大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(158) 広島市 1 広島城、原爆ドーム…等

前回に引き続きの広島県旅行で、今回は県庁所在地の広島市です。
hiroshima1.jpg

『最後じゃけん 言うとったるが狙われるもんより 狙うもんのほうが強いんじゃ そがな考えしとるとスキができるぞ』
…というわけで実録ヤクザ映画の名作中の名作、「仁義なき戦い」の広島県ですよ!
IIBOSHI-jingi1.jpg
今年は2013年、「仁義なき戦い」は1973年の公開(しかもこの年だけで3作目まで公開!)なので、「燃えよドラゴン」と同じく40周年の節目でもあります。
一応復習としてシリーズを全部観直してから行きました。もう何度も観ている作品なので今更物語にどうこう突っ込む事もないのですが、広島弁のセリフだけが頭にこびりつきました。主人公の菅原文太兄ぃは広島市ではなく呉市を本拠とするヤクザの設定なので、呉弁なのかな。

舞台は戦後の混乱の最中なので、撮影ポイントとして確認出来るのは何度も出てくる原爆ドームくらいだと思いますが。今やほとんど京都市で撮影が行われてた事も明かされているし。
しかし呉市よりも広島市を重点的に舞台とした2作目、「仁義なき戦い 広島死闘篇」は実際の撮影も治安の悪い広島市で行われたのだとか。
IIBOSHI-jingi2.jpg
文太兄ぃの出番が少なくてシリーズとしては番外編的な存在ですが、すんごく好きな作品ですね。大友勝利を演じた千葉真一…彼の長いキャリアの中でも、これは数々のアクション映画を抑えて最高の演技だったのでは!?

それに、今度こそ晴れてくれました。
hiroshima83.jpg

当地ではまず、英霊やあの原子爆弾投下によって犠牲になった方々などが祀られている"広島護国神社"(廣島護國神社)へ参拝に行かなくては話になりませんよね。
別の場所にあった神社が、1945年に悪魔の爆弾が投下されて建物は全て失われましたが、この大鳥居だけは残って現在の広島城址公園内に移設されたのだとか。先人達は普通、神社だけは災害を受けにくい場所に建ててきたわけですが、あのような空爆を受けるとは想定していなかったでしょう。
hiroshima2.jpg

奥へ進むと、再建された社殿などがあります。
hiroshima26.jpg
hiroshima30.jpg
hiroshima27.jpghiroshima28.jpg

神馬には、菊の御紋がありました。
hiroshima29.jpg

本殿の前で。
hiroshima31.jpg

周辺を歩いて歩兵第十一聯隊跡、
hiroshima3.jpg

元内閣総理大臣の池田勇人など、見て回っていたのですが、
hiroshima4.jpg

ここ広島城の周辺がかなり賑やかです。このお祭り騒ぎはどうした事かと見てみたら、『ひろしまフードフェスティバル2013』なんてのが開催されていました。
hiroshima5.jpg

歩を進めましょう…
hiroshima6.jpg
hiroshima7.jpg

お菓子・スイーツ広場なんて、甘い物専門のブースまでありました。
hiroshima8.jpg

美女が呼び込みしているからと寄ったのが、"三瀧荘"で…まかないめし。
hiroshima9.jpg
hiroshima10.jpg
hiroshima11.jpg

ブース内にいる娘っこも、これまた広島美人の名にふさわしい美しさだったので写真を撮らせてもらいましたが、こんな子が話す広島弁がまたたまりません。広島弁は文太兄ぃが使えば男らしくてカッコいい言葉ですが、女子が使うととたんに可愛い萌え言葉になるのです。
hiroshima12.jpg

他には、大たこ焼き、
hiroshima13.jpg
hiroshima14.jpg
hiroshima15.jpg

店の数は多いので、あとはどこで食べようか迷いながら歩いてましたが…
hiroshima16.jpg

肉の串焼を出す"山田牧場"
hiroshima17.jpg
hiroshima19.jpg

いい匂いを発していましたが、ここは長打の列でとてもムリ!
hiroshima20.jpg

既にゲットした女子大生の食べ姿だけ撮らせてもらって去りました。
hiroshima21.jpghiroshima22.jpg
hiroshima23.jpg

店のオヤジもいい顔してます。
hiroshima18.jpg

広島城ステージでは、広島太鼓保存会による『ひろしまの地太鼓』披露が始まりました。
hiroshima24.jpg
hiroshima25.jpg

そして、広島城へ。毛利元就の孫にあたる毛利輝元が作った城で、当然ながら原子爆弾で倒壊しているので、復元された物。
hiroshima32.jpg
hiroshima33.jpg
hiroshima34.jpg
hiroshima35.jpghiroshima36.jpg

城なんて中に入るより外観を楽しむのが良いのだと思っている私ですが、今回は入城。フードフェスティバル中は特別価格で、280円。
hiroshima37.jpg

案内冊子。内部は武家文化などの歴史を紹介した史料館になっていました。
hiroshima38.jpghiroshima39.jpg

入るとすぐにジオラマがありまして、
hiroshima40.jpg

この先は撮影禁止なのですが…たまにこのように、『撮影可』となっている箇所があります。
hiroshima41.jpg

撮れって命令されているようで嫌だし、そもそも撮りたいような物でもないのですが、まぁ特に主義があるわけでもなし、郷に入れば郷に従えって事で撮りましたが。
hiroshima42.jpg
hiroshima43.jpg

この、鎧と兜が置いてあって武将コスプレ出来る所は嬉しかったのですが、他に誰もやってないし、皆さん冷めた目で通り過ぎていくのですが…ちょうど顔ハメに熱中している時のように。
hiroshima44.jpghiroshima45.jpg

あとは下から見えた、この部分…高い所からの景色を楽しんで、と。
hiroshima48.jpg
hiroshima47.jpghiroshima46.jpg
hiroshima49.jpg

原爆ドームも見えました。
hiroshima50.jpg

周辺では、全裸のセクシー美女数人が立つ銅像の周りでマーケットやってたり、
hiroshima55.jpg

武将達も何やらパフォーマンスやってて賑わってました。
hiroshima51.jpg

今やすっかりポピュラーな存在となった歴女(歴史オタクで武将萌えの女性)に怒られないためでしょうか、武将達は今時風のイケメンばかり。安芸ひろしま武将隊、と名乗っていました。
hiroshima52.jpg
hiroshima53.jpg
hiroshima54.jpg

弓道場の前では弓道部の女子達がウロウロしていましたが、前日に行った尾道市を舞台にした名作「時をかける少女」の原田知世ちゃんを思い出しますね。
hiroshima56.jpg
hiroshima57.jpg

そして、ここからはニヤけた顔と心を引き締めて…原爆ドームに到着しました。
hiroshima59.jpg
hiroshima60.jpg
hiroshima58.jpg

負の歴史・記憶そのものでしかない事ですが、『広島=原爆』というイメージは世界中で持たれています。世界の果ての国で聞いてみても、仮に東京を知らない人が居ても広島を知らない人は居ないのではないでしょうか。
ドイツの偉大なエレクトロニック・ミュージック(テクノ)・ユニット、クラフトワーク(Kraftwerk)の5thアルバム「放射能」(Radio-Activity)でもこのテーマなので『ヒロシマ』の単語が使われているし、同じくジャーマン系の正に怪物バンドで私もCDを何十枚持ってるんだというタンジェリン・ドリーム(Tangerine Dream)は原爆を受けた日本人手記を元にした『THE FIVE ATOMIC SEASONS』という全5作からなるコンセプト・シリーズを発表、その3,4作目には「広島~秋」「広島~冬」(Autumn in Hiroshima,Winter in Hiroshima)のタイトルが付いていました。アメリカにはそのままヒロシマ(Hiroshima)という日系人のメンバーによる大御所フュージョンバンドがいるし、マニアックな所ではスペインのハードロック・バンドでHIROSHIMAってのもいましたね。
あのトッド・ラングレン率いるユートピアの3作目「RA」(太陽神)でもそのまま『ヒロシマ』という曲があり…
グラハム・ボネットが結成したヘヴィメタル・バンドのアルカトラス(Alcatrazz)は、イングヴェイ・マルムスティーンがギタリストとして在籍した時の1stアルバムにして名盤「アルカトラス」(No Parole from Rock 'n' Roll)で『ヒロシマ・モナムール』(Hiroshima Mon Amour)という曲を発表。同曲は後に日本のヘヴィメタル・バンド、Concerto Moonにもカヴァーされています。

映画ではフランスからアラン・レネ監督&マルグリット・デュラス脚本という凄いコンビが「二十四時間の情事」(邦題「ヒロシマ・モナムール」)という、被爆地広島市を舞台にした傑作を作りました。その一応はリメイクで、広島市出身の諏訪敦彦監督が何とベアトリス・ダルを主演に迎えて作ったのが「H story」
記憶に新しい黒木和雄監督の「父と暮せば」も原爆投下の傷跡が生々しい広島を舞台にした感動作でしたし(元ネタは井上ひさしの舞台)、スティーヴン・オカザキ監督はドキュメンタリー映画の傑作「ヒロシマナガサキ」を撮っています。
hiroshima173.jpghiroshima174.jpg

もちろん最も有名なのは結局「はだしのゲン」で、漫画だけでなく実写映画にドラマ、アニメ映画も複数ありますが、ここでは石田優子監督による原作者である中沢先生の生涯を追った記録映画「はだしのゲンがみたヒロシマ」をピックアップしておきましょう。
NAKAZAWA-hadashino-gen-cinema1.jpg

あのジェームズ・キャメロン監督も数年前に「Jigoku」(仮題)なる原爆映画を作ると発表していましたが、頓挫したままですね。外国人が作った物は特に私の知らない作品がまだまだ凄い数あるでしょうが、その原爆の象徴といえるのが原爆ドームこと"広島平和記念碑"。『負の世界遺産』としてユネスコの文化遺産に登録されています。
hiroshima61.jpg

元は大正時代に竣工された"広島県物産陳列館"で、後に"広島県産業奨励館"に改称されています。この今見てもモダンな3階建て建築の設計は、チェコ人のヤン・レッツェルって人が担当したそうです。
忌まわしき悪魔…アメリカ軍のエノラ・ゲイと機名が付いたB-29爆撃機が、1945年8月6日に『リトルボーイ』なんて可愛い名前の付いた原子爆弾を投下!建物はほぼ全壊したものの、直上からの衝撃波だったため(他にも条件はあるでしょうが)中央のドーム部分枠組みと外壁を残しました。
当然、勤務していた職員らは全員が即死しましたが、1名だけ前夜に宿直していたため原爆投下直前に帰宅していた方がいて、職員では唯一の生存者となったそうです。すごい話ですが、ちなみに宿直者は4名いたそうで、するとあと3名は定時になってもすぐに帰らなかったのが原因で命を落とす事につながったのだと推測されます。やはり残業はダメだと…ええ。

世界遺産なので補修はしているでしょうが、中は荒れたままになっています。
hiroshima62.jpg
hiroshima63.jpg
hiroshima64.jpg

ぐるりを回って別の角度から…
hiroshima65.jpg
hiroshima66.jpg
hiroshima68.jpg

むむ、トリがとまっておる。
hiroshima67.jpg

『まだ戦争はおわっとらんぞ わしらいつまでもつづいてるぞ わすれるな わすれるな』
というゲン、こと中岡元のセリフ付き「はだしのゲン」Tシャツで行った私、涙を拭いたばかりなので目が腫れています。
hiroshima74.jpg
hiroshima69.jpg
hiroshima70.jpg

「はだしのゲン」といえば、最近どっかの地方の教育委員会が閲覧制限したとかで問題になってましたね。そこから左翼の歴史認識そのままの史実に反した描写が多い事とか、色々言われて…それは以前私も同作を紹介する時に書いてますが、漫画としての面白さが凄い作品である事を無視してませんか。まぁ自国を誇りに思えなくなるような内容もある本を、義務教育の学校図書館に置いて幼い子達に見せるのはどうかとの意見も分かりますが、それだと私はいつ読めたのか分からないし、何十回と熟読したけど特に反日にも反天皇にもなってませんしね。
しかしほとんどの人が、中沢啓治作品といえばゲンしか読んでないですよね。そこで今夜は、「黒い雨にうたれて」を薦めておきましょう。現在普通に手に入るのはこれ、東京漫画社版かな?
NAKAZAWA-black-rain3.jpg

オリジナル版と比べるとセリフの修正入ってるのが残念ですが、『黒い』短編集が一気に読めるラインナップですね。凄いですよー。
NAKAZAWA-black-rain4.jpg

さて原爆ドーム。
機雷戦で日本は敗れたも同然の状態になっていたので戦略上は必要なかったのに都市空襲で住民虐殺を繰り返し、果ては一般市民を実験材料にして原爆投下という、人類の歴史上で最大の戦争犯罪を犯したアメリカ合衆国。何と現在でもアメリカでは国民の過半数が広島原爆投下を正しかったと考えているそうですが(絶句!)、奴らはやはり原爆ドームの世界遺産への登録に猛反対したそうです。それでも、あの国の強大な圧力に負けずに登録した世界遺産委員会は偉い!
あともう一箇国、アジアの国で唯一連合国側に加担した中華人民共和国(戦時中は中華民国)も反対した事を、ここに記しておきましょう。誰しも『日中友好』という言葉を聞いた事があると思いますが、そんなの現在に至るも真っ赤な嘘(本当に赤いや)である事を覚えておいた方がいいと思います。本当に、あの国を調べれば調べるほどありえない事が分かるのですよ。
日本の財力を奪うためにはうまい事言う場合もあるかもしれませんが、自国の政府に対する不満の目をそらすために、国民にいわゆる反日教育で『日本人を憎め、許すな』と教育し続けている国ですよ。これは日本に対してはあそこまで内政干渉してくる中国に対して、抗議せずにそのままにしている日本の政治家の無能こそが問題かもしれませんが。中国は現在でも他国や他民族への虐殺を継続している軍事国家です。しかも彼らはアメリカと同じで、侵略した他国の文化を奪い、弾圧する民族浄化思想を持って己の利益を図る野蛮な国。
しかもやられた後の被害者意識は異常に高くて、自分らの負の歴史は今になって徹底的に糾弾する、というか歴史を捏造してとんでもない事を言い出す…原爆ドームの世界遺産登録は反対しておきながら、南京大虐殺紀念館なんて嘘っぱち展示物の博物館を作って世界遺産登録を目指してるし!まぁこれは良い傾向かもしれませんね。世界遺産登録は審査厳しいので、ユネスコがちゃんと調べたらその博物館の嘘や矛盾点などボロボロ出てくるでしょう。ちなみに、その南京大虐殺紀念館を資金提供までして作らせたのが、何と日本の政治家・田邊誠であると言われています。
さて現在の中国は、200発を越える核弾頭ミサイルの照準を日本に合わせている事をご存知でしょうか。それでも非核三原則を守れと叫ぶ国会議員がたくさんいて唖然とさせられるのですが、雰囲気で流されて同調しちゃう国民もいるんじゃないですか?もう、国防に無関心を通り越して日本を滅ぼしたい他国の工作員なのかと疑ってしまいます。そしてスパイだらけになった政府(官僚も政治家も)を正すには、一体どうしたら良いのでしょう。

引き続き、原爆ドーム周辺を歩いていると…
hiroshima71.jpg
hiroshima72.jpg
hiroshima73.jpg
hiroshima75.jpg

目立って目に付くのが、イチャつきながら記念撮影とかしているバカ外人カップルの多さ!
あの大戦は白人による植民地支配からのアジア解放を目指してたので、現に白人国家のほとんどは原爆投下に加担したとも言える連合国の奴らなのだし、あとは中国人も本当に多くて、さすがにここはお前らが笑いながらそうやってて良い場所ではないだろ!と思って怒りを抑えるのが大変でした。
無残にも殺された広島市民達の骨と無念が埋まっている土地、特殊な場所だとはいえ、このご時勢に彼らが近づく事を明文化して禁止する必要は無いと思います。けど、最低限の礼儀とか、分からないなら分かるように教えなきゃならないのではないでしょうか。
まぁ彼らは未だに原爆のおかげで戦争が終わったとか思ってる能天気な連中なのでしょうな。しかし私、例えばガムを吐き捨てた外国人がいたとして、上記の「黒い雨にうたれて」と同じようにぶん殴って拾わせたり出来ただろうか…そして、
『この広島をなんだとおもっていやがる てめえらの踏んでいる この大地には何万人の人間が埋まっているのだ てめえらにこの大地を汚されてたまるか きやすく広島にくるなっ』
と、言えただろうか。
もちろん彼らはもう原爆投下した人々の孫の世代。それこそ中国や韓国のように未来永劫、徐々にエスカレートして捏造の話も増やしながら攻め立てる気はないので難しい所ですが、ただどういう土地であり建物なのかをよく考えて欲しい。
hiroshima76.jpg
hiroshima78.jpg

我々はただただ、慰霊の祈りを捧げました。
hiroshima77.jpg

ちょうど原爆ドームから川を挟んで向こう岸で"広島市立幟町小学校"の可愛い児童たちが合唱してくれてました。
hiroshima79.jpg

おびただしい数の遺体が浮かんだこの太田川も、今じゃデートスポットらしいですね。
hiroshima91.jpg

川沿いの、赤い鳥像。
hiroshima80.jpg
hiroshima82.jpg
hiroshima81.jpg

続いて…これは怪しいオヤジが女子高生に近づいく図!?
hiroshima84.jpg

いやいや、『核廃絶!ヒロシマ・中高生による署名活動』をしているとかで声をかけられたので、協力したのです。そりゃこんな事でもなければ女子高生達に声かけられるわけない。
hiroshima85.jpghiroshima86.jpg
hiroshima87.jpg

とはいえ若い彼女達は知らない…攻撃力を持たない日本国の力なき人々ごときがどれだけ署名など集めようが、アメリカや中国その他の国々が核兵器を捨てることなど絶対にあり得ないという事を!
集めた署名は国連に提出するそうですが、国連を動かしている常任理事国は全て核兵器を保有済みだって事くらいは知っているのだろうか。
そして核兵器を得るまでにどれだけの歴史が有り、現在どのように役立ってその国でどれだけ国益になっているのかを勉強すれば、その主張自体が空虚なものだと気付くはずです。既に持っている国が膨大な金をかけて手に入れた核兵器を捨てさせるとしたら、スーパーサイヤ人とか要は核兵器以上の力を持った存在が武力で命じて放棄させるしかないでしょうな。となると平和のための、"二度と戦争を起こさないための戦争"をもう一度起こす必要すらあるのかもしれません。

人は誰かに殴られ続けたらこちらは殺される前に石を持ちますよね。それに対抗して相手は棒を持ちます。こちらは剣を持ち、相手は槍を持ち、こちらは弓矢を持ち、相手は銃を持つ。奴隷で良い、というのでなければ全ての人間は相手に勝つためにより優位に立てる武器を持とうとするのだから。その先にあるのが、先に持った奴にとっては最強の宝とも言える核兵器。その威力は広島と長崎で世界中に知らしめたし、もはや持つ者に持たざる者が逆らう事は出来なくなりました。
あの時点で約70年前であり、現在の技術で作られている核兵器を使っていたらこの世から人間なんていなくなります。バカな事を繰り返しながらも、考える力を持つ人類が再び核兵器を使う事は有り得ないわけで、つまり現在の核兵器は防衛力、政治力(外交は軍事力を背景に行うのです)として持っているだけなんですよね。
日本みたいに攻撃力を持っていないので怒らせても脅しても何も恐くない、しかも経済力と技術力だけ高い国がどれだけの場面で言いなりになっている事か…
というわけで私は現状では(そりゃ500年後とかずっと未来の世界で人類の精神が別次元に上がっていれば別ですが)日本も核兵器を保有すべしと逆に訴えたい。それが日本に対する核攻撃を止める方法であり、怖いからダメとか言ってたら、それこそがまたもや我が民族が虐殺される事につながるわけです。それでも、空虚な事でもひたむきに行動する彼女らに水を差したくないので、『核廃絶』賛成のサインしました。うん、どの国も核兵器を持たない(捨てる)なんて今の所は夢物語でも、遠い未来のいつかは実現するかもしれず(希望的観測)、その未来につなげる第一歩なのだと明るく見てあげたくなりました。
でもその未来が実現するとしたら、そこはもはや今の人類の特性とか感覚とはまるで違っているのでしょうね。暴力性も人間の属性であって、牙を抜かれた現代の日本人だけが恐いとか嫌だとか叫んでみても、人類は争いの歴史と共に歩んできたのだから。どこにも正の歴史があれば負の歴史もあるわけで、負の部分を丸々除去するなんて、そうなった時の人類は何者なのだろうか。

この活動は、こちらの橋の方が主力でしたか。人数も多く、拡声器を使って訴えていました。
hiroshima88.jpg

原爆ドームをバックに活動する、美人女子高生。
hiroshima89.jpg
hiroshima90.jpg

さすがに広島県の学生さんなら、本当に平和を得るためにはどうすれば良いか考えて国防意識も高いと想像するでしょうが、他と同じくここも日教組のサヨク教師が多くて変わらないらしいです。
連合国軍が占領中に監督して作らせた日本国憲法の、特に足かせとなっている第9条…平和憲法なんて皮肉な呼ばれ方をしていますが、あの自国を守れなくする恐ろしい条文。あんなのを有り難がっているような輩がいっぱいいます。彼らは国家を誰が守るのかという当事者意識を持たず、何かと言えば必ず子供を戦地に送りたいのか、とか『子供』をたてに使います。そういう人たちの主張を聞くと恐怖を感じますよ。すぐ隣に中国・韓国・北朝鮮・ロシアがいて、これだけ挑発されている状況でもまるで危機感を感じないどころか、逆らうなとか逃げ出せとか訴える。そういった人々が国政を握ったら、日本国も日本国民もどうなるでしょうか。都合の良い妄想力だけじゃなくて、現実を考える想像力を使いましょう。
例えば信仰に厚いチベットは、27万人のお坊さんがいて平和を訴えましたが、わずかな数の共産党軍に対抗出来る軍隊を持たなかったために現状のようになっているのに…
学生達に分かりやすく言えば、国内を武力を持った警察が守っているように、国外に対しては武力を持った軍隊が絶対に必要で、それが無ければ秩序と平和が保てない、という事。
アメリカの占領下で徹底的に行われた日本国民に対する洗脳教育…撒き散らされたその種が未だに教育やマスコミ界にはびこっているわけですが、日本が絶対的に悪い国だったという真実と異なる歴史観、この刷り込みから逃れない事には日本人に明るい未来はないでしょう。
もちろん日本だけが世界であったら軍隊なんか持たずに、性善説の中で平和に暮らしていけるのかもしれませんが、そうではない現実を直視しましょう。私は子供の時から可哀想な環境で育ったのもあり自分が何も悪い事をしてなくても、酷い目に遭う事がいくらでもある事実をしっかりと認識しています!
そもそも日本国憲法は憲法改正を認めているのに、改憲は絶対に許さないと主張する方が矛盾だらけです。

続いては、"動員学徒慰霊塔"
hiroshima92.jpg

動員学徒悼歌『ほのお果てては』が記されている、ここに建つのは平和の女神像。背中に羽が生えてますが、まさか神の名の下に虐殺を繰り返してきた、キリスト教の天使ではあるまいね?
hiroshima93.jpg

うんうん…本当に…平和が欲しい。
hiroshima94.jpg

『おしい!広島県』の旗を通り過ぎると、
hiroshima95.jpg

いよいよ広島平和記念公園内にある、"平和祈念像"
hiroshima99.jpg

頂点に立つのが、原爆後の黒い雨によって被爆して白血病で死去した少女・佐々木禎子の像。小学生の頃に彼女を描いたドラマとか見て泣いた覚えがあります。
hiroshima96.jpg
hiroshima97.jpg
hiroshima98.jpg

像の下にある金色の錘を鳴らして慰霊するのですが、その下の石碑には『これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための』と刻まれていました。
hiroshima100.jpghiroshima170.jpg

その石碑の周りに大量の折り鶴が置かれていたそうですが、現在では屋根付きの置き場が周りに作られています。
監視カメラも設置されていますが、それは放火事件が後を絶たないからだとか!どうしても一部、愚かで不敬な奴がいるものなんですよね…
hiroshima101.jpg

平和記念公園の敷地内には巨大なアーチ型の"原爆死没者慰霊碑"(広島平和都市記念碑)があって、原爆ドームを結ぶ直線上に設置されています。
hiroshima104.jpg

その直線上をさらに行くと"広島平和記念資料館"がある、と。
hiroshima105.jpg

もう一度アーチに戻りますが、その下にある慰霊碑。
問題はあまりにも有名な、その石碑に刻まれている文章『安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから』ですよ。これ、はらわた煮えくり返ってきませんか。
hiroshima102.jpg
hiroshima103.jpg
当時の広島大学教授が揮毫した文ですが、これだと原爆を落としたアメリカ軍ではなく落とされた広島市民が『過ち』とやらを犯したように取れますよね。
あのパール判事も訪れて献花と黙祷をした後に非難したそうですが、私もこれは子供の頃から違和感がありました。解釈の問題でどうこうと議論になってはいるようなのですが、主語が無い文章なのでごまかされながらも普通に日本語分かる人だったら、そう読むと思います。
たった今調べてみたら論争の末、主語は『世界人類』というのが公式見解になっているっぽいのですが…出たよ、何だ世界人類って。地球市民とか、そういった類の幻想ワードですね。
慰霊碑を囲む池は"平和の池"と名付けられていましたが、英語・仏語・中国語だったかな、とにかく当時の敵国、原爆を投下した側の言葉で説明文が書いてありました。

家族、仲間諸共あのような残酷な殺され方をした人々が、安らかに眠れる日は来るのだろうか…少なくとも我々、子孫の代がしっかりした生き方をして日本の誇りを取り戻す事が大事でしょう。今は無力な私、ただ祈るだけです。
hiroshima171.jpg
hiroshima172.jpg

祈りの像。
hiroshima106.jpg

広島市もチンチン電車こと、路面電車の街。中沢啓治先生が「チンチン電車の詩」を描いていますから、ここでは特に『チンチン電車』の呼称を使いたいですね。
我々は先日紹介した廿日市市、安芸の宮島へ向かうため1時間近い時間利用しました。車窓から街を眺めていると、そのうち海が見えてきたり…
hiroshima165.jpg
hiroshima117.jpg
hiroshima118.jpghiroshima119.jpg
hiroshima120.jpghiroshima121.jpg
hiroshima122.jpghiroshima123.jpg
hiroshima124.jpghiroshima125.jpg

広島市のマンホールは、真っ赤なもみじ等。『おどりゃあー!シゴウしたるぞ!』の近藤隆太が愛した広島カープのとかもあったみたいですが、遭遇出来ず。
hiroshima127.jpg
hiroshima128.jpg

次は食事ですが、広島といえば名物のお好み焼きに決まってます!
大山のぶ代さまが絶賛しているという"本家 うずしお"へ行ってみました。
hiroshima107.jpg
hiroshima108.jpghiroshima109.jpg

カウンターで焼いて持ってきてくれます。大山のぶ代やカープの選手らのサイン色紙が飾ってありました。
hiroshima110.jpg
hiroshima111.jpg

ねぎ焼きと、お好み焼きのレギュラーだったかな。
hiroshima112.jpg
hiroshima113.jpg

そして、お好み焼きのデラックス!広島産カキが入っていて、名物を一気に食べられるようになっています。でもこの店、値段が高いです。
hiroshima114.jpg
hiroshima115.jpg
hiroshima116.jpg

夜になり市街地へ向かう道中、ぷーん…くせえ!となりましたが、臭いの発信源はすぐに分かりました。この派手な自転車!
hiroshima137.jpg

広島出身の友人に勧められた"みっちゃん"は、閉店時間が早くて間に合いませんでした…
hiroshima136.jpg

薬局で狼の剥製を飾っていましたが、ウルフはやっぱり、カッコいい。
hiroshima138.jpg
hiroshima139.jpg
hiroshima140.jpg

"お好み村"なんて所もありました。
hiroshima129.jpg
hiroshima131.jpg
hiroshima132.jpghiroshima130.jpg

当たり前ですが、中は見事にお好み焼き屋だらけ…30店弱もあっては多すぎて選びようもないので、ここでは食べずに、
hiroshima133.jpg
hiroshima134.jpg
hiroshima135.jpg

道を挟んだ繁華街の方へ。前回書いた同じ広島県の尾道市とかあれだったので多少心配はしていたのですが、さすが中国・四国地方で圧倒的に1位の人口を擁する広島市、活気あります栄えてます!
hiroshima141.jpg
hiroshima142.jpg

"元祖へんくつや"へ入店しましたが、
hiroshima143.jpg

歩き回って疲れた分、ビールが美味い!
hiroshima144.jpg
hiroshima145.jpg

好きな物を頼んでオヤジに焼いてもらうのですが、
hiroshima146.jpg

まずはミノ塩、豚トロ、
hiroshima147.jpg
hiroshima148.jpg

そしてお好み焼きも、2種類。
hiroshima149.jpg
hiroshima150.jpg

この店は五ノ井ひかりさん(知らなかったけど調べました、歌手です)曰く、『ほんとーにほっぺたがおちるかと思いました』だそうです。ええ、美味しかったです。
hiroshima151.jpg

続いては、"ふみちゃん"
hiroshima152.jpg
hiroshima156.jpg

ビール、
hiroshima153.jpg

ねぎ焼、
hiroshima154.jpg

お好み焼きは、うどん入(肉玉)。
hiroshima155.jpg

この店は壁に有名人のサイン色紙が貼ってあるのですが、先月筋肉少女帯との対バンを成功させたばかりのアーバンギャルドや、
hiroshima158.jpg

そして…「BADBOYS」の田中宏先生が描いた色紙が!確かに広島市出身の方ですが、まさかここで生の絵を見れる事になるとは。広島が舞台の漫画で有名なのは「はだしのゲン」だけじゃない、そうだ「BADBOYS」もあるじゃないですか!
hiroshima157.jpg
(まぁ個人的に関東が舞台の「莫逆家族(バクギャクファミーリア)」の方が世代なので、思い入れも深いですが)

そういえば「仁義なき戦い」の広島県ながら、いかにもヤクザみたいな奴は一人もお目にかかりませんでした。臨戦態勢でわざわざヌンチャクを持参していたのになぁ。
同じく深作欣二監督で文太兄ぃが何と警官役に転じたヤクザ映画の名作「県警対組織暴力」で、ヤクザと癒着したり対立していたのがこいつら広島県警か…
hiroshima159.jpg

宿泊は"ホテルユニゾ広島"
hiroshima160.jpg
hiroshima161.jpg

三人部屋でした。
hiroshima162.jpg
hiroshima163.jpg
hiroshima164.jpg

そういえば広島市だからとお好み焼きばかり食って、大好物のラーメンは食べられなかったなぁ…
カップ麺化していた"ばくだん屋"のは東京で食べていましたが、広島のラーメンは美味しいのですかね。
hiroshima166.jpg
hiroshima167.jpg
hiroshima168.jpg
hiroshima169.jpg

最後に食べたのが、次の目的地へ向かう待ち時間に広島駅で食べたマクドナルド。これじゃー締まりませんね。
hiroshima126.jpg

はい、そんなわけで中国旅行は山口県編に続きます。しばらく間を空けると思いますが、またいつかきちんと紹介しようと思います。


スポンサーサイト
  1. 2013/11/14(木) 23:59:19|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<劇画(174) 小池一夫 16 平野仁 2 「青春の尻尾」 | ホーム | 旅行・紀行・街(157) 尾道市 1 廿日市市 1>>

コメント

お久しぶりです せっかく行き方を教えてもらったのですが

金欠でまだ東京に行っとりません こちらの話で申し訳ありませんが

広島と言えば今年はカープが盛り上りましたね
中沢先生も喜んでられる事でしょう
関西にもカープファンが集まる店が大阪にあります

さて 文中に人間が将来もっと優れた心を持てばと
有りましたが、石森先生がよく描かれたテーマに思います
「009ノ1」のポップだとか
「サイボーグ009」のアステカとか

009と言えばまさに「完結偏」で描くつもりだったのが早すぎる死により未刊に終わったのが悔やまれます
(厳密にはバカ息子が継いだのですが、それこそ優れた人間どころか、ただ00メンバーが暴力に屈服しただけの夢も希望も無い駄作に仕上がっております)

何だかワケの分からぬ文章にしてしまい失礼しました 寒くなりましたのでお体にお気をつけて。
  1. 2013/11/16(土) 16:42:34 |
  2. URL |
  3. ヤマモト #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>ヤマモトさま

子供の頃はゲンのイメージで広島カープってクソ弱いんだと思ってましたが、それなりに頑張ってて、そもそも今でも残存しているのだから凄い。
カープファンが集まる店が大阪にあるのですね!東京にはあるのかなぁ…うちの近所にあった、タイガースファンが集まる店はつぶれてしまいました。

石森先生は009を大事にしすぎたのか描けなくなったのか、「天使編」と「神々との闘い編 」を放置しすぎましたね。その期間が長すぎて、もう未完のままでいいよって感じでした。晩年の、つまらなくなってからの作風で描かれても絶対失敗しただろうし。
しかし、小野寺丈氏が構成して完成させるという…その「完結偏」は、上記2作の流れなんですよね?気にはなりましたが、はっきりいって期待出来ないのでむしろ距離を置いていましたが、そうですかそんな駄作だったのですか!

はい、お互い体調に気をつけて生きましょう。
  1. 2013/11/17(日) 10:18:34 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

いえ あくまで個人的な感想なのですが・・・

 ですがバカ息子の姿勢が納得できませんで
何せ石森先生が「構想ノート」なるものを残されたのですが 
何が気に入らないのか活用せずに終わりまして

ノートには
「悪い精神体を良い精神体が抑える=『人間』になる
ある星の良い精神体が『人間』を『地球』と言う星に島流しならぬ『星流し』の刑に処した
しかし最近、良い精神体だけを故郷の星に戻す事になり悪い精神体だけを残す
つまり『人間』を皆殺しにする」
これが『神々』と呼ばれる者たちの計画だったと

で結論言えば完結編小説は
「人間は00メンバー含めて皆殺し 良い精神体は故郷に帰りめでたしメデタシ おまけとして、最後まで抵抗したジョー達も良い心だけ連れてったった」
て話です

読んだ感想としては

後味悪ー 何が『良い精神」やねん 何億人も殺して気分悪い悪い

ちなみに『構想ノート」では第三者の宇宙人が裁判起こしてくれて介入してくるんですよ
こっちのほうが面白そうやったのに・・・

どうも文章が下手なんで、伝わりましたかね?
  1. 2013/11/17(日) 17:26:51 |
  2. URL |
  3. ヤマモト #-
  4. [ 編集]

2012 009 conclusion GOD'S WAR

>ヤマモトさま

物語紹介、ありがとうございます。
そうですか…小野寺丈氏は、あの歴史的名作を締めくくる作品だという事を意識していたのですかね!?
それなら石森先生の構想ノートをそのまま見せてもらって、読者の想像にまかせた方が良かったみたいですね。

だいたい私も009を愛しているだけに、息子(その他、何らかの後継者でも)に引き継いで続く物ってあまり良い結果になった例を見ないので、二の足踏んでいたのですよ。
まぁ私もいつか…いや、何か全然急がなくてよさそうですが、むしろ読まない方が良いのかもしれませんが、よほどの機会があったら読んでみようと思います。
  1. 2013/11/17(日) 23:35:51 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

度々どうも。

 何なら「クラブサンデー」なるネット上の雑誌に今連載しとります
奇しくも今晩0時に更新で
ちなみに絵は早瀬マサト氏からシュガー佐藤氏に変わって描かれてます
(噂では前者が逃げ出して一番弟子が受け継いだとか)
今回はフランソワーズが神の罠によってえぐられた目玉を自分自身の手で、またえぐり 自殺未遂する回です
あ ジョーもです 今回2度目の飛び降り自殺未遂で

・・・・そりゃ前者も逃げ出すわ・・・話を変えるべきやのに、アホの二代目にはかなわんのでしょう

 ブルースさんのおっしゃるとおり構想ノートが販売されるのを待ちますわ
それでは失礼しました。
  1. 2013/11/18(月) 18:09:49 |
  2. URL |
  3. ヤマモト #-
  4. [ 編集]

広島旅行のコメント

BRUCEさん、
久米島の次はから広島でしたか。

記事を読むと平和を祈るの他にも、
楽しみがあって良かったですな。

広島美人といい女子高生の方々といい、
感じが良い方々ですな。
女子高生の方の署名集め、
真面目に取り組んでいるのを見て、
わしは涙が出ました。

お好み焼きはおいしかったですか。
見ているとグルメツアの様相ですな。

楽しい記事、ありがとうございます。
  1. 2013/11/30(土) 13:44:18 |
  2. URL |
  3. 班猫女史とこの猟師の爺さん #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>班猫女史とこの猟師の爺さんさま

最近は貴殿が「メタルK」のページ以外にも来てくれている事が分かって嬉しいです。ゲストライターとして迎える準備も出来ているので、いつでもご連絡ください。

広島は女性も食べ物も、良かったです。あの場所へ行って多少でも慰霊する事が出来たと思うし…またいつか行かなくては。
  1. 2013/12/04(水) 00:36:14 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1269-62be8dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する