大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(166) 北海道札幌市 1 水曜どうでしょう、レトロスペース坂会館…等

冬の北海道札幌市へ行ってきました!
sapporo1.jpg
sapporo2.jpg

日本国の47都道府県で一番面積が大きく、唯一の『道』である北海道。道(タオ・Tao)の哲学、思想を体現する北の大地…
若い時に何度も行った事はあるのですが、もう10年ぶりくらいかな。とにかくこのブログで旅の記録を残すようになってからは初めて。札幌駅を出ると、全裸の男女が迎えてくれます。
sapporo3.jpg

行ったのは昨年の12月と真冬だったのですが、札幌市は意外にも東京と変わらない気温で雪もほとんどなく、拍子抜けしました。
私の世代で月刊コロコロコミック(小学館刊)読者だと、河合一慶先生の漫画「ファミコンランナー高橋名人物語」を読んでいるじゃないですか。もちろん主人公で実在する高橋名人のファンでもありましたが、あそこで読んだ札幌の寒さは嘘だったのか!?まぁ大きくなって冷静に考えればすぐ分かるのですが、オシッコしても瞬時に凍るからと立体文字が描けたりしてましたからね…
ちなみに、ウンコを投げてセミを捕獲する技の名前は『サッポロ取り』でした。

あとは北海道の予習・復習として手塚治虫先生の「シュマリ」を読み返したりもしましたが、あれは北海道が転換を遂げて近代の姿になるまでをアイヌ文化と共に描いた物語…
白土三平先生の傑作「ワタリ」も最終編で新天地としての北海道(蝦夷)に舞台が移されてアイヌ民と合流したのが思い起こされますが、今の北海道、まして札幌市は大都会であり、あのような厳しい極寒の地、大自然というイメージが消失しているのでした。

現在の北海道でその存在意義を大いに高め、かつ最も人気が高いのは"さっぽろ羊ヶ丘展望台"のクラーク像。
…なんかじゃなくて、北海道テレビ放送(HTB)が制作したバラエティ深夜番組で『水どう』こと、
「水曜どうでしょう」(How do you like wednesday)
でしょう。
How-do-you-like-wednesday1.jpg
ちなみにクラーク博士ことウィリアム・スミス・クラークは『Boys, be ambitious』(少年よ、大志を抱け)の言葉で有名な方。『Boys, be Sid Vicious』は、ばちかぶり時代の田口トモロヲさまですね。

そして私はHTBに近い、南平岸駅へ。
How-do-you-like-wednesday2.jpg

ここのローソン(LAWSON)、水曜どうでしょう風に言うなら"青屋敷"に討ち入りしてきました!さすがですよこの店舗は…
How-do-you-like-wednesday3.jpg
How-do-you-like-wednesday4.jpg

そこから、どうでしょう祭のロゴ入りカップで『からあげクン ジンギスカン味』を食べまして、
How-do-you-like-wednesday5.jpg
How-do-you-like-wednesday6.jpg
How-do-you-like-wednesday7.jpg
How-do-you-like-wednesday8.jpg

北海道限定の『水曜どうでしょう祭 コクの焼そば』。イメージキャラクター福助人形もいます。
How-do-you-like-wednesday9.jpg
How-do-you-like-wednesday10.jpg
How-do-you-like-wednesday65.jpg

ついにHTBへ!屋上にonちゃんがいます!
How-do-you-like-wednesday11.jpg
How-do-you-like-wednesday12.jpg

安田顕がスーツアクターになって「水曜どうでしょう」によく登場するので、onちゃんは北海道一有名なマスコットキャラクターだと思いますが、HTB開局30周年記念の時に生まれたキャラなんですよね。
noちゃん、okちゃんなどの仲間も含めてたくさん使われています。
How-do-you-like-wednesday15.jpg
How-do-you-like-wednesday16.jpg
How-do-you-like-wednesday17.jpg
How-do-you-like-wednesday18.jpg

会社目の前のマンホールまでが…
How-do-you-like-wednesday13.jpg
How-do-you-like-wednesday14.jpg

レギュラー放送は2002年と、もう10年以上前に終了した水どうですが、数年に1回のペースながら新作が発表されていますね。
この北海道旅行は2013年冬の事。ちょうど最新作『初めてのアフリカ』が放映されている最中であり、今期の衣装が飾られていました。
How-do-you-like-wednesday19.jpg

見覚えのある受付け前…ここで番組前後の枠撮りされた回もありました!
How-do-you-like-wednesday20.jpg

大泉洋ちゃんの手形。
How-do-you-like-wednesday22.jpg

カフェもありますが、
How-do-you-like-wednesday21.jpg

とりあえず私は、東京では手に入らない水どうグッズ販売に釘付け。
How-do-you-like-wednesday23.jpgHow-do-you-like-wednesday24.jpgHow-do-you-like-wednesday25.jpg
How-do-you-like-wednesday26.jpg
How-do-you-like-wednesday27.jpg
How-do-you-like-wednesday44.jpg

HTBの目の前です、枠撮りで圧倒的に多く使われている"平岸高台公園"
How-do-you-like-wednesday28.jpg
How-do-you-like-wednesday29.jpgHow-do-you-like-wednesday29-c.jpg

「水曜どうでしょう」のロケ地は世界各国様々な所があって聖地巡礼の楽しみもあると思うのですが、私はそれはあまり熱心にやっておらず、このブログで特に紹介したのは「ココ」で『後藤姫だるま工房』に行ってきたくらいですか。それが、いきなりど真ん中の本命に来ちゃいましたね。
そもそも水どうネタになるのが前から私のブログを読んでいる方には意外でしょう。昔から知ってる者にはもっと不思議がられると思います。何しろすぐキレて暴力壁のある両親の元で、そしてテレビの無い家で育った私は、少年時代にバラエティ番組を見た事が無いんですよ。いや正確には、ばあちゃんちに泊まった時だけはテレビを見れるのが嬉しくて、見せてもらいましたが…
だから世代的にダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャン辺りの全盛期に育っているし、周りはその話題ばかりだった時もありましたが、見てないんです。ようやく大人になって自分でテレビを買い、意気込んでバラエティ番組を見てみたら、私はもう何が面白いのかまるで分からない人間になっていた、と。
さらにアングラだのサブカルだのって世間的にマイナーな所に自分の好みってやつを見つけて、ガロの漫画とかインディーズの音楽とかカルトな映画とか一辺倒で成長してしまいましたが、そんな私が現在面白くて笑っているのが「水曜どうでしょう」なのです!!それだけ凄いんです!
洋ちゃんなんてバンドではGReeeeNのファンだしゴルフとかプロ野球とか好きだし、サブカル好き的にはセンス最悪としか言えない人物なのですが、逆にそこが良いとなってしまうのが彼の人柄とか顔とか…

おっと行ってみて初めて分かりましたが、枠撮りしてた通常のカメラ位置と思われる辺りが工事中で立ち入り禁止!それで新シリーズの枠撮りは位置がちょっとずれていたのですね。
How-do-you-like-wednesday30.jpg
How-do-you-like-wednesday31.jpg

まぁ、こんな感じがわりと近いですか。
How-do-you-like-wednesday32.jpg
How-do-you-like-wednesday33.jpg

もう、嬉しくて走り回ってしまいました。洋ちゃんもこの黄色い服を着て、ここを走り回ってましたからね!(DVDでは『第11弾 桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5 キングオブ深夜バス』を参照してください)
How-do-you-like-wednesday34.jpg
How-do-you-like-wednesday35.jpg
How-do-you-like-wednesday36.jpg
How-do-you-like-wednesday37.jpg
How-do-you-like-wednesday38.jpg
How-do-you-like-wednesday39.jpg
How-do-you-like-wednesday40.jpg
How-do-you-like-wednesday41.jpg
How-do-you-like-wednesday42.jpg
How-do-you-like-wednesday43.jpg

そして、水どう関連の買物としては最もメインだったのが番組を再編集したDVD『水曜どうでしょうDVD全集』。いや半分以上は持っていたのですが、何しろこのDVDは北海道外では首都・東京すら例外でなくてローソンのLoppiで取り寄せ注文しないと買えないじゃないですか。最新の第20弾『原付西日本制覇/今世紀最後の水曜どうでしょう』が出たばかりだったし、面倒なので残りの巻を手に入れるのを名目に久々の北海道旅行にしようと思った次第で。
どういうつもりでこんな販売方法を取っているのか知りませんが、例え中古でも絶対にほとんど値が下がらないので、新品で定価にて買った方が利口なのは確か。

札幌市ではいくつかの『HTBグッズ取り扱い店舗』で水どうグッズやDVDを置いているのを調べていたので順に訪れましたが、さっぽろ地下街のポールタウンの…
How-do-you-like-wednesday58.jpg

"HTBコーナー"。
How-do-you-like-wednesday60.jpg
How-do-you-like-wednesday59.jpg
How-do-you-like-wednesday61.jpg

"丸井今井"の札幌本店、南館5F。
How-do-you-like-wednesday55.jpg
How-do-you-like-wednesday56.jpg
How-do-you-like-wednesday57.jpg

そして、"東急ハンズ"
How-do-you-like-wednesday62.jpgHow-do-you-like-wednesday63.jpg
How-do-you-like-wednesday64.jpg

ここは"JRタワー"。中にある札幌ステラプレイス内の"三省堂書店"でもHTBグッズを置いていたそうですが、ここだけ行けず。
sapporo64.jpg
sapporo65.jpg
ただしここは、高橋しん先生の漫画「最終兵器彼女」の実写映画版でロケ地になった場所でした。

複数の店舗を回って一気に大人買いしたもんだから、やっちまいましたよ…勘違いして、『第1弾 原付ベトナム縦断1800キロ』を2枚買ってた!
How-do-you-like-wednesday47.jpg

とりあえず現在まで出ている20枚は揃いました。一枚4,179円だから、ここまでで83,580円をかけている!
How-do-you-like-wednesday45.jpgHow-do-you-like-wednesday46.jpg

あとはDVD5枚ずつ収納出来るケースが素晴らしい出来で、単体でも販売されていたので入手しましたが、
How-do-you-like-wednesday49.jpg
How-do-you-like-wednesday50.jpg
How-do-you-like-wednesday51.jpg

収納するとこんな感じ。残念ながらVol.3だけがどこにも置いてなくて、水曜どうでしょうDVDの第11弾から第15弾だけ裸のまま(泣)
How-do-you-like-wednesday48.jpg

「水曜どうでしょう写真集」(北海道テレビ放送刊)は、やはりローソンでの予約販売でしたが…
How-do-you-like-wednesday68.jpg
(私が持ってるのは第2弾の改訂版)

箭内道彦氏が映画で出てくるケラーオオハタやススキノなどで撮り下ろした写真集「探偵 大泉洋 写真集 探偵は写真の中にいる。」(ワニブックス刊)は、普通に東京でも販売していたので助かりました。
How-do-you-like-wednesday66.jpg

「探偵はBARにいる VISUAL BOOK」(メディアファクトリー刊)も同じく。
How-do-you-like-wednesday67.jpg

はい、水どうネタはここまでにしましょう。

今回の宿泊は"ホテルモントレ札幌"を利用しました。
sapporo5.jpg
sapporo4.jpg
sapporo19.jpg
sapporo20.jpg
sapporo6.jpgsapporo7.jpg

受付…
sapporo10.jpg

エレベーターホールなんかもレトロで良い。
sapporo14.jpg
sapporo11.jpg

廊下、
sapporo45.jpg

部屋へ。
sapporo12.jpg
sapporo13.jpg

夜は水どうと同じく北海道の深夜バラエティ番組で、大泉洋ちゃんがチームナックスのメンバーと共に出演する「おにぎりあたためますか」を普通に放映してて感激!
sapporo21.jpg

ここは朝食のバイキングを出すレストランですが、
sapporo15.jpg
sapporo16.jpg

館内には素敵な中庭がありまして、
sapporo8.jpg
sapporo9.jpg

その中庭で食べる事も出来ます。
sapporo17.jpgsapporo18.jpg

普通にレストランで食べた日もありますが、
sapporo23.jpg
sapporo24.jpg
sapporo22.jpg

この時は北海道名物のスープカレーもありました!
sapporo25.jpg

他に黒豆納豆とか。
sapporo27.jpg

こういった軽い朝食にするのも有り。
sapporo26.jpg

夜は外で呑んでますが、帰ってきた部屋でもワインとメカジキのバジルオイル焼きなど。
sapporo50.jpg
sapporo51.jpg

こちらは街で見かけた北海道限定の緑茶、うらら。北海道キオスクより発売されていて、当地の人気商品らしいです。
sapporo46.jpg

他にミネラルウォーター、支笏の秘水。
sapporo47.jpg
支笏湖といえば三上寛さまがアルバム「Baby」の1曲目で、そのまま「支笏湖」というタイトルの曲を歌ってますし、死骨湖とも呼ばれ…いつか行ってみたい湖。ここは行けなかったけど支笏湖のある千歳市には寄っていますので、次回紹介します。

さらに北海道ミルクの紅茶、あめせんなどのご当地モノ、
sapporo49.jpg

北海道はめんつゆも美味いという事で買いましたね。
sapporo52.jpg

うわー、ホテルに北海道新聞が置いてあった!
sapporo48.jpg

市街地に本社ビルもありましたが、日本国の会社でありながら反日左翼で偏向報道がひどくて、そんな時たまに当地に住む友人が教えてくれるのですが…まぁ私に言われてもしょうがない。でもその内容を確認すると本当に酷くて、単に国益を損ねるとか以上のものを感じます。日本の事が嫌いで嫌いでしょうがないのでしょうが、こういう所ってスパイが入り込んで記事を書いてでもいるんですかね?
いや、酷いと教えてもらった時だけ確認している私には客観的な判断は出来ませんが。あとインターネットの普及によって、もう簡単にだまされずきちんと歴史を学べる読者も増えているみたいですよね。同時にこういう反日新聞の力も落ちて行くでしょう。
sapporo106.jpg

確かJR札幌駅と直結で、ここもJRタワースクエアの一画、"札幌エスタ"(ESTA)。
sapporo53-.jpg

この中の"廻転ずし とっぴ~"へ行きました。
sapporo54-.jpg

北海道に行ったら廻転寿司、とはよく言われますからね。
sapporo59-.jpg
sapporo55-.jpgsapporo56-.jpg
sapporo57-.jpgsapporo58-.jpg
sapporo60-.jpgsapporo61-.jpg
sapporo62-.jpgsapporo63.jpg

それからもちろん札幌市発祥の『スープカレー』は頂く事になるのですが、それはこの店"lavi"(ラビ)でに決定しました。
sapporo70.jpg

厚切り豚の西京焼to野菜カレー、
sapporo71.jpg
sapporo72.jpg

椰子の実(ココナッツ)チキンカレーと頂いて大満足!
sapporo73.jpg
sapporo74.jpg

食後の口直しにアイス。
sapporo75.jpg

さらにこの札幌エスタには名前で親しみが持てる"大吾ぱん屋"(DAIGO-PAN)なんて店があったり、
sapporo68.jpg
sapporo69.jpg

そして『札幌ら〜めん共和国』というラーメンのテーマパークがあり、北海道の名店がひしめいてもいたのですが…とにかく胃とのタイミングが合わずに食べられませんでした。
sapporo80.jpg
sapporo66.jpg
sapporo67.jpg

おっと、少しは普通の観光地にも行かなきゃなりません。
まずは、やはり「最終兵器彼女」でも出てきた"さっぽろテレビ塔"
sapporo76.jpg

昼も夜もなかなか綺麗でね、
sapporo77.jpgsapporo78.jpg
sapporo79.jpg

ここのゆるキャラ、『テレビ父さん』グッズもたくさん売ってました。
sapporo100.jpg

内部も見れるし、
sapporo97.jpg
sapporo98.jpg
sapporo99.jpg

外の広場では鳩おじさんがいて。
sapporo95.jpg
sapporo96.jpg

噴水の所の彫刻もグッド。
sapporo101.jpg
sapporo102.jpg

"札幌市時計台"。国の重要文化財にもなっている歴史的建造物ですが、ビルの間に挟まれて目立たないし、『日本三大がっかり名所』とまで言われるように…本当にショボい。今住んでるうちの方がまだ立派です!(笑)
sapporo92.jpg
sapporo93.jpg
sapporo94.jpg

でもこの隣にある"札幌時計台ビル"の14Fには『AIR-G' FM北海道』が入っているはずですね。ほら、ここも水どうで見た名所、ラガーマン達によって洋ちゃんらが拉致されていった場所ですよ!
How-do-you-like-wednesday52.jpg
How-do-you-like-wednesday54.jpg
How-do-you-like-wednesday53.jpg

札幌のマンホールを見ても分かる通りシンボルとして時計台は使われているし(周囲は鮭)、
sapporo90.jpg

こちらは、テレビ塔と泉の像のやつ。
sapporo91.jpg

札幌市役所。
sapporo103.jpg

近くには生首が埋め込まれたオブジェ、そして希望…
sapporo104.jpgsapporo105.jpg

サッポロビール工場の跡地を再開発した施設、"サッポロファクトリー"
sapporo132.jpg

ショッピングモールや映画館その他が入居していますが、
sapporo131.jpg
sapporo133.jpg
sapporo134.jpg
sapporo135.jpg

煙突広場にて、
sapporo138.jpgsapporo140.jpg
sapporo141.jpg

2013年で20周年だったサッポロファクトリーの集大成という事で、建物に映像を映し出すプロジェクションマッピング『ハピネス工場からの贈り物』が上映されました!
sapporo139.jpg
sapporo136.jpg
sapporo137.jpg

大通公園2丁目のさっぽろホワイトイルミネーション会場をメインに、『ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』も開催されていました。
sapporo176.jpg
sapporo177.jpg

ロジャー・コーマンの「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を思わす巨大な花や、さっぽろテレビ塔などが光っていて綺麗です。
sapporo178.jpg
sapporo179.jpg
sapporo182.jpg

色々なクリスマス雑貨や飲食店が出店していました。
sapporo180.jpg
sapporo181.jpg

北海道のすぐ隣、ロシアのマトリョーシカなど手工芸品を扱う店で土産を買い、
sapporo183.jpg
sapporo187.jpg
sapporo184.jpg
sapporo185.jpg
sapporo186.jpg

店のロシア娘さんを撮影、少しだけお話。
sapporo188.jpg
かつてソ連は日ソ中立条約を破棄して奇襲攻撃してきたよね。しかもソ連兵は攻め入った土地の人に対しての仕打ちが残虐非道だし、うちの祖父も終戦後の武装解除した後で捕虜にされて奴隷的強制労働に従事させたれた、いわゆるシベリア抑留組でね…なんて、そんな話はしていませんって!

こちらはスペインから、クリスマスパエリア。
sapporo190.jpg
sapporo191.jpg
sapporo192.jpg

他にも色々とあったし、うん、また来年もこのシーズンに来てみようかな…
sapporo193.jpg
sapporo189.jpg

札駅南の居酒屋激戦区辺りで見かけた、海女ちゃん看板の"番屋の和顔"、
sapporo167.jpg
sapporo168.jpg

店内は半分ずつ分割して営業しているようなのですが、もう片方はマッチョな男性ヌード看板の炭火焼肉店"内臓天国"…
sapporo169.jpg
sapporo170.jpg

そして札幌市を代表する歓楽街、すすきの(薄野、ススキノ)へ。
sapporo142.jpg
sapporo143.jpg

東直己の推理小説『ススキノ探偵シリーズ』を原作とし、大泉洋ちゃん主演で実写化した探偵映画「探偵はBARにいる」の舞台ですね。昨年は2作目の「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」も公開されました。
tantei-bar1.jpgtantei-bar2.jpg

こちらのチラシが、背景にすすきのビルが写ってていいですかね。
tantei-bar3.jpg

やはり洋ちゃん主演で、あがた森魚さまなども出演してヒットした「しあわせのパン」も北海道映画としては重要ですね。
shiawase-pan.jpg
あのいかにもな自然風景は、もちろん札幌市が舞台ではありませんが…ミスターこと鈴井貴之氏の奥さんで同作を企画したCREATIVE OFFICE CUE社長・鈴井亜由美さんプロデュースのパン屋"coron"は札幌市にあり、今回行けず残念だった場所の一つ。

他に洋ちゃんが出演していて北海道の映画といえば、私は「銀のエンゼル」の2004年から劇場に観に行ってます。
silver-angel.jpg
しかしこの時一緒に新宿の映画館に行った洋ちゃん大好きで北海道出身の朋友は、既にこの世を去ってしまいました…

さてさて、すすきのでは北海道名物であり郷土料理のジンギスカンは食べなきゃなるまい。お店は"ひげのうし"にしました。
sapporo148.jpg
sapporo149.jpgsapporo150.jpg

カウンター席で、
sapporo160.jpg
sapporo153.jpg

ビールなど飲みながら待ち…
sapporo151.jpgsapporo152.jpg

出た、ジンギスカン鍋に羊肉。
sapporo154.jpg
sapporo155.jpg
sapporo156.jpg
sapporo157.jpg
sapporo158.jpg
sapporo159.jpg

こちらの肉は網で炭焼き。
sapporo161.jpg
sapporo162.jpg

別の種類のを、もういっちょ(once more,again)!
sapporo163.jpg
sapporo164.jpg
sapporo165.jpg
sapporo166.jpg

"Japanese Dining Daigo(ダイゴ)"なる店も見かけました。
sapporo175.jpg

ところで、すすきのは風俗店が良いので有名な地帯であり…そのため呼び込みがうるさい!
しかし私が好きなのはラーメン。お、ここは前回行った『元祖ラーメン横丁』だ。
sapporo146.jpg
sapporo147.jpg

そして『新ラーメン横丁』も、あります。
sapporo144.jpg
sapporo145.jpg

ただし今回は札幌市ではラーメンを一杯も食べれらなくて…東京に帰ってから、涙のカップ麺にてすすきのの名店"けやき"の味!
sapporo33.jpg
sapporo31.jpg
sapporo32.jpg

全国チェーン展開しているのに、何故か東京に店舗が無い"すみれ"の札幌濃厚味噌ラーメン。
sapporo28.jpg
sapporo29.jpg
sapporo30.jpg

こちらサッポロ一番の『旅麺シリーズ』では、札幌味噌ラーメン。
sapporo219.jpg
sapporo220.jpg

ついでに函館塩ラーメンも。昔何度か行っていて懐かしい函館市は、今回寄ろうかと検討したものの残念ながら行けなかった土地なので、これで行った気分にする事にしました。
sapporo42.jpg
sapporo43.jpg

ついでに当地で買ったカップ麺は…
日清のどん兵衛は全国各地のご当地モノがある事は知られていますが、「ココ」でアップした渋谷駅内の"どん兵衛渋谷駅ナカ店"で人気一位だった、北海道限定の『北のどん兵衛 天ぷらうどん』。
sapporo37.jpg
sapporo38.jpg
sapporo39.jpg

こちらは『北のどん兵衛 親子そば』。
sapporo34.jpg
sapporo35.jpg
sapporo36.jpg

さすが北海道、スープカレーの類もあったし、
sapporo40.jpg
sapporo41.jpg

こちらは札幌駅弁、石狩鮭めしです。
sapporo129.jpg
sapporo130.jpg

ラーメンも、北海道の他の所では食べたので次回載せますが…
ホテルのすぐ近くにあった"そば処 信州庵"で、夜食のそばは頂いてます。
sapporo171.jpg
sapporo172.jpg

かき揚げそば、
sapporo173.jpg

きのこそば。
sapporo174.jpg

ある朝には、ホテルまで迎えにきてくれる無料送迎バスに乗って『札幌中央卸売市場』へ行き、
sapporo118.jpg

バスを出してくれた"海鮮食堂 北のグルメ亭"で食事。
sapporo107.jpg
sapporo108.jpg
sapporo119.jpg
sapporo109.jpg

店内には著名人のサイン色紙がたくさん飾ってありましたが、やはり同郷のタカアンドトシが『北海道の怪物』とまで言う、大泉洋ちゃん!
sapporo110.jpg

それに漫画家の西原理恵子先生や、
sapporo111.jpg

ゲイの恋愛ソング歌手・槇原敬之、
sapporo112.jpg

女性アイドルグループ、アイドリング!!!
sapporo113.jpg

こんなアイドルグループを何で私が知ってるのかって!?
ふふふ…CDも持ってますよ。何故なら彼女らは「燃えよドラゴン」(Enter the Dragon)のセリフから引用したタイトルの「Don't think. Feel!!!」という楽曲を2011年にシングルリリースしているので、我が家のブルース・リー棚に収まっているのです。音は聞いてませんが。
Idoling-Dont-think-Feel1.jpgIdoling-Dont-think-Feel2.jpgIdoling-Dont-think-Feel3.jpg

食べたのは北海グルメ刺し、
sapporo115.jpg
sapporo114.jpg

紅鮭刺・いくら丼。
sapporo116.jpg

蟹汁も美味かったですな。
sapporo117.jpg

もちろん、市場内も歩いてみましょう。
sapporo123.jpg
sapporo124.jpg

やはり蟹さんの顔がプレデターみたいで強烈。
sapporo120.jpg
sapporo121.jpg
sapporo122.jpg
sapporo125.jpg
sapporo126.jpg

人類は試行錯誤を繰り返して他の生物を捕食してきた結果、現在ではグロテスクが風貌で不気味な動きをするこんな生物を見て美味そう、と思うまでになりました。
sapporo127.jpg
sapporo128.jpg

今回は道民の秘密結社員には会えなかったのですが、それでも色々と情報をくれてまして…そのお薦めだったので来た"六花亭"の喫茶室。
sapporo81.jpg

木にリボンが付いてます。
sapporo82.jpg

もちろん六花亭自体は帯広市の企業ながらマルセイバターサンドで超有名じゃないですか。でも喫茶室があるのはまるで知りませんでした。
sapporo83.jpg
sapporo84.jpg

コーヒーとぜんざいを頂いて安くて美味しかったのですが、ここではとにかくその接客の素晴らしさに感服しました。ホール担当の方とキッチン担当の方と、どちらも東京では見られないほどに!
sapporo85.jpg
sapporo86.jpg
sapporo87.jpg
sapporo88.jpg

喫茶室は2階でしたが、1階は普通に六花亭の商品を購入出来ます。私が甘い物を食べられたら、人生もっと楽しめたのかもしれませんが…
sapporo89.jpg

ここでタクシーを呼んでもらい、最後に訪れたのが『水どう』ともう一つの目的だった…結局サブカル、というか札幌一の珍スポットで有名な場所なのですが、"レトロスペース坂会館"へ。
sapporo195.jpg
sapporo194.jpg

ここは坂ビスケットと呼ばれる"坂栄養食品"の本社で、
sapporo196.jpg
sapporo197.jpg

私も『しおA字フライビスケット』を買ってみました。
sapporo198.jpg

ここに併設されているのが、目的のレトロスペース坂会館。入る前から怪しさが溢れています。
sapporo199.jpg
sapporo200.jpg

素晴らしい事に入場無料なので、さあ行ってみましょう。
sapporo202.jpg
sapporo203.jpg

一歩足を踏み入れると…いい、いいよここ!!
sapporo206.jpg

すぐ右手にリカちゃん人形がたくさん並べられていますが、そのどれもが緊縛され、拷問や監禁…とにかくSMしているわけです。
sapporo207.jpg
sapporo208.jpg
sapporo209.jpg
sapporo210.jpg

その他にも責め絵などはたくさんあるし、
sapporo211.jpg

奥のガラスケースに入ってるのが「O嬢の物語」コレクションだったりして、とにかくSMに対する愛は伝わってきます。
sapporo213.jpg

SMは良さがあまり分からない私ですが、大好きな月刊漫画ガロや昭和の漫画もありました。
sapporo214.jpg

百恵ちゃんのエッチなショット。彼女はもっと過激に、乳房を完全に露出しちゃった事もありますが。
sapporo215.jpg

エログロとか変態系以外にもまだまだ色々な物が展示されていますが、
sapporo212.jpg
sapporo216.jpg
sapporo217.jpg

これらのコレクションは館長が集めたというより捨てるなら役立てて欲しいと、様々な所から寄贈されて集まった物なんだそうです。まぁ集まったリカちゃんを、緊縛しちゃうのは館長の趣味だと思いますが。
で、ここレトロスペース坂会館の館長にして坂ビスケット会長でもあるのが、坂一敬氏。
sapporo205.jpg
『今まで多くの人が私を撮っていったけど、誰もその写真を送ってこないよ』なんて仰ってたので、では私が送りますねと宣言して名刺も貰ってきたのですが…まだ送ってなかった!今はデジカメと使っててあまり写真をプリントしなくなったので、何て言い訳してもしょうがない、これで思い出したので近日中に送ります。

そして館内には我が秘密結社員、ササタニーチェの作品が置いてありました!
sapporo204.jpg

そこら辺は『へなちょこ雑貨』コーナーだったか、このお姉さん担当の場所。
sapporo201.jpg
物販もしていたのですが、そこに並ぶ中古CDがコクトー・ツインズ(Cocteau Twins)やピクシーズ(Pixies)等の4ADレーベル物だとか、他にもゴシック系が多かったんですよ。
それでお話を聞いてみたら現在は日本のアンダーグラウンド音楽を中心に聴いているというので、その品揃えや世代から耽美なポジパンでも聴いているのかと思い、オート・モッドとかパイディアとかZ.O.Aあたりの名前を出してみたら…ちょっと違いました。何でも灰野敬二さまや友川カズキ(友川かずき)さまを愛聴していて、本人とも交流があるとか!

孤高の歌手、友川カズキさまといえば私のネ申でもあり、友川カズキさまが久々の新作となる「復讐バーボン」を先日リリースしたばかりですね。頭脳警察の石塚俊明さまや、パスカルズの面々などが参加して。
それに合わせて私が頂いた、直筆サイン色紙をこちらに載せておきましょう!
TOMOKAWA-vengeance-bourbon1.jpg
TOMOKAWA-vengeance-bourbon2.jpg

はいそれでは、レトロスペース坂会館を最後に札幌市を後にしましょう。今日の合言葉は、まっくろけ!!
sapporo218.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 23:23:23|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(167) 北海道千歳市 1 小樽市 1 | ホーム | 楳図かずお(44) 「イアラ」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1301-db8a76a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する