大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(154) 群馬県高崎市 1 伊勢崎市 1 前橋市 1

こんばんは。秘密結社「大悟への道」のスピンオフ・ユニット、ブルー・ツーです。
takasaki1.jpg
takasaki2.jpg

実は現在、この写真↓で左側に写る男・マルシマルクスが加入してブルー・スリーになっているのですが…
koenji-SEITO429.jpg
それだと元Gargoyle(ガーゴイル)の屍忌蛇がやってたカンフー映画曲のメタルカバー・ユニット『ブルー3』とか、福島のロックバンド『BLUEIII』がいるし、それより我々の神様とそっくりな名称ではさすがに畏れ多い。早くもう一人を入れて、ブルー・フォーにしたいのです。

とにかく今回の旅はブルー・ツー時代に、東京から二人で電車に乗って群馬県へ向かいました。
takasaki3.jpg
takasaki4.jpg

群馬県の小さい街は今までに何度か紹介していますが、今回は県の中核を担う都市にも行きましょう。というわけで、高崎市に到着。
takasaki7.jpg

県庁所在地より人口が多く、もちろん群馬県内最大に発展している高崎市。ここは私の故郷からも近い大都市だったので若かりし頃にも何度も遊びに来ています。その高崎駅…
takasaki8.jpg
takasaki9.jpg

群馬県吾妻郡草津町の草津温泉を運んできていて、手湯に浸からせて頂きました。
takasaki27.jpg
takasaki28.jpg

通路を歩くと、
takasaki5.jpg
takasaki6.jpg

何だあの真っ赤な球体は!?まさか内部には、人工呼吸器みたいなの取り付けた全裸の男性が座っているのか…
takasaki10.jpg
takasaki11.jpg

だるま(達磨)でした。
takasaki12.jpg

そう、高崎市は日本一のだるまの産地!そこかしこにだるまが居るし、名物の駅弁・だるま弁当も有名ですね。
takasaki13.jpgtakasaki14.jpg
takasaki96.jpg
takasaki15.jpg

有名観光地も、やはりだるま!
高崎のだるま市の、"少林山達磨寺"です。
takasaki26.jpg

名前が少林寺に似てるし、だるまのようになって戦う少林山拳法、なんてありませんかね。
takasaki17.jpg
takasaki18.jpg
takasaki19.jpg
takasaki20.jpg
若き日の世界のクロサワがここを舞台に「達磨寺のドイツ人」という脚本を書いていますが、映画化はされていません。誰か撮りませんか~。

こちらのだるまに案内されて達磨堂に行くと…
takasaki21.jpg

中はだるまに関する物を何でも集めたコレクション部屋。こういうのは好きです!
takasaki22.jpg
takasaki23.jpg

高崎市からは3名の内閣総理大臣を輩出していますが、この祈願だるまはその3名…あれ?そうではなく、中曽根康弘、福田赳夫、小渕恵三でした。小渕は高崎市に事務所があっただけですね。ちなみにもう一人の高崎市出身元総理は、福田康夫。
takasaki24.jpg

ついでなので高崎市出身者の話をしておくと、まぁ群馬県は何と言っても日本のロックバンドとして重要な位置にあるBOØWYとBUCK-TICKを生んだ事で有名じゃないですか。
BOØWYの氷室京介、布袋寅泰、松井常松は高崎市出身です(高橋まことだけ福島の人)。となると、氷室、松井と同級生で一緒にバンドもやってた山田かまちも当然そうで、17歳にしてエレキギターで感電死(!)した早熟の天才は市内に美術館も作られています。
BUCK-TICKの方は、樋口豊とヤガミトールが高崎市出身で、他の三人(櫻井敦司、今井寿、星野英彦)はお隣の藤岡市。
私は世代的にBUCK-TICKのファンで、中学生の時は熱中して聴いてましたし、ずっと活動しているので自分も大人になり、バンドは音楽性を変えてからも…まだ聴いている、偉大なバンドですね。櫻井と今井が、まさかのKMFDM、PIGという海外の大物バンドと組んだインダストリアル・ユニット、SCHWEIN(シュヴァイン)を結成した時は魂消ました。個人的にもノイズとかインダストリアルを良く聴いていた2000年代初頭の事だったし…

少林山達磨寺では、最後に顔ハメ。
takasaki25.jpg

次は高崎駅近くに戻りますが、まず日本の家電販売最大手の"ヤマダ電機"は、本社がここにあります。
takasaki68.jpg
takasaki69.jpg

マーチングフェスティバルが開かれているし、ブラスバンドなどの音楽活動が盛んな街らしく、楽器のオブジェが多いのですが、
takasaki59.jpg

これは北村西望作『将軍の孫』。
takasaki63.jpg

もうちょっと進むと、"高崎市庁舎"
takasaki60.jpgtakasaki61.jpg
ここは羽海野チカ先生の「ハチミツとクローバー」が実写映画化された際に登場したし、他にも「半落ち」の映画版とか…
最近では大槻ケンヂ原作・井口昇監督・中川翔子主演で製作中の映画「ヌイグルマーZ」もロケしていたと情報が入っています!これ原作小説の「縫製人間ヌイグルマー」を大好きなので、来年予定の公開が楽しみです。

冬にちょっとだけ行った時は、市庁舎前の広場に雪が残ってました。
takasaki62.jpg

次は"高崎観音"こと高崎白衣大観音を目指して観音山へ行きましたが、駐車場のどでかい足跡は観音さまの物なのでしょうか。
takasaki30.jpg
takasaki31.jpg

道祖神を通り過ぎ、
takasaki32.jpg

参道を進みます。
takasaki33.jpg
takasaki34.jpg

途中のお店などを覗きながら登りましたが、ここには異形のだるま、
takasaki36.jpg
takasaki37.jpg

そして裏側には御神体。
takasaki38.jpg

見えてきた、あれが高崎観音!
takasaki35.jpg
takasaki39.jpg

駅で入手した『高崎おでかけナビ』でも、ここがメイン扱いでしたよ。それに高崎市が舞台の金子修介監督映画「ばかもの」、私はあれが大好きなんですけどね…作中で何度も映っていました。
takasaki64.jpg

高崎観音の足元には、高崎千体観音堂(本堂)。
takasaki40.jpg
takasaki41.jpg

線香を焚いて、
takasaki47.jpg

いよいよ、41.8mの高崎観音を参拝しますが…
takasaki42.jpgtakasaki45.jpg
takasaki43.jpgtakasaki44.jpg

それから、高崎観音は胎内にも入って行けます。
takasaki48.jpg
takasaki49.jpg
takasaki50.jpg
takasaki51.jpg

こういった像がたくさん胎内に鎮座しています。
takasaki52.jpgtakasaki53.jpgtakasaki54.jpg

肩部分まで昇れて、そこから市街地や山などの景色を一望できました。
takasaki55.jpg
takasaki56.jpg

出たらまた最後にお参りして、この場を後にしました。
takasaki46.jpg

おっと、後ろから見るとそそり立つ別のモノに見えてしまいます。
takasaki57.jpg

ちなみにここからさらに800mも歩くと、洞窟観音など魅力的な観光ポイントがあったようなのですが、行ったのが真夏だったのでパスしました。
takasaki58.jpg

この写真のように『HEY!DON'T BITE ME,PLEASE』なんて書いた虫除けバンドをしていたのに蚊にさされまくったし、既に大汗かいてもう猛暑に耐えられなくなっていたので…
takasaki16.jpg

あとはパワースポットで有名な"榛名神社"に行けなかったのが残念ですが、まぁまた次回で。
takasaki67.jpg

続いては、高崎市で頂いた食事の数々。
ヤマダ電機本社(LABI1高崎店舗)の5Fレストラン街にあった、"ぼて茶屋"へ。
takasaki70.jpg
takasaki71.jpg

とまとのお好み焼き、
takasaki72.jpg

オムそば、
takasaki73.jpg

シーフードもんじゃ焼。
takasaki74.jpg
takasaki75.jpg
takasaki76.jpg
しかしこの店、その時間は10%オフになるって事で店頭にて呼び込まれたのですが、後でレシート見たらオフになってなかった…
この時は極少額の事でどうでもいいのですが、この店に限らずこういうのは本当に多いので、会計時に注意しとかなきゃなりませんね。でもビール飲んでほろ酔いの時はそれが面倒くさいし、もっと酔っ払ってたら頼んだの計算しているわけもないし、夜の店はレシートもくれない所が多いから言い値を払うだけで後は分かりませんよ。
なので店員さんは騙してぼったくる気じゃないなら、ちゃんとして欲しい。

同じフロアに"山拍子"(わるつ)というラーメン屋があったのですが、
takasaki82.jpg

夜になって高崎駅西口ロータリーにある、姉妹店の"麺匠やまちゃん"の方へ行きました。
takasaki83.jpg

ここはハイボール頼むとウイスキーとソーダが別れて出てくるし、
takasaki84.jpg

何と匠ラーメンまでスープと具が別れて出てきたのは衝撃的でした!
takasaki86.jpg
takasaki87.jpg

つまみの、にらもやし。
takasaki85.jpg

次はあがた森魚ファンとしても外せない屋号の、"モリオ カフェ"(MORIO CAFE)。
takasaki77.jpg
takasaki78.jpg

タイのチャーンビールに始まりまして、
takasaki79.jpg

キーマカレー、
takasaki80.jpg

チキンと野菜のグリーンカレー。
takasaki81.jpg

"上州名物酒場 赤亀"では、
takasaki88.jpg
takasaki89.jpgtakasaki90.jpg

群馬県の名物料理も食べなきゃと、上州下仁田名産 刺身こんにゃく、
takasaki91.jpg

上州名物 かみなり鳥唐揚げ。
takasaki92.jpg

ちなみに高崎市で宿泊した先は、ちょっとマニアックな井野駅の近く。
takasaki93.jpg

井野駅は入口脇に『悪書追放』ポストがあったのは笑いました。ここに子供に見せたくない雑誌などを入れてくれって事ですが、いつの時代にも問題になるセックス&バイオレンス系はもちろん、最近だと話題になった歴史的事実と異なる反日・左翼思想が満載の「はだしのゲン」など中沢啓治作品が大量に投入されたのでは!?
takasaki94.jpg

近くには桑苺(桑の実)が自生しまくってたので食べてみました。子供の頃は通学路にもいっぱいありましたが、最近はあまり見ないですよね。
takasaki65.jpg
takasaki66.jpg

高崎市のマンホールは、高崎祭りと山車のデザインでした。
takasaki95.jpg


続いては伊勢崎市も少し。
あだち充先生を輩出したこの街には、当地に住む友人に会うためちょっと立ち寄っただけですが…
友人が行きつけの店という事で連れてってくれたのが、"喰い処 人にやさしく"
isesaki1.jpg

もちろんTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)、インディーズ時代のあの曲から取った屋号で、ジャケットとか甲本ヒロトの名言を飾っていました。
isesaki4.jpg
isesaki5.jpg

そして、食い物も美味い!
isesaki2.jpgisesaki3.jpg
isesaki6.jpgisesaki7.jpg
isesaki8.jpgisesaki9.jpg
isesaki10.jpg
isesaki11.jpg
isesaki12.jpg

そして、遊びに来てくれた激カワ娘。すんごく可愛い子!
isesaki13.jpg
isesaki14.jpg
isesaki15.jpg


最後は群馬県の県庁所在地、前橋市へ!
maebashi1.jpg
maebashi2.jpg

詩人の萩原朔太郎、映画監督の小栗康平や清水崇、コピーライター、というかその他の活動でも偉大な糸井重里…
様々な偉人を輩出した前橋市ですが、最近ではまどマギ好きに持て囃されていますか。いくつかの施設が「魔法少女まどか☆マギカ」の建造物モデルとして出てきたのですね。
あと山下敦弘監督による青春映画の傑作「リンダ リンダ リンダ」が、この前橋市と高崎市とで撮影されています。
そんな前橋市のマンホールはバラがデザインされているので、調べたら市の花がバラなんだそうです。色違いマンホールもいくつかありました。
maebashi3.jpg

彫刻、ふるさとの風。
maebashi4.jpg

この日は前橋七夕まつりを開催中だったので、商店街を歩きました。広い範囲でかなり賑わっています。
maebashi5.jpg
maebashi6.jpg
maebashi7.jpg
maebashi8.jpg

屋台でつまみとコンビニでチューハイとか買って、ゆるく呑んでました。
maebashi11.jpg

おおっ、これは群馬県のマスコット・ぐんまちゃん
maebashi10.jpg

こういった観光案内など、その姿は多く見られました。
maebashi9.jpg

この日の前橋に来た目的は、夜の友人宅での引越し祝いパーチーでした。美味しいご馳走をたんまりと頂きましたよ。
maebashi12.jpg
maebashi18.jpg
maebashi19.jpg
maebashi14.jpgmaebashi15.jpg
maebashi16.jpgmaebashi17.jpg

この男とも再会!
maebashi13.jpg
彼は付き合いは古いのですが、私のブログでは「ココ」、沼田市に行った時に一度登場しただけでしょうか。とにかく群馬県に来ないと会えないレアキャラですね。


今夜はオマケに、群馬県の素晴らしいお土産品を紹介しましょう。
私の定番は利根沼田産の『利根のりんごジュース』とか、
NUMATA108.jpg

群馬県ならやっぱり刺身こんにゃく、
NUMATA109.jpg

そして最強なのが、渋川市にある"もつ煮の永井食堂"の『もつっ子』!
nagai-syokudou5.jpg
nagai-syokudou6.jpg
nagai-syokudou7.jpg
随分前に「ココ」で実際に行った時の事も書いてましたが、ここのもつ煮がもう、絶品なんですよ!

はい以上で、今夜の群馬県旅行記は終了です。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/16(水) 23:00:51|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<<月刊漫画ガロ(124) 古屋兎丸 9 「ハピネス」 | ホーム | 月刊漫画ガロ(123) 古屋兎丸 8 「π パイ」>>

コメント

二重作巡査です。

二重作巡査です。
更新お疲れ様です。
ブログを拝見いたしました。
また、拝見させていただきます。
  1. 2013/10/17(木) 16:02:11 |
  2. URL |
  3. 二重作巡査 #SwRXnz1E
  4. [ 編集]

柳沼善衛です。

柳沼善衛です。
更新お疲れ様です。
ブログを拝見いたしました。
また、拝見させていただきます。



柳沼善衛
  1. 2013/10/17(木) 23:51:42 |
  2. URL |
  3. 柳沼善衛 #LTD1p6wk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1256-8628e01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/17 08:53)

高崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/10/17(木) 08:53:41 |
  2. ケノーベル エージェント

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/17 08:56)

吾妻郡草津町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/10/17(木) 08:56:43 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する