大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(196) 神奈川県足柄下郡箱根町 1 横浜市 4

今回の旅は神奈川県です。まずは週末の1泊コースにて…足柄下郡箱根町へ。
hakone1.jpg
hakone2.jpg

新宿から小田急電鉄で走ること2時間弱で到着しますが、小田原から箱根湯本間は特急ロマンスカーを利用。
odawara1.jpg
odawara2.jpg

仕事後にそのまま行ったので、初日は到着前に日が暮れてしまいました。
odawara3.jpg
odawara4.jpg
odawara5.jpg
odawara6.jpg

この小田原市、小池一夫先生の小池工房があったりする土地ですが今回は素通り。
odawara7.jpg

目的の足柄下郡は他に真鶴町と湯河原町を含み、箱根火山の麓なので関東では屈指の『箱根温泉』を形成しているあたりですが、今回この郡内で紹介するのは箱根町に絞ります。
hakone35.jpg
あ、このマンホールは箱根町で見つけたけど、県の花ヤマユリ・県の木イチョウの葉・県の鳥カモメをデザインしたやつで神奈川県全体モノだったようだ。

とにかく箱根町は箱根山だの芦ノ湖といった所もある有名観光都市ですが、この日は時間的にもうホテルを目指すしかない。
箱根登山鉄道・小涌谷に着いたらもう8時半近くで、ここからさらにバスに乗って…
hakone3.jpg
hakone4.jpg

"小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園"へ。
hakone19.jpg
hakone5.jpg

部屋は贅沢に、ガーデンビューデラックス。広い!
hakone6.jpg
hakone7.jpg

しかし街から遠く離れたここには、近くに店がファミマくらいしかなく夕食と酒を買ってきましたが、ここのファミマは24時間営業じゃなくて夜中に閉まるそうです。
確かにうちの実家(魚沼市)にもついに"すき家"が出来たものの、24時間営業やっていける土地でもないので夜中は閉めてるらしいし…田舎には田舎の事情がありますね。
飲み屋街も無いのでホテルで過ごすわけですが、たまたまテレビでジャッキー・チェンがミスター・ハン (オリジナル映画におけるミヤギさん)を演じたリメイク版の映画「ベスト・キッド」をやってたのでのんびりと観て。
hakone8.jpg

翌日、
hakone10.jpg
hakone9.jpg

ホテル内の"ブッフェ グランヴェール"にて朝食です。
hakone11.jpg
hakone12.jpg
hakone13.jpg
hakone14.jpg

ホテルの庭散歩。
hakone18.jpg
hakone17.jpg
hakone16.jpghakone15.jpg

それからホテルの目の前にある、箱根の温泉テーマパーク"箱根小涌園 ユネッサン"
hakone21.jpg

ここは様々な温泉とプールのある施設で素晴らしかったです、はい。最後はドクターフィッシュに足の角質を食べてもらってきました。
hakone20.jpg
hakone22.jpg

ここで鈴廣かまぼこ、
hakone23.jpg

それからごまだれ餅を買って、次に移動です。
hakone156.jpghakone157.jpg

箱根登山鉄道で強羅駅へ。
hakone24.jpg

この地は「新世紀エヴァンゲリオン」の『第3新東京市』として登場した辺りなので、エヴァとタイアップして観光客を呼んでいる所も目立ちました。
hakone25.jpg

近くの"田むら 銀かつ亭"、ここは評判のとんかつ屋さんですが、
hakone26.jpg

ずーっと先まで人が並ぶ行列が出来ていたので諦めました。
hakone27.jpg
hakone28.jpg

しかし系列店のここ"銀かつ工房"。こちらはサンドイッチなど売ってる店で、テイクアウトにてコロッケと自然薯コロッケを買いました。
hakone29.jpg
hakone30.jpg
hakone31.jpg

箱根の猫ちゃん。
hakone32.jpg
hakone33.jpg
hakone34.jpg

次はケーブルカーで早雲山駅まで登り、
hakone36.jpg
hakone37.jpg
hakone38.jpg
hakone39.jpg

そこから箱根ロープウェイに乗って、箱根山の大涌谷まで行きました。
hakone40.jpg
hakone41.jpg
hakone42.jpg
hakone43.jpg
hakone46.jpg
hakone44.jpghakone45.jpg

途中で見える、ここで温泉を造成しているのでしょう。現在の大涌谷は火山活動活発化して噴火警戒レベルが上がってGW前というのに観光客が行けない状況になっていました。箱根ロープウェイも運転を見合わせているみたいですが、私は昨年の9月に行っていたのです。
hakone47.jpg
hakone48.jpg
hakone49.jpg
hakone50.jpg

いよいよ大涌谷駅を降りると、強烈な屁の臭い。この臭いの元は硫化水素(H2S)。
hakone51.jpg
hakone52.jpg

大涌谷くろたまご館、その他そこら中で黒たまごが売ってますが、5個500円なのはどこも同じ。1個では売ってくれません。
hakone79.jpg
hakone53.jpg
hakone54.jpg
hakone55.jpg
hakone56.jpg

あとちょっと、足で登山します。
hakone58.jpg
hakone59.jpg
hakone60.jpg

途中の注意看板は、この通り漢字やハングル表記でしたが、実際に外国人だらけで日本語が聞こえないので、ここが日本だったか疑ってしまう不思議な感覚が襲ってきますが…
hakone63.jpg
hakone57.jpg

富士山がよく見えるので、ようやく日本国にいる事を確信しました。
hakone61.jpg

観光客が踏み入れられる中では、ここらがてっぺん。
hakone73.jpg
hakone62.jpg
hakone65.jpg
hakone64.jpg

ここで黒たまごを作ってるのかな。
hakone66.jpg
hakone67.jpg

私もここで黒たまごを買って、
hakone68.jpg
hakone69.jpg
hakone71.jpg

5個もあるのを食いまくりました。美味い!
hakone70.jpg

生卵をこの温泉池でゆでると殻に硫化鉄が付着し、それに硫化水素が反応して殻が黒色になるのだそうです。その殻をむけば、普通に白身が見えます。
hakone72.jpg

さようなら、大涌谷…
下りロープウェイでは、同じゴンドラに乗った東南アジア系の子供が凄い可愛さでしたが、すさまじくノイジー。日本以外の国の人々を見てると、そのパワフルさに驚きます。ほとんどの日本人は去勢された動物のように静かでおとなしいですからね。
hakone74.jpg
hakone75.jpg
hakone76.jpg

ちなみにロープウェイのチケット、絵柄(写真)が毎度違ってました。
hakone78.jpg

桃源台駅で下車して、
hakone77.jpg

"桃源台ビューレストラン"へ、
hakone80.jpg

ここでは静岡の地ビールである御殿場高原ビールがあったので頂き、
hakone81.jpg

ヨーグル豚のジンジャーソティー。
hakone82.jpg

窓から海、そして箱根観光船(箱根海賊船)が良く見えました。
hakone83.jpghakone84.jpg
hakone85.jpg

その箱根海賊船に乗ってみましょう。ちょうど『二隻の舟』が着船していまして、
hakone88.jpg

右の赤い方も良かったのですが…
hakone86.jpg
hakone87.jpg

私が乗ったのは左の青い方。
hakone89.jpg
hakone90.jpg

しばし船旅を楽しんで…
hakone94.jpg
hakone93.jpg
hakone95.jpg
hakone91.jpg

箱根町港に寄り、
hakone92.jpg

それから元箱根港に着きました。
hakone97.jpg
hakone96.jpg

凄い鳥居がそびえ立っています。
hakone98.jpg
hakone99.jpg

ここで箱根に来て蕎麦を食べないのはいけないと思いましたが、この周囲には観光客向けの蕎麦屋がたくさんありすぎるので、逆に選べない。そこでインターネットを使って箱根町で一番味の評価が高い蕎麦屋を探しまして、その店に行こうとちょうど見つけた観光案内所で聞いたら全然分からないと言う。やる気なさそうなじじい一人しかいなくて住所を伝えても探そうともしない、ああダメな田舎町の腐臭がしてきました。仕方なく流しのタクシーを止め、一応聞いたらそんなに遠くないというので乗ったら…遠いよ!何と山道を走り海賊船を出発した地点の近くまで戻られて、料金3千円を軽く越えた!
高すぎる蕎麦代になりましたが、とにかく到着したのは"手打ち蕎麦 竹やぶ"
hakone100.jpg
hakone101.jpg
hakone102.jpg
hakone103.jpg
hakone104.jpg
hakone105.jpg
hakone106.jpg
hakone112.jpg
hakone116.jpg
hakone117.jpghakone118.jpg

入店しましたが、到着した時間ではもう『せいろそば』しか無いとの事で選ぶ余地は無し、こういう店は量が少ないのが通例でもあるし空腹なので2人前を注文。ふむ、確かに満足の味ではありました。
hakone126.jpg
hakone119.jpg
hakone120.jpg
hakone121.jpg
hakone122.jpg
hakone123.jpg
hakone124.jpg

店の外もユニークな芸術作品であふれていました。
hakone125.jpg
hakone107.jpg
hakone108.jpg
hakone109.jpg
hakone110.jpg
hakone111.jpg
hakone112.jpg
hakone113.jpg
hakone114.jpg
hakone115.jpg
hakone127.jpg
hakone128.jpg

箱根ロープウェイの姥子駅は歩いて行ける距離との事で、林の中を進みました。
hakone129.jpghakone130.jpg

しかしタクシーで随分と戻っちゃったので、またロープウェイで引き返して…と、金も時間も無駄な道行。私のような行き当たりばったりな旅をする人の失敗パターンです。
hakone131.jpg

またここか…
hakone132.jpg
hakone133.jpg
hakone134.jpg

早雲山駅前。圓鍔元規の『若い娘』という作品、そして箱根の景色を見ながら、
hakone135.jpg
hakone136.jpg

食いきれずにもう一つ残っていた黒たまごを頂きました。
hakone137.jpg

戻りコース。ケーブルカーで今度は下って、
hakone141.jpg
hakone139.jpg
hakone140.jpg

電車は乗り換えの箱根湯本で途中下車してみました。
hakone142.jpg

おお、さすが第3新東京市…エヴァンゲリオンのオフィシャルショップで"箱根湯本えう゛ぁ屋"なんて店もありました。
hakone143.jpg

私は"ハイカラ中華 日清亭"でビールを!
hakone144.jpg
hakone145.jpg
hakone146.jpghakone147.jpg

つまみは点心盛り合わせ、回鍋肉、
hakone148.jpg
hakone149.jpg

それから神奈川県のご当地ラーメンである、サンマーメン。
hakone150.jpg
hakone151.jpg

もう一杯呑もうと近くの居酒屋で"鈴鹿"を覗いたらまさかの満席で入れず、
hakone152.jpg

ここ湯本では『箱根おまん』など、土産物を買って帰りました。
hakone153.jpg

他に箱根で気になった施設は、サン=テグジュペリ生誕100年の1999年にオープンしたという"星の王子さまミュージアム"、
hakone154.jpg

そして、"箱根北原おもちゃミュージアム"。いずれも時間が足らず行けませんでした。
hakone155.jpg


さて、次は神奈川 県最大の都市横浜市へ。
yokohama266.jpg
横浜へ行くにあたり、当地が舞台の「あぶない刑事」を劇場版シリーズだけ数本を観直して行きましたけどね、これってこんなにひどかったっけ…いや本当に色々とね。まぁちゃらい刑事モノ、子供向けなのかと思う作品なのであまり突っ込んでもしょうがないのか。

あれ、何でこんな所にゴミが!?いや、ギムホンソック(Gimhongsok)という人の手によるアート作品でした。この後、我が家近くでゴミの日に見るゴミ山も、毎回違う形をしたアートに見えるようになりました。
yokohama272.jpg

横浜ベイブリッジ。
yokohama279.jpg

さて何度も来ている横浜ですが、今回はまず京浜急行電鉄に乗って歌川広重の浮世絵で有名な『金沢八景』へ行ってみましょう。ここは初めて来ました。
yokohama280.jpg
yokohama281.jpg

まだレトロな街並みが残る地域でしたが、再開発計画が進んでいてここら辺は取り壊されるみたいです。
yokohama286.jpg
yokohama282.jpg

"中華 栄やのラーメン"でラーメンを食べましたが、もちろんここも閉店すると言ってたので現在はもう無くなっていると思います。
yokohama283.jpg
yokohama284.jpg
yokohama285.jpg

横浜シーサイドラインの金沢八景駅へ。
yokohama287.jpg

海沿いや海の上を走り、
yokohama288.jpg
yokohama289.jpg
yokohama290.jpg

八景島駅へ。
yokohama291.jpg
yokohama292.jpg

この人工島、八景島の海で鳥と戯れ、
yokohama293.jpg
yokohama294.jpg
yokohama295.jpg
yokohama296.jpg
yokohama297.jpg

岡崎京子先生の漫画を蜷川実花監督が映画化した「ヘルタースケルター」でロケ地にもなっている、有名な"横浜・八景島シーパラダイス"が近い駅ですが、そちらには行かず…
"かき小屋 横浜・八景島海の公園店"へ。
yokohama298.jpg

牡蠣の皿を買って席へ。
yokohama299.jpg
yokohama300.jpg
yokohama301.jpg
yokohama307.jpg

Bar かき小屋にて生ビールを購入して乾杯です。
yokohama302.jpg
yokohama303.jpg
yokohama304.jpg
yokohama305.jpg

他に枡で日本酒や、缶ビールも自販機で買えました。
yokohama306.jpg

我が秘密結社有数の牡蠣好きであるこの方が、大喜びして焼きまくりです!
yokohama308.jpgyokohama309.jpg
yokohama310.jpgyokohama311.jpg
yokohama312.jpg

他に野菜やイカなども頂きました。
yokohama315.jpg
yokohama313.jpg
yokohama314.jpg

ご馳走様!
yokohama316.jpg
yokohama317.jpg

また海へ行き、
yokohama318.jpg

砂浜散歩。
yokohama319.jpg
yokohama320.jpg
yokohama321.jpg
yokohama322.jpg
yokohama323.jpg

金沢漁港の辺り。
yokohama324.jpg
yokohama325.jpg
yokohama326.jpg
yokohama327.jpg
yokohama328.jpg

金子堅太郎書による、憲法草創之處碑を発見。明治憲法(大日本帝国憲法)が起草されたのは、ここ横浜市金沢区だったそうです。
yokohama329.jpg

神社。
yokohama330.jpg

次は有名な飲み屋街・野毛地区(桜木町から日ノ出町までの辺り)へ行ってみました。
yokohama331.jpg
yokohama332.jpg
yokohama334.jpg

ここで横浜に住む地元民が合流したのでディープで混沌としている野毛地区を案内してもらいましたが、お薦めという"野毛ホルモンセンター"には満席で入れず…
yokohama333.jpg

通りかかったここは"三陽 御用亭"。看板に『毛沢東もビックリの餃子』とか書いてありますが旧店名は"毛沢東 御用亭"だったとか!他もチンチンラーメン、チョメチョメラーメン、ボーボーラーメン…
yokohama335.jpg
yokohama336.jpg

さて我々がようやく入店したのは、"第一亭"。豚豚豚豚豚…
yokohama337.jpg
yokohama338.jpg

お、久住昌之先生のサイン色紙発見!ここは「孤独のグルメSeason3」のロケ地になっているので、ゴローさんを演じた松重豊さんの写真なんかも飾ってました。
yokohama339.jpg

実在する店を出して大ヒットしたグルメドラマ「孤独のグルメ」ですが、放映された店はミーハーな、しかも居酒屋に来て酒も呑まない客が大勢押し寄せてしまう現象が起きて迷惑している所もあると聞きますが(ゴローさんも酒を呑めない設定なので、悪いとも思わないのでしょう)、とにかく凄い宣伝効果でしょうね。
我々は瓶ビールを呑みながら次々とつまみを頼んでいきましたが、まずどれも提供時間がメチャクチャ早い、そして美味い!こりゃ名店だ…
yokohama340.jpg
yokohama341.jpg
yokohama342.jpg
yokohama343.jpg
yokohama344.jpg
yokohama345.jpg
yokohama346.jpg
yokohama347.jpg
yokohama349.jpg

これがパタン。孤独のグルメでもメイン扱いしていたニンニクどっさり、野毛のペペロンチーノです。
yokohama348.jpg

さらに店主の中山さんに歌をリクエスト。メニューの裏に載ってた地元愛あふれる自作の歌『野毛のんだくれブルース』『赤い電車に乗って』の後、観客からのリクエストも受けていました。フォークソングならだいたい大丈夫との事でしたが、三上寛や友川かずき辺りは無理かな…なんて考えていたら、他の人が長渕をお願いしちゃった。
yokohama350.jpg
yokohama351.jpg

"松葉寿し"の前で、美空ひばり像を発見。ひばりも通った店なんだそうですよ。
yokohama352.jpg
yokohama353.jpg

ちなみに私がここ野毛地区やら黄金町、日ノ出町だのって地名を知っていたのは黒澤明監督の大好きな映画「天国と地獄」でモデルになったスラム街だから。実際に近くで撮影もされているし(中華街や山下公園といった横浜の名所も出ますね)…
かつて違法な売春街としても知られていた危ない街だったようで、つまり地元民にはありがたくないであろう相当にネガティブなイメージではあります。あの映画の『地獄』側ですからね。あの麻薬中毒者が溢れる衝撃的な狭い路地はセット撮影だったみたいですが。
そうそう、かつてアンダーカバー(UNDERCOVER)が「天国と地獄」とコラボし、あの桃色の煙を出す煙突のシーンをTシャツにしてくれたのは嬉しかった。他の黒澤映画ファンに自慢したりもしたものです。
undercover1.jpg
undercover2.jpg
undercover3.jpg
あと、野毛山公園は手塚治虫先生の「サンダーマスク」で舞台になっていました。

また横浜駅に戻りましょう。駅のホームにも崎陽軒があるのがさすがです。
yokohama420.jpg

まずは横浜のラーメンですが、横浜駅地下の"龍味"(リュウマイ)で、
yokohama413.jpg

また神奈川県名物のサンマーメン、
yokohama414.jpg

ワンタンメン。
yokohama415.jpg

"麺場 浜虎"の横浜店で、
yokohama416.jpg
yokohama417.jpg

醤そば。
yokohama418.jpg
yokohama419.jpg

ついでにカップ麺でも横浜ラーメンを食べると…ニュータッチの横浜もやしそば、
yokohama358.jpg
yokohama359.jpg
yokohama360.jpg

同じくニュータッチの凄麺 横浜発祥 サンマーメン。
yokohama361.jpg
yokohama362.jpg
yokohama363.jpg

続いて『はまっぷ』を片手に、街を散策しますか。
yokohama389.jpg

横浜駅西口、岡田屋モアーズ正面入口前にはマドロス少年像が建っています。
yokohama412.jpg

久々の山下公園で、海を眺める。
yokohama391.jpg

ここではちょうど『横浜セントラルタウンフェスティバル Y156』ってのを開催していて、ステージではつまらない音楽をやってたし…
yokohama397.jpg
yokohama390.jpg

凄い車も集結していました。
yokohama392.jpg
yokohama393.jpg

これ、エンジンの爆音がやばかった。
yokohama394.jpg

露店も出てましたが、ここは横浜名物"崎陽軒"。
yokohama395.jpg

ゆるキャラ、ハマの電チャン。
yokohama396.jpg

この滝は…カニ?
yokohama398.jpg
yokohama399.jpg

山下公園前に係留している船は、氷川丸。
yokohama400.jpg

海では横浜ドラゴンボートレース大会が開催されていましたが、私が行ったタイミングではドラゴンボートを見れず。
yokohama401.jpg
yokohama402.jpg
yokohama403.jpg
yokohama404.jpg

他にインド水塔、
yokohama406.jpg

赤い靴はいてた女の子像。たまたまこの翌日にNHK連続テレビ小説「まれ」の放送を見かけたら、ここでロケしてました。
yokohama405.jpg

こちらは横浜駅内にある、赤い靴はいてた女の子像。
yokohama407.jpg

横浜で公園と言えば、他に名作漫画「ブラック・ジャック」でBJと相思相愛になった唯一の女性である如月めぐみとの再会エピソード『めぐり会い』で舞台となった"港の見える丘公園"にも行ってみたい所ですが…

山下公園の近くには女子が大好きなお店、パンケーキの"エッグスンシングス"(Eggs 'n Things)があります。意中の女子をここに連れて行けば、モテモテ間違いないでしょう。
yokohama273.jpg
yokohama274.jpg
yokohama275.jpg
yokohama277.jpg

エッグスンサラダ、
yokohama276.jpg

フルーツパンケーキサンプラー。
yokohama278.jpg

横浜海岸教会。
yokohama409.jpg

恋人の聖地・横浜マリンタワー。ここは石ノ森章太郎原作でアニメ化もされた作品にしては忘れ去られた扱いの「ミラクルジャイアンツ童夢くん」、私にとっては子供時代にリアルタイムで見た作品なので思い出深いですが、あのアニメ版で登場して横浜スタジアムから打ったホームラン打球によって窓ガラスを割られています。
yokohama408.jpg

その横浜スタジアムに近いみなとみらい線の日本大通り駅は横浜DeNAベイスターズの本拠地との事で、ベイスターズ一色でした。
yokohama410.jpg
yokohama411.jpg

そして夜の横浜…
yokohama354.jpg

横浜赤レンガ倉庫前を通りかかったら、オクトーバーフェストやってた!行きたかったけどこの時は時間がなくて素通り(泣)
yokohama355.jpg
yokohama356.jpg
yokohama357.jpg

今夜の最後は、横浜中華街。
yokohama267.jpgyokohama381.jpg

修理の門もありました。
yokohama375.jpg

東アジア最大の中華街、相変わらず賑わっています。
yokohama376.jpg
yokohama377.jpg
yokohama388.jpg

とにかく広いので、マップを片手に散策するのが良いでしょう。
yokohama374.jpg

道教寺院、横浜媽祖廟(天后宮)。
yokohama382.jpg
yokohama383.jpg
yokohama384.jpg

関帝廟。
yokohama385.jpg
yokohama386.jpg
yokohama387.jpg

中華人民共和国は反日国代表、そりゃあまり印象よくないわけですが…ここは香港路。香港と言われるとやはりブルース・リー(李小龍、Bruce Lee)ゆかりの地なので、憧れも大きく格別な地。
yokohama378.jpg
yokohama379.jpg

ただしこれだけでかい中華街であるにもかかわらずブルース・リーのグッズはほとんど見かけないので、今回買物したのはこの死亡遊戯トラックスーツ着てヌンチャクを持った、つまりブルース・リー物と言えるパンダの鍋つかみくらい。
yokohama380.jpg

あとの目当ては飲食店ですが、渋谷でよく行く"中華料理 梅蘭"の本店がここにあるので行ってみました。
yokohama364.jpg
yokohama365.jpg

ビールはプレモルを呑みながら…
yokohama366.jpg

梅蘭焼きそば、
yokohama367.jpg
yokohama368.jpg

牛肉入り辛口梅蘭焼きそば。
yokohama369.jpg
yokohama370.jpg

杏仁豆腐。
yokohama371.jpg

この中華街だけで、他にも梅蘭の店舗は複数あります。
yokohama372.jpgyokohama373.jpg

あとは"老北京"で、
yokohama268.jpg

中華のファストフードである焼き小龍包、上海生煎包を頂いたり。
yokohama269.jpg
yokohama270.jpg

女子とスターバックス・コーヒー、横浜チャイナタウン店です。さすが中華街の店で、写真は撮り忘れましたが外壁にドラゴン画が描いてありました。
yokohama271.jpg

そしてカンフーの修行も兼ねて、"工夫厨房"(Kung Fu Kitchen、カンフー・キッチン)へ。地味なビルの2階に、それはあった…
kung-fu-kitchen1.jpg
kung-fu-kitchen2.jpg

入口の目印。
kung-fu-kitchen4.jpg
kung-fu-kitchen3.jpg

入店。
kung-fu-kitchen9.jpg

おお、詠春拳の練習をしています。
kung-fu-kitchen5.jpg
kung-fu-kitchen6.jpg

画面には懐かしいジャッキー映画が流れていて。
kung-fu-kitchen8.jpg

詠春拳といえばブルース・リーが学んだ拳法として有名であり、その『ブルース・リーの師匠』という事で昔から世界中のリー好きの間だけではメチャクチャ有名だったのがイップ・マン(葉問)。
しかし2008年のドニー・イェン主演映画「イップ・マン 序章」以来…これがヒットする事が分かって香港で何本も映画化して日本でも公開されてるし、一昨年は中国で連続テレビドラマ化までされるにいたって、今やイップ・マン自身が伝説のスーパー・ヒーローとして常識扱いになってますね。
この工夫厨房は料理店であると同時に、『イップ・マンの甥の弟子』が詠春拳を教えてくれる店。メニューを見るとブルース・リーも載っているし、左側の方、もちろん店にもいた白髪の達人が…ブルース・リーの師匠の兄弟の子供の弟子というわけだ!
kung-fu-kitchen10.jpg
弟子がハァハァいって大汗かいてるのに師匠は軽くいなしている様を見て、「イップ・マン 最終章」におけるアンソニー・ウォンが新聞紙の上で若者に稽古つけてやった姿を思い出しました。

しかしほとんど売り切れで選ぶ余地があまりないメニューから、お薦めだという薬膳ばそ、それと木人茶(四茶ブレンド)を注文。
kung-fu-kitchen11.jpg
kung-fu-kitchen12.jpg

腹ごなしに木人を叩かせてもらって、今夜はお別れです。
kung-fu-kitchen7.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/06/22(月) 23:59:57|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラー漫画(89) 円山みやこ 1 「蟲笛 Koteki」 | ホーム | 劇画(183) 杉山義法 1 篠原幸雄 1 「負けずの大五」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1407-ea14e053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する