大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

10年たって

ふと、このブログも随分長くやっているよな…と思った時に左側の『月別アーカイブ』を見たら、2006年の2月から始めているんですよね。
今が2016年の2月だから、ちょうど10年。

10年前のある所で知り合ったあるサイトを運営している方がビンテージ漫画マニアだと判明し、意気投合して盛り上がったあのランチタイムも思い出しました。
それから頼まれて彼のサイトにてブログ名『名作漫画ブルース』で始めたのです。うちにまで来てもらってブログの開設方法から教えてもらった10年前の自分はパソコンにほとんど触れてなかったし、もちろんインターネットなんてろくにやった事がなかった…でも、とにかくマニアックな漫画の楽しさを広める事を目的に書いてたんですよね。
そのサイトが閉鎖するとなってからも個人ブログ『大悟への道』として続けて、そこから好きな旅の模様だとかブルース・リーの事なんかも同じブログで公開するようになって。そしたら自分用の記録帳でしかない部分が強くなりましたが、けっこうなペースで更新してきました。数えてみたら、1,500回近くもアップしています。

それなりの労力をかけてきたこのブログ、書いて10年の感想は!?

その答えを出すべくですね。ええ、アップしたら終わりとして区切りを付けているため普段は滅多に振り返る事のない過去記事を読み返してみたら!
いやもう、読めたものじゃないというか、恥ずかしさしかないですね。これだけ続けていると今では多くの方々に読んでいただけているようですが、それが繰り返し恥ずかしい!
ひたすら恥ずかしくなったのと、このちょうどいいタイミングに合わせて過去記事は一旦全部消す(非公開にする)事にしました。
実は他にもやりたい事があるので閉鎖しようかとも考えたのですが、でもやっぱり…また恥ずかしい言い方をしちゃうと、このブログは自分の宝物のような存在でもあるのだと再認識し、生涯残しておく事にしました。
今後は内容を完全非公開で自分用の日記にするか、または秘密結社員だけの配信にしても『不適切な投稿』も増やして面白く出来るかもとか考えたのですが、結局は今まで通り全体公開で更新は続ける方針で決まりました。しかし新しい記事を書いたらその関連記事以外は消し、基本的に過去記事を残さない形でいこうと思います。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/16(火) 23:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<旅行・紀行・街(207) 北海道網走市 1 網走郡 1 斜里郡斜里町 1 | ホーム | エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室>>

コメント

昨日はじめてこちらのブログを見ました!
後で見ようと思って再びサイトを見たら真っさらになっていてびっくりしました!w

十周年おめでとうございます
続けて下さると嬉しいです
  1. 2016/02/17(水) 02:40:09 |
  2. URL |
  3. あぶく #-
  4. [ 編集]

10年おめでとうございます!
閉鎖なんてとんでもない!
コメントこそしませんでしたが私がこちらで初めて存在を知った漫画がいくつあることか。
きっと私含めて何人もの読者がまだ見ぬ漫画のレビューに胸を躍らせています。
今後ともコレクションのご紹介をお願いします。
  1. 2016/02/22(月) 20:31:47 |
  2. URL |
  3. らる #-
  4. [ 編集]

忘れませんよっ!

「時の狩人」「ケンカの聖書」「夕やけ番長」…。

忘れられない記事がいっぱいありましたよね。

個人的には「夕やけ番長」だけでも読めるようにしていただきたい…気持ち…かな。淋しいです。
  1. 2016/02/23(火) 17:58:58 |
  2. URL |
  3. 秀和 #-
  4. [ 編集]

このサイトには、2~3年前からお世話になってます。
このサイトで知った、あまり世に知られていない沢山の漫画家たち。
旅の紀行文も楽しく見させて頂きました。
このサイトは、漫画の紹介というだけでなく、
貴重なデータバンクでもあると思います。
あぁっ!! 世界の損失だぁーーー!!!
  1. 2016/03/01(火) 00:08:16 |
  2. URL |
  3. 学生のようなもの #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>あぶくさま

それはそれは…とんでもないタイミングで非公開にして申し訳ないです。
これで作品検索などで初めて来る方がほとんど居なくなると思います。あぶくさまが10年で最後の新規ゲストかも!?
またいつか過去記事も整理して出すかもですが、その時はもうきっと覚えていないでしょうね…
  1. 2016/03/01(火) 00:21:01 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>らるさま

そういって頂けると嬉しいですし、非公開にした件を申し訳なくも思います。
過去の記事はこうしましたが、今後も少しずつ漫画紹介は続けていきますので、よろしくお願い致します。
  1. 2016/03/01(火) 00:23:21 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>秀和さま

貴方さまには今まで何度もコメントを頂きまして、ありがとうございました。
ずっと読んでいてくださっている方がいるというのは、とても力になります。
そういえばここ1、2年くらいか、いつの間にか頂いたコメントに返信しない主義みたいにしちゃって返答も出来ずにいた事、併せてすみませんでした。
そうですね、「夕やけ番長」みたいな傑作は多くの人に知ってもらいたいし、その一助になるのなら非公開にすべきではないと思いますので、またいつか整理して再度公開するか…と思いながらも、1,500近い記事を再確認するだけで面倒すぎて気が重いです(笑)
でもでも、いつかきっと!
  1. 2016/03/01(火) 00:32:37 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>学生のようなものさま

そのように言って頂けると、光栄すぎます。ありがとうございます、そしてすみません!
そう思ってくださる方がいる事を考えて、今後の展開を決めていこうと思います。
  1. 2016/03/01(火) 00:37:23 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

遅ればせながら、10周年おめでとうございます。
こちらへは数年前、とあるホラー漫画を探していて辿り着きました。漫画紹介もそうですが、旅行記も大好きでした。
そうそう、蝶の墓の回で、初めてコメントを投稿し、レスがあった時は嬉しかったです(笑)
見られなくなるのは残念ですが、今後の更新も楽しみにしております。
  1. 2016/03/15(火) 15:13:41 |
  2. URL |
  3. 毛玉 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>毛玉さま

「蝶の墓」の時にコメントをくれた方でしたか。その節はありがとうございました。
楳図かずお先生という偉大すぎる方の作品を、少しでも思い出してもらえたりしたなら書いた甲斐があったというものです。
本当はもっともっと紹介していきたい所ですが…
毛玉さまのような方に読んで頂いている事を思い出して今後も定期的に更新し、またいつか過去記事も精査して再度アップ出来ればと思います。

  1. 2016/03/18(金) 00:36:17 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

待ってます

さらなる更新と、過去記事の復活が待ち遠しいです。
  1. 2016/04/15(金) 10:04:45 |
  2. URL |
  3. mm #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1455-4badf69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する