大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(138) 長崎県大村市 1 佐世保市 1

今回は遠い九州の長崎県旅行。ざっと20数年ぶりになる日本の最西端の県…美輪さまを生んだ県です。

早起きして羽田空港へ行き、
tokyo-airport28.jpg
tokyo-airport32.jpg
tokyo-airport33.jpg

朝カレーを喰って…
tokyo-airport29.jpg
tokyo-airport30.jpg
tokyo-airport31.jpg

富士山を見ながら出発時間を待つ。
tokyo-airport34.jpg

空港から見える富士山も良いですが、飛行機で上空から見る富士山がまた格別!
tokyo-airport35.jpg
tokyo-airport36.jpg

今回は空いてる飛行機でラッキーでした。
tokyo-airport37.jpg

あっという間に長崎空港へ到着。空路は苦労も所要時間も少ない分、旅に出たテンションに持っていくまで時間がかかります。
omura3.jpg

この空港がある長崎県の玄関口が、大村市です。
大村市は空港だけですが…まず最初はここで長崎を楽しみました。
omura6.jpg
omura1.jpg
omura2.jpg
omura4.jpg
omura5.jpg

空港内を歩くと、
omura7.jpg

巨大な長崎ちゃんぽんが!!
omura8.jpg
omura9.jpg

顔ハメ。
omura10.jpg

"五島うどん つばき"にて、
omura15.jpg

まずは巾着くじら…等の、串に刺さった長崎おでんを頂きました。
omura16.jpg
omura17.jpg

黒めん(ひじき麺)、
omura18.jpg
omura19.jpg

同じく長崎名物の五島うどんは、地獄炊き。
omura20.jpg

バスで車窓から海を見ながら街へ向かいます。海岸線が日本一長いこの長崎の海が、古くから中国や欧州の文化を取り入れる窓口だった…
omura11.jpgomura12.jpg
omura13.jpgomura14.jpg

で、佐世保市へ到着です。
というのも今回は"ハウステンボス"(Huis Ten Bosch)が最初の目的地でして、まずはハウステンボス駅へ。
huis-ten-bosch1.jpg
huis-ten-bosch2.jpg
huis-ten-bosch3.jpg
huis-ten-bosch4.jpg

何とも大失敗な事に、雨天です!
huis-ten-bosch5.jpg

すぐさま佐世保市出身の前川清が歌う「長崎は今日も雨だった」のメロディが頭をよぎりましたが、屋外のテーマパークを楽しむ上でこれは、あまりにも大打撃。
入口近くのコンビニで傘を購入しました…そう、コンビにもこんな外観です。
huis-ten-bosch6.jpg

入口へ。
huis-ten-bosch7.jpg
huis-ten-bosch8.jpg

これがチケット。二人分を見るとこのように種類が違いましたが、どれだけのパターンがあるのでしょうか。
huis-ten-bosch30.jpg

入るとまず、「ONE PIECE」(ワンピース)がお出迎え。
私が行ったこの時期は同作品がハウステンボスとコラボしてまして、これ目当てのお客も多いみたいでした。
huis-ten-bosch9.jpg
huis-ten-bosch10.jpg
huis-ten-bosch11.jpg

中にも"シャボンディハウス ワンピースショップ"とかあってグッズがたくさん売ってました。
huis-ten-bosch26.jpg
huis-ten-bosch27.jpg
huis-ten-bosch28.jpghuis-ten-bosch29.jpg
あとワンピースをテーマにしたレストランもあり、外ではワンピースの船(サウザンド・サニー号)も動いてたし。ただ、ワンピースを読んだ事がない私には無用でした。

次回の企画は『チューリップ祭』と『レイトン教授とドムトールンの秘宝』となっており、その方が良かった…
huis-ten-bosch41.jpg
huis-ten-bosch42.jpg

配布していたハウステンボスのガイドマップを手に、
huis-ten-bosch50.jpg

歩を進めましょう。
huis-ten-bosch13.jpg
huis-ten-bosch12.jpg
huis-ten-bosch14.jpg
huis-ten-bosch15.jpg

「ココ」で行った熊本県上益城郡山都町の名物、八朔祭の『大造り物』がハウステンボスにもあった!やっぱりカッコいい。
huis-ten-bosch16.jpg

"テディベアキングダム"
huis-ten-bosch17.jpg
huis-ten-bosch18.jpg
huis-ten-bosch19.jpg
huis-ten-bosch20.jpg

ちなみにハウステンボスという名称はオランダ語が使われていて、『森の家』という意味らしいです。このテーマーパークのルーツも"長崎オランダ村"で、私も20年以上前に行った事がありました。
つまりオランダの街並みを再現してまして、オランダといえば、の風車とチューリップが迎えてくれます。
huis-ten-bosch21.jpg
huis-ten-bosch22.jpg

私もTシャツは長らく愛し続けているオランダのバンド、ウィズイン・テンプテーション(Within Temptation)の物を着用して行きました。
huis-ten-bosch33.jpg

オランダの街並みを見て歩き…
huis-ten-bosch23.jpghuis-ten-bosch24.jpg
huis-ten-bosch25.jpg

"カステラの城"は、長崎土産の定番であるカステラを一堂に集めており、試食も出来る!
huis-ten-bosch31.jpg
huis-ten-bosch32.jpg

食事はワールドレストラン街に行きまして、その名のとおり世界中の料理を集めた趣向にはなっていたのですが、特に東京で食べられなそうな物もなかったので、普通に長崎名物を食べられる店を探して…
huis-ten-bosch38.jpg

"悟空"へ入店。
huis-ten-bosch34.jpg

海鮮皿うどん、
huis-ten-bosch35.jpg

赤辛 牡蠣ちゃんぽん。
huis-ten-bosch36.jpg
huis-ten-bosch37.jpg

佐世保バーガーもいっときましょう!"バーガーハウス ダム"にて、
huis-ten-bosch51.jpg
huis-ten-bosch52.jpg

テイクアウトして外で食べたのは…
huis-ten-bosch53.jpg
huis-ten-bosch54.jpg

ビッケンバーガー!!
huis-ten-bosch55.jpg
huis-ten-bosch56.jpg

かっちょいー車に試乗し、
huis-ten-bosch39.jpg
huis-ten-bosch40.jpg

さてさてアトラクションはどこに入りましょうか。"フューチャーキャスト(R)シアターグランオデッセイ"か…
huis-ten-bosch43.jpg
huis-ten-bosch44.jpg

はたまた"光と闇の王国"か…
huis-ten-bosch45.jpg
huis-ten-bosch46.jpg

まだまだ楽しそうな所がたくさんある中、選んだのはまず"ホライゾンアドベンチャー・プラス"
huis-ten-bosch47.jpg

入場は600円。撮影禁止だったので中の様子は伝えられませんが、本物の水とデジタル技術を掛け合わせて凄い迫力の物を楽しめました。
huis-ten-bosch48.jpg

ハウステンボス公式アーティストだという道添祐一氏が歌っています。
huis-ten-bosch57.jpg
huis-ten-bosch58.jpg

メリーゴーランドってただゆっくり回るだけで、ずっと何が楽しいのか理解出来なかったのですが、今なら少し分かる気がします。ロマンチックとか、そういう事ですよね?ただし雨天なので誰も乗ってません。
huis-ten-bosch59.jpg

街並みを散歩出来ればアトラクションは入らなくても良いくらいに思っていたのですが、雨で辛いのでもう一箇所くらい入るかと…
だまし絵好きの私が、実はガイドブックを見て真っ先に気になっていたここ、"スーパートリックアート"
huis-ten-bosch63.jpg
huis-ten-bosch64.jpg

目の錯覚を利用した、各種の飛び出して見える絵や仕掛けなど、面白い。
huis-ten-bosch65.jpghuis-ten-bosch66.jpg
huis-ten-bosch69.jpghuis-ten-bosch70.jpg
huis-ten-bosch68.jpghuis-ten-bosch71.jpg
huis-ten-bosch72.jpghuis-ten-bosch73.jpg
huis-ten-bosch67.jpg

これは、本当に変な衣装着てます。
huis-ten-bosch74.jpg
huis-ten-bosch75.jpg

雨の中で早足の散歩になりましたが、
huis-ten-bosch49.jpg
huis-ten-bosch60.jpg
huis-ten-bosch61.jpg
huis-ten-bosch76.jpg

さよならハウステンボス、涙の出国です。
huis-ten-bosch77.jpg

ちなみに今回は長崎県に行っておきながら、県内で食べた長崎ちゃんぽんがハウステンボス内の一軒のみで終わってしまったため不完全燃焼感があり、東京に帰ってから『サッポロ一番 旅麺 長崎ちゃんぽん』というのを見つけて購入し、すぐに食べたものでした。
sasebo94.jpg
sasebo95.jpg
sasebo93.jpg

続いてはハウステンボス駅から、シーサイドライナー(SEA SIDE LINER)で…
sasebo1.jpgsasebo2.jpg

佐世保駅へ。JR駅で日本最西端らしいですよ。
sasebo3.jpg
sasebo4.jpg

駅内の"ログキット"(LOGKIT)にて、
sasebo5.jpg
sasebo6.jpg

U.S.バーガー。
sasebo7.jpg
sasebo8.jpg
sasebo9.jpg

佐世保の観光ガイドブックと、バーガーマップを入手。有名な佐世保バーガーの佐世保市なので当然かもしれませんが、本当にバーガー屋の数が多くて地元文化に根付いている事が分かります。
sasebo10.jpgsasebo11.jpg

"ビッグマン"(bigman)ではテイクアウトで購入してホテルで食べましたが、
sasebo12.jpg
sasebo13.jpg

ここはやなせたかし先生も来店しているようです。
sasebo14.jpg

食べたのはチキンバーガー、
sasebo15.jpgsasebo16.jpg
sasebo17.jpg

トリプルバーガー。
sasebo18.jpg
sasebo19.jpg

ところで佐世保市の離島、九十九島のどこかを現代のマッド・サイエンティストとも呼べる整形外科医が私有していて、整形した美女達を集めてこの世の楽園のごとき光景を造り上げているとか、三条友美先生が絵を担当した実話系の漫画で描いていたのですが、本当でしょうか。まさに「パノラマ島綺譚」
ま、そりゃどうせ行けないので…佐世保市街を歩きましょう。
sasebo20.jpg

国道35号(させぼ大通り)を歩くとゴシック様式の教会堂、"三浦町カトリック教会"
sasebo22.jpg
sasebo23.jpg

その斜め向かいにあるカッコいい建物は、"アルカスSASEBO"なる多目的ホール。
sasebo21.jpg

戸尾市場に、とんねる横丁。
sasebo24.jpg
sasebo25.jpg
sasebo26.jpg

アーケードの商店街もでかい。
sasebo27.jpg
sasebo28.jpg

"デパート金玉屋"って、いいネーミングですね。
sasebo29.jpg

サブちゃんがいるCD屋、"カワシモレコード"
sasebo30.jpg
sasebo31.jpg

渋すぎる一帯もありました。
sasebo39.jpg

"ぽると総本舗"で土産を購入、
sasebo32.jpg
sasebo33.jpg
sasebo34.jpg

さらに"九州銘菓島瀬"で、
sasebo37.jpg

ようやく福砂屋のカステラが見つかりました。銘柄までリクエストしてきた者がいたので、探していたのです。
sasebo36.jpg
sasebo38.jpg

マンホールは南蛮船。
sasebo35.jpg

佐世保市とアメリカはニューメキシコ州アルバカーキ市との友好のため架けられた、その名もアルバカーキ橋。
sasebo40.jpg
sasebo41.jpg

"佐世保ガーネット"なる、カフェみたいなライヴハウスは…
sasebo42.jpgsasebo43.jpg

何と私の行った数日前に遠藤ミチロウさまが遠征してきてました!
sasebo44.jpg

泊まったホテルは"ホテル ロータスハウス"
sasebo45.jpg

外観がお洒落ですが、古い!!
sasebo46.jpg
sasebo47.jpg
sasebo49.jpg

1階は"ロータスカフェ"(LOTUS CAFE)となっています。ここでビールを飲みながら…
sasebo50.jpg
sasebo51.jpg

エビとホタテとドライトマトのペペロンチーノ、
sasebo53.jpg

ベーコンとなすのトマトソースパスタ、
sasebo54.jpg

…他。
sasebo55.jpg
sasebo52.jpgsasebo56.jpg

ハウステンボスで買っておいたオランダのビール、グロールシュ プレミアムラガー(GROLSCH Premium Lager)とか…ウィスキーを部屋で飲んで。
sasebo57.jpgsasebo48.jpg
今回はここで2泊したのですが、1泊目はタバコ臭くてきつすぎる部屋をあてがわれたため、2泊目は部屋を変えてもらいました。

あとはご当地グルメを食べて帰ればいいだけですが、お店選びは…
わからんちんどもとっちめちん、というわけで"一休"にて、
sasebo58.jpg
sasebo59.jpg
sasebo60.jpg

長崎名物のトルコライス、
sasebo61.jpg

大村角寿司。
sasebo62.jpg

"蜂の家"
sasebo63.jpg

ハードロック系のレコード、そしてアニメのフィギュアが飾ってある店内にて…
sasebo64.jpg
sasebo65.jpg

海軍さんのビーフシチュー、
sasebo66.jpg

シュークリーム。
sasebo67.jpg

メニューを見ると他に、『軍艦シュークリーム』なる巨大な化物もあるようでした。
sasebo68.jpg

"たこ吉"のたこ焼き、
sasebo69.jpg
sasebo70.jpg

水木しげる好きとして"きたろうラーメン"なるお店は気になりましたが、
sasebo71.jpg

平仮名表記だから、俳優の方のきたろうをリスペクトする店かな。
sasebo72.jpg

ところで長崎県といえば丸尾末広先生、蛭子能収先生、内田春菊先生という偉大なガロ系漫画家三人を生んだ土地である事が知られていますが、他にも多くの漫画家を輩出しています。ながやす巧先生、巻来功士先生、荘司としお先生、Moo.念平先生、そしてカルトな怪奇漫画の白川まり奈先生等…凄い!
文壇や画壇などを見てもまだまだ大物が出ていますが、芸術家が目立つ土地柄なんだそうです。村上龍もそうで、ここを舞台にして実体験を基にした作品「69 sixty nine」は、小説も実写映画も観ています。

で、結局入ったのは『元祖あごらーめん』を名乗る"あごらーめん本舗"
sasebo73.jpg
sasebo74.jpg

あごだしラーメンですが、あごとは飛魚の事。つまり飛魚出汁!
sasebo75.jpg

そして『辛いシリーズ』から、ストーンフリーという豚骨味のやつ。
sasebo76.jpg
sasebo77.jpg
ストーンフリー(Stone Free)といえば当然ジミヘン(Jimi Hendrix Experience)の曲から…と思いきや最近では「ジョジョの奇妙な冒険」ファンが多いから空条徐倫のスタンドが元ネタか!?あの糸状のスタンドはラーメンに似ているとも言えるし!
いや、内装ちょっとだけロック好きっぽかったしジミヘンだと思います。さらにレベルの高い激辛はスピードキングと名付けられていたからディープ・パープル(Deep Purple)も好きなんだろうし。

替玉も頂きました。
sasebo78.jpg

居酒屋というか割烹ですか、"季節の味処 しぐれ茶屋"
sasebo79.jpg
sasebo80.jpg

店内に入るとまず、魚さん達が迎えてくれます。
sasebo81.jpg

もちろん生ビールに、その他…
sasebo84.jpgsasebo82.jpg
sasebo83.jpg
sasebo86.jpg

これも食べなきゃ帰れません、佐世保市の名物料理であるレモンステーキ、
sasebo85.jpg

ヒラス刺身、
sasebo87.jpg

小ふぐ唐揚げ、
sasebo89.jpg

虎ふぐ、てっさ。
sasebo88.jpg

最後に帰りの空港では佐世保バーガーと水木プロのコラボ商品を購入して、佐世保市を後にしました。
sasebo90.jpg

…と、そんなわけで長崎県まで来ておきながら時間の関係で長崎市には寄らない旅となりました。かつて大好きだった原田知世さまの、映画「愛情物語」
aijo-monogatari3.jpg

映画自体はつまらないながら知世プロモーション映画的な意味でファンにはたまらない作品で、あれはロードムービー的に部分もあるのでロケ地も移るのですが、クライマックスのロケは知世さま自身の故郷でもある長崎市で行われました。あれで出てきたオランダ坂とか、行ってみたかったなぁ...今はDVD等で簡単に観れるので、確認してみてください。
aijo-monogatari2.jpg

主題歌が有名ですね。
aijo-monogatari1.jpg

こちらは赤川次郎の原作小説、新書版。
aijo-monogatari4.jpg

角川文庫からはフィルムストーリー、シナリオ愛情物語まで出ていました。
aijo-monogatari5.jpg

ちなみに本作のちょい前に知世さまは舞台にも挑戦していて、それが話も「愛情物語」の元ネタと言えるジーン・ウェブスターの「あしながおじさん」。もちろん主演で、ジルーシャ・アボット役でした。原作は古典作品ですが、角川文庫からは当時ちゃんと知世ジャケにして出版もされていました。
Webster-daddy-long-legs.jpg

最後に、当然ながら故郷である長崎での生活にも触れている原田知世さま初エッセイ集「時の魔法使い」(角川文庫刊)。
HARADA-tokinomahoutsukai.jpg
これによると、東京の『だるまさんが転んだ』にあたるものを、長崎では
『い・ん・ど・じ・ん・の・く・ろ・ん・ぼ(インド人の黒ン坊)』
とやっているそうです。子供になんて事を言わせているんだこの土地は…笑

はい、今回は九州でもう一県、お隣の佐賀県にも行ってますので、次回また紹介します。


スポンサーサイト
  1. 2013/04/10(水) 23:59:59|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<旅行・紀行・街(139) 佐賀県鹿島市 1 嬉野市 1 | ホーム | 手塚治虫(35) 「魔人ガロン」>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/04/11(木) 20:21:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>野村さま

貴重なアニメの資料をありがとうございます。
やはり黎明期は今以上に漫画界との関わりも深いですね。
そもそも重要な位置にある虫プロダクションとタツノコプロが偉大な漫画家の設立した会社ですもんね。
それにしても私はアニメをあまり見てないし深く追求もしていないので、下の方の人物名がほとんど分かりません(汗)
現在に至るアニメ技術の進歩や変化の過程を勉強しつつ、もうちょっとアニメも見たくなりました。

  1. 2013/04/11(木) 22:55:15 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

フフフ、ご無沙汰ですな。
九州旅行を楽しみましたな。
何かグルメツアーのようですな。
お食事はおいしかったですか?

で、長崎県は漫画家を輩出していますな。
あの「メタルK」でおなじみの巻来功士先生も長崎県出身ですな。
過去の記事を見て復習しました。
  1. 2013/04/16(火) 06:56:42 |
  2. URL |
  3. 斑猫女史の猟師の爺さん #-
  4. [ 編集]

フフフ、ご無沙汰ですな。
九州旅行を楽しみましたな。
何かグルメツアーのようですな。
お食事はおいしかったですか?

で、長崎県は漫画家を多数輩出していますな。
あの「メタルK」でおなじみの巻来功士先生も長崎県出身ですな。
過去の記事を見て復習しました。
  1. 2013/04/16(火) 07:05:24 |
  2. URL |
  3. 斑猫女史とこの猟師の爺さん #-
  4. [ 編集]

巻来功士先生を生んだ長崎県佐世保市!

>斑猫女史とこの猟師の爺さん

すみません・・・こちらにもコメントくれていたのですね!佐賀県の方だけだと思って返信が大幅に遅れました。
斑猫女史とこの猟師の爺さんにとっては、あの「メタルK」の第2話『危険な遊戯の巻』を描いた作者の生誕地というのは感慨深いのではないでしょうか。
実際に見てきた佐世保市は、西の果てというのに微妙なアメリカナイズのされ方で、あれら巻来作品が生まれた土台を納得しながら眺めてきました。
  1. 2013/04/24(水) 20:01:06 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1182-0d734ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する