大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(227) 東京都千代田区 5

東京都千代田区

今年も数日前、8月15日に終戦の日を迎えましたが、"靖國神社"(靖国神社)へ参拝に行って英霊を追悼してきた方も多いのではないでしょうか。
chiyodaku-yasukuni292.jpg
chiyodaku-yasukuni167.jpg

その前の7月にも英霊をお慰めし、ご先祖様への感謝を捧げる大事な祭儀があり、それが『みたままつり』
私のブログでは、恒例のみたままつりを紹介していきましょう。まずは一昨年(平成27年)の第69回 みたままつり
chiyodaku-yasukuni168-.jpg

ポスターに
本年のみたままつりでは露店の出店がありません。
ー境内での酒宴を禁止しますー

という記載がありますが、この年から本当にそうなりました。
場所を考えると信じられないようですが、ここも若者、いやバカ者のたまり場になって未成年者による飲酒・喫煙、ナンパや痴漢行為まで起こるとかで問題視されていたようで、ついに神社側がその対応をしたというわけです。何しろここは英霊を祀る神社ですからね…

提灯にも大きく『本年は露店が出ません』と出ています。
chiyodaku-yasukuni168.jpg
chiyodaku-yasukuni169.jpg
chiyodaku-yasukuni170.jpg
chiyodaku-yasukuni171.jpg
chiyodaku-yasukuni172.jpg
chiyodaku-yasukuni173.jpg

大村益次郎銅像の所では、盆踊り。
chiyodaku-yasukuni174.jpg
chiyodaku-yasukuni175.jpg

人が少なくて落ち着いて見れるようになった提灯の明かりですが、酒宴禁止になっただけで格段に訪問者が減っているのを見ると、やはり多くの方々が英霊への感謝や平和な世の実現を願うためえはなく、ナンパ目的等で来ていたのですかね。
chiyodaku-yasukuni176.jpg
chiyodaku-yasukuni177.jpg
chiyodaku-yasukuni178.jpg
chiyodaku-yasukuni179.jpg
chiyodaku-yasukuni180.jpg
chiyodaku-yasukuni181.jpg
chiyodaku-yasukuni182.jpg

そして、毎年の楽しみにもなっています各界の名士・有名人達が寄せる懸雪洞の数々。
つのだ☆ひろさま、
chiyodaku-yasukuni183.jpg

漫画家では、小林よしのり先生、
chiyodaku-yasukuni184.jpg

松本零士先生、
chiyodaku-yasukuni185.jpg

ちばてつや先生。
chiyodaku-yasukuni190.jpg

他にはデヴィ・スカルノ、このしと…『国際文化人』という肩書きなんですね。
chiyodaku-yasukuni186.jpg
chiyodaku-yasukuni187.jpg

青山繁晴、
chiyodaku-yasukuni188.jpg

田母神俊雄、
chiyodaku-yasukuni191.jpg

李登輝、
chiyodaku-yasukuni192.jpg

何でこれを写真撮ったか全然覚えてないのですが、誰だろう…陽♀?
chiyodaku-yasukuni189.jpg

拝殿を参拝して、帰りましょう。
chiyodaku-yasukuni193.jpg
chiyodaku-yasukuni194.jpg
chiyodaku-yasukuni195.jpg

これは、靖国神社のお守り。
chiyodaku-yasukuni196.jpg

続いて、昨年(平成28年)の第70回 みたままつり
chiyodaku-yasukuni197.jpg

この年も同じく、
ー境内での酒宴を禁止しますー
みたままつりでは露店の出店がありません。

となっていました。
その影響で人出は減っているのに、しかも明るいうちに行ったのでガラガラ。こりゃ参拝しやすいです。
chiyodaku-yasukuni198.jpg
chiyodaku-yasukuni199.jpg
chiyodaku-yasukuni200.jpg
chiyodaku-yasukuni201.jpg

拝殿へ。
chiyodaku-yasukuni202.jpg
chiyodaku-yasukuni203.jpg
chiyodaku-yasukuni204.jpg
chiyodaku-yasukuni205.jpg

靖国神社へ行ったら、必ず境内にある軍事博物館"遊就館"にも寄りましょうね。
chiyodaku-yasukuni206.jpg
chiyodaku-yasukuni207.jpg
chiyodaku-yasukuni208.jpg

八九式十五糎加農と記念撮影!
chiyodaku-yasukuni209.jpg
chiyodaku-yasukuni210.jpg

能楽堂ステージを観て、
chiyodaku-yasukuni211.jpg

この年の懸雪洞も見て行きましょう。
ミュージシャンでは、つのだ☆ひろ。
chiyodaku-yasukuni218.jpg

MERRYのヴォーカリスト・ガラ
chiyodaku-yasukuni212.jpg
『不戦の誓いを』って…ここは不戦の誓いをしに行く場ではないのですが!もっとも安倍首相すらも靖国神社がどういう場かを理解せずには形だけの参拝をしているので同じ事を声高に言って、よしりんに失笑されたりしていましたね。

PIERROTのヴォーカリスト・キリト
chiyodaku-yasukuni214.jpg

ALI PROJECTのヴォーカリスト・宝野アリカ
chiyodaku-yasukuni215.jpg

そしてGALNERYUS加入でヘヴィメタルに戻ってきてくれた、小野正利
chiyodaku-yasukuni213.jpg

また国際文化人、デヴィ・スカルノ。
chiyodaku-yasukuni217.jpg

皇室ジャーナリスト、高清水有子。
chiyodaku-yasukuni219.jpg

現代女浮世絵師、ツバキアンナ。
chiyodaku-yasukuni216.jpg

漫画家では、一峰大二先生、
chiyodaku-yasukuni220.jpg

久松文雄先生、
chiyodaku-yasukuni221.jpg

ちばてつや先生、
chiyodaku-yasukuni222.jpg

松本零士先生、
chiyodaku-yasukuni223.jpg

小林よしのり先生。
chiyodaku-yasukuni224.jpg

ようやく提灯に明かりが灯り、賑わってきた所でこの年は帰りました。
chiyodaku-yasukuni225.jpg
chiyodaku-yasukuni226.jpg
chiyodaku-yasukuni227.jpg

で、お待たせしました今年(平成29年)の第71回 みたままつり
chiyodaku-yasukuni228.jpg
chiyodaku-yasukuni229.jpg
chiyodaku-yasukuni230.jpg

今年は提灯が綺麗な日が落ちた後の時間まで待ち、さぁ行きましょう。
chiyodaku-yasukuni231.jpg
chiyodaku-yasukuni232.jpg
chiyodaku-yasukuni233.jpg
chiyodaku-yasukuni234.jpg
chiyodaku-yasukuni235.jpg
chiyodaku-yasukuni236.jpg
chiyodaku-yasukuni237.jpg
chiyodaku-yasukuni238.jpg
chiyodaku-yasukuni239.jpg
chiyodaku-yasukuni240.jpg
chiyodaku-yasukuni241.jpg
chiyodaku-yasukuni242.jpg

提灯の中に凄く懐かしい名前を発見...コスプレ声ちゃん。私は10数年前に「人間時計」という彼女の写真集を買っていますよ!
chiyodaku-yasukuni243.jpg
chiyodaku-yasukuni244.jpg

能楽堂で、
chiyodaku-yasukuni245.jpg
chiyodaku-yasukuni249.jpg

今年はつのだ☆ひろさまの奉納特別野外コンサートを鑑賞。別に軍歌とか演奏するわけではなく、旧・敵国の曲…ジャズ、英語。
chiyodaku-yasukuni246.jpg
chiyodaku-yasukuni247.jpg
chiyodaku-yasukuni248.jpg

再び登場してのセカンド・ステージはバンド形式ではなく、コーラス隊を引き連れて先祖に感謝を捧げる歌を熱唱していました。
chiyodaku-yasukuni250.jpg
chiyodaku-yasukuni251.jpg
chiyodaku-yasukuni252.jpg
chiyodaku-yasukuni262.jpg

遊就館。
chiyodaku-yasukuni291.jpg
chiyodaku-yasukuni253.jpg
chiyodaku-yasukuni254.jpg
chiyodaku-yasukuni260.jpg

物販コーナーも寄って、
chiyodaku-yasukuni255.jpg

ミリメシ、
chiyodaku-yasukuni256.jpg

航空自衛隊モノとか入手。
chiyodaku-yasukuni257.jpg

旭日旗のデザインがたくさんあるので、キチガイに抗議されないのか心配になってしまいます。
chiyodaku-yasukuni258.jpg

もちろん本年も屋台は出ず酒宴禁止の祭りでしたが、
chiyodaku-yasukuni261.jpg

元から常設されている外苑休憩所。
chiyodaku-yasukuni263.jpg
chiyodaku-yasukuni264.jpg
chiyodaku-yasukuni265.jpg

ここでは酒も呑めるし、つまみも売ってるんですよ。
chiyodaku-yasukuni267.jpg
chiyodaku-yasukuni268.jpg
chiyodaku-yasukuni266.jpg

さてさて、本年の懸雪洞も見て行くと…
つのだ☆ひろさま、
chiyodaku-yasukuni281.jpg

あべ静江、
chiyodaku-yasukuni280.jpg

宝野アリカ、
chiyodaku-yasukuni269.jpg

キリト、
chiyodaku-yasukuni270.jpg

『金髪ブタ野郎』、で有名な泰葉、
chiyodaku-yasukuni274.jpg

また国際文化人、デヴィ・スカルノ、
chiyodaku-yasukuni279.jpg

研師の藤代興里、
chiyodaku-yasukuni271.jpg

アパホテルの元谷芙美子社長、
chiyodaku-yasukuni282.jpg

イラストレーターの菅ナオコ、
chiyodaku-yasukuni272.jpg

小林源文
chiyodaku-yasukuni273.jpg

そして漫画家は…一峰大二先生、
chiyodaku-yasukuni275.jpg

ちばてつや先生、
chiyodaku-yasukuni277.jpg

松本零士先生、
chiyodaku-yasukuni278.jpg

おお、今年は平松伸二先生も!
chiyodaku-yasukuni276.jpg

でも、今年はよしりんが献灯していなかった…相変わらず遊就館の売店では、著作をたくさん売っていましたが。
chiyodaku-yasukuni259.jpg

X JAPANを描いたドキュメンタリー映画、あの世界中で成功を収めて今年になって日本でも公開された「WE ARE X」を祝してか、照明がXになっています。
chiyodaku-yasukuni283.jpg
chiyodaku-yasukuni284.jpg

私も、Xジャンプ!
chiyodaku-yasukuni285.jpg
chiyodaku-yasukuni286.jpg
chiyodaku-yasukuni287.jpg

みたままつり、また来年。
chiyodaku-yasukuni288.jpg
chiyodaku-yasukuni289.jpg
chiyodaku-yasukuni290.jpg

靖国神社の周辺は意外と良い居酒屋が見当たらないので、参拝のお供によく行ってるのはチェーン店ですが"さくら水産"の九段靖国通り店。
chiyodaku-sakura-suisan14.jpg
chiyodaku-sakura-suisan15.jpg

生ビールやハイボールや、豊作レモンサワーや生搾りレモンサワーに…
chiyodaku-sakura-suisan16.jpg
chiyodaku-sakura-suisan17.jpg
chiyodaku-sakura-suisan18.jpg

金魚。
chiyodaku-sakura-suisan19.jpg
chiyodaku-sakura-suisan20.jpg
chiyodaku-sakura-suisan21.jpg

つまみ。しかし、さくら水産…最近は閉店しちゃう所が目立って店舗数を減らしていますが、うちの近所にも無くなったので久々の来店でした。でもそしたら、つまみのレベルの落ち方に驚きました。元は安いわりには美味しい店だったんですけどね。
chiyodaku-sakura-suisan22.jpg
chiyodaku-sakura-suisan23.jpg
chiyodaku-sakura-suisan24.jpg
chiyodaku-sakura-suisan25.jpg
chiyodaku-sakura-suisan26.jpg
chiyodaku-sakura-suisan27.jpg
chiyodaku-sakura-suisan28.jpg

同じく九段下駅の近くには、九段会館。2011年の東日本大震災以来閉鎖されていますが、建物は残っています。
chiyodaku240.jpg
元々音楽好きにはコンサート会場として有名で、ケヴィン・エアーズが初来日公演で使用したり等々ありますが...近年ではあがた森魚さまがこの九段会館でやったライヴを完全収録した作品「あがた森魚とZIPANG BOYZ號の一夜」をリリースしたりしていました。

すぐ近くに、昭和館。
chiyodaku242-.jpg

江戸城のお濠にかかる橋からその2つが見えて、
chiyodaku296.jpg

あとこの濠、時期によっては蓮が咲き乱れて綺麗です。
chiyodaku297.jpg
chiyodaku298.jpg

そのまま旧江戸城田安門を通りますが、実はこの門って国指定の重要文化財。
chiyodaku299.jpg

すると北の丸公園に入り、すぐに日本武道館が出てきます。
chiyodaku241-.jpg

さらに、吉田茂像。
chiyodaku184.jpg

この公園には"科学技術館"もあり、つい先日「ココ」で梶原一騎イベントに行ったばかりですね。
でもこの会場で私にとって定番といえば、スーパーフェスティバル(SUPER FESTIVAL)。オモチャコレクターではない私ですが、スーフェスはたまに凄いゲストが来るので何度か行っているのです。
chiyodaku185.jpg
chiyodaku186.jpg

久々にパイセンも、登場!
chiyodaku188.jpg
chiyodaku187.jpg

今回はスカウターを装着しています。
chiyodaku189.jpg

スーフェスの会場内。
chiyodaku190.jpg
chiyodaku191.jpg

色々と物色するパイセン。
chiyodaku193.jpg
chiyodaku192.jpg

戦利品。
chiyodaku194.jpg

もっと進むと…我々日本人が誇る天皇陛下の宮殿である皇居。今回は東京駅の方、皇居東御苑から行きましょう。
chiyodaku274.jpgchiyodaku275.jpg
chiyodaku276.jpg
chiyodaku277.jpg

皇居は江戸城跡なので、城壁も良い。
chiyodaku284.jpg
chiyodaku285.jpg
chiyodaku282.jpg
chiyodaku283.jpg

旧大手門渡櫓の鯱、
chiyodaku278.jpg

桃華楽堂、
chiyodaku279.jpg

高台広場。
chiyodaku280.jpg

観光客の集団が謎のメガネをかけながら案内されていたのですが、アレを付けると何が見えたのでしょうか…
chiyodaku281.jpg

正門石橋。
chiyodaku286.jpg
chiyodaku287.jpg
chiyodaku288.jpg

だからここを二重橋だと思ってる人は誤認だって!
chiyodaku289.jpg

皇居の庭園は広くて、この一等地としては考えられないくらいですね。
chiyodaku290.jpg
chiyodaku291.jpg

江戸城のお濠に居る白鳥を眺めて。
chiyodaku292.jpg
chiyodaku293.jpg

皇居外苑 皇薫焼、いただきます!
chiyodaku294.jpg

続いてはヤッホーブルーイングの、僕ビール、君ビール。を呑みながら...
chiyodaku210.jpg
chiyodaku211.jpg

皇居外苑でのピクニックに向かいました。
chiyodaku212.jpg
chiyodaku213.jpg

タンタンのTシャツを着て、フランスからやつらがやってきた。
chiyodaku214.jpg
chiyodaku215.jpg
chiyodaku216.jpg

この鉄球!私も荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」における第7部『スティール・ボール・ラン』のジャイロ・ツェペリのように扱う事が出来るか!?
chiyodaku220.jpg

...これを使ってフランスの球技・ペタンク(pétanque)して遊んだのですね。
ペタンクは日本では全然流行りませんが、フランスでは本当に多くの方々がこのゲームで遊んでいました。
chiyodaku217.jpg
chiyodaku218.jpg
chiyodaku219.jpg

子供達との戯れ。
chiyodaku221.jpg
chiyodaku227.jpg
chiyodaku222.jpg
chiyodaku223.jpg
chiyodaku224.jpg
chiyodaku225.jpg
chiyodaku226.jpg
chiyodaku228.jpg
chiyodaku229.jpg
chiyodaku230.jpg
chiyodaku231.jpg
chiyodaku232.jpg
chiyodaku233.jpg

パリから、あいつもやって来た。
chiyodaku234.jpg
chiyodaku235.jpg
chiyodaku236.jpg
chiyodaku237.jpg

皇居外苑には、カッコいい楠正成像もあります。
chiyodaku201.jpg
chiyodaku202.jpg
chiyodaku203.jpg
chiyodaku204.jpg
chiyodaku205.jpg
chiyodaku206.jpg
chiyodaku207.jpg
chiyodaku208.jpg
chiyodaku209.jpg

ついでに東京駅やその周辺も見ていきましょう。
chiyodaku265.jpg
chiyodaku266.jpg

夜の綺麗な時。
chiyodaku179.jpg
chiyodaku152.jpg
chiyodaku300.jpg

ある時は構内を歩いていたら、しかまろくんが来たぞ!
chiyodaku174.jpg

せんとくんもいて、
chiyodaku178.jpg

何かイベント始まった!
chiyodaku175.jpg
chiyodaku176.jpg

記念撮影。
chiyodaku177.jpg

東京駅の八重洲側地下街は、"東京駅一番街"の東京ラーメンストリートがあります!
tokyoeki-1bangai27.jpg

この中では"六厘舎"があまりにも有名ですが、ここはどうにか平日にランチタイムをずらして行こうが、常に凄い行列なのです…こんな時に行って長時間待つのもバカバカしいですが、入れてもそれだけの人が後ろで待っていると落ち着いて食べられない私。
tokyoeki-1bangai30.jpg
tokyoeki-1bangai31.jpg

なので入店せず…日清食品のカップ麺で出てた有名店シリーズで購入して食べたりしていました。
tokyoeki-1bangai32.jpg
tokyoeki-1bangai33.jpg
tokyoeki-1bangai34.jpg

"麺処 ほん田"の東京駅一番街店。
tokyoeki-1bangai44.jpg
tokyoeki-1bangai45.jpg

濃厚魚介つけ麺でしたか、頂いています。でもここは、美味しかったのに現在は閉店しちゃってますね。
tokyoeki-1bangai60.jpg
tokyoeki-1bangai61.jpg

東京駅内も意外と時間潰せる場所に不自由するのですが、八重洲地下街の"カフェ エクセルシオール"(CAFE EXCELSIOR)は往来の人々がよく見えて便利か。
tokyoeki-1bangai35.jpg
tokyoeki-1bangai36.jpg
tokyoeki-1bangai37.jpg
tokyoeki-1bangai38.jpg

そのまま東京駅内を、キッチンストリートへ。
tokyoeki-1bangai39.jpg
tokyoeki-1bangai40.jpg

この中に行きたいカレー店があったのですね。
tokyoeki-1bangai41.jpg

それがドンピエールグループ、
tokyoeki-1bangai28.jpg

"ドンピエール エクスプレスカレー"(dom Piere Express CURRY)の東京駅店。
tokyoeki-1bangai29.jpg
tokyoeki-1bangai43.jpg
tokyoeki-1bangai42.jpg
tokyoeki-1bangai46.jpg
tokyoeki-1bangai47.jpg

頂いたのは…何がしかのサラダ、海老と鶏肉の薪仕立て みやび風、
tokyoeki-1bangai49.jpg
tokyoeki-1bangai48.jpg

グリーンピースとコンソメの冷製ポタージュ、
tokyoeki-1bangai50.jpg
tokyoeki-1bangai51.jpg
tokyoeki-1bangai52.jpg

淡路産 金猪豚のカフェ・ド・パリ風 ブーランジェールポテトを添えて、
tokyoeki-1bangai53.jpg

チョモランマカレー(タンドリーチキンのせ)、
tokyoeki-1bangai54.jpg
tokyoeki-1bangai55.jpg

ドンピエール特製ビーフカレー。
tokyoeki-1bangai56.jpg
tokyoeki-1bangai57.jpg
tokyoeki-1bangai58.jpg

アイスクリーム フルーツの3色ソース。
tokyoeki-1bangai59.jpg

東京駅を出て、その周辺…
chiyodaku255.jpg
chiyodaku254.jpg

すぐ近くのベトナム料理店、"サイゴン"へ。
hibiya-saigon1.jpg
hibiya-saigon2.jpg

ビールは缶で出てくるのですが、ちゃんとベトナムのビールを呑めます。バーバーバーと、ハノイを頂きました。
hibiya-saigon3.jpg
hibiya-saigon4.jpg

つまみは揚げ春巻き盛合わせ、
hibiya-saigon5.jpg

チャーカー(ベトナム焼き鍋)、
hibiya-saigon7.jpg
hibiya-saigon8.jpg

辛口シーフード焼ビーフン、
hibiya-saigon9.jpg

あとヴェトナム春巻きとか…だったかな。
hibiya-saigon10.jpg
hibiya-saigon6.jpg

TOKIA、つまり丸の内東京ビル内にある"食彩健美 野の葡萄"(現在は"葡萄の杜 互談や"となっている店)が国産野菜を使用したヘルシーなビュッフェを食べさせてくれています。
yurakucho-tokia1.jpg
yurakucho-tokia2.jpg
yurakucho-tokia3.jpg
yurakucho-tokia4.jpg
yurakucho-tokia5.jpg
yurakucho-tokia6.jpg
yurakucho-tokia7.jpg
yurakucho-tokia8.jpg

永田町駅辺りまで行けば、国会議事堂も出てきます。いかにこの東京都千代田区には日本の重要施設が多いか、この辺りを散歩すると良く分かるというものです。
chiyodaku198.jpg
chiyodaku199.jpg

VIPだらけなので、様々な場所で警戒体制が取られています。
chiyodaku200.jpg

ここも永田町、日枝神社。
chiyodaku-hiejinja5.jpg
chiyodaku-hiejinja6.jpg

永田町ではホテルニューオータニ内にある"ガーデンラウンジ"で、サンドウィッチ&スイーツビュッフェを頂いてみましょう。
chiyodaku-newotani1.jpg
chiyodaku-newotani2.jpg
chiyodaku-newotani3.jpg
chiyodaku-newotani4.jpg
chiyodaku-newotani5.jpg
chiyodaku-newotani6.jpg
chiyodaku-newotani7.jpg
chiyodaku-newotani8.jpg
chiyodaku-newotani9.jpg
chiyodaku-newotani10.jpg
chiyodaku-newotani11.jpg

お、YOSHIKI様が愛用しているkawai クリスタルグランドピアノを置いていました。
chiyodaku-newotani12.jpg

ホテルの庭園も散歩して、帰りましょう。
chiyodaku-newotani13.jpg
chiyodaku-newotani14.jpg
chiyodaku-newotani15.jpg
chiyodaku-newotani16.jpg
chiyodaku-newotani17.jpg
chiyodaku-newotani18.jpg

隣の麹町、もしくは半蔵門駅からもほど近い場所に『ベジソバ』であまりにも有名な"ソラノイロ Japanese soup noodle free style"という店があるのですが、そこも大混雑しているのでお店が公認するカップ麺で頂いて。
chiyodaku-soranoiro-vege1.jpg
chiyodaku-soranoiro-vege2.jpg
chiyodaku-soranoiro-vege3.jpg
chiyodaku-soranoiro-vege4.jpg

神田駅。
kanda-street1.jpg
kanda-street2.jpg

それから世界最大規模の古書店街、神田神保町へ。
chiyodaku181.jpg

神保町駅ホームの楳図ボーダー。
chiyodaku182.jpg

私も古本好きなので、千代田区でかつて一番通った街はここ神保町に他なりません。
chiyodaku183.jpg

あと日本一マニアックなレンタルCD店の"JANIS"も通ってましたしね。
chiyodaku295.jpg

古本街には喫茶店も付き物なので老舗もたくさんありますが、その代表格は"さぼうる"と"さぼうる 2"。
素晴らしいレトロ喫茶だと思うし私も昔からかなり入ったものですが、前回来た時にあまりにも煙草の煙がひどくて具合悪くなって、それから行くの止めちゃいましたが…
chiyodaku-sabouru10.jpg

もう2年前ですが、上村一夫先生の『扉・絵』展のため、
chiyodaku-klein-blue38.jpg

カフェ&バーの"クラインブルー"へ行っていました。
chiyodaku-klein-blue32.jpg
chiyodaku-klein-blue33.jpg
chiyodaku-klein-blue34.jpg

入店。
chiyodaku-klein-blue35.jpg
chiyodaku-klein-blue36.jpg

ここは前にも上村一夫原画展 『ブルーな女たち』や、『ブルーな女たち PART.2』を開催した場所。
chiyodaku-klein-blue37.jpg

最近では"弥生美術館・竹久夢二美術館"でやっていた『わが青春の「同棲時代」 上村一夫×美女解体新書展』時は、このポスターが所々に貼られていて嬉しかった。
chiyodaku180.jpg

ちなみにクラインブルーの下、1階は"嵯峨谷"の神保町店。ここ、安くて美味い蕎麦屋なんですよ。
chiyodaku-sogaya1.jpg

わかめ、入れ放題。
chiyodaku-sogaya2.jpg

山形だしおろしそば、
chiyodaku-sogaya3.jpg

親子丼。
chiyodaku-sogaya4.jpg

超有名店の"欧風カレー ボンディ"ですが、神田古書センターの奥にあるここが本店。
chiyodaku-bondy8.jpg

席に着くと出てくるジャガイモ、そしてカレーが美味すぎる。
chiyodaku-bondy9.jpgchiyodaku-bondy10.jpg
chiyodaku-bondy11.jpgchiyodaku-bondy12.jpg
chiyodaku-bondy13.jpgchiyodaku-bondy14.jpg
chiyodaku-bondy15.jpg

"カリーライス専門店エチオピア"、ここも神保町に本店がありまして、辛さが70段階から選べる店なので激辛好きの私にも嬉しい店。
chiyodaku-ethiopia-curry7.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry8.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry9.jpg

満席に見えても2階席があるので、覗いてみる価値はありますよ。
chiyodaku-ethiopia-curry10.jpgchiyodaku-ethiopia-curry11.jpg

ジャガイモ、
chiyodaku-ethiopia-curry12.jpg

ビーフカリー、
chiyodaku-ethiopia-curry13.jpg

野菜カリー。
chiyodaku-ethiopia-curry14.jpg

美味いのでいつもペロッと食べてしまいます。
chiyodaku-ethiopia-curry15.jpg

神保町~御茶ノ水間は簡単に歩ける距離ですが、御茶ノ水駅近くの御茶ノ水ソラシティまで行けば、
chiyodaku-ethiopia-curry1.jpg

ここにも"エチオピアカリーキッチン"があるのです。
chiyodaku-ethiopia-curry2.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry3.jpg

ハートランドビール、
chiyodaku-ethiopia-curry16.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry17.jpg

豆サラダ、
chiyodaku-ethiopia-curry18.jpg

ジャガイモ、
chiyodaku-ethiopia-curry4.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry19.jpg

チキンカリー、
chiyodaku-ethiopia-curry5.jpg
chiyodaku-ethiopia-curry6.jpg

バターチキンカリー、
chiyodaku-ethiopia-curry20.jpg

野菜カリー。
chiyodaku-ethiopia-curry21.jpg

同じソラシティに、あの六厘舎の系列店である"舎鈴"の御茶ノ水ソラシティ店があります。
chiyodaku-tsukemen-sharin5.jpg
chiyodaku-tsukemen-sharin1.jpg
chiyodaku-tsukemen-sharin2.jpg

中華そば、ワンコイン以下の490円です。
chiyodaku-tsukemen-sharin3.jpg
chiyodaku-tsukemen-sharin4.jpg

御茶ノ水駅の近くにある"カレー屋ジョニー"の御茶ノ水店で、
chiyodaku-johnnycurry1.jpg
chiyodaku-johnnycurry2.jpg
chiyodaku-johnnycurry3.jpg

ビックリチキンカツカレーです。
chiyodaku-johnnycurry4.jpg

薄めの肉ですが、これがサクサクして良い。そしてこの量、お腹満足。
chiyodaku-johnnycurry5.jpg

辛さアップが出来ないのも、卓上のスパイスを使えばOK。
chiyodaku-johnnycurry6.jpg

そして立ち食い蕎麦屋は、"明神そば"ですね。
chiyodaku-myojinsoba1.jpg
chiyodaku-myojinsoba2.jpg

天玉そば、
chiyodaku-myojinsoba5.jpg
chiyodaku-myojinsoba6.jpg

そして店名を冠した豪華なやつが、明神そば。
chiyodaku-myojinsoba3.jpg
chiyodaku-myojinsoba4.jpg

この界隈には謎の像もけっこうあります。
chiyodaku243.jpg
chiyodaku244.jpg

ディスクユニオンも複数軒ありますが、特にお茶の水ハードロック/ヘヴィメタル館にはどれだけ通っている事か。
chiyodaku271.jpg

GAIA…自然食品を扱う良い店ですが、この名を見るとどうしてもヴァレンシア(Valensia)のデビュー曲が頭にリフレインしませんか。
chiyodaku239.jpg

細い路地に、"画廊喫茶ミロ"があります。
chiyodaku251.jpgchiyodaku250.jpg

あの三島由紀夫も常連だったという、老舗の喫茶店です。
chiyodaku252.jpg
chiyodaku253.jpg

自分は純喫茶よりカフェの方が慣れているので、ここら辺だと"NEW YORKER'S Cafe"の方がよく行きますが。
chiyodaku256.jpg
chiyodaku257.jpg

"バーガーキング"で甘味にも挑戦したり。
chiyodaku272.jpg
chiyodaku273.jpg

"英国風パブ HUB"の御茶ノ水店。
chiyodaku258.jpg
chiyodaku260.jpg
chiyodaku259.jpg

ロックの名盤レコードジャケットが飾ってある壁、
chiyodaku263.jpg

1番大事そうな位置にピンク・フロイド(Pink Floyd)の「夜明けの口笛吹き」(The Piper At The Gates Of Dawn)があるのは、同バンドの大ファンとして嬉しいかぎり。
chiyodaku264.jpg

ドリンクと、ザ・フィッシュ&チップス。
chiyodaku261.jpg
chiyodaku262.jpg
chiyodaku267.jpg

おお、あれは...
chiyodaku301.jpg
chiyodaku302.jpg
chiyodaku303.jpg

東京の観光名所の1つと言えるでしょうか、ニコライ堂。
chiyodaku245-nikolaido.jpg

正教会の大聖堂で、八端十字架が使われています。
chiyodaku247.jpg
chiyodaku246.jpg
chiyodaku248.jpg
chiyodaku249.jpg

小川町駅の辺りまで来て、"らーめん ほん田"。もちろん↑の東京駅にあったほん田とは別の店ですよ~。
kanda-honda1.jpg
kanda-honda2.jpg

ラーメンが350円と、安いのに美味い店。
kanda-honda3.jpg

次は、モヤシソバ。
kanda-honda4.jpg
kanda-honda5.jpg

さらに淡路町駅の辺りまで来て、"カリ-専門店 トプカ"の神田本店で、
chiyodaku-topca1.jpg
chiyodaku-topca2.jpg

これを頂いたのです。
chiyodaku-topca3.jpg
chiyodaku-topca4.jpg
chiyodaku-topca5.jpg

市ヶ谷駅では、
chiyodaku238.jpg

気になっていた熊本とんこつラーメンの店、
chiyodaku-teppen1.jpg

"火の國らーめん てっぺん"
chiyodaku-teppen2.jpgchiyodaku-teppen3.jpg
chiyodaku-teppen4.jpg
chiyodaku-teppen5.jpg

野菜盛らーめん、美味かった~。
chiyodaku-teppen6.jpg
chiyodaku-teppen7.jpg

次、飯田橋駅。この近くには"東京大神宮"がありますね。
tokyodaijingu1.jpg
tokyodaijingu2.jpg

"小諸そば"の飯田橋店で、
chiyodaku268.jpg

かき揚げそば。ここはネギを入れ放題なのも嬉しい。
chiyodaku269.jpg
chiyodaku270.jpg

"大勝軒 飯田橋"
chiyodaku-tai-sho-ken1.jpg
chiyodaku-tai-sho-ken6.jpg

中華そば(煮玉子トッピング)、
chiyodaku-tai-sho-ken5.jpg

中華そば(野菜+煮玉子トッピング)、
chiyodaku-tai-sho-ken7.jpg
chiyodaku-tai-sho-ken8.jpg

ここは大勝軒なのにラーメン二郎インスパイアの商品を出していて、それが『豚麺』のシリーズ。中では一番小さい子豚ラーメンを注文。にんにく・背脂・野菜マシは出来たのですが、店の人も言ってくれないし注文時にそれ気付かずノーマル状態で。
chiyodaku-tai-sho-ken2.jpg
chiyodaku-tai-sho-ken3.jpg
chiyodaku-tai-sho-ken4.jpg

"めん徳 二代目 つじ田"の飯田橋店という人気店もありますが、
chiyodaku-tsujita6.jpg

それに隣接してこの味噌樽っぽい店構えが良いですね、"つじ田 味噌の章"の飯田橋店。
chiyodaku-tsujita1.jpgchiyodaku-tsujita2.jpg
chiyodaku-tsujita3.jpg

味噌らーめん。
chiyodaku-tsujita4.jpg
chiyodaku-tsujita5.jpg

ホテルメトロポリタンエドモントでも、ビュッフェを。
hotel-metropolitan-edmont1.jpg
hotel-metropolitan-edmont2.jpg
hotel-metropolitan-edmont3.jpg
hotel-metropolitan-edmont4.jpg
hotel-metropolitan-edmont5.jpg
hotel-metropolitan-edmont6.jpg
hotel-metropolitan-edmont7.jpg

秋葉原、
akihabara23.jpg

世界的に有名な観光地になりつつあるここも、見て回りましょう。
akihabara91.jpg
akihabara92.jpg
akihabara93.jpg

アキバといえばメイド、
akihabara24.jpg

コスプレ。
akihabara25.jpgakihabara26.jpg

他にはゲーム、アニメ、アイドル…ここの名物である物がことごとく自分の興味ないものですが、たまに見る分には良いですかね。ちゃんとヴィンテージ漫画を扱う"まんだらけ"もあるし。
こちらベルサール秋葉原で『秋葉原オクトーバーフェスト』が開催されていた時か。もちろんオクトーバーフェストといえばビール祭りですが、さすが秋葉原ではコスプレ女子、
akihabara38.jpg
akihabara40.jpg

アニメのイタ車、
akihabara39.jpg

その前で撮影会…といった感じ。
akihabara41.jpg
akihabara42.jpg

そのベルサール秋葉原会場にて行われた『アキバ大好き祭り』、
akihabara27.jpg
akihabara28.jpg
akihabara29.jpg
akihabara30.jpg

たまたま通りかかった時にステージを見たら、ロボットアイドル・にょロボてぃくすってのがパフォーマンスしてたのです。
akihabara33.jpg
akihabara34.jpg

もちろん初めて見たのですが、衝撃的でしたね…後ろ奥に居るオッパイ丸出しのウサギたんは5号機のブラウニーというのですが、ヤバいので自主規制してアップの写真は載せずにおきましょう。
akihabara31.jpg

で、この時に歌ってた曲が良かったので、あとで曲を調べてそれが収録されているCDも購入しました。「スペースキラー」というアルバム。
nyorobotics1.jpg

DVD付き!
nyorobotics2.jpg
nyorobotics3.jpg
しかしこんなイロモノ的なグループとはいえ、アイドルグループにこれっぽっちも興味なかった私がこんなの買うとは。巷でヒットして聞こえてきてしまうグループ…AKBとかの曲は論外ですが、この例を見るとアンダーグラウンド系のアイドルでは曲も良い人達がいるのかも?

りんくる♡りんくる。
akihabara35.jpg
akihabara36.jpg

頑張れ~。まぁ今度は音楽としては興味ない方のグループでした…
akihabara37.jpg

アキバではローソンがドラゴンクエストとコラボしている店舗もあるし、
akihabara43.jpg
akihabara44.jpg

こちらは"ガンダムカフェ"(GUNDAM CAFE)。
akihabara45.jpg

入店してみましょう。
akihabara46.jpg
akihabara47.jpg
akihabara48.jpg
akihabara49.jpg

このメニューを開いて、頼んだのは…
akihabara50.jpg

ハロラテ、
akihabara52.jpg
akihabara53.jpg

カツ・レツ・キッカのフォンダンショコラ。
akihabara51.jpg

隣には"AKB48カフェ&ショップ秋葉原"というのもあるのですが、メンバー1人も知らない私が入れるわけないですね。
akihabara94.jpg
akihabara95.jpg

でかく宣伝していた仮面女子。
akihabara88.jpg
akihabara89.jpg

もう6年も前でしたが、「ココ」で紹介したのが御徒町~秋葉原間のJR高架下にオープンしたオシャレ空間"2k540 AKI-OKA ARTISAN"。その第二弾としてまた高架下に誕生した"CHABARA"も、行っています。
akihabara54.jpg

食材とかの商品を見た後は、"やなか珈琲店"で休憩して。
akihabara55.jpg
akihabara56.jpg

アイスでも。
akihabara57.jpg
akihabara58.jpg

同じく秋葉原駅の高架下にオープンした、"B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE"ってのも行ってみました。トレーラー・キッチンカーが並んでいて、もりろん地方のご当地グルメを販売しているのです。
akihabara71.jpg
akihabara72.jpg

生ビールを頂いて...
akihabara78.jpg

"八戸せんべい汁研究所"の、八戸せんべい汁。
akihabara73.jpg
akihabara74.jpg
akihabara75.jpg

"浪江焼麺太国"の、なみえ焼そば。
akihabara76.jpg
akihabara77.jpg

"熱血!!勝浦タンタンメン船団"の、勝浦タンタンメン。
akihabara79.jpg
akihabara80.jpg
akihabara81.jpg

"魂ネイションズ AKIBA ショールーム"(TAMASHII NATIONS AKIBA SHOWROOM)、ここはバンダイ関連の商品ですか、よく分かりませんが高級そうなフィギュアが飾られていて、ある時はブルース・リーの新商品で『世界一動くブルース・リー』と謳うS.H.Figuarts ブルース・リーを見つけました。
akihabara66.jpg
akihabara67.jpg

シャノン・リーからのメッセージも展示されていて、これは嬉しいですね。
akihabara68.jpg
akihabara69.jpg

フィギュアにはそんなに興味無い私ですが、対象がブルース・リーだと燃え方が全然違います!
akihabara70.jpg

こちらは、昨年の映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」公開時に。
akihabara84.jpg

衆議院選挙中のラッキー、秋葉原駅前で唯一神又吉イエスさまに出会いました…
akihabara85.jpg
akihabara86.jpg
akihabara96.jpg

JR秋葉原駅内の秋田県ショップを覗き、
akihabara64.jpg
akihabara65.jpg

こちらも改札内、Tokyo Food Bar秋葉原店では、
akihabara60.jpg

"そばいち"で食事。
akihabara61.jpg
akihabara62.jpg

また駅を出て"小諸そば"の秋葉原店で、かき揚げそば。
akihabara82.jpg
akihabara83.jpg

秋葉原は我が故郷新潟の、やはり子供の頃から親しんでいたラーメンの名店"青島食堂"が進出しているのですが、行列がひどくて随分長いこと行けてません。
akihabara-aoshima8.jpg
akihabara-aoshima9.jpg

"野郎ラーメン"の秋葉原店、
akihabara59.jpg

"田中そば店"の秋葉原店等々、秋葉原もラーメン店が増えまくりました。10年前とかは飲食店が少なくて探すのに苦労したもんですけどね。
akihabara90.jpg

アキバ駅前の激安ラーメン屋、"福の軒"の特製らーめん390円。
akihabara-fukunoken1.jpg
akihabara-fukunoken2.jpg

"秋葉らーめん 一花"
akihabara-ichihana1.jpg
akihabara-ichihana2.jpg
akihabara-ichihana3.jpg

"日高屋"は、
akihabara-hidakaya1.jpg

待ち合わせの調整時間とかに1人でちょい呑み。
akihabara-hidakaya2.jpg
akihabara-hidakaya3.jpg
akihabara-hidakaya4.jpg

"山半"のヨドバシAkiba店、
akihabara-yamahan1.jpg
akihabara-yamahan2.jpg

ここには愛媛県松山市のソウルフード、松山うどんを食べに行きました。
akihabara-yamahan3.jpg
akihabara-yamahan4.jpg

他に、ミニ親子丼と肉うどん、
akihabara-yamahan5.jpg

ミニカレーライス。
akihabara-yamahan6.jpg

また"かんだ食堂"では、
akihabara-kanda-syokudo4.jpg

豚生姜焼定食、
akihabara-kanda-syokudo5.jpg

カツカレー。
akihabara-kanda-syokudo6.jpg

とんかつ屋の"丸五"で、
akihabara-marugo1.jpg
akihabara-marugo2.jpg

ロースかつ、
akihabara-marugo4.jpg

ヒレかつ。
akihabara-marugo5.jpg

これを、ご飯・赤出汁・お新香と共に食べる。
akihabara-marugo3.jpg

秋葉原中央通りには、アメリカのハンバーガー・チェーン店ですが東京でも珍しい"カールスジュニア"(Carl's Jr)がオープンしています。
akihabara87.jpg

ケバブ屋さんもけっこうありますが、
akihabara63.jpg

"スターケバブ秋葉原"で、
akihabara-starkebab1.jpg

ビーフケバブ・ピタ。
akihabara-starkebab2.jpg
akihabara-starkebab3.jpg

ここでも"英国風パブ HUB"へ…
akihabara-hub1.jpg
akihabara-hub2.jpg

ちょっと早い時間から呑めるのも嬉しいですね。
akihabara-hub3.jpg
akihabara-hub4.jpg

ビールはギネス、バスペールエール、
akihabara-hub7.jpgakihabara-hub8.jpg

そして、リモンチェッロコーク。
akihabara-hub5.jpg

つまみは、やわらかビーフのギネス煮込み。
akihabara-hub6.jpg

次、銀座。数寄屋橋公園で岡本太郎の『若い時計台』を見て、
chiyodaku197.jpg

日比谷・有楽町界隈へ移動。
chiyodaku195.jpg
chiyodaku196.jpg

東京国際フォーラム ホールA、ここに行ったのはディズニー・イン・コンサート『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の時だ。
t-i-forum1.jpg
t-i-forum2.jpg
t-i-forum3.jpg

多くのティム・バートン映画で音楽を担当しているので有名なダニー・エルフマンが来日して、あの名作「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」映画本編の上映と同時にオーケストラや歌の生演奏をするというコンサート!
t-i-forum4.jpgt-i-forum5.jpg
t-i-forum6.jpg

素晴らしいイベントでしたが、あれからもう2年も経ちました。
t-i-forum7.jpg

ルミネ有楽町店で、
yurakucho-lumine1.jpg
yurakucho-lumine2.jpg

かつて"豆しばカフェ"(及びベベヒナカフェ)が期間限定でオープンするイベントがありました。
yurakucho-lumine3.jpg
yurakucho-lumine4.jpg
yurakucho-lumine5.jpg

そりゃまぁ、一応は豆しば好きとして行ってみますよね…
yurakucho-lumine6.jpg
yurakucho-lumine7.jpg
yurakucho-lumine12.jpg

豆しば庵の抹茶ラテ、とか頂きました。
yurakucho-lumine11.jpg

豆三郎の豆しば御膳、
yurakucho-lumine8.jpg
yurakucho-lumine9.jpg
yurakucho-lumine10.jpg
しかしこの豆しば…近年、東大卒の美人社員が過労自殺した事で話題の企業・電通が開発したオリジナルキャラクターなんですよね。

有楽町駅近くのガード下、"イル・バロッコ"
hibiya-Il-barocco1.jpg
hibiya-Il-barocco2.jpg
hibiya-Il-barocco3.jpg

前菜と、
hibiya-Il-barocco5.jpg
hibiya-Il-barocco6.jpg

スパゲッティ、
hibiya-Il-barocco7.jpg
hibiya-Il-barocco8.jpg
hibiya-Il-barocco9.jpg

デザートの、ゴロゴロ苺の自家製サングリア。
hibiya-Il-barocco4.jpg

有楽町のガード下は、飲み屋街として充実しています。
chiyodaku156.jpg
chiyodaku155.jpg
chiyodaku154.jpg
chiyodaku153.jpg

"八起"でビール、
chiyodaku157.jpg
chiyodaku158.jpg

牛すじ、やきとん。
chiyodaku159.jpg
chiyodaku160.jpg

日比谷シャンテでは、
hibiya-chanter1.jpg

好きなインドカレーの店、"おいしいカレー工房 ひつじや"があります。
hibiya-chanter2.jpg

ドリンクは生ビール、瓶ビール、赤ワイン、チャイ。
hibiya-chanter3.jpg
hibiya-chanter4.jpg
hibiya-chanter5.jpg
hibiya-chanter6.jpg

つまみは、ラムチャップのタンドール焼き、
hibiya-chanter7.jpg

ブリック(挽肉と卵の包み揚げ)、
hibiya-chanter8.jpg
hibiya-chanter9.jpg

カレー各種。
hibiya-chanter10.jpg
hibiya-chanter11.jpg
hibiya-chanter12.jpg
hibiya-chanter13.jpg
hibiya-chanter14.jpg

デザート。
hibiya-chanter15.jpg

その日比谷シャンテ前、合歓の広場にはゴジラ像。
chiyodaku161.jpg

あまり大きくないけど、カッコいいですね。
chiyodaku162.jpg
chiyodaku163.jpg
chiyodaku164.jpg
chiyodaku165.jpg

その周囲にはスターの手形プレートが埋め込まれていて、つまりここはハリウッドのハリウッド・ウォーク・オブ・フェームとか、香港のアベニュー・オブ・スターズ…あの日本版ですね!
chiyodaku166.jpg

役所広司、
chiyodaku169.jpg

高倉健、
chiyodaku172.jpg

仲代達矢、
chiyodaku171.jpg

勝新太郎と若山富三郎の兄弟、
chiyodaku170.jpg

そして、丹波哲郎さま!
chiyodaku173.jpg

他にもまだまだビッグなスターや、ドラえもんのまでありますよ。
国際的な外国人スターのもあって、シルベスター・スタローン、
chiyodaku168.jpg

ジャッキー・チェンも!
chiyodaku167.jpg

はい、今回の東京都千代田区への旅は、ここまでにしておきましょう。生きている方、おやすみなさい。そして英霊達よ、安らかに…


スポンサーサイト
  1. 2017/08/19(土) 23:59:46|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梶原一騎 絶筆30年 ~SO!一騎集会~

比類なき功績を残した偉大すぎる梶原一騎先生の没後30年の今年、『梶原一騎絶筆30年 SO!一騎集会』に行ってきました!
kajiwara-so-ikki1.jpg
この題字を書いたのも、私の大好きな漫画家である平松伸二先生!

イベントが開催されたのは8月6日...つまり72年目にアメリカ合衆国による原爆投下で広島の一般市民が大虐殺された日に当たりますが、会場が東京都千代田区の靖國神社に近い"科学技術館 サイエンスホール"だった事は、戦没者を参拝してから行きやすいようにとの配慮でしょうか。
kajiwara-so-ikki29.jpg
kajiwara-so-ikki6.jpg

さらにこの2017年は、日本に国産アニメーションが誕生して100周年にも当たるらしいので、漫画とアニメを結んだ功績も高すぎる梶原一騎先生を称えるには最高の年でもあると言えましょう。
梶原一騎先生を語るゲストとして、ちばてつや先生と川崎のぼる先生が呼ばれていまして…いや片方なら私も複数回見ていますが、この両者が揃うのってレア過ぎませんか。それでチケット代が4,000円(+システム利用料216円+店頭発見手数料108円)なら安い。発売と同時にすぐさま購入しました。
kajiwara-so-ikki20.jpg

さて梶原イベントという事で、今回はどのTシャツを着ていこうか…ちばてつや先生も来るので結局は定番ながら何度も商品化されている「あしたのジョー」でいいか。
ジョーのTシャツは私が持っているだけで10種類以上ありますが、そういえばずっとタンスの肥やしになっていて未着用だった2002年の『第5回 アジアマンガサミット 横浜大会』時のTシャツを引っ張り出してきました。
kajiwara-so-ikki2.jpg

カーロス、ジョー、ホセと並ぶイラスト部分はプリントではなく、縫い付けてある凝った仕様です。
kajiwara-so-ikki3.jpgkajiwara-so-ikki4.jpg
kajiwara-so-ikki5.jpg

会場に到着して地下サイエンスホールへ。
kajiwara-so-ikki7.jpg

川崎のぼる先生は出演者なのに、花束を進呈しています。
kajiwara-so-ikki8.jpg

そして、梶原一騎先生の巨大パネル!
kajiwara-so-ikki9.jpg

ここではもちろん記念撮影をして。
kajiwara-so-ikki10.jpg

その横では、梶原一騎原作でテレビ化された番組のテーマ曲が映像と共に繰り返し流れていました。
kajiwara-so-ikki11.jpg
kajiwara-so-ikki12.jpg

どれも胸が躍ったり悲しくなったりする、名曲揃い。没後10年の年に真樹日佐夫監修で出たあのCD、「梶原一騎の世界」でも久々に引っ張り出してみましょうか。
kajiwara-so-ikki30.jpg

会場でチラシを配っていましたが、アニメ版の「空手バカ一代」が初のHDリマスター化されてアニマックスで放映されるようですね。
kajiwara-so-ikki28-.jpg

物販。このTシャツの数々!今回限りのイベントロゴがバックプリントされた物の他に…
kajiwara-so-ikki14.jpg

ハードコアチョコレートからの新作で、これら素敵なTシャツが並べられていました。
LEGEND(梶原一騎)、
kajiwara-so-ikki15.jpg

WARU(真樹日佐夫)、
kajiwara-so-ikki16.jpg

そして、BROTHER(梶原一騎・真樹日佐夫兄弟揃い踏み!)。
kajiwara-so-ikki17.jpg
同行した秘密結社員は、これら全てを即買いしていました。

また、喜久盛酒造の日本酒でもこんな企画が!
kajiwara-so-ikki27-.jpg

私は梶原一騎先生の写真入りの方だけ購入しましたが、辞世の句ラベルのもありました。
kajiwara-so-ikki18.jpgkajiwara-so-ikki19.jpg

このお酒を販売していた藤村さんは、まんだらけが「男たちの星」を復刻した時に作られたこのTシャツを着ていました。
kajiwara-so-ikki13.jpg

ロビーには梶原一騎年表があったのですが、6歳の所で『担任教師を闇討ちしにて退学させられる。』とあったのが強烈でしたね。
kajiwara-so-ikki23.jpg

梶原一騎先生が愛飲したI.W.ハーパー。他に、使用していたサングラス等の私物も展示されていました。
kajiwara-so-ikki22.jpg

さて、会場入りしましょう。これが科学技術館 サイエンスホールの座席表なんですけどね、うちの秘密結社員で『い列 7番~い列 9番』という最前列の3席を取っていたのです!私は…い列 9番、最前列のど真ん中で見させて頂きました。
kajiwara-so-ikki21.jpg

いよいよイベントが開始されましたが、梶原一騎原作アニメ作品のオープニング・エンディング集をスクリーンで大音量にて上映。
それから最初の挨拶に登壇したのは梶原一騎先生の長男で梶原作品の著作権管理をしている会社"A・Tプロダクツ"の代表取締役である高森城さま、そして真樹日佐夫先生の長女・高森翠さま。
高森翠さまは極度の緊張でか声が震えていましたが、最前列なので手もブルブル震えているのが見えて、頑張れと心の中で応援し続けました。
そしてゲストに、つい先月「弔花を編む 歿後三十年、梶原一騎の周辺」(文芸社刊)を上梓したばかりの高森日佐志さま。もちろん、梶原一騎・真樹日佐夫という強烈な兄を持つ3兄弟の末弟。
TAKAMORI-chouka.jpg

次兄の真樹日佐夫自身が監修・脚本した映画「すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史」のDVDでも引っ張り出して、これもたまには観直してみましょうか。
sutegoro.jpg

高森家の家族で主催するイベントであり、家族写真などを交えて親族3人で話すこのコーナーが梶原一騎先生についての初めて聞く話が多かったし、彼らの人柄も知れて良かった。
サプライズ・ゲストにアニメ「タイガーマスクW」のプロデューサーであるギャルマト・ボグダンさまが来て話していき、『丹下段平芸人』を自称するガンリキの佐橋大輔がパフォーマンスをして…
それからメイン・ゲストのちばてつや先生と川崎のぼる先生が登場。司会進行が、私も30年ほども読み続けている「はじめの一歩」の森川ジョージ先生!

梶原一騎先生といえば仕事で組んだ漫画家達とも後に悶着があって晩年は避けられていたり、死後の葬儀関連も
『ちばてつや、つのだじろう、川崎のぼるなど兄貴と組んでヒットを飛ばした連中の多くは示し合わせたように欠席だった。』
と、真樹日佐夫先生が「兄貴 梶原一騎の夢の残骸」(ちくま文庫刊)で書いていました。さらに
『この者たちの恨みつらみは相手が鬼籍に入ってもなお忘れかねるほど根が深いものか、それはそれでまた人間の真実なんだろうよ。』
と続いていて、単純に作品のファンとしては悲しい気持ちが残っていたのですが…さすがにこれだけの時が経ち、現在のちば・川崎先生は共にこのようなイベントに出て、梶原先生の事も良い思い出として語るようになりました。真樹日佐夫先生にも、この姿を見てもらいたかったですね。
つのだじろう先生だけは未だに梶原一騎先生について語る所さえ見た事がないし、今後も無理かもしれませんが…

貴重な大御所揃い踏みで梶原一騎先生を語るトークは続きましたが、少しだけ残念なのは作品については「あしたのジョー」「巨人の星」のだけに絞っていた事か。梶原一騎先生はけっしてこのような代表作だけの人ではないし、まして川崎のぼる先生は他にも複数の梶原一騎原作を描いているのだから!だいたい、それら有名作品についてのエピソードは、あまりにも様々な場で語られすぎているのでマニアが知らない話なんてそうそう飛び出さないのです。まぁ、単純に時間の都合でそうなっただけでしょうけどね。森川ジョージ先生の突っ込みが見事でお話はかなり面白かったですし。

そして、ほとんど人間国宝レベルの漫画家が揃ったわけですから、パフォーマンスとして生で絵を描く所を見せてくれました。しかも、お互いの代表作を入れ替えて川崎のぼる先生がジョー(矢吹丈)を、ちばてつや先生は星一徹と飛雄馬を描くという物でした!
さらに森川ジョージ先生の呼びかけで来場していた平松伸二先生も登壇し、むちゃぶりで大御所と共に絵を、それも難しい「タイガーマスク」を描いてくれたのです。

興味深い話ばかりなので約3時間のステージがあっという間に終わり、
kajiwara-so-ikki24.jpg
kajiwara-so-ikki25.jpg

日中に始まったイベントでしたが、終わって出てみたらこのように暗くなっています。行ってよかった素晴らしいイベントに満足し、今度は秘密結社員のカジワラー達で酒を呑みながらのマンガ夜話へとなだれ込んだのでした。
kajiwara-so-ikki26.jpg

ところで本イベントでも触れていた、ファンの間では軍艦御殿として知られる東京都練馬区にある梶原一騎先生の自宅。
梶原巡りの最重要スポットでもあるので、私も目の前まで行って見た事はあり…
kajiwara-house1.jpg
kajiwara-house2.jpg

三協映画音楽城北支社、という看板が残っています。
kajiwara-house3.jpg

今まで何度かインタビュー記事や映像などでこの軍艦御殿の内部も少しだけ見ていますが、今回も高森城さまのコメントフィルムで見させて頂きました。
遺品や原稿などそのまま残っているそうで、遺族は公開したい意向を持っている事は以前から聞いていましたし、それはファンとして切望する事でもあるのですが、その話はなかなか進んでないみたいですね。その功績や後続に与えた影響などを考えると、梶原一騎先生ほどの方の記念館や資料館が作られていないのもおかしいと思うのですが。とにかく吉報を待ちましょう。

では今夜は軍艦御殿の門の鷲。ナチスやショッカーにも影響を与えた古代ローマ帝国の旗(双頭の鷲)を使用した、この写真でお別れです。
kajiwara-house4.jpg



  1. 2017/08/13(日) 23:00:00|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(226) 富山県富山市 1‏ 高岡市 1 氷見市 1‏

ここの所、藤子不二雄マンガを次々と紹介していましたが…自伝的作品の「まんが道」、そして吉田忠著による「藤子不二雄物語 ハムサラダくん」まで出したとなれば、次はもう2人の藤子不二雄先生生誕の地・富山県まで行くしかないでしょう!

私は隣の新潟県出身という事もあり、隣接する富山県には子供の頃からけっこう行っているのですが、2年前の2015年に北陸新幹線が開通するまで、東京都から行くのはあまりにも不便な土地でした。新潟県まで行く上越新幹線は1982年に開通した事を考えると、あまりにも遅いですよね。上越新幹線は田中角栄の政治力のおかげだと言われていますが、北陸方面はあまり強い政治家が居なかったのでしょうか。
しかし私はこの春、時間の余裕が出来たので青春18きっぷでノロノロ鈍行列車の旅で行ってみました。となると結局、実家のある新潟県回りになりました。
toyama56.jpg

今回は「まんが道」や藤子不二雄先生の跡を追う聖地巡礼という目的があったので、重いのに全巻持って読みながら同作の聖地に行ったのです!
toyama55.jpg
toyama58.jpg

げ、第三セクターは青春18きっぷが使えないとかで、えちごトキめき鉄道の切符2,080円を追加購入。
toyama57.jpg

車窓から海を見ながら、ようやく富山県に突入。「まんが道」では扱いが低かったけど、双子の兄弟漫画家である山根青鬼・山根赤鬼の2人も富山県出身です。特に山根あおおに名義の「名たんていカゲマン」は、藤子マンガと同様に幼少期からてんとう虫コミックスで買って愛読していた作品でした。
namerikawa1.jpg

富山市の一歩手前の滑川市まで到着。なめりかわ…「闇金ウシジマくん」の風評被害で怖い地名だと思う方も居るかと思いますが、あの極悪ヤクザは『滑皮』です。
namerikawa2.jpg

普通の田園や住宅街の中に観覧車が見えますが、あれは魚津市の遊園地・ミラージュランド。魚喃キリコ先生の漫画を原作とした映画「ストロベリーショートケイクス」の舞台です。
namerikawa3.jpg
namerikawa4.jpg

そして富山市、富山駅に到着です。
toyama84.jpg
toyama1.jpg

改札を出て…
toyama2.jpg
toyama3.jpg

富山駅の正面。ここは20年弱ぶりくらいで、当地在住だった職場の先輩のうちを訪ねた時以来だ...全然何も覚えてません。
toyama4.jpg

まだ汽車が走っていた時代を舞台にした「まんが道」での描写とは、当然ながら様変わりしています。
toyama59.jpg

富山市のマンホール蓋は、この模様と...
toyama7.jpg

市の草花であるアザミのデザイン、モノクロとカラー版。
toyama5.jpg
toyama6.jpg

立山と雪のデザイン、カラー版。
toyama8.jpg

ハンドホール蓋、
toyama9.jpg

そして消火栓同デザインがありました。
toyama10.jpg

富山県の私鉄、富山地方鉄道の駅。映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の続編、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の舞台となった鉄道ですね。
toyama11.jpg

そして路面電車、富山市内軌道線。
toyama12.jpg
toyama13.jpg
toyama14.jpg
toyama15.jpg
toyama16.jpg

車体のラッピングは様々なモノがありましたが、こちらはケーブルテレビ富山・ミタスト 光のキャラクター。
toyama17.jpg
toyama18.jpg

とにかく乗って駅を離れると、
toyama19.jpg
toyama20.jpg

車窓から富山城が見えました。
toyama21.jpg

そしてまず目指したのは「まんが道」聖地巡礼の第一弾として、満賀道雄が勤めた立山新聞社のモデルとなった富山新聞社。もちろん現実でも若き日の藤子不二雄Ⓐ先生が実際に勤めた会社でもありますね。
toyama22.jpg
toyama60.jpg

ビルに入ると、富山県の彫刻家・横山豊介による銅像『光をあびて』があります。
toyama23.jpg

他に1階には、"チルアウト(Chill Out)&ソフトクリーム畑"という店がありました。私もジャーマン・ プログレッシブ・ロックからの流れで若い時に電子音楽のチルアウトをかなり聴いていたのですが、色々と過去の名盤を思い出してくる屋号でした。
toyama27.jpg

ちなみに「まんが道」では富山県の2大新聞社の1つ、もちろん立山新聞社にとってはライバル社という立ち位置で北陸日本新聞が登場しますが、実際には北日本新聞。という名前なんですね。
toyama24.jpg

松川、
toyama28.jpg

この川沿いの桜や、
toyama29.jpg

銅像を見ながら進みました。
toyama30.jpgtoyama31.jpg
toyama32.jpg

白銀町公園でも桜を見て、
toyama25.jpg
toyama26.jpg
そしたらこの公園でポーチを拾ったんですよ。小銭がいくらかと幼女と思われる持ち主のオモチャとか入ってたので、富山駅前の交番に届けに行ったらポリス誰も居ない!メモを残して置いてきましたが…そのように人の落し物を届けていたら、そこで自分が東京から持ってきてた杖(↑今回の1枚目写真で写っている物)を忘れた事に後で気付きました!その時点でもう取りに戻るのは無理だったし、諦めました。

さて富山市で呑むとなれば、やっぱり「まんが道」関連の店に行きたい。となれば満賀道雄が変木さんに連れて行ってもらったりで何度か出ていた居酒屋の"ふくや"が実在するなら行きたかったのです。
それでネットで調べたら、富山新聞社の近くに懐石料理の"冨久屋"(ふくや)ってのがあるのを見つけました!場所からしてもありえるでしょうか。で、その住所までは行ったのですが…何故かいくら探しても見つからなくて、諦めました。
そこら辺で目立つ建物があったのですが、ここは本願寺富山別院。
toyama37.jpg
toyama36.jpg

商店街も歩き回りましたが、けっこうガラガラ。
toyama38.jpg
toyama39.jpg
toyama40.jpg

お、ここは「まんが道」でも出てきた総曲輪とかいう繁華街の辺りで、
toyama54.jpg

そこから1本入った路地が総栄通りで、飲み屋街ですね。
toyama41.jpg
toyama42.jpg

ちょっと見て回った上で、"将峰"(まさみね)という夫婦でやってる地元店に入店してみました。
toyama43.jpg
toyama44.jpg
toyama46.jpg
toyama45.jpg

ビールから、富山の日本酒を呑みながら…
toyama47.jpg
toyama48.jpg
toyama49.jpg

つまみはもちろん、地元の海鮮。さより作り、
toyama50.jpg

ヤリいか作り、
toyama51.jpg

みぎす塩焼。
toyama52.jpg

〆の麺類も食べたくなった所へ『越中手打』を名乗る店が出てきました。でも"めん処 東京亭"と、『東京』を名乗る店なのはいただけないな...
toyama53.jpg

最後に富山といえば『富山の薬売り』が有名なわけですが、
toyama33.jpg

駅前にはそのモニュメントがありました!
toyama34.jpg
toyama35.jpg

あとは食べ物で富山名産、ます寿司が有名で私にとっても大昔からの馴染みがありますが、
toyama65.jpg

ますのすし本舗 源が出している、ぶりのすしには今回ですっかりハマってしまいました。
toyama62.jpg
toyama62-.jpg
toyama63.jpg
toyama64.jpg

富山まで行かずとも東京で手に入る所を見付けて買いに行ったりもしましたね…
toyama69.jpg
toyama70.jpg
toyama71.jpg

カップ麺は寿がきや食品の全国麺めぐりシリーズで、『富山白えびラーメン』を見つけて食べましたが美味かったですね。
toyama66.jpg
toyama67.jpg
toyama68.jpg

同、全国麺めぐりシリーズから『富山ブラックラーメン』、
toyama72.jpg
toyama73.jpg
toyama74.jpg

その、ちょいとジャケ違いで。
toyama75.jpg
toyama76.jpg
toyama77.jpg

今度はニュータッチ、凄麺 富山黒醤油ラーメン。
toyama78.jpg
toyama79.jpg
toyama80.jpg

そしてマルちゃん、やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば。
toyama81.jpg
toyama82.jpg
toyama83.jpg

ここまで来たら五箇山のある南砺市が隣接していて近いし以前から行ってみたかったのですが、今回は時間が無く諦めました。
nanto1.jpg


いよいよ高岡市、JR陸線高岡駅の高岡駅に到着です。
takaoka89.jpg
takaoka1.jpg
takaoka2.jpg

高岡市にも、万葉線という路面電車(トラム)があります。
takaoka94.jpg
takaoka93.jpg

これは昼も夜も何度も利用させてもらいましたが、
takaoka200.jpg

見たかった『ドラえもんトラム』というのは、一度も目撃できませんでした...
takaoka245.jpg

そのJR高岡駅と万葉線を結ぶ複合ビルが"クルン高岡"(Curun TAKAOKA)という所でしたが、その地下街に…
takaoka215.jpg
takaoka216.jpg

中古コミック約2万冊が読み放題だという『B1コミック広場』がありました。無料なのに空調も効いていて快適だし、こりゃ電車待ちの時間潰しには最高ですね。
takaoka217.jpg

当然、藤子不二雄作品が多いのかと思い探してみたら!これだけの本の中でただの1冊たりとも置いてませんでしたが!
takaoka218.jpg

ホテルは、1泊目が南口の"ホテルクラウンヒルズ高岡"(BBHホテルグループ)。
takaoka3.jpg
takaoka4.jpg

日中。
takaoka90.jpg

名誉支配人は高橋英樹と、高橋真麻です。
takaoka248.jpgtakaoka5.jpg

フロントに「ドラえもん」が置いてあって、ちゃんと藤子不二雄先生ゆかりの地である事を意識はしていますね。
takaoka6.jpg

ここにはリラクゼーションラウンジがあり、
takaoka58.jpg

お茶漬け食べ放題、
takaoka61.jpg

そしてマンガ読み放題。
takaoka59.jpg
takaoka60.jpg

一応、「まんが道」も置いてました。中公文庫版で、しかも中途半端な巻数ですが。
takaoka62.jpg

今回は同じ藤子不二雄ファンの秘密結社員と行っているので、部屋は広めのツイン。
takaoka7.jpg
takaoka8.jpg

枕元にFFランドの単行本「まんが道」全巻を置いて、
takaoka9.jpg

あと今年発売のムック本「まんが道大解剖」(三栄書房刊)、
FUZIKO-mangamichi-daikaibou-front.jpgFUZIKO-mangamichi-daikaibou-back.jpg

これも持参していました。
takaoka10.jpg

部屋からの景色、
takaoka64.jpg

その夜景。
takaoka11.jpg

コンビニで泡盛 久米島の久米仙とか買ってホテルで晩酌して寝ました。
takaoka63.jpg

2泊目は、今度は北口側の"アパホテル 高岡丸の内"。霧が濃い夜に向かいます。
takaoka73.jpg
takaoka74.jpg

チェックイン。値段はまぁ安いけど、狭いし無料WiFiがあると謳っているものの電波が弱すぎて使えなかった。
takaoka75.jpg
takaoka76.jpg
takaoka77.jpg

窓からの景色...
takaoka78.jpg

お、今年の初めに問題になったアパグループの元谷外志雄代表の著書等が並んでいます。
takaoka79.jpg
takaoka80.jpg
takaoka81.jpg
これらが南京大虐殺否定の本だという事で騒がれた事が記憶に新しいですが、よしりんこと小林よしのり先生の「新ゴーマニズム宣言」読者ならば今さらと言っていい問題。20年ほども前に南京大虐殺や従軍慰安婦問題に対する偏向報道や大ウソ、歴史とは何ぞやみたいな話はとっくに知っていたし、自分で調べれば南京大虐殺が本当にフィクションである可能性が高い事は誰だって分かるはず。少なくともどう探しても証拠が無い以上、まずは自分達の祖先の肩を持つのが我々の正しい姿のはずだと思える多くの日本人がアパホテルを評価したのではないでしょうか。
それとこの騒ぎが発端で思いもよらぬ副作用があり、中国の圧力に屈しなかったアパホテルを見てマナーの悪い中国人がいないホテルであるとして他の外国人の利用がメチャクチャ増えているとか報道されていました。

夜の高岡の街へ繰り出しました。末広町、というのが飲み屋街みたいですね。
takaoka15.jpg
takaoka17.jpg

この通り、スナック系の店が凄い数あって栄えています。
takaoka12.jpgtakaoka13.jpg
takaoka14.jpg
takaoka16.jpg

たかまち屋台村横丁という、フードコートみたいな一角もありました。
takaoka18.jpg

これは!"ラーメンの店 トキワ"という店がありました!この地でトキワ荘とつながる名の店があるのは嬉しいですね。
takaoka19.jpg

それにしても藤子不二雄先生の思い出を追って高岡市まで来ていながら、先生方が行っていた店の情報は無いので...関係なく気になった店に入る事にしました。
"居酒屋 たかまさ"
takaoka41.jpg
takaoka42.jpg

今回は2泊した高岡で、1夜目に気に入ったので2夜目も続けて訪問しました。
takaoka43.jpg
takaoka44.jpg
takaoka45.jpgtakaoka46.jpg

焼酎も、ここら辺のを順に頂いてったなぁ。
takaoka47.jpg
takaoka48.jpgtakaoka49.jpg

つまみは新ワカメきゅうり酢、
takaoka51.jpg

ブリ刺、
takaoka50.jpg

塩サバ焼、
takaoka52.jpg

当地の名物料理から...すりみ揚、
takaoka53.jpg

なにより富山県はホタルイカが有名。国の特別天然記念物でもある沿岸のホタルイカ群遊海面、いつか見てみたいですねぇ。というわけで、ホタルイカも頂きました。天プラ、
takaoka54.jpg

釜あげ。
takaoka55.jpg

"居酒屋 八五郎"。
takaoka261.jpg
takaoka39.jpg
takaoka40.jpg

そしてここ渋いなぁ、夜9時くらいに開店して深夜営業の店らしい"お好み焼 巴屋"
takaoka20.jpg
takaoka21.jpg

瓶ビールはサッポロ、キリン。これらを飲みながら...
takaoka22.jpgtakaoka23.jpg

店主に何か焼いてもらいましょう。
takaoka24.jpg
takaoka25.jpg

お好み焼と、
takaoka26.jpg
takaoka27.jpg

焼きそば。
takaoka28.jpg

"ご飯屋居酒屋 れい"
takaoka29.jpg
takaoka30.jpg
takaoka31.jpg

さて何を頂こうか…
takaoka32.jpg
takaoka33.jpg

酒は瓶ビール、ハイボール、
takaoka34.jpgtakaoka35.jpg

そしてコーヒーカクテル。
takaoka36.jpg

つまみはシマ腸と肺臓の...ホルモン焼き、
takaoka37.jpg

出し巻玉子。
takaoka38.jpg
私の大好物でもある火鍋も出してて名物らしかったのですが、もう満腹で食えませんでした。

〆ラーメンの店としては深夜営業の"麺麺"が気になりましたが、とても食えない腹具合が残念。
takaoka56.jpg
takaoka57.jpg

高岡の街中で見つけた銅像は、
takaoka65.jpg
takaoka66.jpg

大伴家持像、
takaoka67.jpg

桃太郎、
takaoka68.jpg

ブレーメンの音楽隊、
takaoka69.jpg

伝えの扉。
takaoka70.jpg
takaoka71.jpg
takaoka72.jpg

マンホール蓋はあまり良いのが見つかりませんで、旧高岡市章とこの模様のやつくらい。
takaoka165.jpg

朝食を頂いたのは、1日目が"うどん・そば 今庄"の高岡駅南口店。
takaoka219.jpg

当地の名物でもある、これがチャンポン。
takaoka220.jpg

うどんとそばが半々にはいっている物ですね。
takaoka221.jpg
takaoka222.jpg

2日目は高岡駅の北口側にもあった"うどん・そば 今庄"。高岡駅構内にあるこちらは、駅前店との事でした。
takaoka226.jpg
takaoka227.jpg

ここでも同じくチャンポン、
takaoka228.jpg

天ぷらうどん。
takaoka229.jpg

早朝からうどん、夜はラーメンを深夜まで食べられる"麺心 喰音"という店も気になりましたが、今回は食べられず。
takaoka230.jpg

そしてお昼。ランチは満賀道雄が竹葉美子との初デートで連れて行った『わりと名前の知れたカレー・レストラン』ってのも行きたかったのですが、そんなのどこか分かるわけもなく断念。
普通にご当地グルメの富山名物、黒醤油ラーメンを目指して"らぁめん 次元"へお邪魔しました。
takaoka233.jpg
takaoka237.jpg

近くで"和風カフェ次元"という店も経営しているのだとか。
takaoka234.jpg

店内に有名人のサイン色紙がたくさん飾ってあるのですが、
takaoka235.jpg

やはり気になったのは、公開片渕須直監督・こうの史代原作...昨年(2016年)されて凄い話題になったアニメーション映画「この世界の片隅に」の物。あの超名作でキャラクターデザイン・総作画監督を務めたのが、高岡市で育った松原秀典さまで、この店にも来店しているのですね。
takaoka236.jpg

チラシも置いていました。
in-this-corner-of-the-world1.jpg
in-this-corner-of-the-world2.jpg

他に、日本全国の映画館で流れるCM「NO MORE 映画泥棒」で有名な耶雲哉治監督、その隣にドキュメンタリー「行くぞ、全国! ももクロ全国行脚の幕が上がる 」で耶雲監督が担当した、ももいろクローバーZのメンバー・高城れに等。
takaoka238.jpg

さぁ名物を食べよう…というわけでここで頂いたのは、高岡名物コロッケ、
takaoka239.jpg

とろろ昆布おにぎり、
takaoka240.jpg
takaoka241.jpg

富山名物ブラックラーメンは、黒醤油ラーメン、
takaoka242.jpg

魚介黒醤油ラーメン、この2種類でした。
takaoka243.jpg

そういえば、高岡には"天狗乃肉"という、凄い名前の精肉店がありましたね。
takaoka231.jpg
takaoka232.jpg

配布していたフリー冊子の『高岡まわるん』、
takaoka249.jpg

『新高岡駅~高岡駅周辺 食べ歩きガイド』とか参考にして街歩きをしましたが、
takaoka250.jpg

『よりみち高岡』はドラえもんが使われていて、ぬいぐるみのドラちゃんがずっと案内してくれているのが嬉しいですね。
takaoka247.jpg

『藤子・F・不二雄 ふるさと高岡 ポケットガイド』は、その名の通り藤子・F・不二雄先生が出てるし!
takaoka257.jpgtakaoka258.jpg

高岡駅南口。
takaoka82.jpg

ここから藤子不二雄聖地巡礼をしたいと思いますが、重要なポイントである高岡駅はどちら口も「まんが道」で出る姿など見る影も無くなっています。
takaoka83.jpg
takaoka84.jpg

高岡駅のドラえもんポスト。ここに手紙を投函すると、記念消印が押されるそうです。
takaoka95.jpg

高岡駅から徒歩1分、ウイング・ウイング高岡広場にあるのが『ドラえもんの散歩道』。藤子・F・不二雄先生のお言葉が書かれてたプレートがあり、そのまま進むと主要キャラ7体に囲まれている道を歩けます。
takaoka88.jpg
takaoka85.jpg
takaoka86.jpg
takaoka87.jpg

夜はこんな感じ。
takaoka92.jpg
takaoka91.jpg

「まんが道」で繰り返し出ていた満賀道雄(=藤子A先生)の好きな銭湯"養順湯"は閉鎖していますが、その跡地で読み方はそのままにひらがな表記にした"焼肉ハウス ようじゅんとう"が存在します。
takaoka96.jpg
takaoka97.jpg
takaoka98.jpg

焼肉屋になりましたが、この位置に藤子不二雄Ⓐ先生が通っていた事は間違いないのです。
takaoka99.jpg

それに今回、私は桜の時期に訪れていまして...
takaoka100.jpg

おかげで「まんが道」に出てた高岡市の桜名所・桜馬場、
takaoka101.jpg

ここの桜を楽しめたのは良かった。
takaoka102.jpg
takaoka103.jpg
takaoka104.jpg

この道沿いに堀があるのですが、
takaoka105.jpg

その内側は高岡古城公園!前田利長が築いた高岡城の城跡をそのまま公園にした所で、満賀と才野が毎日通っていたスポットです。
takaoka106.jpg
takaoka107.jpg

他にも『ロカルちゃ!富山』という情報誌で、まつもと泉先生の「きまぐれオレンジ☆ロード」の舞台でもあった事を知りました。
toyama61.jpg

富山さくらの名所、
takaoka108.jpg
takaoka109.jpg

桜祭りも開催中で、屋台が出てました。
takaoka110.jpg
takaoka111.jpg
takaoka112.jpg

この像は、彫刻家・佐藤助雄の『地と風』。
takaoka113.jpg
takaoka114.jpg

公園内の案内に従って進むと、
takaoka115.jpg

朝陽の滝、そして北村西望の『聖観音菩薩』もありました。
takaoka118.jpg
takaoka119.jpg

そして、「まんが道」で何度も出てきた朝陽橋。
takaoka116.jpg
takaoka117.jpg

この太鼓橋は本丸と小竹薮をつなぐ内濠にかかっているので、公園の構成を見れば藤子先生が確実に通っていたコースであると納得出来ます。
takaoka120.jpg

最初のヒロイン・桜井涼子さんが死んだ時に満賀が泣いたシーンの手すりは、場所が特定出来ませんでした…一応ここで撮影。
takaoka121.jpg

作中で出てくる場面が本当に存在する所だけかは微妙ですが、ここのように間違いなく特定出来た場所もあります。さんざん通った公園とはいえ記憶だけでなく、ちゃんと資料を撮影して描いていますね。
takaoka147.jpg
takaoka122.jpg

公園内にあるこの鳥居をくぐると、
takaoka124.jpg
takaoka125.jpg

ここ。
takaoka126.jpg

そうです2人の藤子不二雄先生が毎年初詣に来ていた、射水神社ですよ!
takaoka123.jpg

今年(酉年)の大絵馬、七彩荷和鳥(なないろにわとり)が展示されていました。
takaoka127.jpg

ここも「まんが道」好きには見覚えのあるポイントでしょう、本丸広場。
takaoka139.jpg
takaoka129.jpg

ズラーッとたくさんの像が並んでいます。
takaoka131.jpg
takaoka132.jpg
takaoka133.jpgtakaoka134.jpg
takaoka135.jpgtakaoka136.jpg
takaoka140.jpgtakaoka142.jpg

斎藤素巌『行路』、
takaoka137.jpg

長谷川義起『国技』、
takaoka141.jpg

お、また北村西望作品です、『熱風』。
takaoka138.jpg

ちょっと離れた所に高山右近、等。
takaoka161.jpgtakaoka162.jpg

これは…
takaoka130.jpg

形状から、ちんぽこ!と言ってしまいそうですが...確か「まんが道」の作中でも出てました。
takaoka163.jpg

公園内には射水神社だけでなく、護国神社もあります。
takaoka143.jpg
takaoka144.jpg
takaoka145.jpg
takaoka146.jpg

そしてついに出てきました満賀と才野の大事な場所、あのニつ山ですよ!正式名称は卯辰山というみたいで、公園案内の地図に載ってないから探すの苦労しました。
takaoka149.jpg
takaoka150.jpg

「まんが道」内で手塚治虫先生の「新宝島」(新寶島)に出会い、漫画家になる事を誓ったのもこの二つ山!
激河大介が、このように漫画を顔にかけて寝ていたのです。
takaoka151.jpg

満賀と才野が相撲取って遊んでた土俵も実在するし、藤子不二雄Ⓐ先生の「まんが道」はもちろんですが藤子・F・不二雄先生側でも「ドラえもん」等で原風景となっている場所なのです。
takaoka152.jpg

桜を見ながらまた移動し、濠の中のキンクロハジロとか見たり。
takaoka148.jpg
takaoka153.jpg
takaoka154.jpg
takaoka155.jpg
takaoka156.jpg

ちかんが出るぞー!!
takaoka157.jpg

高岡市立博物館。
takaoka160.jpg

最後に公園内の動物園。
takaoka158.jpg

ここには絵筆塔が建てられていて、154人のマンガ家がデザインしたカッパ絵を見ることができるのですが…中には当然ながら藤子不二雄のご両人が描いた絵もあります。
takaoka159.jpg

満賀道雄が勤めた立山新聞社のモデル・富山新聞社は高岡市にも支社があるのですね。
takaoka164.jpg

おお、高岡高等学校!「まんが道」で満賀道雄と才野茂が通った学校であり、『昭和24年4月、満賀道雄と才野茂は、ともに県立高岡高校へとすすんだ!』という説明がありましたね...
takaoka170.jpg
takaoka171.jpg
takaoka172.jpg
作中で彼らは別のクラスになって放課後校門で待ち合わせて帰宅していたという描写があるのですが、実際に高岡高校へ通ったのは満賀、つまり藤子不二雄Ⓐこと安孫子素雄先生だけ。そこら辺はやっぱり改変・編集しているんですよね。

ではもう片方の藤子不二雄で才野、つまり藤子・F・不二雄こと藤本弘先生は高岡高校の隣にあった県立高岡工芸高校の生徒だったそうです。この校中には、藤子・F先生のグッズや資料等を展示するスペースもあるみたいですが、学校内となると我々部外者は観れないのでしょうな。
takaoka166.jpg
takaoka167.jpg
takaoka168.jpg
takaoka169.jpg

当時は両校が隣合っていたそうですが、現在は高岡高校がすぐ近所ながら場所を移り、高県立岡高校があった場所には現在、高岡市美術館が建っているのです。
takaoka182.jpg
takaoka183.jpg

そしてその美術館内の中に"高岡市 藤子・F・不二雄 ふるさとギャラリー"がオープンしているので、行ってみましょう。
takaoka251.jpg

ギャラリーのチラシ、
takaoka252.jpg
takaoka253.jpg

その中国語版、
takaoka254.jpg

英語版。
takaoka255.jpg

これは冊子になっていて、中にギャラリーの説明等も載っています。
takaoka256.jpg

さて入る、という所で…
takaoka184.jpg
takaoka192.jpg
takaoka193.jpg
takaoka195.jpg

親切なスタッフさまにドラちゃん人形を渡されました。
takaoka186.jpg
takaoka185.jpg

言われるがままに記念撮影をして、
takaoka187.jpg
takaoka188.jpg

入場。ここの展示の充実ぶりは地方のギャラリーとしてはかなりのもので貴重な物をたくさん見てきましたし、この時の企画展はようやく1周年記念を迎えたこのギャラリーを記念した『キテレツ大百科とものづくり原画展』で、もちろん「キテレツ大百科」好きでもある私には嬉しいものでした。
takaoka259.jpg
takaoka260.jpg
takaoka194.jpg

撮影可能なのはこの、土管オブジェがあるスペースだけ。
takaoka197.jpg
takaoka196.jpg
takaoka198.jpg

この「オバケのQ太郎」のカラー原稿とか、震えるくらい凄かった!
takaoka199.jpg

土産物のショップでは大好きなコンポコのピンバッチ、
takaoka223.jpg

これを付けていたら、「エスパー魔美」をまともに知らない友人がキツネだと思ったと言っていましたが…その間違えはコンポコをひどく傷付けます!
takaoka224.jpg

おっと、これは私が普段使っている魔美のクリアファイルですな。
takaoka244.jpg

他にジャイアンリサイタルのCD...風のチョコレートなどを買って。
takaoka225.jpg

ギャラリー外には1970年の載開始当初のスタイルなドラえもん像があったり、
takaoka189.jpg

漫画も読めるスペースとか、色々と良い場所でした。
takaoka190.jpg
takaoka191.jpg

話を「まんが道」聖地巡礼に戻すと、"文苑堂書店"。満賀道雄と才野茂が漫画雑誌などを買うためにかなり通った書店ですが、これが現在も営業しているんですよね…本屋が儲からなくなって東京でもどんどん減っている中で、藤子先生の若者時代から残る本屋がある事実、これって奇跡的に素晴らしい事かもしれません。
takaoka201.jpg

店頭には、『あの!藤子不二雄Ⓐ 藤子不二雄Ⓕさんは高岡市出身です』という紹介があります。それは良いのですが、藤本先生は藤子不二雄Ⓕなんて名義は1年ほどしか使っていないのに、修正しないのは何か理由があるのでしょうか。またこの記述から、これを書いたのはコンビ解消年である1988年から1年以内である事も分かりますね。
takaoka213.jpg

ドラえもん関連フィギュアも店先に飾っているし、店内では販売もしています。
takaoka214.jpg

「まんが道」読者としては、2人に入荷した本を親切に教えてくれたりデビューした時はあんなに喜んでくれたタコ顔の店主が居ないかと思うじゃないですか。でもそりゃ時代を考えれば無理があるってもんで、まんが道時代ですら体調悪くて息子が店番してるって描写がありましたからね。当たり前ながら居ませんでした。
takaoka202.jpg
takaoka203.jpg

そうそう、店内に藤子不二雄の両先生が描いた直筆色紙が飾ってあります!
takaoka204.jpg

そしてドラえもんを中心とした藤子本コーナー。
takaoka205.jpg
takaoka206.jpg

2階に上がるとこうです。
takaoka207.jpg
takaoka210.jpg

富山県限定の商品も含め、やはり普通に経営している書店だとはいえ藤子先生の出身地である事を大アピールしていて素晴らしい。
takaoka208.jpg
takaoka209.jpg

そこで、この本が売れない時代にちゃんと書店で新品の本を毎月何冊も買っている私の出番だったのですが...ちょうどこの時は目当ての物を既に買っていたりタイミング合わず、ドラえもんのご当地ノートだけの購入に留まりました。ともかく高岡市民は、このような良心的な本屋さんがある事に感謝すべきだと思いますよ!
takaoka211.jpg
takaoka212.jpg

こんな感じで主だった「まんが道」の聖地はザッと訪れたのですが、あとは「ドラえもん」のあの空き地を再現した"高岡おとぎの森公園"なんかは行けなかったなぁ。
まんが道関連ではありながらも、それを飛び越えた高岡市の一般的な観光資源、日本三大大仏の1つと『自称』しているのが高岡大仏
takaoka175.jpg
takaoka173.jpg
takaoka174.jpg

入口に建つのは阿形と吽形の仁王像。これも作中で出ていましたね。
takaoka176.jpgtakaoka177.jpg

ロンパなドラゴン。
takaoka178.jpg
takaoka179.jpg

与謝野晶子が美男であると評した高岡大仏、中にも入って見学させて頂きました。
takaoka246.jpg
takaoka180.jpg
takaoka181.jpg
この高岡大仏の所で満賀は桜井涼子(霧野涼子)が知らない男とキスしている所を目撃し、
『そや!おれの恋人はこれや!おれの恋人はまんがや!!』
の名言が生まれるのでした。


高岡市から氷見線に乗り、最後に藤子不二雄Ⓐ先生の生誕地である氷見市へ向かいましょう。
himi155.jpg

これらは当地で入手して町歩きの参考にした冊子ですが、電車の本数が少ないのでタイトに行動し、当地で食事する時間は取れませんでした。
himi159.jpg

もちろんJR氷見線と城端線でキハ40形気動車3両に使われているという、『忍者ハットリくん列車』に乗って氷見市へ向かいましたよ。藤子不二雄Ⓐ先生は「まんが道」の影響で高岡市のイメージが強いけど、本当の出身地は氷見市ですからね。
himi1.jpg
himi2.jpg
himi3.jpg
himi4.jpg
himi5.jpg
himi6.jpg

原作ではほとんど登場しない(元はアニメ版オリジナルキャラクターだったし)、伊賀流のくノ一・ツバメもプリントしてもらってます。
himi8.jpg

変な忍者だらけの中だと普通の少年少女、つまりケン一と夢子ちゃんも初々しくて良いですね。
himi7.jpg

少年時代、「忍者ハットリくん」が大好きだった私には楽しすぎるこの電車…乗り込んでみましょう!
himi9.jpg
himi10.jpg
himi11.jpg
himi12.jpg
himi13.jpg

案内放送もハットリくんの声だし、このように車内が楽しいのですが、
himi15.jpg
himi14.jpg

車窓から観る景色も良いです。
himi19.jpg
himi16.jpg
himi17.jpg
himi18.jpg

雨晴海岸をずーっと走るのですが、氷見市に入る手前(まだ高岡市)に雨晴駅というのもあり、ここは源義経ゆかりの地。
himi20.jpg

今になって振り返ると実はこの時は酷くなっていた腰痛をおしての旅だったので大変で、氷見駅到着後にベンチに倒れこんだりもしたが...辛抱するでござる。ニンニン、でしたよ。
himi21.jpg
himi22.jpg

はい、氷見駅。
himi23.jpg
himi24.jpg

迎えてくれたのは氷見市のマスコットキャラクター・ひみぼうずくん。もちろん藤子不二雄Ⓐ先生の創作キャラですね。
himi25.jpg

駅を降りてすぐに『友愛』というこれがあったのですが、こりゃ「魔太郎がくる!!」の主人公・浦見魔太郎が通った友愛学園に関係ありますか!?
himi27.jpg

駅の近くに"珈琲屋X"なんて店がありました。今でも何かと話題を提供し続けているYOSHIKI様のエックスを好きな人は行ってみてはどうでしょうか。
himi146.jpg

氷見市のマンホール蓋は、ブリの町らしく氷見ブリと定置網のデザイン、そのモノクロ版とカラー版2種類。
himi28.jpg
himi29.jpg
himi30.jpg

給水栓、空気弁のハンドホール蓋ですが、これは氷見ブリを抱えたキットちゃんというキャラクターらしいです。
himi31.jpg
himi34.jpg

グレーチング。
himi32.jpg

この街は藤子不二雄Ⓐキャラで町興しを図っているので、ハットリくんタクシー、
himi26.jpg
himi33.jpg

怪物くんバスも目に付きました。
himi118.jpg

氷見市比美町商店街、
himi35.jpg

ここは『忍者ハットリくんロード』となっておりまして、
himi36.jpg

楽しみながら歩けますね。
himi37.jpg
himi38.jpg

普通の商店でハットリくんの巨大ぬいぐるみや、壁画など
himi40.jpg
himi39.jpg
himi41.jpg
himi42.jpg
himi44.jpg
himi45.jpg
himi43.jpg

3Dアートのハットリくんもありました。
himi56.jpghimi55.jpg
himi63.jpghimi76.jpg

このように「忍者ハットリくん」キャラ達が点在していますが、でも今の小さい子はハットリくん知らないんじゃないですかね。
himi79.jpg
himi46.jpg
himi47.jpg
himi48.jpg
himi49.jpg
himi50.jpg
himi52.jpg
himi53.jpg
himi54.jpg

ポストの上に、シンちゃんを背負うハットリくん。
himi57.jpg
himi58.jpg

シンシン…
himi59.jpg

この潮風通り、
himi61.jpg

ハットリくん関連の他にも、藤子不二雄Ⓐ先生が氷見市のためにデザインしたキャラクターがたくさんいます。『氷見のサカナ紳士録』というやつで、近づくとそれぞれが話しかけてきます。
himi60.jpghimi62.jpg
himi64.jpghimi65.jpg
himi66.jpghimi67.jpg
himi68.jpghimi69.jpg
himi71.jpghimi72.jpg
himi73.jpghimi74.jpg
himi75.jpghimi77.jpg
himi78.jpg

これらのキャラクターごとの名前は、駅前にあるこれとかで知る事が出来ます。
himi145.jpg
himi70.jpg

氷見市 藤子不二雄Ⓐまんがワールドマップがあったし、
himi133.jpg

案内チラシも配布していました。
himi134.jpg
himi135.jpg

「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造と記念撮影コーナー。
himi107.jpg
himi108.jpg
himi109.jpg

ポケットパーク。サルのフィギュアと壁画を組み合わせた立体的なショットが拝めます。
himi110.jpg
himi114.jpg
himi111.jpghimi112.jpg

ブリに乗った忍者ハットリくん。
himi115.jpg

そのブリは水を吐き出します。
himi116.jpg
himi117.jpg

それからいよいよ"光禅寺"へ向かいましょう!そう、藤子不二雄Ⓐ先生の生家がこのお寺なのです。
himi81.jpg
himi82.jpg

「まんが道」ではここでのエピソードが省略されていましたが、藤子Ⓐ先生は小学5年生で高岡市へ引っ越すまで、このお寺に住んでいたそうです。
himi83.jpg
himi90.jpg

しかし住職は留守で、中にあるという喪黒福造の達磨像が描かれた衝立は見れませんでした。よって、屋外にある藤子Ⓐキャラの石像だけを見学。
himi85.jpg

忍者ハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿、笑ゥせぇるすまん。
himi86.jpg
himi87.jpg
himi88.jpg
himi89.jpg
himi84.jpg

この近くには、日宮神社。
himi80.jpg

永明院 五重塔。
himi132.jpg

次は、比美町商店街の『忍者ハットリくんカラクリ時計』へ。
himi121.jpg
himi51.jpg

湊川にかかる中の橋に作られたカラクリ時計で、
himi122.jpg
himi119.jpghimi120.jpg

ハットリ参上するのは、1時間に1回。私もチャンスを逃さず見る事が出来ました。
himi127.jpg
himi123.jpg
himi124.jpg

音楽と水蒸気の煙霧、ストーリー性もあって素敵なアトラクションでした。
himi125.jpg
himi126.jpg
himi128.jpg
himi129.jpg
himi130.jpg
himi131.jpg

次、"氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション"
himi156.jpg
himi91.jpg

藤子Ⓐキャラ達がいっぱい!
himi92.jpg
himi93.jpg

入ってみましょう。
himi94.jpg

入場料はたったの200円で、小さいギャラリーながら藤子不二雄Ⓐ先生の重要な原画などを見てきました。
himi160.jpg

中にも藤子Ⓐキャラ画があって、
himi97.jpg

撮影可能なのはこれと、
himi95.jpg

これ。
himi96.jpg

売店。
himi98.jpg

ポストカードとか買物して係の方と藤子話をしたら、このクリアファイルとうちわをプレゼントされました。
himi157.jpg
himi158.jpg

その日の新聞が置いてありましたが、何と藤子不二雄Ⓐ先生が勤めていた富山新聞ではなく、ライバル社の北日本新聞を置いてるよ。
himi99.jpg

2階にはトキワ荘を再現したコーナーもありましたが、撮影可能なのは読書コーナー。藤子不二雄Ⓐランドをたくさん置いてました。
himi100.jpg
himi101.jpg

あと『藤子不二雄Ⓐデジタルまんがスクリーン』で、
himi102.jpg

マンガの世界を体験出来ます。
himi103.jpg
himi104.jpg

こちらの方が、変写真としては面白いかな。
himi105.jpg
himi106.jpg

最後に港の方に行くとこれ、
himi137.jpg

今までで一番巨大なハットリくん壁画ですね。
himi136.jpg

近くに魚の巨大遊具、
himi138.jpg

ここにも藤子不二雄Ⓐ先生が生んだ、ぶりこぞうくんが居る。
himi139.jpg

滑り台にも藤子Ⓐキャラが!
himi140.jpg

近くに居たブリ小僧。この作風は、さすがに藤子Ⓐ先生じゃないですね。
himi141.jpg

今度は海沿いの道で駅に戻り、
himi142.jpg
himi143.jpg
himi144.jpg

帰りにも忍者ハットリくんのラッピング電車へ乗り込みました。往路と違う車両です。
himi147.jpg
himi148.jpg
himi149.jpg
himi150.jpg
himi151.jpg
himi152.jpg
himi153.jpg
しかし氷見はやたらとハットリくんばかり推していましたが、他にも多彩なキャラクター達がいるのだから魔太郎とかも出して欲しいですね。
また今回は藤子不二雄先生関連のモノばかりを中心に見てきましたが、氷見市は近年の作品だと原秀則先生の漫画で実写映画化もされた「ほしのふるまち」の舞台にもなっている事が記憶に新しいです。

それではまた雨晴海岸を見ながら走って氷見市、そして富山県ともお別れです。
himi154.jpg

藤子不二雄の両先生を生んだ土地に行って、やはり一つ悲しかったのは、記念館とかはやはり分かれてるし、どこも必ずお互いが別々に扱われている事…権利とか大人の事情でしょうけどね。ほら、やっぱり私くらいの世代だと藤子不二雄先生は2人で1人ですから。いつか2人を合わせた巨大な記念館とか設立して欲しいものです。
FUZIKO1976.jpg
私の部屋に飾ってある、1976年の複製年賀状を見ながらまたそう思いました。見て下さい、AもFも関係なく…辰年の龍にしがみついているのはドラえもん、オバケのQ太郎、プロゴルファー猿、オヤジ坊太郎、キテレツ大百科、ポコニャン、魔太郎がくる!!、小池さん、バケルくん...うしろのヘリに乗っているのは、ミス・ドラキュラ、無名くん。

では、ココで問題です。↑から3番目、つまりQちゃんと猿の間にいる人物は誰でしょうか!?
彼だけは今ではほとんど語られる事が無いですよね。よって、すぐに分かった方はそれだけで中級以上の藤子マニアとして認定しましょう。



  1. 2017/08/10(木) 23:59:24|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する