大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

日野日出志(55) 「牡丹燈記」

ここ数回はホラー漫画を紹介してきたので、となればこの方、ホラー漫画界の重鎮である日野日出志作品も久々にいきましょう…「牡丹燈記」(主婦の友社刊)です。
HINO-botandouki.jpg

日野日出志先生には珍しく、あからさまに雇われ仕事。古典を原作にコミカライズに徹した1978年の作品で、TOMOコミックスで全1巻。1360年の中国を舞台にして、最初の8ページはオールカラー、その後もしばらくパートカラーで続きます。

その内容を見ると、主人公の喬生という男が亡くした妻を想って燈籠祭へ出かけた時に出会った符淑芳という美しい娘(それと侍女の金蓮)と仲良くなり、家に招いて毎夜至福の時を過ごすようになりますが、隣人によって符淑芳がこの世の者ではなく、恐ろしい髑髏の姿をしている事がわかるのです。
自分が化け物に魅入られたのだと気付いた喬生は、取り殺される前に"玄妙館"の法師さまから魔除けの護符を貼って符淑芳らが家に入れないようにしましたが、これで恨みを買って結局は殺される…という話。

何だか知っている話ですね。そう、このタイトルでもお分かりの通り日本三大怪談の一つでもある「牡丹灯籠」の元ネタでした。
中国の怪異小説集「剪灯新話」に所収されていた、この「牡丹燈記」を日本では落語の三遊亭圓朝が「牡丹灯籠」として複雑な演目に仕立てて広めたため、度重なる映像化で引き継がれて現在我々が観ているおなじみの姿になっているのですね。
この本には「首のすげかえ」「鬼石」という2編も併録していますが、こちらも同様に中国の古典怪談を原作にしています。

やはり髑髏の幽霊を描く所などは力が入っていて日野日出志先生を起用した効果があったとは思いますが、そんなシーンはほんの少ししかないし、特にグロテスクな方向に行く事なく、時にロマンチックだったりもするお話をしっかりと描いていました。
作者の一言として、日野作品も日本の民話や「今昔物語」が出発点になっているから、その元になった話も多い中国の怪談などは自身のルーツと言えるかも、と語っています。
巻末の解説は日本推理作家協会理事で自身も小説家の加納一朗氏。


考えてみれば人間の間柄というものは ふしぎなものじゃ……
あの世の者も この世の者も
人をおもう心に かわりはないというものじゃ



スポンサーサイト
  1. 2014/12/04(木) 23:00:52|
  2. 日野日出志
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(186) 東京都立川市 1 福生市 1 | ホーム | ホラー漫画(83) 御茶漬海苔 8 「魔夜子ちゃん」「魔夜子ちゃん完結編」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1366-7ac9162c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する