大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ブルース・リー生誕祭2011 ETERNAL LEGEND

宣伝するには遅くなりすぎましたが、今年もブルース・リー(BRUCE LEE)の誕生日である11月27日に合わせたイベントを六本木で開催しています。その名も
ブルース・リー生誕祭2011 ETERNAL LEGEND
と題し、シネマート六本木でリー映画の数々を上映中なのです。
BRUCELEE-eternal-Legend1.jpgBRUCELEE-eternal-Legend2.jpg

スクリーンで観れるブルース・リー特集…嬉しくてたまりませんねぇ。
今回は11月26日~12月9日という期間で、主要な主演映画5本…つまり「ドラゴン危機一発」「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン(ディレクターズカット版)」「ブルース・リー死亡遊戯」を観れるわけです。

会場のシネマート六本木。
BRUCELEE-eternal-Legend14.jpg
BRUCELEE-eternal-Legend5.jpg
個人的にここは4,5年前に、三池崇史監督で松田龍平、安藤政信、窪塚俊介らが出演の「46億年の恋」を観に来た時以来の訪問です!同作品は正木亜都(梶原一騎&真樹日佐夫)の「少年Aえれじぃ」を原作にした作品だったので、この突然の映画化に驚いて駆けつけた事が思い出されますが、当時も今も韓流が映画大好きな劇場ですね…
それはともかく、今回はブルース・リー映画をたっぷり上映してくれるのだから有難い事です。

ただしこの期間が私の個人的に物凄く忙しい時期に当たってしまい、さらに会場はあまり行きたくない六本木なのもあり行くのが遅くなってしまいました。
ブルース・リー誕生日当日(「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン」の二本立て!)も夜遅くまで仕事で…やっと行けたのが先日、12月3日ですよ。
BRUCELEE-eternal-Legend3.jpg
そう、そして観たのはロー・ウェイ監督の「ドラゴン危機一発」(唐山大兄/The Big Boss)。上記の5本で唯一劇場では観れていない作品でもあったので、これを選びました。

こちらは、特典としてプレゼントされた写真。他の作品でもそれぞれに合わせた場面写真が貰えたようです。
BRUCELEE-eternal-Legend4.jpg

一口に「ドラゴン危機一発」と書いても、あれは様々なバージョンがあります。これを読んでる貴方も、きっとどの版だったのか気になっているでしょう。それを確かめに、入場しますか。
BRUCELEE-eternal-Legend15.jpg
BRUCELEE-eternal-Legend16.jpg
・・・はい、答えは『広東語版』でした。

つまりオリジナルでも日本初公開版でも、まして他のレアなのでもなく…1980年代のリバイバル公開時に他の作品からサンプリングした怪鳥音を付け加えて制作された物(この時はまだリーも怪鳥音出してませんでしたからね)でした。うーん、私からしたら羨ましすぎる存在であるリアルタイムファン、第1次ブルース・リー世代とか呼ばれる人々からこの編集が許せないと、憎まれているバージョンですよ。母のペンダントを出す度にオルゴール音が流れる、あれです。
しかしこれはこれで、何とBGMにキング・クリムゾンやピンク・フロイドの名曲が盗用されているのでプログレ好きには嬉しいし、そもそも私にとっては10代で初めて観て、そしてその後何度も繰り返し観た「ドラゴン危機一発」が、これだったのです。

ストーリーなどについてはここで語る事もないでしょう。まだブルース・リーがこのような大スターになるなんて誰にも分からなかった時代、香港に凱旋(?)帰国してから1本目なのでチープすぎる部分が勿体無いのはありますが、もうリーが出てくるとスクリーンがキラキラと輝きだすんですよね…正に彼を撮るために作られた映画としか思えません。
上記のようなわけで何十回も観た映画の同バージョンをまた観たというだけなのですが、やはり劇場の大スクリーンはでかいテレビのクリアな映像で観る、なんてのとは雲泥の差。しかも今回のプログラム中で「燃えよドラゴン」以外は全部デジタル上映との事で、ちゃんと映像は綺麗。行って良かった、うん。

ちなみに劇場前では日本公開時のポスター展をやってましたよ!
BRUCELEE-eternal-Legend8.jpg

いいねいいねー。
BRUCELEE-eternal-Legend9.jpgBRUCELEE-eternal-Legend10.jpgBRUCELEE-eternal-Legend11.jpg

興奮興奮…
BRUCELEE-eternal-Legend13.jpg
BRUCELEE-eternal-Legend12.jpg

ロビーでは今回のブルース・リー生誕祭用に、特製オフィシャルポスターなども製作して販売してました。
BRUCELEE-eternal-Legend6.jpg

さらに…昨年の生誕70周年記念で『奇蹟のブルース・リー展』に行った模様は「ココ」でお伝えしましたが、あの時に作成・販売された公式デジタルフォトフレームやオフシャルTシャツ、写真セットなども特価販売さてもいました。つまりあの時売れ残ったのか…
BRUCELEE-eternal-Legend7.jpg

今回私が行ったシネマート六本木では12月9日までともうあと数日しかなくなりましたが、まだ行けるかな…
その後、来年早々には大阪でも『ブルース・リー生誕祭2012 ETERNAL LEGEND』が始まる予定です!
シネマート心斎橋で1月2日~20日まで開催との事ですので、関西の方々はラッキーですね!
BRUCELEE-eternal-Legend17.jpg

ちゃんとブルース・リー映画の話をしたくなってきましたが、我慢して今夜はこれまで。劇場にも行けないので、家でDVDにてリー映画鑑賞します。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/04(日) 23:02:14|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤子不二雄(54) 「星人ドビンソン漂流記」 | ホーム | 藤子不二雄(53) 「キテレツ大百科」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1042-c7991b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する