大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

楳図かずお(9) 「洗礼」

母親とは娘にとって何か?
娘とは母親にとって何か?
そして・・・・・・・
母親は娘に何を与えたか?



…この冒頭文ですぐに分かる人が多いでしょうね…今回の楳図かずお作品は、「洗礼」(小学館刊)。
UMEZU-baptism1-2.jpg

全ての楳図かずお作品の中でも代表作とされる超名作で、1コマ1コマの全部が凄い!何度も隅々まで楽しみたいこの作品は人間の精神の歪みを描いており、母と子の関係あり、外見と内面の美醜について、メタモルフォーゼ…その他それまでにそしてこれ以降も楳図先生が繰り返して描き続けるテーマが詰まっています。今の言い方でいえばスプラッターとサイコ、両方のホラー漫画をバランス良く描いてきたわけですが、今作では特に後者、心理的恐怖の方を洗練させて集大成として完成させた、と言えるでしょうか。
初出は1974年から1976年までの週刊少女コミックと、ずっと描いてきた少女漫画誌の連載としては最後期に当たる作品ですね。単行本はフラワーコミックスで全6巻。

幼い頃から大スターだった美貌の大女優・若草いずみ(絵柄的なイメージのモデルは原節子)は、老いて醜くなる事を幼い少女時代から異常に恐れながら生きてきた。しかし顔にシワが刻まれる日は来て、さらに醜いあざも出来て…もう気が狂う一歩手前の状態で、主治医の村上先生がある提案をしてくれたために平静を取り戻すのでした。
それから誰とも知れぬ男と子供を作ると、大スターの地位を捨て世間から姿を隠し、過去を捨てて本名の上原松子としてひっそりと生きるのでした。一人娘の上原さくらを、大事に大事に溺愛して育てながら。

さくらは"曙小学校"に通う美しい少女に成長していますが、四年生のある日あるきっかけで、母の持つ恐ろしい企みが露呈する…
今まで母親が娘を異常なほど大事に育てていたのは、自分の人生をやり直すために娘のその身体が必要だったからなのです!2階に同居させていた村上先生は研究室で動物実験を繰り返し、ついに脳移植手術を成功させたのですが、さくらが直前でその計画を知ってしまったために抵抗します。
そのさくらに対して計画を明かした母が、諭すように言い放った言葉は
『さくら………悪いけど あなたには人生なんてないのよ わかった?』
だから凄い。
さくらは毎年誕生日になると帽子を買って貰っていて、その事などを書いた作文「わたしのやさしいおかあさん」が文部大臣賞を受賞した事もありましたが、これも母の脳が娘の頭に入る大きさになるまで調べていただけの事だった…何事にも裏がありますね。

美しいさくらが大口を開けて『ギャーッ!!』と叫び、白目をむき、ゲロを吐き、卒倒しそうになって痙攣して…と怖がる描写が続き、もちろんその時は顔の影やシワまで全て怖さを演出する楳図かずお先生得意の技法。1巻部分から凄いテンションですよ。
ともかく強行された脳移植手術…このシーンは「洗礼」で有数のグロテスクな場面ですね。そして成功に終わり、再び若さと美しさを手に入れた上原さくら(中身=脳は母)。彼女の第二の目的は、幼い頃から女優をしていた前(若草いずみ)の人生では無縁だった『普通の女』としての幸せ始めるべく動き出すのです。

となると当然恋愛を、つまり愛する男が必要になるわけですが、その相手として前から理想だったという担任の谷川先生に目をつけて。
すぐ谷川先生には妻子がいる事実が発覚するもさくらは諦めず、子供の姿を利用して谷川家に入り込む事になるのです。邪魔になる妻・和代を追い出す策略を実行していくのですが、それは狡猾に、残忍に…

UMEZU-baptism3-4.jpg

小学生の姿をした上原さくらが、大人であり既に妻の地位にいる和代を追い出そうというのだから容易ではなく、汚い手を使うしかないでしょう。でも実際に、その手段を選ばぬ手口を見せられるとあまりにもおぞましい。
クラスメイトを招いたパーティーで和代が作ったスープに腐った物を混ぜて問題にし、家中にガスを充満させ、ゴキブリを大量に入れたおかゆを食べさせ、動けない和代の目の前で赤ちゃんの貢を放り投げたり猫の死体をくくりつけたり、電話のダイヤルには剃刀を仕込み、魔の手は和代の母にまで!
もちろん全ては谷川先生に見つからないようにやっているのですが、笑ってしまうくらい陰湿なんです。
ついに和代もさくらの寝込みを襲いますが、やっぱりさくらが一枚上手でした。ある仕込みで返り討ちにすると、裸にひん剥いて女性器に向けて熱したアイロンを押し当て…!?それからこの後も、エロい。

エロいといえば今作では、まだ小学四年生の体であるさくらが谷川先生を誘惑するため、いきなりお風呂場に入り込んでいく名シーンが二度あります。全裸の二人、少女が大人の背中を流し、前に回って初めて見る男性器に感想をもらし…嗚呼、エロすぎるー!!
それからしっかり先生の方も少女の体を隅々まで洗ってあげるのですが、その後わけあって出かけるものの酔っ払ってさくら一人が待つ家に帰ってきた谷川先生、そこである起こる場面は幻想的で、美しい(ちょっと笑ってしまいますが)。

次なるさくらVS和代対決の果てに、ついに和代は本物のキチガイにされて病院送りに。
夢の生活を手に入れたさくら。今までちょっと…いや、かなり酷い事をしてきましたが、あれは純粋に自分の幸せをつかむための行為であり、決して悪事だという認識は持っていないさくらは、手を組んで跪き…要は祈りのポーズを取り
『どうか…どうかもう これからはだれも じゃまなどしないでほしい!
 わたしはただ ふつうに……ふつうに生きたいだけだから』

そう言って涙を流すのです。
この時に聖書の言葉風な文句が出てきて、その中に『涙の洗礼受けようとも』というフレーズがあります。タイトルになっていながら、何を指して言っているのか謎の『洗礼』という言葉が出てくるのは、全編通してこの時だけ!

さて和代の追い出しに成功して新しい人生のスタートという所で幸せもつかの間、さくらの体に異変が起こります。声や足どりに…そして、額にぽつんと浮かんだ小さなほくろ!これは若草いずみ時代に醜いアザにまで発展する事になった、その前兆と同じ。
しかも谷川先生も実はさくらがオカシイ事に気付いており、、和代と離婚する芝居をしながらさくらの方を精神科の医者に見せようとしていたのでした。それに気付いて一人で海辺にて大泣きするさくらは、あっという間に顔のアザも広がっています!

あ、ここで一休み…的に、単行本の4巻末には「蛇」が収録されています。これは1975年の週刊少年サンデー(小学館刊)で掲載された短編です。
楳図作品で『蛇』と言えばもう代名詞みたいなものですが、これは少年誌に掲載しただけに主人公が小学生の男子であり小学生時代を思い出すノスタルジックな感じもあり、絵柄も含めて私にとって蛇モノ作品の中でも好きな方です。
でかい蛇を飼っているという噂の家に忍び込んで…という導入は良かったのですが、あとはお母さんが実は蛇で云々となり、少女漫画でやってた事の焼き直しですけどね。

ちなみに5巻末には1968年に週刊少女フレンド(講談社刊)で掲載された「まぼろしの蝶」が、6巻末には1976年のマンガ少年(朝日ソノラマ刊)で掲載された「よくない部屋」(初出時のタイトルは「楳図かずおの幻想世界」)が収録されています。

UMEZU-baptism5-6.jpg

さてまた「洗礼」ですが、もう顔のアザが酷い事になっていながらも何とかごまかしているさくら(中身は母親)は、本当のさくらの親友だった良子さんに自分の正体と、ここで初めて語られる若草いずみの過去を全て明かします。
協力してもらうため全てを語ったその上で、さくらが発した計画は…谷川先生が和代を愛している以上、さくらが和代になる、つまりさくらに移した母の脳を次は和代に移して和代本人になるべく、再び脳移植手術をしようというのです!

目立たない部分ながら今作では、さくらの小学校の同級生である女子達がけっこうリアルに描かれています。この良子さんや、勘が良くてさくらが別人なのではとまで感づく中島さんなどは可哀想な目に合うのですが…でも一番酷いのはフリールポライター・波多あきみ
大女優であり人気絶頂の最中に姿を消した若草いずみのその後を調査して一旗上げようとしている男で、さくらに近づき追いつめ、真相に近づいていくんですけどね…何とも恐ろしい死に方をしました。

で、クライマックスの脳移植手術シーンです。そこで有名などんでん返しが起こるので、結果は書かずにおきますか。別にネタバレしたら価値が下がるような作品じゃないのですが、そこまで書くとその結果から考察して想像や批判や恐怖などが起こり、そこまでやっていると長文になりすぎるので…
ただ言える事は、この作品が世に存在する全ての恐怖漫画の到達点の一つであり、楳図かずお作品の中でもエンターテイメント作品として極めて成功した作品でしょう。実は楳図作品は長編になるとテンション落ちたり話のつじつまが合わなくなったりする事が多いので、この全6巻の分量を最後まで読者を怖がらせ、驚かせながら締めくくった「洗礼」は賞賛するしかないのです。
しかも主人公の娘だけでなく、若さを求める母親にも感情移入出来るように、両方の心理が描かれていますからね。それはそれは見事に。

そもそも醜い顔を手術して美しい顔と取り替えるという設定は、1965年の短編「呪われた屋敷の少女」(初出時のタイトルは「きちがい屋敷の少女」)に酷似していますね。この時は脳じゃなくて顔を入れ替える手術でしたが、まずおでこに小さなアザが現れる所も同じです。この初期作品からヒントを得て発展させた、という部分はあると思うのですが、10年の時を経て楳図かずお先生の技量が格段に進歩した後のリメイク、と見ると確かに感服。
もっとも、それを言うならもっと近いのは「猫目小僧」の『みにくい悪魔』といエピソードでしょうか。こちらは男ではありますが、容姿と内面が共に歪んだ人間が脳移植して美男になる話です。

1996年に吉原健一監督が実写映画化した「洗礼」も、当時ビデオを購入して何度か観たものでした。原作者の楳図かずお先生も出演していますよ!
UMEZU-UMEZU-baptism-cinema.jpg

ついでに触れておくと映画「デスノート the Last name」などにも出ていた、「洗礼」のヒロインと同姓同名タレント・女優である上原さくらさん。ついにメジャーシーンで洗礼リスペクトタレントが出てきたかと嬉しく思ったものですが、どうやら全くの偶然だったようで…というか、多分「洗礼」を知らないで付けた芸名だと思います。
あとは歌手としての楳図かずお先生が上梓した1st Album「闇のアルバム」。この1曲目に今作とそのまま同じタイトルでこの世界を歌われている歌があります。この涙の名曲を聴く事で、漫画作品に対する理解もより深まるでしょう。

はい、「洗礼」についてはもうちょっと深い所まで語りたかった気もしますが、またいつかそんな機会もあるでしょう。
今夜は最後に、フラワーコミックス、カバー裏のさくらを載せて終わりにしましょう。
UMEZU-baptism-back1.jpgUMEZU-baptism-back2.jpg
UMEZU-baptism-back3.jpgUMEZU-baptism-back4.jpg
UMEZU-baptism-back5.jpgUMEZU-baptism-back6.jpg


神とは人にとって何か?
人とは神にとって何か?
そして・・・・・
神は人に何を与えたか?



スポンサーサイト
  1. 2012/04/03(火) 23:59:59|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<楳図かずお(10) 「生き人形」 | ホーム | 旅行・紀行・街(117) 東京都杉並区高円寺 15 さよなら喫茶プログレ…等>>

コメント

所詮人の不幸の上に幸せは築けない、一時築いたかに見えたとしてもそれは儚い物、ひとえに風の前の塵に同じということをよく示す漫画ですね。
  1. 2012/04/05(木) 20:43:52 |
  2. URL |
  3. あつし #-
  4. [ 編集]

洗礼

>あつしさま

正に仰る通りです!
だからこそ、自分の事だけ考えて手段を選ばず突っ走る人間は怖い…つまりホラー物の題材になる、という事も言えますね。
  1. 2012/04/06(金) 11:46:01 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1073-ac208a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する