大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

松蔭浩之第一回監督作品「砂山」完成記念上映イベント

現代美術家・写真家の松蔭浩之さまが、映画監督としては第一回になる作品「砂山 SAND HILL」を完成させました。
mizuma-art3.jpg

↑の男、主演俳優ですが…彼は何と、六本木ヒルズの"森美術館"『会田誠展:天才でごめんなさい』を開催中だった現代美術家の会田誠さま。
AIDA-MAKOTO.jpg

とにかく3月30日、俳優としての会田誠さまを観に行ったのですが…ここが会場の"ミヅマアートギャラリー"。目の前は満開の桜並木が広がり、神楽坂近くという素敵な立地です。
mizuma-art1.jpg

その下で酒や『牛タンらーめん 500円』とか、ひかれる物を販売していたのですが、まだ我慢して…って、隣の席に普通に会田誠さまがいたし!!
mizuma-art2.jpg

イベントの上映はまず山田広野活弁映画『瓶詰め男シリーズ』を一作、そして金子雅和監督の「逢瀬」。この二本は共に松蔭浩之さまが出演者として参加している作品でした。
で、メインの松蔭浩之監督/原作の短編映画「砂山 SAND HILL」。どれもスタッフは日本映画畑の人々ではなく芸術家達なのだから、例えば寺山修司の映像みたいのを想像していたのですが、この人達がやりたい事はいたって普通の劇映画みたいですね。

で、全プログラム上映後に主演俳優の会田誠&松蔭浩之監督、そして…何と愛しの辛酸なめ子先生を招いてのトークショーが行われたのです!
これで芸術に疎い私がこのイベントに行ったわけがバレましたね。早めに入場してかぶりつき席をゲットしましたからね。
mizuma-art9.jpg

ちなみにこの日から映画監督の肩書きも得た松蔭浩之さまは、辛酸なめ子先生のエッセイとしては記念すべき一冊目となった名作「自立日記」(洋泉社刊)で、
SHINSAN-independence-diary1.jpg

表紙をめくると…バスタオル一枚のセミヌード写真があるのですが、この写真の撮影者でもあります。
SHINSAN-independence-diary2.jpg
辛酸なめ子先生の写真はどれも美しいけれど、これはもう特別に素晴らしすぎます!松蔭浩之監督の写真家の仕事としても、これが最高でしょう。いや、他の写真を知りませんが。

舞台挨拶、トークショー終了後の記念撮影。左から会田誠、松蔭浩之、辛酸なめ子、山田広野。
mizuma-art4.jpg

さらに金子雅和監督も加えて。
mizuma-art5.jpg

友人がスマホで撮影した写真も送ってくれました。
mizuma-art7.jpg

こちらはBRUCE撮影。
mizuma-art6.jpg

そして…念願のツーショット写真もお願いしてしまいました。
mizuma-art8.jpg

前に一緒に写って頂いたのはと調べてみたら…何と「ココ」、2008年でした。5年近く前なのか…
shinsan-nameko40.jpg
実はその後もイベントで見に行った事はありますが、話しかけられる雰囲気ではなかったりして写真撮影は見送っていたので、今回は嬉しいです。私、あと3ヶ月は思い出してニヤニヤしてそうです。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/02(火) 23:53:46|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<手塚治虫(32) 「空気の底」 | ホーム | 旅行・紀行・街(137) 埼玉県秩父郡 1 熊谷市 1>>

コメント

「ヒュー、見ろよでっかい○○○だぜ!」「こいつで何度でも○○○○してやる!」

おお~、俳優もなさっているとは、会田誠さんって多才な方なのですね~
十年位前、「ミュータント花子」というマンガでその存在を知ったのですが、シリアスな題材を扱っておきながら、その低俗かつ下劣さを極めた壮絶な描写はものすごくショッキングでした
一見、雑に書きなぐっているように見えて、現代芸術としてだけでなく、マンガ作品としてもハイレベルだったと思います
後に知った絵画作品も強烈でした…バ○オレンスジャックに出ていたアレが超絶テクニックで描かれてるのには驚きを通り越してなんか笑ってしまいました
正直、度胸あるなあ…とつくづく思います

最近ようやく春めいてきましたが、季節の変わり目なのでお体に気をつけてくださいね!
  1. 2013/04/15(月) 23:21:21 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>通りすがりさま

俳優活動は恐らくこの作品だけであり、数日で撮った自主映画って感じですが、会田誠さまの多才ぶりは確かですね。
私も同じ新潟県出身だし当時エログロ系で売り出して(?)いたので早くから知っており、「ミュータント花子」も小説も画集もリアルタイムで買いました…あれ、十年どころじゃなく前ですよ!

そうそう、永井豪先生が描いていた人犬が、会田誠さまの手にかかると『芸術』扱いなのも面白くて当時笑いながら応援してました。
会田誠さまの素晴らしい人柄も堪能できる素晴らしいイベントでした…が、この日ばかりは辛酸なめ子先生ばかりを凝視していた私!(笑)

ちなみにイベント終了後、松蔭浩之監督や会田誠さまの元には可愛らしい女性ファンが詰め寄っており、やはり映画作るとモテるんだなぁと感じておりましたが、いや考えてみたら映画以外の活動のファン達だったのでしょうね。

私の身の回りにも風邪ひき者が増えています。お互い体調に気をつけていきましょう。
  1. 2013/04/16(火) 08:54:30 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1177-01f5c887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する