大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

月刊漫画ガロ(149) 古泉智浩 7 「ところでここどこ?」

今夜も古泉智浩作品で、「ところでここどこ?」(ジョイフルタウン刊)です。
KOIZUMI-tokorodekokodoko.jpg

古泉智浩作品として相当に異色作であるこれは、初出誌がパスマガジン(Pas magazine)という何と新潟県内向けの情報誌。
実は現在も連載中だから連載期間では古泉先生の最長記録になっているのですが、何しろ2ページマンガなので分量が少ない。この単行本も2001年から2006年までの5年分をまとめたもので、ようやく1冊ですよ。でもこの本が出てからもう10年が経とうとしているのに、なかなか2冊目は出てくれませんね。新潟県人以外はなかなか読めない作品なのだから、他のよりずっと単行本化が望まれるというのに。

セリフにも新潟弁が満載で嬉しい、この2ページマンガの内容は…毎度違うので説明し難いのですが、基本的にギャグ漫画。人から聞いた話とか、ちょっと思い付いた面白い話とか一発ギャグみたいなのとか。
あと本当にコレは何だろうという意味なし漫画もあって、これこそがストーリーや起承転結がないとダメだと思い込んでいてナンセンス物が苦手な日本人を目覚めさせる、というと大げさですがそういった物を読む時のセンスも磨かれるかも。
全てがわずか2ページの独立した短篇ですが、いくつかはシリーズ物になっていて、ローテーションでたまに登場するゾンビくんや
ホームレスのおじさんやロック兄弟など、定番キャラも生まれています。

それから古泉ファンに嬉しいのは、傑作「四番目の男」(「これが未来だぜ!」収録)の元ネタとなった話があったり、ニートのキャラで有名な竹夫が実は本作で初登場していたり、さらには「チェリーボーイズ」その他、過去作品からの登場人物がいたりして古泉智浩作品の集大成みたいな感じもあるのです。
そうだ、かあちゃんとばあちゃんが勝手にオレのTシャツを着てる…という話では、かあちゃんがスレイヤー(SLAYER)の「シーズンズ・イン・ジ・アビス」(Seasons in the Abyss)のを、そしてばあちゃんがセパルトゥラ(Sepultura)の「アライズ」(Arise)のを着てまして、古泉先生もスラッシュメタルが好きなのかなと嬉しく思ったものでした。

単行本化にあたって一話ごとに活字で『この話の解説 というか言い訳と言うか…』が付いていて、お笑いコンビのダイノジ、銀杏BOYZの峯田和伸、古泉漫画「青春☆金属バット」を映画化した熊切和嘉監督と、それぞれ長々と語っている対談ページも有り。
お楽しみのあとがきは、『私の好きな新潟』と題して故郷愛みたいなものを語っています。


この女 ぱっと見 顔はかわいらしいが
心はドブのくさった水のにおいがプンプンするぞ
酒がまずくなる お兄さんよこりゃ厳しいわい



スポンサーサイト
  1. 2015/09/10(木) 23:59:34|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石川次郎先生のサイン色紙公開 | ホーム | 月刊漫画ガロ(148) 古泉智浩 6 「ワイルド・ナイツ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1423-efc5247c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する