大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(2) 「魔太郎がくる!!」1

MATARO1.jpg

ついにこの漫画の登場です。
「魔太郎がくる!!」(秋田書店刊)。
1972年から1975年から週刊少年チャンピオンで掲載された作品で、オリジナルの単行本は全13巻。私、これがとーっても好きなんです。

お話は・・・
主人公のチビでメガネで三白眼の中学生・浦見魔太郎が、同級生・町の不良・逃亡中の犯罪者・遊びに来た親戚・果ては、たまたま通りかかった通行人からまで(笑)、いつも何かしらのきっかけでイジメられて、話の終わり近くで復讐する・・・というパターンがほとんどです。
だいたい一話完結なので、虐げに虐げられた後で復讐するカタルシスが毎回味わえるわけですね。

同じ藤子不二雄の名を使う相棒、F先生の「ドラえもん」に似てますよね。
それをA先生が描くとこうなる、という事でしょうか。

絵柄も復讐も、のび太君と違ってあくまで陰険です。

第一話目「うらみはらさでおくべきか!!」で早くも魔太郎の要素のほとんどが分かるのですが、彼はイジメられると、やられた事を黒い手帳(怨み帳)に事細かに書いております。
普段は『ぼ、ぼく・・・』といった口調の魔太郎なのに、その手帳ではこう↓なります。

『友情だの愛情だのくそくらえだ!! 蛾馬野タケシ××××××× おれのとなりの席のウスラバカでズータイばかりデカイガキだ おれのしりにビョウをさしたり、足をふんづけたりして おれをフユカイにさせた』

魔太郎の手帳は、読むと笑っちゃいます。

そして、この魔太郎をイジメで深追いしすぎるとですね、
メラメラメラ~~~と燃えて、
『コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ ク・ベ・キ・カ』
の台詞をつぶやきます。こうなると危険!

のび太ならドラえもんに助けてもらうのでしょうが、魔太郎はサタンに祈りはするものの、自分で呪いや魔術(うらみ念法)等を駆使しての復讐です。
(この時、薔薇柄のシャツとマント姿になるのですが、それがカッコいい!)

のび太がジャイアンに復讐する時なら、適度に懲らしめて終わりですよね。
しかし、魔太郎は二話目「鉄のキバがひきさいた夜」にして、二人組のイジメっ子を、、、、、

殺して、工事現場に死体遺棄しちゃいます!
しかもこの時は黒魔術も使わずに、シャベルカーで殺ってるんですけど…
(後でも他に何人も殺してますよ)

---------------------------------------------
ちなみに、これは特別愛着がある漫画なので、私はオリジナル版で持ってたのに文庫で復刻された時にも買いましたが…あれ?
この死体遺棄シーンがカットされて差し替えられてます!

復刻版はセリフも各所で変えられてるし、丸々カットされてる話も多いし!
こういう改悪のされ方は考え物ですよね。
特に注意書きや理由の説明も無いので、復刻だけ買った人にはオリジナルの姿が分からないじゃないか!

同じ藤子A先生の他漫画でも、もっともっと酷い姿に成り果てた話もあります。
普通はオリジナルを持ってれば復刻版なんて買わないわけですから、こういった事実はよほどマニアでなくては知らないのではないですかね~。
---------------------------------------------

そうそう、意外にも復讐は黒魔術使うばかりじゃなくて、バットで滅多打ちにしたり、石こうで固めた拳で殴りまくったりと、肉体で戦ってなす事も多いのです。
きっと例の薔薇柄のシャツとマント姿になると、体自体も強くなるのですね。

ただ電話で密告するだけだったり、下剤を入れるだけで復讐をする(笑)話なんかも出てきますけど。

「ニセ教師はイジメの先生だった!!」の中でやらされる、教室での自転車こぎ(両側の机に手を乗せて体を浮かせて空中で足をこぐ)は、少年時代いイジメられっこだったというA先生がやらされたイジメそのままです。
それはどこかの文章で読んだ事があるし、他の漫画でもこのイジメは使われてますよ。

毎度似たパターンで進むこの「魔太郎がくる!!」ですが、車、水、袋、ボール…毎回違う道具を題材にして、それを使ったイジメを受けた後に、魔太郎がその道具を使った復讐をするのが約束事でしょうか。
実は連載後期はパターンも変わるので、またそれは今度説明しましょう。

あと、重要キャラを二人だけ紹介しておきましょう。

魔太郎の同級生で、ヒロインの南由紀子
彼女の前で恥をかかされた事が原因で復讐する話はいくつも出てきますよ。
最初は魔太郎の事を
『ヤーだ…あの子ウジウジしていてキミがわるいわ!』
なんて言ってたくせに、何故かすぐに仲良くなって、かばってくれる女神のような存在になるのです。
そのせいで魔太郎は嫉妬され、またイジめられて(笑)
ちなみにこの由紀子さんと、驚いてンマーとばかり言う魔太郎の美人ママは髪型も同じだし似てます!
(A先生の描く美人像なのでしょう)

それと魔太郎のライバルとして登場するのが悪魔のような赤ん坊・阿部切人。3歳なのにしゃべれます。このキャラの名前は、水木しげる先生の「悪魔くん」からそのまま頂いてますよね。
一度遊びに来た魔太郎ママの同級生・安部真里亜(アベマリア…笑)さんの息子なのですが、魔太郎宅の向かいに引っ越してきてからは魔太郎とからむキャラとして定着。

はい、今日はここまで。


スポンサーサイト
  1. 2006/06/09(金) 14:20:47|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤子不二雄(3) 「魔太郎がくる!!」2 | ホーム | 藤子不二雄(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/227-9c9a1a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する