大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(172) 新潟県南魚沼市 1

先日は可愛い姪ッ子達が母の実家である新潟県に遊びに行くというので、私もタイミングを合わせて休みを取り、全員乗れるレンタカーを借りて羽田空港まで迎えに行きました。おお、早速いた!
tokyo-airport54.jpg
tokyo-airport55.jpg
tokyo-airport56.jpg

わーもう、超可愛い!しか言葉が出てきません。
tokyo-airport58.jpgtokyo-airport57.jpg

しかし久々に会ったからか、表情が硬いですね。二人は南の島から遊びに来たのですが、あちらで撮ったという写真も載せておきましょう。
kakeroma-ikomo50.jpg
kakeroma-ikomo54.jpg

妹は、猫とトトロがだ~い好き!
kakeroma-ikomo51.jpg
kakeroma-ikomo55.jpg

あちらでは父親が漁に出てこんなイカを取ってくる、そんな環境ですよ。ちなみにこのイカ、娘と同じ12kgだったとか。
kakeroma-ikomo52.jpg
kakeroma-ikomo53.jpg

さて車で新潟県へ向かう高速道路(関越自動車道)、埼玉県東松山市の高坂サービスエリアで一休みして…
higashimatsuyama1.jpg
higashimatsuyama2.jpghigashimatsuyama3.jpg
higashimatsuyama4.jpghigashimatsuyama5.jpg

スナックコーナーのうどん。
higashimatsuyama6.jpg
higashimatsuyama7.jpg
higashimatsuyama8.jpg
higashimatsuyama9.jpg
higashimatsuyama10.jpg

そしてこちらでは秩父名物だという、みそぽてと等を頂きました!
higashimatsuyama11.jpg
higashimatsuyama12.jpg

上里サービスエリアでは、
kamisato-parking-area10.jpg

"蔵仕込らーめん 上里SA店"で、ヤマブ焙煎味噌ラーメンです。
kamisato-parking-area11.jpg
kamisato-parking-area12.jpg

そのまま実家のある魚沼市まで行きたい所ですが、今回はお隣の新潟県南魚沼市までにしておきましょう。ここも実家にいた時にはよく来てた好きな街なのですが、今まで全く紹介していなかったので…
地元では魚沼VS南魚沼で対抗意識を持っている人が多かったように思いますが、離れた者の目線で見たらどちらも同じのどかな田舎町。もちろん気候や土地の特色も同じ物を持っているわけで、井の中でかわいく争っているようにしか見えません。

ちなみに南魚沼市が誕生したのは私が実家を離れた後の事なので、旧町名で聞かないとどこの事か分かりません。
東京側から順に行くと、まずここは旧・塩沢町で、三国街道塩沢宿 牧之通り。昔の街並みを再現するため地中に電線を通し、電信柱と電線が見えないように工夫されています。
minamiuonuma-street1.jpg
minamiuonuma-street2.jpg
minamiuonuma-street3.jpg
minamiuonuma-street4.jpg
minamiuonuma-street5.jpg

南魚沼市関(旧・塩沢町)にある有名な喫茶店、"邪宗門"へ。この手の純喫茶でこの屋号ってよく使われていますが、一体何故!?
minamiuonuma-jashumon2.jpg

その名前を聞くと真っ先に寺山修司が主宰した演劇実験室、天井桟敷による舞台「邪宗門」を思い出します。1972年の公演ライヴ盤はJ.A.シーザーによる呪術音楽が凄すぎて大好きで、昔どれだけ聴いてたか分からない感じですが…本来の意味は『邪悪な宗教』といった意味ですからね!
minamiuonuma-jashumon1.jpgminamiuonuma-jashumon3.jpg

渋い。魚沼地方では貴重なお店。森の中とかにあったらもっと最高だったのですが、あいにく店の目の前は車がひっきりなしに走って騒音と排気ガスを撒き散らす国道です。
minamiuonuma-jashumon5.jpg
minamiuonuma-jashumon4.jpg

もちろん珈琲などは美味しいです。
minamiuonuma-jashumon6.jpg
minamiuonuma-jashumon7.jpg
minamiuonuma-jashumon8.jpg

"中野屋 塩沢店"は、
minamiuonuma-nakanoya1.jpg
minamiuonuma-nakanoya2.jpg

へぎそば・うどんが美味い!
minamiuonuma-nakanoya4.jpg
minamiuonuma-nakanoya3.jpg

鍋やきうどんも!
minamiuonuma-nakanoya5.jpg

関越自動車道で塩沢石打を過ぎると、"雪国まいたけ"の看板が目立ちます。
いくつもあるのですが、『お父さん無事に帰ってね』とか…もちろん南魚沼市に本社を持つ企業であり、郷ひろみの『うるさいガキにも雪国まいたけ』のテレビコマーシャルを懐かしむ方も多いのではないでしょうか。
一応私も、東京でまいたけを買う時は雪国まいたけと決めていて、少しだけ地元に貢献しているつもりです。
minamiuonuma-street20.jpg

まいたけを扱う企業としては恐らく日本一有名で、マルちゃんのカップ麺「香るまいたけ天ぷらうどん」でも使用されています。
minamiuonuma-street18.jpg
minamiuonuma-street19.jpg

そこはもう、旧・六日町。昔からよくラーメン食べにとか、古本屋などを目当てに来ていた所です。
minamiuonuma-street6.jpg

写真家の平間至氏が贔屓にしているとかで、小林よしのり責任編集長の雑誌「わしズム」(幻冬舎刊)でVol.2の撮影が行なわれた越後六日町温泉、"温泉御宿 龍言"もここにあります。
wascism-vol2.jpg

さて魚野川にかかる、六日町大橋へ。
minamiuonuma-street8.jpg
minamiuonuma-street7.jpg

近くにはいつの間にか『お六の湯』という足湯施設がオープンしており、無料で楽しめます。
minamiuonuma-street11.jpg
minamiuonuma-street12.jpg

ここは『恋人の聖地』に選定されているデートスポットであり、お六と桂姫の銅像が建っています。このお六というのはあの天地人、当地出身の武将・直江兼続の幼少期の呼び名。
minamiuonuma-street9.jpgminamiuonuma-street10.jpg
ちなみに足下にはハート形の穴があり、カップルが同時に手を入れると音楽が流れる仕掛けもありました。

そこらの自販機などでも直江兼続モノが目につきます。
minamiuonuma-street15.jpgminamiuonuma-street16.jpg

また別の場所には別の武将、何故か真田幸村も立っていました。
minamiuonuma-street14.jpg
minamiuonuma-street13.jpg

食事は、"Little 北海道"にて。
minamiuonuma-litle1.jpg

北海道直送の魚介類が売りの居酒屋に、住人ならともかく魚沼地方に旅行(里帰り)で行った私が行くのはどうかと思います…よね。
minamiuonuma-litle2.jpg
minamiuonuma-litle3.jpg

でもここは、「釣りバカ日誌」(やまさき十三原作)の北見けんいち先生が来ている店!
minamiuonuma-litle4.jpg

オスマン・サンコンさんも…1コン2コン・サンコン!
minamiuonuma-litle5.jpg

珍しく寿司をつまみに呑もうと決めて行ったので、ビールと寿司、
minamiuonuma-litle6.jpg
minamiuonuma-litle8.jpg

寿司屋のまかないバラちらし、
minamiuonuma-litle9.jpg

握り鮨1.5人前。
minamiuonuma-litle10.jpg
minamiuonuma-litle11.jpg

〆に釜あげうどん。
minamiuonuma-litle7.jpg

そして旧・大和町へ。このマンホールは、当地の名産品で私も大好きな八色スイカ、それに八海山か。
minamiuonuma-street21.jpg

大和パーキングエリアの上り線、トイレと自動販売機しかない…
minamiuonuma-street28.jpg

そしてここは、実家の新幹線最寄り駅である浦佐駅を擁する土地。
minamiuonuma-street22.jpg

新幹線が通るので大きな駅も作ったのに、いつ行っても利用者が少なくガラガラの駅ですが…
minamiuonuma-street23.jpg

田中角栄の銅像が建っています。
minamiuonuma-street26.jpgminamiuonuma-street27.jpg

「ココ」で紹介した西福寺・開山堂などと共にみうらじゅん&いとうせいこうが「見仏記 親孝行篇」(角川書店刊)で訪れていた浦佐昆沙門堂、普光寺がありますね。裸押合い祭りも行われる、あそこにも久々に行きたかったのですが、今回も行けず…
minamiuonuma-street24.jpg
minamiuonuma-street25.jpg

同じく"池田記念美術館"。ベースボール・マガジン社と恒文社を創設した池田恒雄氏のコレクションを広く公開している所で、スポーツ関連の様々な物を展示した施設があります。
もちろんスポーツには興味無い私ですが、それ以外の部分で…日本美術関連の部門もあり、特に小泉八雲文学資料室が凄いらしいんですよ。というのをこの冊子で見て行きたかったのですが、やはり訪ねる時間が無くなったのでまた次回。
minamiuonuma-street17.jpg

でも霊峰八海山の近く、地ビール生産工場などがある"八海山 泉ヴィレッジ"には行けました。
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage1.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage2.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage3.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage7.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage4.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage5.jpg

この中のイタリアンレストランレストラン"タベルナ ゴッツォ"で、八海山泉ビールを呑もうというわけです。
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage6.jpg

ピルスナー、ポーター、ヴァイツェンの飲み比べセット。
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage9.jpg

もっと種類があればいいのですが、それしかないので中から気に入ったのを再度頼み、
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage10.jpgminamiuonuma-hakkaisan-izumivillage11.jpgminamiuonuma-hakkaisan-izumivillage8.jpg

おつまみはフライドポテト、
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage12.jpg

薪窯で焼き上げるピッツァが売りという事なので、魚介類のピッツァ、
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage13.jpg
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage14.jpg

粗挽きソーセージ、
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage15.jpg

たっぷり野菜のパスタ、
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage16.jpg

デザート。
minamiuonuma-hakkaisan-izumivillage17.jpg

…と、南魚沼紹介を初めてはみたもののあまり回れず、分量が少ないので…今回の最後はサービス動画!(笑)
ヌンチャクを振る私です。それも今日撮りたてのホヤホヤ、このブログで動画を貼るのも初めてですね。撮ってくれた友人がいたので、自分のヌンチャク姿を初めて見ました(汗)。こんな事なら、決めのポーズまでしっかり取れば良かった。


ここまで来たら我が実家も目と鼻の先。また近いうちに、姪ッ子達と遊んだ魚沼市を紹介します。
nunchaku.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/05/17(土) 23:00:10|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(173) 山口県下関市 1 | ホーム | 月刊漫画ガロ(144) しりあがり寿 2 「ジャカランダ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1321-adbecd43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/18 09:17)

南魚沼市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/05/18(日) 09:17:03 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する