大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

永井豪 (33) 「ガクエン退屈男」

今夜は永井豪作品より、「ガクエン退屈男」(朝日ソノラマ刊)。
NAGAI-campus-bored-man1-2.jpg
初出は1970年の週刊ぼくらマガジン(講談社刊)で、最初の単行本であるこのサンコミックス版は全3巻。

タイトルは佐々木味津三原作の時代小説(というよりドラマや映画で有名)の「旗本退屈男」のパロディになっていますが、ああいう日本の時代劇ではなく西部劇、それとこの時代に流行っていた学生運動を合わせ、なにより永井豪先生お得意の暴力性が全開で展開される名作!
何しろ冒頭の1ページ目から早乙女門土が、マシンガンをぶっ放して"ほんのり学園"の教師達を全員無残に殺しまくるシーンですからね。この主人公の名前はもちろん「旗本退屈男」の早乙女主水之介のもじりだし、顔の眉間にある傷も同じ。

学生運動の波により日本中の学校という学校で学生VS教師の戦闘が敵対し、エスカレートして混乱は激化。そこで『教師よ武器をとれ!』というわけで銃器を持って生徒に無理矢理勉強させるようになり、当然逆らう者は射殺出来る殺しのライセンスも持って暴力で抑えつける…後に"教育ウエスタン時代"と呼ばれる事になる混乱期が作品の舞台。
それがガクエンあらしとか学生ゲリラなどと呼ばれるアウトロー・早乙女門土、そして身堂竜馬が活躍出来る時代。この二人は後に生まれる代表作「バイオレンスジャック」の中でもほぼ全編を通じて登場する重要キャラとして活躍する事になりますね。身堂の方は「凄ノ王」でも主人公サイドで活躍するし(嬉しいこのスターシステム!)。

第一部の『戦雲編』では"わるのり学園"を主戦場として殺し合いが繰り広げられますが、ここの殺した校長の代わりに文部丁が送ってきた新校長は学園紛争鎮圧の名手・江戸門弾鉄
こいつが、学園で雇った用心棒の中でも最強の毒蠟獣鬼(月偏のロウの字が出ない)によって捕らえられた竜馬を人質に使うも、門土と彼に率いられて武器を持った"学生軍隊"には歯が立たず全員むごたらしく処刑する…
もう読者も分かっていますが、門土という男は正義だとか理想、自由なんかのために戦っているわけではなく、殺し合いが好きな血に飢えたケダモノ。それに怒った竜馬が立ちふさがるのですが、実はこいつも門土に勝るとも劣らない殺人狂でした!それには後に判明する身堂竜馬の出生の秘密なども関係してくるのですが、それは書かずにおきましょう。

スタート当初はギャグ漫画の要素もあるバトル物という感じの作品でしたが、ここまでくると激しい暴力・殺しをスピード感たっぷりに描いた血まみれの作品になっています。
第二部の『戦乱編』に突入し、そんな作品中で一服の清涼剤的な存在となるヒロインの錦織つばさが登場。彼女は学生ゲリラ達のスターで、自身も怪力の持ち主であり"つばさ党"という美しい軍隊(全員ビキニとヘルメットの女子!)を率いる美女です。

わるのり学園を壊滅させた今、次に早乙女門土らの前に立ちふさがる『権力』は"血みどろ学園"とそこの校長で顔全体が包帯に包まれた謎の男…三泥虎の助
つばさのような美女はいたぶられるのが鉄則であり、それはこの虎の助が連れている怪物・地獄の役目。この醜い醜い地獄がカッコよくて、「ガクエン退屈男」といえば地獄!というほどの敵役ですね。
『名前は忘れた 事故でね……かこのきおくもない……人はおれのことを地獄と呼んでいる あんたもおれのことをそうよぶがいい 地獄と!』
と言いながら登場するこいつの強さは作中一番の常識外れであり、隠された謎もありそうです。

三泥虎の助が住む"悪魔の館"もこの作品の見所。もう人間ですらない、風貌も能力も妖怪としか言いようのない奴らがいっぱいなのです。こいつらを描いたのは、かの石川賢先生だと言われてますが、おおっ!?日野日出志先生の描く蔵六にソックリな奴も見えます。
醜い者達に囲まれたここで囚われ、全裸になって拷問を受けるつばさの美しさよ!

NAGAI-campus-bored-man3.jpg

後半は、ずっと姿を消していた身堂竜馬が再登場したかと思うと、ほとんど主人公がに移行して彼と虎の助の関係や謎解きに物語の重点が置かれます。
登場人物達のキチガイぶりにも拍車をかけ、ストーリー展開、殺し合いの迫力にも磨きがかかってきますが…
血みどろ学園の秘密の前に、身堂派ゲリラは全滅、門土派ゲリラもつばさ党も大半がやられ、残る主要キャラ達の前に追い討ちすべく現れた三泥虎の助の軍隊!
もはや絶体絶命のこの危機に対しても最後まで戦う事を決めた彼らは、門土の『たたかいだ ゆくぜ!』というセリフを最後に作品終了…

またか、という声が聞こえてきそうですが、そうですこれも未完の作品。それも、未完ながらに代表作に数えられ、圧倒的な面白さを持っていたのが「ガクエン退屈男」でした。
まだ残された謎も多く、三泥虎の助サイド(単純に敵側とも言えない、いやこちらに正義があった!)の手下キャラクターを描いていた石川賢先生のダイナミックプロ退社が、この連載終了の理由とされていますが、後に石川先生が同プロへ復帰しても続きが描かれる事はなかったのです。


まにあってくれ
竜馬が悪魔のやかたを でぬうちにつかねば 神よお力を!
両親をやきころし 兄の顔をうばった男 三泥竜馬
みにくいかおをさらして いきつづけたのは
竜馬きさまにふくしゅうするためだ



スポンサーサイト
  1. 2012/01/11(水) 23:59:39|
  2. 永井豪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時代を創った漫画家二人展 | ホーム | 永井豪 (32) 「魔王ダンテ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1054-b273c43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する