大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(118) 東京杉並区荻窪 1 西荻窪 3

今夜は東京都杉並区荻窪へ行ってみましょう。私は上京してからずっとこの近辺に住んでいるし、いや故郷の田舎に住んでた時だって何度も来ている。さらに親戚だってここにいる、というおなじみの土地ではありますが、何故今まで紹介していなかったのか…その理由は、何か個性が弱くて地味に思えるからでしょう。
中央線快速の三鷹行きで新宿から西の停車駅は、中野→高円寺→阿佐ヶ谷→荻窪→西荻窪→吉祥寺→三鷹となっているわけですが、私のブログで過去の記録を見るとちょうど中央部にある荻窪だけは紹介していないのです。ラズウェル細木先生の漫画「酒のほそ道」で荻窪が登場した時にも、やはり中央線のここら辺で一番地味じゃないかと言われながら散策してました。

そんな荻窪はかつて…昭和初期頃までは別荘地として有名だったそうで、今でも高級住宅地は広く残っています。さらに文豪・井伏鱒二が住んだ土地でもあり著書「荻窪風土記」によれば、戦前から多くの芸術家などが住んで『荻窪の文化』が形成・発展されていったそうなのですが、まぁ過去の話ですな。
いや、今でも凄く栄えているんですよ。デパートやドンキやブックオフや、他にもでかい会社が立ち並んでいるし…ただそれが、均一化された普通の都市になってしまって個性が目立たないんですよね。井伏の他に作家だけでも与謝野晶子や太宰治らが住んでいた、その時の文化は陰に隠れてしまってます。

現在の荻窪で私が特筆すべきは、このブログでも何度も紹介している"杉並アニメーションミュージアム"がある事でしょうか。ここは入場無料だし…そう、荻窪はアニメの街として盛り上げようと一部で活動しています。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM70.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM71.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM74.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM72.jpg

既に今まで、
「夢は無限 藤子・F・不二雄展」
「銀河鉄道999の世界展」
「石ノ森章太郎展 ~石ノ森アニメの世界~」
「赤塚不二夫のコニャニャチハ展」
「ケロロ軍曹 杉並アニメーションミュージアム侵略作戦!」
…と、やっていた企画展をいくつか紹介してきました。

その後に覗いてきた企画は、まず「アニメ ゲゲゲの鬼太郎まつり」
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM76.jpg
1968年から近年までの5シリーズにわたる東映アニメーション「ゲゲゲの鬼太郎」を時代ごとに辿り、絵コンテやアフレコ台本なども展示、もちろんアニメ上映もやってました。

展示コーナー入口のこいつ、これは第1シリーズ(もちろんモノクロ作品)の鬼太郎立像ですよ!
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM73.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM75.jpg

スタンプも集めました。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM77.jpg

「やさいのようせい展~ふしぎなキッチン~」
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM80.jpg

NHK教育テレビのアニメ「やさいのようせい」は、まぁ普通は私みたいな奴が見る番組ではないのでしょうが、実は天野喜孝先生が生んだキャラクターだし、その天野喜孝つながりで「ヤッターマン」「みなしごハッチ」「新造人間キャシャーン」などのイラストやキャラクター設定なども展示していたので訪れたわけです。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM78.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM79.jpg

そして、待ってました…「トキワ荘 のヒーローたち~マンガにかけた青春~」
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM83.jpg

上映アニメのラインナップも良かったし、ここなんかテラさん部屋…つまり『寺田ヒロオの22号室』ってやつを再現してます!
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM84.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM81.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM82.jpg

この一秒で解けるクイズに正解すると、
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM86.jpg

手塚治虫先生のポストカードを頂けました。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM85.jpg
(数種類あったようですが、私が頂いたのは「どろろ」)

このミュージアムの館長さんは、そのトキワ荘で森安なおや氏と同居生活をしていたアニメーション作家・鈴木伸一先生ですね。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM87.jpgSUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM88.jpg
もちろん藤子不二雄作品が生んだ名物キャラ、ラーメン大好き小池さんのモデルとなった方です。

「人狼JIN-ROH セル画展~アナログアニメーションの魅力~」
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM94.jpg

アニメーション映画「人狼 JIN-ROH」(沖浦啓之監督、)は大好きな作品でDVD-BOXなんかも買って何度も観たものでしたが、これが日本で最後の、セル画を使用した長編アニメーション作品だったらしいんですよね。
セル画や原画などの展示も嬉しかったのですが、このプロテクトギア(強化装甲服)はよく出来てました!
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM89.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM90.jpg

側面。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM91.jpgSUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM92.jpg

実際に装着出来るようになっていたら、なお嬉しかった…
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM93.jpg


そして荻窪でアニメの他に私のポイントなのはもう一つ、ラーメンですね。それも『荻窪ラーメン』と地名が付いて有名になっているほどであり、遡れば戦後の闇市から続くラーメン文化があります。
魚介系和風スープで色が黒めのラーメンを指して言うようで、まぁオーソドックスな醤油味のイメージで良いと思うのですが…老舗ラーメン店も本当に多いし、今でもラーメン店激戦地。
私の大好きな映画「嫌われ松子の一生」でも冒頭で荻窪が舞台として登場しますが、その際もラーメン店でした。出てきたのは店内のみだったので、本当に荻窪の店をロケ地に使ったかどうかは分かりませんが…まぁ、それほど『荻窪・ラーメン』というイメージがあると。

他の飲食店も交えながら、最近食べに行った店を紹介していくとしますが、まずは北口。
こちらは"ルミネ(LUMINE) 荻窪店"からいきましょう。
ogikubo-street53.jpg
ショッピングセンターですが、この中に美味しいお店が多々入っているのです。

"函館らーめん 一凛"にて…
ogikubo-ichirin1.jpg
ogikubo-ichirin2.jpg

味噌らーめん、
ogikubo-ichirin3.jpg
ogikubo-ichirin4.jpg

特製ちび塩らーめん。
ogikubo-ichirin5.jpg
ogikubo-ichirin6.jpg

超人気のイタリア料理店、"ラ・ヴォーリァマッタ"(la Voglia matta)。
ogikubo-la-Voglia-matta2.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta1.jpgogikubo-la-Voglia-matta3.jpgogikubo-la-Voglia-matta4.jpg

前菜から…
ogikubo-la-Voglia-matta5.jpgogikubo-la-Voglia-matta6.jpg

パスタ、ピザに、手長海老、
ogikubo-la-Voglia-matta7.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta8.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta9.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta10.jpg

そしてデザート。
ogikubo-la-Voglia-matta11.jpgogikubo-la-Voglia-matta12.jpg

"饂飩 四國"も、どれを食べても美味い!
ogikubo-udonnoshikoku1.jpg

ビール呑みながら…
ogikubo-udonnoshikoku2.jpg

サーモンのたたき、
ogikubo-udonnoshikoku3.jpg

四國特製牛すじ煮込み、
ogikubo-udonnoshikoku4.jpg

天おろしぶっかけ、
ogikubo-udonnoshikoku5.jpg

そして…黒酢醤油精進天ぷらうどん定食。
ogikubo-udonnoshikoku6.jpg

スンドゥブ専門店の"東京純豆腐"
ogikubo-tokyo-sundubu8.jpg

最近凄い勢いで東京のあちこちにオープンしているイメージの東京純豆腐ですが、私が行ったのはこのルミネ荻窪店が初めて。レストラン街の一番端っこにあります。
ogikubo-tokyo-sundubu1.jpg

ビールと、前菜。
ogikubo-tokyo-sundubu2.jpgogikubo-tokyo-sundubu3.jpgogikubo-tokyo-sundubu4.jpg

黒豚スンドゥブ…だったかな?
ogikubo-tokyo-sundubu5.jpg

牛タンスンドゥブ。
ogikubo-tokyo-sundubu6.jpg
ogikubo-tokyo-sundubu7.jpg

コンビニでも、東京純豆腐監修のスンドゥブを見つけて食べてみました。
ogikubo-tokyo-sundubu9.jpg
ogikubo-tokyo-sundubu10.jpg

レンジで調理し、こうなります。
ogikubo-tokyo-sundubu11.jpg

そのルミネと隣接しているショッピングセンター、"荻窪タウンセブン"は屋上でフリマがある時によく行ってましたよ。
ogikubo-street4.jpg
ogikubo-street5.jpg
ogikubo-street6.jpg

では荻窪駅周辺の、街中に点在する店を訪れていきますが、まず全国的にも有名な老舗"春木屋"は本店が天沼2丁目にあります。
ogikubo-harukiya1.jpg

中華そば、
ogikubo-harukiya2.jpg

タンメン(何と900円…)
ogikubo-harukiya3.jpg

こちらも人気店、青梅街道の"春木屋"
ogikubo-harukiya4.jpg
ogikubo-harukiya5.jpg

のれんの色、別バージョン。
ogikubo-harukiya6.jpg
ちなみにここは、中華そば800円、わんたん麺1200円、ちゃーしゅー麺1300円…それぞれ大盛は200円増しという強気な値段設定しています!!
伊丹十三監督の、あの名作映画「タンポポ」は春木屋を参考に撮影したという話を聞いた事があるのですが、どっちの店の事ですかね?!
ただ西原理恵子&神足裕司のグルメレポ漫画「恨ミシュラン」では叩かれていましたし、私もそこまで美味いと思わず約20年前に出た「恨ミシュラン」に近い感想でしたが。

こんな人気店の隣に先日オープンした、"紅虎キッチン"の勇気には感服します。
ogikubo-benitora1.jpg

そしてこちらは、"ぎょうざの舗 春木家"。『屋』と『家』で「や」の字が違うし、そもそも現在は餃子専門店ですが、多分出所は同じなんだと思います。
ogikubo-harukiya7.jpg
ogikubo-harukiya8.jpg

青梅街道沿いは古本屋の"象のあし"がありますが、
ogikubo-street48.jpg

ラーメン店だとここも老舗、"中華そば 丸信"
ogikubo-marushin2.jpg
ogikubo-marushin1.jpg

餃子、
ogikubo-marushin5.jpg

ラーメン、
ogikubo-marushin3.jpg

ワンタンメン。
ogikubo-marushin4.jpg

"麺屋ZERO1"にて、
ogikubo-zero-one1.jpg

豚骨魚粉の『武士系シリーズ』より、武士系らーめん、
ogikubo-zero-one2.jpg

ガッツ系ラーメン。
ogikubo-zero-one3.jpg
ogikubo-zero-one4.jpg
これ、前は『ガッツリシリーズ』って名だったのですが、変わりましたね。ガッツリって自分では使わないし、あまり好きな言葉じゃないので良かった。

"太陽のトマト麺"
ogikubo-taiyo-tomato1.jpg
ogikubo-taiyo-tomato2.jpg

トマト麺系ではまず、太陽のラーメン(味付け玉子トッピング)、
ogikubo-taiyo-tomato3.jpg

太陽のチーズラーメン、
ogikubo-taiyo-tomato4.jpg

ネギめし…
ogikubo-taiyo-tomato6.jpg

↑のような、ご飯ものにトマト麺系の残ったスープをかけてリゾット風にするのがここの定番。
ogikubo-taiyo-tomato5.jpg

そして鶏パイタン麺系で、鶏パイタン麺。
ogikubo-taiyo-tomato7.jpg

漫画をいっぱい置いている、"三龍亭"
ogikubo-sanryutei1.jpg
ogikubo-sanryutei2.jpg

青梅街道と環八通りの交差点である、四面道交差点まで行くと…ラーメン屋が何度も入れ替わっている所がありまして、
ogikubo-street47.jpg
(こちらも潰れた、"らーめん百三歩")

そこに出来たのが"二郎"インスパイア系で、しかも"武蔵家"(もちろん家系)の別ブランドだという"荻窪 四麺燈"
ogikubo-shimendo1.jpg
地名の四面道(しめんどう)にちなんだネーミングですね。

凄い極太の、平打ちぢれ麺。
ogikubo-shimendo3.jpg
ogikubo-shimendo4.jpg

こちらは、肉ドカで。
ogikubo-shimendo2.jpg

もっと先に進むと、"八荻家"があります。
kamiogi-hachiogiya1.jpg
kamiogi-hachiogiya10.jpg

らーめんのセット、
kamiogi-hachiogiya5.jpg

みそとんこつらーめん、
kamiogi-hachiogiya6.jpg

みそとんこつらーめん(味玉トッピング)、
kamiogi-hachiogiya7.jpg

黒らーめん、
kamiogi-hachiogiya8.jpg

ビールやつまみ、など。
kamiogi-hachiogiya2.jpg
kamiogi-hachiogiya3.jpg
kamiogi-hachiogiya4.jpg
kamiogi-hachiogiya9.jpg

"一圓上荻窪店"
kamiogi-ichien10.jpg

もやしてんこ、
kamiogi-ichien11.jpg

そして昨年唯一杯だけ食べた、冷やし中華。
kamiogi-ichien12.jpg

次は、ことぶき通り商店街へ。
ogikubo-street39.jpg
ogikubo-street27.jpg

ここでは独自のマスコット(ゆるキャラ)が『なないろこみち』に七体いて、
ogikubo-street28.jpgogikubo-street29.jpg
ogikubo-street30.jpgogikubo-street31.jpg
ogikubo-street32.jpgogikubo-street33.jpg
ogikubo-street34.jpgogikubo-street35.jpg
(↑一つは正規メンバーではありません)

このようなオリジナルグッズの販売もしています!
ogikubo-street36.jpg

ことぶきホコランドで、勢ぞろい!
ogikubo-street38.jpgogikubo-street37.jpg

この通りにあるラーメン屋は"中華そば 風味堂"しか行った事がありません。
ogikubo-fumido1.jpg

味玉中華そば、
ogikubo-fumido2.jpg

名物シュウマイ。
ogikubo-fumido3.jpg

扉を塗り直してますね。人気もあったようでしたが、ここはほどなくして閉店してしまいました…
ogikubo-fumido4.jpg

また荻窪駅近くに戻り、西口方面へ。この時はマックの何やら甘いのをごちそうして頂いたのですが…やはり甘すぎる!ごちそうされても全然嬉しくない!
ogikubo-street54.jpg

そこの白山通り商店街では、
ogikubo-street50.jpg

昔から通っている立ちそば屋の"天亀そば"へ。
ogikubo-tenkame1.jpg
ogikubo-tenkame2.jpg
ogikubo-tenkame3.jpg
ogikubo-tenkame5.jpg

ラーメンもあります。
ogikubo-tenkame6.jpg

最近、改装して綺麗になりました。
ogikubo-tenkame4.jpg

近くに同業の、そしてよく行ってた"箱根そば"もありましたが、そのうち閉店して…
ogikubo-hakone-soba1.jpg
ogikubo-hakone-soba2.jpg
ogikubo-hakone-soba3.jpg
ogikubo-hakone-soba4.jpg
ogikubo-hakone-soba5.jpg

跡地にオープンしたのは串揚げ屋の"ぼんフライ"で、
ogikubo-bonfry1.jpg
ogikubo-bonfry2.jpg
ogikubo-bonfry3.jpg
しかし、ここもほどなくして閉店してしまいました。

ミスタードーナツの隣でひっそりと経営している"五右衛門ラーメン"
ogikubo-goemon1.jpg

五右衛門ラーメン350円です。
ogikubo-goemon2.jpg
ogikubo-goemon3.jpg

"らあめん花月 嵐"
ogikubo-arashi1.jpg

餃子、
ogikubo-arashi2.jpg

嵐げんこつらあめん、
ogikubo-arashi4.jpg

期間限定メニューの担々麺…だったかな?
ogikubo-arashi5.jpg

激辛壷ニラを投入!
ogikubo-arashi6.jpg

ご飯類も食べちゃうと、満腹で動けなくなります。
ogikubo-arashi3.jpg

半年ほど前に、"餃子の王将"もオープンしました。
ogikubo-ohsho1.jpg

この日はサワーと餃子、そして天津飯。
ogikubo-ohsho2.jpg
ogikubo-ohsho3.jpg
ogikubo-ohsho4.jpg

いつもガラガラで料理も普通、それが個人的に落ち着くのでたまに行ってた中華料理屋の"中国台風"
ogikubo-street22.jpg
ogikubo-street23.jpgogikubo-street24.jpg
ogikubo-street25.jpgogikubo-street26.jpg
…ここは残念ながら潰れてしまったのです。

で、その跡地に出来たのは"KITCHIN BAR 星降る食卓 荻窪ユーロアジア ダインニングバー"
ogikubo-hoshifuru-syokutaku1.jpg
ogikubo-hoshifuru-syokutaku2.jpg
ogikubo-hoshifuru-syokutaku11.jpg

ゴクゴク…
ogikubo-hoshifuru-syokutaku3.jpgogikubo-hoshifuru-syokutaku4.jpgogikubo-hoshifuru-syokutaku5.jpgogikubo-hoshifuru-syokutaku6.jpg

パクパク…
ogikubo-hoshifuru-syokutaku7.jpg
ogikubo-hoshifuru-syokutaku8.jpg
ogikubo-hoshifuru-syokutaku9.jpg
ogikubo-hoshifuru-syokutaku10.jpg

駅北口から徒歩20秒のビル地下、"大阪直伝 お好み焼 荻窪 匠"
ogikubo-takumi1.jpg
ogikubo-takumi2.jpgogikubo-takumi3.jpgogikubo-takumi6.jpg
ogikubo-takumi4.jpgogikubo-takumi5.jpg

お好み焼、
ogikubo-takumi7.jpgogikubo-takumi8.jpg

モダン焼、
ogikubo-takumi9.jpgogikubo-takumi10.jpg
ogikubo-takumi11.jpgogikubo-takumi12.jpg

ミックス焼、
ogikubo-takumi13.jpgogikubo-takumi14.jpgogikubo-takumi15.jpg

焼きそば。
ogikubo-takumi16.jpgogikubo-takumi17.jpgogikubo-takumi18.jpg

その近くには"漢珍亭"があり、
ogikubo-kanchintei1.jpgogikubo-kanchintei2.jpg

ラーメン、
ogikubo-kanchintei3.jpg

みそラーメン。
ogikubo-kanchintei4.jpg

ところで荻窪の飲み屋の中で、一番有名なのは"鳥もと"だと思います。
ogikubo-torimoto1.jpg
駅に隣接していて、いつも昼間から呑んでる人々がいて…荻窪のランドマークみたいな感じでしたが、あの光景(↑の写真時代)は、駅前整備のため閉店した事で失われてしまいました。

しかしすぐ近くに狭い路地の荻窪銀座商店街って所がありまして…
ogikubo-street51.jpgogikubo-street1.jpg
ogikubo-street46.jpg

ここへ移転しオープンしてくれた、"鳥もと本店"
ogikubo-torimoto9.jpg
ogikubo-torimoto10.jpg
ogikubo-torimoto11.jpg
ogikubo-torimoto12.jpg

うん、ンマーイ!!
ogikubo-torimoto13.jpgogikubo-torimoto14.jpg
ogikubo-torimoto15.jpgogikubo-torimoto16.jpg
ogikubo-torimoto17.jpgogikubo-torimoto18.jpg
ogikubo-torimoto19.jpgogikubo-torimoto20.jpg
ogikubo-torimoto21.jpgogikubo-torimoto22.jpg

何故↑の店に『本店』と付くかといえば、この移転のタイミングで線路沿いに"鳥もと 2号店"もオープンしているからですな。
ogikubo-torimoto2.jpg
ogikubo-torimoto3.jpgogikubo-torimoto4.jpg
ogikubo-torimoto5.jpgogikubo-torimoto6.jpg
ogikubo-torimoto7.jpgogikubo-torimoto8.jpg

この戦後すぐに商店会が結成されて作られた、歴史ある商店街には他にも気になるお店がたくさんあるのですが…
イカ料理の名店"やき屋"は昨年突如立ち退きで閉店し、
ogikubo-yakiya1.jpg
ogikubo-yakiya2.jpg

現在は南口方面に場所を移して、 "立ち飲み やきや"として営業再開しています。
ogikubo-yakiya3.jpg

近くの、同じく古い(歴史ある)荻窪北口駅前通商店街には…
ogikubo-street41.jpg

レトロすぎる喫茶店の"邪宗門"があります。
ogikubo-street42.jpg
ogikubo-street43.jpgogikubo-street44.jpg
私には似合わないかもしれませんが、数年前にこういう店を好きな人に連れてかれて入店した事があります。

ここも渋い、というか古いぞ…"富士食堂"
ogikubo-street49.jpg
最近やってないなー、と思ったら何とここを閉め、近くですが改装してもうすぐオープンするそうです。

その目の前に、同じく店名に『冨士』が付く"冨士中華そば"
ogikubo-street45.jpg

隣接して"萬龍軒"
ogikubo-manryuken1.jpg
ogikubo-manryuken2.jpg
ogikubo-manryuken3.jpg
ogikubo-manryuken4.jpg

さらに"丸福"
ogikubo-marufuku1.jpg
ogikubo-marufuku2.jpg
…とラーメン屋さんが続くのは、さすが荻窪。

こちらは、"手もみらーめん 十八番"
ogikubo-18ban1.jpg

餃子、
ogikubo-18ban2.jpg

ネギラーメン、
ogikubo-18ban3.jpg

特製十八番。
ogikubo-18ban4.jpg

"ラーメン久保田"で、
ogikubo-kubota1.jpg
ogikubo-kubota2.jpg

中華そば。ウマッ!ウマッ!
ogikubo-kubota3.jpg
ogikubo-kubota4.jpg

もっと駅から離れますが、"ラーメン二郎 荻窪店"
ogikubo-jiro1.jpg
ogikubo-jiro2.jpg
ogikubo-jiro3.jpg

続いては、荻窪教会通り商店街へ。
ogikubo-street52.jpg

この通りのラーメン屋では、おなじみ"野方ホープ 荻窪店"
ogikubo-nokata-hope3.jpg

昔から、中野区野方にある環七沿いの本店よりもこちらに来ています。
ogikubo-nokata-hope1.jpg
ogikubo-nokata-hope2.jpg

野方ホープラーメン、
ogikubo-nokata-hope5.jpg
ogikubo-nokata-hope7.jpg

坦坦麺。
ogikubo-nokata-hope6.jpg

この生ニンニクや辛味のサービスも嬉しいですね。
ogikubo-nokata-hope4.jpg

先日は改装オープンした時に行きまして、
ogikubo-nokata-hope8.jpg

野方ホープラーメンに味玉をトッピングしました。
ogikubo-nokata-hope9.jpg
ogikubo-nokata-hope10.jpg
この店では脂調整が出来るのですが、こてこて>こってり>ふつう>あっさり>あぶらぬきと5段階。ただし脂を濃くしちゃうと、きっついですよー。

その向かいにあるのが"さいたま屋"。
ogikubo-saitamaya1.jpg
ogikubo-saitamaya2.jpg
ogikubo-saitamaya3.jpg
…だったのですが、現在は潰れています。

その跡地に出来たのが、"麺処 鳴神"
ogikubo-narukami1.jpg

手作りぎょうざ、
ogikubo-narukami2.jpg

そしてここは『しょうゆらーめん』で白湯(パイタン)と上湯(シャンタン)の2種類あり、私は前者を選びました。
ogikubo-narukami3.jpg
…揚げた鶏が1枚乗ってまいます。

続いて、白湯しょうゆ味玉らーめん。
ogikubo-narukami4.jpg

"ラーメン二葉 天沼店"では…
ogikubo-hutaba1.jpg

ラーメン、
ogikubo-hutaba2.jpg

ワンタンメン。
ogikubo-hutaba3.jpg

西口方面に"ラーメン二葉 上荻店"もありますが、こちらの店舗は未入店。
ogikubo-hutaba4.jpg

たこ焼きなら、"みなと蛸"ですね。
ogikubo-minato-tako1.jpg
ogikubo-minato-tako6.jpg

気に入って何度も食べています。
ogikubo-minato-tako2.jpg

また、持ち帰りで買って帰る事も多々あり。
ogikubo-minato-tako3.jpg
ogikubo-minato-tako4.jpg
ogikubo-minato-tako5.jpg

こちらも人気の、"さとうコロッケ店"
ogikubo-sato1.jpgogikubo-sato4.jpg
ogikubo-sato2.jpgogikubo-sato3.jpg

そして、"お好み焼き 吉田"
ogikubo-yoshida1.jpg
ogikubo-yoshida2.jpgogikubo-yoshida7.jpg
ogikubo-yoshida4.jpgogikubo-yoshida3.jpg
ogikubo-yoshida5.jpgogikubo-yoshida6.jpg

"イナズマカフェ"(INAZUMA CAFE)。
ogikubo-inazuma-cafe1.jpgogikubo-inazuma-cafe2.jpg
ogikubo-inazuma-cafe3.jpgogikubo-inazuma-cafe4.jpg
ogikubo-inazuma-cafe5.jpg
ogikubo-inazuma-cafe6.jpg
ogikubo-inazuma-cafe7.jpg
ogikubo-inazuma-cafe8.jpg

ここ"月光蟲"は、店名で一発で分かるように私と同じ筋肉少女帯ファンがやっているはずなんですよ。でも、入りにくすぎるんですよ。
ogikubo-gekkochu1.jpg

桃井の住宅街の中に突如現れる純喫茶、"ピエロ"
ogikubo-piero1.jpg
ogikubo-piero2.jpg
ogikubo-piero3.jpg
ogikubo-piero4.jpg
ogikubo-piero5.jpgogikubo-piero6.jpg
ogikubo-piero7.jpgogikubo-piero8.jpg

おっと、桃井といえば昨年オープンした"ビンギリ"
ogikubo-bingiri1.jpg
ogikubo-bingiri2.jpg

お昼しか営業してないので行きにくいのですが、かなりのお気に入り店。
ogikubo-bingiri3.jpgogikubo-bingiri4.jpg

ビンギリラーメン、
ogikubo-bingiri5.jpg

勝浦タンタン麺(激辛)。
ogikubo-bingiri6.jpg

美味い!そもそも勝浦タンタン麺といえば千葉県の南房総・勝浦市が誇るB級グルメでして、前からそれを食すために勝浦旅行しようかとも考えていたし…それまでカップラーメンで食べてみたり…
katsuura-tantanmen1.jpgkatsuura-tantanmen2.jpg
katsuura-tantanmen3.jpgkatsuura-tantanmen4.jpg
でもビンギリの勝浦タンタン麺に出会って、近所のここで食べればいいんじゃないかと思わされてます。いや、本場はどんなもんなのか、これ以上に美味いのか…それはそれでいつか調査したいですが。

続いて荻窪駅南口側へ。
昔よく通っていた"ささま書店"があり、
ogikubo-street40.jpg

ラーメンはまず"麺屋はつがい"にて、
ogikubo-hatsugai1.jpg

ラーメン、
ogikubo-hatsugai2.jpg

つけ麺。
ogikubo-hatsugai3.jpg

"荻窪らーめん 菊池"では、
ogikubo-kikuchi1.jpg

らーめん(白)、
ogikubo-kikuchi3.jpg

らーめん(黒)。
ogikubo-kikuchi2.jpg

"中華そば専門店 マツマル"
ogikubo-matsumaru5.jpgogikubo-matsumaru1.jpg

中華そば、
ogikubo-matsumaru3.jpg

タンメン、
ogikubo-matsumaru4.jpg

チャーハン。
ogikubo-matsumaru2.jpg

『荻窪の味』を自称する"三ちゃん"で、
ogikubo-sanchan1.jpg

ラーメン、
ogikubo-sanchan2.jpg

スタミナラーメン、
ogikubo-sanchan3.jpg

チャーハン。
ogikubo-sanchan4.jpg
創業は1960年というから、この荻窪のラーメン店の中にあってもまぁ老舗の部類ですね。

そしてこちらが1948年創業の、"丸長中華そば店"
ogikubo-marunaga1.jpg
あの日本一有名と言っても過言ではない"東池袋大勝軒"の山岸一雄氏が最初に修行した店でもあり、他にもここから色々な広がりを見せているという事で多方面より有難がられており、客足が絶えません。
店先には貼り紙で『場合によっては、ラーメンの提供までに30分以上かかる場合があるので、お時間のある方のみ入店ください』なる文句が書いてあり、有名店ゆえの天狗さも感じていきなり不安になりますが…まぁ何も告知なく待たされるのはきついでしょうが、これなら納得の上で入るわけだから親切なのか。
で、入店したら…ギロッとにらまれて、いらっしゃいませとか何も言われないんですよ。もちろん席へ誘導もしてくれません。恐る恐る自分で空いてる席に座ってみたものの、全然注文を取りにも来てくれないので、来ちゃいけなかったのかなと、席を立ち、そのまま退店してしまいました…こんなの初めての経験でした。
出てからもムラムラと怒りが沸き起こるのですが…これで何が名店だよ、嗚呼!FUCK OFF!!

こんな店を見てしまうと、チェーン展開している"日高屋"の全てが素晴らしく思えました。
ogikubo-hidakaya1.jpg
ogikubo-hidakaya2.jpgogikubo-hidakaya3.jpgogikubo-hidakaya4.jpg
ogikubo-hidakaya5.jpgogikubo-hidakaya7.jpg

汁なしラーメン、
ogikubo-hidakaya6.jpg

定番はやはり、中華そば(それに味玉を投入!)
ogikubo-hidakaya8.jpg
ogikubo-hidakaya9.jpg

日高屋は、北口の方にもあります。
ogikubo-hidakaya10.jpg

"無国籍料理AJISAI"
ogikubo-ajisai1.jpg
ogikubo-ajisai3.jpg
ogikubo-ajisai2.jpg
…ここは、偶然にも電車内(東京の総武線)で再会した懐かしい友人(女性・新潟県出身)に、再会を祝っての一杯で連れて行かれたお店。その友人の亭主が、ここで働いているのです。

"酒と肴 心 -Shin-"
ogikubo-sin1.jpg

…ここは、阿佐ヶ谷でよく行ってた"あじ寅"の店主の娘さんがやっているお店。あじ寅がいつの間にか閉店して悲しんでいたのですが、友人が偶然にも店主と街で会ったために、あじ寅店主も現在はこの店を手伝っていると情報を得て、訪れてみたのです。
ogikubo-sin2.jpgogikubo-sin3.jpg

オシャレな創作和食のお店で、娘さん経営だけあって女性が喜びそうな料理・空間でした。
ogikubo-sin4.jpgogikubo-sin5.jpgogikubo-sin6.jpg
ogikubo-sin7.jpgogikubo-sin8.jpg
ogikubo-sin9.jpgogikubo-sin10.jpg

すずらん通りには、"中華徳大"がありますね。
ogikubo-tokudai1.jpg

この日は、半熟玉子らーめんでした。
ogikubo-tokudai2.jpg
ogikubo-tokudai3.jpg

それから、"ぎょうざの満洲"
ogikubo-mansyu1.jpg
ogikubo-mansyu2.jpg
ogikubo-mansyu3.jpg
ogikubo-mansyu4.jpgogikubo-mansyu5.jpg
ogikubo-mansyu6.jpgogikubo-mansyu7.jpg
ogikubo-mansyu8.jpg

こちらは環状八号線沿い。与謝野晶子・鉄幹ゆかりの地であるここは川南共栄会商店街というようですが、
ogikubo-street55.jpg

そこにあるのが"ちゃんぽん亭"
ogikubo-chanpontei1.jpg

下高井戸で35年も地元民に愛されてきたというこの店が、半年ほど前に荻窪へ移転してきたのです。で、看板メニューの長崎ちゃんぽんを頂きました。
ogikubo-chanpontei2.jpg
ogikubo-chanpontei3.jpg

渋すぎる洋館"西郊ロッヂング"を見て、
ogikubo-street21.jpg
ogikubo-street18.jpg
ogikubo-street19.jpg
ogikubo-street20.jpg

荻窪駅からサヨウナラ~。
ogikubo-street2.jpg
ogikubo-street3.jpg


次は善福寺になりますが、青梅街道沿いの神社"井草八幡宮"
ogikubo-street7.jpg

お祭りで屋台が出ている時にも行ってみました。
ogikubo-street8.jpgogikubo-street14.jpg
ogikubo-street9.jpg
ogikubo-street10.jpg
ogikubo-street12.jpg
ogikubo-street11.jpg
ogikubo-street15.jpg
ogikubo-street16.jpg
ogikubo-street17.jpg

ちなみにここ、仲間由紀恵主演の学園ドラマ「ごくせん」(原作は森本梢子先生の漫画)のロケ地。
ogikubo-street13.jpg

すぐ近くの"木曽路 善福寺店"で、贅沢に食事した事もありました。
ogikubo-kisoji1.jpg

ビールにつまみ…
ogikubo-kisoji2.jpgogikubo-kisoji3.jpg
ogikubo-kisoji4.jpg
ogikubo-kisoji5.jpg

それから、しゃぶしゃぶですよ!!
ogikubo-kisoji6.jpgogikubo-kisoji7.jpg
ogikubo-kisoji8.jpg
ogikubo-kisoji9.jpg
ogikubo-kisoji10.jpgogikubo-kisoji11.jpg

最後はきしめんと餅を投入。
ogikubo-kisoji12.jpgogikubo-kisoji13.jpg


続いては、ピンクの象さんが空を飛んでいる西荻窪へ。
nishiogi-street25.jpg

そのすぐ近くには、"麺創房 さくら"がありますね。
nishiogi-sakura4.jpg

強火炊き豚骨、
nishiogi-sakura2.jpg

醤油らーめん。
nishiogi-sakura3.jpg

こちらには"ねこの手"なんて古本屋がありますね。
nishiogi-street35.jpg

昔は当地の古本屋巡りをしていたので頻繁に通っていたものですが、最近はすっかり足が遠のいてしまい…今は半年に1回とかのペースで、たまーに呑みに寄るくらいです。
nishiogi-street30.jpg

呑む前にまず"じゃんぼ総本店"のたこ焼き。
nishiogi-street31.jpg
nishiogi-street32.jpg
nishiogi-street33.jpgnishiogi-street34.jpg
ここ↑にたこ焼きにうるさい友人がいるので感想を尋ねたら、いわく…味はフツー、だが女子店員さんの笑顔が良かったから○、との事。

西荻窪といえば、やっぱり"戒"(エビス)。
nishiogi-yebisu7.jpg
nishiogi-yebisu8.jpgnishiogi-yebisu9.jpgnishiogi-yebisu11.jpg
nishiogi-yebisu12.jpgnishiogi-yebisu13.jpgnishiogi-yebisu14.jpg
nishiogi-yebisu17.jpgnishiogi-yebisu18.jpg
nishiogi-yebisu15.jpg
nishiogi-yebisu16.jpg

これは『超炭酸ハイボール』で、1リットルのメガジョッキ
nishiogi-yebisu10.jpg

こちらは物凄く普通の焼き鳥居酒屋ですが、"串処 勘九郎"へ。
nishiogi-kankuro2.jpg
nishiogi-kankuro1.jpg
nishiogi-kankuro3.jpgnishiogi-kankuro4.jpgnishiogi-kankuro5.jpg
nishiogi-kankuro6.jpgnishiogi-kankuro7.jpgnishiogi-kankuro8.jpg
nishiogi-kankuro9.jpgnishiogi-kankuro10.jpgnishiogi-kankuro13.jpg
nishiogi-kankuro11.jpgnishiogi-kankuro12.jpgnishiogi-kankuro14.jpg
nishiogi-kankuro15.jpg

続いては、メキシコ料理の"ボラッチョ"(BORRACHO)。
nishiogi-borracho1.jpg

ルチャ・リブレ(特にミル・マスカラス)、マリアッチ、ルイス・ブニュエル、フリーダ・カーロ、そして「空手バカ一代」によれば大山倍達が闘牛用の牛と闘った(もちろん勝利した)国、メキシコに思いをはせながら…
まずはメキシコのビール、ソル(Sol)。
nishiogi-borracho2.jpgnishiogi-borracho3.jpg
大友克洋先生の「AKIRA」に登場する対地攻撃用衛星兵器の略称と同じ名を持つビールですね。

メキシコのビールで一番有名なのは、当然コロナでしょう。
nishiogi-borracho4.jpg

他に頂いたのはハートランド生、テキーラハイ、
nishiogi-borracho5.jpgnishiogi-borracho6.jpg

そしてテキーラ。この店では、テキーラも一気飲みしないで上品にグラスで呑むのです。
nishiogi-borracho7.jpg

こちらは高級テキーラ。
nishiogi-borracho8.jpg

秘伝のタレでじっくり漬け込んだ炎のチキンファヒータ、
nishiogi-borracho9.jpg
nishiogi-borracho10.jpgnishiogi-borracho11.jpg
nishiogi-borracho12.jpgnishiogi-borracho13.jpg
(トルティーヤで巻いて食べます)

ごろごろ野菜のトマト煮込み、
nishiogi-borracho14.jpg

激辛!!ハバネロパスタ、
nishiogi-borracho15.jpg

海老とアボカドのシーザーサラダ温泉卵のせ、
nishiogi-borracho16.jpg

メキシカンチーズフォンデュ、
nishiogi-borracho17.jpg
(これもトルティーヤ付きでした)

名物!チリコンカルネ、
nishiogi-borracho18.jpg

自家製!鶏のレバーパテ。
nishiogi-borracho19.jpg
(カリカリバゲット付き)

美味しかった。値段も手頃で店員さんも親切、また来たいお店です。
nishiogi-borracho20.jpgnishiogi-borracho21.jpg

あと、"てんか寿司"
nishiogi-tenka5.jpg
nishiogi-tenka6.jpgnishiogi-tenka7.jpg
nishiogi-tenka8.jpgnishiogi-tenka9.jpg
nishiogi-tenka11.jpgnishiogi-tenka12.jpg

やっぱり大トロが美味いか。
nishiogi-tenka10.jpgnishiogi-tenka13.jpg

ここはボクシング界の偉大な元世界チャンピオンがいる、"輪島功一スポーツジム"
nishiogi-street26.jpg

…その隣にある"THE ロック食堂"は、カッコ良すぎる時代のボウイの顔が目を引きます。
nishiogi-street27.jpg
nishiogi-street28.jpg
nishiogi-street29.jpg

さらに先に行くと、名前が凄すぎるライヴハウス"禅プッシー"(ZEN PUSSY)がありまして、
nishiogi-zen-pussy7.jpg
nishiogi-zen-pussy1.jpg
nishiogi-zen-pussy2.jpg

この日は『三上寛VSJETリンダ野獣対決』と題して、この二人がやってくれました。
nishiogi-zen-pussy3.jpg

三上寛さま・・・
nishiogi-zen-pussy4.jpg

そして、JETリンダさま・・・
nishiogi-zen-pussy5.jpgnishiogi-zen-pussy6.jpg


下井草、空手バカボンの「7年殺し」で『下井草のおじいちゃんに聞いてみろ』って歌詞があって馴染みのある土地ですが、近所なのにあまり行きません…最近だと"和食れすとらん 天狗"くらいですかね。
shimoigusa-tengu1.jpg
shimoigusa-tengu2.jpgshimoigusa-tengu3.jpg
shimoigusa-tengu4.jpgshimoigusa-tengu5.jpg

ランチタイムはご飯と味噌汁のお代わり自由なので、チキンかつおろしポン酢セットなんか頼むと米を食べすぎちゃいます。
shimoigusa-tengu6.jpg


最後は上井草へ。
kamiigusa-street1.jpg
kamiigusa-street6.jpg

ここは何と言っても、ガンダムの街なんです。
kamiigusa-street2.jpg

西武新宿線上井草駅前のガンダム像の前では、
kamiigusa-street4.jpg

ガンダムファンの女子高生達が集っています。
kamiigusa-street3.jpg

商店街の旗もガンダムで、要するにこの周辺にあの株式会社サンライズが、そして他にも多数のアニメ関連会社が集まっているのだそうです。
kamiigusa-street5.jpg

はい、それではまた…荻窪周辺で会いましょう。


スポンサーサイト
  1. 2012/04/18(水) 23:59:59|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<劇画(139) 土田世紀 1 「俺節」 | ホーム | 楳図かずお(13) 「黒いねこ面」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1078-40b9fe85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大友克洋の「AKIRA」てよく聞くけど何がすごいの?

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です :2012/04/18(水) 20:18:13.97 ID:SOtCpmyA0● 「漫画の力すごい」 大友さん、AKIRA全原画展示大友克洋さん「AKIRA」の全原画が展示されてい...
  1. 2012/04/19(木) 09:01:30 |
  2. 【嫌】 ニュー速 【儲】

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する