大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(217) フランス・パリ-FRANCE PARIS 6

ここの所、フランス共和国紀行を載せていましたが...最後は首都・パリ(Paris、巴里)

当然日本から行く場合の玄関口であるパリです。まず日本では羽田空港(東京国際空港)へ行って、
tokyo-airport105.jpg

飛行機を眺めたり…
tokyo-airport106.jpg
tokyo-airport120.jpg
tokyo-airport121.jpg
tokyo-airport122.jpg

国際線ターミナルのTIAT Sky Roadで、ここに就航している航空会社の飛行機モデルが展示されているのを見て。
tokyo-airport107.jpg
tokyo-airport108.jpg
tokyo-airport109.jpg

HOT ZONEも見てから、次は食事です。
tokyo-airport113.jpg

羽田空港は食堂街がけっこう充実していて、
tokyo-airport110.jpg
tokyo-airport111.jpg

江戸屋横丁…うーん…
tokyo-airport112.jpg

この橋を渡り、
tokyo-airport114.jpg

吉野家に決定。やはり日本のファストフードといえば牛丼ですが、特にこの店でしょう。空港にある飲食店は大抵値段設定も高めですが、吉野家はチェーン店なので値段も街で普通にある店舗と変わらない安価なままなのも良い。
tokyo-airport115.jpg

海外に出たら食べられなくなるので、しっかり噛み締めながら頂いた牛丼に生野菜サラダ+みそ汁、
tokyo-airport117.jpg

牛ねぎ玉丼、
tokyo-airport118.jpg

また今度は牛丼と豚丼どちらも頼んでみたり!
tokyo-airport119.jpg

それからチェックイン。
出国時の検査で、鞄に入れっ放しになっていた細いドライバーを取り上げられてしまいました。ほぼプラスチック製でオモチャみたいなやつでしたが、確かに雪藤洋士が持つスポークのように武器に出来るからなぁ。
とにかくJALの飛行機(チケットもJALのホームページで購入しました)に乗って、これはファーストクラスだかビジネスクラスだか忘れたけど、悠々としたブルジョア階級向けの席を通り過ぎて...
CDG25.jpg
CDG26.jpg

プロレタリアートな私はエコノミークラスへ。A working class hero is something to be...
まぁ、自分の経済状況では仕方ないのもありますが、交通費より現地での食事や遊びに金かけたいですからね。
CDG27.jpg

それでも私が初めてフランスへ渡った時から比べたらはるかに進化してて、何というか12時間くらいのフライトではさほど退屈しませんね。
自前でも本は用意していました。これは旅行本の定番…といっても昔の話だろうし私も10数年ぶりに読みました小田実「何でも見てやろう」だとか、
CDG28.jpg

他に機内での安眠のため、読むと眠くなる坂口安吾「堕落論」とか。
CDG29.jpg

あとは今回は私にしては珍しく旅行ガイドブックの類も買っていましたので、いくつか持っていきました。
paris697.jpg

でもこれは日本の航空会社だからか、機内はゲームや映画等々あって、持参した本を読む暇がないくらいなんですよ。昔はこんな風に一人一人に画面など無かったのを思い出しますが、ありがたい限りです。
この時はまだ劇場公開中だった庵野秀明総監督・樋口真嗣監督の特撮映画「シン・ゴジラ」も観れたし…ああ、一応知らない人のために書いておくと飛行機では劇場公開中とか下手したら公開前の最新映画が観れるんですよ~。(これは何故?)
CDG30.jpg
CDG31.jpg
CDG32.jpg

まぁこんなのよりもっと良い映画もありましたが、語ると長くなるので続いてはゲーム。
私はゲームってあまりやらない人だし、RPGは好きだけど飛行機内でやるようなものではないでしょう。まぁスルーするしかないか...と思ったら、将棋ゲームがありました!
CDG33.jpg
CDG34.jpg

これで到着までの時間もつじゃないかと喜び勇んで、普通レベルでやってみたら対局相手としてあまりにも酷いレベルで、
CDG35.jpg

嫌な予感がしながらも上級レベル…これもクソ弱し。こんなの、何も面白くない!飛行機内、映画は最新作も観れるのに、ゲームは私が小学生の時に全盛期だったファミリーコンピュータ のレベルです!!
CDG36.jpg

ビールとかワインが呑み放題だし、酔って寝ちゃうのがいいかもしれません。
CDG37.jpg
CDG38.jpg
CDG39.jpg
CDG40.jpg
CDG41.jpg
CDG42.jpg

ちなみにフランス製のビールといえば1664の文字でお馴染みなのでラ・セーズ(16)とも呼ばれているクローネンブルグ(Kronenbourg)ですが、フランス便とはいえさすがに機内には置いてませんでした。
paris708.jpg
paris707.jpg
paris709.jpg
(こちらは白ビール、クローネンブルグ・ブラン)

あと機内で出た水が、クリアーウォーター津南(CLEAR WATER TSUNAN)というので私の故郷・新潟県、それも実家からわりと近い中魚沼郡津南町の物でした。
CDG43.jpg

長い空路では最大の楽しみとなるのが、機内食。
CDG44.jpg

最初の夕食のメイン食は、白身魚のアクアパッツア風、
CDG45.jpg

もしくは鶏のうめ酢照り焼き、でした。
CDG46.jpg

デザートはハーゲンダッツのアイスクリーム。
CDG47.jpg

翌日の朝食パン、
CDG48.jpg

そしてランチはまさかの、吉野家の牛丼.!
↑で書いたように空港にてしばしの別れ牛丼を食べたばかりだったのに、早くも牛丼と再会してしまいました。
CDG49.jpg
CDG50.jpg

たまご付き!
CDG51.jpg
CDG52.jpg

さて、長い空の旅の往路が終わりました。
今回のフランス旅行では4都市目となるのがパリですが、最初に乗換えでパリ=シャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)だけ来ています。
CDG53.jpg
CDG54.jpg
CDG55.jpg

約3年ぶりの、フランス入国。
CDG75.jpg

空港からは出ずに、そのままニース行きの便に乗換えです。その後は「ココ」で紹介した通り。
CDG56.jpg

フランスで最初に行った店が当地のキオスク・RELAYになってしまいましたが、でも商品の感じとか懐かしくて胸キュン。
CDG57.jpg

ようやく最初にユーロを使いましたね。今回のユーロ紙幣は、現地で余計な時間をかけない為に近所のJTBで両替(マネーチェンジ)済でした。
paris698.jpg

ここでけっこう長時間待つ事になったのですが...
CDG58.jpg
CDG59.jpg
CDG60.jpg

ここに取り出しましたるは、ブルース・リー。
CDG63.jpg

ブルース・リーと戯れながら、
CDG76.jpgCDG77.jpg

もう待てない、フランスで最初のパンをこの店"Brioche Dorée"で購入。やはり美味い!たまらんなぁ、フランスのパンは。
CDG61.jpg
CDG62.jpg
CDG64.jpg
CDG65.jpg
CDG66.jpg

実は今回はブルース・リーだけでなく、可愛い上にどこでも枕になる便利なモンキ(MONKI)も連れてっていましたが、こいつはニースで盗まれたトランクの中に入っていたので後に永遠の別れをする事となりました。
CDG67.jpg
CDG68.jpg

大きい方は東京で留守番させていたので無事でした。
paris705.jpg

同じフロアでは、ここのマカロン屋さんが人気あったみたいです。
CDG69.jpg

下のフロアにも少し店はあったし、
CDG78.jpg

PlayStation 4もプレイ出来るみたいでした。
CDG70.jpg

む、公衆電話。
CDG72.jpgCDG71.jpg
CDG73.jpg

テレホンカードの、日本語標記もありました。
CDG74.jpg

私は飛行機を見ながら時間を潰し…
CDG79.jpgCDG80.jpg
CDG81.jpg
CDG82.jpg

ようやくニースに飛ぶ飛行機に乗り換えたわけですね。しかし当地では出発ゲートがころころ変わったりして直前まで分からないので、まして日本語が通じない情況だしうっかりしないように細心の注意が必要です。
CDG83.jpg

この後でニース→マルセイユ→モンペリエと回ってきたのは既に書いた通りですが、これがモンペリエからパリへ帰るTGV車中…
paris423.jpg

道中でトランクを盗まれた私のためにモンペリエで会った秘密結社員が代わりのトランクをくれたのですが、それは荷物置きを使わず、座席の下にキープした上にこうして足と縛り付けています。これでも盗めるもんなら、盗んでみろよフランスの泥棒野郎!
paris425.jpg
paris428.jpg

あっさり通り過ぎちゃいましたが、ニーム(Nîmes)もいつか行ってみたい街です。
paris426.jpg
paris427.jpg

無事に再びのパリ、リオン駅(Gare de Lyon)へ到着。
paris429.jpg
paris430.jpg
paris431.jpg
paris432.jpg

ここでも今度はパリ在住の秘密結社員達が迎えに来てくれていましたが、実は今回のパリは滞在時間少なくてたった1泊のみだからと彼らとは会う予定でなかったのです。しかしモンペリエで世話してくれた友が連絡したため、何と前日の連絡になってしまいましたが、これまた車で色々と案内してもらったり、手厚くもてなして頂きました。そんな理由で日本の土産が何も無かったけど...むしろフランスの土産を頂いたりして、お世話になりまくった!
paris433.jpg
リオン駅の駐車場...ホームレスがしちゃうからなのかションベン臭かったけど、パリ自体がどこに行ってもそんなもんか。

すぐにパリ市街へ着いて、
paris422.jpg

懐かしいパリの街並みを見ながら走り…
paris694.jpg
paris695.jpg
paris696.jpg

予約していたHotel Royal Aboukirまで送ってもらいました。で、また夜に会う事にして一旦お別れ。
paris703.jpg
paris700.jpg

ここは一応三ツ星付いてるけど、安かったです。
paris545.jpg

しかし設備や居心地もそれなりで色々とイマイチでしたけどね…最寄り駅がストラスブール・サンドニ(Strasbourg – Saint-Denis)駅なので、知っている方はご存知の通りアレのメッカなので周囲の治安が良くないし。
paris546.jpg
paris547.jpg
paris548.jpg

フランスのホテルはけっこう高い所でないとバスタブ無しで、シャワーのみというのが基本。
paris549.jpg

窓からの景色。
paris550.jpg

夜。
paris551.jpg
paris552.jpg

またギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)の宣伝入りパリ地図を入手し、
paris701.jpg

改めてパリの街へ出ますか。
paris554.jpg
paris555.jpg

ホテルの場所が治安の良くないストラスブール・サンドニだと書きましたが、
paris558.jpg

ここらはですね…売春婦が立っているパリで最強の娼婦街なんですよ。私のように清潔で純情な男でも売春婦達の前を通り過ぎる事になります。パリの娼婦なら、お人形さんみたいな可愛いパリジェンヌがお相手してくれるのかと思ったら大間違いで、少なくとも立っている街娼はこの道ウン十年のプロといった貫禄の年配者しか見かけません。
あとごつい黒人達。ブラック集団がやたらと外で立ち話しているのも迫力ある怖さ。かなり怖い。
paris441.jpg

でも実はかつて私のパリ在住時には友人がこの近くで住んでいたので、よく遊びに来ていた所でもあって懐かしい。
ここを進むと見えてくるのが、サンドニ門(Porte Saint-Denis)です。
paris556.jpg
paris557.jpg
paris434.jpg

実はこれがパリで一番古い門で、あの凱旋門なんかよりずっと歴史があるのです。
paris436.jpg
paris435.jpg

隣の通りにもう一つ、サン・マルタン門(Porte St-Martin)。
paris437.jpg

古本屋のブリニエ(Boulinier)。中古レコードを扱うサン・ミッシェルの店舗には散々通ったものですが...
ここではミヒャエル・エンデの「モモ」みたいな少年が熱心に読書していたのが印象深い
paris438.jpg
paris439.jpg

このDVDショップとか、他にも良さそうな店がチラホラ。
paris440.jpg

セバストポール大通り(Boulevard de Sébastopol)を歩いてパリ市中心部の方に向かうと、フランス国立工芸院(Conservatoire national des arts et métiers)があったり、
paris442.jpg
paris443.jpg

素敵な教会とかそこら中にあるし、
paris444.jpg
paris445.jpg

ナチュラリア(Naturalia)というオーガニックスーパーでは、
paris446.jpg

すぐ食べる用にキッシュ、
paris449.jpg
paris447.jpg

レモネード等を購入。
paris448.jpg

ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)、そして周辺の賑わいを見て。
paris450.jpg
paris451.jpg

パリの大都会部なので、すぐ近くの教会も大盛況。
paris452.jpg
paris453.jpg

photographie d'art, images en ligne chez LUMAS…写真ギャラリーか、ここではこの年(昨年、2016年)に逝去してしまったデヴィッド・ボウイ(David Bowie)がこちらを向いていて、悲しくなりますね。
ああ、私は普段音楽の話で口を開けばプログレとかメタルとか言ってる事が多いかもしれませんが、ボウイの作品は1stから全部揃えていますからね。
paris454.jpg

シャトレ駅(Châtelet)へ到着。
paris414.jpg
paris411.jpg
paris412.jpg

目玉マークの旗を持った人々が何かお祭り騒ぎをしていますが、これはフリーメイソンではなくジェンダー系の団体かな。
paris690.jpg

この旗の後ろには、マーライオン的な嘔吐像。
paris691.jpg

シャトレ駅を地下に降りた所、メトロ乗り場。
メトロのシャトレ駅はレ・アール駅とつながっていて、RERのシャトレ-レ・アール駅にもつながる構造がややこしいし広すぎる、パリ最大の乗換駅。我々日本人は、世界一乗降者数が多い新宿駅とか普通に利用しているので驚きはしませんが、かなりの混雑具合です。
paris488.jpg

続いて見えてきたのは、サン=ジャックの塔(Tour Saint-Jacques)だ。
paris692.jpg

パリで塔といえばそりゃエッフェル塔ですが、その数十年前から存在していたもう一つの塔が、サン・ジャックの塔なのです。
paris415.jpg

塔の上に立つ人物はサン・ジャックさまなのでしょうか!?
paris416.jpg
paris417.jpg

こちら、塔の下のアーケード部に建つ像の人の方が有名ですね。『パスカルの定理』の、ブレーズ・パスカルですよ。パスカルはここで大気圧の実験、いわゆるパスカルの実験を行なったのだとか。
paris693.jpg

バスティーユ広場(Place de la Bastille)の黄金自由天使像が乗った7月革命記念柱が見えました。
paris413.jpg
paris410.jpg

ここはまぁ、パリで中心辺りを街歩きしていれば何度となく目にする物ではあります。
paris460.jpg
paris461.jpg

パリの中心部を流れる、セーヌ川沿いを歩いていきましょう。
paris699.jpg
paris655.jpg
paris656.jpg
paris657.jpg
paris658.jpg
paris659.jpg

Je suis ta puteって書いてある…Pute/Putain、この意味は分からないままでいて日本人は使わないようにしましょう。
paris660.jpg

セーヌを走る観光船、世界中の観光客の定番のようですが今まで一度も利用した事はありません。まぁ、いつかね。
paris661.jpg
paris662.jpg

オルセー美術館(Musée d'Orsay)もあって、
paris663.jpg
paris664.jpg

近くにはパフォーマーとかもたくさんいました。
paris665.jpg

そういやフランスでは日本以上に電動自動車をよく見かけましたが、ちゃんと充電する場所も多かったです。
paris667.jpg

他、セーヌ川沿いは楽しみがいっぱい。
paris418.jpg
paris419.jpg
paris420.jpg
paris421.jpg

そのセーヌの中州にあるシテ島。
paris455.jpg

あそこは..
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris11.jpg

もはや説明不要の有名観光地ですが、パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)!
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris12.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris13.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris14.jpg

外壁の像を見ているとアラレちゃんみたいに首が取れる方が居たり、
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris16.jpg

悪魔も居たり。
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris18.jpg

花嫁さん、
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris19.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris20.jpg

それを祝福するノートルダムの鐘。


こちらはフランスでは珍しい、ゆるキャラ?チキン・ジョージを可愛くしちゃったようなヤツが居たり。
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris21.jpg

ノートルダムもパリに来ればいつも外観こそ見ますが、当地に住んでた時以来この中に入ってなかったので、今回は16年ぶりに行きましょう。
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris15.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris22.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris23.jpg

嗚呼、
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris24.jpg

美しい教会です。
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris25.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris26.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris27.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris28.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris29.jpg

ではではサヨナラ、カシモド…
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris30.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris31.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris32.jpg
Cathedrale-Notre-Dame-de-Paris17.jpg

ノートルダム大聖堂の向かいには、パリ警視庁本部がありますね。
paris463.jpg

カッコいいモンスターみたいなのかと思いつつ、よく見りゃ旗か。
paris464.jpg

あのフランソワ・ミッテラン(François MITTERRAND)の名が冠されていました。
paris465.jpg

もうちょい、セーヌ沿いを行きましょう。
paris462.jpg
paris456.jpg
paris457.jpg
paris469.jpg

映画はこの時、トム・クルーズ主演の「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」が盛り上がってましたかね。そうそう、いくら娯楽性より難解でも芸術性を重視した、とにかく独特の雰囲気が漂うフランス映画の国とはいえ、結局一般的に受けるのはアメリカのアクション映画ですよ。
paris476.jpg

古本屋が並んでいる所も名物。
paris458.jpg

ベタすぎる土産物の店も増えていますが
paris459.jpg

お、日本の大相撲から小錦の写真が売られています。
paris478.jpg

黒人のオシャレさんが着ているのはCDGの服...って、シャルル・ド・ゴール空港じゃないですよ!我らが日本が誇るプレタポルテ・ブランド、川久保玲さまのコム・デ・ギャルソン(COMME des GARÇONS)。
paris477.jpg

ポン・ヌフ(Pont Neuf)を渡りましょう。
paris466.jpg
paris467.jpg
paris468.jpg

ポン・ヌフといえばおなじみ、橋の上のアンリ4世像(Statue de Henri IV)。
paris470.jpg
paris471.jpg

メトロ駅のポン・ヌフ。
paris495.jpg

あと驚いたのは、3年前になる前回パリに来た時は「ココ」で書いたようにポン・デザール(Pont des Arts、芸術橋)で永遠の愛を誓って南京錠を橋の鉄格子にかけ、それを開錠する鍵はセーヌ川に捨てるのが大流行していたのですが、それが橋の耐久性の問題でしょうか、南京錠をかける場所がここポン・ヌフに移っていました。
paris472.jpg
paris473.jpg
paris474.jpg
paris475.jpg

そんでフランス学士院(Institut de France)、
paris479.jpg
paris480.jpg

その前にあるポン・デザールには鍵がまるで失くなっていました!
paris482.jpg

さらに歩いて、セーヌ川を眺める…ん?極度乾燥って何ですか。
paris481.jpg
paris483.jpg
paris484.jpg

他の場所でも見かけたし!しかも今度は『極度乾燥(しなさい)』と、ひらがなも追加されたバージョン。
paris613.jpg
(帰国してから日本でも外国人観光客が使っているのを見かけました…)

ルーブルの辺りを歩いてから、
Musee-du-Louvre26.jpg
Musee-du-Louvre27.jpg
Musee-du-Louvre28.jpg
Musee-du-Louvre31.jpg
Musee-du-Louvre29.jpg
Musee-du-Louvre30.jpg

さらに進むと、
paris485.jpg

広場で集団ダンス。
paris486.jpg
paris487.jpg

市民自由参加のダンスでしょうか。盛り上がってそのうち映画「フラッシュダンス」(Flashdance)みたいになるといいですね。


カルネ(メトロきっぷ10枚セット)を14.5ユーロで買って移動。やっぱりメトロはスリとか多いので、今時なるべく日本人観光客には使わせないようにしているそうですね。
paris490.jpg
paris494.jpg

とにかくパレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅(Palais Royal - Musée du Louvre)から乗り込みましょう。
paris491.jpg
paris492.jpg
paris493.jpg
※ルーヴル美術館の最寄り駅はもう一つ、隣にルーヴル=リヴォリ駅(Louvre - Rivoli)もあります。

そうだ、メトロ駅で宣伝看板を見る事で今何がパリでピックアップされているのかを知る参考にはなりますが、おおニースで盛り上がっていた「BRICE 3」はニースが舞台だからもあるのかと思っていましたが、パリでも推されています。
paris489.jpg

お、日本のユニクロがパリのメトロで広告も大々的にしていますね。
paris668.jpg

こちらは猫のロック・ショウの宣伝ですが、この手の物では日本、それも新潟県出身の漫画家・小林まこと先生が30何年も前に「What's Michael?」(ホワッツマイケル)でやっていて、こんなのよりよほど魅力的でしたよね。
paris669.jpg

メトロ乗り場ではこの手の大きな看板があって、これなんかフランスでは国民的な人気を誇るダニー・ブーン(DANY BOON)のワンマン・ショーか。観てみたかったなぁ。
paris672.jpg

これは街中で見つけた宣伝ポスターですが、DEDO/ Killing Joke Part 1。
paris614.jpg

たまに広告主が見つからずに何も宣伝していないスペースがありますが、ここは誰かのイタズラでしょう...幽霊型に切り抜かれています。
paris670.jpg
※セーヴル=バビロヌ駅(Sèvres - Babylone)にて。

カルチェ・ラタンにある、クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅(Cluny-La Sorbonne)。
paris671.jpg

で、レ・ゴブラン駅(Les Gobelins)へ。
paris496.jpg

ここは秘密結社員が住んでいるので、荷物預かってもらったりとかあって複数回行きました。
paris497.jpg

地上に出て目の前のCanon des Gobelinsでクロワッサンとカフェの朝食を頂いたり。美味しかったし、キヤノン(Canon)という屋号も日本人にはおなじみで良いですね。
paris498.jpg
paris499.jpg
paris500.jpg

さらにアキコさんという日本人妻がいるとういうパン屋、Boulangerie Akiko et Philippe Bruereで買物しました。私が行った時はワーホリで来てるんだったかな?若い日本人女性が働いてて、つまり日本語通じます。あと、店内にやたらとハチが飛んでました。
paris502.jpg
paris503.jpg
paris504.jpg

フランスでもマクドナルド(McDonald's)は当然かなりありますが、レ・ゴブラン駅近くの店舗はここ。
paris673.jpg
日本ではクソまずい印象が強いファーストフードチェーン店ながら、しかし実はフランスではマクドナルドのハンバーガーすらも美味いらしいのです。チーズとパンは当然だし、実は肉もメチャクチャ美味い国なので、さもありなんとは思います。

近くのここは何の変哲も無い建物ですが、ここにヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチの大物夫妻が住んでいるのだと聞きました。
paris501.jpg

当地の秘密結社員宅では可愛すぎる子供と遊んだりして...
paris505.jpg
paris508.jpg
paris506.jpg
paris507.jpg
paris654.jpg

やっと捕まえた~!
paris509.jpg

あとワインと共に出してもらったトリュフのスシソン(ソーセージ)が美味しくて感動したり、
paris510.jpg
paris511.jpg

美味い美味い言ってたら、残り全部を手土産に持たせてくれました。
paris553.jpg

夕食に連れてっていただいたの店、コメルス(Commerce)ってのかな?「ツイン・ピークス」(Twin Peaks)の"赤い部屋"を思い出すこの空間で…
paris517.jpg
paris518.jpg
paris519.jpg
paris520.jpg

ビールとステーキなど美味い。
paris521.jpg
paris522.jpg
paris523.jpg
paris524.jpg
paris525.jpg

前回行ったCAFE LEA、ここは良かったけど今回は通り過ぎて…
paris513.jpg

ここはInstitut national agronomique。
paris512.jpg

さらにパリ市内を夜のドライブに出ました。
paris514.jpg
paris515.jpg
paris516.jpg

車が無い人は、こういった観光バスに乗るのもいいかもしれません。
paris544.jpg

まずはモンマルトルの丘を目指し、サクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur)へ。
paris542.jpg
paris543.jpg

そしてこの丘から見る景色が良いんですよね。でもここら辺は治安が悪いので、景色に夢中になり過ぎぬようご注意ください。
paris540.jpg
paris541.jpg

プランタン(Printemps)の辺りを通り、
paris526.jpg
paris527.jpg

マドレーヌ寺院(Église de la Madeleine)、
paris528.jpg
paris529.jpg
paris530.jpg

シャンゼリゼ通りを走ると見えてくる、あれは…
paris537.jpg
paris538.jpg
paris531.jpg

コンコルド広場(Place de la Concorde)、そしてそこにはルクソール神殿のオベリスク。
paris532.jpg
paris533.jpg

はいはい来ました、エッフェル塔(La tour Eiffel)。
La-tour-Eiffel11.jpg
La-tour-Eiffel10.jpg

前にエッフェル塔がいかに色々な作品で登場するかとか書いたと思いますが、私の好きなフランスの歌手・ザーズ(ZAZ)があれから出したサードアルバム「Paris」でも、このように使われていました。
zaz2.jpg

車でかなり接近できるので、行ってみましょう。
La-tour-Eiffel13.jpg
La-tour-Eiffel12.jpg

グーッと近づいて…
La-tour-Eiffel14.jpg
La-tour-Eiffel15.jpg

真下から見る事も出来ました。
La-tour-Eiffel16.jpg

今回は大好きな藤子不二雄作品のワンシーンも、貼っておきましょう。
La-tour-Eiffel17.jpg

あとこれ、渋谷の某所であったエッフェル塔との記念撮影スポット。
La-tour-Eiffel18.jpg

エッフェル塔の近くには、パリ日本文化会館(Maison de la Culture du Japon à Paris)があるし、
paris534.jpg

ギメ東洋美術館(Musée des arts asiatiques - Guimet)でも、日本特集やってたっぽいです。
paris535.jpg

またシャンゼリゼ通りから、あれはエトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)。その周りをグルグル走り…
Arc-de-triomphe-de-lEtoile7.jpg
Arc-de-triomphe-de-lEtoile8.jpg
Arc-de-triomphe-de-lEtoile9.jpg
Arc-de-triomphe-de-lEtoile10.jpg
Arc-de-triomphe-de-lEtoile11.jpg

ここの通り、懐かしい
paris536.jpg

オペラ座(l'Opéra)、ことガルニエ宮。
paris539.jpg

今回は16年前に行った時の内部写真も貼っておきましょう。豪華な内装、マルク・シャガールによる天井画も綺麗でした。
paris689.jpg

翌朝、ホテルをチェックアウトして移動中に通ったダンフェール=ロシュロー広場。ここも一時期住んでいた所ですよ。そしておなじみ、ベルフォールのライオン像(レプリカ)。
paris653.jpg
paris559.jpg

そして、ヴァンヴ蚤の市へ。フランスに住んでた時に一番よく行っていた蚤の市ですが、帰国した後のパリ再訪過去2回では『パリ3大蚤の市』の他の2箇所、つまりクリニャンクール、モントルイユの方に行っていました。
そしてようやく今回のヴァンヴです。つまり住んでた時以来だから16年ぶりかぁ。最寄りの地下鉄駅から歩いてすぐの立地ですが、今はトラムが走っているので、景色の印象が変わっています。
paris586.jpg
paris560.jpg
paris561.jpg
paris562.jpg

懐かしい。蚤の市の中に入ると印象は全然変わっていません。
paris565.jpg
paris566.jpg
paris567.jpg
paris568.jpg

時間が限られているので、レコードのEP盤だけ軽く漁って...でも、昔は日本では珍しすぎるアイテムが安価でどんどん出てきていたのですが、今回はタイミングよくなかったのか大した収穫なかったです。
paris563.jpg
paris564.jpg
でもあまり掘り出し物があると荷物が増えすぎて大変だし、この旅ではトランクを盗まれて大事な持ち物を一瞬で失ったのもあってか物を買う事が虚しくなっていたので、物欲はかなり抑えられていたのもあります。

日本のスーパー戦隊シリーズから、それも私が幼少期に大好きだった「超電子バイオマン」「超新星フラッシュマン」の曲なんかが出てきました。
paris571.jpg

その他、ここら土産としても喜ぶ奴けっこういるし…で買った1~2ユーロ程度のEP。
paris666.jpg

お、移動カフェテリア。同じ人が経営しているかは分かりませんが、ここは16年前に来てた時にもよくコーヒー飲んでた事も思い出した。
paris575.jpg
paris576.jpg

また懐かしのコーヒーとパン・オ・ショコラ、
paris578.jpg
paris579.jpg

ケバブを頼んで...
paris577.jpg
paris580.jpg

美味い!美味い!
paris581.jpg
paris582.jpg

ロバート・ワイアットっぽい風貌のおじさんが演奏を始めたり、活気があります。
paris572.jpg
paris573.jpg
paris574.jpg

路地に入って、まだまだ続いています。
paris569.jpg
paris570.jpg

けっこう広いので、ちゃんと見てたら凄い時間がかかりますよ。
paris583.jpg
paris584.jpg

土産用のアンティークな食器やブローチなど、いくつか買いましたけどね…
この店は日本の雑誌で椎名林檎が表紙の装苑が飾ってあって、店のマダムが中に自分が出てるんだって自慢してきました。
paris585.jpg

Fromagerie Didotって、良さそうな店がありました。フロマージェリー、つまり日本では見かけないチーズの専門店ですね。
paris587.jpg

あと、たまたま近くのRUE DIDOTで広大な規模のフリーマーケット(Vide Grenier)もやっていました。
paris601.jpg
paris588.jpg
paris589.jpg
paris590.jpg
paris600.jpg

こちらの方が子供達も楽しそうに遊んでいて、明るいイベントの雰囲気。
paris591.jpg
paris592.jpg
paris599.jpg

目玉。
paris593.jpg
paris594.jpg

これがまた規模がでかくて、とても全部見ていられませんでした。
paris602.jpg
paris595.jpg
paris597.jpg
paris598.jpg

ボビー・ラポワント(boby lapointe)のLP-BOX、これは珍しいですね。ジャケは名盤「Comprend qui peut」の絵が使われていますが、LP4枚とブックレット付き仕様でした。
paris596.jpg

その他、レコードを扱う人が多くてワクワクしつつも、重ね重ね時間が無いのが悔しい。
paris605.jpg

ピンク・フロイド(Pink Floyd)のジャケを女性の背中に描いた美しい写真。これ自体はたまに見ますが、このサイズだとまた欲しくなりますね。
paris603.jpg

日本の漫画も、けっこう見ましたよ。
paris604.jpg

露店が並ぶ通りには普段から営業している店舗もあり、オモチャや中古CD等を扱うここでも日本の…
paris608.jpg

「聖闘士星矢」フィギュアが並んでいました。フランスでは星矢の人気も根強いですからね。
paris609.jpg

海外フィギュアは、やっぱりバービーが強いか。
paris606.jpg
paris607.jpg

ここら辺での休憩は、Carmen'sへ。
paris610.jpg
paris611.jpg

この姉さんがカルメンかな。
paris612.jpg

予定外のフリマまで覗いたために時間かかりすぎたので、この日に行こうと思ってたアリーグルの朝市は取り止めました。
ここで自分の鞄に血がベッタリ付着しているのに気付き、どこで着いたのか分からず怖いと思ったのも束の間、自分の指がささくれ立って皮が剥けて、そこからけっこう血が出ていました。そういえば唇もカサカサになってきてリップクリームまで買うはめになりましたが、パリは日本よりも空気が乾燥していたようです。
paris616.jpg

サン・ピエール・ドゥ・モンルージュ教会(Eglise Saint-Pierre de Montrouge)が見えてきた…
paris615.jpg

と、いう事はここはメトロのアレジア駅(Alésia)があります。
paris617.jpg

メトロに乗って...ここ、鐘楼が見えるその下で路上円蔵も演奏も行なわれていますが、
paris618.jpg
paris622.jpg
paris623.jpg

ここは…
paris624.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレ教会(léglise Saint-Germain-des-Prés)です。
paris619.jpg

パリ最古の教会の一つとされるここは久々に中にも入りましたが、ロマネスク様式の建築だけでなく聖ジェルマンの木像やら聖母像、その他の芸術作品の数々も凄いです。
こんな凄い雰囲気の中で、音楽の演奏会なども開催されているみたいなので、行ってみたいものですね。
paris702.jpg

お、ベスパ~。
paris621.jpg
paris620.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレ界隈といえば高級ブティックや有名カフェが並ぶ華やかな観光エリアですが、
paris629.jpg

ここを代表するカフェはレ・ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)、
paris626.jpg
paris627.jpg

そしてカフェ・ド・フロール(Cafe de Flore)。この2店はやはり物凄い混雑具合だったので今回はパス。
paris628.jpg

サン・ジェルマン大通りの賑わいを見ながら歩き、隣のリュー・ド・バック駅(Rue de Bac)まで来ました。ここまで来ればそれほど混雑していないのが助かります。
paris631.jpg
paris630.jpg

マイヨール美術館(Musee Maillol)、
paris632.jpgparis634.jpg
paris633.jpg

その目の前のCuillier Caféで一休み。
paris635.jpg
paris636.jpg
paris637.jpg
paris652.jpg

カプチーノとコーヒー、
paris638.jpg
paris639.jpg

サラダを1つ。
paris640.jpg

入口に可愛いヤツが遊びに来ました。
paris641.jpg
paris642.jpg

そしてRue de Bacといえばで、何度も行っているあそこへ今回も行かないわけにはいきません…
paris643.jpg

私にとってはフランスの象徴、セルジュ・ゲンズブールが住んだ家…つまりLa Maison de Serge Gainsbourgですね。
paris644.jpg

現在は娘、そして今では母親(セルジュにとっては妻)のジェーン・バーキン(Jane Birkin)以上の大女優になったと言えるシャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)が所有者になっていて、中は入れないけど外の塀は落書き自由なのでファン達が様々なメッセージを書き残している、ここです。
paris645.jpg
paris646.jpg
paris647.jpg
paris648.jpg

特に書くペンも用意してなかったので手帳に付けてたボールペンで『大悟への道』とだけ小さく書いてきました。
paris650.jpg
paris649.jpg
paris651.jpg

これで今回のフランス旅も終わり!
パリ=シャルル・ド・ゴール空港までダイレクトで行けるポール・ロワイヤル駅(Port Royal)まで送ってもらうと、ここからRER・B線で10ユーロにて空港へ向かいました。
paris674.jpg
paris675.jpg

往路でも同じシャルル・ド・ゴール空港を使いますが、復路で使う時のこの悲しさはどうでしょう。
CDG84.jpg
CDG85.jpg
CDG86.jpg

それに今回のパリ滞在はたったの1泊2日...フランスでは一番来やすいパリの時間を削って地方に時間をかけるスケジュールにしたのですが、やはりパリも私の大好きな街。あまりにも時間が少なすぎて欲求不満になるばかり。
さらにラストのこの日が日曜であった事が大きな失敗で、土産物を買おうと思っていたのにスーパーマーケットがやってないではないか!
となると帰る直前の空港で買うしかありませんが、割高なだけでなくやっぱり置いている物も普通ですよね。それと少しは、前日までに買っておいた物。
paris683.jpg
paris684.jpg
paris685.jpg
paris686.jpg
paris687.jpg

3年前にも行ったシャルル・ド・ゴール空港のPAULにまた行き...
CDG87.jpg
CDG88.jpg

フランス最後のコーヒー、
CDG89.jpg

そしてフランス最後のパンとガトーを頂きました。
CDG90.jpg
CDG91.jpg
CDG92.jpg

正確には、この空港の売店で大量にパンを買っておきましたけどね。
CDG93.jpg
CDG94.jpg

あとは空港のキオスクでセルジュ・ゲンズブール&ジェーン・バーキン表紙の雑誌が出ていたので、購入。
paris706.jpg

そして飛行機は無事に出発した...帰路の機内食、夕食です。
CDG95.jpg
CDG96.jpg
CDG97.jpg
CDG98.jpg

朝食。
CDG99.jpg

この旅でわざわざ持ってったブルース・リーがどうなったかは「ココ」で記しましたが、これがもう、亡くした恋人を想うように悲しい。
よって今回は、筋肉少女帯の名曲『パリ・恋の都』…そうです、アルバム「レティクル座妄想」収録のこの曲は未だにライヴでも頻繁に演奏される筋少の代表曲の1つ。
king-show42.jpg
昨年、映像化+音源化の形で発売された「おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO」では、赤坂のライヴだったため『赤坂・恋の都』という替え歌になって登場もしました。こちらは東京在住の身としてはすぐに名曲歌詞の巡礼に出れるのですね。ただ、オリジナルではセーヌの流れに消える(※恐らく、身を投げる)男が、千代田線で帰る男の歌になっちゃってましたね。トホホ…

ともかく!パリに行った事のない大槻ケンヂさまが作詞して生まれたこの名曲に乗ってもう一度パリを振り返り、お別れとしましょう。

♪来たぜ!オー、パリ
 恋人の亡霊と共に
paris704.jpg
paris424.jpg

 君、見たがっていた
 ここがパリだぜ
 恋の街
 記念写真撮ろう
 エッフェル塔の前
paris676.jpg
paris677.jpg

 ちょいとパリジェンヌ
 不思議な顔して見るなよ
 オレの横には
 エクトプラズムの人がいる
 かわいい娘だろ
 君には見えぬのか?
paris625.jpg

 パリは恋の都
 恋と夢の都
 あれが凱旋門
Arc-de-triomphe-de-lEtoile6.jpg

 亡霊とオレはパリを行く
 シャンゼリゼ通りは
 恋の道
 亡霊とオレはパリを行く
 フレンチキッス
paris680.jpg

 パリは恋の都
 恋と夢の都
 メトロも乗ってみよう
paris678.jpg
paris679.jpg

 亡霊とオレはパリを行く
 シャンゼリゼ通りは
 恋の道
 なくした夢とパリを行く
 カフェ・オーレ
paris681.jpg

 亡霊とオレはパリを行く
 もうすぐオレも消えるから
 セーヌの流れに消えるから
 ケセラ・セラ
 パリ♪
paris682.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/03/27(月) 23:59:48|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楳図かずお スペシャルフレーム切手セット | ホーム | 旅行・紀行・街(216) フランス・モンペリエ-FRANCE MONTPELLIER 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1485-377ed092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する