大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

永井豪 (39) 「大牙」

今夜の永井豪作品は、「大牙」(徳間書店刊)。
NAGAI-taiga.jpg
先日は永井豪先生も丸くなった1980年代の作品から「青春一番」を紹介しましたが、今夜はさらに時が経った1990年代の作品です。
月刊マンガボーイズという、マイナー誌のまま廃刊になった徳間書店の少年漫画雑誌にて1994年の創刊号から翌年まで連載され、単行本はマンガボーイズコミックスで全2巻。

主人公の芥大牙が転校してきた"望陸学園"は、世間では暴力学園と言われている怖い学校。その中等部に在籍するなり、大牙は学園を牛耳る風紀委員のスカルヘッド団と戦う話。
このスカルヘッド団は骸骨地獄(スカルヘル)を総統とし、全員が鎧で武装して軍隊並みの統率を誇るのですが…対立する大牙は、修験者でありヒマラヤで行方不明になった父の肩身である白虎のガクラン、防弾になっていて戦闘服でもあるこれを身につけ、修験道拳法白虎爆風拳を使って立ち向かう!ケンカの道具は何でも使いこなせる大牙ですが、密教の法具である独鈷剣を持って『気』も使いこなして戦うのです。
必殺技の聖獣伝説白虎発振拳は虎の気をぶっ飛ばすのですが、これは「魁!!男塾」の主人公・剣桃太郎が使う王虎寺秘奥義暹氣虎魂のパクリでしょうか!?

風紀チェックの名の下に女生徒を裸にひんむいたり、やりたい放題のスカルヘッド団。わっ、逃げてくる裸の女子を見て『ドヒャアアーッ』と驚いた大牙の眼が乳房になっていますね。
大牙は"四聖獣"の一つである白虎の気を持つわけですが、学園内に他の聖獣…つまり朱雀・青龍・玄武もいました!彼らもそれぞれの個性や必殺技があるし人間関係も色々あるので見て欲しい所ですが、ここでは省略。とにかく四神全部が揃って最高の力を持つ事になるのです。
スカルヘッド団も何と学園内でサイボーグ手術をしてパワーアップさせるし、骸骨地獄は恐ろしい『悪魔』に取り憑かれている事も判明。そのせいで学園は悪党だらけだというのですが、確かにスカルヘッド団以外にも黒姫団なんてグループが襲ってきたし、多分「おいら女蛮」みたいにおかしな奴らがそれぞれ徒党を組んでいたのではないでしょうか。
そう、これは永井豪先生お得意の学園モノ。「ハレンチ学園」「ガクエン退屈男」「けっこう仮面」「スペオペ宙学」…まだまだ他にも傑作が多い永井学園モノの中に入るとちょっとパンチが弱いというか、あまりにもベタなバトル漫画すぎますが、低年齢向けである事を考えればなかなか良く出来ているいる方でしょう。

最後は骸骨地獄が巨大な悪魔に変身し、皆で魔界にまで飛ばされますが…神仏の守護神、四天王が大牙らに力を貸して悪魔を倒す、というスケールの大きさになりました。
取り憑いていた悪魔が去って、まともな人間に戻った骸骨地獄が、その仮面を取ると正体は!?
最後にそんなサプライズもあるし、若いママとのお風呂シーンやスカルヘッド団に脱がされる女生徒などで適度に読者サービスのヌードもある、1990年代の永井作品の中ではけっこう好きな「大牙」でした。


オレはな ケンカ目当てに学校に行くんだ!
虫松 そんな奴が一人くらいいてもいいだろ!?



スポンサーサイト
  1. 2012/02/21(火) 23:11:42|
  2. 永井豪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週刊少年ジャンプ(59) なにわ小吉 1 「王様はロバ~はったり帝国の逆襲~」 | ホーム | 永井豪 (38) 高円寺博 3 「青春一番」>>

コメント

永井豪(39)「大牙」

[色:990000]色付きの文字[/色v-10]新年明けましておめでとうございます青年漫画版バイオレンスジャックお願いします
それではさようなら
  1. 2013/01/02(水) 09:36:44 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #lIIhmX1g
  4. [ 編集]

バイオレンスジャック!

>名無しさん

明けましておめでとうございます。
青年漫画版バイオレンスジャックの件は了解しました。多分・・・いつか・・・
  1. 2013/01/03(木) 03:38:15 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1063-ed68f211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する