大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

楳図かずお(29) 「残酷の一夜」

楳図かずお作品より、「残酷の一夜」(朝日ソノラマ刊)です。
UMEZZ-kowai-hon9.jpg

朝日ソノラマから出た『シリーズこわい本』のシリーズの9巻目に当たり、画像の左は1985年初版のサン・コミックス版で、右は1991年に同内容を装丁変えて再出版された版。
今回も凄い傑作短編揃いで・・・6話収録です。

まず表題作の「残酷の一夜」は1969年の週刊少年キング(少年画報社刊)で掲載された作品。
ある夫婦に、ついに念願の子供が授かった夜…その病室に"死神"と名乗る科学者が現れて、『その赤ちゃんは生まれるべきではなかった』『その赤ちゃんは世界を破滅にみちびく』等と告げた上で変な箱の中を見せるのです。当然ながら狂人だと判断した夫婦は、彼の言う事を聞かずに赤ちゃんを秀男と名付け、育てるのですが…本当に死神が言っていたように残虐で残酷な悪の兆候を現してくると、そんな話。
秀男は大学生まで親元にいるのですが、その時に自分を避ける女を押し倒し、まぁ普通は殴るか犯すかって所を何と!髪の毛をバリバリッとむしっていく!このシーンは衝撃的でした。この後行方不明になって各所で殺人事件を起こすのですが、恐ろしい風貌に変わり果てた秀男が戻ってきて両親を殺すまでしか描写はなく、どのように世界を破滅にみちびくのかは分からぬままでした…
それから、あるどんでん返しで物語の幕は閉じます。

「本」は1969年のプレイコミック(秋田書店刊)で掲載された作品。
ある製本会社に勤める平凡なサラリーマン・茂木が、秋子という美しい女生と結婚して幸せに暮らしますが…ある日秋子の指にアザが出来て、それは次第に全身がただれて死んでいく奇病の前兆だという。秋子の美しさが壊れていく事に対して悩み抜いた茂木はその手で愛する秋子を殺して、ある方法で永久に傍に置いておこうとするのです。
愛情が強すぎて、おぞましく歪んだ形を選ぶしかなかった悲しい男の話でした。

「死者の行進」は1967年の週刊少年マガジン(講談社刊)で掲載された作品。
時は先の大戦中、ニューギニア近くの孤島を舞台に飢えやマラリヤに敵襲、そして鬼のような隊長に怯えながら進軍する小隊の話。主人公の少年・山川太郎二等兵は果たして生き残れるのか…
楳図かずお作品としては珍しい戦争漫画ですが、もちろん狂気に走る隊員達の描写など、お得意の恐怖漫画そのものでもありました。

「凍原<ツンドラ>」は1973年のビッグコミック(小学館刊)で掲載された作品。
平凡な主婦が留守番する家庭に入り込んだ一人の暴漢。生々しくおっぱいが露出する所は大人向け雑誌に載せたためでしょうか。とにかく抵抗する主婦は、暴漢の右手の指を噛み千切って撃退!
その後帰ってきた夫は顔色が悪く、何故か右手を隠している…意味が分かりにくい話ですが、夫は平凡な生活に刺激を求めて暴漢に扮した所、大変な事になったという所でしょうか。安部公房の小説「他人の顔」なんかを思い出しますね。

「手」は1968年の週刊少年ジャンプ(集英社刊)で掲載された作品で、これだけ戦国時代モノ。
日高城主の娘・阿由は美しい姫でしたが、桶狭間の戦いの余波で生じた火事によって城に取り残されて絶体絶命の危機を迎えます。そこで姫を救い出した者に姫と城をやると約束した城主。そこで最も姫を思う若者・多々良藤介が姫を救出しますが、顔に酷い火傷を負って醜くなってしまいました。
そこで心変わりして藤介をだまして殺す城主…しかし、藤介が自ら斬り取った左手が執念の復讐を果たす。

最後の「ダリの男」は1970年のプレイコミックで掲載された作品。
自分の醜さを意識しすぎて性格も陰気になっていった男は、自分で自分にダリの男と名付けて苦しむのでした。ダリとは当然スペインの画家サルバドール・ダリの事で、ダリの絵のように歪んだ家を用意すると梨麻という美しい嫁を迎える。ダリの男の策略通り梨麻の美的感覚を狂わせる事に成功しますが、それは肉体にまで影響を及ぼす…そんな話。
ラストのオチも見事だし、いつも通り人間の精神の歪みを描きつつ、さらにシュルレアリスム画家としての楳図かずお先生を楽しめる傑作でした。


ヒトラーがいたためにナチの大虐殺がおきた………
アル・カポネがいたためにアメリカは暗黒と化し市民生活はおびやかされた
また国民的英雄であり世界の指導者であったケネディを暗殺するような男がでたのも…
また さして理由もないのにつぎつぎに人を射殺したピストル魔がでたのも
ある男女がむすばれ 新しい生命が誕生したことが原因なのです



スポンサーサイト
  1. 2012/08/06(月) 23:59:11|
  2. 楳図かずお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楳図かずお×LUMINE(ルミネ)の広告! | ホーム | 楳図かずお(28) 「復讐鬼人」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1104-a65a3783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する