大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(117) 東京都杉並区高円寺 15 さよなら喫茶プログレ…等

今回は東京都杉並区高円寺です。

何といってもでかすぎる、私にとっての大ニュースがありまして…
あの魂の拠所ともいえる"喫茶プログレ"が11年ほどの歴史を締めくくり、今月で閉店してしまったのです…
koenji-kissa-progre195.jpgkoenji-kissa-progre196.jpg
koenji-kissa-progre213.jpg
もう、この階段を登って行き扉を開く事も無いのです。

廣野マスターの、似て過ぎ自画像。
koenji-kissa-progre202.jpgkoenji-kissa-progre203.jpg

こちらはお客さんが描いた、マスターの絵。
koenji-kissa-progre223.jpg

初期の頃に配っていたチラシ。
koenji-kissa-progre224.jpg

私のように音楽でプログレを愛する人間にとってここ以上に素敵なロック・バーはないわけですが、それだけでなくマスターとは他の趣味でも…例えば映画、そして将棋などで合うので意気投合して、何度も泥酔して迷惑かけながらも仲良しだったわけです。
koenji-kissa-progre211.jpg
koenji-kissa-progre230.jpgkoenji-kissa-progre231.jpg

最後の対局が近づいてきた・・・
koenji-kissa-progre248.jpgkoenji-kissa-progre249.jpg
koenji-kissa-progre246.jpgkoenji-kissa-progre247.jpg
koenji-kissa-progre250.jpg
koenji-kissa-progre251.jpg

いつも店にいるような常連ではなかったのですが、それでもこの店で色々な思い出が出来ました。
最後の日々に、飲食したモノ・・・大抵ここではいつも赤ワインばかり飲んでいたのですが、閉店近くなって他の酒も積極的に呑んでいくようにしました。
koenji-kissa-progre198.jpgkoenji-kissa-progre199.jpgkoenji-kissa-progre200.jpg
koenji-kissa-progre201.jpgkoenji-kissa-progre204.jpgkoenji-kissa-progre205.jpg
koenji-kissa-progre206.jpgkoenji-kissa-progre207.jpgkoenji-kissa-progre208.jpg
koenji-kissa-progre209.jpgkoenji-kissa-progre210.jpgkoenji-kissa-progre216.jpg
koenji-kissa-progre219.jpgkoenji-kissa-progre220.jpgkoenji-kissa-progre225.jpg
koenji-kissa-progre226.jpgkoenji-kissa-progre227.jpgkoenji-kissa-progre228.jpg
koenji-kissa-progre238.jpgkoenji-kissa-progre239.jpgkoenji-kissa-progre240.jpg
koenji-kissa-progre229.jpg

ここで飲んだ赤ワインは、いったいどれほどの量だったろうか…これが最後の1杯となってしまった。
koenji-kissa-progre215.jpg

我が秘密結社員がカウンター内に!(バイトしてます)
koenji-kissa-progre232.jpg
koenji-kissa-progre233.jpg

人気ラーメン店主のポーズ。
koenji-kissa-progre253.jpg
koenji-kissa-progre254.jpg

対(つい)さん登場!
koenji-kissa-progre241.jpg
プログレッシヴ・ロック界で一番商業的な成功を収めたバンド、ピンク・フロイド(Pink Floyd)は私ももちろん大好きで全アルバムを聴き込んでもいたのですが、発売された当事にリアルタイムで買ったオリジナルアルバムって、この「対」(The Division Bell)だけなんですよね…しかもロジャー・ウォーターズ脱退後のアルバムであり、一番聴かなかったアルバムでもあり。

この店に来てた人なら、この男を知らないわけがない…そうだ、タッキーだ!
koenji-kissa-progre234.jpgkoenji-kissa-progre235.jpg
koenji-kissa-progre252.jpg

お世話になった喫茶プログレの最終営業日・・・タッキーと共に、お店のオリジナルTシャツ(二人で新旧版)を着てました。
koenji-kissa-progre236.jpg
koenji-kissa-progre237.jpg

あと今月、マスターのおかげで生まれて初めて新進棋士奨励会員さまと将棋を指しました。私のようなBARで酔っ払いながら指してる趣味将棋の相手までしてくれた心優しき棋士は、日本将棋連盟の将棋教室で助講師なども務める菅野倫太郎初段。
私は小6の時にアマ初段を取った過去がありますが、棋士の世界では同じ初段でもプロとアマでその実力には天と地の開きが!千駄ヶ谷の将棋会館などに指しに行った事のない私にとっては、もちろん将棋人生最強の相手ですね。
koenji-kissa-progre214.jpg

何故プロとアマで実力の違いがここまで激しいのか…あまり知られていないようなのでちょっとだけ将棋のプロ制度について触れるとですね、まず皆さんおなじみの野球だのサッカーだのは、アマチュアで活躍したりして球団に入ればすぐに、何人でも『プロ』を名乗れますが、将棋はそうはいきません。
プロ棋士の推薦があり厳しい入会試験に合格した者だけが奨励会(新進棋士奨励会)に入会出来て、天才少年・将棋の鬼しかいないそこで6級(これが既にアマ5段程度と言われています)からスタート。
勝ち続けて好成績を収めて1級(1段)ずつ昇級昇段、いよいよ三段に上がると半年に1回の三段リーグに参加出来て、成績の良かった二人だけが四段(ここからが給料の出る、所謂プロ棋士)になれるのです。つまり年間に4人しか誕生しないのです。
柴田ヨクサル先生が現在ヤンジャンで連載中の人気漫画「ハチワンダイバー」の主人公、菅田健太郎は奨励会を勝ち残れずに退会した人という設定。あの作品に出てくる『鬼将会』みたいにプロでなくてもそれ以上に強い人がいたら…これは面白いと思えますが、今の所ファンタジーですね。プロの対局というのは一度指したらすぐに棋譜が公開されてしまい当然研究もされるわけで、となると正式な対局では指さない秘密の手を持つ剛の者達…というのがいたら凄いとは思いますが。

まぁともかく、奨励会員である菅野倫太郎初段との対局ですが、恐れ多くも平手で二局を指させて頂きまして、いい勉強をさせて頂きました。それも我々、マスターと中川さんを含む喫茶プログレ三羽烏と呼ばれた三人が同時に相手してもらい、しかも菅野初段はほとんどノータイム指し。それでも全員がひねられたわけですが、横綱のようにこちらの攻めを受けてくれるので、勝てないまでも(当たり前ですが)良い将棋を指せて思い残す事無し、です。
koenji-kissa-progre212.jpg
こちらが好手を指せば『鋭い手ですね』とか褒めてくれ、しかも一手差の状況を作ってくれる優しい菅野倫太郎初段…現在22歳!今後の輝かしい未来を応援しています。

この写真の後ろに写るイギリスとかフランスとか書いてあるファイルは、各国の強い棋士達の棋譜がギッシリ。
koenji-kissa-progre197.jpg
…というのは冗談で、国ごとに分かれたプログレバンドのCDが入っているのですな。

さてさて喫茶プログレ。おなじみだった店内の光景が、
koenji-kissa-progre217.jpg
koenji-kissa-progre218.jpg

機材やCD棚等を運び出し、最後はこうなりました。
koenji-kissa-progre221.jpg
koenji-kissa-progre222.jpg

こうして…
koenji-kissa-progre243.jpg
koenji-kissa-progre242.jpg
koenji-kissa-progre244.jpg
koenji-kissa-progre245.jpg

嗚呼、歴史の幕が一つ降ろされた・・・
koenji-kissa-progre255.jpg
大好きなマスターのご活躍と、今後も友人関係を続けられる事を願います。

館内改装して、「勝手にしやがれ」のポスターなど貼ってあったこの階段部分も小奇麗になっています。
koenji-kissa-progre256.jpg


ついでなので、高円寺で最近行った飲食店情報も貼っておきます。
まずは喫茶プログレのあった、高円寺北の庚申通り商店街から。
koenji-street189.jpg
現在はこの旗が踊っていますが、高円寺の商店街なのに何故か東京スカイツリーが使われていて、見ての通り『しあわせ色』なんてそこから飛び降りてあちら側の世界に行かなくては…つまり死ななくては無いのだと、示唆してくれていますね。

まず値段と美味さに間違いないのが、横浜家系ラーメンの"せい家"
koenji-seiya90.jpg

ビールと餃子から始まり、
koenji-seiya91.jpg
koenji-seiya97.jpg
koenji-seiya99.jpg

らーめん、
koenji-seiya92.jpg

わかめらーめん、
koenji-seiya98.jpg

味付け玉子らーめん、
koenji-seiya95.jpg

もやしらーめん、
koenji-seiya94.jpg

ネギらーめん、
koenji-seiya93.jpg

薬味ネギらーめん。
koenji-seiya96.jpg

久々に"大陸"へ行き、タンメン。
koenji-tairiku21.jpg
koenji-tairiku22.jpg
koenji-tairiku23.jpg

"ことぶきや高円寺"
koenji-kotobukiya1.jpg

こちらは『北海道生まれのざんぎ唐揚げ』がメインの店なのですが、1970年代の札幌味噌ラーメンというメニューも出しているので、食べてみました。
koenji-kotobukiya2.jpg
koenji-kotobukiya3.jpg

おおっ、店内には矢吹丈が描かれたサイン色紙が飾ってあります!が、サインを見るとこれはちばてつや先生ではなく、恐らくはアニメ版に関わった方の手による物でしょう。
koenji-kotobukiya4.jpg

"自家製麺うどん屋 てんてこ"
koenji-tenteko5.jpg

ここは有機農法ビールの中瓶を置いているのが嬉しい。
koenji-tenteko6.jpg

他にコエドビール(COEDO)も各種取り揃えています!
koenji-tenteko7.jpg

おでんをつまみに…
koenji-tenteko8.jpgkoenji-tenteko9.jpg

釜玉うどんの、明太釜玉、
koenji-tenteko10.jpg

豚みぞれうどん。
koenji-tenteko11.jpg

こちらはメニューが餃子と瓶ビールのみ、そして店内はわずか5人ほどしか入れない"赤天"
koenji-akaten2.jpgkoenji-akaten3.jpg
koenji-akaten4.jpg
koenji-akaten5.jpg

生煎包(焼き小籠包)の、"阿三生煎館"
koenji-ahsansyenjenkan15.jpg
koenji-ahsansyenjenkan16.jpg
koenji-ahsansyenjenkan17.jpg

"ホルモン焼肉 縁"
koenji-en34.jpg
koenji-en35.jpgkoenji-en40.jpg

つぼカルビ、
koenji-en36.jpg
koenji-en37.jpg

つぼホルモン、
koenji-en38.jpgkoenji-en39.jpg

つぼサムギョプサル、
koenji-en41.jpgkoenji-en42.jpg
koenji-en43.jpgkoenji-en44.jpg
koenji-en45.jpg

その他。
koenji-en46.jpgkoenji-en47.jpgkoenji-en48.jpg
koenji-en49.jpgkoenji-en50.jpgkoenji-en51.jpg

"牛繁"
koenji-gyuhshige1.jpg
koenji-gyuhshige2.jpgkoenji-gyuhshige3.jpg
koenji-gyuhshige4.jpgkoenji-gyuhshige5.jpg
koenji-gyuhshige6.jpgkoenji-gyuhshige10.jpg
koenji-gyuhshige7.jpgkoenji-gyuhshige8.jpg
koenji-gyuhshige9.jpgkoenji-gyuhshige11.jpg

5年ぶりくらいで行きました、"かみや"
koenji-kamiya2.jpg

戦前から当地で開業していて、79年目だかの老舗です。
koenji-kamiya3.jpgkoenji-kamiya4.jpgkoenji-kamiya5.jpg
koenji-kamiya6.jpgkoenji-kamiya7.jpgkoenji-kamiya8.jpg
koenji-kamiya9.jpgkoenji-kamiya10.jpgkoenji-kamiya11.jpg
koenji-kamiya12.jpg
koenji-kamiya13.jpg

よく行っている、"串屋横丁"
koenji-kushiya-yokocho16.jpg
koenji-kushiya-yokocho17.jpgkoenji-kushiya-yokocho18.jpgkoenji-kushiya-yokocho19.jpg
koenji-kushiya-yokocho20.jpgkoenji-kushiya-yokocho21.jpgkoenji-kushiya-yokocho22.jpg
koenji-kushiya-yokocho23.jpgkoenji-kushiya-yokocho24.jpgkoenji-kushiya-yokocho25.jpg
koenji-kushiya-yokocho26.jpgkoenji-kushiya-yokocho27.jpgkoenji-kushiya-yokocho28.jpg
koenji-kushiya-yokocho29.jpgkoenji-kushiya-yokocho30.jpgkoenji-kushiya-yokocho31.jpg
koenji-kushiya-yokocho32.jpgkoenji-kushiya-yokocho33.jpg

私の大好物である手羽先揚げがあるし、
koenji-kushiya-yokocho34.jpgkoenji-kushiya-yokocho35.jpgkoenji-kushiya-yokocho36.jpg

鍋物は横丁鍋、
koenji-kushiya-yokocho37.jpg
koenji-kushiya-yokocho38.jpg

モツ鍋など。
koenji-kushiya-yokocho39.jpg
koenji-kushiya-yokocho40.jpg

ご馳走様でした。
koenji-kushiya-yokocho41.jpg
koenji-kushiya-yokocho42.jpg

そしてタイ料理屋の"SABAI THAILAND"(サバーイタイランド)にて、
koenji-sabaai-thailand22.jpgkoenji-sabaai-thailand23.jpg

毎回シンハーを呑みながら…
koenji-sabaai-thailand28.jpg

ヤムウンセン(春雨サラダ)、
koenji-sabaai-thailand24.jpg

トムヤムグン(海老のスパイシースープ)、
koenji-sabaai-thailand25.jpg

パッタイ(タイ風焼きそば)、
koenji-sabaai-thailand26.jpg

タレーパッポンカリーラートカーオ(シーフードのカレー味炒めの掛けご飯)。
koenji-sabaai-thailand27.jpg


次は高円寺駅ガード下の『高円寺らーめん横丁』ですが、またも変動してます。
koenji-ramen-yokocho14.jpg
koenji-ramen-yokocho15.jpg

昨年末で"天神下 大喜"が閉店して3店のみになり、"つけめん TETSU"から同系列ながら別ブランドの"つけめん102 サクラサク"になった店が、さらに別ブランドの"博多屋台豚骨 村上朝日製麺所"となりました。
koenji-tetsu29.jpg

らーめん、
koenji-tetsu30.jpg

それに味玉トッピング、
koenji-tetsu31.jpg
koenji-tetsu32.jpg

辛もやしトッピング。
koenji-tetsu33.jpg

続いて、ここで最初からそのままの形で残っている唯一の店になってしまった、"蒙古タンメン 中本"
koenji-nakamoto61.jpg

蒙古タンメン(ゆでたまごトッピング)、
koenji-nakamoto83.jpg

味噌タンメン、
koenji-nakamoto63.jpg

味噌タンメン(野菜増し)、
koenji-nakamoto62.jpg

五目味噌タンメン(ゆでたまごトッピング)、
koenji-nakamoto64.jpg

北極ラーメン、
koenji-nakamoto65.jpg
koenji-nakamoto66.jpg

限定メニューのホット肉醤麺、
koenji-nakamoto67.jpg

ミニ麻婆丼。
koenji-nakamoto68.jpg

店の内外に多く張られている「まことちゃん」も、楳図かずおファンとしてはこよなく嬉しい…
koenji-nakamoto79.jpg
koenji-nakamoto80-.jpg

一時、こんなサービス券も発行していたし、
koenji-nakamoto81.jpg

カウンター上にもまことちゃんがいて、この『ぐわし』している手がフラフラ動いてます。
koenji-nakamoto82.jpg

カップラーメンでも定期的に頂いてますよ。
koenji-nakamoto69.jpg
koenji-nakamoto71.jpgkoenji-nakamoto70.jpg

こちらは、一風堂とコラボしたヴァージョン。
koenji-nakamoto72.jpg
koenji-nakamoto73.jpgkoenji-nakamoto74.jpg

そして蒙古タンメン中本の、春雨スープ。
koenji-nakamoto75.jpg
koenji-nakamoto76.jpg
koenji-nakamoto77.jpgkoenji-nakamoto78.jpg

"麺処 くるり"
koenji-kururi16.jpg
koenji-kururi17.jpg

味玉みそらぁめん、
koenji-kururi18.jpg
koenji-kururi19.jpg

辛味みそらぁめん、
koenji-kururi20.jpg

辛味つけそば(のりトッピング)。
koenji-kururi21.jpg

名店"馬力"
koenji-bariki18.jpg

ここはホッピーの赤も置いてて、しかもナカはキンミヤ。他にもいくつか頂きました。
koenji-bariki19.jpgkoenji-bariki20.jpgkoenji-bariki21.jpg

つまみ、
koenji-bariki22.jpg
koenji-bariki23.jpgkoenji-bariki24.jpg
koenji-bariki25.jpgkoenji-bariki26.jpg

ボク。
koenji-bariki27.jpg
koenji-bariki28.jpg
(携帯で撮って加工された写真が送られてきました)

青梅街道沿いでは、"花の木"でまずはのビールと餃子、
koenji-hananoki18.jpg
koenji-hananoki19.jpg
koenji-hananoki20.jpg

そしてチキンパーコー中華そば。
koenji-hananoki21.jpg
koenji-hananoki22.jpg

新高円寺の横浜家系ラーメン、"あいはらや"(相原家)にて…
koenji-aiharaya10.jpg

こく辛ラーメン。
koenji-aiharaya11.jpg

ちなみに先日は、『ニュータッチ凄麺 横浜とんこつ家 豚骨醤油ラーメン』を食べました。
newtouch1.jpgnewtouch2.jpg
ニュータッチの凄麺はどれも好きですが、横浜家系ラーメンまで食べられるようになったのは嬉しいですな。

続いても新高円寺の、"CLUB LINER"にて…
koenji-club-liner1.jpg
koenji-club-liner2.jpgkoenji-club-liner3.jpg

エツシホシノ氏の企画ライヴで呑み、
koenji-club-liner5.jpg
koenji-club-liner4.jpg

記念撮影!
koenji-club-liner6.jpg
koenji-club-liner7.jpg

店を出て近くの所にいたカッコいい『本官さん』とも記念撮影させてもらおうとしたものの、向こうへピストル撃ちまくりに行っちゃったため、パトカーのみ。
koenji-street188.jpg

環七通り沿いの有難い24時間営業店、"味噌一"では…
koenji-misoichi20.jpg

ここで最強の辛さを誇り『十二指腸もビックリ』を謳う、爆発を食べました。
koenji-misoichi21.jpg
koenji-misoichi22.jpg
初めて食べた時は(10年くらい前か)、ものすごい激辛で必死になって食べた思い出がありますが、今では私の舌も鍛えられているので、ちょうどいい感じです。

"極肉煮干 あかこっこ"では、
koenji-akacocco4.jpg

肉煮干らーめん(白)。こちらは『特盛』まで無料で出来ちゃうのですが、私は遠慮して『大盛』。
koenji-akacocco5.jpg
他にも色々と無料トッピングが出来る、ラブメン系メニューというのもあります。

この通りの立ちそば屋なら、"江戸丸"
koenji-edomaru5.jpg
koenji-edomaru6.jpg
koenji-edomaru7.jpg
koenji-edomaru8.jpg
koenji-edomaru9.jpg
koenji-edomaru10.jpg

美味い上にこの、ネギと鰹節入れ放題も嬉しい。
koenji-edomaru11.jpg

そして近くに、同業の"大車輪"という店がオープンしました。
koenji-daisyarin1.jpg
koenji-daisyarin2.jpg

月見そば、月見うどん、
koenji-daisyarin5.jpgkoenji-daisyarin6.jpg

コロッケそば…
koenji-daisyarin4.jpg

そして『業界一でかい』と自称する、かきあげ入りの大車輪かきあげそば。
koenji-daisyarin3.jpg

こちらは東高円寺駅の方が近いですね、大久保通り沿いの"博多ラーメン ばりこて"
koenji-barikote1.jpg
koenji-barikote2.jpg

早稲田通り沿いでは、"和真屋"
koenji-kazumaya9.jpg
koenji-kazumaya10.jpgkoenji-kazumaya11.jpg
koenji-kazumaya12.jpgkoenji-kazumaya13.jpg
koenji-kazumaya14.jpgkoenji-kazumaya15.jpg
koenji-kazumaya16.jpgkoenji-kazumaya17.jpg
koenji-kazumaya18.jpg
koenji-kazumaya19.jpg
koenji-kazumaya20.jpg

店員さんがツッパリ風なので入りにくい、"中州屋台長浜ラーメン 初代 健太"
koenji-kenta1.jpg

ビールとおでん、
koenji-kenta3.jpgkoenji-kenta4.jpg

長浜ラーメン、
koenji-kenta5.jpgkoenji-kenta6.jpg

チャンポン。
koenji-kenta7.jpgkoenji-kenta8.jpg

そして店内には、矢吹丈が描かれたサイン色紙が飾ってあります!これも↑の、ことぶきや高円寺にあったのと同じ方が描いてますね。ちゃんと別の角度の絵です。
koenji-kenta2.jpg

パル商店街では、タイ料理屋の"BAAN-ESAN"(バーンイサーン)。
koenji-BAAN-ESAN171.jpg

タイ料理屋としては人生で一番多く行っている店ですが、最近は宴会より一人で御食事に行くのが増えてます。
ナム(タイラーメン)、
koenji-BAAN-ESAN170.jpg
koenji-BAAN-ESAN166.jpg

ガイカパオラーカオラーカイダーオ(そぼろ掛け目玉焼きのせごはん)、
koenji-BAAN-ESAN167.jpg

パッタイ(焼きビーフン)、
koenji-BAAN-ESAN168.jpg

ゲーンキョワーン(グリーンカレー)。
koenji-BAAN-ESAN169.jpg

"餃子処 たちばな"
koenji-tachibana56.jpgkoenji-tachibana57.jpg
koenji-tachibana58.jpgkoenji-tachibana63.jpg
koenji-tachibana61.jpgkoenji-tachibana62.jpg
koenji-tachibana59.jpg
koenji-tachibana60.jpg

ルック商店街の"アニマル洋子"前には、"中華料理 天王"
koenji-tenno62.jpg

400円の…らーめん、
koenji-tenno63.jpg

うまにらーめん、
koenji-tenno68.jpg

塩らーめん、タンメン、
koenji-tenno64.jpgkoenji-tenno65.jpg

新商品の、五目あんかけやきそば、
koenji-tenno66.jpg

そして生姜醤油らーめん。
koenji-tenno67.jpg

"ラーメン万福"では、
koenji-manpuku69.jpg

激辛味噌ラーメン、
koenji-manpuku70.jpg

野菜ラーメン、
koenji-manpuku74.jpg

スタミナラーメン、
koenji-manpuku73.jpg

チャーシューメン。
koenji-manpuku71.jpg
koenji-manpuku72.jpg

"じゃぐら"
koenji-jagura12.jpg
koenji-jagura13.jpg
koenji-jagura14.jpg
koenji-jagura15.jpg

昨年辺りから高円寺に韓国料理屋が増えているのですが、今回は新店を2軒で、まずは"Seoul物語"
koenji-soul-story1.jpg
koenji-soul-story2.jpg
koenji-soul-story8.jpg
koenji-soul-story9.jpg

サムギョプサル+サンチュセット、
koenji-soul-story3.jpg
koenji-soul-story4.jpg
koenji-soul-story5.jpg
koenji-soul-story6.jpg
koenji-soul-story7.jpg

そして私が韓国料理の中で一番好きな、カムジャタン。
koenji-soul-story10.jpg
koenji-soul-story11.jpg

満足なり!
koenji-soul-story12.jpgkoenji-soul-story13.jpg

続いて、"カラブー"(karaboo)。
koenji-karaboo2.jpg
koenji-karaboo1.jpg

生ビールとマッコリが安いので、呑みまくりです。
koenji-karaboo3.jpgkoenji-karaboo4.jpgkoenji-karaboo5.jpg

チヂミ、
koenji-karaboo6.jpg

ここでもやっぱり、カムジャタン。
koenji-karaboo7.jpg
koenji-karaboo8.jpg

ここの地名の由来にもなっている、曹洞宗の寺院"宿鳳山 高円寺"
koenji-street184.jpg
koenji-street185.jpg
koenji-street186.jpg

…その前辺りにある渋いお店"七面鳥"で、湯麺。
koenji-turkey7.jpg
koenji-turkey10.jpg

ここは酒を頼まなくても無料のお通しが出るのですが、今回はこれ。
koenji-turkey8.jpgkoenji-turkey9.jpg

次に…映画「少年メリケンサック」のロケ地でもあるので宮崎あおいがあるバンドマンを探しに来た高円寺北中通り商店街へ移動。
となるとまず、"成都"でしょう。
koenji-SEITO384.jpg

中華料理店なので、まず青島ビールを呑みますが…
koenji-SEITO387.jpg

他のドリンク、そして料理。
koenji-SEITO385.jpgkoenji-SEITO386.jpgkoenji-SEITO388.jpg
koenji-SEITO389.jpgkoenji-SEITO390.jpgkoenji-SEITO395.jpg
koenji-SEITO396.jpgkoenji-SEITO397.jpgkoenji-SEITO399.jpg
koenji-SEITO400.jpgkoenji-SEITO401.jpgkoenji-SEITO402.jpg
koenji-SEITO403.jpgkoenji-SEITO404.jpgkoenji-SEITO405.jpg
koenji-SEITO406.jpgkoenji-SEITO407.jpgkoenji-SEITO408.jpg
koenji-SEITO398.jpgkoenji-SEITO428.jpg

火鍋。
koenji-SEITO391.jpg
koenji-SEITO392.jpg
koenji-SEITO393.jpg
koenji-SEITO394.jpg

彼はNPO団体の何かで仕事として東北の被災地支援に旅立つ直前だったため、激励しました。
koenji-SEITO410.jpg
koenji-SEITO409.jpg

彼女は我が秘密結社の新入社員ながら、既にマドンナ的な地位をほしいままにしています。
koenji-SEITO411.jpgkoenji-SEITO412.jpg
koenji-SEITO413.jpgkoenji-SEITO414.jpg

秘密結社長との、記念撮影。
koenji-SEITO415.jpg
koenji-SEITO416.jpg

しかして、その正体は…妖怪・朱の盆。
koenji-SEITO418.jpgkoenji-SEITO419.jpg
koenji-SEITO420.jpg
koenji-SEITO421.jpg

朱の盆になると、腕相撲が強くなる。
koenji-SEITO427.jpg

ミーはゲイのウィザーズ・ブレイン(悪魔使い)さ!
koenji-SEITO424.jpg
koenji-SEITO423.jpg

こら、「死亡遊戯」の衣装なのに「燃えよドラゴン」のリーキズを付けるなー!
koenji-SEITO422.jpg

ふと見ると、時々悲しそうな目をしている彼女・・・
koenji-SEITO417.jpgkoenji-SEITO426.jpg

さようなら、また会いましょう。
koenji-SEITO425.jpg

新規オープンの"韓菜マッコリバル いちれん"
koenji-ichiren1.jpg
koenji-ichiren2.jpg

マッコリはさほど好きでもないのですが、種類が豊富なので試してみたのは…釜山マッコリや飛騨マッコリ、
koenji-ichiren3.jpgkoenji-ichiren4.jpg

そして虎マッコルリ。
koenji-ichiren5.jpg

おつまみは上品。
koenji-ichiren6.jpgkoenji-ichiren7.jpg
koenji-ichiren8.jpg
koenji-ichiren9.jpg
koenji-ichiren10.jpg

お寿司なら、"七福神"
koenji-seven-deities-of-good-fortune1.jpg

ビールと茶碗蒸しに、
koenji-seven-deities-of-good-fortune2.jpgkoenji-seven-deities-of-good-fortune3.jpg

握り寿司、
koenji-seven-deities-of-good-fortune4.jpg

ちらし寿司。
koenji-seven-deities-of-good-fortune5.jpg

あのタイ料理屋"ロータス"が、"バーン・ルアンタイ"(baan-ruanthai)としてリニューアルオープンしています!
koenji-baan-ruanthai1.jpg

中へ入ってみると、全然日本語通じない店員さんも、シェフ(最近料理本を出版したようで宣伝してます)もそのまま同じです。
koenji-baan-ruanthai2.jpgkoenji-baan-ruanthai3.jpg

本は店内でも販売してますよ。
koenji-baan-ruanthai6.jpg

タイビールから、定番のシンハーとチャーンを頂きまして、
koenji-baan-ruanthai4.jpgkoenji-baan-ruanthai5.jpg

生ビール。
koenji-baan-ruanthai14.jpg

料理はエビのすり身揚げ(トートマンクン)、エビの辛みそサラダ(プラークン)、
koenji-baan-ruanthai7.jpgkoenji-baan-ruanthai8.jpg

鶏肉のバジル炒めライス(カーオガパオガイカイダーオ)、太麺ビーフン焼きそば(パットシーイゥ)、
koenji-baan-ruanthai9.jpgkoenji-baan-ruanthai13.jpg

イサーン風トムヤム(トムセップ)、
koenji-baan-ruanthai10.jpgkoenji-baan-ruanthai11.jpg

おおっ、笑い仮面。
koenji-baan-ruanthai12.jpg

人気の"串焼き処 DIZZ"にて、
koenji-dizz1.jpg

ビールからチューハイ、ホッピーの白、黒と呑み続け…この日は、そのうち記憶を失くしました。
koenji-dizz2.jpgkoenji-dizz3.jpg
koenji-dizz4.jpgkoenji-dizz5.jpg

でも、つまみが美味しかったのは覚えてますよ!
koenji-dizz6.jpgkoenji-dizz7.jpg
koenji-dizz8.jpgkoenji-dizz9.jpg
koenji-dizz12.jpgkoenji-dizz13.jpg
koenji-dizz14.jpgkoenji-dizz15.jpg
koenji-dizz16.jpg

とりかわ煮込みは、バクバク食べちゃっておかわりしたし。
koenji-dizz10.jpgkoenji-dizz11.jpg

"日南市じとっこ組合"
koenji-jitokko1.jpg
koenji-jitokko2.jpg
ここが推す、宮崎県日南市といえば「巨人の星」で星飛雄馬と日高美奈のロマンスの舞台となった日南海岸がある所…もちろん憧れの土地です。

ドリンク色々、
koenji-jitokko3.jpgkoenji-jitokko4.jpgkoenji-jitokko5.jpg
koenji-jitokko6.jpgkoenji-jitokko7.jpgkoenji-jitokko8.jpg

そして、つまみがどれを頼んでもハズレなしの美味さ!
koenji-jitokko9.jpgkoenji-jitokko10.jpg
koenji-jitokko11.jpgkoenji-jitokko12.jpg
koenji-jitokko13.jpgkoenji-jitokko18.jpg
koenji-jitokko14.jpgkoenji-jitokko15.jpg
koenji-jitokko16.jpgkoenji-jitokko17.jpg
koenji-jitokko19.jpgkoenji-jitokko20.jpg
koenji-jitokko21.jpgkoenji-jitokko22.jpg

さらに店員さんが美人!
koenji-jitokko25.jpg

おおっ、こちらの娘さんは辛酸なめ子さま似!?
koenji-jitokko26.jpg

店内に寺山修司モノのチラシを置いてあり、そこで花輪和一先生の絵を見れて嬉しかった。
koenji-jitokko23.jpg

厠は、男鶏と女鶏と分類されています。
koenji-jitokko24.jpg

"麺処 田ぶし"では、
koenji-tabushi7.jpg
koenji-tabushi8.jpg

好きなのは肉盛濃厚味噌らーめん、
koenji-tabushi9.jpg
koenji-tabushi10.jpg

そしてたまには、本家田ぶしつけ麺。
koenji-tabushi11.jpg

ちょっと場所は離れて、初入店の"ことぶき"では、
koenji-kotobuki1.jpg

パンチらーめんなる、豚のモツ煮入りの物を頂きました。
koenji-kotobuki2.jpg
koenji-kotobuki3.jpg

駅周辺では、まずリニューアルして広くなった"大将 2号店"
koenji-taisyo93.jpg
koenji-taisyo94.jpg
koenji-taisyo95.jpgkoenji-taisyo96.jpgkoenji-taisyo97.jpg
koenji-taisyo99.jpgkoenji-taisyo100.jpgkoenji-taisyo101.jpg
koenji-taisyo102.jpgkoenji-taisyo103.jpgkoenji-taisyo104.jpg
koenji-taisyo105.jpgkoenji-taisyo106.jpgkoenji-taisyo107.jpg
koenji-taisyo98.jpg

"大将 3号店"
koenji-taisyo108.jpg
koenji-taisyo109.jpgkoenji-taisyo110.jpg
koenji-taisyo111.jpgkoenji-taisyo112.jpg
koenji-taisyo113.jpgkoenji-taisyo114.jpg
koenji-taisyo115.jpgkoenji-taisyo116.jpg
koenji-taisyo117.jpgkoenji-taisyo118.jpg

ここの火鍋。
koenji-taisyo119.jpg
koenji-taisyo120.jpg
koenji-taisyo121.jpg

"ちょもらんま"
koenji-chomolungma10.jpg
koenji-chomolungma11.jpg
koenji-chomolungma12.jpg
koenji-chomolungma13.jpg

ここではコレ、名物背骨ちょもらんまを食べましょう。
koenji-chomolungma14.jpg

現在高円寺にはタイ料理屋は4軒存在しますが、最後の紹介となる店は…"トムヤムクン"。ベトナム料理も出してた"ソムオー"が、タイ料理専門店にリニューアルしています。
koenji-tom-yum-goong1.jpg
koenji-tom-yum-goong2.jpg
koenji-tom-yum-goong3.jpg

鶏肉のバジル炒めかけご飯(ガパオ・ガイ・ラートカーオ)、
koenji-tom-yum-goong4.jpg

生春巻き、
koenji-tom-yum-goong6.jpg

タイラーメン、
koenji-tom-yum-goong5.jpg

トムヤムラーメン。
koenji-tom-yum-goong7.jpg

"串かつ家"で、串かつをつまみながら呑む…
koenji-little-wing29.jpg
koenji-little-wing30.jpgkoenji-little-wing31.jpg

高円寺にも"すしざんまい"が出来たので、行ってみました。
koenji-sushi-zanmai1.jpg
koenji-sushi-zanmai2.jpgkoenji-sushi-zanmai3.jpg
koenji-sushi-zanmai4.jpgkoenji-sushi-zanmai5.jpg

"BAR ROCKET"
koenji-rocket1.jpgkoenji-rocket2.jpg
koenji-rocket3.jpgkoenji-rocket4.jpg
koenji-rocket5.jpgkoenji-rocket6.jpg

"富士そば"では、蕎麦のみならずラーメンも食べる事が出来ます。
koenji-fujisoba25.jpg
koenji-fujisoba26.jpgkoenji-fujisoba27.jpg

大一市場では"らあめん ひら石"で、餃子とわんたんめん。
koenji-hiraishi18.jpg
koenji-hiraishi20.jpg
koenji-hiraishi19.jpg

焼鳥・焼きトンの"四文屋"
koenji-shimonya73.jpg
koenji-shimonya74.jpgkoenji-shimonya75.jpg
koenji-shimonya76.jpgkoenji-shimonya77.jpg
koenji-shimonya78.jpgkoenji-shimonya79.jpg

こちらは、"魚の四文屋"
koenji-sakana-no-shimonya21.jpg
koenji-sakana-no-shimonya22.jpgkoenji-sakana-no-shimonya23.jpg
koenji-sakana-no-shimonya24.jpgkoenji-sakana-no-shimonya26.jpg
koenji-sakana-no-shimonya27.jpgkoenji-sakana-no-shimonya28.jpg
koenji-sakana-no-shimonya25.jpg

"南欧食堂 デルソル"にて、
koenji-delsol1.jpg
koenji-delsol2.jpg

ピッツァインサラータ、
koenji-delsol3.jpg

エビ.ベーコン.ピーマン.ナスの入ったオリーブオイルスパゲッティ(辛口塩味)、
koenji-delsol4.jpg

ナスとミートの辛口スパゲッティ。
koenji-delsol5.jpg

"スパゲッティ食堂ドナ"では、
koenji-dona12.jpg
koenji-dona13.jpg
koenji-dona14.jpg

パスタがメランザーネ(ナスとベーコンのトマトソース)、
koenji-dona16.jpg

糸より鯛・エリンギ・アスパラのアンチョビ風味、
koenji-dona17.jpg

ピザは、4種チーズのフォルマッジョを頂きました。
koenji-dona15.jpg

その隣の"東京屋"には海外ビールや調味料など、珍しい物を置いているので重宝しています。
koenji-street187.jpg

洋食屋の"醍醐"(DAIGO)では、
koenji-daigo2.jpg
koenji-daigo3.jpg

パン(これは普通の物、つまり市販のでしょう)を食べながら…
koenji-daigo7.jpg

キャベツ入りメンチ、
koenji-daigo5.jpg
koenji-daigo6.jpg

ビーフハンバーグステーキ スパニッシュソース。
koenji-daigo8.jpg

DieGo in DAIGO、という夜でした。
koenji-daigo4.jpg

"喜多方ラーメン 麺道"にて、餃子と…
koenji-mendo5.jpg
koenji-mendo6.jpg

肉醤油ラーメン、
koenji-mendo7.jpg
koenji-mendo8.jpg

味噌ラーメン。
koenji-mendo9.jpg

"喜多方ラーメン坂内・小法師"で、喜多方ラーメンとチャーシュー丼セット。
koenji-koboshi10.jpg
koenji-koboshi11.jpg

"自家製麺 火の鳥73"にて、
koenji-hinotori11.jpg

醤油らぁ麺。
koenji-hinotori12.jpg
koenji-hinotori13.jpg

辛口味噌らぁ麺。
koenji-hinotori14.jpg

"らー麺しんや"で、カレー味の伽辣麺。
koenji-shinya5.jpg
koenji-shinya6.jpg
koenji-shinya7.jpg

大好きな、激辛ニュータンタンメンを出す"AKATONBO"
koenji-akatonbo15.jpg

前回はトッピングで基本の全7種を制覇した模様をお伝えしましたが、いつもいつもタンタンメンの『めちゃ辛ハイパー』ばかりなので、辛い物が苦手な人用に出している普通の醤油ラーメンも食べてみました。
koenji-akatonbo16.jpg

それじゃやっぱり物足りないので、次はまためちゃ辛ハイパーを…と行ってみたら、驚きの、そして悲しすぎる閉店のお報せ!
koenji-akatonbo17.jpg

あんなに美味しかったのに…店長!どうしちゃったんですか!!
koenji-akatonbo18.jpg

この場所には、今月に入って新店"弐玖ノ利"がオープンしました。
koenji-nikunori1.jpg

メニューは何と、肉味噌のまぜそば一本勝負のお店でした。
koenji-nikunori2.jpg
これをよくまぜて食べて…

ベースは甘口なので、辛酸酢やニンニク醤油で味を調整し、
koenji-nikunori4.jpg

半分食べた所で、スープを投入してもらいましょう。
koenji-nikunori3.jpg

インド料理店、"サプラ"
koenji-sapura27.jpg

ビールはキングフィッシャーと、アサヒ(小瓶)。
koenji-sapura28.jpgkoenji-sapura29.jpg

インド料理屋における定番の飲み物で、ラッシーとチャイ。
koenji-sapura30.jpgkoenji-sapura31.jpg

草、
koenji-sapura32.jpg

ワタクシ、このチキン マライ ティカが好きなんですよ!
koenji-sapura33.jpg

カレーはプラウン、
koenji-sapura35.jpg

シーフード。
koenji-sapura36.jpg

ナンのヤツも、次々と食べました。
koenji-sapura37.jpg
koenji-sapura34.jpgkoenji-sapura38.jpg

九州料理のお店、"マルキュウ"
koenji-marukyu1.jpg
koenji-marukyu2.jpgkoenji-marukyu3.jpgkoenji-marukyu4.jpg

ここの料理、ウマイッ!
koenji-marukyu5.jpgkoenji-marukyu6.jpg
koenji-marukyu7.jpgkoenji-marukyu8.jpg
koenji-marukyu9.jpgkoenji-marukyu10.jpg
koenji-marukyu11.jpgkoenji-marukyu12.jpg

おなじみの"小料理 休"
koenji-koryori-kyu413-.jpg
koenji-koryori-kyu414.jpg

写真数が多いので、小さいサイズにて失礼しますが…最高のお店。
koenji-koryori-kyu459.jpgkoenji-koryori-kyu428.jpgkoenji-koryori-kyu429.jpgkoenji-koryori-kyu430.jpg
koenji-koryori-kyu461.jpgkoenji-koryori-kyu460.jpgkoenji-koryori-kyu462.jpgkoenji-koryori-kyu463.jpg
koenji-koryori-kyu422.jpgkoenji-koryori-kyu424.jpgkoenji-koryori-kyu423.jpg
koenji-koryori-kyu425.jpgkoenji-koryori-kyu426.jpgkoenji-koryori-kyu427.jpg
koenji-koryori-kyu438.jpgkoenji-koryori-kyu440.jpgkoenji-koryori-kyu446.jpg
koenji-koryori-kyu415.jpgkoenji-koryori-kyu416.jpgkoenji-koryori-kyu417.jpg
koenji-koryori-kyu418.jpgkoenji-koryori-kyu419.jpgkoenji-koryori-kyu420.jpg
koenji-koryori-kyu421.jpgkoenji-koryori-kyu431.jpgkoenji-koryori-kyu432.jpg
koenji-koryori-kyu433.jpgkoenji-koryori-kyu434.jpgkoenji-koryori-kyu435.jpg
koenji-koryori-kyu436.jpgkoenji-koryori-kyu437.jpgkoenji-koryori-kyu439.jpg
koenji-koryori-kyu443.jpgkoenji-koryori-kyu444.jpgkoenji-koryori-kyu445.jpg
koenji-koryori-kyu447.jpgkoenji-koryori-kyu448.jpgkoenji-koryori-kyu449.jpg
koenji-koryori-kyu450.jpgkoenji-koryori-kyu451.jpgkoenji-koryori-kyu452.jpg
koenji-koryori-kyu453.jpgkoenji-koryori-kyu454.jpgkoenji-koryori-kyu455.jpg
koenji-koryori-kyu456.jpgkoenji-koryori-kyu457.jpgkoenji-koryori-kyu458.jpg
koenji-koryori-kyu464.jpgkoenji-koryori-kyu465.jpgkoenji-koryori-kyu466.jpg
koenji-koryori-kyu441.jpg
koenji-koryori-kyu442.jpg


いつも高円寺のお店紹介と同時に近隣の地区のも紹介しているので、今回も…まず和田では"光栄"で、
koenji-koei5.jpg

ラーメン、
koenji-koei12.jpg

みそラーメン、
koenji-koei6.jpg

タンメン、
koenji-koei7.jpg

光栄メン、
koenji-koei8.jpg

チャンポン。
koenji-koei10.jpg
koenji-koei11.jpg

あ、先日のれんが新しくなりました!
koenji-koei9.jpg

続いて方南町では、"地下鉄そば"には日常的に通っています。
honancho-chikatetsusoba14.jpghonancho-chikatetsusoba15.jpg

今日は何の天プラ入れようか…そう考えながら向かいます。
honancho-chikatetsusoba16.jpghonancho-chikatetsusoba17.jpg
honancho-chikatetsusoba18.jpghonancho-chikatetsusoba19.jpg
honancho-chikatetsusoba20.jpghonancho-chikatetsusoba21.jpg
honancho-chikatetsusoba22.jpghonancho-chikatetsusoba23.jpg
honancho-chikatetsusoba24.jpghonancho-chikatetsusoba25.jpg
honancho-chikatetsusoba26.jpghonancho-chikatetsusoba27.jpg

すぐ近くに"そばたいやき 空"なるお店も出来ているのですが、蕎麦をたいやきを一緒に扱っている店かと思って訪れてみたら、そば粉を使っているだけのたいやき屋でした。美味いと聞きましたが、たいやきなど私には一生必要無し!危うく入ってしまう所でしたよ…
honancho-kuu1.jpg

"りょうたん亭"では、
honancho-ryoutantei1.jpg

支那そば、
honancho-ryoutantei2.jpg

ワンタンメン。
honancho-ryoutantei3.jpg

"らあめん花月 嵐"では、
honancho-kagetsu1.jpg

まず餃子とニンニク豚めしなどを頂き、
honancho-kagetsu9.jpghonancho-kagetsu10.jpg

嵐げんこつらあめん、
honancho-kagetsu5.jpg
honancho-kagetsu6.jpg

嵐げんこつらあめん(味噌)、
honancho-kagetsu2.jpg

嵐げんこつらあめん(塩)、
honancho-kagetsu8.jpg

豚そば銀次郎、
honancho-kagetsu7.jpg

そして自分もラーメン店なのに、他の有名ラーメン店とコラボするって発想が凄い…肉そばけいすけ!
honancho-kagetsu3.jpg

この店に来ると、途中から『激辛壷ニラ』を投入する事になります。
honancho-kagetsu4.jpg

"ちりめん亭"では、
honancho-chirimentei4.jpg

中華そば、
honancho-chirimentei5.jpg

たんたん麺、
honancho-chirimentei6.jpg

そして自ら擂ったゴマを入れる、黒胡麻たんたん麺。
honancho-chirimentei7.jpg

インディアンレストラン&バーの"バラト"(Bharat)。
honancho-bharat1.jpg
honancho-bharat2.jpg

333やネパール・アイスなどあちらのビールから、コロナにエビスまで。
honancho-bharat3.jpghonancho-bharat4.jpg
honancho-bharat5.jpghonancho-bharat6.jpg

料理も美味い。
honancho-bharat7.jpghonancho-bharat8.jpg
honancho-bharat9.jpghonancho-bharat10.jpg

"養老乃瀧"。この店はかなり多くの駅前にあったくらいの時期がありましたが、私の近所も含めてほとんど閉店しています。方南町店はまだ頑張ってますが、客はいつも少ないです…
honancho-yoronotaki42.jpg
honancho-yoronotaki43.jpghonancho-yoronotaki44.jpghonancho-yoronotaki45.jpg
honancho-yoronotaki46.jpghonancho-yoronotaki47.jpghonancho-yoronotaki48.jpg
honancho-yoronotaki49.jpghonancho-yoronotaki50.jpghonancho-yoronotaki51.jpg
honancho-yoronotaki52.jpghonancho-yoronotaki53.jpghonancho-yoronotaki54.jpg
honancho-yoronotaki55.jpg

"天下一焼きとん焼き鳥 なぎ屋"。店が狭い中に人を詰め込むのが難点ですが、とにかく美味い。
honancho-nagiya65.jpg
honancho-nagiya66.jpghonancho-nagiya67.jpg
honancho-nagiya68.jpghonancho-nagiya69.jpg
honancho-nagiya70.jpghonancho-nagiya71.jpg
honancho-nagiya72.jpghonancho-nagiya73.jpg

はい、今回はここまで。さよなら、喫茶プログレ…



スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 23:59:59|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楳図かずお(8) 「ロマンスの薬」

続いての楳図かずお作品は、「ロマンスの薬」(秋田書店刊)。
UMEZU-romance-drug1-2.jpg

初出は1966年から翌年まで…という事は既に楳図かずお先生は恐怖マンガ家として知られるようになってきた時代ですが、少女月刊誌であるなかよし(講談社刊)にて突如連載開始した、何とギャグ漫画。
しかもこれが漫画史における学園ラブコメディ物の原点の一つだと言われているのです。連載時のタイトルは「ロマンスの薬あげます!」で、単行本は全2巻。

ある日のある学校へ、小野たかしというハンサムな男子が転校してくる所から物語は始まります。
すぐにクラスの女子全員が小野たかし党となるのですが、中でも特にイカレちゃったのが主人公の花小路春名、そしてライバルの秋子。彼女らが繰り広げる珍騒動を描いたのが本作品ですが、タイトルになった『ロマンスの薬』とは何なのか。
答えは、春名が家の倉で見つけた惚れ薬。入れ物の瓶に『ほれ薬』って書いてあります(笑)

しかし春名はかなり可愛いので(楳図先生が描くお人形さん系の美少女です)、何もしなくても小野くんの方から惚れるんじゃないの、と思うのは浅はかで、これが性格に難ありなのです。おっちょこちょいでわがまま、そして凶暴で…
家族紹介の場面で初登場のおばあちゃんに向かって『ばばあ!!』と怒鳴ってるし、ロマンスの薬でおじいちゃんと結ばれた話を聞く時は『不良ばばあ』と突き飛ばし、白状しなければハサミでぶっすりやると脅迫してます!こりゃ教育に悪いギャグ漫画だ…こういう所が後の「まことちゃん」に継承されていくのですね。
春名と秋子の戦略も、陰口言ったり偽の手紙を書いたりと手口が汚いのが逆に微笑ましい。では好きな人と自分で一粒ずつ飲めば間違いなく相思相愛になれるロマンスの薬を活用してカップル成立となるのか!?それが物語の鍵であり、まぁ簡単に飲ませちゃったら話が終わってしまうので色んな障害があり、なかなか上手くいきません。

クラスの女子達は春名と秋子以外にも面白いのが何人かいますが、何故か海賊眼帯している少女がいたり(これは児嶋都作品でパロディされてます)…
特にねずみ小僧次郎吉の子孫でスパイの才能が凄いチュー子が面白い。そのでかい目と唇は「オバケのQ太郎」に出てくるQちゃんを参考にしたと思われる、つまりひどい顔の女の子で…縁の下で目の部分だけ切り抜いた布切れを被っていたのですが、その様は正にオバQでした。ちなみに泣き声は『ちゅう~~っ ちゅう~~っ』ですね。
そして何と、あるインタビューで楳図かずお先生自身が『創造したキャラクターの中で、一番好きなのは何ですか?』の質問にこのチュー子を選んでます!あれだけ素敵な数々のヒーロー、ヒロイン達を差し置いて!!

ドタバタ喜劇風にクラスの女子全員入り乱れての大乱闘も有りましたが、メインの春名と秋子は髪引っ張り噛付きのキャットファイトから、ラスト近くの"竜神河原"での決闘に発展します。それがスパンキング対決(!)に続いてなめくじを使った我慢対決。
それから終盤は展開のテンポが速くなり、春名の姉・比奈子の恋愛話に移行していき…感動の大団円へ!!恋愛が主題ながらキャラの面白さで笑い、ちょっと感動。これで絵が楳図かずお先生の素晴らしい物でなければ違ったかもしれませんが、傑作でした。

単行本2巻は「ロマンスの薬」が真ん中くらいで終了し、まず1965年に貸本で描き下ろされた「好き好き好き」が収録されています!これは初出時のタイトルが「福白髪」で『ロマンスあげます!!』とサブタイトルが付いており同シリーズの一つと言えるのですが、内容で本編との関連は全くありません。赤塚不二夫先生のイヤミが出てくるのは驚きますね。
その改題したタイトルに合わせたような「きらいきらいきらい」と続いて収録されていますが、これも1962年に花詩集(三洋社刊)で掲載された初出時のタイトルは「好きな人」で、やはり『ロマンスあげます!!』シリーズ。共にちょっと胸キュンなラブコメ作品でした。


く くやしい
あなたってほんとうにずるがしこいわね ウルトラ魔女



  1. 2012/03/28(水) 23:00:34|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楳図かずお(7) 「狐がくれた木の葉っぱ/猫面」

続いての楳図かずお作品は、「狐がくれた木の葉っぱ/猫面」(こだま出版刊)です。
UMEZU-fox-cat.jpg
この単行本は私が楳図かずお本を集め始めたばかりの頃に入手した物なので、思い入れが深いのです。

タイトルの通り二作品カップリング…狐と猫コラボ本なのですが、まずは「狐がくれた木の葉っぱ」。これは佐藤まさあき先生が創刊した(佐藤プロ刊)にて、1965年から翌年まで連載された作品で、主人公の幼い姉妹がお芋を食べながら、おばあちゃんの話してくれた狐にまつわる昔話を聞き入る形で進みます。
姉妹が住む村に住んでいたお千代さんが人間に化けた狐を助けてあげて、そのお礼に貰った小判(実は木の葉っぱ)のおかげで命を助けられるといった内容の御伽噺。最後のオチも可愛いながらインパクトには欠ける短編なのですが、ここで登場する姉妹は1963年の傑作「山びこ姉妹」(後に加筆して「キツネ目の少女」と改題)に登場するさつき&かんななのですよ。今作では話の聞き手としての登場なので名前すら出ないのですが、間違いないでしょう。この二人は1964年の「へびおばさん」や、1966年の名作「へび少女」でも登場するので『山びこ姉妹シリーズ』と呼ばれているのですが…その後は見ませんね。

続く「猫面」は、1963年に貸本漫画用の単行本として描き下ろされた作品で、27歳の上京直後に描かれた意欲作です。この本ではこちらの方がずっと分量も多いし、何より恐怖漫画家として開花し貸本時代では頂点に達する残酷表現をした傑作。

時は恐らく戦国時代…貝森城主・長屋右衛門正信は極端な猫嫌いのため、部下に猫を捕まえてこさせては片目を潰し、首を切り、串刺し、水責め、火責め、あらゆる残虐な手段で虐殺し続けました。そんな彼に生まれた跡継ぎ息子が、片目で猫面の男でした。彼は秀信と名付けられたものの『猫面城主』と呼ばれる事になります。
この猫面は自分に因果を残した父以上の残酷非道な性格に成長しますが、父と逆に猫に好かれ、かつ猫を粗雑に扱った者を見つけると拷問にかけるのです。

父の正信を牢にぶち込むと、もはや世の中は猫面の天下。ある日城内で逢引きしていた恋人を見つけると、その女の方…牢中勘定の娘、堀田梓に惚れて妻にしようとします。が、当然ながら醜い猫面の妻になりたい女はいません。
やはり断るのですが、すると猫面は梓の目の前で理不尽にも父親を拷問し、殺してしまいます。続いて恋人の文吾も捕らえて拷問…美しい文吾の顔を城主と同じ猫面に改造していくのですが、これらの描写がエグイのです。『猫面の刑』として片目を焼き、口を裂き、鼻をそぎ、型をはめて猫背にする!これでもウンと言わない梓の精神も強すぎる!

この後の展開は急転直下、結末に向かって突っ走り上手いオチが付けられるのですが…うーん、ラストまで救いがない。ただただ圧倒されはするものの、カタルシスないまま物語を閉じるのは楳図かずお作品では珍しい。設定が時代劇であり、"残酷"を扱うものだから同世代の平田弘史劇画も彷彿とさせます。
今回もテーマの一つに使われている、人の外見(顔)と気持ち(心)の関係を追求する作品はこの後の楳図作品で繰り返し出てきますね。他にも恐怖の陰に隠れて恋人の深い愛が描かれている等いくつかの部分で原点となっており、ホラー漫画家としての楳図かずお史を語る上で分岐点とも言える…怖い怖い重要作品でした。

前回まで紹介していた小学館クリエイティブからも、実は初となるオリジナルの1963年版の形で復刊されました。
UMEZU-cat-face.jpg
やはり豪華な造りだし、これから買う方にはこちらをお薦めします。


カギむちをよこせい!
猫面をあざけるがよい!
猫はひきさくのが好きじゃ!



  1. 2012/03/25(日) 23:55:04|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楳図かずお(6) 「赤い蝶の少女」

今夜も楳図かずお先生の、驚きの復刻がされた激レア少女漫画で続けて…「赤い蝶の少女」(小学館クリエイティブ刊)です。
UMEZU-red-butterfly1.jpg

初出は1962年で、金龍出版社の虹文庫にて出版されたオリジナル版のカバーはこちら。
UMEZU-red-butterfly2.jpg
本作のカバーがリバーシブル仕様になっており、裏に有りました。

楳図かずお先生の年表を見るとこの前年は発表作品自体が極端に少なく、この「赤い蝶の少女」は単行本1冊分を使うほどの長編では2年ぶり。満を持して描いた作品と言えるでしょう。
この頃もまだ貸本時代で、その世界では人気漫画家だったものの一般的なヒット作や、現在にも名を残している代表作を生む前ですね。楳図先生も意識して描いたと語る通り、女の子の可愛さなどがもっと初期の作品よりは洗練されてきていますが、人物も背景も描き込みが少なく白っぽい。

タイトルの『赤い蝶』とは炎がチラチラゆらめく火の事を例えているそうで、炎は重要なキーポイントとなります。
まず何しろ、主人公の名前が尾上ほのお!生まれた時に家が火事を起こしていたから(しかもその時に父親が焼死)そのように名付けられたのですが、全くとんでもない親ですね。でもほのおちゃんって、可愛い名前ではあります。
そんなほのおは自分の名の元になった炎を異常に怖がるクセがあり、それが高じて離れた場所で起こっているボヤなども瞬時に発見出来る超能力を得るのです。ただ、やっと超能力が出てきてSF的になり、ある事件を解決したりするのは物語の半分を大きく過ぎてから。それまでほとんどが級友の女子生徒ら、そして憧れの青山先生との交流が描かれる楽しい学園ラブコメ物なんです!

明らかに低年齢の少女向けに描かれているだけに、いい歳したおじさんには辛い部分もあります。後半のサスペンス要素も現代読者の目には厳しいだろうし、同じく炎を使った後の名作「あなたの青い火が消える」などと共通点を探す気もしないし…私はどの時期の物でも楳図かずお絵を見ているだけで幸せになれるし、見た事の無いカットは全部見たいと思っているので大丈夫ですが、あくまでコアなファン向けの作品でしょうか。
脇役として出てくる草間愛子浪花チイ子、そして青山先生はスターシステムに適応されて他作品でも出てくるキャラですね。
お、今回は解説が付録の小冊子『「赤い蝶の少女」読本』という形で付いていて、著者インタビューに続いて中川翔子ちゃんの「私の人生を変えた楳図体験」 談も載っていますよ。


わたし火を見ているとたまらなくなるのよ…………生まれつきね きっと……
あのメラメラした火を見ていると 何だかあくまでもおどっているみたいで……
今にも私めがけてとびかかって来そうに思えて恐ろしくて……



  1. 2012/03/24(土) 23:00:00|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楳図かずお(5) 「まぼろし少女」

昨夜に続いての楳図かずお作品より、「まぼろし少女」(小学館クリエイティブ刊)。
UMEZU-maboroshi.jpg

これもデビュー50周年記念に『楳図かずお復刻シリーズ』として次々に幻の作品を出版した、小学館クリエイティブによる快挙無かりせば読む事の出来なかった、楳図かずお初期少女漫画。
初出は1959年で、前回紹介した「俺の右手」の直後に貸本短編誌の(金竜出版社刊)で創刊号から10回に渡って連載された作品になります。今回が何と初単行本になるのですが、判型はA5判だし、268ページの分厚い本にでカラーページもあるので定価2940円と多少高かったものの…いや前回も書いた通り内容の文化財的な価値や、楳図史を辿る意味を考えれば安すぎます!もちろん速攻飛びついた私でした。

まずこれはアンデルセン童話「赤い靴」がモチーフになっていて、劇中劇としても使われています。私も幼年期は童話が大好きで、同じ絵本を何度も何度も読み直していた口ですが、童話ってけっこう嫌な後味を残す話が多いのですよね。この「赤い靴」もそんな一つで、かなーり辛い話でした。
少女漫画である事は既に書きましたが、そんな童話に幽霊や人間の持つ異常な執着心なども登場する楳図かずお節が絡んだ怪奇幻想漫画としても楽しめるようになっているのです。50数年前に描かれた(!)古い作品で、しかも普段私が読みつけない少女漫画というのに、面白い面白い。絵の可愛らしさやお洒落なファッションといった、少女漫画の持つ良い所だけ上手く使い、まぁキラキラして大きな眼やセリフのクラシカルさで寒さは感じるものの、当時から持っていた才能の非凡さを感じます。

主人公の小野弓子は、バレエダンサーだった亡き父・佑介の夢を引き継いで5歳の時からバレエを習いだし、お手伝いさんや針子仕事で苦労しながら自分を育ててくれてる母、そして妹の美智子とで貧しい母子家庭に暮らす少女。
"月宮ヒカル・モダンバレエレッスン所"の「赤い靴」公演で主役のカーレン役に選ばれた弓子ですが、才能の限界か求められるレベルの踊りはどうしても出来ない…発表会を明後日に控えながら、主役を親友の雪子に代えられてしまうかもしれないという状況になって落ち込む弓子が野菊でいっぱいの草原を歩いていると、そこに素敵な赤い靴が置いてあります。
その靴を使うとあら不思議、上手に踊れて主役として公演も成功させるのですが…その不思議な靴にはバレリーナを夢みて死んだ少女・青江夢子の幽霊が取り憑いていたのです!となるとアンデルセン童話のように不幸の影が襲ってくるかと思いきや良い幽霊で、貧しい小野家がある金持ち夫婦との出会ってお金で苦労しなくなるきっかけもくれるのです。
生と死・現実と夢の間で彷徨い踊るファンタジックな表現、それに母と娘の絆を主題にした辺りまで、徐々に後の作品へ発展しながら受け継がれていきますね。同じくバレリーナの話に1958年の「母よぶこえ」がありますが、これは「ウメカニズム」(小学館刊)のインタビューで『卑弥呼の亡霊の話を描こうと思っていたのに、悲しいバレエの話に変えられたり』と制約があった事を語っているように、不本意な作品だったようです。

あと今作では、巻末に楳図かずお研究家である金子デメリン先生の漫画「ウメズモ-楳図かずお物語-」も収録されていてお得です。
KANEKO-umezology1.jpgKANEKO-umezology2.jpg
↑こちらは楳図かずおレポートCOMICS「ウメゾロジー」です。

これはウメゾロジーについてきたデメリン先生の可愛い栞。
KANEKO-umezology3.jpg

あんなにあんなに あこがれていたバレエ……
でもとうとうわたしは ユメをかなえることができずに死んだのね…
でも…………でも…夢子のたましいは いつもこの赤い靴に宿っているの!
そしてこの靴をはいた時 その人のからだに夢子のたましいがはいりこむの!



  1. 2012/03/23(金) 23:32:52|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楳図かずお(4) 「俺の右手」

これからしばらく、楳図かずお作品の紹介を進めていきましょう。
今夜は初期作品「俺の右手」(小学館クリエイティブ刊)。
UMEZU-my-right-hand.jpg

学生時代から必死で楳図かずお作品を集めてきた私ですが、決して個人の財力で揃える、いや読む事すら不可能だったレアすぎる初期作品を、惜しげもなく次々と復刻出版しまくっているのが小学館クリエイティブ!
楳図作品では「ココ」で紹介したように中野書店による復刻企画などあった事はありましたが、今回は天下の小学館が絡んでますからね…
ひと財産つぎ込んでオリジナル本を集めていたマニアは号泣している事でしょうが、私は単純に喜んで飛びつき、出る度に書店へ走ってました。A5判の大きさでカラーページも多くカバーもちょっと豪華な作りになっているため、復刻本自体も定価2500円とかするのですが、まぁ内容の価値を考えたら安すぎるってもんです。

今回の「俺の右手」は、後の名作「神の左手悪魔の右手」の『原案』になった名作だという宣伝文句と共に登場しましたが、約30年の隔たりがあるこの2作は共通点こそあるものの全く関係ない内容です。
初出は1959年。『劇画』誕生を語る上で外せない貸本短編誌、(セントラル出版刊)にて3回に渡って掲載されました。
佐藤まさあき先生、辰巳ヨシヒロ先生、さいとう・たかを先生…らによるアクション劇画が台頭してきた時期の真っ只中に描かれているため、御多分に漏れず楳図作品でもそういった形で描かれていて、つまりシルクハットに黒スーツのギャングが銃をぶっ放し、それにスリラー色やハードボイルド色を濃く出した感じであり、絵柄も楳図タッチの発芽は見られるものの、我々がすぐに想像するあの楳図絵ではありません。

物語は、女のようにすんなりと生白い、そして悪魔の右手を持つ『俺』こと了太がその手に苦しめられる話。自分の意思に反して勝手に人を殺して金を奪うその右手を恐れて生きていたのですが、そいつがたった一人の肉親で大好きなおじさんまでも殺してしまい、さらにヤクザの組同士の抗争に巻き込まれていく。
ラストで了太は、そしてその右手はどうなるのか…暗い影の残るどんでん返しと、解かれぬ謎も見ものです。
楳図かずお先生と同じくホラー漫画の大御所である日野日出志先生の「ゆん手」は、もしかしてこの作品にヒントを得ているのでしょうか。

さらにこの本には、希少作品があと3編を併録されています。
1960年の「人を呪わば」は憎み合う墓石彫り同士の怪奇譚。1963年の「くも妄想狂」は…おお、本書では年代も一番新しい作品なので絵も内容も正に楳図かずおタッチ!まだ恐怖マンガ家として知られるずっと前の物ではありますが、ここで描かれたような人間心理が生み出す狂気や肉親同士の醜い争いが、後に発展してあれらの名作群に昇華されるわけですね。最後に1960年の、ギャング物と空想的なアイテム(イボ)を組み合わせた「イボのある男」と続くのです。
巻頭には貴重な掲載誌の表紙がカラーで載っているし、巻末には『俺の右手 読本』として著者インタビューに続いて実写映画「神の左手悪魔の右手」で脚本を担当した松枝佳紀氏による変わった解説文付きですよ!


俺は…俺は知らない!!
右手だ!右手が勝手に 俺の知らないあいだに
あんな恐ろしいことをやってしまったのだッ!



  1. 2012/03/22(木) 23:30:57|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(116) 新潟県小千谷市 3 長岡市 4 見附市 1 新発田市 1 阿賀野市 1 新潟市 1

前回は新潟県へ帰省した中から魚沼市のみの紹介でしたが、実は他の街にも色々行っているので…今回はそれら魚沼市以外のをまとめてアップしちゃおうと思います。

近くから順にいくと、まずは小千谷市
週刊少年ジャンプの元編集長・鳥嶋和彦氏の出身地ですが、え?知らない!?あの鳥山明先生を育成したと言われる、「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」の編集者なのですが、それよりあのマッドサイエンティスト、Dr.マシリトのモデルと言ったら私くらいの世代なら誰でも分かりますか。苗字の鳥嶋(トリシマ)を逆に読み、顔はそっくりな本人の似顔絵、そして口癖は『ボツ!』でしたね。アニメのアラレちゃんでも、Dr.マシリトが出る度に少し誇らしかった…

あとはこれといって目立つ特徴の無い田舎町なのですが、ラーメン店の"勝龍"が大好きでよく通っていました。
ojiya-syoryu3.jpg
ojiya-syoryu4.jpg

ただし今回は"ちんちん亭"へ。
ojiya-chinchin-tei1.jpg

ワンタンメン、
ojiya-chinchin-tei2.jpg

岩のりラーメン。
ojiya-chinchin-tei3.jpg
里帰りするとよく行く魚沼市の本店と、同じ味なのか確かめに行ってみたのですが…結果は驚くほど突っ込み所無く、普通に同じ。

そして、何故かCandle JUNE(キャンドル・ジュン)氏の店が小千谷市にあったりします。その名も"N゜ELDNACS(エルドナックス) 新潟店"
ojiya-eldnacs1.jpg
ojiya-eldnacs2.jpg
ojiya-eldnacs3.jpg
ojiya-eldnacs4.jpg
嫁の広末涼子…いや、キャンドル・涼子も来た事あるのでしょうか。

見覚えのある家、つまりずっと以前からあったボロ家を簡単に改装しただけだと思うのですが、そこを利点にして見事におしゃれショップとして誕生したようですね。
ojiya-eldnacs5.jpgojiya-eldnacs6.jpg

可愛い姪は、得意のお絵かきで…
ojiya-eldnacs7.jpg

髪の長い女の生首を描いてくれました。
ojiya-eldnacs8.jpg

この店のショップカードの裏に書いた手紙も、後で別れる前にくれましたよ。
uonuma-street213.jpg

母親が店員さんと自然食やエコや反原発についてお話(私の想像ですが)しているうちに、子供達を店外に連れ出して独占!
ojiya-eldnacs9.jpg
ojiya-eldnacs10.jpg
ojiya-eldnacs11.jpgojiya-eldnacs12.jpg
ojiya-eldnacs13.jpg
ojiya-eldnacs14.jpg

そのうちにお姉ちゃんが私のカメラに興味を持ち出し、撮ってくれました。
ojiya-eldnacs15.jpg
ojiya-eldnacs16.jpg
ojiya-eldnacs17.jpg

それからそれから、外や店内に戻ってからもカメラを放さず何やら撮影してましたが…後でデータを見て、その撮った枚数にビックリしましたよ。多分初めてに近いカメラ操作で、物撮りばかりですが幼女時代の貴重な目線なので、アップして残しておきましょう。
ojiya-eldnacs18.jpgojiya-eldnacs19.jpgojiya-eldnacs20.jpg
ojiya-eldnacs21.jpgojiya-eldnacs22.jpgojiya-eldnacs23.jpg
ojiya-eldnacs24.jpgojiya-eldnacs25.jpgojiya-eldnacs26.jpg
ojiya-eldnacs27.jpgojiya-eldnacs28.jpgojiya-eldnacs29.jpg
ojiya-eldnacs30.jpgojiya-eldnacs31-.jpgojiya-eldnacs32.jpg
ojiya-eldnacs33.jpgojiya-eldnacs34.jpgojiya-eldnacs35.jpg
ojiya-eldnacs36.jpgojiya-eldnacs37.jpgojiya-eldnacs38.jpg
ojiya-eldnacs39.jpgojiya-eldnacs40.jpgojiya-eldnacs41.jpg
ojiya-eldnacs42.jpgojiya-eldnacs43.jpgojiya-eldnacs44.jpg
ojiya-eldnacs45.jpgojiya-eldnacs46.jpgojiya-eldnacs47.jpg
ojiya-eldnacs48.jpgojiya-eldnacs49.jpgojiya-eldnacs50.jpg
ojiya-eldnacs51.jpgojiya-eldnacs52.jpgojiya-eldnacs53.jpg
ojiya-eldnacs54.jpgojiya-eldnacs55.jpgojiya-eldnacs56.jpg
ojiya-eldnacs57.jpgojiya-eldnacs58.jpgojiya-eldnacs59.jpg
ojiya-eldnacs60.jpgojiya-eldnacs63.jpgojiya-eldnacs64.jpg
ojiya-eldnacs65.jpgojiya-eldnacs66.jpgojiya-eldnacs67.jpg
最後は自分撮りまで入ってましたが…この娘はドクロや十字架などのゴシックなアイテムが大好きで、早くもヨーロッパ好きだというし、これは素敵なゴスロリ少女に育ってくれたら嬉しいですね。

枯れ木の上など、次々と遊び場を探して動き回る…
ojiya-eldnacs70.jpg
ojiya-eldnacs71.jpgojiya-eldnacs72.jpg
ojiya-eldnacs68.jpgojiya-eldnacs69.jpg
ojiya-eldnacs73.jpgojiya-eldnacs74.jpg

スタッフさんにも可愛がられていました。
ojiya-eldnacs62.jpg
ojiya-eldnacs61.jpg
ちなみにこの日の模様は、「ココ」でスタッフさんがブログに書いてもいます。私は『お母様のお兄様』。


続いて長岡市へ。当地在住の秘密結社員も駆けつけてくれて、まずは宮内駅前へ。
nagaoka-street29.jpg

長岡市でラーメンといえばよく行ってたのが"青島食堂"で、今回はその宮内駅前店へ行ったのです。
nagaoka-aoshima1.jpg

青島ラーメン、
nagaoka-aoshima2.jpg

こちらは茹ほうれん草トッピングだったか、
nagaoka-aoshima3.jpg

青島チャーシュー麺。
nagaoka-aoshima4.jpg

長岡駅前に移動すると、周辺は少し変わっています。長岡出身の偉人達を記念したパネルも設置されていました。
nagaoka-street17.jpg
nagaoka-street18.jpg

長岡市の名物の一つに"長岡まつり"がありますが、そこで打ち揚げられている正三尺玉の記念碑も出来ていましたね。
nagaoka-street19.jpg

さて長岡市のB級グルメ・ソウルフードといえば洋風カツ丼ですが、今回は"フレンド"イタリアンを食べてきました。フレンドというのは長岡市周辺に数店舗あるファストフード店で、今回行ったのは駅ビル、"CoCoLo長岡"の店舗。
nagaoka-street11.jpg
nagaoka-street12.jpg
nagaoka-street13.jpg

そのイタリアンというのは、焼きそば麺に独自のミートソースをかけた食べ物です。
nagaoka-street14.jpg
nagaoka-street15.jpgnagaoka-street16.jpg
本当は新潟市を中心に展開しているファストフード店"みかづき"が考案した物でして、若干違いもありますが、私の周りの新潟県人にはフレンド派が圧倒的に多いです。いや知り合いは長岡の方がずっと近い人々が多いので当たり前か…

駅内で、越山 田中角栄ワインを購入。
nagaoka-street20.jpg
nagaoka-street21.jpg
nagaoka-street22.jpg

その2階イベントホールでは、たまたま竹久夢二展を開催していたので寄ってきました。
nagaoka-street23.jpg
nagaoka-street24.jpg

駅周辺の商店街などもぶらぶら歩きましたが、新潟県第二位の人口を擁するこの街も寂れ具合が凄い。逆に駅から離れたジャスコ周辺が昔より栄えているのはありますが…
おおっ、この建物が"長岡戦災資料館"になっています。
nagaoka-street25.jpg
nagaoka-street26.jpg

目の前にはレトロでアメリカンな喫茶店の"キャラメルママ"。懐かしいなぁ。
nagaoka-street28.jpg

"雑本堂"という古本屋が出来ていたので覗いたら、けっこうディープな品揃え。私が学生時代に通っていたレア本を扱っているお店はことごとく潰れてしまったので、こういう店が増えるのは嬉しいですね。ちょっと高くて買えない値段のは無視し、川島のりかず本などいくつか購入。
nagaoka-street27.jpg

その街の普通の女子をモデルにその土地で撮影するフリーペーパーであり、今では46道府県(つまり東京都以外の全県制覇!)で発行中の『美少女図鑑』シリーズは新潟県発祥。当然ながら長岡美少女図鑑も発行されていまして、気になっていたので手にとってみました。
nagaoka-street43.jpgnagaoka-street42.jpg
(…が、これは別冊のファッション、Hair Catalogでした)

山古志村もいつの間にか長岡市に編入合併されていたそうですが、こちらはその旧・山古志村の中山隧道。手掘りの道路トンネルにして全長875mと、脅威の長さは日本最長!現在は平行した位置に自動車用トンネルが開通したため、史跡として保存されています。
nagaoka-street30.jpgnagaoka-street31.jpg
nagaoka-street32.jpgnagaoka-street33.jpg
こんなド田舎に地味な『日本一』があるのが凄い。1933年から16年かけて住民の労働奉仕により作られた模様…起き上がった問題などは、ドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」に詳しいです。

それより旧・山古志村といえば、2004年の新潟県中越地震で受けた被害で全国的に名が知られるようになりました。村役場に震度計が設置されていたのに揺れで壊れたため震度は不明と言われてますが、地形・風景をガラリと変え、全村民に避難指示が出され…水没しちゃった光景が全国放送で連日報道されていた事が思い出されます。
上記の作品を撮った橋本信一監督は、さらに旧・山古志村を追って今度は中越地震後の当地を「1000年の山古志」で撮っています。

生き物がいない集落の光景ですが…かつては人が生活していた跡が見られるのが悲しい。
nagaoka-street34.jpg

立派な一軒家が丸々やられちゃってます。一度全水没して、水が引いた後でしょうか。
nagaoka-street37.jpg
nagaoka-street35.jpgnagaoka-street36.jpg

こちらも…
nagaoka-street38.jpg
nagaoka-street39.jpgnagaoka-street40.jpg

手を合わせて、被害者と大地の冥福を祈りました(いい人のふり)。
nagaoka-street41.jpg


次は見附市の大平森林公園へ。
mitsuke1.jpg

大平の清水を頂き、
mitsuke2.jpg

歩を進めると…
mitsuke3.jpg
mitsuke4.jpg

『新潟県森林浴の森百選』にも選ばれている池があり、
mitsuke6.jpg

釣り人もいました。
mitsuke5.jpg

そして、妹によって『青空キャンプ』なるイベントへ連れて行かされたのです。
mitsuke7.jpg
mitsuke8.jpg
mitsuke9.jpg
mitsuke10.jpg
mitsuke12.jpg
mitsuke13.jpg
mitsuke14.jpg
mitsuke15.jpg

そしたら何と、同級生のヒッツマンに遭遇!
mitsuke11.jpg
ファイヤーパフォーマンスと創作舞踊の創作炎舞集団 AHI AHIという団体で活動しているのだそうです。残念ながらパフォーマンスを見て行く時間は無かったのですが…

旅するワーゲンバスのカレー屋さん、"Gadjo Dilo"(ガッジョ・ディーロ)。
mitsuke16.jpg
mitsuke17.jpg
この店名は!聞けばやはり、私の大好きな同名のフランス映画から取ったのだそうです。敬愛してやまないトニー・ガトリフ監督ですが…その数ある作品の中でも、ここで店名になっている「ガッジョ・ディーロ」は群を抜いて素晴らしく、何度も観ている大事な映画。

これは色々頂きましょう…まずはネパールカリー(ベジ)、
mitsuke19.jpg

ベジタブルタイカレー、
mitsuke20.jpg

チキンとナッツのインドカリー&ネパールカリー(ベジ)を、ハーフ&ハーフで。
mitsuke18.jpg

おいちー!
mitsuke26.jpg
mitsuke27.jpg

こちら"ゴキゲン食堂"では、パッタイを。
mitsuke21.jpg
mitsuke22.jpg

おいちー!
mitsuke23.jpg
mitsuke24.jpg
mitsuke25.jpg

場所を移動し…
mitsuke29.jpg

木村カエラちゃんの立つ階段を登ると、
mitsuke30.jpg
mitsuke31.jpg

全長17mのすべり台があり、地元の女子中学生達がキャッキャキャッキャと楽しそうに集団滑りしてました。うーん、彼女らはまだ全員処女であろう。
mitsuke32.jpg

私たちも滑りまして、
mitsuke33.jpg
mitsuke34.jpg
mitsuke35.jpg

こちらは、その下にある小さい方。
mitsuke36.jpg
mitsuke37.jpg
mitsuke38.jpgmitsuke39.jpg

たっぷり遊んで、大平森林公園をあとにしました。
mitsuke28.jpg


この日は県内小旅行に行ったのですが、宿泊先は新発田市でした。漫画好きにはトキワ荘のリーダー格だったテラさんこと寺田ヒロオ先生の出身地として知られる土地であり、梶井純著によるノンフィクション「トキワ荘の時代―寺田ヒロオのまんが道」(筑摩書房刊)でもここでの生活描写が出てきてました。もはや、その時代の風景は見る影も無いでしょうが…
KAJII-age-of-tokiwaso.jpg
また「まんが道」を読み、その後は一切世俗とは関わらない晩年を経て他界したテラさんを偲ぼうと思います。

月岡温泉を楽しめる"ホテル冠月"へチェックイン。
shibata1.jpg

建物が…古い!
shibata2.jpg
shibata3.jpg

廊下を行きまして…
shibata30.jpg

部屋は和室。
shibata5.jpg
shibata6.jpg

ブルース・リーに憧れる幼女は、「死亡遊戯」のトラックスーツ的な服を着ています。
shibata31.jpg
shibata32.jpg

ブルース・リーを好きなひとはいますかー?
shibata33.jpg

ハーイ!
shibata34.jpg

食事の部屋は、あやめ。
shibata7.jpg

おおっ、入口に男根!
shibata8.jpg

子供達は思うがままに動いてますが、
shibata27.jpg
shibata28.jpg

そんなお子様用のおかず。
shibata9.jpg

大人達は、まず温泉上がりのビールを楽しめる幸せがありますね。
shibata11.jpg

おかず。
shibata10.jpg

カニご飯、
shibata12.jpgshibata14.jpg

マツタケご飯、
shibata13.jpgshibata15.jpg
…とありましたが、やっぱりビール飲みながらご飯モノはいらないなぁ。

他にも次々と食べ、
shibata16.jpgshibata17.jpg
shibata18.jpgshibata19.jpg
shibata20.jpgshibata21.jpg

日本酒は菊水の辛口に以降。
shibata22.jpg

家族達で…
shibata23.jpg
shibata24.jpg
shibata25.jpg
shibata26.jpg

記念撮影。
shibata29.jpg

もうちょっと呑みたくなりまして、ホテル内にも居酒屋はありましたがこちらは入らず…
shibata44.jpg

やはり夜の街へ繰り出しましょう。
shibata35.jpg

散歩しても本当に何も見所が見つからず、あっさりと居酒屋の"だぼはぜ"へ。
shibata36.jpg
shibata37.jpg
shibata38.jpgshibata39.jpg

つまみはなかなか美味く、さらに同店で〆のラーメンまで食べられました。
shibata40.jpgshibata41.jpg
shibata42.jpgshibata43.jpg

翌日、ホテル冠月の食堂で朝食。
shibata46.jpg
shibata45.jpg

子供達も写真撮ってます。
shibata47.jpg

しかしこの子はよく動き回る…
shibata48.jpg
shibata49.jpgshibata50.jpg
shibata51.jpg

古いホテルは建物が老朽化してメンテナンスは行き届いてない部分が目立ちましたが、庭はなかなか立派。
shibata52.jpg
shibata53.jpg
shibata54.jpg

何か見つけたようで、あばばあばば言ってます。
shibata55.jpgshibata56.jpg

おお、ハチの死骸か。そこにサクランボが供えてありますが、これは一体!?
shibata57.jpg

はい、さようならー。
shibata58.jpg
shibata59.jpg
shibata4.jpg

ところで新発田には人気の駅弁、三新軒・えび千両ちらしがありますね。
shibata60.jpg
shibata61.jpg

上に敷かれている厚焼き卵をめくると、うなぎ蒲焼き等のネタが隠れているのです!
shibata62.jpg
shibata63.jpg


そのままこの日は、阿賀野市へ。阿賀野市といえば白鳥の湖こと、瓢湖に行くしかないでしょう。
agano1.jpg
agano2.jpg
agano3.jpg

私がかつて来た時(当時は合併前で北蒲原郡水原町でした)に見た冬の瓢湖は、おびただしい数の白鳥が飛来していて衝撃的な光景を見せて頂いたのですが…時期が悪かったのか、白い鳥もほとんどがサギ(鷺)で、
agano4.jpg
agano5.jpg
agano6.jpg
agano7.jpg

エサをあげても、寄って来るのはカモ(鴨)さんばかりのため、
agano8.jpg
agano9.jpg
agano10.jpgagano11.jpg

一番小さい子は退屈で寝てしまいました。
agano15.jpg

遠くには白鳥の姿も少しだけ見えましたが。
agano12.jpg

白鳥型のゴミ箱がありましたが、この三色ってもしや某学会が関係してますか?
agano13.jpgagano14.jpg

この近辺では電線にとまっているのも、スズメ(雀)などでなく大型鳥!
agano23.jpg

近くの"瓢湖 あやめ園"へ移動。
agano16.jpg
agano17.jpg
agano18.jpg

そこには私の大好きな鳥、クジャク(孔雀)がいます。
agano19.jpg
agano20.jpg
agano21.jpgagano22.jpg
今はノーマルの姿をしていますが、求愛する時の姿があそこまで美しい生物が、彼らの他にあろうか。

また車で移動して…
niigata41.jpg
niigata39.jpg
niigata40.jpg
niigata38.jpg


新潟県の県庁所在地にして、人口80万人以上の政令指定都市・新潟市へ。
当然県内の行政など全ての中心地であり、漫画家を多く輩出している事でも知られる街ですので、こんなブログやってる私には重要な所ですか。赤塚不二夫先生(生まれは満州ですが)を筆頭に、水島新司、小林まこと、えんどコイチ、叶精作、古泉智浩、近藤ようこ、高橋留美子、高野文子、魔夜峰央、山田芳裕、岡村賢二、小畑健、和月伸宏…等等、ジャンプ系からガロ系までの有名所が出ています。

それはともかく腹減った…と、"小嶋屋"へ。
niigata-kojimaya1.jpg
へぎそばの名店・小嶋屋といえば十日町市のお店ですが、実は新潟市にも何店もあります。この日は子供連れだからファミレスとか入られたらどうしようかと心配していた所だったので安心しました。小嶋屋なら新潟市でもハズレないだろうし、というよりメチャクチャ美味いはず!

しばし待ち、
niigata-kojimaya2.jpg
niigata-kojimaya3.jpg
niigata-kojimaya9.jpg

へぎそば、
niigata-kojimaya4.jpg

各種天プラ、甘味、そして店員さんの対応まで素晴らしいお店でした。
niigata-kojimaya5.jpgniigata-kojimaya6.jpg
niigata-kojimaya7.jpgniigata-kojimaya8.jpg

新潟市はその規模のわりに動物園も遊園地も無く、ただ水族館が1館だけ…"新潟市水族館 マリンピア日本海"があるのです。
niigata1.jpg
niigata2.jpg
niigata3.jpg

チケットを購入。
niigata6.jpg

こちらはパンフレット。
niigata7.jpg

さすが漫画家王国とか名乗る新潟県です、入口に犬夜叉と山田太郎が!
niigata4.jpg
niigata5.jpg

内部へ…
niigata8.jpg
niigata9.jpg
niigata10.jpg
niigata31.jpg
niigata11.jpgniigata12.jpg
niigata13.jpgniigata14.jpg

人面を持つ、エイの腹。
niigata15.jpgniigata16.jpg

さかなクンの絵がいくつかあり、
niigata17.jpg

ペンギン村から、
niigata32.jpg

多分ここのメインなのでしょう、イルカショーへ。
niigata18.jpg
niigata19.jpg
niigata25.jpg

見守る観客達。
niigata20.jpg
niigata21.jpg
niigata22.jpg
niigata23.jpgniigata24.jpg

人間の言う通りに飛ぶイルカ、
niigata26.jpg
niigata27.jpg

凄い!
niigata28.jpgniigata29.jpg

イルカさん、さようならー。
niigata30.jpg

日本海を散歩。
niigata33.jpg
niigata34.jpg
niigata35.jpg
niigata36.jpg
niigata37.jpg

これでまた魚沼市の実家に帰ったのですが、また後日、姪っ子達は羽田空港経由で南の島に帰ると言うので、私も東京のアパートから見送りに駆けつけました。
tokyo-airport5.jpg
tokyo-airport6.jpg

お姉ちゃんはお別れの場面で泣いちゃいましたよ!…もうそんなに大きくなったのですね。
tokyo-airport7.jpg
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ...


  1. 2012/03/02(金) 23:00:00|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する