大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

早見純個展「少女忌」

東京都板橋区に行ってきました。
目的は早見純個展「少女忌」
hayami-jun8.jpg

早見純先生といえば、一般的には変態エロ漫画家という認識が強いでしょうが、でも早見作品は他の『エロ漫画』と言われる全ての作品が足元にも及ばない力を持つ…というよりは、全くの別モノ。
とにかくその天才ぶりは作品を見てもらえば分かるわけですが、描いてきた残虐の劇画は『抜く』という本来の目的に全く使用出来ない代物ばかりだし(え?違うの!?まさか…)、R指定な内容であるというだけで悪い意味でエロ漫画扱いされて、例えばエログロの大家でありながら芸術家としても評価されている丸尾末広先生や花輪和一先生などのようには評価されにくい!
今はそんな事もないのかな…とにかくそんな早見純先生を応援したい、いや本当は作家プロフィールや私生活は一切謎のままである先生ご本人を見てみたいというファン心理だけですが、会場の"カフェ百日紅"へ来店する日を調べて訪ねてみたのです!
hayami-jun1.jpg
hayami-jun2.jpghayami-jun3.jpg

単行本カバーの『著者近影』なんかも早見純先生は載せてないわけで、どんな方なのか全く分からないで行くのだからドキドキしてしょうがなかったですが…あっさりと逢いました。
自作で登場するキャラの中で、作者の投影されているのは変態少年・純クンなのか、それともいたいけな女の子に非道の限りを尽くす男の方なのか。
その答えは、ここでは公表しないでおきましょう。何と撮らせて頂いたツーショット写真と共に、私の宝物として胸の奥で大事に仕舞っておきます。

こちらは頂いたサイン色紙。うーん力作を描いてくれて本当に嬉しい!
hayami-jun4.jpg
特に何もリクエストはしてないのですが、普通に部屋に飾って親戚などに見つかっても大丈夫な美少女の絵を描いてくれました。そう、早見純先生は清純な少女を描かせても天下一品。そして早見作品ではその綺麗な少女があんな事こんな事、大変な目に遭う…この色紙も、この後を妄想して楽しもうと思います。

ちなみに会場では展示している原画を販売しており、しかも意外と安かったのですが…気に入った作品は売り切れており、購入したのはTシャツのみ。しかもこのTシャツ、商品化した先生自らが『コレは着れないでしょう』と仰ってました。
hayami-jun5.jpghayami-jun6.jpg
前面に脱がされた涼子…こんなエロTで街を歩けない!?

いやいやそれよりヤバいのが、バックプリントの純クンがパンティかぶってる絵ですかね。
hayami-jun7.jpg
多分ほとんどの女子に『キモい!』と叫ばれるでしょう。

でも後で私が着ていたヌードシャツを見て褒めてくれて、こんなの着てるのなら大丈夫だと、意見を修正して頂きました。もちろん、変態エロTシャツは普通に使わせて頂きますよ!
hayami-jun11.jpg
↑これがその時着ていたシャツ。

ちなみにこの度のイベントは狭い場所で対面出来る物でしたので、近づけるのが嬉しい反面一人では緊張して行けないと、心当たりの早見純ファンである友人を誘って同行してもらいました。
その友人は同じTシャツの色違いを購入し、それ自体にキャラの名前を書き加えてもらってましたよ!
hayami-jun9.jpg
hayami-jun10.jpg
これも先生のセンスが分かって良いな~。

DMに使われていたこの絵は・・・置いてませんでした。
hayami-jun12.jpg

このような素敵企画をしてくださったカフェ百日紅で飲んだコーヒーはとても美味しかったし、店長のお姉さまは親切でした。ありがとうございました。
そして早見純先生、ありがとうございました。今後も応援していきます!


スポンサーサイト
  1. 2011/08/15(月) 23:22:07|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆでたまご先生との邂逅 | ホーム | 劇画(130) 山川惣治 1 「ノックアウトQ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1019-94eba0a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する