大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

梶原一騎 絶筆30年 ~SO!一騎集会~

比類なき功績を残した偉大すぎる梶原一騎先生の没後30年の今年、『梶原一騎絶筆30年 SO!一騎集会』に行ってきました!
kajiwara-so-ikki1.jpg
この題字を書いたのも、私の大好きな漫画家である平松伸二先生!

イベントが開催されたのは8月6日...つまり72年目にアメリカ合衆国による原爆投下で広島の一般市民が大虐殺された日に当たりますが、会場が東京都千代田区の靖國神社に近い"科学技術館 サイエンスホール"だった事は、戦没者を参拝してから行きやすいようにとの配慮でしょうか。
kajiwara-so-ikki29.jpg
kajiwara-so-ikki6.jpg

さらにこの2017年は、日本に国産アニメーションが誕生して100周年にも当たるらしいので、漫画とアニメを結んだ功績も高すぎる梶原一騎先生を称えるには最高の年でもあると言えましょう。
梶原一騎先生を語るゲストとして、ちばてつや先生と川崎のぼる先生が呼ばれていまして…いや片方なら私も複数回見ていますが、この両者が揃うのってレア過ぎませんか。それでチケット代が4,000円(+システム利用料216円+店頭発見手数料108円)なら安い。発売と同時にすぐさま購入しました。
kajiwara-so-ikki20.jpg

さて梶原イベントという事で、今回はどのTシャツを着ていこうか…ちばてつや先生も来るので結局は定番ながら何度も商品化されている「あしたのジョー」でいいか。
ジョーのTシャツは私が持っているだけで10種類以上ありますが、そういえばずっとタンスの肥やしになっていて未着用だった2002年の『第5回 アジアマンガサミット 横浜大会』時のTシャツを引っ張り出してきました。
kajiwara-so-ikki2.jpg

カーロス、ジョー、ホセと並ぶイラスト部分はプリントではなく、縫い付けてある凝った仕様です。
kajiwara-so-ikki3.jpgkajiwara-so-ikki4.jpg
kajiwara-so-ikki5.jpg

会場に到着して地下サイエンスホールへ。
kajiwara-so-ikki7.jpg

川崎のぼる先生は出演者なのに、花束を進呈しています。
kajiwara-so-ikki8.jpg

そして、梶原一騎先生の巨大パネル!
kajiwara-so-ikki9.jpg

ここではもちろん記念撮影をして。
kajiwara-so-ikki10.jpg

その横では、梶原一騎原作でテレビ化された番組のテーマ曲が映像と共に繰り返し流れていました。
kajiwara-so-ikki11.jpg
kajiwara-so-ikki12.jpg

どれも胸が躍ったり悲しくなったりする、名曲揃い。没後10年の年に真樹日佐夫監修で出たあのCD、「梶原一騎の世界」でも久々に引っ張り出してみましょうか。
kajiwara-so-ikki30.jpg

会場でチラシを配っていましたが、アニメ版の「空手バカ一代」が初のHDリマスター化されてアニマックスで放映されるようですね。
kajiwara-so-ikki28-.jpg

物販。このTシャツの数々!今回限りのイベントロゴがバックプリントされた物の他に…
kajiwara-so-ikki14.jpg

ハードコアチョコレートからの新作で、これら素敵なTシャツが並べられていました。
LEGEND(梶原一騎)、
kajiwara-so-ikki15.jpg

WARU(真樹日佐夫)、
kajiwara-so-ikki16.jpg

そして、BROTHER(梶原一騎・真樹日佐夫兄弟揃い踏み!)。
kajiwara-so-ikki17.jpg
同行した秘密結社員は、これら全てを即買いしていました。

また、喜久盛酒造の日本酒でもこんな企画が!
kajiwara-so-ikki27-.jpg

私は梶原一騎先生の写真入りの方だけ購入しましたが、辞世の句ラベルのもありました。
kajiwara-so-ikki18.jpgkajiwara-so-ikki19.jpg

このお酒を販売していた藤村さんは、まんだらけが「男たちの星」を復刻した時に作られたこのTシャツを着ていました。
kajiwara-so-ikki13.jpg

ロビーには梶原一騎年表があったのですが、6歳の所で『担任教師を闇討ちしにて退学させられる。』とあったのが強烈でしたね。
kajiwara-so-ikki23.jpg

梶原一騎先生が愛飲したI.W.ハーパー。他に、使用していたサングラス等の私物も展示されていました。
kajiwara-so-ikki22.jpg

さて、会場入りしましょう。これが科学技術館 サイエンスホールの座席表なんですけどね、うちの秘密結社員で『い列 7番~い列 9番』という最前列の3席を取っていたのです!私は…い列 9番、最前列のど真ん中で見させて頂きました。
kajiwara-so-ikki21.jpg

いよいよイベントが開始されましたが、梶原一騎原作アニメ作品のオープニング・エンディング集をスクリーンで大音量にて上映。
それから最初の挨拶に登壇したのは梶原一騎先生の長男で梶原作品の著作権管理をしている会社"A・Tプロダクツ"の代表取締役である高森城さま、そして真樹日佐夫先生の長女・高森翠さま。
高森翠さまは極度の緊張でか声が震えていましたが、最前列なので手もブルブル震えているのが見えて、頑張れと心の中で応援し続けました。
そしてゲストに、つい先月「弔花を編む 歿後三十年、梶原一騎の周辺」(文芸社刊)を上梓したばかりの高森日佐志さま。もちろん、梶原一騎・真樹日佐夫という強烈な兄を持つ3兄弟の末弟。
TAKAMORI-chouka.jpg

次兄の真樹日佐夫自身が監修・脚本した映画「すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史」のDVDでも引っ張り出して、これもたまには観直してみましょうか。
sutegoro.jpg

高森家の家族で主催するイベントであり、家族写真などを交えて親族3人で話すこのコーナーが梶原一騎先生についての初めて聞く話が多かったし、彼らの人柄も知れて良かった。
サプライズ・ゲストにアニメ「タイガーマスクW」のプロデューサーであるギャルマト・ボグダンさまが来て話していき、『丹下段平芸人』を自称するガンリキの佐橋大輔がパフォーマンスをして…
それからメイン・ゲストのちばてつや先生と川崎のぼる先生が登場。司会進行が、私も30年ほども読み続けている「はじめの一歩」の森川ジョージ先生!

梶原一騎先生といえば仕事で組んだ漫画家達とも後に悶着があって晩年は避けられていたり、死後の葬儀関連も
『ちばてつや、つのだじろう、川崎のぼるなど兄貴と組んでヒットを飛ばした連中の多くは示し合わせたように欠席だった。』
と、真樹日佐夫先生が「兄貴 梶原一騎の夢の残骸」(ちくま文庫刊)で書いていました。さらに
『この者たちの恨みつらみは相手が鬼籍に入ってもなお忘れかねるほど根が深いものか、それはそれでまた人間の真実なんだろうよ。』
と続いていて、単純に作品のファンとしては悲しい気持ちが残っていたのですが…さすがにこれだけの時が経ち、現在のちば・川崎先生は共にこのようなイベントに出て、梶原先生の事も良い思い出として語るようになりました。真樹日佐夫先生にも、この姿を見てもらいたかったですね。
つのだじろう先生だけは未だに梶原一騎先生について語る所さえ見た事がないし、今後も無理かもしれませんが…

貴重な大御所揃い踏みで梶原一騎先生を語るトークは続きましたが、少しだけ残念なのは作品については「あしたのジョー」「巨人の星」のだけに絞っていた事か。梶原一騎先生はけっしてこのような代表作だけの人ではないし、まして川崎のぼる先生は他にも複数の梶原一騎原作を描いているのだから!だいたい、それら有名作品についてのエピソードは、あまりにも様々な場で語られすぎているのでマニアが知らない話なんてそうそう飛び出さないのです。まぁ、単純に時間の都合でそうなっただけでしょうけどね。森川ジョージ先生の突っ込みが見事でお話はかなり面白かったですし。

そして、ほとんど人間国宝レベルの漫画家が揃ったわけですから、パフォーマンスとして生で絵を描く所を見せてくれました。しかも、お互いの代表作を入れ替えて川崎のぼる先生がジョー(矢吹丈)を、ちばてつや先生は星一徹と飛雄馬を描くという物でした!
さらに森川ジョージ先生の呼びかけで来場していた平松伸二先生も登壇し、むちゃぶりで大御所と共に絵を、それも難しい「タイガーマスク」を描いてくれたのです。

興味深い話ばかりなので約3時間のステージがあっという間に終わり、
kajiwara-so-ikki24.jpg
kajiwara-so-ikki25.jpg

日中に始まったイベントでしたが、終わって出てみたらこのように暗くなっています。行ってよかった素晴らしいイベントに満足し、今度は秘密結社員のカジワラー達で酒を呑みながらのマンガ夜話へとなだれ込んだのでした。
kajiwara-so-ikki26.jpg

ところで本イベントでも触れていた、ファンの間では軍艦御殿として知られる東京都練馬区にある梶原一騎先生の自宅。
梶原巡りの最重要スポットでもあるので、私も目の前まで行って見た事はあり…
kajiwara-house1.jpg
kajiwara-house2.jpg

三協映画音楽城北支社、という看板が残っています。
kajiwara-house3.jpg

今まで何度かインタビュー記事や映像などでこの軍艦御殿の内部も少しだけ見ていますが、今回も高森城さまのコメントフィルムで見させて頂きました。
遺品や原稿などそのまま残っているそうで、遺族は公開したい意向を持っている事は以前から聞いていましたし、それはファンとして切望する事でもあるのですが、その話はなかなか進んでないみたいですね。その功績や後続に与えた影響などを考えると、梶原一騎先生ほどの方の記念館や資料館が作られていないのもおかしいと思うのですが。とにかく吉報を待ちましょう。

では今夜は軍艦御殿の門の鷲。ナチスやショッカーにも影響を与えた古代ローマ帝国の旗(双頭の鷲)を使用した、この写真でお別れです。
kajiwara-house4.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/08/13(日) 23:00:00|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(227) 東京都千代田区 5 | ホーム | 旅行・紀行・街(226) 富山県富山市 1‏ 高岡市 1 氷見市 1‏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/1512-18f5ee35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する