大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

10年たって

ふと、このブログも随分長くやっているよな…と思った時に左側の『月別アーカイブ』を見たら、2006年の2月から始めているんですよね。
今が2016年の2月だから、ちょうど10年。

10年前のある所で知り合ったあるサイトを運営している方がビンテージ漫画マニアだと判明し、意気投合して盛り上がったあのランチタイムも思い出しました。
それから頼まれて彼のサイトにてブログ名『名作漫画ブルース』で始めたのです。うちにまで来てもらってブログの開設方法から教えてもらった10年前の自分はパソコンにほとんど触れてなかったし、もちろんインターネットなんてろくにやった事がなかった…でも、とにかくマニアックな漫画の楽しさを広める事を目的に書いてたんですよね。
そのサイトが閉鎖するとなってからも個人ブログ『大悟への道』として続けて、そこから好きな旅の模様だとかブルース・リーの事なんかも同じブログで公開するようになって。そしたら自分用の記録帳でしかない部分が強くなりましたが、けっこうなペースで更新してきました。数えてみたら、1,500回近くもアップしています。

それなりの労力をかけてきたこのブログ、書いて10年の感想は!?

その答えを出すべくですね。ええ、アップしたら終わりとして区切りを付けているため普段は滅多に振り返る事のない過去記事を読み返してみたら!
いやもう、読めたものじゃないというか、恥ずかしさしかないですね。これだけ続けていると今では多くの方々に読んでいただけているようですが、それが繰り返し恥ずかしい!
ひたすら恥ずかしくなったのと、このちょうどいいタイミングに合わせて過去記事は一旦全部消す(非公開にする)事にしました。
実は他にもやりたい事があるので閉鎖しようかとも考えたのですが、でもやっぱり…また恥ずかしい言い方をしちゃうと、このブログは自分の宝物のような存在でもあるのだと再認識し、生涯残しておく事にしました。
今後は内容を完全非公開で自分用の日記にするか、または秘密結社員だけの配信にしても『不適切な投稿』も増やして面白く出来るかもとか考えたのですが、結局は今まで通り全体公開で更新は続ける方針で決まりました。しかし新しい記事を書いたらその関連記事以外は消し、基本的に過去記事を残さない形でいこうと思います。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/16(火) 23:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室

2016年1月27日…
トークライブハウスの"阿佐ヶ谷ロフトA"にて、『エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室』と題されたイベントが決行されました。
出演者が駕籠真太郎、根本敬、呪みちる、羽生生純、町田ひらく、山野一、山本直樹、そして司会に都築響一。
このメンバーを生で観れて話が聞けるって、私は行くに決まってます!この手のイベントは情報を知らなくて逃しちゃう事も多いですが、今回は行けました。
asagaya-loft30.jpg
asagaya-loft84.jpg

近所ながら久々に入った阿佐ヶ谷ロフトA。藤子不二雄Ⓐ先生他、偉大な方々のサイン色紙で埋め尽くされたカウンター内が目を引きます。
asagaya-loft31.jpg
asagaya-loft36.jpg

沙村広明先生の「無限の住人」、私も大好きだったこの名作劇画もついに連載終了して久しいですが、三池崇史監督が実写映画化するんですよね…
asagaya-loft33.jpg

もう3年前になりましたが、森田まさのり先生のデビュー25周年トークライブのとか、
asagaya-loft34.jpg

江口寿史先生の物、等々。
asagaya-loft35.jpg

この『エログロ漫画家イラストバトル』は既に数回行なわれているイベントですが、凄い人達が…今回の出演者も2人被っています。
asagaya-loft37.jpg

とにかく入場し、
asagaya-loft32.jpg
asagaya-loft38.jpg

最前列の席を取りました。
asagaya-loft39.jpg

そもそも今回の『エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室』は、エロ、グロ、猟奇といった作風を得意とする作品を描いている漫画家さんが家族や親戚等に自分の仕事をどう伝えているのか、特に子供には自作を見せているのかとか、その辺りの事情を最近子供が出来たという駕籠真太郎先生が聞きたくて開かれたもの。
こんなイベントで司会が何故か、あの編集者の都築響一さんでした。まぁ、いわば特殊写真家とも言える方だし適任だったのかな。
asagaya-loft40.jpg

そうそう、普段は顔出ししない方も多いこのメンバーでしたが、会場で写真撮影もネットにあげるのもOKという嬉しいお達しが出ていたので、この通りアップさせて頂くと…
駕籠真太郎先生、
asagaya-loft41.jpg

山本直樹先生、
asagaya-loft42.jpg

町田ひらく先生、
asagaya-loft43.jpg

呪みちる先生、
asagaya-loft44.jpg

根本敬先生、
asagaya-loft45.jpg

これは蛭子さんのイラストTシャルで云々…
asagaya-loft46.jpg

その隣が山野一先生という凄い並び、
asagaya-loft47.jpg
asagaya-loft48.jpg

そして、羽生生純先生。
asagaya-loft49.jpg

2部構成になっていて、後半は席替えもしました。
asagaya-loft50.jpg
asagaya-loft51.jpg

やっぱり根本敬先生は昔からトークイベントをやってて慣れているし、常に凄いネタを抱えているので話が面白すぎる。
asagaya-loft52.jpg

今や「そせじ」で有名な『育児漫画家』の山野一先生です。
asagaya-loft53.jpg

ああ、トークの内容についてはイベントの場だけの物なので書かずにおきますが、とにかくこんな大満足なメンバーに囲まれてのトークが約3時間!言える事はタイトルに付いていた『エロ・怪奇・特殊』、世でいう変態な作品を送り込んでいる漫画家さん達の中に、ホンモノの変態は一人も居ないし真っ当な常識人である事。いや、真性のキチガイ漫画家が存在して作品を描き出版までしている可能性も否定は出来ませんが、さすがにイベントまで出てこないだけか。

もちろん酒も進むのですが、
asagaya-loft54.jpgasagaya-loft55.jpg
asagaya-loft56.jpg

追加ドリンクを頼む度にこのような番号札を渡されていました。これが何で使われるかというと…
asagaya-loft57.jpg

ここの漫画家メンバー全員が1枚の色紙にイラストとサインを描いた物を抽選会でプレゼントするため、でした。
asagaya-loft58.jpg
asagaya-loft59.jpg
asagaya-loft60.jpg
asagaya-loft61.jpg

まぁ私は当たりませんでしたけどね、でもせっかくこれだけのメンバーが集まっているのだし、サイン本の販売くらいはして欲しかったなぁ。唯一自作を持ってきていた呪みちる先生が、一人だけ時間制限あったみたいでまさかの途中退場されて本を見る事も出来なかったし。
もちろんイベント自体はメチャクチャ楽しませてもらったし、今後もずっと読んでいくであろう漫画家達の作品を読む上で、楽しみ方や考えの参考にもなりました。ありがとうございました!


  1. 2016/02/15(月) 23:59:24|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(206) 鹿児島県霧島市 1 奄美市 4 大島郡龍郷町 1 瀬戸内町 6

今夜は昨年秋に行った鹿児島県旅行です。

今回はあまり好きでない格安航空会社(LCC)を利用したため、いきなりとんでもない事になりましたが…そう、東京=奄美大島便が飛んでるバニラエア(Vanilla Air)で安いチケットを取っていたので、まず東京の城西地区に住んでいる身としてはやたら遠い"成田国際空港"を目指しました。
そしたらLCC専用の第3ターミナルってのが出来ていて、それが遠い成田空港の中でもさらに遠くてバス移動も必要で時間がかかり、30分前までにチェックインしなくてはならない所をやっとカウンターに到着したのが25分前!もちろんまだ飛行機が飛んだわけではないのですが、これもLCCだからか5分の遅れも絶対に許してくれず、チケットが無駄になりました。
第3ターミナルの事とか調べてなかった自分のミスだし格安チケットの代金くらいはどうでもいいのですが、では他に奄美まで行ける飛行機があるかといえば、他社も含めて皆無。仕方なく成田空港近くで1泊し、翌日に他社の正規料金で行きました。よりによって奄美大島の宿も初日に良い所を予約していたので高いキャンセル代を払い…そして今回は3人での旅行だったのでいきなり10万円以上の損失となりました。もちろん完全な無駄金だし、南国で遊べる時間も減ったというね。ついでにネガティブな事を言うと、せっかくの南国というのに後から渡った加計呂麻島では天気にも恵まれずのダメ旅行。まぁちゃちゃっと写真をアップしていきましょう。

はい、とにかく翌日出発。
鹿児島空港回りで行く事になったので、急遽寄る事になったのが霧島市。ここが空港のある街。
kagoshima1.jpg
kagoshima2.jpg

柏木由紀が黒由紀姫に変身して鹿児島をPR。
kagoshima3.jpg
kagoshima4.jpg

天然温泉の足湯もあったし、霧島の山並みがよく見える空港でしたが、
kagoshima5.jpg
kagoshima6.jpg
kagoshima11.jpg
kagoshima12.jpg

ここでの食事は"エアポート山形屋"で、麺類。
kagoshima7.jpg

山形屋焼きそば、
kagoshima8.jpg

とんこつラーメン(軟骨煮入り)、
kagoshima9.jpg

黒豚チャーシューメンでした。
kagoshima10.jpg

せっかくここまで来てしまったのなら、大好きな是枝裕和監督映画「奇跡」の舞台となった鹿児島市に出てみたくなりましたが、そこは断念。で、JAL(日本航空)で鹿児島空港から奄美空港、近くてもまた片道2万円ほどかかり…
kagoshima13.jpg
kagoshima14.jpg
kagoshima15.jpg
kagoshima16.jpg
kagoshima17.jpg

そんなわけで色々あって、ついに到着したのが奄美大島、奄美市の奄美空港です。
amamiooshima295.jpg
amamiooshima396.jpg
amamiooshima397.jpg
amamiooshima398.jpg

"ジョイフルジュニア"の奄美空港店へ。東京にたくさんあるけど全然入らない私が、わざわざここまで南の島に来ておいてファミレス…でもさすが奄美、ファミレスでも鶏飯(けいはん)を出していましたよ!
amamiooshima399.jpg
amamiooshima400.jpg

でもでも…我々は鶏飯を頼まずに、とり天定食、
amamiooshima401.jpg

野菜ちゃんぽん、
amamiooshima402.jpg

味噌チゲ定食、
amamiooshima403.jpg

桜島鶏団子入りトマト鍋。
amamiooshima404.jpg

奄美市、
amamiooshima296.jpg

懐かしい、この商店街。
amamiooshima298.jpgamamiooshima299.jpg
amamiooshima300.jpg

こんな島まで来て普通のカフェですが、またも"SANDWICH CAFE 奄美"
amamiooshima301.jpg
amamiooshima302.jpg
amamiooshima303.jpg
amamiooshima304.jpg
amamiooshima305.jpg
amamiooshima306.jpg

レンタカーは借りずに、しまバスでの移動です。
amamiooshima307.jpg
amamiooshima308.jpg
amamiooshima309.jpg
amamiooshima310.jpg

DRUM TAOバスだ。実は私もこのドラム・アート集団を気に入ってて、先日も東京公演ですが観たばかり。
amamiooshima351.jpg

奄美大島は、奄美市名瀬の歓楽街・屋仁川通りがけっこう栄えています。
amamiooshima311.jpg

三味線太鼓製造直売の"福盛堂"は、LUNA SEA、というより現在はX JAPANでの活躍が目覚しいスギ様が来ている店で、店内に写真もかざってました。
amamiooshima358.jpg
amamiooshima359.jpg

これも懐かしい、大島郡龍郷町の総合スーパー"ビッグⅡ"。
amamiooshima297.jpg
amamiooshima352.jpg

九州のコンビニ"エブリワン"も含めて、ご当地モノをいくつか買いました。
amamiooshima312.jpg
amamiooshima313.jpg
amamiooshima353.jpg
amamiooshima354.jpg
amamiooshima357.jpg
kakeroma101.jpg

土産の鶏飯も、先日食べてみました。
amamiooshima360.jpg
amamiooshima361.jpg
amamiooshima362.jpg
amamiooshima363.jpg

さて冒頭に書いたようなわけで予定通りに来れず1泊目はキャンセルしましたが、元々2泊目もこの島で予定しており、それが龍郷町の"ホテルカレッタ奄美"
amamiooshima314.jpg
amamiooshima315.jpg
amamiooshima316.jpg
amamiooshima317.jpg

ロビー等、
amamiooshima321.jpg
amamiooshima322.jpg
amamiooshima323.jpg
amamiooshima324.jpg

部屋、
amamiooshima368.jpg
amamiooshima318.jpg
amamiooshima369.jpg

その窓からの光景。
amamiooshima319.jpg
amamiooshima320.jpg

このホテルはプールも良い感じでしたが、シーズン外れなので泳がず。
amamiooshima387.jpg
amamiooshima388.jpg

夕方になると、
amamiooshima366.jpg

おお…
amamiooshima367.jpg

食事の時間は食堂へ。
amamiooshima370.jpgamamiooshima380.jpg
amamiooshima371.jpg
amamiooshima372.jpg

うちは『和食コース』を頂きまして、先付はもずく酢・豚味噌・ピーナッツ豆腐・タナガ。
amamiooshima373.jpg

お造り三種盛り、
amamiooshima374.jpg

島のサザエ・赤ウルメ、
amamiooshima376.jpg

もずくの天麩羅、
amamiooshima375.jpg

豚骨・島野菜、
amamiooshima377.jpg

島鶏とごぼうの炊き込みご飯・あおさ汁・パパイヤ漬け、
amamiooshima378.jpg

フルーツ。
amamiooshima379.jpg

朝食も美味しい。
amamiooshima381.jpg
amamiooshima382.jpg
amamiooshima383.jpg
amamiooshima384.jpg
amamiooshima385.jpg
amamiooshima386.jpg

こちらは笠利町の、奄美地方に伝わる妖怪・ケンムン(またはケンモン、水蝹)をフィーチャーしたホテルで"奄美リゾートばしゃ山村"
amamiooshima332.jpg
amamiooshima335.jpg

HTBの「水曜どうでしょう」で大泉洋ちゃんが魚を獲るふりとかした場所でもあり、目の前に広がるビーチが美しい。
amamiooshima336.jpg
amamiooshima333.jpg
amamiooshima334.jpg
amamiooshima337.jpg
amamiooshima338.jpg
amamiooshima339.jpg
amamiooshima340.jpg
amamiooshima342.jpg
amamiooshima343.jpg
amamiooshima341.jpg
amamiooshima344.jpg
amamiooshima345.jpg
amamiooshima346.jpg
amamiooshima347.jpg
amamiooshima348.jpg
amamiooshima349.jpg
amamiooshima350.jpg

ケンムンのおやつ、も購入。
amamiooshima355.jpg

ところで…田中聡著・荒俣宏監修の本「伝説探訪 東京妖怪地図」(祥伝社刊)によれば、かつて名瀬市に近い田院という海浜にケンムンが棲むとされていたガジュマルの森があって、それをGHQ統治時代にマッカーサーの命令で伐採させられたため、ケンムンの祟りが海を渡ってマッカーサーを殺したという説があるそうです。

河瀨直美監督の映画「2つ目の窓」で舞台になった事が記憶に新しい、奄美大島の景色を見て回り…
amamiooshima325.jpg
amamiooshima326.jpg
amamiooshima327.jpg
amamiooshima329.jpg
amamiooshima330.jpg

山羊。同映画ではこいつを殺す所から始まるショッキングなシーンで幕を開けました。
amamiooshima364.jpg
amamiooshima365.jpg

倉崎海岸、
amamiooshima328.jpg

奄美パーク。
amamiooshima331.jpg

またバスで走り、海岸へ降りてみたり…
amamiooshima390.jpg
amamiooshima392.jpg
amamiooshima389.jpg
amamiooshima391.jpg
amamiooshima393.jpg
amamiooshima394.jpg
amamiooshima395.jpg

奄美大島も最南西端の方に来ると、もう大島郡瀬戸内町です。
amamiooshima405.jpg
amamiooshima406.jpg
amamiooshima407.jpg
amamiooshima408.jpg

ここから海上タクシーで、
kakeroma1.jpg
kakeroma2.jpg

加計呂麻島へ渡りました。すると、青空市を開催していました。
kakeroma3.jpg
kakeroma4.jpg
kakeroma5.jpg
kakeroma6.jpg
kakeroma7.jpg
kakeroma8.jpg
kakeroma9.jpg
kakeroma102.jpg

宿泊はもちろん、"海宿 5マイル"
kakeroma-5mile187.jpg
kakeroma-5mile188.jpg
kakeroma-5mile189.jpg

目の前のビーチを散歩する、この感じも懐かしい。
kakeroma-5mile191.jpg
kakeroma-5mile240.jpg
kakeroma-5mile190.jpg

待ってました、私の愛するこの娘の登場!
kakeroma-5mile192.jpg

可愛がって一緒に遊び、
kakeroma-5mile193.jpgkakeroma-5mile194.jpg
kakeroma-5mile195.jpgkakeroma-5mile196.jpg
kakeroma-5mile197.jpgkakeroma-5mile198.jpg

夜は部屋にも遊びに来てくれました。
kakeroma-5mile199.jpg
kakeroma-5mile201.jpg
kakeroma-5mile200.jpg

食堂、
kakeroma-5mile202.jpg
kakeroma-5mile230.jpg

あれから子供は、ニューフェイスも誕生しています。
kakeroma-5mile205.jpgkakeroma-5mile203.jpg
kakeroma-5mile204.jpg

すぐに慣れてくれて良かった。
kakeroma-5mile231.jpg
kakeroma-5mile232.jpg
kakeroma-5mile233.jpg

ご飯は宿泊客の数に合わせてさっき獲ってきてくれた、新鮮な魚…こいつや、
kakeroma-5mile206.jpg
kakeroma-5mile207.jpg

こいつ。
kakeroma-5mile208.jpg
kakeroma-5mile209.jpg

その他も、朝食夕食どれもこれも美味いですな~。
kakeroma-5mile210.jpg
kakeroma-5mile211.jpg
kakeroma-5mile212.jpg
kakeroma-5mile213.jpg
kakeroma-5mile214.jpg
kakeroma-5mile215.jpg
kakeroma-5mile216.jpg
kakeroma-5mile217.jpg
kakeroma-5mile218.jpg
kakeroma-5mile219.jpg
kakeroma-5mile220.jpg
kakeroma-5mile221.jpg
kakeroma-5mile225.jpg
kakeroma-5mile226.jpg
kakeroma-5mile227.jpg
kakeroma-5mile239.jpg

誕生日ケーキも頂いたり、
kakeroma-5mile222.jpg
kakeroma-5mile223.jpg
kakeroma-5mile224.jpg

ドリンクも、美味いです。
kakeroma-5mile228.jpg
kakeroma-5mile229.jpg

食後は可愛い演奏会。キース・エマーソンばりの鍵盤プレイ!とはさすがにいきませんが、子供が弾くからこそ心を打つものがあるかも。
kakeroma-5mile234.jpgkakeroma-5mile235.jpg
kakeroma-5mile236.jpg
kakeroma-5mile237.jpg

5マイル猫。
kakeroma-5mile238.jpg

雨中をドライブ。加計呂麻島ではほとんど雨…本当、南国で天気悪いとどうにもなりません。
kakeroma10.jpg
kakeroma11.jpg
kakeroma12.jpg
kakeroma13.jpg
kakeroma23.jpg

ドリュリュリュリュー
kakeroma96.jpgkakeroma97.jpg
kakeroma98.jpg
kakeroma99.jpg

それでも少しは回った定番スポット。呑之浦には、
kakeroma16.jpg
kakeroma17.jpg

島尾敏雄文学碑。
kakeroma14.jpgkakeroma15.jpg

そして、その島尾敏雄の代表作「死の棘」が実写映画化された時、確かここはロケ地にもなってましたよね…特攻艇震洋基地跡。
kakeroma18.jpg
kakeroma19.jpg
kakeroma20.jpg

かつての奄美大島要塞を整備した安脚場戦跡公園の、金子手崎防備衛所。
kakeroma86.jpg

中も入れます。
kakeroma87.jpg
kakeroma88.jpg

南国特有の植物たち。
kakeroma24.jpgkakeroma25.jpg
kakeroma26.jpg
kakeroma27.jpg
kakeroma21.jpg
kakeroma22.jpg
kakeroma45.jpg
kakeroma51.jpg

瀬相の加計呂麻島展示・体験交流館内、いっちゃむん屋。
kakeroma28.jpg
kakeroma29.jpg

次は…
kakeroma30.jpg

徳浜の天然塩工場・さんご塩工房。
kakeroma31.jpg
kakeroma32.jpg
kakeroma33.jpg
kakeroma34.jpg
kakeroma35.jpg

ここの塩はもちろん毎度購入していますが、奄美では黒糖も忘れてはいけません。
amamiooshima356.jpg

こちらの黒糖かりんとうや、
kakeroma107.jpg

きび酢も。
kakeroma108.jpg

海よ…
kakeroma36.jpg
kakeroma37.jpg
kakeroma38.jpg

渥美清の遺作、つまり寅さんシリーズの最終話となった映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」のロケ地記念碑は島内に6箇所ありますが、ここは徳浜。猫もいます。
kakeroma42.jpg
kakeroma41.jpg
kakeroma40.jpg
kakeroma39.jpg

同、於斉。
kakeroma43.jpg

同、諸鈍。
kakeroma95.jpg

飲食店が少ない加計呂麻島では貴重な飲食店、"そば処 一心庵"へ。
kakeroma60.jpg
kakeroma52.jpg
kakeroma53.jpg
kakeroma54.jpg
kakeroma55.jpg
kakeroma56.jpg
kakeroma57.jpg

サラダ等に、
kakeroma58.jpg
kakeroma59.jpg
kakeroma61.jpg

島そば 大もり、
kakeroma65.jpg
kakeroma64.jpg

おろしそば 大もり。
kakeroma62.jpg
kakeroma63.jpg

押角のカフェ、"tsumugi"。
kakeroma103.jpg
kakeroma66.jpgkakeroma67.jpg

ここでは買物のみでした。
kakeroma68.jpg
kakeroma69.jpg
kakeroma70.jpg
kakeroma71.jpg
kakeroma72.jpg
kakeroma73.jpg

渡連の、"ブラウン シュガー"(Brown sugar)。
kakeroma89.jpg
kakeroma90.jpg

ここではランチを頂きました。
kakeroma91.jpgkakeroma92.jpg
kakeroma93.jpg
kakeroma94.jpg

スリ浜に着くと、
kakeroma82.jpg

素敵なペンションの"ハウスin カケロマ"
kakeroma81.jpg
kakeroma85.jpg

おおっ。
kakeroma83.jpg
kakeroma84.jpg

ウティリミズヌ瀧(嘉入の滝)。
kakeroma44.jpg

花富。
kakeroma48.jpg
kakeroma49.jpg
kakeroma50.jpg

ここの花富峠には、絶景のタカテルポイントがあります。
kakeroma46.jpg
kakeroma47.jpg

フェリーかけろまで古仁屋→瀬相の移動したりもして遊びましたが、
kakeroma74.jpg
kakeroma75.jpg
kakeroma76.jpg
kakeroma77.jpg
kakeroma78.jpg
kakeroma79.jpg
kakeroma80.jpg

海宿5マイルのある伊子茂へ戻り、伊子茂まもる君に最後の挨拶。
kakeroma100.jpg
手塚治虫先生の名作漫画「ブラック・ジャック」では、『人形と警官』というエピソードでこの警官人形を弟と見立てる男が登場したものですが、可愛いヤツです。
こういうのに感情移入しまくる話で、わりと近年では手が動く交通誘導の自動人形で扱った福本伸行先生の「最強伝説 黒沢」が素晴らしかったですよね。

それではまた奄美市に戻って、飛行機で東京へ。帰りの便は、ちゃんとバニラエアに乗れましたよ。
amamiooshima409.jpg
amamiooshima410.jpgamamiooshima411.jpg
amamiooshima412.jpgamamiooshima413.jpg
amamiooshima414.jpgamamiooshima415.jpg

そんで持ち帰った黒糖焼酎を、東京の部屋で頂いているってわけです。
kakeroma104.jpgkakeroma105.jpg
kakeroma106.jpg



  1. 2016/02/14(日) 23:24:26|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する