大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

まことちゃんポスト、その他の楳図かずおネタ

東京都豊島区目白の、"切手の博物館"へ行ってきました!
UMEZZ-philatelic-museum1.jpg
UMEZZ-philatelic-museum2.jpg

何で私が郵便切手なんか見にいってるのかって!?
UMEZZ-philatelic-museum12.jpg

いやいや、これですよ…まぁ↑の写真でも大部分の方が分かったと思いますが、開館20周年を記念して正面玄関の郵便ポストが今月からまことちゃんポストになったから。
UMEZZ-philatelic-museum3.jpg
UMEZZ-philatelic-museum4.jpg
UMEZZ-philatelic-museum5.jpg

うおお、背面と側面…グワシ!!サバラ!!
UMEZZ-philatelic-museum6.jpg
UMEZZ-philatelic-museum7.jpg
UMEZZ-philatelic-museum8.jpg

しかし切手の博物館開館20周年は良いのですが、なんでその記念に「まことちゃん」なのか!?
楳図かずお先生が住んでいた事がある土地だとはいえ、そこは謎ですが(ネット検索したら説明がありました)。

あとは、この『まことちゃんポスト』設置記念としてグッズ販売もあったのですが、それはこの中、有料スペースに入らないと買えない。
UMEZZ-philatelic-museum9.jpg

無料で入れるミュージアム・ショップもあるのですが、そこでは今回のまことちゃん関連グッズ販売はしていないというズルさ!
でも、切手の博物館は入館料金たったの200円なんですね。切手にさほど興味無いとはいえ今回楳図かずお作品を採用してくれたお礼としては安過ぎるくらいなので支払って入館し、
UMEZZ-philatelic-museum13.jpg

中で『まことちゃん切手』を買えました~。
UMEZZ-philatelic-museum14.jpg

52円切手ですがほぼ倍額の100円で販売しています。まぁどうせ使わないだろうから額面あまり関係ないですね。
UMEZZ-philatelic-museum15.jpg

あまり時間も無く、今回はまことちゃん切手を買うために入館したようなものでしたが、ざっとだけ館内を見て回りました。
1階の展示室では現在の企画展は『開館20(にゃんじゅう)周年記念 ふたたびのネコ』展で、2階は水原明窗記念コーナーと図書室。物凄い量の切手関係の何かがファイリングされているっぽくて、おじいさん達がせっせと資料を漁る姿を見ていいなぁと思いました。私は今の趣味のほぼ全てが10数年前から変わってないんですよね…未知の世界である切手収集の人達を眺めるのが面白かったです。趣味は多く、深いに越した事はありませんね。


あとあと、現在都内の電車内でこのような広告が貼られています。そう、ライザップの森永卓郎が…
UMEZZ-smile-contact1.jpg

って、違う違う!その左上、スマイルコンタクトの広告に楳図かずお先生の絵が使われているのです!
UMEZZ-smile-contact2.jpg
我々ウメカニストは常に楳図絵を観れるわけだし、イベントなどでそれなりに作者の姿すら見る事が出来るわけですが、こういうのは趣味も誰も関係なく広く無理矢理に楳図絵を見せられるわけですからね。これって、もう4年近く前に「ココ」で紹介したLUMINE(ルミネ)の広告以来の嬉しい状況だったりするのかな。


さらにタイムリーな楳図かずおネタを続けると、私はこのGWに吉祥寺でまた楳図先生ご本人と遭遇し、大好きな作品の数々を生み出してきた悪魔の右手と握手してきた!

また、近いうちに盛り上がるであろう楳図ネタとしては、年内の公演が予定されている「わたしは真悟」のフィリップ・ドゥクフレ演出によるミュージカル化か。あんな名作漫画を劇でなんて正気か、とも思いますが、やっぱり行った方がいいのかな…
実写映画化なんかでいつも思うのは、あの楳図絵が見れない時点で作品の魅力は半減している事。漫画と別物になるのは当たり前なので、せめて初めて観る作品としてでも楽しめれば良いのですが。


はい、今夜はまことちゃんポスト(目の周りに余白があるのは、『目白』だからとか)、
UMEZZ-philatelic-museum10.jpg
UMEZZ-philatelic-museum11.jpg

そしてスマイルコンタクトの広告でした!
UMEZZ-smile-contact3.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 23:59:01|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手塚治虫(52) 「ノーマン」 | ホーム | 手塚治虫(51) 「ザ・クレーター」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1461-8c71a6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する