大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(101) 渡千枝 5 「FUTURE フューチャー」

渡千枝作品より、1998年の「FUTURE フューチャー」(講談社刊)。
WATARI-future.jpg

ますます実力を付けてきた渡千枝先生はついにこんな傑作をモノにしました、というのが…
「FUTURE -呪われた少女-」「FUTURE2 -救われた少女-」の連作。

最初の「FUTURE-呪われた少女-」では、お絵描きが好きな幼女・麻由が登場。
この子は幼い娘にしては残酷すぎる絵を描いていまして、それが残酷絵本みたいな感じでいい絵なのですが、ここで描かれた者がその通りに様々な死に方で本当に死ぬのです。それが身近な知り合いからついに家族まで死んでしまうに至り、ママは麻由に絵を描く事を禁じた上に気味悪がって親戚の家に預けてしまいました。
しかし、そこで従兄弟の辰彦が理解者として麻由を励まし、その絵は麻由の絵の呪いで死ぬわけではなく予知能力で未来の人の死を見ていただけだと判明。自分のせいで周りの人が死んだのではないと分かって安心する麻由でしたが、辰彦の死も予知してしまう!
変えられない未来をただ見て知ってしまい苦しむ麻由は、しかし場合によっては未来を変える事も出来ると知って希望を持つ。

続編の「FUTURE-救われた少女-」では、中学三年生に成長した麻由がいるクラスを舞台にしています。
ある殺人事件の真相を探るミステリっぽい内容に、麻由の予知能力とそれを持っているがための苦悩を描いて…これに関してはハッピーエンドなのが良かった。作中で死ぬ間際の登場人物も言ってましたが、神様は意味も無く苦しめるためにその力を授けたわけではない、自分の力に絶望するな麻由!

もう一編、「きしむ歯車」は…多重人格を描いたミステリの傑作!
このテーマを使った作品は様々な媒体で珍しくないと思いますが、けっこう良い作品になる確立が多いですよね。映画だと、私が敬愛するブライアン・デ・パルマ監督が「レイジング・ケイン」、デヴィッド・フィンチャー監督は「ファイト・クラブ」を撮ってるし、他にも「ビューティフル・マインド」「アイデンティティー」「シャッター アイランド」、そしてあのジョン・カーペンター監督の「ザ・ウォード/監禁病棟」等々。
日本映画の「ルームメイト」、近年に北川景子と深田恭子主演で映画化されたアレなんて本作を読んでるんじゃないかと思えるくらい似ている部分があります。
そんな、肝心の「きしむ歯車」の内容についてはここでは触れずにおきますか。ネタバレが多いこのブログですが、さすがにミステリのオチを割ってしまうのは遠慮しといて。ただ一つ書いておくと、今度は「FUTURE フューチャー」と違って怖いエンディングですよ!


街を歩いてたりするとね ビルから人が降ってくるの
電車の中で目の前に立ってる人が 鉄骨の下敷きになって血だらけで死んでたり
激しい頭痛と はき気といっしょに 見たくもない映像が頭に浮かぶの
そして浮かんだ映像は かならず実現するの
それが予知なのよ



スポンサーサイト
  1. 2015/11/18(水) 23:00:55|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(202) 福岡県北九州市 2 宗像市 1 | ホーム | ホラー漫画(100) 渡千枝 4 「鈴蘭 忌まわしき侵入者」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1437-f80fb93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する