大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

永井豪 (41) 「ミストストーリー」

今夜の永井豪作品は、「ミストストーリー」(集英社刊)。
NAGAI-mist-story.jpg

月刊少年ジャンプで1991年から翌年まで連載されたミステリー短編集で、今回の主題となった『ミステリー』という言葉の語源が『ミストストーリー』である事からミスト(霧)にかけたタイトル。
霧の一から霧の七まで、「面」「雪」「乳房の思い出」「霧鏡」「三つの願い」「変身」「水髪」の全七編が収録されていますが、全てが霧をモチーフに使っているわけではありません。

1990年代に入ってからの作品なので分かる人は期待していないと思いますが、全盛期の永井豪作品にあった、あの何が起こるか分からないハチャメチャさが影を潜めてしまい、どれも無難な仕上がりというか、普通なんですよね。
とはいえ私は個人的に不思議な話とか怪談が大好きなので、それなりに楽しめますが…人に薦める時に、特にこれを出す人は少ないでしょう。

「乳房の思い出」は、童貞の中学三年生が卒業式の日に、同じクラスの暗いけど美人な中川さわ子の部屋に入れてもらい、血まみれの赤ん坊が乳を吸いに来る話を聞かされる…
その年頃が二人っきりの部屋で、豊満な乳房を見せてもらうドキドキなシチュエーションながら、エロとは無縁の真面目に怖さを追求した展開、しかもあまり怖くない!

この短編集では一番タイトルに合ってて、面白いのは「霧鏡」でしょうか。
ホラー映画撮影の為に霧に包まれた無人島・霧加神島に着いた製作者一行の前に、突如本物の殺人者が現れてスタッフを殺し始める!それも監督が考えた通りの殺し方で…
霧の鏡が人の考えをうつして具現化する島だったわけですが、果たして生き残るのは誰か!?

それにしても、同様に『霧』を扱った恐怖短編はずっと前、1973年にも「霧の扉」という3話オムニバス(「ふりむいた私」「赤いチャンチャンコ」「鎌」)を描いているのですが、こちらが傑作だっただけに「ミストストーリー」は残念さが残りました。
少年時代から永井豪作品を一生懸命集めていた私も、これも含めた1990年代作品で失望するにつれ、近年のは買わなくていいかな…となっていったのを思い出しました。


ママはボクの大好きなクモを殺したよね…ね?
だから 今度はボクがクモになってママを殺す
いいだろう……それでおあいこだよね
これでわかるよね!?殺されたクモの気持ちが
わかるよねママーーッ!!



スポンサーサイト
  1. 2013/09/09(月) 23:00:33|
  2. 永井豪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<旅行・紀行・街(151) 東京都杉並区高円寺 16 | ホーム | 永井豪 (40) 小池一夫 15 「花平バズーカ」>>

コメント

東風平隆志です。

東風平隆志です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
私は、法学者に憧れています。
学生時代に法学者の林田学さんのセミナーを見て凄いと思いました。
是非、お時間が空いたときに林田学さんのセミナーを見て下さい。
林田学さんのセミナーも勉強になりますよ。
東風平隆志でした。
  1. 2013/09/10(火) 11:24:40 |
  2. URL |
  3. 東風平隆志 #bRcwmIAY
  4. [ 編集]

広瀬理基です。

広瀬理基です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
広瀬理基でした。
  1. 2013/09/10(火) 17:57:37 |
  2. URL |
  3. 広瀬理基 #famyGzS6
  4. [ 編集]

小田嶋貴之です。

小田嶋貴之です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
小田嶋貴之でした。
  1. 2013/09/10(火) 19:20:11 |
  2. URL |
  3. 小田嶋貴之 #yo4bqKHI
  4. [ 編集]

大久保剛史です。

大久保剛史です。
ブログの更新いつもお疲れ様です。
また、読みにきます。

大久保剛史
  1. 2013/09/13(金) 22:11:08 |
  2. URL |
  3. 大久保剛史 #D3VEI6Co
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1244-828cda1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する