大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

第三回シモキタ将棋名人戦

このイベントも、もう三年目ですか…先日の5月6日、下北沢で縁台将棋大会「第三回シモキタ将棋名人戦」が開催されました。
shimokitazawa-syogi82.jpg

第一回を「ココ」で、
第二回を「ココ」で、
と既に紹介していますが、第三回目である今回は森内俊之名人不在。しかし多数のプロ棋士・女流棋士達が集まって盛り上げていました。
ちょうどうちの秘密結社内で立ち上げたばかりの将棋サークル『大悟の将棋』も徐々に軌道に乗ってきていて、そのうち何人かを連れて行く事が出来ました。将棋を愛する者達にとって、こんな勉強になる機会は滅多にないですからね。

今回も3会場が使われていますが、まずは下北沢北口駅前のマーケット横"空き地"へ。
shimokitazawa-syogi70.jpg

プロによる指導対局の様子が目に入ってきましたが…おおっ、いきなり女流棋士界の美しき獣、伊藤明日香女流初段が指している!
shimokitazawa-syogi71.jpg
shimokitazawa-syogi72.jpg
shimokitazawa-syogi73.jpg

将棋の前では獣となる伊藤明日香女流初段も、盤と駒から離れれば普通の可愛らしい女性。コアラのマーチを握り締めていますが、別の人とまゆげのあるコアラを見つけるとどうとか…将棋ではなくお菓子の話をしていました。
shimokitazawa-syogi74.jpg

北尾まどか女流二段も、化粧をバッチリ決めて登場!
shimokitazawa-syogi75.jpg
shimokitazawa-syogi76.jpg

さて私は…年下の美人棋士では色気に惑わされて自分の将棋を指せなくなるかもしれないと考え(つのだじろう先生の名作将棋漫画「5五の龍」で主人公の駒形竜がミス・タイガーこと虎斑桂に対峙した時のエピソードのように!)、私が生まれる前(1976年)に1級で女流プロ入りしている大ベテランの谷川治恵女流5段を選び、教えて頂きました。
shimokitazawa-syogi80.jpg

ちなみに今回は有料で、1局500円。プロ側は3面指しで相手をしてくれます。
shimokitazawa-syogi77.jpg
shimokitazawa-syogi78.jpg
shimokitazawa-syogi79.jpg
shimokitazawa-syogi109.jpg

対局後、記念撮影!将棋界で『谷川』姓なので、谷川浩司さまと何か関係あるかと思う方もいると思いますが、読み方も違うし関係ありません。
shimokitazawa-syogi81.jpg

この大会のメインとなるシモキタ将棋名人戦もここでが行われていましたが、
shimokitazawa-syogi83.jpg

我々は次のあずま通り 本多劇場前へ移動。
shimokitazawa-syogi84.jpg
shimokitazawa-syogi85.jpg

赤絨毯の上で将棋かるた大会が開催されていて高橋和女流三段が来ていたり、別会場ではどうぶつ将棋大会が行われたりしていたのですが、時間的に私は見れませんでした…
指導対局はまだまだやっていて、伊藤明日香女流初段もこちらに移動しています。やはり盤の横にはコアラのマーチ!伊藤明日香女流初段とコアラのマーチ、それは柴田ヨクサル先生の「ハチワンダイバー」における鈴木八段とシュークリームの関係にも似ている。
shimokitazawa-syogi86.jpg
shimokitazawa-syogi87.jpg
shimokitazawa-syogi88.jpg

男性の、つまり普通に日本将棋連盟に属する"プロ棋士"(これは女性ではまだ1人も誕生していませんね)も何人も来ていました。まずは門倉啓太四段が…
shimokitazawa-syogi89.jpg

クワッと開眼!
shimokitazawa-syogi90.jpg

石田直裕四段、他にもまだまだいましたよ。
shimokitazawa-syogi91.jpg
私にとって『将棋が強い人』というのは尊敬の対象ですが、天才だらけの中で争い、あまりにも厳しく年間に4人しか誕生しないプロ制度の中を勝ち抜いてきた彼らには、最大限の敬意を表したいと思います。

そして今回から、囲碁とバックギャモンの指導対局まで行われていました!
shimokitazawa-syogi92.jpg

囲碁の大橋拓文六段、
shimokitazawa-syogi94.jpg

うちの将棋サークルに囲碁の打ち手(将棋は『指す』ですが囲碁は『打つ』と言う)がいるのでやってる所を観戦…早い!将棋と違って一手一手が早くバンバン進んでいく!私はルールすら全く知らないのですが、覚えてみたくなりました。
shimokitazawa-syogi95.jpg
shimokitazawa-syogi96.jpg

バックギャモンの椎名龍一氏。バックギャモンなんて原田知世ちゃんの曲「バックギャモンは負けない」で20年以上も前に聞いていましたが、実物を見たのはやっと去年くらい。面白そうでしたが、全然日本で普及してませんね。
shimokitazawa-syogi93.jpg

それから今回からスタートの、第一回シモキタ女流名人戦。
shimokitazawa-syogi97.jpg

これはその決勝戦で…右の方が勝ってシモキタ女流名人に決定。隣に置いてある森内俊之名人(…と、もう一つのプロ将棋界の頂点である『竜王』のタイトル称号も得て、独走状態の方ですね)の色紙をゲットしていました。
shimokitazawa-syogi98.jpg

お、観戦者の中に「燃えよドラゴン」のパーカーを着たおじさんが!見ての通りダサいパーカーですが、どんなにダサくても着れちゃうのがブルース・リーへの愛の印。
shimokitazawa-syogi99.jpg

第一回シモキタ女流名人戦の表彰式では、東大卒棋士で有名な片上大輔六段が登場。↑の北尾まどか女流二段とは夫婦の関係でもあります。
shimokitazawa-syogi100.jpg

シモキタ女流名人戦Bクラスの準優勝者、優勝者、
shimokitazawa-syogi101.jpg
shimokitazawa-syogi102.jpg

Aクラスの準優勝者、
shimokitazawa-syogi103.jpg

優勝者。
shimokitazawa-syogi104.jpg
shimokitazawa-syogi105.jpg

あとはフリー対局用の盤も置いてあったので、自分も対局。誰も挑戦してこないので、『大悟の将棋』内でしか指してません。
shimokitazawa-syogi106.jpg
shimokitazawa-syogi107.jpg
shimokitazawa-syogi108.jpg

名人戦終了後はこの席を撤去するというので、また近くの"カフェ カナン"(cafe Canaan)へ。
shimokitazawa-canaan6.jpg

珈琲飲みながら、また指したわけですが…テラス席も店内も全席で将棋を指している、つまり将棋に占拠されたような異様な光景に通行人達も驚いていました。
shimokitazawa-canaan7.jpg
shimokitazawa-canaan8.jpg

さらに夜。安い居酒屋に移動しましたが、そこでも研究を続けましたよ。将棋はとてつもなく楽しく、今はルールも知らない人でも指すだけならすぐに指せます。どうか貴方もやってみませんか!?
shimokitazawa-imanari2.jpg

私が着る能條純一先生の「月下の棋士」パーカーに、そして背中にしょってる氷室将介に恥じぬよう、もっと将棋を!
shimokitazawa-syogi110.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/05/09(金) 23:00:02|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月刊漫画ガロ(144) しりあがり寿 2 「ジャカランダ」 | ホーム | ホラー漫画(80) 山咲トオル 3 「モーレツ変身!!エピルちゃん」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1319-a8175ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する