の中一時代(旺文社刊)が初出の「ジャムボ」
これだけは変身モノでこそありませんが、「新・聊斎志異 女郎蜘蛛」と同じく蜘蛛を扱って人間の精神・想像力の滑稽さや恐ろしさを描いたサスペンス作品です。
飛行機の客席を舞台にしたいわゆる密室劇で、機内に入り込んだ巨大蜘蛛が発見されるやケープタウン大学のレドス教授が『ジャムボという猛毒を持つ蜘蛛に違いない』などと発言したためパニックに襲われる…そこで繰り広げられる人種差別問題、そして殺人!

最後に1969年の週刊少年キングが初出の「虎人境」
TV番組『世界残酷ショー』のディレクター、胃袋五郎は、新しいネタを求めて取材クルーを連れてと共に東南アジアのボルネオまで行く…現地にいるという"トラ人間"を求めて。
実際にトラのような模様の毛を生やした謎の類人ばかりの部族に辿り着くのですが、彼らの神聖な儀式を邪魔した事で怒りを買い、次々と仲間が殺されていく。命からがら逃げ延びた胃袋も…
日本のカルト特撮映画「マタンゴ」風の独白形式による衝撃的ラストが待っています。緊張感溢れる短編で、愛する手塚短編の一つです。

このJC(ジャンプコミックス)全20巻のBESTシリーズ…残りあと3冊。


夕やけの空 森の影
思いかなわぬ
このさだめ
ズンと悲しみ
押してくる



  1. 2011/09/13(火) 23:48:05|
  2. 手塚治虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚治虫(27) 「手塚治虫 THE BEST 16 新選組」

手塚治虫作品から、『手塚治虫 THE BEST』シリーズの続きを紹介しておきましょう。
THE BESTを名乗りながら全然一般的なBESTじゃない、ジャンプコミックスのこの全20巻シリーズ…次は16巻目からで、「新選組」(集英社刊)です。
TEZUKA-the-best16.jpg

この作品の初出は1963年の少年ブックで、タイトルの通り舞台となる時代は幕末。新撰組周辺を、創作キャラと歴史上のスターとを共演させて描いた作品。今回は1冊で「新選組」1話のだけの収録です。
幕末を描いた漫画といえば手塚治虫先生自身の傑作「陽だまりの樹」が思い出されますが、まぁそれはずっと後の話。
あの萩尾望都先生が高校時代にこの作品を読んで非常にショックを受け、一週間ぐらいボーッとしていた、とのエピソードもあります。そして漫画家を志したという。

「新選組」は主人公が深草平十郎
…誰だ?と思われるでしょうが、これはオリジナルキャラ。冒頭で、自宅になだれ込んできたある斬り合いに巻き込まれて不条理にも父が殺され、深草は仇討ちを誓います。
そのために新撰組に入隊し、剣の修行にはげんで腕前を上げて…また、唯一無二の親友となる鎌切大作と出会う。

作中重要なテーマとして扱われる『仇討ち』ですが、それに目がくらんでいる深草はついに父の仇・庄内半蔵を見つけて斬るも、今度は自分がその仲間である土佐藩の人々から仇として狙われる事となります。
同じく新撰組を裏切った松永主計を斬ったために、深草が父を殺された時と同じ立場になった娘・八重からも仇として狙われる…
深草はいつしか沖田総司の腕も超えた達人になりますが、苦悩は尽きる事がありません。仇討ちは憎しみの連鎖が続くだけではないのか。

ちなみに幕末の人物で一番人気なのは誰に聞いても坂本龍馬と言われるでしょう。
様々なメディアでカッコよく描かれ続けてますが(漫画ではみなもと太郎先生の「風雲児たち」、村上もとか先生の「JIN-仁-」、武田鉄矢&小山ゆう「お〜い!竜馬」あたりが有名ですか)、この手塚治虫版「新撰組」で出てくる龍馬はギョロ目で眉太のどうにも不細工な顔なんですよ。
しかも特に物語の中心にも入ってきません!最後に悩める深草に外国へ行って世界を見てくるよう手配するのだから、まぁ重要な役割はあったわけですが。

新選組局長・芹沢鴨を斬り殺した(!)深草が、最後に出会った最強の敵は長州の間者。
そしてその新選組にまで入り込んでいた間者の正体は、いつも陽気で強くておしるこが大好き、そして唯一の親友である鎌切大作でした!
花火の下で…クライマックスを飾る深草VS鎌切の涙の決闘。これに深草が勝ち、つまり親友を斬り殺してしまうのですが、今作では主人公が政府(幕府)側。勝ってもすぐに長州の桂小五郎によって
『国のために働く 正義の少年をよくも斬ったな 幕府の犬め!』
と吐き捨てられます。

後に薩長関係者らの手で倒幕は成されて、新選組は賊軍になる事も知っている我々ですが、ここでは勤王の志士である鎌切ではなく佐幕派の深草を主人公に設定する事によって、少年読者に"正義"とは何なのかを問いかけているのでしょうか。
先の"仇討ち"の件もそうですが…少年向けの絵柄で描いたエンターテイメント作品ながら、ちょっと重いテーマとメッセージが含められた手塚治虫版「新選組」。今からちょうど40年前に描かれた作品ですが、大人になった今も答えるのが難しい問いかけをしてくるのです。


今の世の中は やさしい人間は用がないんだ
親が子を斬り 子が親を斬り
仲のよい友だちでも斬らねばならぬときがある
弟子が先生を斬ってもやむをえん時代だよ



  1. 2011/09/08(木) 23:45:43|
  2. 手塚治虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する