大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(156) 岡山県岡山市 1

中国旅行へ行ってきました。
おっと、先日友人にその言い方したら支那の方と間違えられたのですが、そうではなく日本国の本州西部です。そのうち、今回の目的地は山陽地方に絞って…今回からその旅模様を何度かに分けてアップしていこうと思います。
まずは、岡山県岡山市
okayama1.jpg

JR新幹線のぞみで東京を出発し、ビール飲んだり寝ていた時間はわずか3時間半程度。
okayama2.jpg
okayama72.jpg

岡山市へ到着しました。有名なおとぎ話「桃太郎」ゆかりの地なので、岡山駅東口の駅前広場には、イヌ、サル、キジを従えた桃太郎像(岡本錦朋作)が建っています。
okayama3.jpg
okayama4.jpg
okayama5.jpgokayama6.jpg

岡山県自体がきっと多くの人にとって『通過する県』であり、私も今まで確実にこの県の上を10往復以上しているものの、降り立ったのは今回が初めてです。それほど一般的に地味なイメージの県だと思いますが、私にとっては大好きな横溝正史の諸作品で頻繁に舞台となっている土地として、ちょっと興奮を誘います。
となると名作「八つ墓村」のモデルになった、日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件『津山三十人殺し』の現場である現在の津山市だとか、他にも私が尊敬する将棋の大山康晴十五世名人を輩出し、倉敷美観地区で有名な倉敷市、天空の山城こと"備中松山城"がある高梁市、このブログとはDAIGOつながりのネーミング・醍醐桜がある真庭市
okayama7.jpg

等々、見所はいくつかあるものの、時間の制約があり、今回訪れたのは県庁所在地で政令指定都市の岡山市のみ。
まずはこの広場で、『ごっくん桃太郎 おかやまの水』を頂きました。
okayama8.jpg

岡山市は五・一五事件で凶弾に倒れた『話せばわかる』の犬養毅とか、漫画家では浜慎二先生とか、あのトキワ荘メンバーでただ一人不遇の人生を生きた森安なおや先生らを輩出しています。
あとは全国の県庁所在地の中で晴れの日が最も多いという事で『晴れの国岡山』を自慢にしているのですが…私たち一行が訪れたら、見事に雨でした。
桃太郎大通りを歩くと、
okayama19.jpg

出てくる出てくる桃太郎、しかも全裸。
okayama9.jpgokayama10.jpg
okayama11.jpg

殺した鬼の生首を椅子にするというセンスが、エド・ゲイン的で良いですね。
okayama12.jpgokayama13.jpg

もちろんイヌ、サル、キジらもいます。これらは全て蛭田二郎作で、他にもまだまだありました。
okayama14.jpg
okayama15.jpg
okayama16.jpg
okayama17.jpgokayama18.jpg

岡山シンフォニーホールというのがあり、その1階は"献血ルームももたろう"
okayama20.jpg
okayama21.jpg

道路の柵にも鬼から分捕った金棒を使用しています。
okayama22.jpg
okayama23.jpg
(背後には路面電車が見えます)

岡山市のマンホールも、桃太郎。モノクロ、2色版、
okayama45.jpg
okayama46.jpg

文字無し版、
okayama47.jpg

その他、種類豊富な桃太郎マンホールです。
okayama48.jpg
okayama49.jpg
okayama51.jpg
okayama50.jpg
okayama52.jpg

とにかく、このように何でもかんでも桃太郎にあやかったネーミングの施設や物などが多い岡山市です。
しかしこのおとぎ話、幼少期は単純に鬼が悪い奴らだから桃太郎が退治してお宝を頂いてきた、くらいに聞かされてたと思いますが、鬼って具体的にはどんな悪さをしたんですかね。いきなり襲われて大事な宝物をごっそり奪われるに足る事をしたのでしょうか。
どちらが良いとか正義だとかって、民族や人によって価値観が違うから大人になると無いに等しい事だと分かるじゃないですか。まして世界情勢とか歴史を横目に我々の身近な所で見れば…かつて欧米の植民地支配からのアジアを解放する事を理念に戦った大日本帝国軍が敗戦後は歴史を塗りかえられ、いつの間にか悪の軍団が侵略戦争を仕掛けたって事になったりしているし、つまり桃太郎もきっと強者のいいなりで書きかえられた物語なんですよね。
もちろん鬼はこんな悪い事をしたからだ、とか出てくるのでしょうが、それもやはりいくら調べても証拠がまるで出てこない『南京大虐殺』や『従軍慰安婦の強制連行』と同様に勝者によるでっち上げの可能性が高いわけで。まぁ子供向けのおとぎ話をつかまえて何言ってんだって感じですが、なんか永井豪先生が描いてきた鬼モノを読み返したくなってきました。

桃太郎関連の作品は正統派はもちろん、このブログでも紹介した「魔幻戦記 サイバー桃太郎」みたいなトンデモ派生作品までいくつもあるでしょうが、わりと近年ではあの漫☆画太郎先生が「つっぱり桃太郎」を描いた事が記憶に新しいですが…岡山市は盛り上がったりしたのでしょうかね。
MAN-GATARO-momotaro1.jpg

他は、福武一二氏、
okayama24.jpg

地球に平和、
okayama25.jpg

その他…まだまだいっぱい、やたらと銅像が多い街でもありました。
okayama26.jpg

これ、すごい。
okayama27.jpg
okayama28.jpgokayama29.jpg
okayama30.jpg

さて、雨の中を足ビショビショになしながら歩いていると、"岡山城"へ到着しました。
okayama31.jpg
okayama32.jpg

天守閣の礎石。
okayama33.jpg

あきらかに戦後再建されたのがすぐに分かる、風格を感じない天守閣ですな…
okayama34.jpg
okayama36.jpg

おっと紹介が遅れましたが、今回はこの3人で旅に出ました。で、この岡山城って誰が築城したのか、主な城主は、なんて話になったら…誰も知らない!岡山の武将も…一人も名前が出てこないという恥ずかしさ。こんな勉強不足のまま行ってしまったのでした。
okayama35.jpg

岡山城から旭川をはさみ、対岸に見えるのは!?
okayama38.jpgokayama37.jpg

月見橋を渡ると、
okayama40.jpg
okayama39.jpg
okayama71.jpg
okayama70.jpg

こちらは岡山城なんかよりはるかに有名ですね、日本三名園の一つである"後楽園"があるのですが、こんな雨の日に入ってもしょうがないから予定変更、パスしました。
okayama53.jpg

後楽園沿い、旭川のほとりにいた水辺の桃くん像
okayama41.jpg
okayama42.jpg
okayama43.jpg

そしてその角度から見る岡山城。
okayama44.jpg

とにかく雨が降り続いてどうにもなりません、靴の中までビショ濡れになりながらも、少しは商店街なども見て歩きました。うーん…人口70万人ほどの大都市、という事ですが外を歩いている人が少ない。若者が遊んだり買物するような所もほとんど見かけなかったし、少なくとも日中を見た感じでは活気に乏しいのです。
okayama55.jpg

お、"MOBY"なんてレストランがありますよ!
okayama63.jpg

1990年代が青春時代という世代の私、そりゃもうリアルタイムでモービー(MOBY)好きでしたね。でもこりゃミーハーすぎるとか気にしてたので、当時は聴いてる事を人に言いませんでしたが。
MOBY-play.jpg
モービーは冒険小説の傑作「白鯨」(Moby-Dick、梶原一騎&影丸譲也による劇画も傑作!)を書いたハーマン・メルヴィルの親戚で、そこから名前も頂いているのですが、このレストランもそうでしょう。

桃のマークのスカイモール21で、"よすが 縁"なるたこ焼き屋に寄り、
okayama61.jpg
okayama62.jpg

"ソープランド桃山"、というのを発見。おお、そっち方面の文化もあったか。それならあの岩井志麻子によるホラー小説の傑作「ぼっけえ、きょうてえ」(岡山弁!)の舞台になったと言われる、"中島遊郭"の跡地が今も残っているらしいのですが…やはり雨の中そんな侘しい所を訪れる気にはなりませんでした。
okayama56.jpg
それより、あの『パンチラメタルバンド』を名乗る岡山県在住のバンド、ソープランド揉美山はここから名前を取っていたのでしょうね!

今回の岡山上陸で一番悔しかったのが、"バー バガボンド"(BAR VAGABOND)
okayama57.jpg
okayama60.jpg

ここは私のパリ時代の朋友である江藤さんが10年ちょっと前に開いたバーで、10年来行きたいと願い続けていたのですが、どうしても今回の旅程では岡山市で夜の時間を作れなかったのです。既にうちの秘密結社員が岡山に訪れた時に行っていたり、ホームページ見ても素敵なお店という事は分かるだけに、残念でした。
okayama58.jpgokayama59.jpg

最後は岡山の食べ物、特に美味いとされる水産物を頂きましょう。実は岡山では食べたいと思っていた物がありまして、良さそうなお店も調べてありました。それが"吾妻寿司"
okayama73.jpg

その岡山駅構内にある『さんすて岡山店』で、
okayama64.jpg

目当ての食は…ままかりずし、
okayama65.jpg

岡山ばらずし、
okayama66.jpg

岡山上ばらずし、でした。
okayama67.jpg

駅ホームの弁当屋にもままかり寿司が売ってました。岡山に来たらままかりとばらずし、これは外せませんよ!
okayama69.jpg
okayama68.jpg

滞在時間は3時間弱かな。そして我々はまた、次の県へ移動したのでした。
okayama54.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/11/08(金) 23:00:25|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(157) 尾道市 1 廿日市市 1 | ホーム | 月刊漫画ガロ(132) 古屋兎丸 17 「ぼくらの☆ひかりクラブ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1267-1bcb15db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/09 08:57)

岡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/11/09(土) 08:57:16 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する