大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(132) 東京都中央区 2

今回は東京都中央区

先日は大変な展示会があると聞いて勝どきへ行ってきました。
「自由自在(蛭子能収)と臨機応変(根本敬)の勝敗なき勝負」展
という事で、何しろ青春時代に読み漁って大きく感激していた蛭子能収先生と根本敬先生の共演!貴重な原画展示や新作絵画はもちろん、共作した作品もあるとかで、居ても立っても居られない感じでしたよ。

で、まず勝どき駅に着いて地上に出たら"ひさご"なんて屋号の店があって!これは狙ったわけじゃないですよね…
kachidoki1.jpg

というのもガロ好きの方はもちろんご存知でしょうが、『ひさご』はガロビデオ第3弾の名称。
「ひさご 根本敬プレゼンツ・ガロ脱特殊歌謡祭92」という、根本敬先生らが監修し、もちろん蛭子能収先生も歌手として登場していたライブを収録した作品でした。
garo-video-hisago.jpg

展示会の会場は@btfという、倉庫を使ったギャラリー。
kachidoki2.jpg
kachidoki3.jpg
kachidoki4.jpg
kachidoki5.jpg

4階に昇ると「蛭子口」「根本口」という2つの入場口、そして展示があるのですが、まずは3階の展示場へ。
kachidoki6.jpg

今回の会期は2013年2月1日~2月24日。その初日である2月1日に行ったもので、オープニングパーティーをやってました。
kachidoki7.jpg
kachidoki8.jpg
kachidoki9.jpg

来たー!!二人の偉大な漫画家が登場。一般的にも知名度の高いこの方々の活躍ぶりを見れば、もうガロ系とか言っちゃいけない気がしますね。
kachidoki10.jpg
kachidoki11.jpg
kachidoki12.jpg
kachidoki13.jpg

ドリンクが配られたら何と、『新宿ジゴロ』こと伏見直樹さまが登場して乾杯の音頭を取ってくれました。
kachidoki14.jpg

4階は蛭子口の方だけ、チラッと載せておきましょう。
kachidoki16.jpgkachidoki20.jpg
kachidoki18.jpg
kachidoki19.jpg

ビールの他、食べなれないおつまみが多々出てました。
kachidoki17.jpg

エレベーターで昇ると、いきなりこのエビスさんが迎えてくれます。
kachidoki15.jpg

女性に囲まれる蛭子能収先生、人気者っぷりがうかがえます。しかし彼女達はちゃんと、根本敬先生が度々書いてる『エビス研究』の文章は読んでいるのか…心配になりますね。その人畜無害タレントとしての顔の裏にある正体を、分かった上で近づいているのなら良いのですが。
kachidoki21.jpg
kachidoki22.jpg

かくいう私も二人と記念撮影しまして、
kachidoki25.jpg
kachidoki26.jpg

取り出しましたる根本敬先生の名著「電気菩薩(上巻) 豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ」(径書房刊)。サインも頂きました。
NEMOTO-denki-bosatsu1.jpgNEMOTO-denki-bosatsu2.jpg
kachidoki27-.jpg
私は本気で『蛭子能収の都市伝説』を信じてる人なので、蛭子先生からサインを貰う事はありません。古本で買った蛭子本にたまたまサインが入っていたので、大急ぎで売りに走った事もあります!もちろん漫画家としての偉大さは知っていますが…
ちなみにこの二人は昔、ガロ誌上でお互いの絵柄と作風・キャラも交換して描き合う『スワップ・コミック』という企画をやっており、蛭子先生が「村田の首」、根本先生が「パチンコ屋のない街」と、共に面白い漫画を描いています。

伏見直樹さまのショーを観て、会場を後にしました。
kachidoki23.jpg
kachidoki24.jpg
展示会は2月24日までやっているので、是非貴方も行ってみてください。

他にも中央区はたまに観光しているので載せておきますが、まず徳川家や天皇家も関係が深い"浜離宮恩賜庭園"
hamarikyu1.jpg
hamarikyu2.jpg
hamarikyu3.jpg

周りを見るとビル群なのが違和感ありますが、
hamarikyu6.jpg

落ち着く場所です。
hamarikyu4.jpg
hamarikyu5.jpg

この方が…ウマシマジこと、「日本書紀」では可美真手命(うましまでのみこと)と表記する鎮魂祭の祖。
hamarikyu7.jpg

鷹の茶屋で一休み。
hamarikyu8.jpg
hamarikyu9.jpg

『お伝い橋』を渡り…
hamarikyu10.jpg
hamarikyu11.jpg
hamarikyu12.jpg

…と、まぁこのように写真を何枚か撮っていたのですが、ここに来たらカメラの調子がおかしくなり、色調が変になってしまいました。何かの霊のイタズラでしょうか。
hamarikyu13.jpg
hamarikyu14.jpg
hamarikyu15.jpg
hamarikyu16.jpg

野生動物も多く、ここでは黒豹が獲物を狙っている…
hamarikyu17.jpghamarikyu18.jpg

立派なアメリカデイゴが立っています。
hamarikyu19.jpg

お花を見て、帰りました。
hamarikyu20.jpg
hamarikyu21.jpg

さて中央区の他の地域では、日本最大の繁華街にして高級商店街の銀座がありますね。
ginza21.jpg

色々な所がありますが、いつも凝視してしまうのは壁から変な奴らが飛び出している某ビル。
ginza25.jpg
ginza24.jpg

こちらは、銀座に残された唯一の鉄道踏切信号機。
ginza20.jpg

この時はスコットランドより、古くからの朋友が来日してくれました!
ginza22.jpgginza23.jpg

お値段がお高い上にあまり来ない銀座では、食事する所もどこに入ればいいのかまるで分からない。しかし彼らはそばが食べたいというので…安心して入れる"小諸そば"
ginza-komorosoba1.jpg
確かに私も行く店だけど、日本に遊びに来た貴重な日々で一回の食事をここで済ませていいのかっ!?いいんです、イギリス圏の人々は食事にこだわりがないのです。

かけそば、かけうどん、
ginza-komorosoba2.jpgginza-komorosoba3.jpg

味噌煮込みうどん、天丼。
ginza-komorosoba4.jpgginza-komorosoba5.jpg

銀座まで来てなんですが、やはり安心の"大勝軒"にも入ってしまいます。
ginza-taishouken1.jpg

大勝軒らーめん(にぼし)、
ginza-taishouken2.jpg

信州味噌らーめん。
ginza-taishouken3.jpg

"喫茶室ルノアール"も同様に、他の地域でおなじみの店なので…
ginza-renoir1.jpg
ginza-renoir2.jpg

バドワイザー、そしてサンドイッチなど。
ginza-renoir3.jpg
ginza-renoir4.jpgginza-renoir5.jpgginza-renoir6.jpg

"銀座三越"で、ライオンの足を撫でる事も忘れずに。
ginza26.jpg
ginza27.jpg

そしてすぐ近くの日本橋。東野圭吾のガリレオシリーズを原作にした映画「容疑者Xの献身」の舞台でもある浜町(浜町公園、浜町駅など)もある土地。
nihonbashi2.jpg
nihonbashi4.jpgnihonbashi3.jpg

この日の目当ては"三越日本橋本店"です。
nihonbashi5.jpg

ここで現在開催中の『生誕100周年記念 中原淳一展』へ行ってきたのです。
nihonbashi6.jpg
nihonbashi7.jpg

中原淳一さまの事は今までこのブログでは特に書いてないと思いますが、実は私は思春期から大好きでたまらないイラストレーター(肩書きは他にもいくつもありますが)。彼の描く少女から大人の女性…あの可愛さ美しさオシャレさ、今のアニオタで言う『萌え』みたいな感情を感じていたように思います。

花束はペギー葉山、山田邦子、黒柳徹子(タマネギ頭)、他にも来てました。
nihonbashi8.jpgnihonbashi9.jpgnihonbashi10.jpg

で、とにかく入場。私が中原淳一好きだと知っている秘密結社員が招待券をくれたので、タダで入りました…何か申し訳ない。金払っても絶対入ってた展示なのに。
nihonbashi18.jpg

私が行くような展示会では珍しい事ですが、この展示ばかりはお客がほとんど女性でしたね。
若くてオシャレな女子から、「それいゆ」「ひまわり」等をリアルタイムで買っていたと思われる年配の方まで、デザインを凝視したりおしゃべりしたりしながら楽しんでいるようでした。
雑誌の表紙絵やスタイル画などの原画、自作の人形、その他多くの作品が広い展示場に飾られていましたが、撮影可能ポイントが3箇所有り、まずは『中原淳一がデザインしたドレスの再現』、
nihonbashi11.jpg
nihonbashi12.jpg

『「ひまわり」で提案した少女のための部屋の再現』、
nihonbashi13.jpg

そして中原淳一著「七人のお姫さま」で描いていたシンデレラのドレスを丸山敬太(KEITA MARUYAMA)氏が再現したもの!!
nihonbashi14.jpg
nihonbashi15.jpgnihonbashi16.jpg

外には、その丸山敬太氏からの花束も。
nihonbashi17.jpg

最後にキリンを見て…
nihonbashi1.jpg

続いては、日本橋人形町
nihonbashi-ningyocho1.jpg
nihonbashi-ningyocho2.jpg

このからくり時計の目の前にある居酒屋"北海道"は、ずーっと前に来た事あるのを店構え見て思い出した!
nihonbashi-ningyocho3.jpg

人形町駅から徒歩数秒の立地にある"三船"は、まんま三船敏郎さまの顔を使っています。
nihonbashi-ningyocho4.jpg
nihonbashi-ningyocho5.jpg
nihonbashi-ningyocho6.jpg

『谷崎潤一郎生誕の地』もこの近くですね。もちろん谷崎文学好きとして、胸に来るものがありました。
nihonbashi-ningyocho7.jpgnihonbashi-ningyocho8.jpg

あとは東京都文化財指定の鉄造菩薩頭がある、"大観音寺"
nihonbashi-ningyocho9.jpg

日本橋蛎殻町になりますが、"水天宮"で河童に挨拶。
nihonbashi-suitengu1.jpg
nihonbashi-suitengu2.jpg
nihonbashi-suitengu3.jpg
nihonbashi-suitengu4.jpgnihonbashi-suitengu5.jpg

次は八重洲。東京駅近くのここは千代田区と隣接しています。
"築地銀だこ ハイボール酒場"で、たこ焼きとハイボール。そう、ここは銀だこ食いながら酒を呑める場所。
yaesu-gindaco1.jpg
yaesu-gindaco2.jpg

東京駅待ち合わせの時なんかは、近くの"HUB 八重洲店"で時間つぶしたり。
yaesu-hub1.jpg
yaesu-hub2.jpg

タイ料理の、"スクンビット・ソイ・トンロー"
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor1.jpg
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor2.jpg
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor3.jpg
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor4.jpg
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor5.jpg
yaesu-sukhumvit-soi-thonglor6.jpg

居酒屋は、"番屋 八重洲本店"
yaesu-banya1.jpg
yaesu-banya2.jpg
yaesu-banya3.jpgyaesu-banya4.jpg
yaesu-banya5.jpgyaesu-banya6.jpg
yaesu-banya7.jpgyaesu-banya8.jpg

"八吉 八重洲店"
yaesu-yakichi1.jpg

ここは店員さんが調理する前の魚を持ってきてくれるので、そこから魚の顔見て選ぶ。
yaesu-yakichi3.jpg
yaesu-yakichi4.jpg
yaesu-yakichi5.jpg
yaesu-yakichi6.jpg

その他。
yaesu-yakichi2.jpgyaesu-yakichi7.jpg
yaesu-yakichi8.jpgyaesu-yakichi9.jpg
yaesu-yakichi10.jpg

築地では、よく有名人の葬儀が行われている"築地本願寺"
tukiji20.jpg
tukiji21.jpg
tukiji22.jpg

ここの本尊は聖徳太子の手彫像。日本の紙幣で最も多く使われた肖像が有名な人ですが、劇画好きにとってはもちろん、滝沢解原作・ふくしま政美劇画のコンビで描かれた「超劇画 聖徳太子」(太田出版刊)ですよね。つまり、あの凶悪でマッチョな手によって彫られた像があるのです。
TAKIZAWA-FUKUSHIMA-shotokutaishi1.jpg

おっとあちら"築地KYビル"では、高所の窓拭きが行われています。命がけの男の仕事。あれってマグロ漁船的な、きついけど短期間で高収入が得られる仕事かと思っていたのですよ。しかし実際にやっている友人が出来たので聞いたら、驚くほど安い手取りでした…
tukiji24.jpg
tukiji25.jpg

築地場外市場へ入っていくと…
tukiji26.jpg

そこら中でマグロを解体しています。
tukiji23.jpg

お、"築地 すし一番"。
tukiji30.jpg
tukiji31.jpg

この時、私は親類の子供達を連れて行ったのは…
tukiji42.jpg

今年の築地初競りで大間産マグロを1億5540万円で落札した(まさに狂気!)、"すしざんまい"
tukiji54.jpg

店舗は何軒もありますが、"つきじ喜代村 すしざんまい 別館"へ。
tukiji33.jpg
tukiji34.jpg
tukiji35.jpgtukiji36.jpg
tukiji38.jpgtukiji39.jpg
tukiji37.jpg

コロッケに目がない子のために、注文。
tukiji40.jpgtukiji41.jpg

同・すしざんまいですが、こちらは"廻るすしざんまい 築地店"
tukiji43.jpg

ちょうど昨年の東京スカイツリー開業時期だったので、アサヒの瓶ビールがその仕様になってました。
tukiji44.jpg

うまい、うまい。
tukiji45.jpgtukiji46.jpgtukiji47.jpg
tukiji48.jpgtukiji49.jpgtukiji50.jpg
tukiji51.jpgtukiji52.jpgtukiji53.jpg

テリー伊藤の実家で、玉子焼き店の"丸武"
tukiji32.jpg

"築地 山長"、玉子焼!
tukiji27.jpgtukiji29.jpg
tukiji28.jpg

続いて、月島の川沿いを散歩。
tukishima57.jpg
tukishima58.jpgtukishima59.jpg
tukishima60.jpg
tukishima56.jpg
tukishima61.jpg

警視庁で最も古い交番(現在は地域安全センター)がある…
tukishima79.jpg

月島西仲通り商店街(月島もんじゃストリート)へ。
tukishima78.jpg

名物の少ない東京の食文化にあって、もんじゃ焼きは貴重ですね。
で、最近入ったのはまず、"裏路地もんじゃ もん吉"
tukishima62.jpg
tukishima63.jpg

ブラッド・ピットも美味しいと言ったという…もん吉スペシャルなどの、
tukishima64.jpg
tukishima65.jpg
tukishima66.jpg

もんじゃ焼きを頂きました。
tukishima67.jpg
tukishima68.jpg
tukishima69.jpg

続いて"寿々"でホッピーを飲みながら…
tukishima70.jpg

もんじゃ焼き、
tukishima71.jpg
tukishima72.jpg

お好み焼き、
tukishima73.jpg
tukishima74.jpg
tukishima75.jpg

焼きそば。
tukishima76.jpg
tukishima77.jpg

最後、老舗の"いろは本店"へ。
tukishima80.jpg
tukishima81.jpg
tukishima82.jpg

瓶ビールはサッポロと、エビス。
tukishima83.jpgtukishima92.jpg

もんじゃ一つ目、
tukishima85.jpg
tukishima84.jpg
tukishima86.jpg
tukishima87.jpg

二つ目は店員さんに焼いてもらい(やはりプロ!)、
tukishima88.jpg
tukishima89.jpg
tukishima90.jpg
tukishima91.jpg

最後はお好み焼き。
tukishima93.jpg
tukishima94.jpg
tukishima95.jpg

近くの川では、夜は動くことの無い屋形船が浮かんでます。
tukishima96.jpg
もんじゃ船、屋形船は随分前にで一回乗ったきりですが(「ココ」参照)、今年はまた乗ってみるかなー。そうだ、そうしよう。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/12(火) 23:59:06|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<月刊漫画ガロ(100) 丸尾末広 6 「キンランドンス」 | ホーム | 月刊漫画ガロ(99) 丸尾末広 5 「少女椿」>>

コメント

深見東州の一言

深見東州です。
とてもいいと思います。
  1. 2013/02/17(日) 16:43:27 |
  2. URL |
  3. 深見東州 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

BRUCEのお礼

>深見東州さま

いいですか・・・ありがとうございます!嬉しいです。
  1. 2013/02/18(月) 18:29:57 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1153-22f23aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する