大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(133) 愛知県名古屋市 2

次なる旅は愛知県名古屋市
nagoya-street73.jpg

「ココ」で観光しまくってから2年弱…わりと早い再訪となりましたが、今回は東海地方の他の地が目的地であり、名古屋市は経由しただけなのが正直な所。それでも前回見れなかった所をおさえたりもしているので、少しずつでも私の中の名古屋情報を補完して行こうと思います。

今回は新幹線を使わず、グレースライナーなる高速バスで6時間、新宿からわずか三千円の往路でした。
nagoya-street72.jpg

到着は名古屋市を代表する繁華街、栄(さかえ)!また帰ってきましたよ!
懐かしい"サンシャイン栄"の観覧車。
nagoya-street74.jpg

名古屋市マンホールは、これは中央の絵が名古屋市章で、名古屋港・宮の渡し・テレビ塔・東山動物園・名古屋国際会議場で囲んでいるデザイン。
nagoya-street80.jpg

こちらは消火栓の蓋ですが、名古屋城・金の鯱を描いています。
nagoya-street81.jpg

やっぱり分からないのがコレで、名古屋ではこういう虫を食べるとかあるのだろうか…もう分からないからインターネットで調べてしまいましたが、下水道局のシンボルマークであるアメンボ君なのだとか。ふーん。
nagoya-street82.jpg

ところで名古屋でミュージシャンといえば、メタラーならばOUTRAGE(アウトレイジ)とかBELLFAST(ベルファスト)、パンクスならばTHE STAR CLUBとか原爆オナニーズの名前が必ず出るのでしょうが…
私の中ではこの方・つボイノリオさま。郷土愛に満ち溢れた方ですからね。
TSUBOI-ah-cyo2.jpg
TSUBOI-ah-cyo3.jpg
(これは前回も載せたアルバム「あっ超~」より、別の画像)

その中にも入っている名曲「名古屋はええよ!やっとかめ」が真っ先に思い出されますが、
TUBOI-nagoya-yattokame.jpg

あの歌詞を基にして観光・飲食すれば基本編としては間違いないでしょう。で、その中に
『ナ・ゴ・ヤはええて メルサがあるがね』
という部分。メルサって何!?というのが10数年来の疑問だったのですが、答えはこれ。
nagoya-street83.jpg
nagoya-street84.jpg
名鉄グループのデパートだか百貨店だかの名称でした。多分東海地方の方々は誰でも知っているのでしょうが、遠くに住み百貨店に興味も無い私は全然聞いた事が無かった。今は東京都の銀座でも見つけてます。

お、これも歌詞に出る、サカエチカ。栄の地下街ですが、凄い広さですよ。
nagoya-street85.jpg

制限時間と胃袋の許す限り名古屋めしも食べようと思って行きましたが、まずは…
前回は食べられなくて、カップ麺での画像だけ載せた"若鯱家"で、
nagoya-wakashachiya2.jpg

名物カレーうどん。
nagoya-wakashachiya3.jpg
nagoya-wakashachiya4.jpg

ここで東海地方に住む秘密結社員と合流し、"昭和レトロ居酒屋 酒蔵館"
nagoya-sakurakan1.jpgnagoya-sakurakan2.jpg

竹張りのエレベーターで3階席へ昇り…
nagoya-sakurakan3.jpg

ビールにハイボール、
nagoya-sakurakan4.jpgnagoya-sakurakan5.jpg

麻婆豆腐に鉄板ナポリタン、
nagoya-sakurakan6.jpgnagoya-sakurakan7.jpg

そして、くじら串揚げ。
nagoya-sakurakan8.jpg

『錦三』こと錦三丁目へ行き、"名古屋大酒場 だるま"
nagoya-daruma1.jpg
nagoya-daruma2.jpg

生ビールが『イケメンジョッキ』なる1リットルの男前仕様があったので、それを注文。
nagoya-daruma3.jpg
nagoya-daruma4.jpgnagoya-daruma5.jpg

普通のジョッキと比べたら、これだけ大きさが違います。
nagoya-daruma6.jpg

名古屋めしは…まず味噌カツ、
nagoya-daruma7.jpg

鉄板ナポリタン、
nagoya-daruma8.jpg

これも名古屋の新名物だという事で、牛ホルのづけ串、
nagoya-daruma9.jpg

えびふりゃあ。
nagoya-daruma10.jpg

前回も行った店で、唯一再訪したのが"やぶ屋 錦三店"。帰ってきました、やぶ屋!うん、懐かしい。
nagoya-yabuya26.jpg
nagoya-yabuya27.jpg

朝までやっているので、まだまだ呑めます。
nagoya-yabuya28.jpg
nagoya-yabuya29.jpgnagoya-yabuya30.jpg

ここでまた名古屋めしを色々喰うべく注文したのが…
やぶ屋名物手羽揚、あんかけスパゲティー、
nagoya-yabuya31.jpgnagoya-yabuya32.jpg

他。
nagoya-yabuya33.jpgnagoya-yabuya34.jpg

名古屋一の歓楽街であるこの錦三は、呼び込みかけられる数が新宿の歌舞伎町を超えますね。そんな風俗店がひしめく街の入口辺りには、精力剤を大々的に売る店があり!
nagoya-street92.jpg

名古屋は何でも揃う大都会で道も広いのに、どこも全般的に人が少なくて良いですよ。
nagoya-street93.jpg
東京と比べれば当たり前かもしれませんが…とにかく東京は施設や物資の集中は素晴らしいけど、いくらなんでも人が多すぎる。私の故郷なんかは人がいないけど何にも無さ過ぎる。つまり名古屋が理想の規模と人口のような気がします。

宿泊は、"ユニゾイン名古屋栄東"(旧:チサンイン名古屋栄)。この日は短時間の睡眠が取れればいいだけ、というわけで素泊まりで安いホテルをおさえました。
nagoya-street87.jpgnagoya-street86.jpg

今回の旅の友は、やはりつボイノリオさまの自叙伝「つボイ正伝 『金太の大冒険』の大冒険」(扶桑社刊)でした。
nagoya-street88.jpg

最後は「吉田松陰物語」を聴いて歴史の勉強をしながら眠りにつきました。
TUBOI-yoshida-shoin-story.jpg

そういえばつボイノリオさまは愛知県一宮市で生まれ育っているので、電車の移動中に一宮駅で停車した時は興奮を隠せませんでした。「一宮の夜」の舞台である一宮市を、私は今通過している~~と!
TUBOI-night-of-ichinomiya2.jpgTUBOI-night-of-ichinomiya.jpg

こちらは、一宮市で車窓から見えた『ツインアーチ138』。
ichinomiya1.jpg

そういえば、ホテルで飲む酒を買いに行ったコンビニで、当たり前のように寿がきや(スガキヤ)の名古屋名物みそ煮込うどんが売っていたのはさすが。
こちらはタテ型の小さなタイプで、
nagoya-sugakiya25.jpg
nagoya-sugakiya26.jpg
nagoya-sugakiya27.jpg

こちらは大きなサイズ。
nagoya-sugakiya21.jpg
nagoya-sugakiya22.jpg
nagoya-sugakiya23.jpg

店舗の"SUGAKIYA"(スガキヤ)には行けなかったので、これらを自分用のお土産に購入して帰りました。
nagoya-sugakiya24-.jpg

あとは定番の、ういろう(豆乳入り長寿ういろ)。
nagoya-street94.jpg
nagoya-street95.jpg

みうらじゅん先生は「郷土LOVE」(スコラマガジン刊)で、
『愛知県は愛を知ると書きます。ラブ・アンド・ピース、愛を知る、つまり、メイクラブですよね?五穀豊穣ですよね?』
『愛を知り、愛を教えてあげるんだと言った県、それが愛知県なんです。』
等々と仰ってましたが、愛を無くして困っている私…もっと愛知県を知りたい!

翌朝、喫茶好き名古屋のモーニング文化を楽しむべくカフェへ。といっても駅内の改札前にあったので適当に入っただけの"アインス"ですが、
nagoya-eins1.jpg
nagoya-eins2.jpg
ドリンクを注文すると、トースト&ゆで卵がサービスで付きました。中にはもっと大量のすごいサービスが出てくる店もあって、名古屋ではドリンクの方がサービスじゃないのか、とまで言われていますね。

やはり目立つ奇抜なビル、"モード学園スパイラルタワーズ"。ねじれてます…
nagoya-street89.jpg

名鉄百貨店ヤング館前の歩道。あそこに見えるのは…
nagoya-street90.jpg

そう、前回の名古屋旅行時点では知らずにいて、東京で名古屋出身の秘密結社員に『おきゃあせなも~~っ!おみゃぁ~名古屋に行ってナナちゃんを見てないにゃんてとろくせゃあ。ガンダムくらいの、めっちゃんこ大きい名物女子がいるんだがや!』とかって言われたもんで、今回一番見たかったのはこの女子、ナナちゃん
nagoya-street91.jpg
色々な服を持っているそうで、イベントに合わせてとか常時着替えている特大着せ替え人形でした。

こちらは、栄の久屋大通公園にある噴水…
nagoya-street75.jpg

希望の泉。
nagoya-street76.jpg

昼間の、希望の泉。プロ野球で中日ドラゴンズが優勝を決めるとこの泉にダイブする奴が絶えないそうで、つまり大阪の阪神タイガースファンで言う道頓堀川みたいなシンボルでしょうか。
nagoya-street77.jpg
nagoya-street78.jpg

その向こうに見えるのが、名古屋市民の誇り…名古屋テレビ塔!
nagoya-street79.jpg

はい、最初にも書いたようなわけで今回の名古屋市は通過しただけと言った方が的確な、睡眠時間以外ではわずか10時間にも満たない滞在でした。そして東海旅行、次なる目的地の岐阜県へと続きます。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 22:22:22|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<旅行・紀行・街(134) 岐阜県岐阜市 1 各務原市 1 | ホーム | 月刊漫画ガロ(103) 丸尾末広 9 「丸尾地獄」>>

コメント

名医 麻生泰のつぶやき

はじめまして名医の麻生泰です。
とても面白かったのでまた来ますね!
  1. 2013/02/26(火) 00:17:34 |
  2. URL |
  3. 名医 麻生泰 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

> 名医 麻生泰さま

返信遅れてすみません。ちょっと旅に出ておりました。
そんなに面白がって頂けたのは嬉しいのですが、恐縮です…どう見ても個人的な記録を、適当に貼っていってるだけのブログですから本当、恥ずかしい。
まして貴殿のような名医の方に読んで頂けてると分かったわけですから、今後はもうちょっと人を楽しませるブログ作りを目指していきますね。
  1. 2013/03/01(金) 22:29:34 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1159-444a609f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する