大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(190) 東京都杉並区荻窪 2 西荻窪 4

今夜は杉並区荻窪周辺です。

まだまだ新年気分という事で初詣ネタから行きますが、まず昨年は善福寺の"井草八幡宮"に行ったらですね、
ogikubo-street56.jpg

とんでもない行列だったので…もう参拝は諦めて、
ogikubo-street57.jpg

屋台を見回り…
ogikubo-street58.jpg
ogikubo-street59.jpg
ogikubo-street60.jpg

広島焼きだけ食べて帰ったんですよ。
ogikubo-street61.jpg
ogikubo-street62.jpg
ogikubo-street63.jpg

大晦日から呑み続けた徹夜明けでひどい顔してますが。
ogikubo-street64.jpg
ちなみに、手塚治虫先生の「ブラック・ジャック」で『杉並井草』という名の女性が出てきましたが、当時手塚先生が住んでたのがここ東京都杉並区は井草だったからこの名を付けたみたいですね。

そんで今年・2015年の初詣は、正月三が日が終わってから仕事帰りに旧上荻窪村の鎮守、"荻窪八幡神社"へ一人で行ってきました。
ogikubo-street82.jpg

ええ、ちょっと時期がズレただけで見事に一人も居ません!やっぱり神社はこうでなくちゃね。
ogikubo-street83.jpg
ogikubo-street84.jpg

続いて"白山神社"も行きましたが、やはり誰も居なかったし。
ogikubo-street85.jpg
ogikubo-street86.jpg

八幡神社のすぐ近くにあるのは、荻窪のおなじみ"杉並アニメーションミュージアム"
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM95.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM96.jpg
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM97.jpg

昨年は『トムス・エンタテインメントアニメと歩んだ50 年展』だとか、
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM100.jpg

『アニメ制作会社スタジオゼロ展 トキワ荘マンガ家たちのアニメの仕事』
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM101.jpg

そして先日まで『今敏 回顧展2014』が開催されていたので、初監督作品の「PERFECT BLUE」からリアルタイムで観ている私はもちろん行ってきました。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM98.jpg

そして現在…ちょうど今日からですが、『赤塚不二夫生誕80年! 赤塚不二夫のアニメ展なのだ』が始まったのですね。これも当然、行く予定です。
SUGINAMI-ANIMATION-MUSEUM99.jpg

さて荻窪。わりと新しい記憶だと東野圭吾の推理小説『ガリレオ』シリーズを映画化した「真夏の方程式」で、最初の殺人事件の舞台になっていた土地ですが...
荻窪といえば、そのまま『荻窪ラーメン』の名称で知られるラーメンの街。私もいわゆる和風で魚介系スープの荻窪ラーメン店に限らずですが、定期的にラーメン屋巡回はしています。
まず荻窪銀座商店街の"丸福"で、
ogikubo-marufuku3.jpg

中華そば。
ogikubo-marufuku4.jpg
ogikubo-marufuku5.jpg

"萬龍軒"で、
ogikubo-manryuken5.jpg

餃子とラーメン。
ogikubo-manryuken6.jpg
ogikubo-manryuken7.jpg

"手もみらーめん 十八番"で、ラーメン。
ogikubo-18ban5.jpg
ogikubo-18ban6.jpg
ogikubo-18ban7.jpg

"荻窪らーめん 菊池"で、ラーメン(黒)。
ogikubo-kikuchi4.jpg
ogikubo-kikuchi5.jpg

三鷹にあった大好きな店、"らーめん ぎょうざ なないろ"が昨年末に荻窪へ移転しました。先日、ようやく行こうとしたら閉まってましたが…
ogikubo-nanairo1.jpg
三鷹店に通ってた友人から既に、『値段は上がってチャーシューは一枚減ってる』との残念な情報が入っています。

ルミネ(LUMINE) 荻窪店内の"函館らーめん 一凜"では、
ogikubo-ichirin7.jpg

自家製餃子、
ogikubo-ichirin8.jpg

もちろん函館塩ラーメンがベースで、海老ワンタンメン、
ogikubo-ichirin9.jpg

函館タンメン。
ogikubo-ichirin10.jpg
ogikubo-ichirin11.jpg

荻窪南口仲商店街の"中華マツマル"で、中華そば。
ogikubo-matsumaru6.jpg
ogikubo-matsumaru7.jpg

"麺屋はつがい 総本山"で、
ogikubo-hatsugai4.jpg

濃厚魚介豚骨ラーメン(味玉トッピング)。
ogikubo-hatsugai5.jpg
ogikubo-hatsugai6.jpg

調味料は魚粉と唐辛子の粉末に加えて、ゆずとすだちも置いてます。
ogikubo-hatsugai7.jpg

"三ちゃん"で、ラーメン。
ogikubo-sanchan5.jpg
ogikubo-sanchan6.jpg

すずらん通りの"中華徳大"で、ラーメン。
ogikubo-tokudai4.jpg
ogikubo-tokudai5.jpg

荻窪教会通りの"麺処 鳴神"…大好きなこの店では、
ogikubo-narukami5.jpg

鶏白湯しょうゆらーめん、
ogikubo-narukami7.jpg

鶏白湯しょうゆ味玉らーめん、
ogikubo-narukami6.jpg

鶏上湯しょうゆらーめん。
ogikubo-narukami8.jpg

昨年は"らーめん大"の荻窪店がオープンしたので、近所にもあるけどと思いながら入店。まぁこの店で店員の愛想がいい店舗は見た事ありませんが、ここは今まででも類を見ないひどさ。
ogikubo-dai1.jpg

日本語が通じないレベルで、ブスッとした店員にこれが出された。この店で野菜トッピングを『普通』にしてどうするの…
ogikubo-dai2.jpg

"ビンギリ"で、
ogikubo-bingiri7.jpg

シューマイ、
ogikubo-bingiri8.jpg

ビンギリラーメン、
ogikubo-bingiri9.jpg

こだわり担々麺、
ogikubo-bingiri10.jpg

そしてそして!ここの看板メニューでもある、大好きな勝浦タンタン麺(激辛)です!もう何度も食べてますが、いやー最高。
ogikubo-bingiri11.jpg
ogikubo-bingiri12.jpg

"熱烈中華食堂 日高屋"では、
ogikubo-hidakaya11.jpg

餃子と中華そば。
ogikubo-hidakaya12.jpg
ogikubo-hidakaya13.jpg

満州事変勃発!というわけで"ぎょうざの満洲"では、
ogikubo-mansyu10.jpg
ogikubo-mansyu9.jpg

瓶ビールに生ビール、どちらも美味い!
ogikubo-mansyu11.jpg
ogikubo-mansyu15.jpg

つまみはやっぱり餃子、
ogikubo-mansyu16.jpg

かた焼そば、
ogikubo-mansyu12.jpg
ogikubo-mansyu13.jpg

そして満州ラーメン。
ogikubo-mansyu14.jpg

こちらは、マーボ豆腐丼です。
ogikubo-mansyu17.jpg

"餃子の王将"の荻窪駅西口店で、
ogikubo-ohsho5.jpg
ogikubo-ohsho11.jpg

生ビールと…ちょっとの餃子・唐揚・スープ、
ogikubo-ohsho6.jpg
ogikubo-ohsho7.jpg

もちろん餃子は普通にも頼んで、
ogikubo-ohsho8.jpg

極王天津飯、
ogikubo-ohsho9.jpg

牛骨塩ラーメン。
ogikubo-ohsho10.jpg

この"春木家本店"
ogikubo-harukiya9.jpg
ogikubo-harukiya10.jpg

それに名前がまぎらわしい青梅街道沿いの"春木屋 荻窪本店"、共に創業が古くて有名店です。
ogikubo-harukiya11.jpg
ogikubo-harukiya12.jpg

私が最近行ったのは後者の方で…中華そば、
ogikubo-harukiya13.jpg

そして1,200円もするけど美味い、わんたん麺。
ogikubo-harukiya14.jpg

そのまま青梅街道を進んで"中華そば 丸信"で、
ogikubo-marushin6.jpg
ogikubo-marushin7.jpg

ラーメン、
ogikubo-marushin8.jpg

ワンタンメン。
ogikubo-marushin9.jpg

二郎インスパイア系の"荻窪 四麺燈"で、
ogikubo-shimendo5.jpg

野菜ドカ。
ogikubo-shimendo6.jpg
ogikubo-shimendo7.jpg

そのまま青梅街道を西荻方面に進み、上荻まで行くと『秘伝横浜らーめん』を名乗る"八荻家"で、
kamiogi-hachiogiya11.jpg

ピリ辛らーめん、
kamiogi-hachiogiya12.jpg

味噌とんこつ。
kamiogi-hachiogiya13.jpg
…こないだ行ったら麺がのびのびでスープも酷く、信じられないほど劣化していた。一体どうしちゃったの!

"一圓 上荻店"
kamiogi-ichien13.jpg
kamiogi-ichien14.jpg
kamiogi-ichien15.jpg
kamiogi-ichien16.jpg

入口横で餃子を作っているこの作業姿も見学できます。そしてこの方はボクの好きなオジサン、一圓 三鷹北口店でおなじみの店主。運が良い日は、こちらの店舗に来ている所に遭遇出来るのです。
kamiogi-ichien17.jpgkamiogi-ichien18.jpg
kamiogi-ichien19.jpgkamiogi-ichien20.jpg

ビールで一番搾り スタウトを置いてるのはポイント高いですね。
kamiogi-ichien21.jpg

そして、つまみが安くて美味い!今回は鳥南蛮と、なすとズッキーニのチリソース炒め。
kamiogi-ichien22.jpg
kamiogi-ichien23.jpg

麺類は、善福寺らーめんです。
kamiogi-ichien24.jpg
kamiogi-ichien25.jpg

桃井4丁目になりますが、昭和の風情そのままの"秋福"で、
nishiogi-akifuku1.jpg

ラーメン、
nishiogi-akifuku2.jpg

味噌ラーメン。
nishiogi-akifuku3.jpg

そうそう本天沼は日大二高前のボロらーめん店"かざぐるま"、ここは気になっていながらも素通りばかりしているうちに閉店しちゃったようです。店との出会いも一期一会…ちゃんと入って食べておかないと、いつ食べられなくなるか分からない。
ogikubo-kazaguruma1.jpg

環八こと、環状八号線沿いでは…
"らーめん麺心"で、醤油らーめん。
ogikubo-menshin1.jpg
ogikubo-menshin2.jpg

"みちのくらーめん 百汁番"は、失礼ながら正直に申し上げて汚い店ですが、それだけにミーハーな女性客は絶対居ないし空いてるのも良い。
ogikubo-michinoku1.jpg
ogikubo-michinoku2.jpg

みちのくを名乗るだけに秋田のしょっつるを使った醤油ラーメン、
ogikubo-michinoku4.jpg

津軽3年味噌と仙台味噌を調合した味噌ラーメン。
ogikubo-michinoku3.jpg

"麺処 那奈"で、
ogikubo-nana1.jpg
ogikubo-nana2.jpg

醤油ラーメン、
ogikubo-nana4.jpg

鳥白湯らーめん。
ogikubo-nana3.jpg
ここはチャーシューが『低温調理のレアチャーシュー』か『とろとろ豚バラのチャーシュー』かで選べるので、私は前者にしています。

そして"ちゃんぽん亭"では、
ogikubo-chanpontei4.jpg

カレーちゃんぽん、
ogikubo-chanpontei5.jpg
ogikubo-chanpontei6.jpg

ちゃんぽん焼きそば、
ogikubo-chanpontei9.jpg

九州麦みそ使用 みそラーメン、
ogikubo-chanpontei7.jpg
ogikubo-chanpontei8.jpg

ジャン辛ラーメン、
ogikubo-chanpontei10.jpg
ogikubo-chanpontei11.jpg

スーラータンメン。
ogikubo-chanpontei12.jpg
ogikubo-chanpontei13.jpg

ちなみにこの辺りは川南共栄会商店街で、与謝野晶子・鉄幹ゆかりの地でもあります!
ogikubo-street67.jpg

"与謝野公園"と名付けられたここは、晶子・鉄幹の旧居があった場所だし、
ogikubo-street68.jpg
ogikubo-street69.jpg
ogikubo-street70.jpg
ogikubo-street71.jpg

通路の脇にはこのような物が並んでいて、二人の作品を楽しめる仕様になっています。
ogikubo-street72.jpg
ogikubo-street73-.jpg

"おしかわ公園"も、与謝野晶子&鉄幹ゆかりの地。
ogikubo-street74.jpg

さてラーメン以外の外食記録も残しておきますが、まずは同じ麺類で蕎麦。
私の定番…特に改装前でボロい店舗の時に何十食も食べている"天亀そば"で、
ogikubo-tenkame7.jpg

かけそば、
ogikubo-tenkame8.jpg

天ぷら(かき揚げ)そば、
ogikubo-tenkame9.jpg

天ぷら(かき揚げ)そばに、ゆで玉子も追加。
ogikubo-tenkame10.jpg

おいなりさんも。
ogikubo-tenkame11.jpg

というわけで好きなこの店ですが…ショック!今月いっぱいで閉店ですって。食べるならあと数日しかありませんよ!
ogikubo-tenkame12.jpg

これからはこちら、荻窪駅西口改札を出ると見える"駅そば爽亭"に行く事になるのかな。
ogikubo-soutei1.jpg

この店はこれ、のせ放題そばが強烈です。今回、かき揚げ天・ごぼう天・春菊天・生玉子・わかめを乗せています。
ogikubo-soutei2.jpg
ogikubo-soutei3.jpg

青梅街道沿い、桃井1丁目には"桃蕎庵 こばやし"
ogikubo-kobayashi1.jpg
ogikubo-kobayashi2.jpg

"三宝庵 ルミネ荻窪店"で、
ogikubo-sanpouan1.jpg

夏野菜とキスの天丼セット、
ogikubo-sanpouan2.jpg

香ばし そばアイス。
ogikubo-sanpouan3.jpg

同じルミネ荻窪店には、イタリアンの名店"ラ・ヴォーリァマッタ"(la Voglia matta)もあります。
ogikubo-la-Voglia-matta13.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta14.jpg

前と同じようにビールからワインに移行して呑み続ける事となりますが、
ogikubo-la-Voglia-matta15.jpgogikubo-la-Voglia-matta16.jpg

まずは前菜からスタートです…
ogikubo-la-Voglia-matta17.jpgogikubo-la-Voglia-matta18.jpg

ノルウェー産サーモンのマリネ 香草風味にパスタ、スパゲッティ、
ogikubo-la-Voglia-matta19.jpgogikubo-la-Voglia-matta20.jpg

ピッツァはコレ!
ogikubo-la-Voglia-matta21.jpg
ogikubo-la-Voglia-matta22.jpg

いよいよメインの肉料理で、仔羊の香草グリル、
ogikubo-la-Voglia-matta23.jpg

牛ヒレ肉のジェノバ風ステーキ。
ogikubo-la-Voglia-matta24.jpg

デザート。
ogikubo-la-Voglia-matta25.jpgogikubo-la-Voglia-matta26.jpg

"トゥーザハーブス"(TO THE HERBS) ルミネ荻窪店、
ogikubo-to-the-herbs1.jpg

ここもたま~に行って、ラザニアとかパスタとか頂いてます。
ogikubo-to-the-herbs4.jpg
ogikubo-to-the-herbs2.jpg
ogikubo-to-the-herbs3.jpg
ogikubo-to-the-herbs5.jpg

ルミネ荻窪店続きでもう一店、"とんかつまい泉"です。
ogikubo-maisen1.jpg

椿膳、
ogikubo-maisen2.jpg

まい泉定食。
ogikubo-maisen3.jpg

次はカレー。
多分、荻窪で一番人気なのは欧風カレーの"トマト"でしょうね。
ogikubo-tomato1.jpg
ogikubo-tomato2.jpg

大抵は行列が出来ているので最近まで未入店だったのですが、待ち人が少ないタイミングを見つけてようやく入れましたよ。まずはこの付け合せ、玉葱マリネが美味くて驚きます。
ogikubo-tomato3.jpg

和牛ビーフジャワカレー(辛口)、
ogikubo-tomato4.jpg

金箔が入っています。
ogikubo-tomato5.jpg
ogikubo-tomato6.jpg

こちらは、和牛ビーフカレー(中辛)。
ogikubo-tomato7.jpg

それぞれ1,950円と高めですが、その価値と凄みのある味。平日のランチタイムは、デザート付きです。
ogikubo-tomato8.jpg

"自然派インド料理ナタラジ"では、
ogikubo-nataraj1.jpg
ogikubo-nataraj2.jpg
ogikubo-nataraj6.jpg

ランチブッフェにて…天然酵母ナンが2種類に、4種の日替わりカレー。
ogikubo-nataraj3.jpgogikubo-nataraj4.jpg
ogikubo-nataraj5.jpg

"吉田カレー"は、気付きにくい地味な佇まいで…よく通る青海街道沿にあるのに気付くの遅れました。
ogikubo-yoshida-curry1.jpgogikubo-yoshida-curry2.jpg

しかも美味い!↑の店と比べると3分の1の650円(最初に行った時は600円だった)カレーで、これが美味いのなんのって。
トッピングは焼きチーズ、
ogikubo-yoshida-curry3.jpg

揚げナスです。
ogikubo-yoshida-curry4.jpg

本天沼のインドカレー店、"カレーハウスキャラバン"(CARAVAN)。
ogikubo-caravan1.jpg
この屋号だと我々プログレ好きには、あのイギリスはカンタベリー系のバンドが思い出されますね。入ると店内のBGMで「狩へ行こう」が流れ、続いて大作の「9フィートのアンダーグラウンド」…と名曲が続く!(妄想)。

食べたのはバターチキンカレーとポークカレーだったと思います。
ogikubo-caravan2.jpg
ogikubo-caravan3.jpg

ここは荻窪公会堂の近く、"アジアンキッチン・クマル"(Kumar)へ。
ogikubo-kumar1.jpg
ogikubo-kumar2.jpg

ビールはベトナムのサイゴン・スペシャル(SAIGON SPECIAL)、
ogikubo-kumar3.jpg

ネパールのリアルゴールドビール(REAL GOLD)。
ogikubo-kumar4.jpg

サラダやパーパドを頂きながらちょいと待つと…
ogikubo-kumar5.jpgogikubo-kumar6.jpg

来ましたよモモが!
ogikubo-kumar7.jpg

そしてクチュンバサラダ、
ogikubo-kumar8.jpg

タンドーリチキン、
ogikubo-kumar13.jpg

タンドーリミックスグリル、
ogikubo-kumar9.jpg
ogikubo-kumar10.jpg

焼きフォー、
ogikubo-kumar11.jpg

チーズナンと…
ogikubo-kumar12.jpg

カレーは、ホワイトマッシュルームとチキンカレー、
ogikubo-kumar14.jpg

カレーが3種類付くクマルセットは、バターチキン・マトンマサラ・バニルマッシュルーム、という内容。
ogikubo-kumar15.jpg
ogikubo-kumar16.jpg

サービスで食後にチャイまで出してくれるし、店員さんがフレンドリーで話しやすいのでネパールの事とか色々聞いちゃいました。
ogikubo-kumar17.jpg

教会通りにあるインド・ネパール料理屋の"ケンタ"(KENTA)で、
ogikubo-kenta1.jpg

海老カレー、
ogikubo-kenta2.jpg

マトンカレー。
ogikubo-kenta4.jpg
ogikubo-kenta5.jpg

おかわりはナンではなく、ライスで。
ogikubo-kenta3.jpg

教会通りといえば何度もたこ焼き買ってた"みなと蛸"
ogikubo-minato-tako7.jpg
ogikubo-minato-tako8.jpg
ogikubo-minato-tako9.jpg
それが何と閉店し、実は中野ブロードウェイの地下に移転している情報はつかんだものの、そちらもすぐに閉店しちゃいました!あんなに美味しいのに一体何故…東京のたこ焼きを敵視する関西人の陰謀か!?

"さとうコロッケ店"でメンチカツとコロッケ食べて、
ogikubo-sato5.jpg
ogikubo-sato6.jpg

ここも教会通り、"イナズマ カフェ"(INAZUMA CAFE)。
ogikubo-inazuma-cafe9.jpg
ogikubo-inazuma-cafe10.jpg

「ブラック・エンジェルズ」…私が少年期に好きだった漫画ナンバー・ワンと宣言してもいい超絶好きな平松伸二作品ですが、その登場人物であり頭を撃たれて死んだ松田鏡二。後に続編的作品で生き返り、その説明として『いんだよ 細けえ事は』の一言で普通に復活した彼が壁に描かれています。しかも直筆!
ogikubo-inazuma-cafe11.jpg
つまり平松伸二先生がこの店に来ているのですね。ここでも、いんだよ 細けえ事はと書いてくれていますが、それはあの般若波羅蜜多心経が説いた大乗仏教の心髄でもあります。
偉大なるザ・松田の隣に描いたのがえびはら武司、当然ながら「まいっちんぐマチコ先生」なのがもう、凄い。

童夢梨乃先生も、大物漫画家と並んででかく扱われています!
ogikubo-inazuma-cafe12.jpg

その他、続いてどんどん漫画家が集まっては絵を描いていったようですが、うえやまとち先生が「クッキングパパ」、土山しげるが「食キング」、桜多吾作版の「マジンガーZ」に、のむらしんぼ先生の「つるピカハゲ丸」…様々な時代に読んできた作品の作者が続々と来ている。特にヤバいのは、これまた幼少期から大好きだったMoo.念平先生の「あまいぞ男吾」か。
ogikubo-inazuma-cafe13.jpgogikubo-inazuma-cafe14.jpg

次のブロックにもどんどん進むと、まだまだ御茶漬海苔先生その他凄い人たちが…
ogikubo-inazuma-cafe15.jpgogikubo-inazuma-cafe16.jpg
ogikubo-inazuma-cafe18.jpg

森伸一郎原作・押山雄一漫画の「あばれ花組」も大好きだった…
ogikubo-inazuma-cafe19.jpg

↑で書いた、すぐ近くの杉並アニメーションミュージアムの館長が藤子不二雄作品でおなじみの名物キャラ『ラーメン大好き小池さん』のモデルであり、トキワ荘仲間の鈴木伸一先生である事くらいは日本人全員が知っていて欲しい。
ogikubo-inazuma-cafe17.jpg

2階は漫画家のご本人さんが来て派手に描いたりはしていないようでしたが、店主が「ジョジョの奇妙な冒険」を好きなのでしょうね。絵がいくつか飾ってあって、私はたまたま石仮面Tシャツを着てたので嬉しく思いました。
ogikubo-inazuma-cafe25.jpg
ogikubo-inazuma-cafe24.jpg

これはポストカードサイズですが、描いて貰ってきたイラストでしょうか。
ogikubo-inazuma-cafe26.jpg

飲み物なんかも美味しいし…
ogikubo-inazuma-cafe20.jpgogikubo-inazuma-cafe21.jpg
ogikubo-inazuma-cafe22.jpgogikubo-inazuma-cafe23.jpg

まだ白壁のままの部分は、きっとまた大物が描いて埋めていくのでしょう。
ogikubo-inazuma-cafe27.jpg
こんなに凄い漫画家が来店している凄い所は、私が喜ぶのは当然なのですが…しかしそんな私から積極的に通う気を奪うのは、ここがペットOKの店である事実!
動物大好きな私でも、飲食店に獣を自由に入れちゃうのって違うと思うのです。食品衛生に対する意識も低いのだとうなと疑ってしまってダメなのです。

"伝説の風味焼き ぶたや"
ogikubo-butaya1.jpg

メニューはシンプルで『伝説の風味焼き』のロースかヒレを、そしてサイズを選ぶのみ。細かく言えばスパイスの辛さとたれの量を選べるのと、有料で別の味付けが2種類あるか。
私は基本の風味焼きロースM。ちなみにロースMだと3枚で750円ですが、Lだと4枚で850円、XLだと5枚で950円とお得になっていきます。しかし私はそんなに量いらないんですよね…味付け濃いし。ヒレだとそれぞれ100円増し。
ogikubo-butaya2.jpg

ライスも別料金だし、それに私はもう夕飯だと米よりビールの方が良いのでバドワイザーを頂きました。
ogikubo-butaya3.jpg

JR荻窪駅南口から徒歩1分の好立地にある"アケボノステーキ"…荻窪本店と名乗ってますが、全然他では店舗展開していないのでは。
ogikubo-akebonosteak2.jpg

もちろん元大相撲力士で最高位である横綱まで登りつめた、ハワイ出身で現在はプロレスラーの曙がプロデュースする店。しかし普通ステーキ屋だったら、『ここで食べたら強くなる』とばかりにもっと強い(強そうな)方を前面に出すと思うんですけどね。
何しろ大相撲引退後に格闘技のK-1へ参戦して無様な姿を晒し、その後も負けに負けて…
全盛期ではないとはいえ横綱までいった人物でしたからね、これ以前は格闘技ファンの間でつぶやかれていた『もしかしたら相撲が最強の格闘技なんじゃないのか』という、異種格闘技をしない大相撲に対するファンタジーをすっかり破ってしまった人です。
ogikubo-akebonosteak1.jpg

さて居酒屋ではまず、一般的に一番有名で荻窪での定番の"鳥もと"。その本店です。
ogikubo-torimoto38.jpgogikubo-torimoto37.jpg
ogikubo-torimoto39.jpg

ここのつまみは美味く、とにかく酒呑みの事を分かっている!当然お酒の注文が進みます。
ogikubo-torimoto40.jpg
ogikubo-torimoto43.jpg
ogikubo-torimoto46.jpg
ogikubo-torimoto41.jpgogikubo-torimoto42.jpg
ogikubo-torimoto35.jpgogikubo-torimoto36.jpg
ogikubo-torimoto26.jpgogikubo-torimoto27.jpgogikubo-torimoto28.jpg
ogikubo-torimoto29.jpgogikubo-torimoto30.jpgogikubo-torimoto31.jpg
ogikubo-torimoto32.jpgogikubo-torimoto33.jpgogikubo-torimoto34.jpg

幻の鮭「鮭児」。
ogikubo-torimoto47.jpg

刺身は、肝醬油で頂きます。
ogikubo-torimoto44.jpg
ogikubo-torimoto45.jpg

酒飲みオヤジ向けの店ながら、女性客の事も考えてちょっとオシャレな酒も置いている…
ogikubo-torimoto24.jpgogikubo-torimoto25.jpg

こちらは、鳥もと2号店。
ogikubo-torimoto23-.jpg

ビールにチューハイ、
ogikubo-torimoto48.jpgogikubo-torimoto49.jpg

屋号を冠した、これが鳥もとレモンサワー。
ogikubo-torimoto50.jpg

煮込み、刺身、揚げ物、ナマコ酢に焼き鳥…つまみもバランスよく注文して。
ogikubo-torimoto51.jpgogikubo-torimoto52.jpg
ogikubo-torimoto53.jpgogikubo-torimoto54.jpg
ogikubo-torimoto55.jpgogikubo-torimoto56.jpg

"ダイニングバー大心"
ogikubo-daisin1.jpg
ogikubo-daisin2.jpg

店主が阿佐ヶ谷で店を出してた時代から顔見知りであり、
ogikubo-daisin3.jpg

友人がここでバイト始めたりもあって何度も行きました。
ogikubo-daisin4.jpgogikubo-daisin5.jpg
ogikubo-daisin6.jpgogikubo-daisin7.jpgogikubo-daisin8.jpg
ogikubo-daisin9.jpgogikubo-daisin10.jpgogikubo-daisin11.jpg
ogikubo-daisin12.jpgogikubo-daisin13.jpgogikubo-daisin14.jpg
ogikubo-daisin15.jpgogikubo-daisin16.jpg
ogikubo-daisin17.jpgogikubo-daisin18.jpg
ogikubo-daisin19.jpgogikubo-daisin20.jpg
ogikubo-daisin21.jpgogikubo-daisin22.jpg
ogikubo-daisin23.jpgogikubo-daisin24.jpg
ogikubo-daisin26.jpgogikubo-daisin27.jpg
ogikubo-daisin28.jpg
ogikubo-daisin29.jpg

そしてやっぱり、鍋物が美味しい定番。
ogikubo-daisin30.jpg
ogikubo-daisin31.jpg
ogikubo-daisin32.jpg
ogikubo-daisin33.jpg
ogikubo-daisin34.jpg
ogikubo-daisin35.jpg
…が、現在は既に閉店してしまいました。

すぐ隣に"串カツ田中"が出来たのは、いかにもまずかったですかね。
ogikubo-kushi-tanaka1.jpg
ogikubo-kushi-tanaka2.jpg
ogikubo-kushi-tanaka3.jpg

好きなチェーン店なので、私はその串カツ田中の方にも行って色々と呑んでますが…
ogikubo-kushi-tanaka4.jpgogikubo-kushi-tanaka9.jpg
ogikubo-kushi-tanaka5.jpgogikubo-kushi-tanaka6.jpg
ogikubo-kushi-tanaka7.jpgogikubo-kushi-tanaka8.jpg

つまみは落花生塩ゆで、
ogikubo-kushi-tanaka10.jpg

鶏手羽チューリップ唐揚げ、
ogikubo-kushi-tanaka11.jpg

串かつ色々に…
ogikubo-kushi-tanaka15.jpg
ogikubo-kushi-tanaka16.jpg
ogikubo-kushi-tanaka17.jpg
ogikubo-kushi-tanaka18.jpg

ちりとり鍋。
ogikubo-kushi-tanaka12.jpg
ogikubo-kushi-tanaka13.jpg
ogikubo-kushi-tanaka14.jpg

『大阪名物伝統の味』を売りにしているので、〆にかすうどんや、肉吸いまであるのです。
ogikubo-kushi-tanaka20.jpgogikubo-kushi-tanaka19.jpg

さらにその隣には、"肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場"が出来ましたね。
ogikubo-dandadan6.jpg
ogikubo-dandadan1.jpg

『餃子とビールは文化です。』は、確かにその通りだと思いま~す!
ogikubo-dandadan2.jpg

そのまま、生ビールと肉汁焼餃子。
ogikubo-dandadan3.jpg
ogikubo-dandadan4.jpg
ogikubo-dandadan5.jpg

中華ダイニングの"李房"(りぼう)では、
ogikubo-ribou1.jpg

生ビールと餃子の神組み合わせに続いて、
ogikubo-ribou2.jpg
ogikubo-ribou3.jpg

鶏もも。金串で食べるこいつが美味い。
ogikubo-ribou4.jpg
ogikubo-ribou5.jpg

昨年オープンした"神鶏"
ogikubo-sinkei19.jpg

シンケイと読むこの店、気に入りました。
ogikubo-sinkei1.jpgogikubo-sinkei2.jpg
ogikubo-sinkei3.jpg

生ビールからホッピーへ。
ogikubo-sinkei4.jpgogikubo-sinkei5.jpg
ogikubo-sinkei18.jpg

つまみは信州の郷土料理である大判山賊揚げ、
ogikubo-sinkei6.jpg

焼き鳥類、
ogikubo-sinkei7.jpg
ogikubo-sinkei8.jpg
ogikubo-sinkei9.jpg
ogikubo-sinkei10.jpg

白レバのタタキ、とりわさ、
ogikubo-sinkei11.jpg
ogikubo-sinkei12.jpg

水炊き。
ogikubo-sinkei15.jpg
ogikubo-sinkei16.jpg
ogikubo-sinkei13.jpg
ogikubo-sinkei14.jpg
ogikubo-sinkei17.jpg

居酒屋でちゃんとレシートくれる店は高感度高いし、そのレシートには『好きだよ....ずっと好きだった』と書いてある!
ogikubo-sinkei20.jpg

隣の西荻窪で有名な"やきとり戎"の荻窪店が出来てたけど、満席だったり休んでいたりしてまだ入店出来てません…
ogikubo-yebisu1.jpg

よく通るフグ・スッポン料理屋の"もみぢ"、店頭に書いてあるメニュー表(というかこれをガラス部に貼って店内見えなくしているのでますます入りにくい)を見ると激安なんだけど、こんなに安く食べれるフグやスッポンを食べられる店は他に知りません。大丈夫なんですかね!?
ogikubo-momiji1.jpg
ogikubo-momiji2.jpg

続いて西荻窪も行きましょう。
nishiogi-street38.jpg

素敵な喫茶店が多いこの西荻窪ですが、何度か行ってるのは"どんぐり舎"
nishiogi-dongurisya9.jpg
nishiogi-dongurisya10.jpg
nishiogi-dongurisya11.jpg
nishiogi-dongurisya12.jpg

おいし~。
nishiogi-dongurisya14.jpgnishiogi-dongurisya13.jpg
nishiogi-dongurisya15.jpg

"Coffee Lodge DANTE"(ダンテ)。
nishiogi-dante3.jpg

永井豪先生の名作「魔王ダンテ」誕生より前・1965年の創業だそうですが、悪魔的な屋号を持つ喫茶店です…
nishiogi-dante4.jpg

店内へ。
nishiogi-dante5.jpg
nishiogi-dante6.jpg
nishiogi-dante7.jpg

珈琲はダンテブレンド、
nishiogi-dante8.jpg

ブルーマウンテン、そしてセラ・ルージュこだわり卵のバウムクーヘン。
nishiogi-dante9.jpg

この"バルタザール カフェ"(BALTHAZAR Cafe)は、久住昌之原作・谷口ジロー作画の「孤独のグルメ」で『第10話 東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食』の舞台になった店。
nishiogi-balthazar1.jpg

美味しい回転寿司屋の"天下寿司"(てんか寿司)。ここの吉祥寺店は、同じく「孤独のグルメ」で舞台になりました。
nishiogi-tenka14.jpg
nishiogi-tenka15.jpgnishiogi-tenka19.jpg
nishiogi-tenka20.jpgnishiogi-tenka21.jpg
nishiogi-tenka16.jpgnishiogi-tenka17.jpgnishiogi-tenka18.jpg

西荻のラーメン紹介は今回一軒のみ!
"パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン"です。その名の通り意外すぎるパイナップル+ラーメンの組み合わせに特化した店。そしてそれが、いける!!
nishiogi-papapapapine1.jpgnishiogi-papapapapine2.jpg
nishiogi-papapapapine3.jpg

カウンターも椅子もパイナップルな店内。
nishiogi-papapapapine4.jpgnishiogi-papapapapine5.jpg

基本のパイナップル 塩ラーメン、
nishiogi-papapapapine7.jpg

パイナップル 辛ラーメンに、パイナップルの味付け玉子トッピング。
この時は無料トッピングで始めたというにんにくを入れてみた所、パイナップルの微妙な香りがぼやけてしまって少し失敗。にんにく入れる場合は途中からでも大丈夫だったそうで、私からもその方がお薦めです。
nishiogi-papapapapine8.jpg
nishiogi-papapapapine9.jpg

でも美味い、完食。
nishiogi-papapapapine10.jpg

サニーデイ・サービスのベーシストでラーメン評論家でもある田中貴も絶賛しています!
nishiogi-papapapapine6.jpg

私にしては珍しい、ファミリーレストランチェーンの"デニーズ"へ…
nishiogi-dennys1.jpg
nishiogi-dennys3.jpgnishiogi-dennys4.jpg

ここでトムヤムクンのフォーを頂きましたが、真似しないでください。西荻はもっと良いタイ料理店も多い街です。
nishiogi-dennys2.jpg

"ハンサム食堂"とかね…でも人気ありすぎて入れない事が多いのは残念。
nishiogi-handsome-syokudo13.jpgnishiogi-handsome-syokudo14.jpg

西荻といえばのステーキが有名な洋食店"キャロット"。常に行列になっていたのにオーナー引退により閉店したはずが、店主交代して昨年再オープンしました。
nishiogi-carot3.jpg

で、ハンバーグとクリームコロッケ。
nishiogi-carot4.jpg

そして"坂本屋"
nishiogi-sakamotoya1.jpg

どうみても普通の食事処という佇まいですが、この料理評論家・山本益博氏の色紙でも書かれている通り推しはカツ丼。
nishiogi-sakamotoya2.jpg

そう、これが『日本一美味しいカツ丼』などと呼ばれているカツ丼です。
nishiogi-sakamotoya3.jpg
nishiogi-sakamotoya4.jpg

とはいえ決してカツ丼専門店でもないので他のメニューも充実していて、麻婆豆腐定食も食べた事あります。
nishiogi-sakamotoya5.jpg

道路はさんで目の前の肉屋、"とらや本店"ではコロッケ類を。
nishiogi-street39.jpg
nishiogi-street40.jpg

良い店発見!欧風料理の、"ラ・プルミエプゥッス"(La Premiere Pousse)。
nishiogi-la-premiere-pousse16.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse1.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse2.jpg

まずは赤ワイン…
nishiogi-la-premiere-pousse3.jpg

お、自家製の天然酵母パンが美味い!
nishiogi-la-premiere-pousse4.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse5.jpg

牡蠣のポタージュスープ、
nishiogi-la-premiere-pousse6.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse7.jpg

グリーンサラダ、
nishiogi-la-premiere-pousse8.jpg

スパゲチー、
nishiogi-la-premiere-pousse9.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse10.jpg

ポーク肩ロース肉のロースト粒マスタードソース、
nishiogi-la-premiere-pousse12.jpg

あとは牛肉を…
nishiogi-la-premiere-pousse11.jpg

ステーキも追加注文して、
nishiogi-la-premiere-pousse13.jpg
nishiogi-la-premiere-pousse14.jpg

デザートはクレームブリュレ!これ見るともう、スプーンの先でお焦げをグジャグジャにつぶす映像しか思い出しません(アメリが好きなこと)。
nishiogi-la-premiere-pousse15.jpg

西荻の居酒屋部門では、まず西荻窪駅南口の『ピンクの象』でおなじみ仲通街。
nishiogi-street36.jpgnishiogi-street37.jpg

ここに入ってすぐの所に昨年オープンしたのは、"大衆魚酒場 枡盛次郎"です。
nishiogi-masumori-jiro1.jpg
nishiogi-masumori-jiro2.jpg

生ビールから始めてサワー、焼酎、青梅酒、ちょっと高い日本酒まで一通り呑んでみて…
nishiogi-masumori-jiro5.jpgnishiogi-masumori-jiro6.jpg
nishiogi-masumori-jiro7.jpgnishiogi-masumori-jiro8.jpg
nishiogi-masumori-jiro9.jpgnishiogi-masumori-jiro10.jpg

つまみはまず、お通しが屋号の由来にもなっている、枡に盛ったお刺身。
nishiogi-masumori-jiro11.jpg
nishiogi-masumori-jiro12.jpg

ぶりのなめろう、
nishiogi-masumori-jiro13.jpg

焼きカキ、
nishiogi-masumori-jiro14.jpg

匠の大山鶏の網焼き、
nishiogi-masumori-jiro15.jpg

ジロウ天盛り、
nishiogi-masumori-jiro16.jpg

あら汁を無料で出してくれるサービスも気が利いてました。
nishiogi-masumori-jiro17.jpg

"串処 勘九郎"
nishiogi-kankuro16.jpg
nishiogi-kankuro17.jpg
nishiogi-kankuro18.jpg
nishiogi-kankuro19.jpgnishiogi-kankuro20.jpg
nishiogi-kankuro21.jpgnishiogi-kankuro22.jpg
nishiogi-kankuro23.jpgnishiogi-kankuro24.jpg

かき鍋も頂きました。
nishiogi-kankuro25.jpg
nishiogi-kankuro26.jpg

凄い!森田まさのり先生が来店しているそうで、店内にサイン色紙が飾ってあります。
nishiogi-kankuro27.jpg

中央線沿線では多く出店している"四文屋"
nishiogi-shimonya1.jpg
nishiogi-shimonya2.jpg

もちろん私には昔からおなじみすぎる店ですが、他にも焼き鳥の名店が多いからか最近まで西荻店には進出していなかったので、ついにここにもオープンした時は嬉しかった。
nishiogi-shimonya3.jpgnishiogi-shimonya4.jpg

酒の方は四文屋オリジナルハイボールに、金宮の梅割り焼酎へと移行していきます…
nishiogi-shimonya6.jpgnishiogi-shimonya5.jpg

串焼き中心に、おつまみ各種。
nishiogi-shimonya7.jpgnishiogi-shimonya8.jpg
nishiogi-shimonya9.jpgnishiogi-shimonya10.jpg
nishiogi-shimonya11.jpgnishiogi-shimonya12.jpg
nishiogi-shimonya13.jpgnishiogi-shimonya14.jpg

その目の前の"焼とりよね田"がメチャクチャ最高~!と友人に言われたのですが、現在の所は未入店。
nishiogi-yoneda1.jpg

"やきとり 戎"(エビス)。これは西荻北口店ですが、
nishiogi-yebisu19.jpg

今回は南口方面へ向かいます。
nishiogi-yebisu31-.jpg

ここは西荻南口店、
nishiogi-yebisu20.jpg
nishiogi-yebisu21.jpg
nishiogi-yebisu22.jpgnishiogi-yebisu23.jpg
nishiogi-yebisu25.jpgnishiogi-yebisu26.jpg
nishiogi-yebisu27.jpgnishiogi-yebisu28.jpg
nishiogi-yebisu24.jpg
nishiogi-yebisu29.jpg
nishiogi-yebisu30.jpg

この通りはやきとり 戎だらけですが、トイレのあるここは先日初めて通されました。
nishiogi-yebisu32-.jpg
nishiogi-yebisu35.jpg

どの店舗にしろ、この店こそが西荻では飲み屋街の顔!
nishiogi-yebisu33.jpgnishiogi-yebisu34.jpg
nishiogi-yebisu36.jpgnishiogi-yebisu37.jpg
nishiogi-yebisu38.jpgnishiogi-yebisu39.jpg
nishiogi-yebisu40.jpgnishiogi-yebisu41.jpg
nishiogi-yebisu42.jpgnishiogi-yebisu44.jpg
nishiogi-yebisu43.jpg

戎よ、サバラ~。
nishiogi-yebisu45.jpg

"善福寺公園"も散歩。
zenpukuji-park22.jpg
zenpukuji-park23.jpg
zenpukuji-park24.jpg

忙しい都会とは思えないくらい、ゆったりとした時間を過ごせます。
zenpukuji-park26.jpg
zenpukuji-park27.jpg
zenpukuji-park28.jpg

遅野井の滝。
zenpukuji-park25.jpg

自然生物の美しさに感動…
zenpukuji-park29.jpg
zenpukuji-park30.jpg

公園を出て善福寺川沿いを歩いても、鳥達がこんな都会で楽しそうに過ごしています。動物でも田舎より都会が好きな奴とかいるんですかね。
zenpukuji-park31.jpg
zenpukuji-park32.jpg
zenpukuji-park33.jpg
zenpukuji-park34.jpg
zenpukuji-park35.jpg

うむ。
zenpukuji-park36.jpg

高井戸もまぁ、荻窪から近い。ここの高井戸駅は、何故か映画「THE JUON/呪怨」でロケ地になっていました。主人公のカレン(サラ・ミシェル・ゲラー)が苦労して切符を買うシーンで映っていたのは、間違いなく私も何度も利用しているこの駅。ハリウッド女優が、こんな駅に来ていたのだ…
takaido-street2.jpg

高井戸駅周辺はラーメン不毛の地なので特に名店もないのですが、まずは"博多ラーメン 長浜や"で、
takaido-nagahamaya1.jpg

博多ラーメン。
takaido-nagahamaya2.jpg
takaido-nagahamaya3.jpg

こういう地域密着の大衆中華屋さんは好きですね…"中華料理 東軒"で、
takaido-street3.jpg

カラメン、
takaido-street4.jpg
takaido-street5.jpg

味噌ラーメン、
takaido-street6.jpg

マーボーめん、
takaido-street7.jpg

うま煮そば。
takaido-street17.jpg

あとは"中華レストラン包茶"ですが…
takaido-street8.jpg

ここでは麺類でなく、麻婆豆腐を食べました。
takaido-street9.jpg

次はガンダムの街・上井草へ。
kamiigusa-street7.jpg

西武新宿線 上井草駅前のガンダム像!
kamiigusa-street8.jpgkamiigusa-street9.jpg

もちろんこの地には「機動戦士 ガンダム」を生んだサンライズがあり、
kamiigusa-street10.jpg
kamiigusa-street11.jpg

商店街のシャッターもガンダムだらけ!
kamiigusa-street12.jpg
kamiigusa-street13.jpg
kamiigusa-street14.jpg

この近くの"キッチン南海 上井草店"で、
kamiigusa-nankai3.jpg

チキンカツ しょうが焼きライス。
kamiigusa-nankai4.jpg

そしてここはカツカレーがメチャクチャ美味い店。
kamiigusa-nankai5.jpg

こちらはお隣の、"キッチン南海 井荻店"。最寄は井荻駅ですが、ここの方が住所は上井草という。
kamiigusa-nankai1.jpg

ここでもやはり、カツカレー。
kamiigusa-nankai2.jpg

その井荻は鴨川つばめ先生の「マカロニほうれん荘」で舞台になった街であり、
shimoigusa-iogi1.jpg

この井荻駅前の商店街にある"井荻スポーツ社"…同名の店と隣には喫茶店の"アップルハウス"、という漫画で描かれた光景は家屋取り壊しによって失われてしまいました。
shimoigusa-iogi2.jpg

昔、肉屋の"稲毛屋 井荻"で激安な焼鳥を買った覚えがありますが、
shimoigusa-iogi3.jpg

今回はまだ十代半ばの可愛い娘が家の手伝いで焼き鳥売ってる、"やきとり チキチキ"で購入。
shimoigusa-iogi4.jpg
shimoigusa-iogi5.jpg
shimoigusa-iogi6.jpg

あまり飲食店の無い井荻の商店街なので、"つけめん 最大元"はお気に入りで…
shimoigusa-saidaigen1.jpg

長崎発の新つけめん、あらかぶつけめんだとか、
shimoigusa-saidaigen3.jpg

限定の辛らうめんなども食べていたのですが、閉店しちゃいました。
shimoigusa-saidaigen2.jpg
週刊漫画TIMES(芳文社刊)で長期連載中の漫画、小本田絵舞先生の「若奥さま喜々一発♥」でも出たほどの店ですが、やはり井荻じゃ厳しかったかな…

最後はもうちょっとだけ荻窪の街に戻ると…杉並区に住む妖精の兄妹、なみすけ・ナミーの地下道、
ogikubo-street66.jpg

囲碁・将棋のスペースは無料で使える"荻窪地域区民センター"で将棋指して。
ogikubo-street77.jpg
ogikubo-street78.jpg

駒台に「釣りバカ日誌」の佐々木シールが!
ogikubo-street79.jpg

こちらは、"東京フリーメソヂスト 杉並中部教会"。謎多き秘密結社・フリーメイソンについて学ばせてくれるでしょうか。
ogikubo-street76.jpg
ogikubo-street75.jpg

歴史的建造物の"西郊ロッヂング"
ogikubo-street65.jpg

杉並区立の"角川庭園"は、かつて角川源義(角川書店の創立者)邸だった所。
ogikubo-street80.jpg
ogikubo-street81.jpg

同じく杉並区立、"大田黒公園"はもっとよく行く所ですが、正に東京のオアシスですね。
otaguro-ogikubo-park1.jpg
otaguro-ogikubo-park2.jpg
otaguro-ogikubo-park3.jpg
otaguro-ogikubo-park4.jpg

優雅に錦鯉が泳ぐ池が良い感じですが、この錦鯉は私の故郷のすぐ近く…まぁ高校で行ってた街ですが、新潟県小千谷市から寄贈された鯉。
otaguro-ogikubo-park5.jpg
otaguro-ogikubo-park6.jpg
otaguro-ogikubo-park7.jpg
otaguro-ogikubo-park8.jpg
otaguro-ogikubo-park9.jpg
otaguro-ogikubo-park10.jpg

紅葉時期とか雪が降った時の光景もお薦めだし、私もまた来ようと思います。
otaguro-ogikubo-park11.jpg
otaguro-ogikubo-park12.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 23:00:29|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボブ・ウォールの直筆サイン入り写真 | ホーム | 手塚治虫(45) 「I.L」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1380-51f316ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する