大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(150) 新潟県長岡市 5 見附市 2

今回は新潟県長岡市へ、世界一の長岡の大花火を見に行きました!
nagaoka-street87.jpg

何!長岡花火が世界一?とここで世界一の大きさを誇る四尺玉を上げている、同じ新潟県の小千谷市・片貝まつりからクレームが来そうですが、あれは『大きさ』だけの勝負で勝っているだけ。形がさほど綺麗ではないし、他の花火の本数や美しさも考えたら、圧倒的に長岡花火がお薦めです!復興祈願花火フェニックスとかね…ただでかいだけの物とはわけが違います。
とはいえ私は新潟県出身でありながらハナビストじゃないし、花火大会自体が今で言うリア充が行くイベントというイメージもあって、こちらに住んでた少年時代は長岡花火もまともに見ていませんでした。

まぁとにかく、都心から新幹線で長岡へ向かいます…
nagaoka-street46.jpg
nagaoka-street47.jpg

長岡駅へ到着。同じ新潟県でももっと田舎の方で生まれ育った私は、小さい頃はここが大都会であり、買物に来れると嬉しかったものです。
nagaoka-street85.jpg
nagaoka-street48.jpg

お、縄文 火焔土器。火焔土器が初めて出土したのは長岡市の馬高遺跡ですからね!
nagaoka-street49.jpg

打ち上げられる花火・正三尺玉の模型。
nagaoka-street51.jpg

そのバックは長岡市が生んだ近代史の英雄・山本五十六だ!
nagaoka-street50.jpg
漫画家も「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の和月伸宏先生とか、成人向け漫画のSABE先生、氏賀Y太先生などを輩出しています。まぁ、後者は良識的な市民達としては隠したい事実かもしれませんが。

駅を出て歩いていたら、観光センターだかに『愛』という字をあしらった兜をかぶる直江兼続、そして片目の龍がいた!
nagaoka-street84.jpg

街中は長岡まつりムード。
nagaoka-street62.jpg

カワイ子ちゃん達が、ゾロゾロと歩いてきました。
nagaoka-street63.jpg

聞けば彼女達は長岡大手高等学校の生徒達だとか。うちの妹の後輩だ…スネオヘアーも同高校出身ですよ。で、そのダンス部1,2年生が集まってきているのです。
nagaoka-street64.jpg
nagaoka-street65.jpg

共産主義を象徴する真っ赤なパンツに、やはり共産主義といえばのヨシフ・スターリンからネーミングされた日本が誇るパンクバンド、遠藤ミチロウさま率いるザ・スターリン(THE STALIN)のシンボルマークでもある星型(星は軍隊のマークでもある)を、逆さにしたデザインのTシャツで揃えている彼女達…その真意は、まさか!!
nagaoka-street66.jpgnagaoka-street67.jpg
nagaoka-street68.jpgnagaoka-street69.jpg

あとはいつの間にか、駅近くに"アオーレ長岡"なんて凄い建物が出来てまして。長岡弁の『会おうれ』を正式名称にしちゃったみたいですよ…
nagaoka-street70.jpg
nagaoka-street71.jpg
nagaoka-street72.jpg

ああ、ここでもまた長岡大手高等学校ダンス部の面々に遭遇、上から見下ろされています。
nagaoka-street82.jpg

で、一緒に観たのはRYUTistなる新潟県のご当地アイドルのコンサート!
nagaoka-street73.jpg

新潟のゆるキャラ、日本元祖スキー漢・レルヒさんと共にステージへ上がっていました。
nagaoka-street76.jpg
nagaoka-street74.jpg
nagaoka-street75.jpg

その後はアイドルとお話。
nagaoka-street77.jpg
nagaoka-street78.jpg
かつて…曇りガラスの十代の頃、私も気持ち悪い感じでアイドル好きでしたが、もちろん偶像とお話する事は叶わないじゃないですか。アイドルと話せたこの日、長年願っていたそれが実現したのかもしれない!全く知らない人だったので有り難味は無いものの…

メンバーの一人、こちらの娘さんは長岡市出身だとか!
nagaoka-street79.jpg
nagaoka-street80.jpg

で、このカードをくれました。
nagaoka-street143.jpg

レルヒさんも、ご満悦。
nagaoka-street81.jpg

まぁ新潟県のご当地アイドルといえば、Negicco(ねぎっこ)が圧倒的に有名みたいですけどね。
negicco1.jpgnegicco2.jpg

長岡駅近くの"浜の海鮮処 海宝丸"で、
nagaoka-street52.jpg
nagaoka-street53.jpg

その朝にもいだという枝豆を300円で売っていたので購入、美味い!!
新潟県の美味しい物といえば、お米ばかりが出てきますが…実は枝豆もメチャクチャ美味しいですからね。これは、もっと全国にアピールしたい!
nagaoka-street54.jpg
nagaoka-street55.jpg

私がずーっと好きだった原田知世さまも、全国を回ったファーストツアーの写真集「Tomoyo Harada 1st Concert Tour」(富士見書房刊)の中で…
Tomoyo-Harada-1st-concert-tour.jpgTomoyo-Harada-1st-concert-tour2.jpg
初めて訪れた新潟の食べ物について語っていて、その見出しは
『のっぺに甘えび、のどぐろ、岩のりのお茶漬け だけどいちばんのヒットは枝豆なのです』
でした。

夕方になると、長岡祭りのメインイベント!花火を目掛けて行列が続きます。
nagaoka-street86.jpg

しかし我々セレブは、某ビルの屋上へ移動して余裕の酒盛り開始。
nagaoka-street88.jpg
nagaoka-street89.jpg
nagaoka-street90.jpg
nagaoka-street148.jpg

ところで尾道三部作やら他の作品でも少女を撮った胸キュン作品の大御所、もちろん私の暗い青春自体のスターである大林宣彦監督が、近年は『ふるさと映画』の一環として尾道とはかけ離れた地方を舞台にした映画を撮っていますが、昨年は何と「この空の花 -長岡花火物語」という、文字通り長岡を舞台にした映画を撮ったんですよね。
nagaoka-street147.jpg
まぁ、あれだけ好きだった監督の作品ですが、宗旨変えして今や全く興味を持てなくなった私がいて、故郷を舞台にしたこの作品すらも観ていないのだから…人間なんてそんなもんです。

ちなみにこの日は8月2日。前夜祭の次、そして最終日となる3日の間にあたる中日(なかび)。私はこの中日という立ち位置が好きなのです。
まずは夕焼けを楽しみながら呑んでいると…
nagaoka-street91.jpg

始まったよ!ちゅどーん!ちゅどーん!と轟音鳴り響かせ…
nagaoka-street92.jpg
nagaoka-street93.jpg
nagaoka-street94.jpg
nagaoka-street95.jpg
nagaoka-street96.jpg
nagaoka-street97.jpg
nagaoka-street98.jpg

ナイアガラなどの花火が仕掛けられる長生橋が、爆撃を受けて炎上しているようにも見えます。
nagaoka-street99.jpg
nagaoka-street100.jpg
nagaoka-street101.jpg
nagaoka-street102.jpg
ちゅどーん!

あの裸の大将こと、長岡の花火が大好きだった山下清画伯が『みんなが爆弾なんか つくらないで きれいな花火ばかり つくっていたら きっと戦争なんて 起きなかったんだな』と仰っていたそうで、その言葉はほとんどのポスターで使われていましたが…
逆に言えばそれだけ爆弾と花火に共通点がある、という事でしょうか。レイ・ブラッドベリの短編小説「青い壜」では、未来世界の教師に『花火は一世紀前、禁止になった。危険な爆発物はいっさいなくなったんだ』と言わせている事も記しておきましょう。
nagaoka-street106.jpg
nagaoka-street104.jpg
nagaoka-street103.jpg
nagaoka-street105.jpg

とにかく見る、見る、見る!
nagaoka-street109.jpgnagaoka-street108.jpg
nagaoka-street121.jpg
nagaoka-street107.jpg
nagaoka-street110.jpg
nagaoka-street111.jpg
nagaoka-street112.jpg
nagaoka-street113.jpg
nagaoka-street114.jpg
nagaoka-street115.jpg
nagaoka-street116.jpg
nagaoka-street117.jpg
nagaoka-street118.jpg

問題の正三尺玉ですが、これは打ち上げ位置が長生橋じゃなくて、もっと近くの川原。でかすぎてカメラに収まりきりません!
nagaoka-street119.jpg

この音、この振動…凄い。やはり花火はテレビとかで見ても全然意味が無い気がします。
nagaoka-street120.jpg

終了後は、花火友達になった少女と記念撮影。
nagaoka-street122.jpg
nagaoka-street123-.jpg

長岡駅方面へ向かう道中、長生橋を通り過ぎると…
nagaoka-street124.jpg

"和泉屋"です。長岡市で酒屋といえば千手三丁目のカバちゃんち、つまり和泉屋というのが衆目の一致するところでしょう。
nagaoka-street126.jpg
nagaoka-street127.jpg

和泉屋の長男と、
nagaoka-street128.jpg

和泉屋の長女と、
nagaoka-street129.jpg

そして店内で皆で…と、秘密結社員達と交流してくれました。
nagaoka-street130.jpg

帰りに神社へ参拝しました。
nagaoka-street131.jpg
nagaoka-street132.jpg

日中にも、千手観音を本尊とする"千蔵院"へ行っています。
nagaoka-street56.jpg
nagaoka-street60.jpg
nagaoka-street59.jpg

ここには『あごなし地蔵尊』という有難いお地蔵様がいまして、
nagaoka-street57.jpg

身体の悪い所をタワシでこするように書いてありました。私は頭が悪いので、よーく磨いてきました。
nagaoka-street58.jpg

鬼瓦がナイス!
nagaoka-street61.jpg

長岡市に行くにあたって、楽しみにしていた一つに、もちろんラーメンもあります!

まずは、"安福亭 本店"
もう5年以上来てませんでしたが…あの汚くていい感じだった店が、改装して綺麗になっていました。
nagaoka-anpukutei3.jpg
nagaoka-anpukutei4.jpg

店主がバイク好きで、バイク雑誌や写真なんかを揃えてるのは相変わらずだ。
nagaoka-anpukutei5.jpg

老麺(ラーメン)、
nagaoka-anpukutei6.jpg

叉焼麺(チャーシューメン)、
nagaoka-anpukutei7.jpg

そして骨付き角煮入りの、排骨麺(パイクウメン)。
nagaoka-anpukutei8.jpg
nagaoka-anpukutei9.jpg

そしてネギが入れ放題!ラーメン自体が油っこいので、ネギを大量に投入するのが合うんのです!
nagaoka-anpukutei10.jpg
しかも無料。まぁ後の二つは一杯1000円だし、高めの値段設定ではありますが。

続いては"喰拳"(くいけん)。
nagaoka-kuiken1.jpg
nagaoka-kuiken2.jpg

おお、この店の看板はすぐ分かりますね。私も大好きなジャッキー・チェン(成龍、Jackie Chan)の主演映画「酔拳2」をモチーフにしている!
drunken-master2-1.jpgdrunken-master2-2.jpg

そんな素敵な喰拳のラーメン、一挙4種類を公開ですが…まず中華そば、
nagaoka-kuiken6.jpg

香り中華そば、
nagaoka-kuiken3.jpg

喰拳の塩、
nagaoka-kuiken5.jpg

そいがぁそば!
nagaoka-kuiken4.jpg

北長岡駅の方まで行くと、"らーめん らいふ"
nagaoka-life1.jpg

醤油味の、中華そば、
nagaoka-life2.jpg

豚骨魚介味の、味玉らーめん、
nagaoka-life3.jpg

背脂醤油味の、特製背脂肉中華!
nagaoka-life4.jpg

ラーメン巡りは続いて、宮内地区へ行きましょう。
ちなみに関東在住の方々は、SuicaやPASMOをもう全国使えるようになったと思っているみたいですが、当地では電車・バス共に利用出来ませんでした。
未だに当地の英雄である田中角栄は自らの選挙区だった新潟県の社会基盤整備を熱心に進め、『これからは東京から新潟へ出稼ぎに行く時代が来る』と豪語していましたが、その発言から数十年…まだまだ都心と新潟の格差は大きいです。
nagaoka-street134.jpg
nagaoka-street133.jpg

今や東京にも出店して関東圏でも有名な店、"青島食堂"の宮内駅前店。
nagaoka-aoshima5.jpg
nagaoka-aoshima6.jpg
nagaoka-aoshima7.jpg

子供の頃によく行ってたのが、こちらの曲新町店。
nagaoka-aoshima8.jpg

今回は行列が凄い青島食堂へは入らず、"らーめんの土佐屋"の長岡店へ行きました。
nagaoka-tosaya1.jpg

ビールを飲みながら、待つ事数分…
nagaoka-tosaya2.jpg

ラーメン、
nagaoka-tosaya3.jpg

塩ラーメン。
nagaoka-tosaya4.jpg
あれ・・・?違う!魚沼市(旧・堀之内町)の本店は、かつて凄い回数通ったものですが…味は変わってました。長岡店のみ独自の味付けなのかもしれませんが。

ここもよく行ってた、"らーめん処 潤"
nagaoka-jun1.jpg

これまた有名な"いち井"も宮内地区なのでこの近くですが、今回はカップ麺のみ。
nagaoka-ichii1.jpg
nagaoka-ichii2.jpg

こんなカップ麺もたまに食べてますが、新潟のラーメンは黒色の醤油スープが基本でしょう。青島食堂の影響か、生姜のきいたスープを出す店も増えています。
nagaoka-street144.jpg
nagaoka-street145.jpg
nagaoka-street146.jpg

ラーメン店以外も見て回ると…
長岡駅周辺でまず気になったのは、"本格欧風カレーショップ・MOKA"
nagaoka-moka1.jpgnagaoka-moka2.jpg
ここは外に出ていたメニューの一番上に『バシカライス』という文字があり、それが何なのか気になりました。
もう閉店時間だったので入れなかったのですが、ちょうど店を閉めた店員が出てきたので何か聞いてみた所、『私はただのバイトなので分かりません』との返事で…はい?まぁこんな使えない奴を雇っているのも田舎の大らかさだと納得しました。(もちろん、何か特技があるのかもしれません)

ところで長岡でカレーといえば、子供の頃からよく来ていた老舗の洋食店"レストラン ナカタ"
nagaoka-nakata1.jpgnagaoka-nakata2.jpg
辛さ50倍まで選べる、激辛へ挑戦の店!!2階の店内へと続く階段の壁に、その50倍カレーを制覇した兵達の写真がズラっと貼ってあるのですが、私もザッと20年ほど前に挑戦して勝ち、写真撮られています。それも2度。さすがにもう壁には貼ってませんが、店内のアルバムにはまだ残っているのかな。

"ガンジージェラート&カフェ みちる"
nagaoka-michiru1.jpg
nagaoka-michiru2.jpg

ふぅー、甘い甘いジェラート…嬉しいな…
nagaoka-michiru3.jpg
nagaoka-michiru4.jpg
撮影でV6が来た事もあるとかで、店内には彼らが座った椅子が並べてあり、それぞれの椅子に誰が座ったか名前入りで書いてありました…嬉しいな…

古本屋の"雑本堂"も覗いて、
nagaoka-street83.jpg

そろそろ夜のビール時間でしょう!
"ザ・リフィータヴァーン"(THE LIFFEY TAVERN)です。
nagaoka-the-liffey-tavern1.jpg

長岡にもアイリッシュ・パブが出来ているのは、嬉しい限りでした。
nagaoka-the-liffey-tavern2.jpg
nagaoka-the-liffey-tavern3.jpgnagaoka-the-liffey-tavern4.jpg

居酒屋は"在郷"へ。
nagaoka-zaigoh1.jpg
nagaoka-zaigoh11.jpg
nagaoka-zaigoh2.jpg
nagaoka-zaigoh14.jpgnagaoka-zaigoh13.jpg

割烹、小料理屋といった趣のあるお店で、つまみが美味しい。
nagaoka-zaigoh3.jpgnagaoka-zaigoh4.jpg
nagaoka-zaigoh5.jpgnagaoka-zaigoh6.jpg
nagaoka-zaigoh7.jpgnagaoka-zaigoh8.jpg
nagaoka-zaigoh9.jpgnagaoka-zaigoh10.jpg

さらば在郷、また来るぜ在郷!
nagaoka-zaigoh12.jpg

次回は行きたい、"めし処 佐藤"
nagaoka-sato1.jpg

ワインを飲みに、"Wine Bar VITIS"(ヴィティス)へ。
nagaoka-vitis1.jpg
nagaoka-vitis2.jpg
nagaoka-vitis3.jpg
nagaoka-vitis4.jpg
nagaoka-vitis5.jpg

ビアホールの"バーデンバーデン"(BADEN-BADEN)、
nagaoka-baden-baden1.jpg

この店は10年ぶりくらいでしたが、連続して2回行きました。
nagaoka-baden-baden2.jpg
nagaoka-baden-baden3.jpg
nagaoka-baden-baden10.jpg

暑い季節に汗かいた後で行くものだから、ガブガブと…
nagaoka-baden-baden4.jpgnagaoka-baden-baden5.jpg
nagaoka-baden-baden6.jpgnagaoka-baden-baden7.jpg
nagaoka-baden-baden8.jpgnagaoka-baden-baden9.jpg

禁断の果実(瓶)、ギネスにサンクトガーレン、ヴェルテンブルガー、ヒューガルデン…
nagaoka-baden-baden11.jpgnagaoka-baden-baden12.jpg
nagaoka-baden-baden13.jpgnagaoka-baden-baden14.jpg
nagaoka-baden-baden15.jpgnagaoka-baden-baden16.jpg

つまみも美味しい、名店ですね。
nagaoka-baden-baden17.jpg
nagaoka-baden-baden18.jpgnagaoka-baden-baden19.jpg
nagaoka-baden-baden20.jpgnagaoka-baden-baden21.jpg
nagaoka-baden-baden22.jpgnagaoka-baden-baden23.jpg
nagaoka-baden-baden24.jpgnagaoka-baden-baden25.jpg
nagaoka-baden-baden26.jpgnagaoka-baden-baden27.jpg
nagaoka-baden-baden28.jpgnagaoka-baden-baden29.jpg

長岡に行くとお世話になっています、オータニ家の面々。ありがとう!
nagaoka-baden-baden30.jpg
nagaoka-baden-baden31.jpg

そのオータニ家で。
nagaoka-street135.jpgnagaoka-street136.jpg
nagaoka-street137.jpg

彼は何と、あのSOPOR AETERNUS & The Ensemble Of ShadowsのTシャツを着てましたからね…マニアック!
nagaoka-street138.jpg

こんな風貌の人たちですよ。音はオーケストラ入りでシアトリカルなゴシック・メタル。
SOPOR-AETERNUS1.jpg
SOPOR-AETERNUS2.jpg

私にも、同じドイツ出身ですがさすがにSOPORに比べたらはるかにメジャーな存在ですね、Einstürzende NeubautenのTシャツをくれました。ありがとうございます。
nagaoka-street139.jpg
彼らの名盤・「Haus der Lüge」(邦題「嘘の館」)ジャケをそのままプリントしたものですが、これはさすがにもう着れない、と…

そんな彼の部屋のロフトには、
nagaoka-street140.jpg

我等共通のスター…スロベニア出身、Mr.Doctor率いるDEVIL DOLLのグッズも!!
nagaoka-street141.jpg
nagaoka-street142.jpg

ちなみにホテル利用の際もオータニさんにお世話になっていまして…ええ、"ホテルニューオータニ 長岡"です。
nagaoka-newotani1.jpg
nagaoka-newotani2.jpg
nagaoka-newotani3.jpg
nagaoka-newotani4.jpg
nagaoka-newotani5.jpg
nagaoka-newotani6.jpg

窓から見える景色…
nagaoka-newotani7.jpg

ところで長岡市のマンホールは、火焔土器・お城(悠久山公園)・花火・市の花であるツツジ。
nagaoka-street44.jpg

こちらは4分割したデザインで、花火・スキー・お城(悠久山公園)・長生橋。
nagaoka-street45.jpg

続いては、魚沼地方にありながら長岡市と飛び地合併をした旧・川口町。ここも現在はまさかの長岡市になりましたが、確か前にも紹介した"えちご川口温泉"へ向かう途中にある廃墟。まだそのままでした。
kawaguchi-house5.jpg
kawaguchi-house6.jpg

川口運動公園へ。
kawaguchi-street15.jpg
kawaguchi-street16.jpg
kawaguchi-street17.jpg
kawaguchi-street10.jpg
kawaguchi-street11.jpg
kawaguchi-street12.jpg

動物のトンネル、楽しいです。
kawaguchi-street8.jpg
kawaguchi-street9.jpg

鬼太郎ハウスみたいな、要は木の上にある家って憧れますよね。
kawaguchi-street13.jpgkawaguchi-street14.jpg

おおっ、タイヤ好きにはたまらないこれ、この弾力、このゴムの匂い…
kawaguchi-street18.jpg
kawaguchi-street19.jpgkawaguchi-street20.jpg

そして旧・川口町といえば、必ず行く名店が"ラーメンつり吉"
kawaguchi-tsurikichi11.jpg

ここは真っ黒な醤油ラーメンが特徴ですが、
kawaguchi-tsurikichi12.jpg

白正油ラーメン(でもやっぱり見た目は黒い)も美味しい!
kawaguchi-tsurikichi13.jpg

そして、みそラーメンです。
kawaguchi-tsurikichi14.jpg

今回二つ目の街は長岡市と三条市の間にある小さな市、見附市。以前にも大平森林公園のイベントに行った模様を載せた事がありました。
mitsuke40.jpg
このマンホールを見たら分かる通り…って、分かりにくいですが、『大凧合戦』の六角凧や小栗山の獅子舞などがデザインされています。

そう、見附市といえば…長岡中之島と合同で行われるイベントですが、大凧合戦が有名なのです。
mitsuke50.jpgmitsuke51.jpg
mitsuke41.jpg

その凧の大きさは、人を並べて比べてみると分かりやすいでしょうか。
mitsuke52.jpgmitsuke53.jpg
mitsuke54.jpg

知らずにその日に近くを通ると、空に怪しい浮かぶ無数の未確認飛行物体を見て驚く人もいるでしょう。
mitsuke42.jpg

近づいてみると、川原で一生懸命凧揚げしている人々がいます。
mitsuke43.jpg
mitsuke44.jpg
mitsuke49.jpg
mitsuke45.jpg
mitsuke46.jpg

あれは、喧嘩神輿(けんかみこし)ならぬ喧嘩凧!
mitsuke47.jpg

破れた凧も急いで補修して、また揚げます。
mitsuke48.jpg

おお、連れの秘密結社員が、凧揚げ者の中に友人を発見した模様。
mitsuke55.jpg

秘密結社員の友人は私の友人、秘密結社員の家族は私の家族…というわけですぐに仲良くなりました。
mitsuke56.jpg

こちらは、ただカワイ子ちゃんがいたので写真を撮らせて頂いただけです。
mitsuke57.jpg

では、これにて大凧合戦の場から離れました。
mitsuke58.jpg

この川原のすぐ近くにあったのは、諏訪神社。
mitsuke59.jpg

小さい神社ながら、なかなか立派な龍(ドラゴン)がいます。
mitsuke60.jpg

あとは大凧合戦の周辺、見附市今町を散歩。
mitsuke81.jpg

露店でお花を購入!
mitsuke83.jpg
mitsuke82.jpg

子供達の凧デザインが飾ってありました。大人ならよほど頭に電波が入ってくる人じゃないと描けないような絵も、子供達は普通に描いてしまいます。
mitsuke62.jpg
mitsuke63.jpg
mitsuke64.jpg

これはピンクの象!?アル中や麻薬の幻覚症状で見えるといわれる…
mitsuke61.jpg

お、美しすぎる参議院議員・金子めぐみさま。
mitsuke65.jpg

チャーンビール好きの見附美人に、地元お薦めのお店を教えて頂いた所…
mitsuke66.jpg

"大衆焼肉きらく"
mitsuke67.jpg
mitsuke68.jpg
mitsuke69.jpg

2階席へ!
mitsuke70.jpg
mitsuke71.jpg

レタスサラダ、牛タン、シロ、アカ…
mitsuke74.jpgmitsuke75.jpg
mitsuke76.jpgmitsuke77.jpg

こりゃうんめーや、ごちそうさまでした!
mitsuke72.jpgmitsuke73.jpg
mitsuke78.jpgmitsuke79.jpg
mitsuke80.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/08/23(金) 23:00:10|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<さよなら小学館ビル | ホーム | 劇画(173) 平田弘史 13 「平田弘史傑作集」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1239-d36a93df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/24 09:07)

長岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/08/24(土) 09:07:08 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する