大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

梶原一騎(70) 中野善雄 2 「人間兇器」 2

梶原一騎原作、中野善雄劇画による「人間兇器」(日本文芸社刊)の続きです。
KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki3-4.jpg

前回も書いたように本作は、お下劣カラテ劇画。
主人公の美影義人は、最低な環境で育ちながらIQは高く運動神経が良くてケンカも強い。そんな彼が"日本空手道 空心会"と出会ってカラテの腕と…『股座の凶器』と自称するバカでかい持ち物を武器にのし上がって行こうとする物語。
さぁ横浜の売春宿出身の悪ガキが、どこまで立身出世するのか見て行こうではありませんか!

他の登場人物で前回紹介した主要な人物が、やはり空心会の総師・大元烈山。大山倍達総裁をモデルとした強さの頂点で『神の手(ゴッドハンド)』と称される達人。
空心会で拳鬼と呼ばれ最高師範まで登りつめながらも旭掌拳に寝返った桔梗十八郎、旭掌拳当主で盲目の美女、そして聖女な朝日奈薫子
あとは美影に陵辱され、オジサン読者の心にホッコリと灯火を与えてくれる無数の美女達…が、本作の大事な所。

前回の最後で空心会の支部がなかった鹿児島県に送られた美影が、桔梗率いる旭掌拳に捕まって殺されかけた所で大元館長が登場し、桔梗をも倒して空心会が鹿児島を獲る…同時に都道府県の全てを制した所まででした。
まず美影は鹿児島から帰京して、東京本部の指導員になりました。国内に四十万、海外に四百六十万の門下生を有する空心会の本部指導員ともなれば地方の支部長あたりとは同格となるそうですが、これが漫画の主人公としては微妙ですよね。大元に目をかけられてマンツーマンで鍛えられた美影だし、もちろん強いのですが、決してこの作品世界で1番や2番とかではない...というかざっと50番目くらいの強さではないでしょうか。しかも強者には媚び、弱者は徹底的にいたぶる性格がね...悪役じゃなくて主人公なのだからますます画期的ですよ。

それと女癖の悪さというか変態さ。本部指導員になったのに、早速トルコ嬢と暴力屋台の女を逆さ吊りにしてもてあそんでいます。
桔梗に狙われている身の恐怖心から『キチガイになって』修行に打ち込んだカラテも強くなっていますが、空心会夏季合宿の千葉県は九十九里浜でいざ決闘を申し込まれると、やはり桔梗にはかなわない。やられる!?と思ったその時に朝日奈薫子が間に入って桔梗を殺人者にしたくない一心で美影をかばって打たれて気絶。その隙に美影は桔梗を打って卑怯な手ながらついに勝利。
しかもこれからですね、自分を守るために気絶している聖女・朝日奈を綱でギチギチに縛り付けて秘所を御開帳。
『聖女も横っちょにくっついてるわけじゃねえぜッ』
と納得して犯し、やったあ!!とか叫んでます。それだけこの聖女を自分でも神聖視し過ぎていたのですね。ここで処女を犯し抜いた美影は、
『人間兇器のゆくてに………
 これで聖なるものなんざ 存在しねえッ
 ただ勝つのみ
 ただ強くあるのみ
 ただ征服するのみ!』

と、信念を固めるのでした。

で、またここで美影の股座の凶器の威力というか男根主義な作者の主張で恐ろしい事に犯された朝日奈薫子が古風な女であるが故に処女を与えた相手である美影の『従順なペット』に化身してアパートで生活を共にする展開!
そして、たった3巻でここまで最低な主人公を描いてきた原作者の梶原一騎先生から衝撃の告白があります。
『「人間兇器」が無明の外道界に思いあがって輝く今 あえてここに告白するなら
 本編こそ 現在は極真空手(館長・大山倍達)の副館長格でもある原作者(梶原一騎)の初の半自伝的作品である』

と!!
カラテの才能はありつつも、繰り返し説明すると強者には涙流して命乞いや土下座するは、弱者・女性には異常に強くて放尿を強要したりね、こんな梶原作品史上最も情けない主人公を半自伝だなんて言えるのは凄いと思いますが、この後の展開を見ると梶原先生の生活と全然違う(スケールアップし過ぎて実生活ではありえない)ので、これは間違えて言っちゃった感じでしょうか。ちなみに本当に自伝作品として描いた(といっても大幅に創作が含まれていますが)、あの「一騎人生劇場 男の星座」は、「人間兇器」の長期連載が終了した1985年に描き始められています。

さて聖女だった薫子をモノにしてしまった美影ですが、2人の生活のために安アパートを借りて暮らすようになりながら、空心会でのカラテ修行に打ち込む日々。
しかし自分を狙う桔梗の影に怯え、しかも薫子が妊娠したと知って目標の人間兇器となる道の邪魔になると思い...その2件から逃げるために空心会ニューヨーク支部のインストラクターとして渡米。そうあっさりと薫子を捨てて、本作は世界一の犯罪都市ニューヨーク編へと突入します。

空心会ニューヨーク支部長は天坊豪。長いわりにシンプルで出続けている登場人物が少ない物語となった本作では、数少ない主要キャラの1人か。
アメリカ人門下生の白人や黒人達を厳しく力で鍛える実力者で大元館長の忠実な部下ですが、真面目なだけでなく女癖が悪い所も目立ちます。美影の歓迎と教育を兼ねて悪徳バーで美女達を全裸に剥き、カウンター上にケツ向けて並ばせた上であんな事こんな事しちゃってますからね。
ここで天坊の下について安心するかと思えた美影、しかし狙う側の桔梗は執念深く、何とアメリカに渡ってこのニューヨークまで追ってきました!
もう、見苦しいまでに叫び声を上げて夜のニューヨークを逃げ惑う美影は、なりふりかまわざ警官に助けを請うも桔梗は警官すら一瞬でKOしちゃうし、敵対していたプロレスラー集団にまで利用して助かろうとするも、拳鬼・桔梗はそいつらも倒して追ってくる。
ほとんどターミネーターみたいな桔梗に追われて美影は土下座するわ、命じられるまま地下鉄にいたホモのカップルの前で裸踊りもしようとする何とも情けない主人公ですが、ここである理由から桔梗に許されて命拾いしました…

そんな中のニューヨークではカラテVSプロレスの企業戦争が巻き起こっていて、全面戦争の様相を呈する状態だったのですが、あのルー・テーズと並びプロレス界の帝王と称されるレスラーのマイケル・ダグラス(ハリウッドの大俳優と同名ですが、もちろん関係ありません)が登場して1対1の勝負で決着を着ける事になりました。
天坊豪は他のレスラーなど相手にならないくらいお強いのでしたが、本物は違った...その勝負でマイケルにコブラツイストでやられてしまいました。その雪辱を果たすために今度は桔梗がマイケルに挑戦し。
桔梗と美影は勝負の前に敵情視察でマイケルの試合を観に行くと前座は女子プロレスで、その試合してた女子プロレスチャンピオンがリング上でカラテを侮辱する発言。美影は怒って...て、でもこいつはカラテの名誉のためとかそんな事を思う奴ではない。
『おれは勝てそうな相手にゃ すぐトサカにくるんだ!』
の名言を残し、シャワー室に乗り込んでレイプ。いや本当、自分より強い相手には平気で情けない命乞いもするし涙どころか小便だって漏らしてまで闘いを避けるのがこの物語の主人公なんです。
で、犯った後のケツに栄光のチャンピオンベルトを乗せて『女子プロレス界の正義の黄金バット 強姦固め(レイプホールド)の図!』とか言ってなぶってスカッとしている最低の男でした。しかも良家の夫人や令嬢、そしてこの女子プロレスラーはレイプされても騒げないと計算の上。
そうそう話はマイケルに挑戦する桔梗に戻りますが、帝王強しで拳鬼と呼ばれた桔梗までもがまさかの敗北!

KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki5-6.jpg

空心会カラテの地上最強はもはや誰も信じず、ニューヨーク支部から女子部と少年部以外の弟子が全員去った所についに乗り込んできたのは親玉・大元烈山!
大元VSマイケル、つまりは空手VSプロレスの勝者を決める頂上決戦が行なわれるわけですが、その前にまた美影、今度はハリウッド女優のリンダ・イザベラがギャングに襲われている場面に出くわします。大スターの彼女が無理矢理ヌード写真を撮られている所まで見物して、いよいよ輪姦されるという所で助けに入り、お礼をたんまり貰うと同時にヌード写真のフィルムはこっそり抑えて後のゆすりネタに取っておく。最低の主人公具合は一貫しています。
さて本作における最強の男である大元、トイレ内での激戦の結果ようやくマイケルを倒して便器に頭を突っ込んでやった所をマスコミのカメラの餌食にして、プロレスに負けて愛想つかした弟子達を呼び戻すのでした。

あとはプロレス・ギャングどもの報復、そして美影は個人的にもリンダ・イザベラが放つ刺客や罠で命を狙われます。
18歳の新進グラマー女優をあてがわれた時はヤッタ後で自分の頭の両耳を両足ではさんで立たせるのですが、これが『最高の鑑賞法』なんだそうです。そのまま尻を下げさせてトイレで腰掛けるような姿を下から鑑賞すると...『絶景かな 絶景かな!』の言葉が漏れています(笑)
しかしこの女を提供されたのは罠で、部屋に拳銃持ったギャングが飛び込んでくるのですが、それは練習した手裏剣打ちで撃退。いよいよリンダ・イザベラ本人が出てきた時はチャイナ・タウンの暗殺部屋で罠を仕掛けますが、それをかわして怒った美影。故郷・横浜の銀幕で観たスターのオ××コを見て感激した後は女体を操る拷問、そして浣腸!美影の知識では、お高い女ほど浣腸ブチこむとメタメタになるらしいですからね。
『BUBUBU BURI!!』と脱糞させたら(本当にこういうシーンではローマ字の描き文字になる)、ちゃんと犯して『やったッ!! ハリウッドの大女優を 日本の少年院あがりのガキがいま!』と感激。しかし例の股ぐらの凶器でよがれせまくった後は、またもや犯された女の方も男に惚れる都合良い展開です。

そのリンダ・イザベラ人脈を使って影からプロレス側と和解させる活躍をした美影。
大元烈山の方は
『すべからく物事が一件落着してホッとする人間はつまらぬ より大きなことに挑むバネとせにゃいかん』
と言って秒速でマディソン・スクエア・ガーデンにて全米の空心会支部指導員が終結してのUSカラテ選手権大会を開催決定させ、そこに美影も出場。これで点数を稼いで支部長昇格の野望を果たそうとするのですが...アメリカ支部の要・ニューヨークの指導員でありながら情けないKOされて面目丸潰れ。
その敗因も実力差ではなく女の蜜壷の誘惑に負けての事であるのを大元には見抜かれ、一介の道場生に格下げされるのでした。プロレスと抗争していたちょっと前まで大元の超人的すぎる強さに惚れて『身も心も捧げたい女のような心理』になっていたというのに、支部長への道が断たれたとなったら簡単に空心会を裏切る事にした美影!
ああ、この大会をダシに現実世界で当時梶原一騎総監督として製作していたドキュメンタリー映画「最強最後のカラテ」についての宣伝も入れまくってますね。私も大好きな映画です。
KAJIWARA-saikyo-saigono-karate.jpg

さて、あっさりと大元烈山に反旗を翻えした美影義人。
ただ大元の前から蒸発しただけでなく、ある策略を企てます。それは我が身をもってその強さを身にしみたヘビー級ボクサーを集めてカラテを仕込み、人間兇器の軍団を作って空心会を潰そうというもの。1流の実力を持ちながら問題を起こしたりして干されてるボクサー達を集めたのは、やはりリンダ・イザベラの人脈と資金。こうして彼女の虎の威を借りるキツネ状態ながら出来上がったヘビー級カラテ軍団!
初心者を装って空心会に入門させるスパイ作戦まで実施した上で、いよいよ互いに七名ずつ選手を出し合っての全面戦争に突入。

その前に選手達にカラテの実戦経験を積ませるためにブルックリンの香港カンフー系道場に道場破りをかけるのですが、その時は女子部のこんなカワイ子ちゃんまで陵辱しています。
『残忍になれ 残忍に徹せよッ 人間兇器に 美影義人よ!』と自ら言い聞かせながら。
KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki6-ura.jpg
まぁ、全巻それぞれに読者サービスの濡れ場が用意されているのでね、普通に強さを競うカラテ漫画みたいにならないのがこれ、「人間兇器」なのです。

そうそう、物語とは関係ありませんが本作で劇画と担当している中野善雄先生は英語・アルファベットに弱いようで、1ページ丸々使ってニューヨークの街並みを描くシーンなんかでは地下鉄の入口に平気で『SABWAY』とか書いてあったりします(正しくはSUBWAY)。

さて真紅のカラテ・ジャケットで血まみれの『ブラディ・カラテ軍団』を名乗る事にした美影側VS大元率いる空心会の対決の場は"MSG"ことマディソン・スクエア・ガーデン。嗚呼、MSGなんて文字を見るとHR/HM好きの私にはマイケル・シェンカー・グループ(Michael Schenker Group)にしか見えませんが、一般的にはマディソン・スクエア・ガーデンみたいです。
ここでの対決は意外にも...なわけないか、主人公でありながら悪玉の美影側が勝つわけもない。大元側は指導員まで勤めた美影にも教えていなかった秘儀『二段がけ蹴り』でブラディ・カラテ軍団を圧倒し、大将戦で美影にぶつけてきたのは現実世界の極真会館所属だった熊殺しのウイリー・ウイリアムスそっくりなウオーレス・ウイラード
美影のけっこう強いけど最強ではない中途半端なカラテの技では勝てるわけもない相手ですが、頭が回るので対処法を知らない二段がけ蹴りを喰らいたくない一心からアントニオ猪木対モハメド・アリ戦のあれ、リングの上に寝転がりアリキックで対抗。情けない事にマフィアを雇ってリング下から消音拳銃(サイレンサー)で相手選手を倒すのが狙いで…
それも大元の弟子が多くいるFBIによって阻止され、美影は試合中というのに逃亡して一般市民を巻き込みます。それも18歳の娘を誘拐してある場所に監禁。自分の生命だけを大事にして足掻く彼の策略がこの時は実を結び、空心会によって嬲り殺しにされる所から一命をとりとめるのでした。

KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki7-8.jpg

リンダ・イザベラには裏切られ、警察からも追われる身となった美影はフロリダ州のマイアミ・ビーチに逃げ延びています。
この地で人種差別を受けるも、その差別した白人女を犯してスッキリし、次に渡った先は…メキシコ!
メキシコといえばプロレス(ルチャリブレ)。この、メキシコのマット界で『ザ・カミカゼ』を名乗り覆面レスラーとして生き延びている美影。FBIや警察、世界中に支部がある空心会にも追われる身には覆面は便利ですね。ファイト・スタイルは国辱的な、つまり卑怯者で道化的な日本人を演じた「空手バカ一代」で有名なグレート東郷をモデルにしたもの。一応は本格カラテも使えるわけだし、憎まれ者のヒールとして人気を博して金も稼いでいます。
もちろんオフの時には覆面を取って闘牛場にガール・ハントに行き、引っかかったセニョリータをとんでもないカッコに縛り上げて陵辱したりと楽しむ事も忘れていません。『どぎつい女遊びをやりすぎて まともなセックスじゃ刺激がなくなってきてやがる』との事でして、はい。

そして、ここからさらにもう一歩上に行くための美影流のやり方が出ます。メキシコのプロレス界で絶大な力を持つプロモーター・オルテガの娘、モニカ。ヒールである自分を汚らしい・けがらわしい・臭い等と罵ったこのクソ生意気な女を言葉巧みに誘い出して処女を犯した上で物凄いスタイルにさせて写真を撮りまくり、ついでにうしろの穴もバージンを奪った所で私利私欲のために利用するのです。また後でも呼び出して体を頂いた上に、得意の浣腸で脱糞もさせているし…
この作戦でプロレスでベビーフェイスのスターに転向しただけでなく、カラテへの冒涜に怒る空心会のメキシコ支部からもレスラー達を後ろ盾にして身を守る事にも成功しました。しかし、空心会メキシコ支部の奴らを半殺しにした事で大元烈山と天坊豪がメキシコへ乗り込んできてしまいました。

メキシコのプロレス界でスターになると映画界でのスターも兼ねる習慣があるので、美影=ザ・カミカゼも正体がバレない覆面レスラーである事だし映画に出ちゃってて、新人女優のパロマ・リオを引っ掛けて犯し、その肉体で大元らメキシコ入りの不安を忘れようと努めたり...
ともかくその1ページ丸々使って『ZZUN!』とぶち込まれたパロマは、美影のどでかい股座の凶器が功を奏して大喜び。えっと…今さらですが犯された女性が喜ぶとか女性はやっぱりデカチンが好きとか、現在では迷信のように言われていますがこの時代・この作者はそう思っているという事で暖かい目で読み進めてあげてください。
パロマを服従させた美影はもちろんそれを利用し、大元と違って女にメがない天坊に先制攻撃を仕掛けます。女と酒・薬の力で天坊を病院送りにすると、大ボスの大元の方は闘牛、次いでメキシコ一の巨漢レスラーでセメント試合なら最強の実力者と噂される悪役のサガトラをぶつける!

美女とセックスしながらテレビを見て喜ばせている美影も、大元のツラが画面に映ると股座がしぼんで反射的にビビッてますね。
そこで徹底的にカラテの特徴や対策をサガトラに教え込んで、しかもサガトラの覆面の中に鋼鉄ヘルメットを仕込むまでして闘い...何と一度はあの無敵の大元烈山を破ったかと思われ大元にハラキリさせる所でしたが、サガトラも失神していたのと悪質反則がバレて勝利は大元の手に。
それから空心会、というか天坊豪の逆襲が始まって国外逃亡を企む美影らを捕らえようとするのですが、美影を裏切って1人で逃げようとしたパロマを捕まえて全裸にして拷問して、さらにお決まりコースで犯して…なんてやってるから、ついに映画女優とヤレて感動している天坊の隙をついて美影が攻撃して天坊を海に叩き込み、メキシコからの逃亡成功。
パロマは恐怖で頭が狂ってしまいましたが、この美しい女体ゆえ南米に売り飛ばして逃亡資金にするという、虫唾が走るほどワル!
そして逃亡先が、よりによって打倒バティスタ独裁政権、有名なカストロとゲバラによる革命前夜のキューバなのでした…

KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki9-10.jpg

キューバ編は、美影義人の情けなさに輪をかけています。まず入国時には空心会カラテ・キューバ支部の目をくらますために女装なんかして行くも、バチスタ政権打倒の革命軍にとっ捕まって…
まぁ本作の悪い奴ら全員がすぐに女とみたら全裸にさせる習慣がありますが、この革命軍たちも女を殴って脱がせて並べてみたり、もちろん浣腸や拷問もしています。よって女装していた美影も脱がされて男とばれて投獄されて。
しっかし多くの女性が裸に→拷問を受ける→性的な慰みの対象に、というコースもまたかって感じです。ひどい!許せない!
...なんて言ったって、作品がそっち方面にながれて突っ走ったのも、そういった描写を見て股間を膨らませて喜んでいる我々読者が居るからなんでしょうけどね。

投獄された美影は、スペイン語を分からないふりして同房になったバチスタ政権側の役人達を売る密告。全ては自分の命を守るためにと革命軍にゴマすり、スパイ、そしてカラテ教師に起用される。
そして革命軍を特訓している所に、あのチェ・ゲバラが登場!英雄の前でいい所を見せて売り込もうとする美影でしたが、ゲバラは
『あの男の目の光が あまり気に入らん
 獣の目だ 刃物の目だ
 人間らしい理念があれほど欠けた 目付きの男もちょっとめずらしい』

なんて言ってます。まさにそう見抜かれた通りですし、そこまで言われているその男は、一応主人公なんですけどね。かつてナチス時代の生き残りゲシュタポの手記を、マスかきながら読んでたほどのクズとはいえね。

習ったカラテを実戦で使ってみたくなった革命軍たち。しかし政府軍はあらかた掃討してしまった...というわけでブタども、つまり衆人になっている元上流階級の女性たちを引っ張り出してきて全裸にして逆さ吊りし、急所マークを付けて大の男達が蹴りまくり、犯し...って何度も書いてますがひどすぎる!
それからキューバ革命軍とバチスタ政権が組んでたアメリカ・マフィアとの抗争である理由から渦中に巻き込まれた美影は、何度も殺されかけています。しかもビッチのマチルダに前歯も全部折られて口を封じられたり、古代ローマの悪魔帝王カリギュラも考え付かなかったほどの拷問で半年がかりで殺される約束もされています。が!
マフィアに連れて行かれて殺される運命だったアメリカに上陸した所で、ゲバラの救いの手が入って助かり、すると狂い死にそうな精神状態だったのもあるからでしょうか、美影みたいな男でも何と感謝の涙を流す。

ここからはキューバの事は基本的に忘れて、アメリカのニューヨーク編に突入です。
命が助かって涙を流したあの気持ちもすぐに忘れた美影。FBIの病院で前歯も入れ歯してもらい、当地で自由の身になると早速絡んできた暴走族たちをカラテでこらしめて全員裸にさせ、マジソン公園で4組並べてセックスさせたりして遊んでいます。
そして一緒にアメリカに上陸している、美影の前歯を折ったマチルダを徹底的にシメあげるべく動く。そうしないと人間兇器として自信喪失してしまうからですが、そして相手は女だから美影の好きな自分より弱い奴ではありますが、でもその情夫はブルックリンを仕切るマフィアの大物ロッコ・サラバスなのです。
その度胸は凄いのですが、後にそのせいでいつも通り自分を追い込む事になる。でも一時の感情で動いてる部分もあるのかもしれませんが、プライドの高いマチルダをついに暴力で屈服させてもちろん全裸+ミジメすぎる格好をさせる事には成功しました。散々痛めつけてもいますが、股座の凶器でよがらせてあげたらもう美影の虜。兇器ウタマロを食らって愛しちゃうようになる女も、これで何人目だ。

次に美影はロッコ親分を裏切りたいマチルダと組んで、ある資金を奪おうとしますが結局は計画が失敗。美影は梶原作品ではおなじみの、マフィア組織の支配下に実在すると言われる『地下プロレス』界へ放り込まれるのでした。
そこは女子の部は残酷エロ・ショーですが、男子の部は命がけで壮絶なデス・マッチが行なわれている!パンクラチオンの再現のような世界で闘う選手たちは実力レベルも高いのですが、そいつらが地上のプロレスのように甘いものではなく、ショー的要素を取り除いた本気の殺し合いをするわけですが、そこでも空心会で大元烈山に仕込まれた美影のカラテはある程度通じていて、弱めの相手を当てがわれているとはいえ連勝。相手の目を潰したりの残酷な闘い方が客の好みにも合って人気も博しています。
激しい殺し合いでも、マフィアに嬲り殺しにされる恐怖よりは楽。ロッコ親分の前では情けない顔で涙まで流して命乞いする美影ですが、果たしてこの地獄から逃れる事は出来るのか!?

KAJIWARA-NAKANO-ningen-kyouki11-12.jpg

行き地獄の地下プロレス界で強制的に殺し合いをさせられ続けている美影義人、これはもういつか負けて殺される時まで続けるしかないのか。ロッコ親分を裏って一緒に悪事を働いたマチルダは捕まって拷問され、リングで散々辱めを受けた末に殺された…
そんな状況の美影を救いに来たのは、生まれた美影との間の子を連れて日本から来た朝日奈薫子。空心会カラテ・ニューヨーク支部にいた大元烈山を訪ね、世界的組織であり裏社会に通じる後援者も多い彼の伝で地下プロレス界まで潜入し、女子の部でチャンピオンになれば美影を解放するという条件も下で闘う!
盲目とはいえ普通に闘えば薫子より強い女などいないのですが、男女混合タッグマッチのきたない手口でついに薫子も裸に剥かれ、ケツの穴までサディスティックな客達にさらされる…その時、美影が助けにリングに突入と、およそ彼らしくないヒロイックな行動を取りました。こんなマネをしてはもう拷問されて殺されるしかない運命に気付いてリング上で失禁までしますが、今度は大元がリング上に乱入。美影の行動を見て彼を許す事にし、実力とコネを使って薫子共々地下プロレス界から救い出すのでした。

そして美影と薫子は本来の夫婦の形のように一緒に日本へ帰る事となり、途中で空心会カラテ・ハワイ支部でゆっくりしていくよう便宜も図られるのですが、ここで落ちいて幸せな家庭を築くようなら美影義人じゃない。
『人間凶器あえなく失格し 平凡な親子水入らずの生活を甘受していいのかッ?
 多くの若者が そうして飼い馴らされ オトナになってゆくように………』

そう悩み、あっという間に行動に移します。命を救ってもらって涙を流して土下座までして感謝していたのに、ホント、ハワイに着いて薫子の知り合いに会ってすぐダッシュに逃げてるから、色々と早っ!としか言いようがありません。

それからの美影の行動は、まぁ今までとほとんど同じ。反省しないのが美影。
つまりはレイプその他の犯罪行為を犯しまくって得意になり、大元の怒りを買って捕まり、許してもらうと心を入れ換えるとか言いながらすぐに犯罪に走り、また捕まって…これをずっと繰り返しているのが本作「人間兇器」なのです。

このハワイ編では、オアフ島から逃げて次に賑やかなマウイ島へ行くとそこで同じ日本人をカモにして稼ぎます。カラテの腕と、ハワイアン・マフィアの組織に属しているとかハッタリで脅して金を奪うと、警察に追われる身となって逃げる途中で海上にて若いカップルからボートを奪う。
気が強い白人娘・スーザンは『ジャップのくせにどうなるかわかってるの!?』と言ってましたが、その差別主義者発言が美影に火を付けてバックの穴の処女も含めて犯しまくられる。
そうこうしているうちに島の方向を見失ったボートがガス欠で海上に漂流。喉が渇いて狂いそうになる2人ですが、海水を飲んだらどうなるかスーザンで生体実験したら狂いそうになって泡吹いて...でも、美影は失禁した尿を頂いて飢えをしのぐのだから鬼畜。これ以上漂流が続けばグラマラスな白い肉に食らいつくはめになって『人間凶器ならぬ人間食い!』と心配しますが、悪運強くどこかの島に漂着。

そこはエルヴィス・プレスリー…じゃない、エルヴィスをモデルにした歌手ブルボン・バルチモアのプライベート島でした。ライフル持った私兵に警護させ、アメリカ本土からたくさん連れて来た女優や歌手の卵らを相手にハレム、桃源郷を作って王様暮らしをしているのでした!
ブルボンが若い娘達をオモチャにしている姿を見て美影は興奮してもよおし、まだ連れて来ているスーザンとまぐわって夜まで我慢。
暗くなったら美影による侵略が開始され、私兵を倒して屋敷に侵入すると電話交換機を破壊して絶海の孤島に孤立させました。暴帝、ブルボンは己のイチモツをしゃぶらせながら美人に給仕させて美味い酒を飲み、目の前で裸の若い娘達に色々やらせて楽しむ、まぁ大方の男が夢見そうな分かりやすいハレムを楽しんでいる所でしたが、美影が乗り込んで制圧。
当然、美影も同じように女達をオモチャにして楽しみ、さらなるソドムの市の出現。ここでとりあえず股座の凶器をしゃぶらせながら、他の女達を脅すセリフが最高で、こうです。
『おれをナメるなよッ もっともジュニアはナメられてるが………』
と、たまにこういうギャグみたいな所もあるんですよね。

シカゴの大財閥令嬢で絶世の美女でもあるブルボンの妻も何も知らずに島に来てしまうと、並べた女達に尻を向けさせての歓迎。
『尻 尻 尻 尻 尻 尻!! この尻ってやつは いかなる哲学も思想も美もサマにならなくしちまう道化者でな!』
だそうで、さらに女達に放尿もさせて、と。
ブルボンの妻も裸にヒン剥かせたら逆さ吊りにしてケツの穴の確認、次は手足に手錠して四つん這いにさせて、女達に叩かせるわ気絶しても逆さ吊り状態からプールに落とし込んで遊んだり。もちろん美影の股座の凶器を使った普通のレイプもしますが、今まで金持ちや女優や世界中の女をやりまくった美影をしてこの女が最高みたいです。
と、今は無人島ハレムを支配して得意の絶頂の美影ですが、お約束通り次は…という所で今夜はお別れ。次回で最終巻まで紹介しようと思います。


凶器とは鋼鉄であろう
鋼鉄はいかにして鍛えられるかな? 灼熱の溶鉱炉でドロドロに溶けて 煮えたぎっての果てはじめて鋼鉄よ!
その灼熱のドロドロとは人間の強さ弱さ煩悩もろもろの迷い それらが地獄の釜で溶け合っての鋼鉄でなくば ちゃちなブリキの凶器にすぎん!
フフフフッ……このブリキの凶器め もっと悩め 苦しめ ドロドロに溶けてみい!
また遭う非までに……な



スポンサーサイト
  1. 2016/11/23(水) 23:59:45|
  2. 梶原一騎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する