大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(59) 「中年スーパーマン左江内氏」

藤子不二雄作品、「中年スーパーマン左江内氏」(双葉社刊)を紹介しましょう。
FUZIKO-saenaishi1.jpg

絵を見れば一目瞭然の事ですが、本作は二人の藤子不二雄のうち藤子・F・不二雄先生の作品。
漫画アクションにて1977年から翌年まで連載された作品で、単行本はアクションコミックスで全1巻。最初に出たこの版は巻末に小野耕世氏のエッセイ付きです。

他にも中央公論社の藤子不二雄ランド(FFランド)だとか、
FUZIKO-saenai2.jpg

最近では小学館の藤子・F・不二雄大全集にて「未来の想い出」と同時収録の形で単行本化されています。
FUZIKO-saenai3.jpg

本作の主人公は平凡な中年サラリーマン・左江内氏
名前の通りさえなくて、普通、いや人生を楽しんでいるとは思えない普通以下の係長で所帯やつれしたおじさんに焦点を当てられる、藤子Fの数少ない大人向け漫画ですね。
この左江内氏がある日、謎のサングラスの男に付きまとわれるのですが、この男は自称・スーパーマン。後任に左江内氏を任命したいと言うのですが、当然信じられない左江内氏。しかし、娘のはね子が襲われている場面に遭遇したのに暴漢に返り討ちに遭ってボロボロになり、スーパーマンの力を欲すると…サングラスの男が再び現れると『スーパー服』を譲ってくれて、無事にはね子を救出した左江内氏!
サングラスの男も後任が決まったので安心して去りました。この男が誰だったのかはこの後全く登場しないので分からないままでしたが、左江内氏と同じように平凡なサラリーマンだったのでしょう。頭頂部ハゲで不精ヒゲの風貌もうだつが上がらなそうだし、左江内氏が選ばれた三条件も、
・最大公約数的常識家
・力をもっても大それた悪事のできぬ小心さ
・ちょっと見 パッとしない目立たなさ

というものでしたから。

以降はスーパーマンとなった左江内氏の活躍を描くのが本作の内容ですが、活躍といっても同様の能力を持った悪人や組織は登場せず、戦う相手も小悪党くらいで、ほとんど日常の小競り合い程度。
サングラスの男も
『テキトーにやればいいのよ スーパーマンひとりいくらがんばっても この世の悪は根絶できっこない カバーできる範囲ってタカ知れてるのよ』
なんて言ってたし、ゆるいスーパーマンです。
なってもあまり得する事はない左江内氏自身も悩みを抱えてるし、イラついてやりすぎてしまう事もあって人間性豊かであり、決して完全無欠の超人ではありません。

洗ってなかったスーパー服は臭くもなるし…アメコミのスーパーヒーローであるスーパーマンから、カッコいい部分をとことん排除していますね。
でも着ると空は飛べるし、パンチで岩を砕き、弾丸も跳ね返すし水中でも呼吸出来るし、その他無敵の能力を得られますよ。そしてもう一つ、漫画アクション読者層の願望を形にしたのは透視能力でしょうか。どんな女性も、スーパーマンの前では裸を隠す事は出来ないのだ(笑)

スーパー服は普段、不思議な力でハンカチ大に収納されていますが、それを広げるとパッと服に早変わりするのですね。そんな所もパーマンセットそっくり。そう、本作は自身のヒット作「パーマン」をネタ元にしてまして、登場人物や設定などを大人向けにしたと思われる作品。
自分の子供の心配から、自殺願望を持つ女性や会社が倒産した社長、受験勉強地獄にいる子供や教育ママを描いたりと話も大人向けで深いながらも地味だし、バトル要素ゼロの敵無きスーパーマンでしたが…
最終話はちょっとだけ話がでかくなり、政治家の悪が描かれました。と言っても現実には正義とか悪とかキッチリ線引きされている物ではないし、必要悪もある。人間の汚さや理不尽な事に嫌気が差し、世の中は少しも変わらないしでスーパーマンを止めたくなった左江内氏ですが、彼の目の前に現れたのは、何とパーやん!つまりパーマン4号です!
そしてパーマンの力を受け入れて仕事に利用もしている彼の考えを聞き、パーやんが営む運送業の共同経営者として誘われるオチで物語を締めくくりました。

「パーマン」の大人版とは書きましたが、そうです実際にその世界同士がリンクしているのです!
よってパーマンファンも読まなくてはならないし、やっぱりこういう別作品のキャラクター同士が絡み合うのは嬉しいですね。
私が子供の頃は藤子不二雄が2人一緒で、今で言う藤子・F・不二雄作品と藤子不二雄A作品も区別もされずに一緒に戦う映画版とかあったし、有名キャラ達が行進してくるFFランドのテレビCMにはワクワクしたもんな~。

ところで「パーマン」では、パーマンセットをくれた宇宙人の名前がそのまま『スーパーマン』だったのに、アメコミのスーパーマンの著作権に触れるからと『バードマン』に改名されたじゃないですか。この中年スーパーマンはタイトルでまで使っているのに、何で大丈夫だったんですかね。


あたしゃスーパーマンです
あんたをスーパーマンにするため つけまわしておるのです



スポンサーサイト
  1. 2014/12/17(水) 23:00:58|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤子不二雄(60) 「黒ベエ」 | ホーム | 旅行・紀行・街(187) 東京都大田区 1 世田谷区 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1369-5015c346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する