大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(155) 東京都江東区 3 祝「ARISE COFFEE ROASTERS」開店…等

今回は東京都江東区です。

まずはこの度、9月15日に清澄白河で友人のタイジュ氏がARISE COFFEE ROASTERSというコーヒー豆の焙煎・販売、イートインのお店をオープンしたので、訪れてみました。
ARISE-COFFEE-ROASTERS3.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS4.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS5.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS6.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS8.jpg

BRUCEといえばお酒のイメージしかない、と思われている方が多いかもしれませんが、実は毎日コーヒーも飲んでいるんですよ。特に知識とか無いしインスタントで済ます事がほとんどですが、コーヒーは香りが最高じゃないですか。コーヒーショップの前を通ると、しばし鼻で深呼吸してます。
そして今まで何度もご馳走になっていますが、タイジュ氏という凄腕焙煎師が煎れるコーヒー…ビックリするくらい美味い!
ARISE-COFFEE-ROASTERS9.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS7.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS10.jpg

お、店内にセパルトゥラ(Sepultura)のポスター!
ARISE-COFFEE-ROASTERS11.jpg
スラッシュメタルはあまり聴かない私でも当然のように聴いていた、偉大な偉大なブラジルのヘヴィメタルバンドであるセパルトゥラ…しかし何故コーヒー店に!?
彼らの事を知っている方はピンときたでしょうが、1991年の名盤「アライズ」(ARISE)から屋号を取っているのですね。お店の周辺には古いお寺が多いので、バンド名の由来であるセパルトゥラ(ポルトガル語で墓)もたくさんあるし。

そこで店主のタイジュ氏について触れると、ずっとコーヒーに関わってきていて南米のコーヒー道も体験してきている人。お店まで開いたのだからコーヒーについてのあれこれは別段語らなくてもいいでしょう。
それより、趣味の世界にかける情熱が凄まじい人で、アパレルのあの有名学校を卒業してコーヒーの道に入った変わり種なのでファッション系はもちろん、大抵の事は半端じゃなく詳しい知識を持っています。いや、野球とかサッカーには詳しくないと思いますが…特に得意ジャンルは音楽(メタル中心)とスケボーとアニメとフィギュアと旅行でしょうか。ピンときた方は、訪れた際に店主へ話しかけてみてくださいね。
かくいう私は、彼がDJをしているゴシックメタルのイベントで、10年くらい前に出会って以来の付き合いですね。
ARISE-COFFEE-ROASTERS12.jpg

一度オープン前、物件が決まったという時にも遊びに行ってみましたが、
ARISE-COFFEE-ROASTERS2.jpg

これはまだ焙煎マシーンしか設置していない時。この時から、リフォームして凄く綺麗になってました。
ARISE-COFFEE-ROASTERS1.jpg

こちらが、ショップカード。よろしくねー。
ARISE-COFFEE-ROASTERS13.jpg
ARISE-COFFEE-ROASTERS14.jpg

前に近所のレトロな建物"fukadaso(深田荘)"へ連れてってもらった事がありまして、
koto-fukadaso1.jpg

ここでちょっとだけ飲み食いしたのですが…
koto-fukadaso2.jpg
koto-fukadaso3.jpg
koto-fukadaso4.jpg

その深田荘でARISE COFFEE ROASTERSのオープニングパーティーが開催された時も、お邪魔してきました。私は用事があって最初の方に少し覗いただけでしたが、その後100人以上集まったみたいです。
koto-fukadaso5.jpg
koto-fukadaso6.jpg
koto-fukadaso7.jpg
koto-fukadaso8.jpg
koto-fukadaso9.jpg
koto-fukadaso10.jpg
koto-fukadaso19.jpg

おおっ、アレは!!
koto-fukadaso11.jpg
koto-fukadaso12.jpg

これは美味そう!そして実際、美味かった!!
koto-fukadaso13.jpg
koto-fukadaso14.jpg
koto-fukadaso15.jpg
koto-fukadaso16.jpg

セパルトゥラのアライズTシャツを着ているタイジュ氏。
koto-fukadaso17.jpg
koto-fukadaso18.jpg

ちなみにそのタイジュ氏は珈琲豆焙煎所で10年ほど修行をした後、同じく清澄白河にある『犬コーヒー』こと"The Cream of the Crop Coffee"(ザクリームオブザクロップコーヒー)で務めていたので、そちらにも何度かお邪魔しています。
koto-the-cream-of-the-crop-coffee1.jpg

これはショップカード、
koto-the-cream-of-the-crop-coffee5.jpgkoto-the-cream-of-the-crop-coffee6.jpg

どでかい焙煎マシーン。
koto-the-cream-of-the-crop-coffee2.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee3.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee7.jpg

香ばしい空間で、美味しいコーヒーを頂いています。
koto-the-cream-of-the-crop-coffee4.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee8.jpgkoto-the-cream-of-the-crop-coffee9.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee10.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee11.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee12.jpg
koto-the-cream-of-the-crop-coffee13.jpg

清澄白河駅と、その周辺には道端に立つ謎の人形達…
koto-street78.jpgkoto-street79.jpg
koto-street84.jpgkoto-street85.jpg
koto-street86.jpgkoto-street87.jpg

変なミッキーやドラえもんが居たり、
koto-street80.jpg
koto-street81.jpg

何と「となりのトトロ」の原型と言われる、あの「パンダコパンダ」のパンダ達。あれ、こんな病的な顔だったっけ…
koto-street82.jpg
koto-street83.jpg
しかもけっこう頻繁に人形の種類が入れ替わっていて、どうやら『かかしコンクール』てのをやってるらしいんですよね。

清澄白河駅近くの串揚げ店で、"くし家"
koto-kushiya1.jpg

まずは生ビールがアサヒスーパードライ、ハーフ&ハーフ、
koto-kushiya2.jpgkoto-kushiya3.jpg

そしてアサヒ黒生と種類があって、ポイント高い。
koto-kushiya4.jpg

つまみは、揚げ物ばかり食べまくりました。
koto-kushiya5.jpgkoto-kushiya8.jpg
koto-kushiya6.jpg
koto-kushiya7.jpg

ここから木場公園も近くて、
koto-kiba-park23.jpg
koto-kiba-park24.jpg
koto-kiba-park25.jpg

その木場公園内に併設されているのが、国内最大級のコレクションを誇る"東京都現代美術館"
koto-kiba-park27.jpg

もう1年ちょっと前の事になりますが、『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』へ行きました。
koto-kiba-park26.jpg
koto-kiba-park28.jpg

入口は、こちらが正面か。
koto-kiba-park42.jpg
koto-kiba-park43.jpg
エヴァンゲリオンの原点はウルトラマンと巨神兵であると語る庵野秀明監督が、特撮界の先達が培ってきた技術や創作物(デザイン画や、その他の資料も)の紹介をする展示でしたが、これが質も量も見せ方も本当に凄くて感激。
最新特撮映画「巨神兵東京に現わる」の上映もこの時は貴重なものでしたが、全て撮影不可だったので紹介は出来ません…

おお、この破壊された街は!
koto-kiba-park29.jpg
koto-kiba-park30.jpg

これはミニチュアの街。なので、巨大な人が歩いています。ここは撮影OK!
koto-kiba-park31.jpg
koto-kiba-park32.jpg
koto-kiba-park33.jpg
koto-kiba-park34.jpgkoto-kiba-park35.jpg
koto-kiba-park36.jpg

多分、凄い人たちのサイン。特撮オタク達が騒いでましたが、名前見ても全然分からず、私は特撮界の人々の事を何も知らないのを思い知らされました…
koto-kiba-park37.jpg

素晴らしい会場で凄い展示を楽しませて頂きました~。
koto-kiba-park38.jpg
koto-kiba-park39.jpg

巨神兵の頭部。
koto-kiba-park40.jpg
koto-kiba-park41.jpg

ありがとうございました。
koto-kiba-park44.jpg

木場駅近くのインド料理店、"タンドールバル カマルプール"
koto-kamalpool1.jpg

ラッシー飲んで…
koto-kamalpool2.jpg

インドカレー。
koto-kamalpool3.jpg
koto-kamalpool4.jpgkoto-kamalpool5.jpg

新木場駅前の、トーテム・ポール。何か、カナダの原住民から送られた本物らしいですよ。
koto-street88.jpg

ここからは、ゴミ埋立地の"夢の島公園"が近いですね。
yumenoshima1.jpg
yumenoshima4.jpg
yumenoshima5.jpg
公園になる前は文字通りゴミ山で、丹波哲郎主演による滅亡モノのヤバいカルト映画「ノストラダムスの大予言」では、ここで巨大ナメクジが大量発生していました!
あと水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」から『あかなめ』ではこの大東京のゴミ名所・夢の島が舞台になっていて、ここから物凄いヤツが発生していましたね。
実在した話でも、1965年には夢の島で異常発生したハエの大群が付近の町々を襲うという怪獣映画みたいな事件も起こり、その時は都と区のみならず消防庁、海上保安庁、そして自衛隊も協力して夢の島焦土作戦を1ヶ月にわたって展開したのです。後に整備が進んでゴミの島である事は分からないようになりましたけどね。

ここにも立派なトーテム・ポールがあります。
yumenoshima7.jpgyumenoshima8.jpg

現在の大気の状態が表示されている!
yumenoshima2.jpg
yumenoshima3.jpg

マンホール。
yumenoshima6.jpg

夢の島いこいの家。
yumenoshima13.jpg

夢の島熱帯植物館。
yumenoshima11.jpg
yumenoshima12.jpg

夢の島といえばゴミのイメージが強い名前ですが、ここは広い空間に植物いっぱいで落ち着くのです。お酒も呑めるし。
yumenoshima14.jpg
yumenoshima9.jpg
yumenoshima10.jpg

東京都立第五福竜丸展示館まであります。あのビキニ事件の第五福竜丸、本物がここに保存されているのです。
yumenoshima15.jpg
yumenoshima16.jpg
yumenoshima17.jpg

深川の松尾芭蕉巡りは「ココ」でしていますが、今回は芭蕉庵跡地の銅像のみ。
koto-street92.jpg

ところで、清住白河から清澄通りを歩いて門前仲町へ向かっていると…何と『滝沢馬琴生誕の地』を発見しました!
koto-street91.jpg
私の青春時代は「南総里見八犬伝」を抜きには語れませんからね…大っっ好き!なんですよ。その作者が滝沢馬琴(曲亭馬琴)で、この地で誕生したそうです。本が積んであるような碑は、もちろん全98巻106冊からなる「南総里見八犬伝」

門前仲町へ到着。
ここの定番観光地では、まず"富岡八幡宮"
koto-tomiokahachimangu34.jpg
koto-tomiokahachimangu35.jpg
koto-tomiokahachimangu36.jpg

江戸時代の旅人(仕事-測量家ですが)として偉大な先輩である伊能忠敬の銅像をお参りし、
koto-tomiokahachimangu38.jpg

境内に飾られている日本最大の神輿を見て。
koto-tomiokahachimangu37.jpg

七渡神社で…
koto-tomiokahachimangu39.jpg

鯉の観賞。
koto-tomiokahachimangu40.jpg
koto-tomiokahachimangu41.jpg

深川八幡祭が開催されていた時は、水かけ神輿が街を練り歩いていました。
koto-tomiokahachimangu42.jpg
koto-tomiokahachimangu43.jpg

そして"深川不動尊"。撮影禁止なので載せられませんが、中の不動明王二童子像など、そして護摩供養の光景も、なかなか圧巻です。
koto-fukagawafudou7.jpg
koto-fukagawafudou8.jpg
koto-fukagawafudou10.jpgkoto-fukagawafudou9.jpg

門前仲町での食事は、"支那そば晴弘"
koto-haruhiko1.jpg

ビールと…黄ニラのおひたし、豚角煮、黒豚一口餃子、
koto-haruhiko2.jpgkoto-haruhiko3.jpg
koto-haruhiko4.jpgkoto-haruhiko5.jpg

支那そば 醤油味。ここ、どれも美味い!!
koto-haruhiko6.jpg
koto-haruhiko7.jpg

"ビール専門 宮澤商店"
koto-miya-beer-bar1.jpg

もうビール好きにはたまらない、日替わりで10種類の地ビールを置いている店。
koto-miya-beer-bar3.jpgkoto-miya-beer-bar4.jpg
koto-miya-beer-bar5.jpg
koto-miya-beer-bar6.jpg

つまみは、ソーセージやベーコンを軽く。
koto-miya-beer-bar7.jpg
koto-miya-beer-bar8.jpg

イェーイ!わりと最近オープンしたばかりの店ですが、もう複数回行っていて、今後も門仲に来た時の定番として通うと思います。
koto-miya-beer-bar2.jpg

こんな渋い路地に入っていきましたが…
koto-street89.jpg

入店したのは、普通にポップな"串かつでんがな"
koto-kushikatsu-dengana1.jpg
koto-kushikatsu-dengana2.jpg
koto-kushikatsu-dengana3.jpgkoto-kushikatsu-dengana4.jpg

これは、メガジョッキ。
koto-kushikatsu-dengana5.jpg

つまみの煮込みや、串揚げモノ。
koto-kushikatsu-dengana6.jpg
koto-kushikatsu-dengana7.jpg
koto-kushikatsu-dengana8.jpg

昭和レトロな飲み屋横丁、辰巳新道はいい感じでしたが、日曜日はあまりやってませんね。
koto-street90.jpg

"炭火焼肉 カラオケ てっちゃん"
koto-tecchan1.jpg

屋号の通り、同じお店が焼肉とカラオケをやっているという、変り種。焼肉の後、移動時間0分でカラオケ歌いに行けるのですが…
koto-tecchan2.jpg
koto-tecchan3.jpg

何と同時、つまり焼肉をジュージューやりながらカラオケってのも有り。我々も、カラオケ最新機種導入の個室に入りました。
koto-tecchan4.jpg

とはいえ、私達は秘密結社「大悟への道」。誰もカラオケなんてダサいものは手を出さないのでした…
で、ビールと野菜、
koto-tecchan5.jpgkoto-tecchan6.jpg
koto-tecchan7.jpgkoto-tecchan8.jpg

焼肉ゥゥゥゥ!
koto-tecchan9.jpgkoto-tecchan10.jpg
koto-tecchan11.jpgkoto-tecchan12.jpg
koto-tecchan13.jpg
koto-tecchan14.jpg

そんで〆は、コレでしょう!
koto-tecchan15.jpg

門仲の最後には、下町らしく古い歴史を持つ"魚三酒場"
koto-uosan12.jpg
koto-uosan13.jpg

それがここの歴史?と思いますがサービス業なのに上から目線の殿様商売やっているので、店の姿勢は好きでないながらも…
安い値段で新鮮お魚を提供してくれるのは事実。有名店なので行きたがる友人も多いので、たまーに行きますね。
koto-uosan14.jpgkoto-uosan15.jpg
koto-uosan17.jpgkoto-uosan19.jpg
koto-uosan16.jpg
koto-uosan18.jpg

どこの店舗も、早い時間から大賑わいです。
koto-uosan20.jpg

続いて住吉駅へ。
koto-street93.jpg

住吉といえば"NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ"がありますが、今回は行けず…
sumiyoshi-keisuke6.jpg

集まったのは、"パイレーツ・オブ・スミヨシ"(パイスミ)、
sumiyoshi-paisumi1.jpg
sumiyoshi-paisumi2.jpg

2階席へ。
sumiyoshi-paisumi3.jpgsumiyoshi-paisumi4.jpg
sumiyoshi-paisumi5.jpg

ビール好きには嬉しい嬉しいお店でした。
sumiyoshi-paisumi6.jpg
sumiyoshi-paisumi7.jpg
sumiyoshi-paisumi8.jpg

そして食事もグッド!
sumiyoshi-paisumi9.jpgsumiyoshi-paisumi10.jpg
sumiyoshi-paisumi11.jpgsumiyoshi-paisumi12.jpg
sumiyoshi-paisumi13.jpg
sumiyoshi-paisumi14.jpg
sumiyoshi-paisumi15.jpg
sumiyoshi-paisumi16.jpg

次、"もだん焼 ここ天"
sumiyoshi-kokoten1.jpg
sumiyoshi-kokoten2.jpgsumiyoshi-kokoten3.jpg

もんじゃ焼き、美味い…
sumiyoshi-kokoten4.jpg
sumiyoshi-kokoten5.jpg

焼くのが面倒だったら、もしくは上手く焼きたかったら店員さんにお願いしてもOK!
sumiyoshi-kokoten9.jpg
sumiyoshi-kokoten6.jpg
sumiyoshi-kokoten7.jpg
sumiyoshi-kokoten8.jpg

イカ墨ので〆。
sumiyoshi-kokoten10.jpg
sumiyoshi-kokoten11.jpg
sumiyoshi-kokoten12.jpg
sumiyoshi-kokoten13.jpg

最後は有明の"東京ビッグサイト(東京国際展示場)"へ…
tokyo-big-sight46.jpg

国際展示場駅から、数分歩くと到着します。
tokyo-big-sight1.jpg
tokyo-big-sight2.jpg
tokyo-big-sight3.jpg
tokyo-big-sight4.jpg
tokyo-big-sight5.jpg

今年はデザフェスことデザインフェスタ(Design Festa)、頑張ってアートイベントになんか行っちゃったのです。
tokyo-big-sight7.jpg
tokyo-big-sight6.jpg

会場は広大なスペースで、苦手な人ごみの中で創作物を見て歩く長時間、疲れるなぁ・・・
tokyo-big-sight8.jpg
tokyo-big-sight9.jpg
tokyo-big-sight24.jpg
tokyo-big-sight25.jpg

元々の目当ては、party babyのくまみきちゃんや、
tokyo-big-sight13.jpg
tokyo-big-sight14.jpg

g.a.more(ジーアモア)のYukieちゃん。
tokyo-big-sight10.jpg
tokyo-big-sight11.jpg
tokyo-big-sight12.jpg

スノードームを購入。
tokyo-big-sight45.jpg

そしてそして、ことり事務所の…
tokyo-big-sight34.jpg
tokyo-big-sight35.jpg
tokyo-big-sight36.jpg

鳥肌実さま、次々に目的の人達と逢えました!
例の『玉砕スーツ』は着用しておらず、終始腰が低い感じでしたよ。
tokyo-big-sight37.jpg
tokyo-big-sight38.jpg
tokyo-big-sight39.jpg
tokyo-big-sight40.jpg

サイン会。
tokyo-big-sight41.jpgtokyo-big-sight42.jpg

圧倒的にこのフェス全体を通して一番人気。女性達の黄色い声が飛び交ってました。
tokyo-big-sight43.jpg
tokyo-big-sight44.jpg

ところで東京国際展示場に常設しているレストランはほとんどお休みで、
tokyo-big-sight15.jpg

2階の飲食店スペースはどこも満員で行列も長く…
tokyo-big-sight26.jpg

しかしステージのある屋外のスペースで、
tokyo-big-sight21.jpg
tokyo-big-sight22.jpg
tokyo-big-sight23.jpg

屋台を発見。
tokyo-big-sight16.jpg

やっと食べられたのは、湘南黒カレー!
tokyo-big-sight17.jpg
tokyo-big-sight18.jpg

そして富士宮やきそば。
tokyo-big-sight19.jpg
tokyo-big-sight20.jpg

2階の展示スペースではまず、可愛いモンスターと握手。
tokyo-big-sight27.jpg

そして今夜は…その場で作品を描くパフォーマンスをする人たちで、お別れです。
tokyo-big-sight28.jpg
tokyo-big-sight29.jpg
tokyo-big-sight30.jpg
tokyo-big-sight31.jpg
tokyo-big-sight32.jpg
tokyo-big-sight33.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/10/28(月) 23:59:55|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月刊漫画ガロ(128) 古屋兎丸 13 「インノサン少年十字軍」 | ホーム | 月刊漫画ガロ(127) 古屋兎丸 12 乙一 1 「少年少女漂流記」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1261-3875d878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する