大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

楳図かずお(25) 「闇のアルバム」

楳図かずお作品より、「闇のアルバム」(朝日ソノラマ刊)です。
UMEZZ-kowai-hon4.jpg

朝日ソノラマから出た『シリーズこわい本』のシリーズの4巻目に当たり、画像の左は1983年のサン・コミックス版で、右は1990年に同内容を装丁変えて再出版されたハロウィン少女コミック館版。

1974年から翌年のビッグコミックオリジナル(小学館刊)で連載された「闇のアルバム」は、掲載誌で分かる通り大人向けを意識して描かれた作品であり、コマ割を無くして全ページを1ページ1コマ(つまり1枚絵)という構成にした実験的な意欲作。(あ、「その20 隣の人」だけ何故か普通のコマ割り漫画ですが)
各8ページの独立した短編が24作も続くシリーズで、恐怖ありSFあり不条理あり、そして笑いありの多様な内容は物凄い面白さで、1本1本突っ込んでいきたいくらいなのですが…やめておきましょう。この作品だけは特に文章でどうこう紹介するのがナンセンスすぎます。
楳図かずお作品はどのコマも『絵』として良すぎて絵画を愛でるように楽しめるわけですが、この「闇のアルバム」は特にそれをしやすいですね。嗚呼…どれもこれも、素晴らしすぎて震えてしまう!

ちなみに楳図先生はロック歌手でもあるわけですが(自ら作詞作曲もするのでシンガーソングライターと言うんですか?)、この連載とほぼ同時期に音楽活動では最重要作品と言えるアルバムをリリースしています。
その名もこの漫画と同じ「闇のアルバム」である事で、今作の重要性さも分かろうというものですね。
UMEZZ-shadowy-album1.jpg
1975年の作品であるこのLPは、私の世代ではレア化していて手に入らない楳図グッズの一つとなっていたのですが、ボーナストラックも収録して2005年にCD化した時は飛びついたものでした。音楽人生を語るインタビューも収録されているし!

さらにさらに、まさかの…昨年(2011年)になって唐突にリリースされたアルバムが、「闇のアルバム2」でした。
UMEZZ-shadowy-album2.jpg
まさか歌の方の「闇のアルバム」が続き物だったとは!この後も3作目,4作目と続く事を期待できる出し方ですね。
ならば出来れば漫画家活動の復活作も「闇のアルバム」シリーズにしてもらって、音楽のアルバム共々ライフワークとして続けて頂ければ、ファンとしては嬉しいのですが…


心の中の闇のアルバム……
人に見られることなくうもれてしまう
よくできたドラマならなおさら



スポンサーサイト
  1. 2012/07/16(月) 23:30:38|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<旅行・紀行・街(121) 鹿児島奄美市 3 奄美大島 | ホーム | 楳図かずお(24) 「偶然を呼ぶ手紙」>>

コメント

闇のアルバムはつい先日CDショップで発見しました
どんな歌か聞いてみたいですw

あと、実は近所に楳図さんが住んでいるのですが、
今日の午前中に歩いていらっしゃるのを見ました!
暑かったのか、少し元気がなさそうでした
  1. 2012/07/17(火) 19:16:09 |
  2. URL |
  3. awordorder #-
  4. [ 編集]

>awordorderさま

あれ、まだ歌う楳図かずお先生は未体験ですか…ふふふ、是非聴いてみてください。

楳図先生の近所にお住まいですか!まぁ私も近いですが…そのように日常的に見かける事が出来るなんて、やはり羨ましいです。
私もあの街で何度か見かけて、思い切って声かけた事もありますが、憧れの先生と会話したその後は、もう天にも昇る気持ちになってました。

元気なさそうだったのは心配です。楳図先生が倒れるとか、想像したくもない…いつまでも元気でいて欲しいですね。
  1. 2012/07/18(水) 00:30:24 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

docomoのミュージックショップになんと「闇のアルバム」があったので大枚を叩いて買ってみました。聴いた感想なんですが、本当に楳図先生なの?と思うほどの美声、かつ曲調でびっくり。漫画のみならず音楽にまで強烈な才能があるのは驚きです。

個人的なベストトラックは「アゲイン」ですね。サビの悲しい歌詞は泣けて来ますよね。
  1. 2017/02/26(日) 10:13:44 |
  2. URL |
  3. 若き楳図ファン #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>若き楳図ファンさま

このブログでコメント付いたの自体、物凄く久々です。この欄を完全に忘れていたくらいの所へ...ありがとうございます。
「イアラ」の所に頂いた非公開コメントも読ませて頂いてます。
そして若き楳図ファン、というだけで嬉しい方ですね。かくいう私も全然楳図作品のリアルタイム読者ではありませんが、もう20年以上も新作をまともに描いてないのだから仕方ないですね。
漫画家として無理なら遅咲きデビューした映画監督としての楳図先生に期待しちゃいますが、「マザー」以降は音沙汰ないし、せめてコメント頂いた音楽活動での新作が聴きたいですね。
いやもう、楳図先生は元気でいてくれるだけで国の宝。何かにコメントするだけとか、労力やストレスのかからない方法でたまには元気な顔だけ出してもらって、とにかく長生きして欲しいものです。
  1. 2017/03/02(木) 02:10:29 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1097-85bb0770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する