大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(161) 中華民国(台湾)台北市 1‏

今回は久々の海外旅行。今年は私、国内もこれまでになく行っている上に海外にも2本行ってまして…まぁ、そういう生活するには多大な犠牲が伴われるわけですが。
海外旅行の1本目は、中華民国(台湾)です。
実は台湾旅行は3度目になり、それも前に行った時は台湾全土(離島まで)を回って長々と滞在したのですが、でも前に行ったのは10数年前…よってこのブログで紹介するのは今回が初めてですね。

久々の国際線なので、まずは成田国際空港(NRT)に行きまして、
narita18.jpg
narita19.jpg

腹ごしらえはMcDonald'sにて…ここは空港価格になっていないのと、さほど空腹でもなかったので。
narita20.jpg

今回はマイレージを貯めているJAL便ではなく…
narita25.jpg

台湾の"チャイナエアライン"(中華航空)を利用し、
narita21.jpg
narita22.jpg

搭乗です。
narita23.jpgnarita24.jpg
おっと、ご覧のように私は鳥山明先生の「ドラゴンボール」(DRAGON BALL)より、ナッパのTシャツを着ていますね。

ナッパを見るといつも思い出す苦い思い出がありまして…小学校6年生の時だったと思いますが、ちょっと可愛い女子が転校していって、その後クラスに手紙が届いたとかでした。その中には男子それぞれ全員に、別々のドラゴンボールキャラを描いたイラストが同封されていたので配られた、と。
スポーツマンやイケメン等の目立つ人には孫悟空やヤムチャやベジータ等の見た目がいいキャラを渡されるわけですが、私のように女子としゃべった事もないような暗くて目立たない人間には何が渡されたかと言うと…
もう分かりましたね。そう、ナッパだったのです。絶対に女子小学生に好かれるわけもないハゲで口髭の巨漢オヤジ、しかも悟空の仲間達を殺していった憎いヤツを渡されたのです。
でもそれからナッパを意識するようになりました。考えてみたら地球人の戦士達がまるで問題にならず次々とやられるほどの強さを持っているんですよ。しかもあの長編作品で全体を通しても一番の感動シーンといえば、ピッコロが悟飯を守るために盾になって『オレとまともに話してくれたのはお前だけだった』とかって語り命を落とす所じゃないですか。今でも涙無しには読めない名シーンですが…
そうさせた原因、つまり攻撃をしたのは誰ですか?ナッパですよ。つまりあの世界的名作において重要な役どころを担う奴なんですよ。そう気付いて自分はナッパでいい、いやナッパになりたいと考えTシャツまで着るようになった、と。

機内では、往復便合わせて置いてるビールの銘柄3種類とワインも飲めました。
aircraft30.jpgaircraft31.jpg
aircraft32.jpgaircraft33.jpg

機内食は2種類あるのですが、連れの秘密結社員のとで両方味見できました。
往路、
aircraft34.jpg
aircraft35.jpg
aircraft36.jpg

復路。
aircraft37.jpg
aircraft38.jpg
aircraft39.jpg

そしていよいよ…ってほどでもないか、2時間ちょっとで台北市"台湾桃園国際空港"へ到着!
taoyuan-airport1.jpg

前に来た時は蒋介石国際空港と呼ばれていたので、日本人としても憎い独裁者の名を冠した空港を使うのに嫌悪感すらありましたが、現在はこの名前に改称されました。
taoyuan-airport2.jpg
taoyuan-airport3.jpg

入国!
taoyuan-airport4.jpg
taoyuan-airport5.jpg

空港内に素敵なオブジェがいくつもありました。
taoyuan-airport6.jpgtaoyuan-airport7.jpg

同じ作者の物を街中でも様々な所で見る事が出来ましたが、
taipei219.jpgtaipei242.jpg

これは今年日本でも個展をやっていた洪易(Hung Yi)の作品ですね。
taipei220.jpg

さてさて台湾です。
最初に行った時は、よしりん「新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論」(小学館刊)が出てまだ間もない頃だったかな?
KOBAYASHI-taiwan-ron.jpg
行く前に久々に読み返してから行きましたが、情報は古くなっている部分があるものの現在読んでも素晴らしい感動をもらえます。台湾の方々が言う『日本精神』とは…あの偉大な李登輝前総統や、陳小扁(当時の総統)と会見したりしてるし、台湾の、そして日本の歴史を知る上で重要な本です。

ではまず、バスでホテルへ向かいます。
taipei1.jpg

到着したのは、"国王大飯店"(エンペラーホテル)。
taipei100.jpg
taipei2.jpg

ホテルの案内冊子。
taipei326.jpg

柱のドラゴンが立派なので、蛇の道Tシャツで記念撮影。
taipei3.jpg
蛇の道は、閻魔界から界王星へと続くおよそ100万kmの道…当初、ここ一億年で界王星まで辿りついたのは閻魔大王と孫悟空だけでしたが、後にヤムチャらが一気に行って何だ簡単なんじゃん、となりました。
スーパーサイヤ人もそうですが、「ドラゴンボール」は悟空が既にクリアした事は後にバーゲンセール状態になるんですよね。

こちらは部屋。ベッド以外のスペースがけっこうある広い部屋でしたが、景色はイマイチ。
taipei4.jpgtaipei5.jpg

ところで衝撃的だったのが台湾のトイレでは、どこも使った紙(トイレットペーパー)は詰まるので流してはいけないといいう事。その事実もですが、前回までの2回はそんな事全然知らずに流していた…
理由は排水管が細くて詰まりやすい、という事ですが、日本人にとってはトイレ横に設置してあるゴミ箱に拭いた紙を入れるという行為に相当な違和感があります。
もちろん、人がBG(ビチグソ)拭いた紙が見えてしまうし、自分のも例えばKG(カチグソ)の時はともかくとして、これがGG(ゲリグソ)だったりしたらどうですか、拭いた紙も絶対に流したいですよね。

ホテルの食堂、
taipei101.jpg
taipei102.jpg

エンペラーホテルのロゴ入り椅子が立派です。
taipei106.jpg
taipei107.jpg

今回は3泊したので、朝食も3回。食べたのはこんな感じ。
taipei103.jpg
taipei105.jpg
taipei104.jpg
taipei317.jpg
taipei318.jpg

それでは、街へ出かけましょう。ここが緑魔子さまや金城武を輩出した土地…
ホテルからすぐの中山地下街から、台北駅(台北車站)へ向かいます。台北は地下街が発達していてバカでかいのです。天気も悪かったので助かりました。
taipei6.jpg

やたらと日本のアイドルらしきポスターが貼ってあると思ったら、それらはAKB48のメンバーだったらしく、AKB48ショップまでありました。
taipei7.jpg

この地下街にて、台北の1食目を頂きましたが…"麻辣天堂牛肉麵店"
taipei327.jpg
taipei9.jpg

台湾の牛肉麵が私、大好物なのです。
taipei10.jpg

つけ麺風のも出してたので試してみたら、味が薄い!!
taipei11.jpg

さらに進むと…
taipei12.jpg

お、「ジョジョの奇妙な冒険」!!
taipei13.jpg
taipei14.jpg

志村けんは昔から、台湾における超有名人として知られています。隣りに、日本では封印作品となっている「キャンディ・キャンディ」も見えますね。
taipei15.jpg

アキバっぽいゾーンに紛れ込んだぞ…
taipei16.jpg

メイド喫茶も日本から輸出されています。
taipei17.jpg
taipei18.jpg

地上に出てもけっこう目に付いたし、
taipei20.jpg

執事喫茶まで!
taipei19.jpg

ところで、ちょっと喉が渇いてお茶を買いましたが…マズ!そうだ思い出した、こちらのお茶は変な甘さが強くて、
taipei21.jpg

日式と書かれた、つまり日本式のお茶を買わなくてはならないのでした。
taipei313.jpg

おおっ日本が誇る水木しげる先生の、「ゲゲゲの鬼太郎」ショップ。看板に『新奇 古怪 超可愛』と書かれていました。
taipei22.jpgtaipei23.jpg
taipei24.jpg

甘い匂いと共に凄い行列になっているお店、"てつおじさんのチーズケーキ"なる日本の店でしたよ。
taipei25.jpg

"777珈琲"で、
taipei46.jpg

頼んだのは海鮮系のドリア、
taipei48.jpg

これは確か、777大衆牛肉火鍋とか何とか…
taipei49.jpg
taipei50.jpg

こちらはちょっとだけ日本語を話せる、店員の百合ちゃん。
taipei47.jpg

台北駅の構内吹き抜けへ到達。
taipei27.jpg
taipei26.jpg

地上から見る台北駅。平山秀幸監督の日本映画「愛を乞うひと」では原田美枝子が遺骨を探して台湾まで行くので見た駅だ。
周辺はメチャクチャ栄えてますよ…子供の時に大好きだった1980年代の台湾映画「カンフーキッド/好小子」の都会シーンは台北ロケがほとんどだし、要は少年達が出てきた都会として見ているから台湾及び台北は昔から大都会というイメージ。
taipei200.jpg
taipei201.jpg

続いては夜の時間。街を行きましょう。
taipei37.jpg
taipei38.jpg

バイクの数が半端じゃなく多い台北のこの光景、懐かしいなぁ。
taipei42.jpg
taipei43.jpg
taipei44.jpg

台北駅前で便利な電気街…NOVA、KMall。
taipei28.jpg

宣伝看板をよく見ると、トランス等のDJで知られるティエスト(Tiësto)がいます!
taipei29.jpg
世界的な超有名DJですが、日本ではあまりこういった活動で姿を見る事が少ないですよね。確か日本嫌いなんだとか、聞いた事があります。

ちなみに台湾の人々はその真逆で、『世界一の親日国』と言われる事もあるように日本が大好き。
台湾は日清戦争以降50年間を日本の統治下におかれた事はご存知の通りですが、その時代に発展した国であり、日本が作った学校・鉄道・病院等に感謝の気持ちを忘れず、未だに日本人に対して特別な気持ちを持ち続けています。
当時の学校では日本語の教育を行っており、ある程度お年寄りの方は全員日本語を話せるし、日本に憧れる若者は自ら勉強して話せるようになっています。台湾の先住民族は複数族存在して言葉も異なるので、彼らの共通語としても日本語が使われているそうです。
その上すごく親切なので、道に迷って地図を見ているとすぐに日本語で話しかけてきて(私は何故か日本人だとすぐばれる)、目的地まで案内してくれるんですよ。それは過去2回の訪台時も、今回も全く変わりませんでした。
大東亜戦争で日本軍が敗れ、後に来た蒋介石は国民を虐殺しまくった独裁者なのもあり、かつて日本人だった高齢者の台湾人は日本統治時代がいかに素晴らしかったかと懐かしんでくれています。
現在の台北は外省人(中国からの移民)が多くて教育にも関わっているので、例によって嘘の教育で若者に反日を増やしているそうですが…

お、日本の誇り…手塚治虫先生が生んだキャラクター、鉄腕アトムだ。
taipei30.jpg

この辺りはCD・DVD屋さんがいくつもあって、色々と見て回りました。J-POPのCDは普通にあふれていますが、もちろん私は興味無し。それもヒットチャート物ばかりだからかえって、そんなのよりマニナーでももっとずっと素晴らしい音楽が日本にもあるのに!と悔しい思いをするばかり。
私は台湾の歌手ではチー・イー(齊豫/CHYI)を好きなのでたくさん並んでいるのを見て笑顔になりました。テレサ・テン(鄧麗君)も子供の頃に大好きだったし…
近年はメタルバンド系で凄いのも出てきてますよね。やはり代表的なのはシンフォニックメタルの六翼天使(SERAPHIM)、そしてブラックメタルの閃靈(ChthoniC)でしょう。前回訪台した10数年前にも既に活躍していたバンドなので現地で中国語版のCDを探したりしたものですが、CD屋はいくつもあるのにポップスばかりでメタルはまるで扱ってないのですよ。そして、今回も同じでした。一体、どこを探せば良いのか!?

DVDはもちろん、世界中どこに行ってもブルース・リー物を探している私。
でも台湾は日本よりずっと香港に近いけど、特にブルース・リーと関連が無いですよね。何か人気も低いのか、全然商品化されている物が見つからないし…やっと見つけたのが、これ。
taipei309.jpgtaipei310.jpg

『猛龍系列』とかで、ブルース・リーの「ドラゴンへの道」とブランドン・リーの「ファイアー・ドラゴン」をカップリングさせた2枚セットのBOXです。
taipei312.jpg

表紙がホログラム。
taipei311.jpg

通りかかった店で、ドリンクを頼みました。実は台湾の新鮮な生ジュース、これも私にとって忘れられない物だったのです。
taipei32.jpg

こっちでは普通に並べてあるドラゴンフルーツですが、日本では珍しいですよね。
taipei33.jpg
taipei34.jpg

ドラゴンフルーツの色が、ドラゴンボールTシャツと合ってます。
taipei36.jpg

ちなみにDBTは他にベジータ、
taipei315.jpgtaipei316.jpg

フリーザさまを2種類等、プライド高いキャラのを用意していました。
taipei314.jpg

こちらは台北駅の近くで、
taipei202.jpg
taipei203.jpg

これも台湾名物ですね…大粒のタピオカティーはQQ感たっぷり。
taipei204.jpg
taipei205.jpg
前に来た2回はどちらも夏に行ってしまったため、日本とは比べ物にならない台湾の凄まじい暑さをモロに食らいましたが、その分こういったドリンクを美味しく飲みまくった覚えがあります。

うおー、強烈な臭いが!
台湾で酷い悪臭を感じたら、それはまず臭豆腐(チョウドウフ)でしょう。そこら辺の屋台で気軽に食べられる軽食なのですが、
taipei35.jpg

私は今回、ホテル近くの路地でこれを購入。
taipei108.jpg
taipei109.jpg

油で揚げて豆板醤のタレで味付け、添え物のキャベツ漬けと一緒に食べるのが定番。どうってこと無い見た目ですが、本当に凄い臭気なのです。でも、食べるのです。
taipei110.jpg
taipei111.jpg

外れ無く普通に美味いのが、ソーセージ。
taipei51.jpg
taipei52.jpg
taipei53.jpg

台湾といえば夜市の文化が有名、そして素晴らしい。治安が良いので10時とかに子供達も平気で遊んでいます。夜市は休みがないのも良くて、いつでも賑わっています。
二大夜市と呼ばれる"士林夜市"と"饒河街夜市"はどちらも前回までに行っているので、今回はローカルな夜市に行きました。

まずは、"寧夏夜市"
taipei54.jpg
taipei55.jpg

さぁ、行ってみましょう。
taipei56.jpg
taipei57.jpg
taipei58.jpg

アナログすぎて面白そうなゲームが並んでいます。
taipei59.jpg
taipei60.jpg

美味しそうな、怪しそうな物を並べる屋台群を一通り見て回った後、食べたのはこちらで豚足など。
taipei61.jpg
taipei62.jpg
taipei63.jpg

目の前では下水麺とか下水湯なんてのを扱ってましたが、なんとも汚そうなネーミング…
taipei64.jpg
同じく『漢字』を使う民族でありながら、文化圏が違うからか日本と台湾とで同じ文字が別の意味になっている事があります。

こちらは店舗型ですが、"帝一火鍋"。ちょうど古屋兎丸先生の最新刊「帝一の國」の7巻が出る直前の旅程だったので日本を出る前に予約していたので、驚きました。赤場帝一…しかし、火鍋を食べられるほど胃袋に余裕が無かったので、入るのは断念!
taipei66.jpg
taipei65.jpg

続いては台北市のど真ん中、しかしマニアックな"遼寧街夜市"
taipei67.jpg
taipei68.jpg
taipei69.jpg

この日は雨のため、活気が無いというか歩いている人がほとんど居ない状態でした。そう、天候に左右されるのは夜市の欠点。
屋台は厳しいので、店舗型の"鵝肉城"へ。店頭の呼び込みおじいちゃん、私の顔を見るなり日本語での呼び込みにシフトしてきたのですが、ここに限らずいつもそうですが、顔は似たようなものなのに何ですぐ日本人だってバレるのでしょうか。
taipei70.jpg
taipei328.jpg

遼寧街夜市は海鮮料理のお店が多いのですが、ここも店先にズラリと並んでいます。
taipei71.jpg
taipei72.jpg

鵝肉城はさらに屋号の通り、鵝肉(ガチョウ肉)も扱っていました。店頭に並んでいる食材を直接見て選び、好みの方法で調理してもらえばOK。
taipei73.jpg
taipei74.jpg
taipei75.jpg
taipei76.jpg
taipei77.jpg

台湾の屋台は何も夜市だけではありません。歩いているとすぐに出てくるのが屋台なのです。
街中で火を焚いて煙をモクモク出しても苦情が出ないのだから、おおらかな国民性だと改めて思う。臭豆腐なんて凄い匂いを撒き散らしているのだし。
taipei83.jpgtaipei84.jpg

ホテル脇の路地でも露店は立ち並んでいて、
taipei87.jpg
taipei88.jpg

臭臭鍋って、まったくなんちゅうネーミングですか!
taipei89.jpg

小熊猫平なんちゃらって屋台で買物しましたが、
taipei90.jpgtaipei91.jpg
taipei92.jpg
taipei93.jpg

『信念の台北』『人間の美味』って書いてある!
taipei94.jpg

選んだ串をタレ焼きにしてもらい、ホテルで喰いました。
taipei95.jpgtaipei96.jpg

ホテルの部屋では、台湾ビール(台灣啤酒)をたくさん冷やしておいたのでね。
taipei98.jpg
taipei97.jpg

台灣啤酒の工場も通りかかったので、車窓越しに撮影。
taipei99.jpg

同じくこの屋台で、つまみに鶏肉を購入。
taipei112.jpg
taipei113.jpg
taipei114.jpg

日本人街なのか、日本名の付いたお店が続く通りもありました。
taipei117.jpg

マッサージ店、"京美男女健康養生会館"
taipei41.jpg

ここは多くの芸能人に愛用されている事をアピールしているのですが、その面子が…変死した飯島愛、シャブで捕まった酒井法子、才能枯れて詐欺で捕まった小室哲哉、等々がいていたたまれないのですが。
taipei39.jpg
taipei40.jpg

私は"温莎堡視廳理容名店"(ウィンザー男女マッサージ)へ。
taipei331.jpg

台湾に来たら足裏マッサージ、というイメージで惰性的に行ってしまいますが、私のように健康体の者はもう行かなくていいかな…物価の安い台湾ですが、マッサージは高いし。
taipei207.jpg
taipei208.jpg
taipei209.jpg

この方は、前回行ったお店のマッサージ師。マッサージ中、ずーっとゲップしてるんですよ。確か『地球の歩き方』で載ってた店に行きましたが、屋号も場所も忘れました。
taipei338.jpg

台北のマンホール。
taipei115.jpg
taipei116.jpg

日中の観光をすべく、電車に乗りましょう。チケットはこのコイン。
taipei210.jpg
taipei211.jpg

ホテルの最寄だったMRT松江南京駅から、
taipei212.jpg
taipei213.jpg

忠孝新生駅で乗り換えて…
taipei214.jpg

ようやく台北市政府駅へ到着です!
taipei215.jpg

広い構内、
taipei216.jpg

何だこの立像は!?
taipei217.jpgtaipei218.jpg

下車すると信義区で、これが台北市政府。
taipei223.jpg

そして地上101階の超高層ビル"台北101"が出てきます。
taipei221.jpgtaipei222.jpg
taipei226.jpg

高級ブランドが立ち並ぶショッピングモールは興味ありませんが、吹き抜け部分が多い建物自体が良かった。そして目的は、最近リニューアルしたというB1Fフードコート。
taipei227.jpg

まずは"小南門豆花"で、何かあっさりしたスイーツ系。
taipei228.jpg
taipei229.jpg

"三巡海南鶏飯"ですが、
taipei230.jpg

店先にガチョウさんだのが吊るしてあるのは、こちらではよくある光景。
taipei231.jpg
taipei232.jpg

ここでは、その肉を入れたカレーラーメンを頂きました。
taipei233.jpg
taipei234.jpg

丼が可愛い。
taipei235.jpg

台北101の目の前で、凄い行列を見つけたのですが…何を待っているのか、その先を見てくるの忘れた。
taipei224.jpg
taipei225.jpg

こちらは映画館、"威秀影城"(VIESHOW CINEMAS)。
taipei243.jpg
taipei236.jpg
taipei240.jpg

どの映画も漢字のタイトルになるから面白い。次回上映スケジュールに、日本映画も入ってました。
taipei241.jpg

柱に映画スター達の顔が描かれています。
taipei237.jpg

もしやと思って見てみると…ジャッキー・チェン、それに和田アキ子までいるというのに、あの方の姿はありませんでした。
taipei238.jpgtaipei239.jpg

ここで上映しているのは輸入モノばかりでしたが、台湾にも映画製作の文化はあり、もちろん台北を舞台にしている作品も多々あります。私の世代だと多分ツァイ・ミンリャン監督の「青春神話」が圧倒的に有名だと思いますが、今の気分で薦めたいのはウー・ミーセン監督の「恋愛回遊魚」かな。
taipei351.jpg

何だ・・・騒音をまきちらす街宣車が走っていて、うるさいなと見たら何と『打倒日本帝国主義』とか書いてありました。言葉が通じないので言ってる事は全く理解出来ませんが、どの時代からタイムスリップしてきたんだこいつら。
taipei244.jpg

キラキラと輝く、カッコいいサイを発見。白銀聖闘士(シルバーセイント)かな。
taipei245.jpg
taipei246.jpg

次は中正区へ移動すると、有名な"中正紀念堂"がありますね。
taipei199.jpg
10数年前に初訪台時は行きましたが中正は蒋介石の本名であり、蒋介石の業績を顕彰するために作られた施設…そんな所に何度も行くもんじゃないと素通りしました。

でも一応、行った時の写真を載せておきますか。前後、
taipei332.jpg

左右。
taipei333.jpg

ここは日本統治時代の建物で"国立台湾博物館"
taipei183.jpg

しかしここにも入らず、我々が目指したのはすぐ近くにある"點水樓"でした。
taipei184.jpg
taipei186.jpg
taipei185.jpgtaipei187.jpg

台湾の小籠包・点心といえば、東京にもいくつか店がある"鼎泰豐"(鼎泰豊、ディンタイフォン)が日本人にとっては最も有名ですが、当地ではここ"點水樓"の方が人気あるのだとか。
taipei330.jpg

騎士たちと円卓を囲み、
taipei188.jpg

まずは台湾ビール、
taipei189.jpg

次々と運ばれてくる小籠包…ンマーイ!!
taipei190.jpg
taipei191.jpg
taipei192.jpg
taipei193.jpg

何種類も喰えました。
taipei194.jpg

その他。
taipei195.jpgtaipei196.jpg
taipei197.jpgtaipei198.jpg

次は万華区、東京で言えば原宿みたいな若者の街・西門町。今度のDBTは、ギニュー特戦隊。
taipei265.jpg
taipei265-5.jpg

ファッションのみならずサブカルチャーなどの文化発信源となっていて、前回台湾に来た時は私もまだ20代前半であり、こういう街が楽しくて何度も訪れたものです。
taipei257.jpg

駅を出るなり、何か異形の者達であふれかえっていました。
taipei256.jpg
taipei247.jpg
taipei248.jpgtaipei249.jpg
taipei250.jpgtaipei251.jpg
taipei252.jpgtaipei253.jpg
taipei254.jpgtaipei255.jpg

日本美味通り、なんて日本食ばかり集めた所があったり、
taipei258.jpg

台湾名物の麺線(ソーメンとラーメンを合わせたような物)の名店"阿宗麺線"も行列になっているので通りすぎ、
taipei259.jpg

ガチョウ料理の老舗"鴨肉扁"も腹具合の問題から止めといて、
taipei278.jpg

"黛莉絲比利時鬆餅"(O'delice)で休憩…
taipei260.jpg
taipei263.jpg

やはりタピオカティーと、野苺ジュースに寒天が入ったやつを頂きました。
taipei261.jpgtaipei262.jpg

美味い~、日本でもこれが普通に飲めればいいのにな。
taipei264.jpg

食事は、"八方雲集"にて。
taipei266.jpg
taipei267.jpg

数種類の餃子やサンラースープなど、
taipei268.jpgtaipei271.jpg
taipei272.jpgtaipei270.jpg

そして肉燥乾麺。安値で少量ずつ食べられるのがいいですね。
taipei269.jpg

近くで台湾独立運動をやっていました。現在の台湾が独立国家ではないと言うと語弊があるし、難しい問題でして…
ただこういう活動をしている彼らにとってはまるで独立していないという見解で、あの金美齢さんも独立運動家でした。
taipei279.jpg
taipei280.jpg
taipei281.jpg

お、この人は日本から応援に行ったのか!?確かに『台湾は最高です』。
taipei282.jpg

可愛いキャラクターを使った饅頭屋がいくつか目に付きましたが、
taipei284.jpg

私は"民雄肉包"で、黒胡椒肉包を。
taipei285.jpg
taipei286.jpgtaipei287.jpg

それからこちらの百貨店、"遠東百貨"(FE21')へ…
taipei288.jpg

やはり買物には興味無いので、フードコートへ直行です。
taipei289.jpg

"朱記餡餅粥店"で、
taipei290.jpg

葱油餅、
taipei291.jpg

紅焼牛肉麺。
taipei292.jpg
taipei293.jpg
やはりンマーイ!今度、日本でも美味しい牛肉麺が食べられる店を探してみよう。

歩いていたら影音街とかって、家電製品やカメラ屋などであふれる秋葉原みたいな電気街が出てきた。ここから台北駅前のNOVAまで続いているのかな。
taipei273.jpgtaipei274.jpg
taipei275.jpg

謎のオブジェがあるベンチや、廃墟みたいな家を通り過ぎました。
taipei276.jpg
taipei277.jpg

また夜だ。"SOGO復興館"には、
taipei295.jpg
taipei299.jpg

あの"鼎泰豊"(ディンタイフォン)が入ってましたが、やはり大人気店…1時間とか待つ必要あるとの事で、行った事あるし東京にもあるしで今回はパスしました。
taipei296.jpg
taipei297.jpg
taipei298.jpg

(こちらは以前行った時の鼎泰豊)
taipei337.jpg

台北初の大型ショッピングモールだという、"微風廣場"(Breeze Center)。
taipei294.jpg

ここのフードコートでも、やはりガチョウが吊るされているのを見ながらどこで食べるか考えて…
taipei303.jpg
taipei302.jpg

"三顧茅廬"にて、龍骨なんとかって魚介類いっぱいの鍋にしました。
taipei300.jpg
taipei301.jpg

フードコートなので、近くの食料品売場でビール買ってきて呑む事も出来ます。
taipei304.jpgtaipei305.jpg

おっと、私が何故この服の時だけドラゴンボールTシャツで統一させなかったのかって?まぁ、よく見ると魔族のリストバンドをしているので勘弁してください。魔封波はやめてね。
taipei306.jpg
taipei307.jpg

マクドナルド(McDonald's)はもちろんたくさんありますが、
taipei78.jpg

実はマックも世界各国で味が違うというので食べてみました。うーん確かに…日本より不味い、他に特徴も無いのでそれしか言えない。
taipei79.jpgtaipei80.jpg
taipei81.jpgtaipei82.jpg

ドナルド・マクドナルドの姿も同じか。
taipei283.jpg

"馬鹿のHotDog"なんて、ふざけた屋号の店。
taipei85.jpg

"蛋塔工場"はエッグタルト専門店として台湾最大の規模を誇るらしく、日本で台湾通の友人に薦められていた店だ。私は未だにスイーツを克服出来ずにいるので、入店していませんが…そして、エッグタルトって何?
taipei86.jpg

スーパーマーケットを見つけて色々買物しましたよ。
taipei308.jpg

細かいお菓子とかは7-11にて。
taipei45.jpg

滞在中、朝はホテル前の"林森公園"を散歩していましたが、英語名はLinsen Park。久々にLinkin Parkを思い出し、ミクスチャー・ロックが聴きたくなりました。
taipei118.jpg

けっこうカッコいい、誰かさんの像。
taipei119.jpg
taipei121.jpg
taipei120.jpg
taipei122.jpg

ここで懸垂したり地元民に近づいて一緒に太極拳やったり、
taipei123.jpg
taipei124.jpg

ガジュマルの樹のそばにある鳥居を拝んだり。もちろん日本統治時代の物で、ご丁寧に中国語の他に日本語でも由来の説明を載せた看板がありました。
taipei125.jpg
taipei126.jpg

次は車で移動して…お、車窓から『中華民国102年』を祝う式典会場らしき所が見えました。この時はまだ準備中でしたが、中華民国が成立した1912年を紀元とする民国紀元では、西暦2013年は102年ですね。
taipei180.jpg
taipei181.jpg
taipei182.jpg

台湾で国のために殉難した英霊を祭り追悼する施設、"忠烈祠"へ。つまり日本統治時代は護国神社だった所ですが名称を改めて、現在の建物は1969年に建設されたのだとか。
taipei127.jpg

大門牌樓をくぐって、
taipei128.jpg

大殿へ。
taipei130.jpg
taipei129.jpg

おお、台湾にも狛犬が居ます。
taipei156.jpg

日本で言えば靖国神社を守っているこの兵士達は、当然凄いエリート兵。
この大門牌樓と大殿を警備する衛兵は毎時間ごとに交代するので、その『衛兵交代式』を見ました。
taipei131.jpg
taipei132.jpgtaipei133.jpg

彼らの凛々しい姿を見て、国民は本当に頼もしく思うのでしょうね。
taipei134.jpg
taipei141.jpg
taipei135.jpg
日本はアレなんで靖国神社を軍隊が守ってすらおらず、普通の日本人ならば確実に敬意を払っている所なのに、韓国人が放尿したり放火までしようとしたりしても日本の政治家やマスコミは何も抗議しなかった…もう韓国はもちろん、日本人でありながら左巻きという人々などに取り込まれてしまっていて、この国はダメなのでしょうか。
韓国が言う『歴史を忘れた民族に未来なし』は、本当にその通りですよね。もちろん私は韓国人が言いたい事とは全く逆の意味に捉えているけど。そう、マスコミや教育界の異常な偏向具合にだまされず、ちゃんと勉強して自国の誇りを取り戻せ!

カッコいいぞ、君達。
taipei136.jpgtaipei137.jpg
taipei140.jpgtaipei138.jpg

兵士の意識を鍛えるためでしょうか、ピクリとも動かない兵士と記念撮影するのはOKなのですが、
taipei139.jpg

むむ、聞こえてきたこの言葉、このノリは…やはり!日本から来た高校生達が『チョリース』とかって騒いでます。
taipei142.jpg
taipei143.jpg
taipei144.jpg

若いのだから、軽いのはいいでしょう。
むしろ修学旅行で台湾に来て、忠烈祠へ行くなんて心がけが素晴らしい。日本人は島国に閉じこもって世界を見ない人間が多すぎるから、国際的な常識を学ぼうともせずに『日本国憲法第9条』なんて平和憲法(笑)を大事にしているわけじゃないですか。まして台湾みたいな、常に危機を持っている所の国防意識や歴史はしっかり学んだら良いと思います。
で、どこの奴らだと話しかけてみたら…東京都の○○市から来た子達でした。うむ、可愛い。
taipei146.jpg
taipei145.jpgtaipei147.jpg

すぐ近くには軍司令部もあるので、こういう所へ話を聞きに行ってみてはどうでしょう。なかなか外国人が近づいて良い所ではないかもしれませんが、他ならぬ日本と台湾の関係だし、学生なら入れてもらえそうですよね。
taipei160.jpg

ちなみに私は戦闘力53万のフリーザTシャツを着ているくせに、遠慮心が強いので「巨人の星」の明子ねえちゃんか、ってくらい陰から彼らの雄姿を眺めていたのですが、女子高生達に勇気をもらって近づいてみました。
taipei148.jpgtaipei149.jpg
本当は彼らと国防について語りたい所ですけどね、まぁ中国語も台湾語も話せないからダメか。

さらに、うおー!超可愛い子達が歩いてきます。
taipei150.jpgtaipei151.jpg

はぁ…癒された。彼ら子孫を守るために命をかけた兵士達を、台湾国旗柄デザインの服で慰霊出来たでしょう。
taipei152.jpg
taipei153.jpg
taipei154.jpg
taipei155.jpg

台湾国旗は、これ…青天白日満地紅旗。左上の紋章はそのまま、中国国民党の党章としても使われているので、やはり台湾独立派の間では拒否されていますが。
taipei158.jpg

こちらは、位牌などが収められている所。レリーフを見ると、抗日活動で亡くなった方々も…
taipei157.jpg

現在は国は違えど、国のため家族のため子孫のために殉じた英霊達に敬意を表し、ここを去りました。
taipei159.jpg

次も青天白日満地紅旗がはためく…
taipei161.jpg
taipei162.jpg

ここは台北市北部の士林区、世界四大博物館と呼ばれる"国立故宮博物院"
taipei163.jpg
taipei164.jpg

中は撮影禁止なので見てきた物は紹介出来ませんが、日本語ガイドブックも置いてありました。
taipei329.jpg

この博物院に所蔵されている膨大な数の美術品は蒋介石が中華人民共和国から撤退する時に持ち込んだ品々。
おかげで文化大革命の破壊からも歴史的遺産を保護出来たために、二・二八事件、白色テロ…等々の虐殺行為で台湾人を苦しめ続けた蒋介石ですが、その功績の一つとして称えられています。
数が凄すぎて現在展示してある物(所蔵品の数からしたらほんの数%)だけでもとても全部見てられないのですが、まぁ台北の国立故宮博物院といえば代表的なのは翠玉白菜。その他、重要な所をいくつか見てこれたと思います。

蒋介石の話ついでですが、現在も台湾人の多くが本気で蒋介石を尊敬しているそうです。まぁ日本人は良いか悪いかで、つまり0か100か、みたいに評価したがるふしがありますが、悪い事もあれど蒋介石が台湾を中国共産党から守ったのは事実だからそれも良いでしょう。
あの李登輝だって台湾に反対派も多くて(まぁ蒋介石信者はそうでしょう)、日本での評価とは違うようです。

ちなみに台湾の百元札は蒋介石とも深い関わりを持ち、手塚先生の「一輝まんだら」でもおなじみ…孫文だ!
taipei206.jpg

台北に来ると必ず寄っている所が、市内最古の寺院で"龍山寺"こと艋舺龍山寺。
taipei165.jpg
taipei166.jpg

私といえば龍、つまりドラゴンじゃないですか。ここは名前の通りカッコいいドラゴンがたくさんいるので大好きな所。
taipei167.jpg
taipei168.jpg

熱心な信者さん達がたくさんお祈りしている中を行くと…
taipei170.jpg
taipei171.jpg
taipei179.jpg
taipei173.jpg

ジャーン!!
taipei172.jpg
taipei174.jpg
taipei169.jpg

ドラゴンともう一つ、ここはイイ顔オヤジ達の憩いの場となっているので、顔ウォッチングにも良い場。これは初めての訪台時に撮った写真。
taipei334.jpg
taipei335.jpg
taipei336.jpg

今回は、急いで通り過ぎただけという程度の滞在時間だったので全然ダメでしたが…
taipei175.jpg

こちらは立派そうな方だ。
taipei176.jpg

あ、寝た!
taipei177.jpg

龍山寺のマイナスイオンたっぷりスポット。
taipei178.jpg

そして迎えた最終日、午後遅めの便だったのでまだ観光する予定などあったのですが、台風が直撃していてホテルを出れない状況でした。雨の日にも当たったし、ついてないなぁ…
taipei319.jpg

風が多少は収まったお昼に何とかホテル横の路地まで行って、この地元民しか入らないであろう庶民的な店で台湾料理ランチ。やっぱりこういう店が一番良いかも。
taipei320.jpg

麻油雞油飯。油飯ってのは台湾風のおこわですが、これが美味いんですよ。
taipei321.jpg

麻醤麺…これは、ごまだれ麺。
taipei322.jpg
taipei323.jpg

水餃の高麗菜入り。
taipei324.jpg
taipei325.jpg

あとは台北市から日帰りで行ける『九份』で有名な新北市にも寄っているので、次回はそちらを紹介しましょう。


スポンサーサイト
  1. 2013/12/19(木) 23:00:43|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(162) 中華民国(台湾)新北市 1 九份 | ホーム | UAのサイン色紙公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1283-4dc33f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する