大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(183) 東京都板橋区 1 豊島区 3

続いては、まだ紹介してなかった板橋区から始めます。

私にとって板橋といえば中本、中本といえば板橋、といった具合で…東武東上線の上板橋駅近くに、
itabashi-street1.jpg

ラーメン好きで激辛党の自分には大のおなじみ、"蒙古タンメン中本"の本店があるのです。
itabashi-nakamoto8.jpg
itabashi-nakamoto9.jpg

カップ麺でも、セブン&アイ・ホールディングスと日清のコラボレーション商品でおなじみですが、こちらは蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ。
itabashi-nakamoto1.jpg
itabashi-nakamoto2.jpg
itabashi-nakamoto3.jpg

蒙古タンメン中本 辛味噌坦々麺、
itabashi-nakamoto4.jpg
itabashi-nakamoto5.jpg
itabashi-nakamoto6.jpg
itabashi-nakamoto7.jpg

蒙古タンメン中本 北極ラーメン。
itabashi-nakamoto20.jpg
itabashi-nakamoto18.jpg
itabashi-nakamoto19.jpg
itabashi-nakamoto21.jpg
itabashi-nakamoto22.jpg

番外編としてかつて"一風堂"とコラボした、セブンプレミアム 一風堂×蒙古タンメン中本 海鮮辛豚骨です。
itabashi-nakamoto24.jpg
itabashi-nakamoto25.jpg
itabashi-nakamoto26.jpg

ともかく"蒙古タンメン中本 上板橋本店"へ。
itabashi-nakamoto10.jpg
itabashi-nakamoto13.jpg
itabashi-nakamoto14.jpg

この店はウメカニスト…つまり楳図かずお好きにとっても重要な店。
itabashi-nakamoto11.jpg
itabashi-nakamoto12.jpg

そこで食した最強の辛さを誇る、北極ラーメン。
itabashi-nakamoto15.jpg
itabashi-nakamoto16.jpg

他に塩タンメン、
itabashi-nakamoto17.jpg

味噌タンメン。と、まぁ複数回行ってはいますが、本店と他の店舗との味の違いは分かりませんでした。
itabashi-nakamoto23.jpg

他に上板南口銀座…の手前、
itabashi-street2.jpg

"餃子の王将 上板橋駅南口店"へ。しばし酒とつまみ…
itabashi-ohsho1.jpg
itabashi-ohsho2.jpgitabashi-ohsho3.jpg
itabashi-ohsho4.jpgitabashi-ohsho5.jpg
itabashi-ohsho6.jpg
itabashi-ohsho8.jpg

〆に王将ラーメン。
itabashi-ohsho7.jpg

こちらは日中からやってた居酒屋、"夢家族"
itabashi-yumekazoku1.jpg
itabashi-yumekazoku2.jpg

ちょい呑みの利用にちょうどいいお店でした。
itabashi-yumekazoku3.jpgitabashi-yumekazoku4.jpg
itabashi-yumekazoku5.jpg
itabashi-yumekazoku6.jpg

そのまま板橋区を散歩していると寂れた商店街と住宅街ばかりで…畑もあるし、東京23区とは言っても旧武蔵国である板橋まで来ると、故郷の田舎とさほど変わらない事に気付きます。
永島慎二先生の名作「漫画家残酷物語」より『その18 春』という私の好きなエピソードがあるのですが、河合繁という永島マンガで登場人物としても出てくる実在する人の作品を原作に使った作品で、八王子の田舎からついに親元を離れて一人で板橋の下宿に来た男の話でした。しかし漫画家目指して出てきたのが、何でこの板橋だったんだろう…

お、若木の"第一金乗湯"
itabashi-street3.jpg
itabashi-street5.jpg

煙突が立派です。
itabashi-street4.jpg

それから坂下の、"城北公園"でSLのデゴイチ見学。
itabashi-street6.jpg
itabashi-street7.jpg

実際に運転席に乗れるのも嬉しい。
itabashi-street8.jpg
itabashi-street9.jpg

高島平のマンモス団地、"高島平団地"へ。かつては自殺の名所としても知られた所ですが、かなりいい団地っぷりをしているので、しばし散歩。
itabashi-street10.jpg
itabashi-street11.jpg
itabashi-street12.jpg
itabashi-street13.jpg
itabashi-street14.jpg

うむ…ここが「エスパー魔美」で『自殺の名所 高平山団地』として出てきた所のモデルでしょう。
itabashi-street15.jpg

また別の場所、どこかの鉄塔。
itabashi-street16.jpg

板橋区役所。
itabashi-street17.jpg

この横に、北村西望氏の平和祈念像がありました。もちろん、長崎平和祈念像の彫刻家。
itabashi-street18.jpg
itabashi-street19.jpg

栄町にあるこちらは、日本資本主義の父・渋沢栄一像。
itabashi-street22.jpg
itabashi-street23.jpg

続いては、大山町へ。
itabashi-street34.jpg
itabashi-street35.jpg

大山駅周辺は、大山ハッピーロードなど商店街が広がる地帯で板橋区にしては栄えている街。
暗くなってきて一杯呑みたい所で、持ち帰り焼き鳥の"一歩"といういい感じの店が目に入ったのですが、店舗で座って呑む為この日は我慢。
itabashi-street36.jpg

入店したのは"魚猫"
itabashi-uoneko1.jpg
itabashi-uoneko2.jpg
itabashi-uoneko3.jpg

うん、勘が当たってかなりいい店でした。
itabashi-uoneko4.jpgitabashi-uoneko5.jpg
itabashi-uoneko6.jpgitabashi-uoneko7.jpg

美味しいつまみの数々。
itabashi-uoneko8.jpg
itabashi-uoneko9.jpg
itabashi-uoneko10.jpg
itabashi-uoneko11.jpg
itabashi-uoneko12.jpg
itabashi-uoneko13.jpg

ラーメンは、"せい家 大山店"で…
itabashi-seiya1.jpg

らーめん、
itabashi-seiya3.jpg

もやしらーめん、
itabashi-seiya2.jpg

のりらーめん、
itabashi-seiya4.jpg

どーんと、チャーシューメン大盛り。
itabashi-seiya5.jpg

大山の外れのある通りでは、キムチキムチキムチキムチ…って凄い店を発見。この"いちりき キムチ家"のキムチは食べてみたかったけど、かなり匂うだろうから持ち帰るのは断念。
itabashi-street20.jpg
itabashi-street21.jpg

蓮根へ。
itabashi-street24.jpgitabashi-street25.jpg

この辺りは昔ながらの商店街が残る地域ですが、ひときわ目を引いたのは"カラオケ酒場 レソコソマソ"(いや、多分レンコンマン)。
itabashi-street26.jpg
itabashi-street27.jpg

そして"植村冒険館"へ…
itabashi-street28.jpg

到着!冒険しながら行かないと到達出来ないような山の上とかにあっても良かったですが、商店街の外れにありました。
itabashi-street29.jpg
itabashi-street30.jpg
itabashi-street31.jpg
itabashi-street33.jpg

あの冒険家・植村直己はこの地で約15年間暮らしてたそうです。そして私、小学生の時に近所の公民館で西田敏行が植村役を演じた映画「植村直己物語」を観て以来、ずっと植村直己に憧れを持っています。マーク・トウェインの小説「トム・ソーヤーの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」などで幼少期から『冒険』という事は自体はおなじみでしたが、『冒険家』なんて職業が有りえる事は彼の人生から知りました(あの風船おじさんも冒険家を自称していたそうですが)。
私なんか今の所つまらない会社員にしかなれてないけど…植村直己を目標に生きているつもりなので、資料の数々は興味深く見させて頂きました。
itabashi-street32.jpg

こちら、左は植村冒険館の案内冊子。そして右は、植村直己の生まれ故郷・兵庫県豊岡市にある"植村直己冒険館"の物でした。
itabashi-street45.jpgitabashi-street46.jpg



それから蓮根にはラーメンの名店、"らあめん元"(HAJIME)があります。
itabashi-hajime5.jpgitabashi-hajime6.jpg

この店はマルちゃんのカップ麺・鶏塩ラーメンで知り、これが美味かったので店舗も行ってみようと思ったのです。
itabashi-hajime1.jpgitabashi-hajime4.jpg
itabashi-hajime2.jpg
itabashi-hajime3.jpg

それでは看板メニューの、塩らあめん。
itabashi-hajime7.jpg
itabashi-hajime8.jpg

醤油つけ麺。つけ麺類は平打ち麺か細麺か選べるという事で、私は前者で。
itabashi-hajime9.jpg
itabashi-hajime10.jpg

板橋区の最後は、この蓮根から『蓮根へび公園』です!二匹の白蛇が顔を合わせているオブジェのインパクトは、とにかく写真で見てもらいましょう。
itabashi-street41.jpg
itabashi-street37.jpg
itabashi-street38.jpg
itabashi-street39.jpg
itabashi-street40.jpg

今回は楳図かずお先生の聖地巡礼…を、している金子デメリン先生の聖地巡礼でもありました。デメリン先生は、このへび公園のすぐ近くで育ったそうで、学生時代の相談相手はこの大蛇だったのだとか。
itabashi-street42.jpgitabashi-street43.jpg

そもそも私…干支は巳年、好きな拳法は蛇拳、好きな漫画は楳図かずお先生の「へび少女」、 好きな映画は「スネーク・ターミネーター/蛇女は2度死ぬ」、好きなハードロックバンドはホワイトスネイク、好きな伝説の生物はヤマタノオロチ等々。そんなヘビーな自分にとって重要な蛇スポットがこのへび公園でして、嬉しくて遊びすぎました!
itabashi-street44.jpg


さてこのブログ、東京23区でまだ紹介していない区が一つ残っていますが、その前に今回は既出ながらお隣の豊島区にします。

そういえば東京生まれで、東京を題材にした小説やエッセイも手がけてきた作家の小林信彦氏が、60歳くらいの時の本で生まれて初めて江東区に足を踏み入れた事を告白していました。しかも日本橋生まれだから、川をへだてた隣町ですよ…それも地方出身の人は驚くだろうけど東京人の感覚としてはそういうものなんだ、と書いてたと思います。
つまり23区全部とかは普通に暮らしている人はなかなか行かないもんなんですよね。まぁ私は地方出身の観光客ゆえか全部行けたし、あと1区も近々紹介するので上出来ですか。

さて豊島区といえばもちろん、池袋副都心がメチャクチャ栄えている大都会。
JR池袋駅の西口方面は、出るとまず池袋西口公園…いや、池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P)。
ikebukuro-west-gate-park1.jpg
ikebukuro-west-gate-park2.jpg
ikebukuro-west-gate-park3.jpgikebukuro-west-gate-park4.jpg

物凄く遅ればせながら、2・3年くらい前に石田衣良原作の小説を宮藤官九郎が脚本でアレンジしたテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」を全話観たので、あのロケ地であるここはちょっと聖地感があります。
ikebukuro-west-gate-park10.jpg
ikebukuro-west-gate-park11.jpg

リアルタイムの放送時はドラマなんて軽視していて無視していたのですが、これは内容が恋愛とかじゃないしギャングなどの若者達が出てきて暴れている、よく言えば「時計じかけのオレンジ」みたいな作品じゃないですか。加藤あい演じるヒロイン・ヒカルの所でサイコスリラーの要素も交えているし…楽しめました。
ikebukuro-west-gate-park5.jpgikebukuro-west-gate-park6.jpg

おお?最終回で建ったキングこと安藤崇(タカシ-窪塚洋介)の銅像が本当にあるのか!?いえ、全然違う人です。
ikebukuro-west-gate-park7.jpg

昼間のI.W.G.P。まぁ実際は平和なものですね。
ikebukuro-west-gate-park9.jpg
ikebukuro-west-gate-park8.jpg
ところで作中、主人公の真島誠(マコト-長瀬智也)の実家である果物屋が何度も出てきていましたが、そこに映ってた住所標記『池袋西4-20』には、実際は何があるんですかね。

それと公園の隣にあるのが世界最大級のパイプオルガンを持つ"東京芸術劇場"で、その間にはクレメント・ミドモアという人の手によるオブジェが。
toshimaku-ikebukuro109.jpgtoshimaku-ikebukuro110.jpg

立教大学の真ん前、このフクロウの先には『平井太郎』の表札が残る旧江戸川乱歩邸があります。
toshimaku-ikebukuro105.jpg

平日しか開放していませんが、小林信彦「回想の江戸川乱歩」でも『江戸川乱歩先生、というと、まず想い出されるのは、池袋の自宅の、特徴のあるあの応接間である』と語られていた、あの場所を見る事が出来るのです。
KOBAYASHI-ranpo.jpg

出版社の光文社内には、"ミステリー文学資料館"があるのでミステリーファンは必見。
toshimaku-ikebukuro98.jpg
toshimaku-ikebukuro99.jpg

近くには松尾芭蕉ゆかりの地で碑も建っているし、墓地には森鴎外「渋江抽斎」に登場する医師・森枳園の墓もある"洞雲寺"
toshimaku-ikebukuro97.jpg

おなじみ"祥雲寺"では、石森章太郎(石ノ森章太郎)先生のお墓参りです。
toshimaku-ikebukuro-ishimori21.jpg
toshimaku-ikebukuro-ishimori22.jpgtoshimaku-ikebukuro-ishimori23.jpg
toshimaku-ikebukuro-ishimori25.jpg

ああ~、素敵な墓石。
toshimaku-ikebukuro-ishimori24.jpg

こちらは学校法人自由学園の旧校舎で、フランク・ロイド・ライトとその使徒と呼ばれた遠藤新の設計による"自由学園明日館"
toshimaku-ikebukuro94.jpg
toshimaku-ikebukuro106.jpg
toshimaku-ikebukuro92.jpg
toshimaku-ikebukuro93.jpg

梶原一騎原作の「空手バカ一代」で、いやその前身となった「虹をよぶ拳」で現存している空手の達人として大山倍達総裁が紹介され、住所も載っていたために連日少年達が訪れ、大ブームを巻き起こす事となった"極真会館"の総本部があります。
toshimaku-ikebukuro85.jpg
toshimaku-ikebukuro86.jpg
toshimaku-ikebukuro87.jpg

やっぱかっちょいーですよ、マス大山!
toshimaku-ikebukuro88.jpg
toshimaku-ikebukuro89.jpg
toshimaku-ikebukuro90.jpg

さて飲食店では、池袋駅西口を出て横断歩道を渡るとすぐの位置にあるのが便利でフラッと入店出来たのが、一皿120円均一の"回転すし本陣"
ikebukuro-sushi-honjin1.jpg

入ってたビル自体が立て替えられましたが、新しくなったビルでは再びその姿を見る事はなかった…つまり現在は閉店しています。
ikebukuro-sushi-honjin2.jpgikebukuro-sushi-honjin3.jpgikebukuro-sushi-honjin4.jpg
ikebukuro-sushi-honjin5.jpgikebukuro-sushi-honjin6.jpgikebukuro-sushi-honjin7.jpg

ホテルメトロポリタンへ。
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine1.jpg
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine2.jpg

この1階ブッフェレストラン中にある"クロスダイン"(All Day Dining Cross Dine)で、『Love Hawaii』開催中の昼ビュッフェです。
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine3.jpg
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine4.jpg
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine5.jpg
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine6.jpgikebukuro-all-day-dining-cross-dine7.jpg

連れの者は、完全にスイーツ狙い。
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine8.jpg
ikebukuro-all-day-dining-cross-dine9.jpg

次はホテル第一インのレストランでもある、"レストラン ピノ"(Restaurant Pino)のビッフェ。時間制限もないので落ち着けてグッド!
ikebukuro-restaurant-pino1.jpg
ikebukuro-restaurant-pino2.jpg
ikebukuro-restaurant-pino3.jpg
ikebukuro-restaurant-pino4.jpg
ikebukuro-restaurant-pino5.jpg

LUMINE池袋店内では、"はーべすと ルミネ池袋店"で自然食ランチビッフェ。
ikebukuro-harvest1.jpg
ikebukuro-harvest2.jpg
ikebukuro-harvest3.jpg
ikebukuro-harvest4.jpg

都内にいくつかある立ち食いそばチェーン店"いわもとQ"
ikebukuro-iwamoto-Q1.jpg

新そばが美味い!
ikebukuro-iwamoto-Q2.jpg

こちらは、野菜たっぷりそば。
ikebukuro-iwamoto-Q3.jpg

今回の最初で"蒙古タンメン中本"の本店を紹介しましたが、池袋駅近くにも2店舗あります。これは西池袋店で、
ikebukuro-nakamoto1.jpg

蒙古タンメン。
ikebukuro-nakamoto2.jpg
ikebukuro-nakamoto3.jpg
ikebukuro-nakamoto4.jpg

こちらは東池袋店。
ikebukuro-nakamoto5.jpg

油そば専門店の"春日亭"で、
ikebukuro-kasugatei1.jpg

しょうゆ油そば、
ikebukuro-kasugatei2.jpg

鳥豚油そば。
ikebukuro-kasugatei3.jpg

"中国ラーメン揚州商人"の池袋西口店では、
ikebukuro-yousyusyonin1.jpg

餃子とエビワンタン麺です。
ikebukuro-yousyusyonin2.jpg
ikebukuro-yousyusyonin3.jpg

"らーめん大 池袋店"
ikebukuro-die1.jpg

"BASSO ドリルマン"で、
ikebukuro-drill-man1.jpg
ikebukuro-drill-man2.jpg

中華そば、
ikebukuro-drill-man3.jpg
ikebukuro-drill-man4.jpg

つけそば。
ikebukuro-drill-man5.jpg
ikebukuro-drill-man6.jpg
ikebukuro-drill-man7.jpg

ここの濃厚中華そばは、カップ麺化もしていました。
ikebukuro-drill-man8.jpg
ikebukuro-drill-man9.jpg
ikebukuro-drill-man10.jpg

池袋にいると、飲み屋探しに苦労しないのは有難いですね。
toshimaku-ikebukuro84.jpg

やはり繁華街ならではの客引きとかも多くなるので、わずらわしさもありますが…当地の風俗街は、花沢健吾先生の漫画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が実写映画化した時に冒頭シーンでロケ地として使われていました。
toshimaku-ikebukuro91.jpg

"博多餃子舎603 西池袋店"で、
ikebukuro-603gyouza1.jpg

ビールにウーロンハイ、
ikebukuro-603gyouza2.jpgikebukuro-603gyouza3.jpg

博多ひと口純情餃子、
ikebukuro-603gyouza4.jpg

博多辛みそもつ鍋。
ikebukuro-603gyouza5.jpg
ikebukuro-603gyouza6.jpg

"大阪王将 池袋西口店"ではハイボールを呑みながら揚げ餃子、
ikebukuro-osaka-ohsho1.jpg
ikebukuro-osaka-ohsho2.jpgikebukuro-osaka-ohsho4.jpg

元祖焼き餃子、麻婆豆腐。
ikebukuro-osaka-ohsho3.jpg
ikebukuro-osaka-ohsho5.jpg

"赤から 池袋西口店"では、
ikebukuro-akakara1.jpg
ikebukuro-akakara2.jpg

つまみがもう、ビールや黒ホッピーに合う物ばかり。
ikebukuro-akakara3.jpgikebukuro-akakara4.jpg

赤からポテトサラダ、
ikebukuro-akakara5.jpg

赤から唐揚げ、
ikebukuro-akakara6.jpg

そしてもちろん、赤から鍋。辛さの段階を細かく選べるので、私は最強の『赤10番』…といきたい所でしたが、この時は連れがそこまで辛いのは無理と言うので『赤5番』と中途半端な所で終わりました。
ikebukuro-akakara7.jpg
ikebukuro-akakara8.jpg
ikebukuro-akakara9.jpg

食べ終わった後の汁を利用したリゾット、これも美味い!
ikebukuro-akakara10.jpgikebukuro-akakara11.jpg

海鮮居酒屋チェーン店、"磯丸水産"
ikebukuro-isomaru1.jpg
ikebukuro-isomaru2.jpg

ここは24時間営業なので時にとても便利。
ikebukuro-isomaru3.jpgikebukuro-isomaru4.jpg
ikebukuro-isomaru5.jpg

先日、15:00スタートの飲み会で利用したのは"清龍 池袋西口店"
ikebukuro-seiryu1.jpg

酒蔵直営の和風 蔵元居酒屋なので、早めに日本酒に移行します。
ikebukuro-seiryu6.jpg
ikebukuro-seiryu2.jpgikebukuro-seiryu3.jpg
ikebukuro-seiryu4.jpgikebukuro-seiryu5.jpg

つまみも、好感を持てました。
ikebukuro-seiryu7.jpgikebukuro-seiryu8.jpg
ikebukuro-seiryu9.jpgikebukuro-seiryu10.jpg
ikebukuro-seiryu11.jpgikebukuro-seiryu12.jpg
ikebukuro-seiryu13.jpg

"玉金(たまきん) 西池袋店"
ikebukuro-tamakin1.jpg
ikebukuro-tamakin2.jpg
ikebukuro-tamakin22.jpg

とにかく名前のインパクトが強いですが…普通の安い居酒屋です。
ikebukuro-tamakin3.jpg
ikebukuro-tamakin4.jpgikebukuro-tamakin5.jpgikebukuro-tamakin6.jpg
ikebukuro-tamakin7.jpgikebukuro-tamakin8.jpgikebukuro-tamakin9.jpg
ikebukuro-tamakin10.jpgikebukuro-tamakin11.jpgikebukuro-tamakin12.jpg
ikebukuro-tamakin13.jpgikebukuro-tamakin14.jpgikebukuro-tamakin15.jpg
ikebukuro-tamakin16.jpgikebukuro-tamakin17.jpgikebukuro-tamakin18.jpg
ikebukuro-tamakin19.jpg

呑みながら、ちゃちゃっと左手でイラストを描く友人。
ikebukuro-tamakin20.jpgikebukuro-tamakin21.jpg

池袋駅北口を出てすぐの"大都会"
ikebukuro-daitokai1.jpg
ikebukuro-daitokai2.jpg

ここの場所にしてこの安さは尋常じゃないですね~。
ikebukuro-daitokai3.jpgikebukuro-daitokai4.jpg
ikebukuro-daitokai5.jpgikebukuro-daitokai6.jpg
ikebukuro-daitokai7.jpgikebukuro-daitokai8.jpg

ちょっと池袋駅内に戻って、ここには『IKE麺 KITCHEN』なるフードコートがありますが、
ikebukuro-ikemen1.jpg

その中から"つけ麺与六BUSHI道"の、辛辛ビリビリラーメン。
ikebukuro-ikemen2.jpg
ikebukuro-ikemen3.jpg

黒まぜそば。
ikebukuro-ikemen4.jpg
ikebukuro-ikemen5.jpg

"ナポリの殿堂"で、からあげナポ。
ikebukuro-ikemen6.jpg
ikebukuro-ikemen7.jpg

駅構内には"野菜を食べるカレー キャンプ エクスプレス"(camp express)があります。代々木にある本店にも何度か行ってる好きな店だし、平日は朝からやっているので池袋が職場で通っていたりしたら毎週必ず行くでしょうね…
ikebukuro-camp2.jpg
ikebukuro-camp1.jpg
ikebukuro-camp3.jpg
注文を受けてから、目の前で一つずつフライパンで野菜を炒めてカレーソースを入れ…調理してくれます。

スコップ型のスプーンと、農用ホーク型のフォークが可愛い。
ikebukuro-camp4.jpg

最近食べたのは一日分の野菜カレー、
ikebukuro-camp5.jpg

期間限定商品ですが、秋茄子とトマトの南インド風カレー。
ikebukuro-camp6.jpg
私は有料の辛さ増しも加えて、この店で最強の『5辛』にするので必ず千円超えのカレーになりますが、この味と良い野菜を食べた満足感はたまりませんね。

カレーといえば金沢カレーの"ゴーゴーカレー"
ikebukuro-gogocurry1.jpg

池袋には何店舗もありますが…
ikebukuro-gogocurry7.jpgikebukuro-gogocurry9.jpg
ikebukuro-gogocurry10.jpg

同じ石川県出身かつ『ゴー』つながりである永井豪先生の「デビルマン」をモチーフにして、限定で一時期出していたデビルカレーには興奮しました。
ikebukuro-gogocurry2.jpg
ikebukuro-gogocurry3.jpgikebukuro-gogocurry4.jpg

手羽先揚げ2本でデビルウイングを模しているのですね。ただし激辛カレーという名目でしたが、これが全然辛くなかったのは残念でした…
ikebukuro-gogocurry5.jpg
この後は第二弾として「キューティーハニー」とコラボした『ハニーカレー』も出ましたが、現在は永井豪先生とのコラボはお休み中。

ゴーゴーカレー、
ikebukuro-gogocurry8.jpg

メジャーカレー。
ikebukuro-gogocurry6.jpg

続いては池袋駅東口方面へ。
toshimaku-ikebukuro75.jpg

東池袋一丁目のサンシャイン通りにある映画館"シネマサンシャイン池袋"は昔よく通ったのですが、最近行ってないな~…ん、そういえば近年行った時に写真撮っておいたような。で、探したら見つかった!
ikebukuro-cinema-sunshine1.jpg
ikebukuro-cinema-sunshine2.jpg

その映画はリドリー・スコット監督の「プロメテウス」でしたよ。
ikebukuro-cinema-sunshine3.jpg
あーあ、これはもう公開されてからちょうど2年が経ってます。ここに限らず、私はもう映画館自体あまり行かなくなりましたからね…
いや、家ではどうにか時間を工面して平均一日一本以上は映画を観続けているのですが、大画面で集中して観るより部屋で酒飲みながら昔の映画を気楽に観る、という方に趣味がシフトされちゃったのです。

現在公開中の映画を眺めたら「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」その他色々ありましたが…もう新作情報とか調べても観たい映画がほとんどないのは老化のせいでしょうか。
toshimaku-ikebukuro116.jpg
でも待てよ、クソとんでもない名作「あしたのジョー」でウルフ金串とゴロマキ権藤が闘った『池袋東口映画街』ってのは、かつてのこの辺りじゃないんですかね?で、ジョーも参戦したあの喫茶店のモデルになった店とか、存在しているんですかね!?

近くの"日高屋"、東池袋店で中華そば。
ikebukuro-hidakaya1.jpg
ikebukuro-hidakaya2.jpg

グリーン大通りの裏路地にある、"開楽 本店"
ikebukuro-kailaku1.jpg
ikebukuro-kailaku6.jpg

ここのジャンボ餃子は最高ですね。
ikebukuro-kailaku2.jpg
ikebukuro-kailaku3.jpg

他につけ麺、
ikebukuro-kailaku4.jpg

味噌ラーメン。
ikebukuro-kailaku5.jpg

ククク…いい気になるなよ、奴は四天王の中でも最弱…と、いうのは少年漫画でよく見られる描写ですが、ここは"ラーメン四天王"
ikebukuro-shitenno1.jpg
ikebukuro-shitenno2.jpg
卍丸!センクウ!羅刹!影慶!…というのは、男塾死天王。『四』を『死』と書く所をカッコいいと思っていた、当時の私はつくづく小学生よ。

"ラーメン商店 佐藤"は、今度行こうと思っているうちに閉店しちゃいました。
toshimaku-ikebukuro107.jpg

その跡地に居抜きでオープンした"東京肉そば力屋"で、
ikebukuro-rikiya1.jpg

肉そば醤油、
ikebukuro-rikiya2.jpg
ikebukuro-rikiya3.jpg

肉そば味噌。
ikebukuro-rikiya4.jpg

池袋のラーメン店で行列といえば、"麺創房無敵家"。こんなの並んでられるかー!というわけでここ数年は食べてません。
ikebukuro-mutekiya1.jpg

"本格中華麺店 光麺"の、池袋本店がこちら。
ikebukuro-kohmen1.jpg

醤油光麺(ちぢれ麺)、
ikebukuro-kohmen2.jpg

骨太光麺(太麺)、味玉トッピング。
ikebukuro-kohmen3.jpg
ikebukuro-kohmen4.jpg

熊本ラーメンの"桂花ラーメン"、池袋サンシャイン60通り店で、
ikebukuro-keika-raumen1.jpg

細麺桂花、
ikebukuro-keika-raumen2.jpg
ikebukuro-keika-raumen3.jpg

桂花ラーメンは、中太のストレート麺です。
ikebukuro-keika-raumen4.jpg
ikebukuro-keika-raumen5.jpg

"九州じゃんがら 西武池袋店"で、
ikebukuro-kyusyujangara1.jpg

九州じゃんがら、
ikebukuro-kyusyujangara2.jpg

からぼん、味玉子入り、
ikebukuro-kyusyujangara3.jpg

炙りチャーシューごはん。
ikebukuro-kyusyujangara4.jpg

小吉セット、で頂いた事もありました。
ikebukuro-kyusyujangara5.jpg

この西武池袋では、先日まで開催されていた『秋の北海道うまいもの会』にも行きました。
toshimaku-ikebukuro112.jpg

目当ては"函館朝市 いくら亭"で、
toshimaku-ikebukuro111.jpg
toshimaku-ikebukuro113.jpg

いくら丼。
toshimaku-ikebukuro114.jpg
toshimaku-ikebukuro115.jpg

ここはどれだけ有名なんでしょうか…山岸一雄氏の"元祖つけ麺 東池袋大勝軒"本店。
ikebukuro-TAISYOKEN1.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN2.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN3.jpg

こしょうは、市販もされている山岸一雄監修・花胡椒。
ikebukuro-TAISYOKEN4.jpg

そして中華そば、
ikebukuro-TAISYOKEN5.jpg

もりそばです。
ikebukuro-TAISYOKEN6.jpg

こちらは南池袋パーク街にある東池袋 大勝軒の直営店…"南池袋 大勝軒"で、
ikebukuro-TAISYOKEN7.jpg

ラーメンです。
ikebukuro-TAISYOKEN8.jpg

東池袋 大勝軒はこれまでにエースコックとコラボして様々な形でカップ麺化もしていますが、その一部を紹介すると…
東池袋大勝軒50周年記念 ワンタン中華そば、
ikebukuro-TAISYOKEN9.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN11.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN10.jpg

池袋大勝軒 職人道60周年 幻の広東麺、
ikebukuro-TAISYOKEN15.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN14.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN16.jpg

山岸一雄継承の味わい 麺絆、
ikebukuro-TAISYOKEN12.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN13.jpg

池袋大勝軒 復刻版 上海焼そば、
ikebukuro-TAISYOKEN19.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN18.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN17.jpg

池袋大勝軒 こころの中華そば、
ikebukuro-TAISYOKEN20.jpgikebukuro-TAISYOKEN21.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN22.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN23.jpg

他にもまだまだ出ていましたが、最新作はこれ、池袋大勝軒 野菜タンメン 大盛りですね。
ikebukuro-TAISYOKEN24.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN25.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN26.jpg
ikebukuro-TAISYOKEN27.jpg

南池袋パーク街で近くには"博多 一風堂 池袋店"だとか、
ikebukuro-ippudo1.jpg

"ラーメン二郎 池袋東口店"などの名店もありますが、
ikebukuro-jiro1.jpg

私は"屯ちん 池袋本店"に行ってますね。
ikebukuro-tonchin1.jpg

最近のれんや看板をリニューアルしたここで…
ikebukuro-tonchin3.jpg

ラーメン、
ikebukuro-tonchin4.jpg

特製みそラーメン。
ikebukuro-tonchin5.jpg

薬味には柚子一味など、置いています。
ikebukuro-tonchin6.jpg

屯ちんは池袋西口店もありますが、いずれも人気が高い。
ikebukuro-tonchin2.jpg

"東京油組総本店 池袋東組"で、
ikebukuro-tokyo-aburasoba1.jpg

油そば並盛。
ikebukuro-tokyo-aburasoba2.jpg
ikebukuro-tokyo-aburasoba3.jpg

"餃子の王将 池袋東口店"で、焼めしと餃子。
ikebukuro-ohsho1.jpg
ikebukuro-ohsho2.jpg
ikebukuro-ohsho3.jpg

ところでこの夏、池袋PARCO(パルコ)にもオープンした"フライングタイガー コペンハーゲン"ですが、同・大阪店の激混み状況を見てきた身には信じられないほどあっさり入れました。
ikebukuro-flying-tiger-copenhagen1.jpg
ikebukuro-flying-tiger-copenhagen2.jpgikebukuro-flying-tiger-copenhagen3.jpg

で、そのパルコ内にあるタイ料理店の"タイサバイ"
ikebukuro-thai-sabay2.jpg
ikebukuro-thai-sabay1.jpg

生春巻などの前菜に、タイごはん(カーオ)、
ikebukuro-thai-sabay3.jpgikebukuro-thai-sabay4.jpg

パクチー(香菜)を追加して、タイの焼きビーフン(パッタイ)。
ikebukuro-thai-sabay5.jpg
ikebukuro-thai-sabay6.jpgikebukuro-thai-sabay7.jpg

トムヤム餃子、
ikebukuro-thai-sabay9.jpg

ガパオ炒飯、
ikebukuro-thai-sabay11.jpg

チキンカレー・ヌードル(カオ・ソイ)。
ikebukuro-thai-sabay12.jpgikebukuro-thai-sabay13.jpg

マンゴージュースとタピオカ&ココナッツミルク(サー・クー)も頂いちゃって、
ikebukuro-thai-sabay10.jpgikebukuro-thai-sabay8.jpg

〆はタロイモのプリン(カノム・モーゲン)というスイーツ日和。
ikebukuro-thai-sabay14.jpg

同じくタイ料理店で、次はサンシャイン通り沿いにある"プーアン"(Puan)の池袋店。
ikebukuro-puan1.jpg
ikebukuro-puan2.jpg

マンゴーラッシーに、
ikebukuro-puan5.jpg

ラープガイ(鶏のスパイシーハーブ和え)、
ikebukuro-puan3.jpg

ソムタム(青いパパイヤのサラダ)。
ikebukuro-puan4.jpg

"PHO24 池袋東口駅前"は、ベトナム料理好きとしては便利な店だったのですが…去年閉店しちゃいました。チェーン店ですが、美味しかったのに残念。
ikebukuro-pho-twenty-four1.jpg
ikebukuro-pho-twenty-four2.jpg
ikebukuro-pho-twenty-four6.jpg

ベトナムビール、ビアハノイ(BIA HANOI)、
ikebukuro-pho-twenty-four3.jpg

生春巻き、揚げ春巻き、
ikebukuro-pho-twenty-four4.jpgikebukuro-pho-twenty-four5.jpg

鶏肉のPHO、
ikebukuro-pho-twenty-four7.jpg

たっぷり野菜のPHO。
ikebukuro-pho-twenty-four8.jpg
ikebukuro-pho-twenty-four9.jpg

追加分の野菜も別皿で付いてきます。
ikebukuro-pho-twenty-four10.jpg

"HUB池袋東口店"で、
ikebukuro-hub1.jpg
ikebukuro-hub2.jpg

ちょっと呑み。
ikebukuro-hub5.jpg
ikebukuro-hub3.jpg
ikebukuro-hub4.jpg

"ラ・パウザ(La Pausa) 池袋60階通り店"
ikebukuro-lapausa1.jpg

ここはイタリアンをつまみに安く飲める店。生ビールとマルゲリータに…
ikebukuro-lapausa2.jpgikebukuro-lapausa5.jpg

豚バラとレタスのわさび風味、
ikebukuro-lapausa3.jpg

ツナのトマトソース。
ikebukuro-lapausa4.jpg

"バルデリコ サンシャイン通り店"(Bar de Rico)。
ikebukuro-bar-de-rico15.jpg
ikebukuro-bar-de-rico1.jpg
ikebukuro-bar-de-rico8.jpg
ikebukuro-bar-de-rico13.jpg
ikebukuro-bar-de-rico14.jpg

ビール各種、
ikebukuro-bar-de-rico2.jpgikebukuro-bar-de-rico3.jpgikebukuro-bar-de-rico4.jpg

ワインも進みます。
ikebukuro-bar-de-rico6.jpgikebukuro-bar-de-rico7.jpg

イタリアンなつまみが美味い!
ikebukuro-bar-de-rico5.jpgikebukuro-bar-de-rico10.jpg
ikebukuro-bar-de-rico11.jpgikebukuro-bar-de-rico12.jpg
ikebukuro-bar-de-rico9.jpg

"半兵ヱ池袋サンシャイン60通り店"
ikebukuro-hanbey1.jpg
ikebukuro-hanbey2.jpg
ikebukuro-hanbey3.jpg

この手のレトロ居酒屋で食べ物が美味しかったためしは無いけどね…安く呑み食いして騒ぐには、悪くない。
ikebukuro-hanbey4.jpgikebukuro-hanbey5.jpgikebukuro-hanbey6.jpg
ikebukuro-hanbey7.jpgikebukuro-hanbey8.jpgikebukuro-hanbey9.jpg
ikebukuro-hanbey10.jpgikebukuro-hanbey11.jpgikebukuro-hanbey12.jpg
ikebukuro-hanbey13.jpgikebukuro-hanbey14.jpgikebukuro-hanbey15.jpg
ikebukuro-hanbey16.jpgikebukuro-hanbey17.jpgikebukuro-hanbey18.jpg
ikebukuro-hanbey19.jpg

"すし居酒屋小池"
ikebukuro-koike1.jpg
ikebukuro-koike2.jpg

ここは生ビールとチューハイが100円。
ikebukuro-koike3.jpgikebukuro-koike4.jpgikebukuro-koike5.jpg

この手のファスト居酒屋にしてはつまみも悪くなくて…たこ焼き、鉄板!牛すじ味噌煮込み、
ikebukuro-koike6.jpgikebukuro-koike7.jpg

寿司と刺身の、下駄盛り。
ikebukuro-koike8.jpg

"大衆酒場 かぶら屋 2号店"で、やきとんや静岡おでんなど。
ikebukuro-kaburaya1.jpg
ikebukuro-kaburaya2.jpgikebukuro-kaburaya3.jpg
ikebukuro-kaburaya4.jpgikebukuro-kaburaya5.jpg
ikebukuro-kaburaya8.jpgikebukuro-kaburaya6.jpg
ikebukuro-kaburaya7.jpg
ikebukuro-kaburaya9.jpg

"やきとんのみつぼ"
ikebukuro-mitsubo1.jpg
ikebukuro-mitsubo2.jpg

安くて王道、やきとんの名店ですね。
ikebukuro-mitsubo3.jpgikebukuro-mitsubo4.jpg
ikebukuro-mitsubo5.jpgikebukuro-mitsubo6.jpg
ikebukuro-mitsubo7.jpg
ikebukuro-mitsubo8.jpg

池袋には戦後発達した闇市の露店から分散移転されて誕生した古くさい飲食街が数多くありましたが、まだ残る酒場横丁は栄町通り、
toshimaku-ikebukuro108.jpg

そして美久仁小路で…
toshimaku-ikebukuro100.jpgtoshimaku-ikebukuro101.jpg

そこにあるのが"大衆酒場 ふくろ"
ikebukuro-sakaba-fukuro1.jpg
ikebukuro-sakaba-fukuro2.jpg
ikebukuro-sakaba-fukuro4.jpg

ふくろは西口を出てすぐの所にもありますが、まだこちらの方が空いているのでいいかな。美味い…雰囲気よし。
ikebukuro-sakaba-fukuro3.jpgikebukuro-sakaba-fukuro5.jpg
ikebukuro-sakaba-fukuro7.jpgikebukuro-sakaba-fukuro8.jpg
ikebukuro-sakaba-fukuro9.jpgikebukuro-sakaba-fukuro10.jpg
ikebukuro-sakaba-fukuro6.jpg

ライヴは"音処 手刀"(チョップ)で、『STABAT MATER presents GOTHIC METAL GODDESS Vol.5』に行っています。
ikebukuro-chop1.jpg
ikebukuro-chop2.jpg
ikebukuro-chop25.jpg

日本初となったゴシックメタル専門のライブイベントも、これでもう5回目だったのですね。お酒を呑みながら…
ikebukuro-chop3.jpgikebukuro-chop14.jpg

この時はDie Like Mayfly、
ikebukuro-chop4.jpg

Sincerity Green、
ikebukuro-chop7.jpg
ikebukuro-chop6.jpg
ikebukuro-chop5.jpg

望月芳哲&岸本淳一&新井陽子&Ironfist辰嶋カルテット、
ikebukuro-chop8.jpg

外国でも評価が高いと噂のメランコリック・ゴシック・メタル・バンド…eleanor、
ikebukuro-chop9.jpg
ikebukuro-chop10.jpg
ikebukuro-chop11.jpg
ikebukuro-chop12.jpg

この日は何と、2ndアルバムでゲスト参加しているヴァイキング/フォーク・メタル・バンドBELLFASTのKoh Nishino氏も登場!(↓の写真1枚だけ、ネットで拾いました)
ikebukuro-chop23.jpg
ikebukuro-chop13.jpg

そしてトリはもちろん、このイベントを主催しているSTABAT MATER(スターバト・マーテル)が登場です!!
ikebukuro-chop15.jpg
ikebukuro-chop16.jpg

あまり動きが活発でないのが悔やまれるバンドなだけに、次のライヴ情報が待ち遠しいです。
ikebukuro-chop17.jpg
ikebukuro-chop18.jpg
ikebukuro-chop19.jpg
ikebukuro-chop20.jpg
ikebukuro-chop21.jpgikebukuro-chop22.jpg
ikebukuro-chop24.jpg

ゴシック・メタルの仲間達!
ikebukuro-chop26.jpg

あとは池袋といえばフクロウ。
toshimaku-ikebukuro76.jpgtoshimaku-ikebukuro79.jpgtoshimaku-ikebukuro95.jpg
toshimaku-ikebukuro103.jpgtoshimaku-ikebukuro104.jpg
toshimaku-ikebukuro77.jpgtoshimaku-ikebukuro82.jpg
toshimaku-ikebukuro83.jpgtoshimaku-ikebukuro96.jpg
toshimaku-ikebukuro80.jpg
toshimaku-ikebukuro81.jpg
toshimaku-ikebukuro102.jpg

池袋駅から山手線で『外回り』に一駅動くと、大塚駅です。
ohtsuka-street1.jpg
つげ義春先生と関わりが深い高野慎三氏の「つげ義春を旅する」によれば、この大塚駅が名作「チーコ」で出てきた駅のモデルだったらしいんですよね。
最近の話では、桜沢エリカ先生の漫画「LOVE VIBES」を2009年に実写化した映画「カケラ」…けっこう好きな邦画ですが、あれでロケ地になっていました。

今回この地へはちょっと寄っただけですが、ラーメン屋は"二十六代目 哲麺"で、
ohtsuka-tetsumen1.jpg

豚骨醬油ラーメンに味玉トッピング。
ohtsuka-tetsumen2.jpg
ohtsuka-tetsumen3.jpg

麺のかたさは8種類あり、私は最初のベースも替え玉も『ばりかた』。
ohtsuka-tetsumen4.jpg

替え玉まで食べて腹いっぱいの状態で見つけてしまったのが"喜楽"。私の好きな『辛麺』をウリにしている店みたいで、
ohtsuka-kiraku1.jpg

表でメニューを見ると、中本でおなじみの『蒙古タンメン』まであります…次回は絶対食べます!
ohtsuka-kiraku2.jpg

あとは"菜魚味や"で呑んで帰りました。
ohtsuka-nagomiya1.jpg
ohtsuka-nagomiya2.jpgohtsuka-nagomiya3.jpgohtsuka-nagomiya4.jpg
ohtsuka-nagomiya5.jpgohtsuka-nagomiya6.jpgohtsuka-nagomiya7.jpg
ohtsuka-nagomiya8.jpgohtsuka-nagomiya9.jpgohtsuka-nagomiya10.jpg

次の駅は、巣鴨。
安達哲先生の「バカ姉弟」で舞台となった…というより、一般的には『おばあちゃんの原宿』として知られる超有名スポットですね。仏のBRUCEとして知られる私も、最近性格の捻じ曲がったババアなどを相手する機会があって敬老精神を失いキレそうになっていますが、何とか笑顔を作って!
toshimaku-sugamo79.jpg

この時は、たまたまお祭りで、
toshimaku-sugamo66.jpg
toshimaku-sugamo67.jpg
toshimaku-sugamo68.jpg

御輿も繰り出していました。
toshimaku-sugamo69.jpg
toshimaku-sugamo70.jpg
toshimaku-sugamo71.jpg

私の地元では御輿は男が担ぐものでしたが、東京は担ぎ手に女性が多くていいですね。女性だけの御輿も出ています。
toshimaku-sugamo72.jpgtoshimaku-sugamo73.jpg
toshimaku-sugamo74.jpg
toshimaku-sugamo77.jpg
toshimaku-sugamo78.jpg

とげぬき地蔵尊で知られる、"高岩寺"へ…
toshimaku-sugamo75.jpg
toshimaku-sugamo76.jpg
toshimaku-sugamo80.jpg
toshimaku-sugamo81.jpg

洗い観音像。
toshimaku-sugamo82.jpg
toshimaku-sugamo83.jpg

境内で売ってた幸福だんごも喰いました。
toshimaku-sugamo84.jpg
toshimaku-sugamo85.jpg

次は江戸六地蔵尊の第4番知られる、"眞性寺"へ…
toshimaku-sugamo86.jpgtoshimaku-sugamo87.jpg

江戸六地蔵尊開眼三百年祭の、
toshimaku-sugamo88.jpg
toshimaku-sugamo89.jpg

開白法要にも立ち会いました。
toshimaku-sugamo90.jpg

食事は、大衆食堂の"ときわ食堂"が素晴らしい。
toshimaku-sugamo95.jpg

昼ビールに、名物のアジフライ、
toshimaku-sugamo96.jpg
toshimaku-sugamo97.jpg

煮物はこんにゃく煮、さつまあげ煮、鶏と大根煮、
toshimaku-sugamo98.jpg

刺身はあじ、たこ、ほたるいか…
toshimaku-sugamo99.jpg

サイコー!
toshimaku-sugamo100.jpg

"天丼てんや 巣鴨店"
toshimaku-sugamo91.jpg
toshimaku-sugamo92.jpg

そうだ、駅近くにあってそのままのネーミングだった"すがもらーめん"、閉店しちゃいましたね…
toshimaku-sugamo93.jpg

やはりラーメン店との出会いも一期一会。通るといつも気になっている、軍鶏らぁめんの"麺屋 鶏頂天"も早く行かなきゃ。
toshimaku-sugamo94.jpg

また一駅移動し、次の駒込駅近くでは…アザレア通り商店街などを歩き、
komagome1.jpg
komagome2.jpg

"中華 ゴマイホー"(五妹包)で、安く呑む。
komagome3.jpg
komagome4.jpgkomagome5.jpg
komagome6.jpgkomagome8.jpg
komagome7.jpg

ここには嬉しい激辛のスペシャルメニューもあり、その中から水煮牛肉(牛肉と野菜四川風煮込み)。
komagome9.jpg

今度は池袋駅から山手線で『内回り』に一駅動いて、目白駅へ。
mejiro-street1.jpg
mejiro-street2.jpg

有名店の"つけそば 丸長 目白店"、いつも行列ご苦労様です。
mejiro-marucho1.jpg

たまたま通りかかった"キャロット"(MAC's CARROT)。ずーっと前に友人のパーティーで来たことあるのを思い出しました。
mejiro-macscarrot1.jpg
mejiro-macscarrot2.jpg

最後はJRから外れて、西武鉄道池袋線の椎名町駅。電車の発車メロディは現在、アニメ「怪物くん」の主題歌が採用されていました。
siinamachi-street1.jpg
siinamachi-street2.jpg

駅は最近改修して綺麗になっており、初めて来た時とはまるで違う印象ですが、あの池袋からたった1駅というのに閑静な土地です。
siinamachi-street74.jpg

私の手元には豊島区全体の『マンガゆかりの地MAP』がありますが、
siinamachi-street63.jpg

結局は何と言ってもトキワ荘ですよ。
既にこのブログでは何度か書いた覚えがありますが、椎名町といえばトキワ荘があった『マンガの聖地』なのです。
現在は改札を出ると『椎名町駅ギャラリー』もあってトキワ荘関連の漫画家を特集した展示をしていますが、4ヶ月に一度更新されるみたいですね。
siinamachi-street3.jpg
siinamachi-street4.jpg
siinamachi-street5.jpg

この時は藤子・F・不二雄特集、
siinamachi-street72.jpg
siinamachi-street73.jpg
siinamachi-street90.jpg

この時は赤塚不二夫特集でした。
siinamachi-street108.jpg

たまらなく好きな、「もーれつア太郎」
siinamachi-street109.jpg

周辺には商店街もいくつかありますが、
siinamachi-street79.jpg
siinamachi-street78.jpg

こちら、すずらん通りには…
siinamachi-street75.jpgsiinamachi-street76.jpg

トキワ荘ミニ資料館がありました。
siinamachi-street77.jpg

長崎神社で…
siinamachi-street80.jpg
siinamachi-street81.jpg
siinamachi-street82.jpg

日露戦役記念碑に手を合わせて、
siinamachi-street83.jpg

"椎名町 たい焼き かりゆし"。ここのたい焼きが美味かったのですが、現在は閉店してしまいました。
siinamachi-street68.jpg
siinamachi-street69.jpg

"ぎょうざの満洲"で生レモンチューハイを飲みながら、食べた物は…
siinamachi-street94.jpg
siinamachi-street120.jpg

焼餃子、水餃子、
siinamachi-street121.jpg
siinamachi-street123.jpg

かた焼きそば、
siinamachi-street124.jpg

みそラーメン。
siinamachi-street125.jpg
siinamachi-street122.jpg

"居酒屋正ちゃん"。土地が土地だけに、この屋号は「オバケのQ太郎」の正ちゃん(大原正太)から?と思ってしまいますね。しかもここ、朝の10時から呑める店!
siinamachi-street84.jpg

さて、トキワ荘の跡地あたりへ向かいますか…
siinamachi-street6.jpgsiinamachi-street9.jpg
siinamachi-street70.jpgsiinamachi-street71.jpg
siinamachi-street8.jpg

南長崎交番が建つ、この三叉路もおなじみ。「まんが道」で富山県高岡市から上京した満賀道雄と才野茂も、ここを歩いています。
siinamachi-street88.jpg

で、トキワ荘通り。
siinamachi-street107.jpg
siinamachi-street26.jpg
siinamachi-street25.jpgsiinamachi-street85.jpg
siinamachi-street86.jpgsiinamachi-street87.jpg

この辺りはトキワ荘の匂いを求めて何度も行っていますが、行く度にトキワ荘関連のオブジェや看板なども増えている印象です。
siinamachi-street35.jpg
siinamachi-street10.jpg
siinamachi-street11.jpg
siinamachi-street110.jpg
siinamachi-street111.jpg
siinamachi-street89.jpg

謎のスタンプラリーもやってました。各所に台が置いてあるだけでスタッフは誰も居ないし、揃えたらどうなるのかも分からない…
siinamachi-street64.jpg
siinamachi-street65-.jpgsiinamachi-street66.jpg

分かりやすいマップ付き案内チラシも配られていましたが、
siinamachi-street61.jpg

その最新型がこちら、冊子になっているトキワ荘ゆかりの地散策マップ 。旧・椎名町を歩く参考にしましょう。
siinamachi-street126.jpg

これは何だ、『トキワ荘通り』のチラシなのにかろうじてドラちゃんがいるだけで、あとは全然関係ないキャラじゃないですか。これが手塚、石森、赤塚、藤子…といった先生方の作品では自己主張が強すぎるからかな、謙虚ですね~。
siinamachi-street14.jpg
siinamachi-street15.jpg

何の変哲もない自動販売機でも、一応一つだけ石森キャラである仮面ライダーを発見。
siinamachi-street16.jpg

そうそう、私もこのダイドードリンコの『復刻堂 仮面サイダー』はけっこう買ってました。他にも同じ石森モノで、秘密炭酸ゴレンジャーなんてのもあったし。
siinamachi-street19.jpgsiinamachi-street20.jpg
siinamachi-street17.jpgsiinamachi-street18.jpg
siinamachi-street21.jpgsiinamachi-street22.jpg
siinamachi-street23.jpgsiinamachi-street24.jpg

手塚治虫先生の「トキワ荘物語」にも登場する、子育地蔵尊。
siinamachi-street34.jpg

商店街のおじちゃんが自主的にやっているのか?ここにも、トキワ荘ミニ資料館。
siinamachi-street92.jpg
siinamachi-street93.jpg

続いては南長崎花咲公園へ。
siinamachi-street48.jpg
siinamachi-street36.jpg
siinamachi-street37.jpg
siinamachi-street43.jpg

そもそもここには、記念碑『トキワ荘のヒーローたち』が出来たと聞いて、
siinamachi-street60.jpg

行ってみたのです。
siinamachi-street91.jpg
siinamachi-street38.jpg

近づいてみましょう。
siinamachi-street39.jpg
siinamachi-street40.jpg

かなり精巧に造られている、ブロンズのトキワ荘。
siinamachi-street41.jpg
siinamachi-street42.jpg

公園内…
siinamachi-street44.jpg
siinamachi-street47.jpg

あの漫画家達も遊んだかもしれない公園だから、テンション上がります。
siinamachi-street45.jpgsiinamachi-street46.jpg

この公園入口にある時計の"スエヒロ堂"
siinamachi-street49.jpg
siinamachi-street50.jpg

店内に飾られている貴重な品々を見せてもらいましたが、あと店主の小出さんは『トキワ荘通り協働プロジェクト』の事務局長を務めているのだとかで、もちろん椎名町生まれでトキワ荘があった時代も知っているので色々と話を伺いました。
話の流れから石森漫画の話なんかにもなると、マニアが来たって喜んでくれてました。
siinamachi-street51.jpg
siinamachi-street52.jpg
siinamachi-street53.jpg
siinamachi-street54.jpg

何故か石ちゃんこと、石塚英彦も来店しているようです。
siinamachi-street55.jpg

ここではサイン本で置いてた、山内ジョージ先生の「トキワ荘最後の住人の記録 若きマンガ家たちの青春物語」(東京書籍刊)を購入。
YAMAUCHI-tokiwa1.jpg
YAMAUCHI-tokiwa2.jpg

あとは永田竹丸先生の画による可愛いポストカードを頂いて、店を出ました。
siinamachi-street62.jpg

出る前にスエヒロ堂の小出さんが電話してくれたのがこの"ほんだ薬局"で、
siinamachi-street57.jpg

既に品切れになっていた冊子がここでは残っているのを確認し、私に渡すように伝えてくれました。
siinamachi-street67.jpg

ここもまた、石ちゃんが来てる。
siinamachi-street58.jpg

チューダーあめを購入。
siinamachi-street59.jpg
siinamachi-street56.jpg

さてさてトキワ荘跡地巡りのメインは、やはり実際にトキワ荘があった場所でしょう。跡地入口はこの立て看板が目印でしたが、
siinamachi-street95.jpg

そのうち藤子不二雄A先生、鈴木伸一先生、よこたとくお先生、水野英子先生…かつてトキワ荘に居住してまだ存命の先生方がサインを書き加えていました。
siinamachi-street96.jpg
siinamachi-street97.jpg

またその次に行った時には、
siinamachi-street98.jpg

横にこの看板が追加されていた!
siinamachi-street99.jpg

道を進み、ここはいよいよ豊島区南長崎三丁目16番、つまりトキワ荘が建っていた場所。この門柱は昔のまま。
siinamachi-street100.jpg
siinamachi-street101.jpg

現在は漫画と関係ない出版社の"日本加除出版株式会社"が土地を持っているのですが、本館の隣でにあるここ新館の社屋。ここがズバリ、トキワ荘跡地なんだそうで…
siinamachi-street102.jpg

2年ちょっと前に、ようやく『トキワ荘跡地記念碑』というモニュメントが設置されました。そのニュースを聞いて駆けつけた時はフライングしてしまい、まだ除幕式前で、
siinamachi-street103.jpg
siinamachi-street104.jpg

除幕後にまた改めてこの地を訪れたものです。ただし我々がすぐにイメージするおなじみのトキワ荘の外観である正面玄関は反対側で、このモニュメントがあるのは裏口側なのだと、事情通に聞きました。
siinamachi-street105.jpg

この石造りのトキワ荘も、あれから随分と雨風にさらされていい味が出てきました。
siinamachi-street106.jpg

近くにあり、ここは現存しているのがありがたい…"紫雲荘"
siinamachi-street30.jpg
siinamachi-street31.jpg

赤塚不二夫先生がトキワ荘だけでは手狭になり、借りていたアパートです。
siinamachi-street32.jpg

一般のアパートでもあるので通常は非公開ですが、赤塚先生のいた202号室はトキワ荘通り協働プロジェクトが事務局として抑えていて、たまにイベントなどで公開してくれるそうです。
siinamachi-street33.jpg

トキワ荘の向かい側に…「まんが道」時代は"落合電話局"であり、満賀と才野にとって出版社との大事な通信手段だった電話ボックスがありました。現在はNTT東日本。
siinamachi-street27.jpg

ここから、電話を。
siinamachi-street28.jpgsiinamachi-street29.jpg

同作においてかわいい店員の『菊菓堂』で二人がパンなどを買い物するシーンもありましたが、モデルとなった現実の店舗は"片山菊香堂"であり、そこも閉店してしまいましたが跡地に建ったコンビニも山崎製パン系列の"デイリーヤマザキ"なのは、一応その名残りでしょうか。
siinamachi-street7-.jpg
この隣の建物も、赤塚不二夫先生とよこたとくお先生が住んだ"鈴木園"だったのだとか。

ではそろそろ、現存する「まんが道」の聖地…「松葉」へ。
toshimaku-siinamachi-matuba19.jpg

店の前には自分の店が描かれた漫画のページが飾ってあり、
toshimaku-siinamachi-matuba21.jpgtoshimaku-siinamachi-matuba23.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba20.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba22.jpg

メニューを見ると…トキワ荘ラーメンライスなんてのも誕生していました。
toshimaku-siinamachi-matuba26.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba25.jpg

瓶ビールを呑みながら店内の展示物を見ると…
toshimaku-siinamachi-matuba24.jpg

昔の松葉や、藤子A先生との写真、
toshimaku-siinamachi-matuba27.jpg

藤子A先生のサイン色紙。
toshimaku-siinamachi-matuba28.jpg

鈴木伸一先生、よこたとくお先生、水野英子先生。
toshimaku-siinamachi-matuba33.jpg

もう!また石ちゃん…
toshimaku-siinamachi-matuba29.jpg

他に田中圭一先生、
toshimaku-siinamachi-matuba31.jpg

山田ゴロ先生、
toshimaku-siinamachi-matuba32.jpg

おじゃる丸の大地丙太郎監督、
toshimaku-siinamachi-matuba30.jpg

そして、昨年実写映画化もされた「東京シャッターガール」の桐木憲一先生!
toshimaku-siinamachi-matuba34.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba35.jpg
かつて紫雲荘に仕事場を持っていたそうですが、現在もトキワ荘の近くに住んで『「トキワ荘通り協働プロジェクト』に参加しているのだとか。

店内に置いていたメッセージノートに落書きして…
toshimaku-siinamachi-matuba36.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba37.jpg

と、やっているうちにまず餃子が到着。
toshimaku-siinamachi-matuba38.jpg
toshimaku-siinamachi-matuba39.jpg

その時に利用するのが、『松葉 潮州ラー油』です。
toshimaku-siinamachi-matuba40.jpg

そしてラーメン、
toshimaku-siinamachi-matuba41.jpg

タン麺。
toshimaku-siinamachi-matuba42.jpg

ちなみにこの店、トイレを借りようとしたら一度店外に出て脇の細い道を進むように促されまして、店の方が居住する家の茶の間を通って家庭のトイレを借りる事になります…
toshimaku-siinamachi-matuba43.jpg

こうしてトキワ荘関連を巡っていますが、一番最近の動きは何と言ってもこの米屋さんが…
siinamachi-street12.jpg
siinamachi-street13.jpg

"豊島区トキワ荘通りお休み処"として、記念館にリニューアルされてオープンした事ですね。
siinamachi-street112.jpg
siinamachi-street113.jpg

中の看板にはおなじみメンバーのサインが描き込まれており、
siinamachi-street114.jpg

サイン色紙もズラッと並んでいますが、
siinamachi-street116.jpg

森田まさのり先生、
siinamachi-street117.jpg

巻来功士先生、
siinamachi-street118.jpg

平松伸二先生、
siinamachi-street119.jpg
…と、私の世代で少年ジャンプ育ちとしては外せない大好きな漫画家ながら、トキワ荘との関連はよく分からない先生方も来ていました。

2階にはテラさんこと寺田ヒロオ先生の部屋を再現したコーナー等があり、1階ではトキワ荘関連漫画家の作品を自由に読む事が出来ます。
siinamachi-street115.jpg
私はトキワ荘関連の漫画家の作品は大好きなので長い時間とお金をかけて集めて読んだ口ですが、良い所を人に薦めてもまずほとんどの人が自分で買って読んではくれないんですよね…でもここに来ればタダで、名作をたっぷりと読む事が出来ます。実際に作者が住んでいた土地で作品を読める、超お薦めスポットです!


スポンサーサイト
  1. 2014/10/17(金) 23:00:17|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<梶原一騎(63) 荘司としお 1 「夕やけ番長」 1 | ホーム | 旅行・紀行・街(182) 東京都足立区 1 荒川区 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1355-ab376b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/18 09:23)

高岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/10/18(土) 09:23:57 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する