大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(186) 東京都立川市 1 福生市 1

今回は東京都郊外、多摩地域の市を二箇所…まずは立川市です。
tachikawa-street5.jpg

立川は、私のような地方出身者からしたらけっこう謎めいている郊外の街です。
松本清張原作・野村芳太郎監督の映画「ゼロの焦点」では『立川でパンパンをしていた』過去が鍵になるので戦後の事情が想像出来るし、それに比べたらグッと新しいですがゲッツ板谷の自伝的小説で漫画化や映画化もされた「ワルボロ」で描かれたような、不良同士が朝鮮学校も含めて抗争を繰り広げているデンジャラスな戦闘地帯…というあれは1980年代の立川が舞台。
現在はもう街は再開発されているし、普通に健全な印象。夜の立川駅も、今は治安良いので安心して遊びに行きましょう。
tachikawa-street12.jpg

立川駅はJR中央線特別快速電車に乗れば新宿駅からは25分で着く事もあり、駅の周辺はかなり栄えています。
立川駅構内をゆるキャラが闊歩している事もありますが、
tachikawa-street2.jpg

地元の女子高生達がキャーキャー行って寄っていく。中身はおっさんなのに…イイね!
tachikawa-street3.jpg
tachikawa-street4.jpg

立川市のマンホールは『市の花』、コブシ。これは私の故郷、新潟県魚沼市の『市の木』もコブシです。それは私の幼少期から旧・北魚沼郡小出町でも『町の木』でしたが、同じコブシを立川は『花』として、魚沼は『木』として認定しています。
tachikawa-street6.jpg
tachikawa-street7.jpg

あと、立川駅周辺には芸術作品がやたらと多いですよね。
tachikawa-street8.jpg
tachikawa-street9.jpg

歩き疲れたら、芸術的な椅子で休みましょう。
tachikawa-street10.jpg
tachikawa-street11.jpg

おお、中村光先生のヒット作「聖☆おにいさん」の旗。あれはブッダとイエスが何故かこの立川の風呂なしアパートで住む話でしたからね。
tachikawa-street1.jpg

それから立川には多摩都市モノレールの本社が有り、もちろん街中を走ってもいます。
tama-monorail11.jpg
tama-monorail1.jpg
tama-monorail2.jpg
tama-monorail3.jpg
tama-monorail4.jpg
tama-monorail5.jpg
tama-monorail6.jpg

歩いていても、頭上にモノレール!
tama-monorail7.jpg
tama-monorail8.jpg
tama-monorail9.jpg
tama-monorail10.jpg

立川からすぐ隣へ、
tachikawa-ikea6.jpg

高松駅に行くと最近ではスウェーデン発祥の家具店・"イケア"(IKEA)が今年オープンしており、かなり集客しているようでした。
tachikawa-ikea1.jpg
tachikawa-ikea2.jpg

家具の購入必要がない私も寄ってみましたが、目当てはフードコーナーです。
tachikawa-ikea3.jpg
tachikawa-ikea4.jpg

ここでフランクフルトを食べました。
tachikawa-ikea5.jpg

立川市役所。
tachikawa-street13.jpg
tachikawa-street14.jpg

敷地内に巨大な本のオブジェがありましたが、これは金属造形作家・小沢敦志氏による『一冊の街』という作品なのだとか。
tachikawa-street15.jpg

わ、東京地方裁判所もありますよ。千代田区にある、あのでかい裁判所の支部みたいです。
tachikawa-street16.jpg

そして"立川防災館"。防災意識を持つ事って重要ですよね。
tachikawa-street18-.jpg
tachikawa-street17.jpg

防火ゲームや地震時行動シミュレーション、その他で楽しみながら学べる施設でした。
tachikawa-street20.jpg

内閣府の桜を見て、
tachikawa-street21.jpg
tachikawa-street19-.jpg

立川市子ども未来センター内にある"立川まんがぱーく" へ。入館料大人400円で、一日中漫画を読み放題です!
tachikawa-street23.jpg
tachikawa-street24.jpg
tachikawa-street25.jpg
tachikawa-street26.jpg

ある時は巨大フードフェス・まんパクこと満腹博覧会を目指して進みましたが、今年は行けなかったので去年の物。
tachikawa-manpaku1.jpg
tachikawa-manpaku2.jpg

会場の国営昭和記念公園へ行くと、
tachikawa-manpaku3.jpg

あの豚キャラが目印。
tachikawa-manpaku4.jpg

こいつ、公式キャラクターで『豚のぽぅ』というのだとか。
tachikawa-manpaku5.jpg
tachikawa-manpaku6.jpg
入場料が500円かかるので、代々木公園で頻繁に行われているフードフェスは無料なのに…と思わないでもないですが、その分空いててのんびり過ごせますね。ペットの入場禁止なので、苦手な人もOK!
そうそう、犬猫大好きな私も人間が食べる所で一緒に居て欲しいとは思わないですからね。屋外イベントならまだいいですが、ペット連れOKとか謳ってる飲食店は非常識すぎると思うし。

さて昼のビールは当然美味いわけですが、この世界のビールブースで、
tachikawa-manpaku7.jpg
tachikawa-manpaku8.jpg

選んだ海外ビールは…メキシコのドスエキス・アンバー(DOS_EQUIS_Amber)、イタリアのメナブレア・ストロング(MENABREA STRONG)のダブルモルト、スペインのアルハンブラ・エスペシャル(Alhambra Especial)、。
tachikawa-manpaku9.jpgtachikawa-manpaku10.jpgtachikawa-manpaku11.jpg

その他、お酒を売っている店がいくつもあって良いですね。
tachikawa-manpaku19.jpg
tachikawa-manpaku12.jpg
tachikawa-manpaku14.jpgtachikawa-manpaku15.jpg

売ってくれたカワイ子ちゃん達は、こちら。
tachikawa-manpaku13.jpg

早くもほろ酔いです。
tachikawa-manpaku34.jpg

しかし国営昭和記念公園って隣の昭島市までかけて凄い広大な土地を使っているのですね。まんパクはその一部、『みどりの文化ゾーン』で行われているのですが、次は"昭和天皇記念館"に行ってみたいと思います。
まんパクだけでもけっこう広々と土地を使っていて、7つのエリア(ご当地、ワールド、カレー、ラーメン、餃子、から揚げ、スイーツ)がありました。

私が購入したつまみは"札幌コロッケ倶楽部"、
tachikawa-manpaku16.jpg
tachikawa-manpaku17.jpg
tachikawa-manpaku18.jpg

近所にある店ですが高円寺のメキシコ料理店、"テキーラハウス"が出店していたので…
tachikawa-manpaku20.jpg

アボカドのナチョスを頂きました。
tachikawa-manpaku21.jpg

肉汁スプラッシュ!の"包王"で、
tachikawa-manpaku22.jpg

焼き餃子と、福包み焼き餃子。
tachikawa-manpaku23.jpg
tachikawa-manpaku24.jpg

カレーはどこのを選ぶかが、一番迷いましたね。
元メジャーリーガーの松井秀喜氏の母が作っていたカレーのレシピを忠実に再現したという『松井家秘伝のカレー』もちょっとだけ気になりましたが、まぁ私はプロ野球に興味ない人間なので松井に憧れとか無いし…
tachikawa-manpaku25.jpg

無難に"カンティプール"のネパールカレーにしました。
tachikawa-manpaku26.jpg
tachikawa-manpaku27.jpg

ラーメンは"四代目 亀之助~家業百年 山亀本店"が凄い人気です。
tachikawa-manpaku29.jpg

"いか焼き みなせん 323号室"の、いか焼き。
tachikawa-manpaku30.jpg
tachikawa-manpaku31.jpg

デザートはスノーアイスで如何でしょうか。
tachikawa-manpaku28.jpg

トイレはカッパドキア風?喫煙所も、ここになります。
tachikawa-manpaku32.jpg
tachikawa-manpaku33.jpg

このまんパクは、大阪でも行われています。
tachikawa-manpaku35.jpg
tachikawa-manpaku36.jpg

立川にはラーメンの名店も多いのですが、JR立川駅南口の近くだし行きやすい複合商業施設の"アレアレア"(AREAREA)、
arearea-ramensquare1.jpgarearea-ramensquare2.jpg

この中に立川ラーメンの殿堂、しかし何故かニューヨークをイメージした空間だという『ラーメンスクエア』があります。
arearea-ramensquare3.jpg
arearea-ramensquare4.jpg
arearea-ramensquare6.jpg
arearea-ramensquare5.jpg

店舗はたまに入れ替わりますが、常時7店を集結させたこのラーメンスクエアから、
arearea-ramensquare28.jpg
arearea-ramensquare29.jpg

まずは"恵比寿 supported by 蔦亭"(旧名・北海道 恵比寿)の…
arearea-ramensquare7-hokkaido-yebisu.jpg

北海道味噌玉子。
arearea-ramensquare8-hokkaido-yebisu.jpg
arearea-ramensquare9-hokkaido-yebisu.jpg

"らーめん専門店 いちや"で、
arearea-ramensquare10-ichiya.jpg

中華そばは『コッテリ・まんなか・あっさり』と種類があり、中から選んだのは…あっさり 熟味タマゴ入り、
arearea-ramensquare11-ichiya.jpg

まんなか 熟味タマゴ入り。
arearea-ramensquare12-ichiya.jpg

"らーめん 絆 ~Kizuna~"では、
arearea-ramensquare13-kizuna.jpg

味玉しょうゆ、
arearea-ramensquare14-kizuna.jpg

しお(ネギトッピング)。
arearea-ramensquare15-kizuna.jpg

"麺屋 侍"
arearea-ramensquare16-samurai.jpg
arearea-ramensquare17-samurai.jpg

こちらは九州豚骨ラーメンの店で、私が大好きな大分からあげを名物として置いてる所がポイント高い。
arearea-ramensquare18-samurai.jpg

九州焦がし味(海苔5枚トッピング)、
arearea-ramensquare19-samurai.jpg

濃厚とん塩タンメン(とろーり味玉トッピング)。
arearea-ramensquare20-samurai.jpg
arearea-ramensquare21-samurai.jpg
…しかし、この店は長く入っていたラーメンスクエアから既に撤退しています。

"麺志朗"で、
arearea-ramensquare22-menshiro.jpg

醤油ラーメン あっさり。
arearea-ramensquare23-menshiro.jpg
arearea-ramensquare24-menshiro.jpg

この"大阪 塩元帥"だとか、
arearea-ramensquare26-shiogensui.jpg

"立川中華そば魚魚"、
arearea-ramensquare30-toto.jpg

そしてデビット伊東経営店の"でびっと"など、失敗してあっという間に閉店しちゃった印象です。
arearea-ramensquare27-devid.jpg

未入店の店が"東京とんこつ 萬燈行"…
arearea-ramensquare25-mantoucyo.jpg
その他、まだあるので次回入ろうかな、なんて思って数ヵ月後に行くとまたどこか店舗が入れ替わっているんですよね。

さらに立川にはもう一つ、"立川らーめんたま館"というラーメンの複合施設があるのが凄い。私は数年前に訪れたきりで、最近は食べてませんが…
tachikawa-street27.jpg
tachikawa-street28.jpg

現在は"井の庄"、"南木商店"、"立川マシマシ"、"横浜家系とんこつ いとし家"の4店舗が入っていました。
tachikawa-street22.jpg

個人店では"麺屋 俺の虎"へ。
tachikawa-my-tiger1.jpg

トッピングのコーナー、
tachikawa-my-tiger2.jpg

ら~麺。
tachikawa-my-tiger3.jpg

私が初めて立川に来た時も、この"大勝軒なべ丸"で食べたんじゃなかったかな…ここも閉店しちゃいました。
tachikawa-TAISYOKEN1.jpg
tachikawa-TAISYOKEN2.jpg


続いてお隣の、福生市
fussa2.jpg

まずはJR東日本の拝島駅から、
fussa1.jpg

20分くらい歩いて…在日アメリカ空軍の巨大な基地(それにちょこっと航空自衛隊)、"横田基地"へ。出ましたよ日本国内の治外法権。福生といえば、誰もが横田基地の街だと認識しているでしょう。
fussa3.jpg
fussa5.jpg

武器や危険物は当然の事、反米運動等も禁止だとハッキリ明記されていました。
fussa4.jpg

今回はとにかく、『横田基地日米友好祭 2014』に行ってきたのです。
fussa62.jpg

鬼頭莫宏先生の「ぼくらの」、上條淳士先生の「SEX」といった漫画や、私の友人が製作に関わっていたアニメ映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」、そして片岡義男原作の映画「スローなブギにしてくれ」の舞台としても記憶にある福生、そして横田基地…初めて入りましたが、悪天候なのににぎわっています。
fussa6.jpg
fussa9.jpg

とにかく、まずはビールです。
fussa7.jpg
fussa8.jpg

けっこう店が多いのですが、つまみはどれにしようか…
fussa10.jpg
fussa11.jpg

黒豚厚切りベーコンステーキ。
fussa12.jpg
fussa13.jpg

お腹が落ち着いたら、日米両国の戦闘機、輸送機の数々を見学です。
fussa14.jpg
fussa15.jpg
fussa16.jpg
fussa17.jpg
fussa18.jpg
fussa19.jpg
fussa24.jpg
fussa20.jpg
fussa25.jpg

お、国産中型ジェット輸送機のC-1だ!
fussa21.jpg
fussa22.jpg
fussa23.jpg

実物に乗れる機には、長蛇の列が出来ていました。
fussa26.jpg
fussa27.jpg

中でも注目はやはり新型輸送機、オスプレイことV-22。
fussa28.jpg

かっこいー!「新世紀エヴァンゲリオン」でもNERVが使用していたこの機体が、ようやく関東地方の航空イベントにも飛来してくれましたよ。
fussa29.jpg
fussa30.jpg
fussa31.jpg

尾翼には漢字で『竜』のの文字が!
fussa32.jpg

実際に触れ、乗る事もできました。後部ランプから入って、前に出てきます。
fussa33.jpg
fussa34.jpg

主翼を折りたたんだ姿。
fussa35.jpg
fussa36.jpg

兵隊さんを撮影。
fussa37.jpg
fussa38.jpg

滑走路で昼寝していたら夕方になり、
fussa39.jpg

暗くなってきたので急いで、まだ見てない機体を見回りました。
fussa40.jpg
fussa41.jpg

ニンジャこと、偵察機のOH-1だ!!
fussa42.jpg
fussa43.jpg

大型輸送用ヘリコプター、CH-47J。私も何度か乗った事がありますが、緊急援助シーンの超定番ゆえに「崖の上のポニョ」その他、数え切れないほど多くのフィクション作品にも登場しています。
fussa45.jpg
fussa44.jpg

ヘルメットも試してみました。でもどうせなら、ダフト・パンクみたいなフルフェイスマスクがよかったな。
fussa46.jpg

飛行機はこんなもんで…
fussa47.jpg

次の楽しみはライヴです。
fussa48.jpg
fussa49.jpg

ビールを呑み、
fussa50.jpg

BBQリブプラッターだとか、
fussa51.jpg
fussa52.jpg

かなり辛いフランクフルトサンドを食べながら、あるバンドの登場を待ちました。
fussa53.jpg
fussa54.jpg

おお、ここでは『日米友好踊り』と称して盆踊りみたいなのをやってる。
fussa55.jpg

格納庫ステージもバンド演奏などをしていましたが、
fussa56.jpg

目当ては屋外ステージにトリで登場した…アースシェイカー(Earthshaker)
fussa57.jpg
fussa58.jpg

うおおー、MARCY(西田昌史)!
fussa59.jpg
アメリカ人に、日本にもこんなに凄いハードロックバンドが存在する事を知ってもらいたい!アメリカの凄いバンドと並べても十分に通用すると思われる演奏力、そして日本語詞が中心のバンドである事も誇らしい気持ちにさせてくれます。
いきなり代表曲の「MORE]で始まったものの悪天候の中で屋外ライヴ、いやどれだけ濡れようとも私はアースシェイカーを観る!そう思っていましたけどね、何と落雷も始まったため4曲目が終わった所でライヴは中止。15分程度だったかな(泣)
雷がもうちょっと早かったら観れなかったかと思うと、少しでも観れてラッキーだったと言うべきでしょうか。

そして、撤退。
fussa60.jpg

また来てみましょうね。
fussa61.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/12/06(土) 23:00:16|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(187) 東京都大田区 1 世田谷区 2 | ホーム | 日野日出志(55) 「牡丹燈記」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1367-7459a6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する