大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

月刊漫画ガロ(117) 丸尾末広 22 illustration

丸尾末広作品の続きではありますが、今までのような単行本は一休みして…
イラストレーターとしての仕事、丸尾末広絵が表紙を飾った本やCD/LP等の音源物、その他関連本等を紹介していこうと思います。

私はここ20年は丸尾絵を見つけては買い集めていますからね、けっこうな量のコレクションがありまして…で、本棚から引っ張り出してスキャンを始めたのですが、実家に置き去りにしている本やソフトも多々あり東京の秘密基地には全て揃っていない事を思い出しました。
なので止めておこうかとも思ったのですが、まぁせっかく丸尾作品を次々と紹介しているタイミングではあるので、不完全ながらここにそういうページを残しておきます。そのうち実家から持ってきたらそれも追加する事としましょう。

まずは丸尾末広先生と非常に関係の深い月刊漫画ガロ(青林堂刊)ですが、1993年5月号・1995年6月号と『丸尾末広特集』が組まれています。
garo1993-5.jpgGARO1995-6.jpg

特集以外でも大槻ケンヂさまと対談した1991年6月号とか、
GARO1991-6.jpg

さらに、みどりちゃんが表紙に使われた2000年3月号や、『特集:丸尾末広ジェネレーション』の2001年10月号。
GARO2000-03.jpgGARO2001-10.jpg

アックス AX(青林工藝舎刊)で表紙になったのは第8号だけでいいんでしたっけ。この中のカラー口絵も素晴らしいし、ロングインタビューも貴重。
AX-vol8.jpg

アックスの友アリエスでも表紙絵、口絵を担当。
MARUO-aries.jpg

他人の単行本で表紙イラストを描いた物では、大槻ケンヂ「新興宗教オモイデ教」(角川文庫刊)、
OOTSUKI-omoide.jpg

帯を付けると、こんな感じ。
MARUO-OHTSUKI-omoide.jpg

丸尾先生と仲良し、高橋克彦「蒼夜叉」(講談社ノベルス刊)。
MARUO-TAKAHASHI-aoyasya.jpg

映画エッセイでは「幻想映画館」(PHP研究所刊)。これが出た当時は私もカルト映画にあまり詳しくなかったので、この本を参考にして端から観ていきました。
MARUO-TAKAHASHI-illusional-cinema.jpg

同じ高橋克彦本で「ホラー・コネクション」(角川文庫刊)、こちらは表紙は映画「血の唇」ですが、何と対談している7人の中に丸尾末広先生が入ってます!
MARUO-TAKAHASHI-horror-connection.jpg

火坂雅志「京都呪殺」(講談社刊)、中の挿絵も描いています。
MARUO-HISAKA-kyoto-jusatsu.jpg

仙波龍英「悪夢の館 ホーンテッド・マンション」(マガジンハウス刊)。こちらも、それぞれの章の入口にある挿絵を7枚描いています。
MARUO-SENBA-haunted-mansion.jpg

Merzbowの秋田昌美が書いた「ボディ・エキゾチカ」(水声社刊)。
MARUO-AKITA-body-exotica.jpg

文学誌の別冊、KAWADE夢ムックより…「文藝別冊 総特集 団鬼六」河出書房新社刊)。
MARUO-DAN-kawade.jpg

今あるのはこれだけか…荒俣宏「帝都物語」のカドカワノベルズ版など、挿画も描いてる重要な所が手元にありません。

変り種でこんなのもあります、Leonard Koren(レナード・コーレン)「How To Take a Japanese Bath」(日本のお風呂の入り方)。
MARUO-how-to-take-a-japanese-bath1.jpgMARUO-how-to-take-a-japanese-bath2.jpg
驚くべき事に、こんな本で丸尾末広先生がイラストを描いているのです!
それも12ページも使って、丸尾絵ながら驚くほど普通に日本のお風呂の入り方をイラストと英文で紹介しています。ヤマザキマリ著の大ヒット漫画「テルマエ・ロマエ」の2巻でこの本がチラッと紹介されていました。

フランス版でも同様のシリーズが出ています。
MARUO-bain-japonais.jpgMARUO-exercices-dautomne.jpg

続いて、金井覚がMana様率いるMALICE MIZER(マリスミゼル)を書いた本「MALICE MIZER 異端審問」(太田出版刊)。
MARUO-malice-mizer.jpg
何で私がこんなの持ってるのかって?帯を良く見てもらったら分かります。『撮影・篠山紀信、設定・丸尾末広』とあるではないですか!ここでの丸尾先生は、カバー&表紙&口絵&章トビラ撮影の構成・修辞を担当しているそうです。

デザインの現場の1988年3月号増刊として出された「マンガスーパーテクニック講座」(美術出版社刊)。
これで取材されている漫画家の中の一人に丸尾先生がいて、インタビューに応じているのですが…特筆すべきは丸尾先生本人も写った2枚の仕事部屋カラー写真でしょう。
MARUO-manga-super-technique.jpg

すぐに再編集して単行本化した「マンガスーパーテクニック講座」、そして丸尾先生は出てませんが翌年には「マンガ基礎テクニック講座」というのも上梓されました。
MARUO-manga-super-technique-kouza.jpgMARUO-manga-basic-technique.jpg

古屋兎丸先生が表紙イラストを描いている「ザ・マンガ家列伝」(宝島社刊)も、丸尾先生のインタビュー及び仕事部屋写真が収録されています。
mangaka-retsuden.jpg

こちらは「D坂の殺人事件」が1998年に実相寺昭雄監督の手で実写映画化された時の、映画パンフレット。
MARUO-D-saka.jpg

ポスターの類も数多く出ていますが、東京グランギニョルの各公演の物は貴重でしょう。
MARUO-tokyo-grand-guignol.jpg

昔は都内にたくさんあった"宇宙百貨"で購入したカレンダー。1枚に2ヵ月分なので、表紙の他6枚のイラストが使われています。これは1995年の物ですが、他の年にも発売されたのでしょうか。
MARUO-1995calendar.jpg

続いて、ジャケ画を描いた音源物。
まずは中学生時代に一番好きなバンドのシングルだから買った物なので、唯一丸尾ジャケという事を意識せず(というか知らず)に持っていた…
筋肉少女帯「元祖高木ブー伝説」
MARUO-king-show1.jpgMARUO-king-show2.jpg

確かラジオ局のみに配布したのだったか…レアなEP盤でも入手しています。
MARUO-king-show3.jpg
MARUO-king-show4-.jpg

これはもう丸尾ジャケといえばの、恐らくは最も有名な作品…
THE STALIN(ザ・スターリン)「虫」
the-stalin-mushi.jpg

そのLP盤。
the-stalin-mushi2.jpg
the-stalin-mushi3.jpg

同、トリビュート・アルバムで「365:A TRIBUTE TO THE STALIN」
the-stalin-365.jpg

John Zorn(ジョン・ゾーン)の「NAKED CITY」
MARUO-john-zorn1.jpg
MARUO-john-zorn2.jpg

ジャケットの内側にもこのようにイラストが使用されています!
MARUO-john-zorn3.jpg
MARUO-john-zorn4.jpg

そのジョン・ゾーンのレーベルTZADIK RECORDSから出た、MARC BOLAN(マーク・ボラン)「GREAT JEWISH MUSIC」
MARUO-marc-bolan.jpg

AUTO-MOD(オートモッド)の1st「REQUIEM」
MARUO-auto-mod.jpg

恐悪狂人団の「NO!~有為転変を乗り越えて不壊不動の境地に至れ!~」
MARUO-kyoakukyojindan.jpg

同、「合掌~手と手を合わせてFUCK OFF!!~」
MARUO-kyoakukyojindan2.jpg

同、「-禁忌-残虐秘宝館」
MARUO-kyoakukyojindan3.jpg

ハイテクノロジー・スーサイドのベスト&ライブアルバム「taste of the Suicidal Hi-Technology」
MARUO- high-technology-suicide

BALZAC(バルザック)「全能ナル無数ノ眼ハ死ヲ指サス」
MARUO-balzac1-.jpg
MARUO-balzac2.jpg

そのLP盤。
MARUO-balzac5.jpg
MARUO-balzac6.jpg

その時のTシャツ。
MARUO-balzac7.jpgMARUO-balzac8.jpg
丸尾末広Tシャツは他にもかなりの種類が出ていますが、ここでは省きましょう。

同じくBALZAC、「Dark-ism」
MARUO-balzac3.jpg

その別ジャケバージョン。
MARUO-balzac4.jpg

デスマーチ艦隊「空にはとどろ。号砲の。」
MARUO-death-march.jpg

ASSFORT「FREE PUNK CUSTOMIZE KIT」
MARUO-assfort1.jpg
MARUO-assfort2.jpg

その、ライヴ告知チラシ。
MARUO-assfort3.jpg

ニヒルテンション「かまきり」
MARUO-nihil-tention1.jpg
MARUO-nihil-tention2.jpg

ストロベリーソングオーケストラ「切断の異學」
MARUO-strawberry-song-orchestra.jpg

犬神サーカス団「呪恋」
MARUO-inugami-circus.jpg

R指定「日本沈没」
MARUO-Rshitei-nihon-chinbotsu.jpg

MERRY「個性派ブレンド」各種…
MARUO-merry1.jpg
MARUO-merry3.jpg
MARUO-merry2.jpg

ジャケットが限定生産のLPサイズ特殊仕様ですが、中身はCD。
MARUO-merry4.jpg

こちら黄昏編は、特にお気に入りジャケです。
MARUO-merry5.jpg
MARUO-merry6.jpg

井内賢吾「あなたの狂気の春が咲く」。これも同じくLPサイズながら中身はCDですが、やはり丸尾絵はでかいジャケで見たいですからね。
MARUO-IUCHI1.jpg
MARUO-IUCHI2.jpg

EPしか出てないのが…
極楽蝶「FLOWER REVOLUTION」
MARUO-gokurakucho.jpg

FUNERAL PARTY「DREAM OF EMBRYO」
MARUO-dream-of-embryo.jpg

遠藤ミチロウ(Michiro,Get the Help!)「オデッセイ・1985・SEX」
MARUO-michiro.jpg
ミチロウ様は他にLP「アメユジュトテチテケンジャ」内のピンナップで丸尾末広先生を起用しているし、丸尾作品自体ともとても関わりが深い方ですね。

あと他に、MERZBOWとかGASTUNKとかセルロイドとか…確認出来ている作品だけでも持ってない作品がいくつか存在します。

「ヴァンパイア・パノラマ」(ステュディオ・パラボリカ刊)は、限定1000部、特製ケースと大判吸血鬼カード6点で『吸血鬼パノラマ』を楽しめます。
MARUO-vampire-panorama1.jpg
MARUO-vampire-panorama2.jpg

え?気付きましたか?そうです、私の入手したこれは直筆サイン入り!
MARUO-vampire-panorama3.jpg

最後にこれを紹介しておきますか、200部限定の特製複製原画集「PREMIUM SELECTION」(秋田書店刊)。B4版という大きいサイズも嬉しいイラスト集で、
MARUO-sremium-selection1.jpg

封筒を開けると、この通り。
MARUO-sremium-selection2.jpg
MARUO-sremium-selection3.jpg

他にもレアなポストカードセットとか色々あったと思うので…また実家に取りに行った後とか持ってない物を入手した時など、このページにアップして単行本以外の丸尾末広作品で充実させていこうと思います。



スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 23:59:59|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(137) 埼玉県秩父郡 1 熊谷市 1 | ホーム | 月刊漫画ガロ(116) 丸尾末広 21 「新世紀SM画報」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1175-581eb0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する