大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

漫☆個展

先日は『あしたのジョー、の時代展』に行った模様を書いたばかりですが、現在都内ではもう一つ重要な漫画関連のイベントが開催されていまして…
しかもこれまた近所、そして聖地である中野ブロードウェイが会場です。その2階のギャラリー"pixiv Zingaro"で行われているのが、何と漫☆画太郎先生の初個展…その名も、

漫☆個展(まんこてん)です。
GATARO-manco-ten1.jpg

漫☆画太郎先生は作品をまたがってまで使う(ある意味スター・システム)コピーギャグが有名だし、イメージでは原画を大事にしているとは思えない方だったので、こういう原画展をやるなんて思いませんでした。実際に、代表作である「珍遊記」「まんゆうき」「地獄甲子園」の原稿はあげちゃって無いというからその通りなのでしょうし。
そんなガタロー先生がやっちゃった漫☆個展…これが予想外に凄い話題になると同時にファンが多く訪れ過ぎちゃって行列になり、スタッフが連日大変な目に遭っているようです。
GATARO-manco-ten2.jpg
GATARO-manco-ten3.jpg

まぁそれは主催者の読みの甘さで…
漫☆画太郎先生といえば、あんなに描く内容は超パンクながらも孤高の地位を築いて、ずっとメジャーシーンで活躍しているし、コアな漫画好きも含めてどこからも尊敬されている凄い人じゃないですか。
例えば週刊漫画誌を適当に読んで鳥山明先生とか尾田栄一郎先生みたいな作品を単行本で買う、というくらいの人だったら、別のシーンでは超有名とはいえいつまでもつげ義春先生だの丸尾末広先生だのって作品に出会わないじゃないですか。逆に丸尾ファンも「ONE PIECE」(ワンピース)は買わないでしょう。でも、そのどちらの層も取り込んでカリスマ扱いされているのが漫☆画太郎先生ですよ!
つまりこんなに下品で下ネタ満載な内容なのに、国民的漫画家なんですよ!そんな方の初個展に、人が集まらないわけがない。

ちょうど私は「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」の連載が中学1年~3年生の間くらいで、当時は田舎の中学生全員が掲載誌の少年ジャンプを読んでた時代だし、モロに直撃してるんですよね。
それからもずっと活躍を追い続けてますが、客層を見ると私よりずっと若い20代くらいの世代が圧倒的に多く、ここまで支持されている漫☆画太郎先生の才能を嬉しく思うばかりです。おお、描き下ろし山田太郎と画太郎先生…
GATARO-manco-ten5.jpg

上記のように主催者が漫☆画太郎先生にどれだけ集客能力があるかを読み違えているので、集まる人に対して会場は狭いし、やはり混み過ぎで落ち着いて見てられない。それに初個展としては展示数も少ないと思いましたが、それでもついに観れた貴重な原画の数々には感動しましたね…
おいしそ~
GATARO-manco-ten6.jpgGATARO-manco-ten7.jpg

とにかく人がドバーッと来て、写真撮影も自由なもんだからカメラやスマホでパシャパシャやってますが、私はもうカメラをしまって後ろから追われながらの少ない時間で原稿を『観る』事に集中しました。
いや、あと「珍遊記」で出た中村泰造(後の改訂版単行本では中村タイ造、よってこの原稿も直してある)だけ撮ってましたか。こいつが当時、同級生に似ている(中学生なのに…)と話題になっていたんですよ。あちょ~
GATARO-manco-ten8.jpg

今回は入場無料なのも良くなかったんじゃないですかね。やはり絵にインパクトがあるので、冷やかしで入って何も買わずに写真撮って帰るだけの人が多すぎて、じっくり原稿を観れなかったのだから。
ん?何も買わずに写真だけ撮って帰る奴…それって私もだ!というか人気がありすぎて、開催されてすぐに行けなかった人には物販が何も残っていなかったのです!
GATARO-manco-ten4.jpg
そもそも今回の個展は現在月刊コミック@バンチ(新潮社刊)で、まん○画太郎名義にて連載中の「ミトコンペレストロイカ」の単行本発売記念でもあったので、私もここで単行本を買おうと思いました。買えるなら数量限定のサイン本を…しかしそんなのは残っているわけもなく、その他の本やTシャツもすっからかんで何も残っていない空しい状態!

グッズ販売としては今回のメインはこれか!そのために作ったオリジナルグッズである『ババア抱き枕』。これだけは受注生産という形で注文は出来るようでした。
GATARO-manco-ten9.jpg
でもこういうのって勢いで買わなきゃならないと思うんです。これが受注生産とかですぐ手に入らないなら、家に届いた時には何でこんなの13,000円も出して買ったんだろうって後悔するはず…というわけで注文出来ず。まぁ誰か買った人がいたら一晩くらいババアを貸してもらおうかな。

この漫☆個展は8月26日まで開催されているので、貴方も行ってみてはどうでしょうか。
GATARO-manco-ten10.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/08/20(水) 23:59:56|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<トキワ荘(75) つのだじろう 16 「学園七不思議」 | ホーム | あしたのジョー、の時代展>>

コメント

漫☆画太郎先生に、ちょっとパワーをもらった。
頑張らねば!!!
  1. 2014/08/26(火) 19:30:52 |
  2. URL |
  3. さるちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1342-8ff58d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する