大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(78) 山咲トオル 1 「屍少女」「ドリームズ・カム・トオル」

山咲トオル先生は1969年の東京都生まれ沖縄県育ち。
ペンネームは姉で現在はママドルの中沢初絵と一緒に考え、氏は山咲千里から・名はお姉さまの夫(何故そこ!?)から引用しているそうです。

漫画は何と食卓で描いているそうですが、最初から絵は上手くて1994年に短編「うろこ地獄」で漫画家デビュー。すぐに売れっ子となり、その後は芸能人としての活動が増えて『トオルちゃん』と呼ばれるオネエ言葉のタレントとしての有名に、そして1999年には歌手デビューという流れ。元々はアイドル志望だったと公言されているので、漫画家が芸能活動しているというより、芸能活動の方がメインで国民に知られている人物とも言えるのでしょうか…
そんな所も、尊敬する楳図かずお先生に近いですね。そう、漫画の絵柄はモロに楳図作品の影響というかオマージュ!

本人もそれでいいのかと気にしていたらしく、ついに楳図かずお先生とテレビで共演してお会いした時に、
『僕の絵に似てるとコンプレックスを持っていらっしゃるみたいだけどマンガを通して君はマンガ家初のテレビエンターティナーになったんだ。これは、君唯一のオリジナル以外の何物でもないんだから頑張って!』
と励まされたのだそうです。
何故か楳図プロ出身の弟子とかアシスタントからは活躍している漫画家が生まれていないので、子供の頃から影響を受てプロになった方…他には例えば児嶋都先生や最近では中川翔子(しょこたん)など、彼らが楳図先生の遺伝子を日本の漫画界に残して行く、というのが正しい形なのかもしれません。

初の単行本は1995年、短編集の「屍少女」(リイド社刊)です。1冊目からこのクオリティ…凄いですよ。
YAMASAKI-shikabane-girl.jpg

表題作は物心付いた時からずっと一緒で大親友の女子中学生、秀美とちえみ。山咲トオル先生は1980年代アイドルマニアでもあるので、この名前。
彼女達は大人になっても年を取っても、死んでも親友だよ、なんて言ってたら片方が本当に交通事故で死んでしまいました!生き残った方は別の親友も出来たのですが、その時死んだはずの娘が…と、いった話。
こんな内容であり、本の表紙を見ても分かる通り強烈にキモい絵を使いながらも、どこから見てもギャグ漫画なんですね。そこは恐怖を追及しまくった楳図かずお先生と絵が似てても全然違う。まぁ時代背景も違うし、この方向に行って成功だったと思います。

サム・ライミ監督によるスプラッター映画の名作「死霊のはらわた」みたいに、怖すぎるシチュエーションとグロテスクが揃っていながらも強烈なコメディ映画にしか見えないのに近いか…
それが一時期は『ズンドコホラー』と呼ばれて神田森莉先生や児嶋都先生らと共に人気を博していた、要はスプラッター・ギャグ漫画。

この短編集には11篇が収録されていて、そのうち3篇はいじめられっ子の多加子がタコ人間になって復讐する…のが1話目の、「戦慄!!タコ少女」。これは後に全4巻の単行本にまとめられて代表作となっているので、また次回紹介しましょう。
続いて後ろにいる人が、親友が、母親が…私を殺そうとしているのだとしらたどうしよう、と異常に怖がる明菜ちゃんの話は「怪奇!!空想癖少女」、父親が再婚しようとする女にゴキブリたっぷり入りミルクセーキを飲ませたりの執拗なイジメをする姉妹の話は「死神!!ママ子ちゃん」、仲良しカップルの彼女が事故で醜い顔になった時、男は…の「血しぶき!!たたり猫」、そしてグロすぎる最初期の作品(絵ですぐ分かります)である「血みどろの呪い」「怨霊クラスメイト」、キモい食べ物の極地「ゆがんだ美容食」
そしてラストは、たった6ページの作品ながら母子の愛を描いた異色作「勇気ちゃん」。これは分かる人はすぐ分かる、楳図かずお作品「わたしは真悟」のあるシーンをパロディーした作品でもあるのが嬉しい。

ついでにこれ、活字本の「ドリームズ・カム・トオル トオルがナビする夢のゲット法」(日本文芸社刊)もお薦めしておきましょう。
YAMASAKI-dreams-come-toru1.jpg

山咲トオル先生本人について一番よく分かるのは、漫画作品よりこういった本ですからね。アイドルとしてのトオル先生を追いかける貴方にも、これは良い!
細かい内容について触れるのは避けますが、見えてくるのはトオル先生がものすご~く『謙虚』な人物だという事!
「あせるな、威張るな、怒るな、腐るな、怠るな」
これが信条なのだそうです。

それからトオル先生は私にとって実は友人の友人でもあり、その共通の友人が山咲トオル先生から私宛でサインを描いてもらってきてくれた事もあったので、その色紙を「ココ」で載せています。
ついでにもう一つ、サイン入り生写真を持っている事も自慢して、今夜はお別れしましょう。
YAMASAKI-dreams-come-toru2.jpg


ゴキブリと蜘蛛は 中身だけを吸うの これがお肌にいいのよ
ミミズなんてホラ スパゲッティの様に食べるの



スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 23:59:00|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラー漫画(79) 山咲トオル 2 「戦慄!!タコ少女」 | ホーム | 旅行・紀行・街(171) 東京都杉並区阿佐ヶ谷 12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1316-25bec9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する